ファン
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ

2017年01月14日

おっぱいを卒業!part2。ダンドリ編。

皆さんこんにちは。
anegoです。



前回の続き、卒乳のダンドリについて。
今回私は年末年始と成人の日の3連休を使って、計画的に卒乳しました。
この日程を選んだ理由としては、旦那様が仕事がお休みであったということが一番です。
卒乳には旦那様の協力がやはり必要だと、先輩ママたちから聞いていたからです。



ダンドリとしてはこんな感じです↓↓↓
@12月上旬:娘に授乳の際に「来月になったらおっぱいは卒業だよ〜」と言い始める。
→言葉で伝え続けることで、なんとなく理解してくれると考えていたので授乳のたびに話しかけていました。
この時娘は1歳1か月。授乳回数は保育園から帰ってきた時、寝る前、夜中起きた時の2〜3回です。

A12月中旬:保育園から帰宅してからの授乳をやめる。
→保育園でおやつを15時にもらってから、夕ご飯開始目安の18時45分〜19時までにお腹が減ってしまい、おっぱいを欲しがっているようでしたので、保育園から帰宅して17時半ごろにバナナやりんごなどの果物と麦茶を与えるようにしました。

B12月下旬(年末年始休暇前):機嫌のよい日は、抱っこで寝かしつけてみる。
→成功率はまだまだ低かったですが、3日に1回くらいは成功していました。

C年末年始休暇(12月29日〜1月3日):夜中に起きてしまった時のおっぱいをやめてみる。
→どうしても泣いてしょうがない時は与えましたが、いけそうなときはトントンや腕枕で頑張って寝かしつけました。私がやるとどうしても胸元を探って泣いてしまうので、旦那様に交代してもらったりもしました。
私は普通に仕事しながらだったので、連日寝不足でした…。

D1月4日〜3連休前:2日に1回、丸1日おっぱいをあげないようにしてみる。
→これはおっぱいの状態にもよるのですが、私はこの時すでに寝かしつけの際の授乳だけで1日1回になっていたのでおっぱいが張ることが無く、2日に1回おっぱいを丸1日あげなくてもパンパンに張ることはなかったのでこれが出来ました。
少し張るようならお風呂で絞ったりはしましたが、白斑が出来たりすることもなかったです。

E3連休:おっぱいをあげない!
→寝かしつけの際のおっぱいも止めて、NOおっぱいで3日間やってみました。
段階を踏んで卒乳に向けて行動してきたせいか、あっさり3日で卒乳してくれました。



と、このようなダンドリでした。
1か月前から言い聞かせ始めたせいか、本当にすんなりでした。
授乳回数は段々減らすようにしたので、保育園でぐずったり、夜中に頻繁に起きたりということもありませんでした。



大変だったのは娘が熱を出したり体調が悪かった時。
やっぱり体調が悪いと機嫌も悪いので、寝つきが悪くて結局おっぱいになったり…。
体調を見ながら卒乳することが大切なんだなーと感じました。



卒乳したとはいえ、おっぱいが完全に出なくなったわけではなく、2、3日は久しぶりに母乳パッドを当てました(笑)
今は1週間経ちましたが、少し絞ると黄色い汚い母乳が出ます。
アフターケアをしないとおっぱいに良くないと聞いたので、入浴時に少しだけ絞ってケアするようにしています。
本当は桶谷式の母乳相談室に行けばいいんですけど、時間がとれない…。(私は東区のなかむら母乳育児相談室に一度お世話になりました!→過去記事



卒乳は個人差があり、これで絶対成功する!というわけではありません。
参考程度にして頂ければ、と思います。



卒乳して2年ぶりにお酒を飲みましたが、夜中に娘がまだ起きるので少々しか嗜めず…(笑)
でも旦那様と一緒に「お疲れさま」と言って乾杯出来るのは嬉しいことですね。
来月からは遅番が始まるので、卒乳が間に合って良かったです。



もしかしたら娘はまだ飲んでいたかったかもしれません。
授乳は私たちにとって大切なコミュニケーションの時間でした。
卒乳した分、今は帰宅したらぎゅーっと抱きしめたり、たくさん抱っこしたり…。
夜はぴったり腕枕で寝ています。



これからもたくさん愛情を伝えていきたいです。



母乳育児!ノンカフェインたんぽぽコーヒーが私の味方





新潟県新潟市 ブログランキングへ

ワーキングマザー ブログランキングへ

2017年01月12日

おっぱいを卒業!

