2019年10月14日

呼び捨て




あなたはわたしを「〜さん」と呼んでた

付き合う前も付き合った後も・・

わたしはあなたを名前で呼んでた

もちろん呼び捨て・・

なんども名前で呼んでと頼んだが・・

恥ずかしいと・・

う〜んよくわからなかった・・

そんな恥ずかしがりやなところが可愛くて・・

好きだった・・

でも最初で最後・・

わたしのことを「優子」って呼んだね・・

それはわたしが別れを切り出した時・・

好きな人ができたことを告げたとき・・

ごめんと言って歩きだしたわたしに・・

「優子〜俺はお前じゃないとダメなんだ!」

もう一度ゴメンと言ってわたしは歩きだしたよね

少し名前で呼ばれてドキってした・・

もっと前から名前で呼ばれてたら別れてなかったかも・・

秋が来ると・・

そう・・あの別れた季節が来ると思い出します・・




posted by anatanimo at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2019年10月13日

笑顔




あなたはいつも笑顔だった

どんなに苦しくても・・

わたしに心配かけまいと・・

携帯電話のない時代・・
私が待ち合わせの場所に2時間遅れたのに笑顔で「よかった!何かあったのかと思って心配してたから・・よかった!」って・・笑顔で言うから・・

あなたとの結婚を親に反対されてることを言うと・・笑顔で「わかってもらうまで頑張るよ」って・・

一生懸命仕事してわたしの親に認めて欲しくて・・頑張って頑張って

自分の親が病気でお金がいるから休みの日はバイトして・・

苦しくての笑顔で・・

でもわたしが結婚できないって言った時・・

悲しそうな顔一瞬して・・

すぐ笑顔で「ゴメンね・・俺がダメだから・・親が認めてくれるような男になれなくて・・」

「今までありがとう・・」って笑顔で言うあなた

あなたが悪いんじゃない・・わたしが疲れただけ

あなたのその笑顔に甘えて・・癒されて・・

そしてその笑顔に疲れたの・・

その優しさに・・





posted by anatanimo at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2019年10月10日

色白





あなたは色白・・

俺は色が白い人が好みで白ければ白いほどドキドキする

子供のころから北欧の白人や日本人(クオーター?)では宮沢りえが好みで・・

そんな俺はあなたに出会いひとめぼれ・・

薄い顔と白い肌 笑顔になると目が細くなって・・

そんなあなたは・・幸せになってる・・と風の噂・・


イケメンの旦那と子供に恵まれて・・

SNSの広がりで知りたくない・・見たくない情報も・・

いや・・やっぱり知りたいか・・

旦那と子供と写るあなたはやっぱり俺の好みで・・

透き通る白い肌と眩い笑顔

幸せそうでなにより・・と考えられるようになったのは歳をとったのか・・

それとも・・

傍にいて「かわいい」と言うと見る見る顔がピンク色になり恥ずかしいそうな表情に・・

いまでもその顔を思い出すことも・・

秋らしく涼しい夜 色ずく葉を見てなぜかあなたを思い出す

素晴らし出会いと素晴しいと思いたい別れ

お互い幸せでいよう・・と言える日がくればいいと思う今日この頃

この満月をあなたも見てるだろうか・・




posted by anatanimo at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性

2019年10月06日

街 




駅の西口から出てバスに乗る

古いバスは変わってない

温泉が有名な街

海と山に囲まれ

ほとんど坂ばかり

特徴的だけど

みんな優しくていい街

温泉の匂いは最初は慣れなかったけど・・

何にも気にならなくなった

バスが走りあなたの母校の前を通る

高校名がお洒落だろうっていつも言ってた

「青山」って高校名・・

青学とか青山通りのことかな・・


あなたと住んでた街・・
田舎だけど景色が良くて海も山も綺麗・・

そんな街が好きだった・・

だから久しぶりに来た街は懐かしくて・・

あなたとの思い出ばかり

テレビは放送局が少なくて・・

見たことないコンビニがあって・・

不便だけど不自由じゃなかった・・

あなたと一諸だったから・・

あなたがいない街がどこか寂しくて・・

何でもない街

ただただ思い出だけが残る

何でもない街

あなたが眠る大切な街



posted by anatanimo at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2019年10月03日

