UA-145831330-1

2020年02月28日

恋は続くよいつまでも・・




並木道を歩くあなた

表参道は眩い人ばかり

九州で生まれPARCOが最高にお洒落な場所だと思ってた

上京してからも都会に馴染めなくて仕事場と一人暮らしの家を往復だけ

買い物は近くのスーパー

服やバックなんてずっと買ってない

彼氏なんて夢の又夢の生活だった

あなたに会うまでは

あなたと出会ったのは近くのコンビニ

家の近くのコンビニでよく見かけてた

ちょっと「かっこいい」と思ってた・・

いつもスーツ姿でビールと・・シュークリームを買ってた

ビールとシュークリームって合う?って思いながら・・

そして12月に寒い夜
あなたがいつものようにビールとシュークリームの入った袋を抱えみコンビニにから出てきた
そして擦れ違いざまに「あの・・一諸に飲みませんか?」

わたしは・・
ビールはビール
シュークリームはシュークリーム
単独で飲みたいし食べたい
という心の声は上げず
「はぁ〜」とどちらでもない返事をして
それから何度もコンビにで誘われ1月の最後の週末近くの居酒屋へ
話してみると面白いし何と住んでるマンションは隣
そしてなんと・・田舎が同じ
おんせん県と名乗る県の別府市と大分市
奇遇も奇遇
3つ上のあなた
話ていくと共通の知り合いもいて・・

なんか運命みたいだねって・・
そんなこんなで付き合いだしたあなたとわたし

ふたりだと東京は楽しくて・・キラキラ場所

ふたりでいつも表参道を歩くのが好きだった
「俺たちのこと九州の田舎者だとわかるかな・・?」って言いながら並木道を歩く
そんななんでもない日々が楽しかった

そんななんでもない日々も今日で終わり
あなたは実家のお父さんが体調を崩して入院
長男にあなたは急遽実家の旅館を手伝わないといけなくなった

わたしはwebデザイナーの仕事が軌道に乗りかけてたから一諸に帰れない

それがわかってたから「一諸に来て」なんて言われなかった

いつもより口数が少ないあなた

そしていつもよりゆっくりとした歩くスピード

この時間が終わないように・・なのかな

わたしもあなたの腕を強く握って前に行かせない

だけど並木道は終わり原宿の交差点へ

ここでお別れ

別れるともこのまま付き合うともお互い言わず・・

「さようなら 元気で」とあなたが切り出して
「さようなら 頑張って」とわたしが呟いた

そしてわたしをそっと抱きしめてあなたはい渋谷方面に歩いていった

別れてない・・
別れを告げられてない・・
だから仕事を頑張って・・
いつかあなたの元へ・・

終わりじゃない
恋は・・
恋は続くよいつまでも

だってあなたが好きだから・・





   
posted by anatanimo at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2020年02月26日

あなたの番です





あなたは夢ばかり見て

上京したけど鳴かず飛ばず

最初はミュージシャン
次は俳優
その次はパフォ―マー
全て中途半端
でもわたしに対しては・・
一生懸命愛してくれる

大分県と東京の遠距離恋愛
お金にないあなたは帰省できず
いつもわたしが東京に・・


わたしが28歳になって何も成功してなかったら田舎に帰って働く

そう言って東京で迎えたわたしの32歳の誕生日

わたしに電話してきた

「東京に出てきてほしい・・まだ何も成功してないけど・・
お前が傍にいたら必ず成功する・・だから東京に来て結婚してほしい」

バカだね
本当にバカだね

でも・・
最低で最高に誕生日プレゼント

よし!東京に行ってやろう!
成功して成功しなくてもいい
傍にいてやろう

だから頑張ってほしい
ずっとわたしは待ってた
頑張ってた
だから・・

今度は・・
「あなたの番です!」








posted by anatanimo at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2020年02月24日

あなたが教えてくれた「女の喜び 」

女の喜び




それはあなたがわたしに教えてくれたこと

全てを委ね

全てを包んでくれる

全身で

頭の先から足の指まで

あなたに包まれる

あなたに出会うまでは心も身体のわたしだけのもの

大切な親や親友でも委ねられない

わたしの「女」の部分

いろんな人を好きになり付き合ってきたけど

あなたとの出会いで全てが変わった

傍にいるだけで胸は高鳴り
傍にいるだけで全身のチカラが抜け
傍にいるだけで身体が熱くなる
傍にいるだけで・・
もっと傍にいてほしいと思う

指先に触れ
唇に触れ
あなたに触れるだけで
穏やかな気持ちになる

缶コーヒーの匂い
タバコの煙
CKの香水
フォルクスワーゲンゴルフのエンジンの音
全てあなた
あなたがいないのに匂いや音で身体が熱くなる


わたしは幸せ
女の喜びを知ってる

あなたが教えてくれた
女の喜び
MARY(メアリー)
posted by anatanimo at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2020年02月23日