皆さんこんにちは。
anegoです。



年末年始と今回の成人の日3連休を利用して、わが娘、おっぱいを卒業致しました!
苦労するかな、と思いましたが、のんびりと時間をかけてスケジュールを組んだのが功を奏したのか無事に成功しました。



そもそもおっぱいを卒業することを卒乳と言うと思うのですが、「自然と子供の方からおっぱいをいらない=卒乳」で、「親の方からおっぱいを止めるようにもっていく=断乳」と言うようですね。



上記の言い方だと今回わが娘の場合は断乳に該当します。
ただ段々娘の方からおっぱいを欲しがる回数も1歳過ぎから減っていましたので、断乳と卒乳の間ぐらいかなーと感じます。



以前保育園の先生に、おっぱいを止めるタイミングについて相談したところ
「自立心を育てるために、言葉をしゃべりだすちょっと前くらいには止めた方がいいかなー」
と言われたことがありました。
うちの保育園では、おっぱいを止めるタイミングについては特に言われることはありませんが、先生方が言うにはおっぱいを止めた子の方が自立心の芽生えは早いんだそうです。



私個人としては、
・1歳近くから歯の本数が増えてきて噛まれて痛い!
・おっぱいがないと寝ない子にはしたくなかった
・機嫌が悪いとおっぱいに頼るようになる子にしたくなかった
・遅番をしなければならないので、おっぱいでの寝かしつけは今後危険。
・コーヒーやお酒などそろそろ自分の好きなものを飲みたい!
などの理由から1歳を過ぎて、歩くのが上手になったら断乳しようと、かねてから決めていました。



これはママの考え方次第ですし、私の場合は遅番をする関係もありましたので早めの断乳を前々から考えていましたが、差し迫った理由がなければ私は2歳とかまで飲ませていたかもしれません。
私が保育園の先生から聞いた、おっぱいの最長年齢は5歳でしたし、2歳くらいまでは結構いるから焦らなくてもいいよとも言われていました。



また離乳食の進み具合もあると思いますので、1歳児健診などで主治医の先生や栄養士さんに相談するといいと思います。
わが娘は1歳児健診の時に離乳食が順調だったこともあり、自立の第一歩でもある歩行がうまく出来るようになればおっぱいを止めてもいいよ、と先生から言われていました。



個人差もあると思いますので、私の話は参考程度に読んでもらえればと思います。
ちなみにわが娘は離乳食は順調ですが、体重も身長も平均以下です。
ギリギリ成長曲線には入っていますが、曲線の下限ギリギリです。
でも娘なりに成長しているので、最初はとても気にしていましたが生後6か月くらいから悩むのを止めましたww
母親の私が悩んでも、娘の体重は増えませんでしたので(笑)



おっぱいの話は書き始めると止まらないですね(笑)
卒乳のダンドリについてはまた次回にします!

育児・共働き ブログランキングへ

新潟県新潟市 ブログランキングへ




母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】

2017年01月11日

病児保育の常連!?病児保育室ひまわり@新潟市東区

皆さんこんにちは。
anegoです。



年末年始も元気に仕事だった私。
ドラッグストアは年末年始も元気に営業していました(笑)
そして意外と混雑します!!


旦那様は28日で仕事納め。保育園も28日で年内最後だったので、旦那様は年末年始はがっつり娘と2人で過ごしました。
ちょっとキツかった、ボヤいていたので本当に感謝です。



娘は年末年始は本当に体調を崩さず、よく食べよく遊びよく寝て…。大丈夫かってくらい食べていたのですが、快便だったので便秘になることもなく、本当に順調でした。



ところが旦那様の仕事初めの1月4日に発熱!
保育園から帰宅すると38.4℃…。
クリスマス前に右耳が中耳炎になったのですが、今度は左耳…。



翌日も微熱だったので、病児保育に久しぶりにお世話になりました。
アデノウイルス結膜炎以来だったので、約1か月ぶりでした。
私はいつも病児保育室ひまわりを利用させて頂いています。



旦那様と私の職場の中間にあるため、お迎えに行きやすいというのが一番の理由ですが、保育室の先生方は皆さん優しくて安心して預けられるというのもあります。
何より、仕事復帰してからというもの、度々お世話になっているので娘もすっかり慣れているのです…。
いいのか悪いのか…。



保育園と同様に娘の一日の様子を書き留めておく連絡帳もありますし、帰り際に口頭でも様子を知らせてくださるのでありがたいですね。



持ち物が多いので慣れるまでは負担に感じていましたが、今はいつも持ち歩いているマザーズバッグの中身を病児保育で使う持ち物をそっくり入れてあります。
タオルや着替え、オムツなどは結局外出するときには必要になるので、その方が便利だな、と。
なので我が家はいつでも預けられるようになっています(笑)



なんかおかしい、微熱がある、といった軽い症状でも、私は心配性なのでかかりつけの小児科か耳鼻科へ連れて行きます。
そしてとりあえず医師連絡票をもらっておき、万が一病児保育に預けることになったとしても大丈夫なようにしています。



