2018年02月12日

第127話「迫りくる障壁! 希望を託した最後のバリア!!」ドラゴンボール超(スーパー)・名言

現代全王「おお! ジレンが燃えてる〜!」

未来全王「燃えてるね〜!」

現代全王「凄いね〜!」

未来全王「カッコいいね〜!」

悟空「桁外れの気だな…」

17号「化け物か。あいつは…」

悟空「こんな力、隠し持っていたとは…」

クリリン「こ、ここまで
気の圧力が届いてくるなんて…」


ジレンがついに全力解放?
灼熱のごとくほとばしる熱気はまるで太陽だ。
しかし熱気に見えるのは雰囲気だけで、実際には熱くはなさそう?
となれば6000度の体温を誇る真の太陽の戦士・四星龍の足元にも及ばない―!?




バンダイナムコエンターテインメント公式 PlayStation(R)4 Xbox One 両対応版 『ドラゴンボール ファイターズ』 最強の書<ファイターズバイブル> (Vジャンプブックス(書籍))
バンダイナムコエンターテインメント公式 PlayStation(R)4 Xbox One 両対応版 『ドラゴンボール ファイターズ』 最強の書<ファイターズバイブル> (Vジャンプブックス(書籍))



ベジータ「遅きに失したな。
最後の一人、貴様を倒せば
オレたちの優勝だ」


遅きに失したな( ー`дー´)キリッ
原作ベジータなら使いそうもない小難しい言葉だ。
力を使い果たしたはずなのに普通に戦える矛盾を
どうにか誤魔化そうと必死にキラキラしてみた感じ?








キラキラベジータ「人造人間め。余計なことを。
ジレン! 貴様はオレが倒す!」


今さら1人で勝てますアピール?
なんだかなあ。





ジレン「いい拳だ。
さすがにトッポを倒しただけのことはある。
だが、それではオレは倒せん!」


たかがトッポ、されどトッポ?
無様と罵られたり、さすがと評価されたり忙しい奴。
ブウに「かなりの達人」かつ「ザコ」と言われた天津飯みたい。





亀仙人「あのアッパー、とんでもない威力じゃ!」

ただのパンチが必殺技レベルの威力を誇るジレン。
ただのアッパー(?)も廬山昇龍覇並みのエフェクトが出た。








17号「待て。いいものくれてやるぜ!」

前回のジレンの「いいものを見せてやる」に対抗?
エッチな本かな。





カイ「ジレンが…傷を!」

ジレン「おのれ!」

17号「フッ。意外に
やられた姿が似合うじゃないか」

ジレン「貴様!」


17号にとっては命の危険を伴う自爆行為とはいえ、その程度で傷ついてしまうジレン。
17号が意外と強いのか、ジレンが思ったほど強くはないのか、よくわからん。
ちょっと傷ついただけで怒るジレンはますます小物っぽくなっていく。





SSGSS悟空「今のおめえの攻撃で
ジレンの攻略の仕方がわかったぞ。
あそこまでの大技を無防備で当てられたら
ダメージを負うみてえだ」

17号「なるほど。
連携攻撃で奴に隙を作らせて
今よりも特大の技を繰り出せば…」

SSGSS悟空「ああ、
ジレンを倒せっかもしんねえぞ」

ベジータ「勝つためだったら
なんだってやってやる!」

SSGSS悟空「まずはオラとベジータで
ジレンを引きつける。その隙に…」

17号「わかった」


もういろいろメチャクチャ。
無防備だと、ただの光線銃で瀕死になる超ならではの作戦といえばそうなのか。
攻略って、ゲームの攻略でもしているような感覚だな。
超は悪い意味でゲーム感覚のパワーバランスでアニメ化されてるからな。








ジレン「何度もやられるオレではない!」

17号が多層A.T.フィールド展開!?
こういう見たことない新技に限って解説が入らない。
どうでもいいことだけクドクド解説して。バカですか。








悟空「オラたちの
連携攻撃が破られるなんて…」

ジレン「潮時か」


売上は伸びているのに視聴率は低迷。
ドラゴンボール超が終わる潮時か。











フリーザ「ルールなんて関係ありません!
お前は! オレにぃー! 殺されるべきなんだーっ!!」


まーた原作レイプのセルフオマージュ。
原作では壮絶な返り討ちだった名シーンの台詞が、
単にツッコんであっさりやられるだけという酷い扱い。
脈絡もなく、とりあえず過去再現しておけばウケるという勘違いも甚だしい愚行。
結局、フリーザも未来トランクス同様に使い捨ての客寄せパンダにすぎなかったと。哀れ。