ラグビー 黒いジャージに・・





ラグビー・・

ニュージーランドはわたしでも知ってる

オールブラックスとも言うことも・・

あなたが好きなオールブラックス

あなたはラガーマンだった・・

そうニュージーランドと同じ黒いジャージを着てた

あなたは九州の名門高校ラグビー部にいた

ユーミンに歌のモチーフにもなったらしい

大きな身体と生傷絶えない顔はお世辞でもかっこいい訳じゃないけど

笑顔が可愛くてとてもやさしかった・・

あなたの故郷でラグビーワールドカップが開催される

それもニュージーランドの試合が・・

ニュージーランドに「ハカ」を見て

あなたがよくマネしてたなぁ〜って・・

みんなのワールドカップと違う興奮

あなたに会いたくなったことが原因・・・





posted by anatanimo at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2019年09月28日

苗字





アナタと別れて10年・・

ワタシとアナタは同じ苗字だった・・

ありふれてるけど好きな苗字だったから結婚しても変えたくないって話をしたら

「俺と結婚すれば解決だね!って・・

「俺と結婚しても苗字変わらないから同窓会に行っても独身だと思われるだろうな」って揶揄ってたね

そんな言葉が嬉しかった・・

本当はね・・

苗字なんてどうでもよかったの・・

苗字を変えたくないって言えば・・

結婚の話をしてくれるから・・

アナタと結婚したかったかウソついてたの・・


ワタシは・・苗字が変わりました・・

アナタといる時・・本当は苗字なんてどうでもよかったのに・

今は・・

やっぱり苗字は変えたくなかった・・

あなたと同じ苗字がよかった・・


そう思う日があるのはいけませんか?










posted by anatanimo at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2019年09月25日

秋空





女心と秋の空

あなたはいつもそう言ってわたしを揶揄う

変わりやすい訳じゃない

自分でもコロコロ意見が変わって嫌だけど・・

一つだけ変わらないことが・・

それは・・


あなたへの思い・・

秋の夜空に語りかえる自分

月が綺麗です

あなたに会いたい・・




posted by anatanimo at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2019年09月22日





10年振りの訪れたあなたとの思い出の駅は様変わりしてた

昔はロッテリアとミスタードーナツと売店しかなかった駅が・・

駅ビルができて同じ駅とは思えない

ホームまで改札を過ぎて階段を下りて地下から3番線のホームに階段を上ってたね

「県庁所在地に駅がこれはダメだろう」って東京出身のあなたはいつも言ってた

わたしの家はその一番大きな駅から7駅先だった

いつもホームまで見送ってくれた

今は改札を抜けエスカレーターとエレベーターで2階のホームへ

高架工事で踏切もなくなり便利になったみたい

でも・・

あなたとの思い出の駅はもうない

風遠しが悪くて地下道は蒸し暑くて・・ホームもお世辞にも綺麗じゃなかった

でもその蒸し暑さや寂れたホームであなたと一諸にいたのは事実

面影がないのは駅だけじゃなくてあなたも

駅裏と言ってた南口は上野の森口ってお洒落な名前に

その上野の森口を出てあなたと行った美術館へ・・

背の高いあなたの手をしっかり握って丘の上にある美術館に行った思い出がよみがえる

今はわたしが娘の手をしっかり握ってる

駅が様変わりしてしまった方がよかったのかも・・

駅だけでも変わってたほうがあなたを思い出さなくていい・・







posted by anatanimo at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2019年09月21日

結婚してほしいって言うのはダメですか?




あなたに触れていたい

あなたと話したい

あなたのたばこの匂いが好き

あなたの友達も好き

あなたの親も兄弟も好き

あなたが仕事に一生懸命なところも好き

忙しいときは少しの電話でもいい

LINEもすぐ既読にならなくてもいい

あなたの声は鼓膜から脳に突き抜けてわたしを幸せにする

なるべく一諸の時間が欲しい

あなたはやさしいからわたしのわがままに怒らない

だからどんどん甘えて・・

ごめんなさい

好きだから・・

わたしから・・

結婚してほしいって言うのダメですか?







posted by anatanimo at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

2019年09月18日

ありがとう





ありがとう
優しくしてくれて

ありがとう
綺麗って言ってくれて

ありがとう
友達に紹介してくれて

ありがとう
無くなったピアスをずっと探してくれて

ありがとう
助手席のドアを必ず開けてくれて


ありがとう
わたしを選んでくれて


ありがとう
あなたがいてくれて

ありがとう
ありがとう




posted by anatanimo at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性

思い出日記ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
女性(34)
男性(7)
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

男でも女でも若くても歳をとっても 胸を締め付ける言葉・出来事は忘れない
プロフィール