もちろん仕事を休める時は娘のために休みますが、ホイホイ休みをくれる職場ではないですし、そんな職場にお勤めのママ・パパなんていないでしょうから、病児保育を利用するのも全然ありだと私は思っています。
最初は罪悪感がすごかったですけど、病児保育に預けても預けなくても熱は下がる時は下がりますし、下がらない時は下がらないです。
ま、あくまで私の経験上ですが…。



ワーママにとって、緊急時の対応が一番不安です。
私も仕事に復帰する前は本当に不安で、「娘が熱を出したらどうしたらいいんだろう」「職場に居づらくなったらどうしよう」「ベビーシッターとか必要なのかな?」などなど本当に悩みました。



仕事復帰して4ヶ月半経ちましたが、遅刻や早退は娘の体調不良では月に1回か2回で済んでいますし欠勤は今のところないです。
自分自身がアデノウイルス結膜炎やノロウイルスで欠勤はしましたけども(笑)



これからインフルエンザが怖い季節になりますし、今保育園でおたふく風邪が大流行しているので怖いです…。
新潟の冬は長いですが、頑張って乗り越えたいですね。
生協の宅配パルシステム★おためしセット購入







ワーキングマザー ブログランキングへ

育児・共働き ブログランキングへ

2017年01月08日

あんよが上手♪

皆さんこんにちは。
anegoです。


娘も1歳2か月になり、かなり歩くのが上手になりました。
歩き始めたのは1歳1か月でしたが、なかなか2〜3歩歩いて諦める…という状態から脱出できなかったのですが、1歳2か月を迎えたころからハイハイよりもあんよで移動する方が多くなり、今や両手を広げてバランスを取らずともスタスタ歩くようになりました。


あっという間、ですね。


実は1歳のお誕生日に、お隣のおばあちゃんから(別に親戚とかではないですww)ファーストシューズを頂きました。
ファーストシューズすら友達の子供のお古でいいやと思っていた私!!
ダメですね…。


お隣のおばあちゃんがわが娘を本当に可愛がってくださっていて、時々遊びに行ったりもしているのですが、あんよが出来るようになったら歩いて遊びに来てほしいから、と言ってファーストシューズをプレゼントして下さったのです!!


そもそもファーストシューズは室内で、靴を嫌がらないように練習などのために履かせるものとのことでしたが、当初私はよくわかっていませんでした。
なので、履かせ始めるタイミングもわかっていなかったのですが、ある日娘が靴棚に置いてあるファーストシューズを指さし、履きたいとアピールし始めたのでとても自然に履かせるようになりました。



娘、すごすぎる!と私は勝手に思っています(笑)



とりあえず保育園に行くときに、防寒の意味も込めて履かせるようになりました。
今では靴を履かないと外に行こうとしなくなった娘。
自分で玄関に腰をかけ、靴を履かせろと足を上げます(笑)



ファーストシューズでは、まだ玄関先までしか歩かせていないので、そろそろちゃんとした靴を購入してあげようと考えています。



それにしても私は、靴のことなんてあんまりよく理解していなかったダメな母親…。
お隣のおばあちゃんと、娘本人に助けられ、無事に靴を履かせてお外デビュー出来そうです。



イタリア生まれのファーストシューズ【モネリーナ】



新潟県新潟市 ブログランキングへ

ワーキングマザー ブログランキングへ

2017年01月07日

3連休で行きたい!ネイチャークラフトフェア@県立自然科学館

皆さんこんにちは。
anegoです。


先日保育園で、楽しそうなイベント情報を教えて頂きました。
新潟県立自然科学館で行われている「新春ネイチャークラフトフェア」なるイベントです。


モノづくりが体験できるこのイベント。親も楽しそう!
img041.jpg

スノードームが作れたり、三葉虫の化石発掘体験が出来たり…。
楽しそう…!!
体験するには別途チケットが必要のようなのでちょっと料金はかかりますが、寒い新潟の冬はなかなか子供がインドアで楽しめる場所ってないので、自然科学館はおすすめですよ。


三連休にぜひお出かけされてはいかがでしょうか〜??




うちの保育園でもやっています!子供が飽きずにやれて続けやすいです〜。

育児 ブログランキングへ

新潟県新潟市 ブログランキングへ


検索
最新コメント
プロフィール
anegoさんの画像
anego
30代のワーキングマザー。新潟市在住です。ドラッグストアに勤務しながらも、まだまだ働きやすく子供と家族にとってよりよい働き方とはなんなのか?を考えています。新潟の情報、ワーママの葛藤、育児の悩み、ドラッグストア従業員のおすすめ商品など、ワタシらしい情報を載せてきます。
ブログ
プロフィール