17号「お前はどうなんだ? ジレン。
最強の称号以外に欲しいものなんて
ないんじゃないのか?」

ジレン「オレとて叶えたい願いはある」

ベルモッド「お前たちにも教えよう。
ジレンの強さへの執着の理由を。
ジレンはある悪党に両親を殺されたんだ。
そして師匠となる男に助けられ一命を取り留めた。
それからジレンは師匠の下でさらなる強さと
正しい道を極めようとした」


唐突にジレンの過去を語りはじめるベルモッド。
キモッ。子供時代のジレンの顔も回想も何もかもキモすぎる。
吐きそう。本当どうにかならなかったのかコレ。
これを可愛いとか正気か? 超に侵されすぎて頭がイカれてんのか。








ジレン「1人、2人、3人…
ジレンの周りには仲間ができた。

そこに再び奴がやって来た。
仲間とともに戦った。
ジレンには勝てる自信があったんだ。

だが、奴は強すぎた。
ジレンの仲間は次々と殺された。
ジレンの師匠までも奴との戦いで命を落とした。

ジレンは再び立ち上がろうとしたが
生き残った門下生に立ち上がる者はいなかった。
力なき者は強者に従うしかなかったのだ。
ジレンは独りになった。

信頼していた連中に裏切られた
ジレンの悲しみは計り知れない。
そのとき痛感したんだ。
信頼など無価値だと。

それと同時に理解したのさ。
強さこそ正義。強さこそ絶対なのだと。
勝てば周りが着いてくる。
勝利すればすべてが手に入る。
そこに感情など不要。

オレはそんなジレンの
とてつもない強さへの渇望と
その孤独心に惚れたんだ」


…かつてここまで陳腐で魅力に欠けるラスボスがいただろうか。
いろいろツッコミどころはあるが、特に、親と師匠を殺されただけで破壊神超えとかふざけすぎ。
不幸比べならジレンなんざ未来トランクスの足元にも及ばんぞ。悟空やベジータにすら負ける。
で、ジレンにとって親のカタキである、その強敵っていったい何者でどうなったんだよ。
強さこそ正義といいつつ全王の見世物にはなるとかもうああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ?











17号「そうか、お前の願いは…
どんな殺戮マシンかと思えば…
お前もずいぶんと人間臭い奴なんだな」

ジレン「フン。
おしゃべりがすぎるぞ。ベルモッド」

17号「信頼か。結局お前は自分自身のために
あの連中を利用しているだけなんだろ?」

ベルモッド「黙れ! 貴様にジレンの何がわかる!」

17号「過去に執着して生きるなんて…
痛いところを突かれて本気になったか!
勝てばかつてのように戻れると思っているのか!
過去を清算できるとでも!」

ジレン「くだらん。強さこそ絶対だ。
力はすべてを許してくれる。
たとえ過去でもな! 己の力のなさを恨め」


ドラゴンボール超は逆にもっと
過去(のドラゴンボール作品)に執着(愛着)したほうがいい。
表向きはオマージュっぽいことをやってるが単に原作を破壊してるだけ。











17号「おい、孫悟空。ベジータ。
クルーザーを諦めてやったんだ。
感謝しろよ。まあ少しは休めただろ。
誰かのために自分を犠牲にする。
これも人間臭くていいな」


強引に盛り上げようとして逆に盛り下がる。
全王が出てくることでさらに興ざめ。
よくもまあここまでクソに描ける。
人間臭いなあ()





ジレン「命拾いしたな。
自らを犠牲にして弱きお前らを
助けたあいつに感謝するんだな」

老界王神「あやつ、あの一瞬で
悟空たちを助けるために
バリアを張るだけでなく
自ら爆発してジレンの技を
掻き消しおった…」

大神官「17号さんは自爆技によって
己の身を滅ぼした、と見なすべきでしょうか。
第11宇宙ジレンさんはノーペナルティです」


ここにきて17号を殺す(?)とか何考えてんだ。
ゴールデンフリーザ編のピッコロに匹敵する無駄死に。
GTの17号のほうが遥かにマシ。





ナレーション「力の大会、残り3分!」

3分間でもバカの世界チャンピオンには関わりたくない…










スポンサード リンク


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7265986

この記事へのトラックバック
プロフィール
偉言者Ωさんの画像
偉言者Ω
日曜朝とかジャンプ系とかレベルファイブとか。ぷくぷくぷく・・・
プロフィール
ファン
 ブログ内検索



カテゴリアーカイブ
最新記事


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村




RDF Site Summary
RSS 2.0



 相互リンク/RSS


こいさんのアニメーションレビュー(感想)
星屑の流星群
MAGI☆の日記
新・00をひとりごつ


 遊戯王


遊戯王ZEXALナンバーズ一覧


 ゲーム攻略・感想


名探偵コナン マリオネット交響曲
名探偵コナン ファントム狂詩曲
逆転裁判5
逆転裁判6
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-