2017年01月29日

#16(41)「人として当たり前の」機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)・名言

マクマード「死ねばみんな仏様よ」

ジャスレイ「あの耄碌爺に引導を
渡してやる頃合いかもしれねえな」


名瀬の死を経てテイワズの内部抗争が明確化してきた。
ジャスレイがマクマードを退けトップに立とうと画策しているようだ。
それにまつわり、鉄華団やギャラルホルンはさらなる渦中へ―!?







機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 2 (特装限定版) [Blu-ray]
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 2 (特装限定版) [Blu-ray]



オルガ「ジャスレイ・ドノミコルス」

邪須麗 殿美弧留須。





アミダ「名瀬は私らを平等に愛してくれる。
だけど女なら誰だって欲してるはずさ。
自分だけの男をね」

アミダ「いい男の愛ってのは
みんなでどんなに分けても満足できる。
そこらの並の男の愛なんかよりよっぽどね。
ただ、ラフタが惹かれるぐらいなら
並の男じゃないだろう。そのでっかい愛を
ひとりで受け止められるんなら、女として
それ以上の幸せはないさ」


タービンズは本当にいい集まりだったんだなあ。
名瀬とアミダのぶんまで昭広とラフタには幸せになってもらいたいね。





ユージン「そこにはよ。金で買えない
愛があるかもしれねえだろうが」

シノ「鉄華団代表として
てめえだけで行ってこい。
これ、副団長命令な」


鉄華団もいい集まりだ。
ここに新たな家族としてラフタが加わるのもいい。








ラフタ「あ、忘れてた。ギュ〜ッ!」

約束のギュ〜ッ。
見てるこっちもギュ〜ッと切なくなる。





ラフタ(昭広。さよなら)

ラフタは自分の恋心に蓋をしたのか。
その思いを秘めて生きていこうというのか。
これは昭広のほうから繋ぎとめにこないとダメか。





三日月「子供。アトラはつくらないの?」

三日月「いたら面白いと思って」

三日月「俺ならいいんだ?
じゃあ、俺とつくる?」


(。゜З゜):゙;`;:゙;`;ぶっ














ラフタ「何この子? 目つき悪っ!
…ふふっ。なんか似てるかも」






銃撃「バンバンバンバンバンバン!」

ああああああああああああああああああ。








昭広「オルガ。命令をくれ」

オルガ、鉄華団動く。
しかしそれこそジャスレイの目論見だった。





オルガ「これが新しいバルバトスか」

三日月「バルバトスルプスレクスだって」

オルガ「また長ぇな。レクス?」

三日月「王様だって」


悪魔の王―




HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプスレクス 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプスレクス 1/144スケール 色分け済みプラモデル

スポンサード リンク


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5851440

この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯41「人として当たり前の」
Excerpt: 評価 ★★☆ ああやって続いていくんだ……           
Weblog: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない
Tracked: 2017-02-04 21:46
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #41「人として当たり前の」
Excerpt: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第41話を見ました。 #41 人として当たり前の 名瀬とアミダの葬儀をマクマードは歳星で葬儀をあげるが、そのことでジャスレイの反感を買ってしま..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2017-01-29 22:17
プロフィール
偉言者Ωさんの画像
偉言者Ω
日曜朝とかジャンプ系とかレベルファイブとか。ぷくぷくぷく・・・
プロフィール
ファン
 ブログ内検索



カテゴリアーカイブ
最新記事


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村




RDF Site Summary
RSS 2.0
 相互リンク/RSS


こいさんのアニメーションレビュー(感想)
星屑の流星群
MAGI☆の日記
新・00をひとりごつ


 遊戯王


遊戯王ZEXALナンバーズ一覧


 ゲーム攻略・感想


名探偵コナン マリオネット交響曲
名探偵コナン ファントム狂詩曲
逆転裁判5
逆転裁判6
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-