ダイヤモンドダスト あなたがくれた宝石




ダイヤモンドダスト
キラキラ光る風景をあなたは見せてくれた

あなたと出会ったのは丁度7年前
代官山のカフェで声を掛けられた

色白だからまっ赤な顔して声を掛けてきた
「こんなこと初めてなんですけど・・さっきパイドパイパーの前で見かけて・・一目惚れで・・本当にこんなこと初めてなんです・・一度食事でも・・」って店内で大声で・

そんなあなたが可愛く思えて・・
それから食事をしたり映画を見たり・・
ふたりが出会った代官山をブラブラしたり・・
「初めて声を掛けくれた時に言ってたパイド・・何とかってどこにある店?」と聞くとあそこって代官山の交差点の地下にある店を教えてくれた。

今その店はもうない

あなたは北海道出身
いつもダイヤモンドダストを見せたいと話してた
わたしはダイヤモンドダスト自体知らなかった
故郷に知床で二人で見たいっていつも話してた

でも二人ではもう見れない
あなたは交通事故で帰らぬ人に
事故現場はあの代官山の交差点
わたしの誕生日だから急いでたのかも

自分を責めたけど・・
責めても責めてもあなたとの思い出が増すばかり

会社を休んで北海道へ
あなたの故郷 知床
殺風景だけどあなたと同じ暖かい街並み

少し歩いていると目の前がキラキラ光ってきた
これがあなたがわたしと一諸に見たかったダイヤモンドダスト
凄く綺麗で・・
あなたが傍にいるような・・

涙も凍っていまいそうな寒い日
あなたと出会ってよかった
どんな高価な宝石より綺麗なモノをあなたは贈ってくれた

ダイヤモンドダスト





posted by anatanimo at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2020年02月22日

グットドクター 

あなたは勉強ができた



背が高くて
やさしくて

ただ母子家庭でお母さんも病気がち
裕福じゃないあなたはバイトを掛け持ち
学費はもちろん生活費も稼いでた
あなたの夢は医者だった
有名国立大学の医学部も入れたけど
お母さんのこと
経済的なこと
もしかしたらわたしのこと
だから地元の医科大学へ進学
在学中もバイトに明け暮れてた
そんなあなたが好きだった

でも別れてしまった
わたしから別れを告げて

医科大学を首席で卒業し晴れて医者へ
県立病院に勤務
お母さんと二人暮らし
医者になって生活が少しは楽になったと話してた矢先にお母さんが死去

癌だった

あなたは自分の無力さを嘆いてた

その悔しさをバネにいい医者になるって誓ってたあなた

わたしはそんなあなたが今でも好き

とてもいい医者になってるはず

あなたはグットドクター




posted by anatanimo at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2020年02月19日

黄昏はあなた色 




かすかに聞こえる電車の音

図書館の静寂

校庭の水道を一心不乱に飲むサッカー部

駅前でいつも飼い主を待つ犬

川辺にいつもたたずむ水鳥

休日のグランドで走るこども

くるはずのない手紙を待つポスト

母親の手を強く握る女の子

仲よくひとつのマフラーをふたりで巻く女子高生

噴水に淵に腰かけてる老婆

飛行機雲もうれしそうに見あげるあなた

黄昏はいつもあなた色

こころに刻むシーンはあなたと見ていたい

黄昏は昔もあなた色

ずっとあなた色



posted by anatanimo at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性

どんなときも

「どんなときも」

槇原敬之の名曲
あなたが好きな曲

高校時代の話をすると必ずこの曲を卒業式の日クラスのみんなで歌ったエピソードを
担任の先生と泣きがら歌ったらしい

あまり自分のことを話さないあなた
でもこのエピソードはいつも話してた
よほど思い出に残ってるのか
嬉しそうに話してた

槇原敬之の歌はわたしもあなたの車でいつも聴いてたら好きになった

「LOVE LETTER」
「もう恋なんてしない」
「PENGIN」
「君の自転車に乗って」
「雷が鳴る前に」
「北風」

あなたは情景は浮かぶ詞が好きだと言ってた
今まで槇原敬之の歌に救われてきた・・って

「どんなときも」
この曲を聴くとあなたを思い出す

♪鏡の前笑ってみる♪
♪まだ平気みたいだよ♪



posted by anatanimo at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2020年02月15日

チョコ嫌いなあなた バレンタインデーは苦痛?

