2017年06月04日

#34「果たされしrebirth!」仮面ライダーエグゼイド・名言

ポッピー「ゲムデウスは全知全能の神。
伝説の戦士クロノスじゃなきゃ
攻略不可能なラスボスだよ!」

パラド「なるほど。つまり
裏を返せばクロノスを攻略できるのも
ゲムデウスだけってことか」


ゲームの神(デウス)を意味するであろうゲムデウス。
本来ならばそいつが先に登場し、後からクロノスが主人公側の切り札となるのが普通。
しかし、クロノスが敵味方を超えたゲームマスターとして君臨する今、
ゲムデウスがどのように物語に絡んでくるのか想像もできない―




HERO VISION VOL.64 (TOKYO NEWS MOOK 622号)
HERO VISION VOL.64 (TOKYO NEWS MOOK 622号)



飛彩「5年前、小姫が消滅した原因は、
俺との時間を過ごせないことに
ストレスを抱えていたからだ」

飛彩「なのに俺は、
無免許医を恨むことで
真実から目を背けていた。
小姫を殺したのは…俺だ」






グラファイト「あれがゲムデウスのデータ」

グラファイト「俺の体を使う。
完全体の俺なら耐えられる」


あっさり出てきたゲムデウス。
しかしゲムデウス本体に出番はなさそうだ。
ゲムデウスから採取したウイルスをグラファイトが取り込み培養。
どうやらグラファイトがゲムデウスの力を得るようだ。





新黎斗「私が考案した
クロノスが最大の敵になるとは…
まさに私の敵は私の才能!」


元社長の狂気がいい具合にギャグとして昇華されつつあるなあ。





ポッピー「黎斗。
とっくの昔に修理してたんだって。
腐敗してた永夢のゲーマドライバー」

新黎斗「私はゲームマスターだ。
その程度のことなど容易い」

永夢「僕の、ゲーマドライバー」


しかも元敵の味方としてのキャラ立ちも完璧。





ニコ「なんでブレイブを止めなかったの?」

大我「俺にあいつを責める資格はない」

ニコ「でも、あいつの彼女を
消滅させたのってグラファイトでしょ?
大我のせいじゃ…」

大我「言うな! それ以上は…」

ニコ「あいつに憎まれ続けることが
あいつにしてあげられる
唯一の償いだって思ってたのね」

大我「ずっと俺のことだけ
恨んでりゃよかったのに…」


どいつもこいつもいい奴ばっかりや(´;ω;`)
自称ホワイトのクロノスの黒さがどんどん際立つ。








永夢「飛彩さん。僕に教えてくれましたよね?
僕たちドクターの事情は患者には関係ない。
ドクターは多くの患者の命を預かってる。
私情に引きずられるなって。患者が苦しんでるんです!」

飛彩「苦しんでいるのは…小姫も同じだ」

永夢「だったら…もう手加減はしません。
あなたに教えられたやり方であなたを切除する!」






クロノス「あめあめ、ふれふれ、かあさんが〜♪」








クロノス「ゲムデウスのウイルスは
彼のレベル0のウイルスで抑制した。グッジョブ」

明日那「あのライダーって…」

クロノス「君たちバグスターを
管理するために雇った私の左腕。
仮面ライダーレーザーターボ」

永夢「レーザー…貴利矢さん…」


なんで貴利矢すぐ敵になってしまうん…?






スポンサード リンク


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6314544

この記事へのトラックバック
仮面ライダーエグゼイド 第34話「果たされしrebirth!」
Excerpt: 仮面ライダーエグゼイドの第34話を見ました。 第34話 果たされしrebirth! 飛彩が正宗と行動を共にするのは正宗の手にあるプロトガシャットで小姫を蘇らせるためであることが明白..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2017-06-04 10:48
プロフィール
偉言者Ωさんの画像
偉言者Ω
日曜朝とかジャンプ系とかレベルファイブとか。ぷくぷくぷく・・・
プロフィール
ファン
 ブログ内検索



カテゴリアーカイブ
最新記事


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村




RDF Site Summary
RSS 2.0
 相互リンク/RSS


こいさんのアニメーションレビュー(感想)
星屑の流星群
MAGI☆の日記
新・00をひとりごつ


 遊戯王


遊戯王ZEXALナンバーズ一覧


 ゲーム攻略・感想


名探偵コナン マリオネット交響曲
名探偵コナン ファントム狂詩曲
逆転裁判5
逆転裁判6
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-