あなたはチョコ嫌い



バレンタインデーはいつもあなたがもらったチョコをわたしが食べてた

背が高くて目鼻立ちが整ったイケメンのあなた
大人しい性格だけど言うことがおもしろくて人気者
いろんな人から毎年チョコをもらってた

チョコが食べられないからくれた人に申し訳けないっているも言ってたけど・・
それはわたしには言わないでって感じだった・・
そんな空気よめないとこも可愛いところだけど

そんな彼だけど毎年一つだけもらったチョコを我慢して食べてた
それはお母さんからもらったチョコ
母子家庭で育った彼
裕福ではなかったけど
愛情いっぱいで育った彼
毎年一つも息子がもらわなかったらかわいそうだと・・
チョコ嫌いを知ってた上で食べなくていいから・・と息子にあげてた
彼はそんな母親の優しさを知ってたから無理して食べてた

そのチョコだけはわたしも嫉妬しない
優しいチョコ

いつか・・
いつか三人で住んであなたに・・バレンタインデーにお母さんと一諸にチョコをあげたい
チョコ嫌いのあなたに・・
MARY(メアリー)
posted by anatanimo at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2020年02月11日

編みかけの手袋 あなたが生きていたら40歳

俺の手袋は編みかけの手袋



紺色の毛糸で編んだ手袋
お世辞にも綺麗に編まれていないけど
俺の宝物

俺は高校に入学してあなたとすぐ付き合い始めた
同じクラスで隣の席
違う中学だから初対面だったけどショートカットに整った顔
少し気が強そうだったけど一目惚れ
そして勇気をだして告白
ショートカットの髪が揺れて「ウン」とうなずいてくれた
俺にとって初めての彼女
自慢じゃないけど中学の時はけっこう告白された
でも・・なんか自分に自信がなくて硬派ってことでごまかしてた

だから自分で告白するなんて想像できなかったけど・・
今思えば・・かなりあなたがタイプだったんだろう

そんなあなたと付き合うことができて俺は少々浮かれていた
背が高く顔が小さく綺麗で声も可愛い
何より鼻は高くて唇が色っぽかった

自慢の彼女!

だから皆に自慢ばかりして・・

だから中学生の頃からの夢があってそれをあなたに話したよね
「手袋を編んでほしい!」
ベタだけどなんか憧れてたんだ
そしたら予想外の答えが・・
「手芸は苦手だから無理!」
「買ったほうが早いし綺麗だからプレゼントするよ」
それを聞いた俺は若かったから・・怒って帰ってしまった

それから本当に子供で話しかけてくるあなたを無視して・・
ずっと・・
3か月も・・

そして12月19日は俺の誕生日になった
授業が終わって部活にいく俺をあなたは呼び止めた
紺色の袋を俺の胸元に押し付けて・・
「誕生日おめでとう!!!」って照れながら言っ走って行った
中には紺色の毛糸の手袋
そして手紙が・・
「誕生日おめでとう!本当に不器用で手袋なんて編んだことないから途中までしかできてない・・
ゴメン。左右長さが違うの・・。もしわたしを許してくれて仲直りしてくれるなら最後まで完成させるのでまたちょうだい。わたしは完成させたい。クリスマスには徹夜してでも完成させるよ」
俺はうれしくて涙が・・
三か月も無視してた自分が嫌になった
はやく家に帰って電話して伝えよう
「仲直りしよう・・好きだ」って
でも・・それはかなわなかった

俺に手袋を渡したあと家に帰る途中、歩道を歩いていたあなたに車が飛び込んできたらしい
飲酒運転・・
あなたの家に電話しても誰もでないから
行ってみたら・・

俺が手袋なんか欲しいって言わなければ
無視なんかしなければ
あの時走り去るあなたを呼び止めとけば

後悔ばかりで・・
信じられなくて・・

今東京で暮らす俺は九州より寒いこの都会にも少しは慣れてきたよ

でもどんなに寒くても他の手袋はしない
手袋は左右長さが違う、編み目が大きいあなたがくれた手袋じゃないと
風が入ってくるけど暖かい
一生懸命編んでくれた手袋
俺の宝物

あなたの・・




posted by anatanimo at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性

2020年02月09日

離婚してくれるって言ったのに・・

妻子あるあなたを好きになったわたし


ピンク乳首の秘密【 PINKY SHINY CREAM  】

あなたはやさしくて

いつもわたしを褒めてくれる

最初は叶わぬ恋でもいいと思った

だから奥さんや子供さんのことも気にしてなかった

でもあなたが離婚してわたしと一諸になりたいって言うから

我慢してた感情が抑えられなくなったの

わたしが悪い?

許されない恋なんてどちらが悪いなんてない

でも離婚するなんて言わないでほしいかった

できないのに・・
する気なんてないのに

子供さんを大切にしてるあなたは離婚なんてできないっわかってた

わかってたのに・・

やっぱりあなたが悪い

こんなに好きにさせて



posted by anatanimo at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

思い出日記ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村 MARY(メアリー) ピンク乳首の秘密【 PINKY SHINY CREAM  】 LCラブコスメ
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリーアーカイブ
女性(61)
男性(11)
プロフィール
さんの画像

男でも女でも若くても歳をとっても 胸を締め付ける言葉・出来事は忘れない
プロフィール
浮気・不倫調査はUG探偵事務所