<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
記事検索 
→→→記事一覧はこちらぴかぴか(新しい)
 
最新記事
人気記事
  • リサイクルは大事だけれど、物を大事に長く使うこと、いらないものは買わず「足りる」ことを知るのは、もっと大事。
  • 海にもゴミ、宇宙にもゴミ。  後始末を考えない大人は、子供に何を誇るのだろう。
  • 2017年の世界各国幸福度ランキングが出ました。日本は51位。G7(主要7か国)の中で、最低。不動にみえる現実を解決する方法とは
  • 青森の「キリストの墓」に埋葬されているのは、本当にキリストか。高度に進化した宇宙人の介入と、我々地球人のレベルと問題。
  • 天描画家大城清太さん講演会「幸せになれる方法とは」 
  • 手塚治虫さんの著書「ガラスの地球を救え」
  • フード・インク ご飯が危ない。買物は選択である
  • 「9割の病気は病気ではない!」  病気の仕分けをすれば自分で治せる病気ばかり 
  • 地震に注意。通電火災を覚えましょう
  • おさかなポスト。タマゾン川にしないための対策
  • 2015年12月13日

    金閣寺   正式名称・鹿苑寺。火の鳥のように復活した寺 (世界文化遺産)

    京都の市バス1日乗車券でめぐる京都のメジャースポットを紹介してきましたが、次は、金閣寺を取り上げたいと思います。
    金閣寺は知らない人はいないくらい有名で、世界遺産の一つですね。
    関西圏の子供は修学旅行で金閣寺を必ず見ると思います。関東の日光東照宮みたいな感じです。
    清水寺→銀閣寺→北野天満宮→金閣寺と、巡るだけで1日終了すると思います。
    (じっくり見る方は一日じゃ足りないと思います)

    私達が金閣寺を訪れたのは、2007年11月と、2013年3月でした。
    料金などは2015年で調べてあります。
    おすすめポイント

    正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)と言います。
    「鹿苑」というのは、お釈迦様が初めて説法されたところの地名「鹿野苑(ろくやおん)」にちなんだ、創設者の足利義満の法号「鹿苑院殿(ろくおんいんでん)」によるものだそうです。

    足利義満公・・・室町幕府三代将軍ですね。
    銀閣寺を創った足利義政公のおじいさんです。
    アニメ「一休さん」にも将軍様として登場します。
    どんな方か、調べてみました。

    ・室町幕府初代将軍の足利尊氏死去100日目に誕生した(孫)
    ・京都の室町に花の御所を作った(以後、足利氏の幕府を室町幕府と呼ぶ)
    ・皇位の象徴である三種の神器を南朝から北朝にゆずらせ、60年争っていた南北朝の合一を果たした
    ・37歳で将軍職をわずか9歳の義持にゆずる
    ・将軍職を退いた後、太政大臣に任ぜられ、公家としてもトップの座に上り詰める
    ・38歳で出家して、道義と号した(武家・公家のそれぞれの頂点に達したので、残る寺社勢力を支配する地位をも得ようと出家したと考えられているそうです)
    ・2年後、山荘北山殿(金閣寺)の造営に着手
    ・観阿弥・世阿弥を保護し、能楽・狂言などの文化(北山文化)を築いた
    ・51歳で亡くなる

    豆知識
    ・義満公は時間厳守を非常に重んじた人物で、遅刻する者を厳しく処分したそうです。
    ・一休さんのおじいさん説があります(ホントかウソかわかりません)




    さて、そんな室町時代最強の将軍、足利義満公が築いた舎利殿(金閣寺)の写真はこちら。


    DSCF4790.JPG

    美しいですね!!
    天気の良い日は眩しいです。
    手前の池は「鏡湖池」と言います。
    これもまたネーミングがすばらしいですね。無風の時は水面が波立たず、正しく鏡の様です。
    上下対象鏡の世界、豪華さも二倍ですね。

    私が初めて金閣寺を訪れたのは、小学六年生の修学旅行でした。寒い日で、屋根には白い雪がうっすらと積もって美しかったです。
    あれから20年数年経つけれど、今でもあの感動は忘れられません。


    さて、そんな美しい舎利殿ですが、昭和25年に放火で焼失した事件がありました。
    舎利殿は全焼し、中にあった仏像など6点も焼失してしまいました。
    放火犯は、金閣寺の見習い僧侶をしていた21歳の男子大学生。
    後に三島由紀夫さんが長編小説として出版し、映画化もされました。
    ノンフィクション作品としては、水上勉さんの「金閣炎上」があるそうです。





    現在の舎利殿は、焼失後5年で再建されたものです。
    明治時代に大修理が施されていて、その際に詳細な図面が作成されていたので、忠実な再現ができたそうです(よかったですね! この図面が無かったら、今の舎利殿はありません)
    さらに昭和62年には「昭和の大修理」が行われ、漆を塗り替えたり、金箔の厚さが五倍のものに押し変えたり、天井画を復元したそうです。


    DSCF4799(1).JPG

    鏡池湖とは反対方向からみた舎利殿。

    第一層は白木で、第二層、第三層は内外ともに全部金箔押し、屋根はこけら葺き。
    造りは、第一層が神殿つくりで法水院、第二層が武家つくりで潮音洞(ちょうおんどう)、第三層が禅宗寺院風でくっきょう頂と呼ばれるそうです。
    舎利殿は、平安時代、鎌倉時代、唐様と、すべての様式を折衷させた創りだそうです。
    足利義満公みたいにパワフルですね!
    天井画は、金箔がふんだんにつかわれた極楽浄土です。素晴らしく美しいのですが、中には入れず見れないので、興味のある方は売店の金閣寺写真集や資料をご覧になってくださいね。

    また、頂にあるのは、金の鳳凰です。
    先日ブログで取り上げた、手塚治虫さんの火の鳥を思い出しました。
    焼失したものの早期に美しくよみがえった舎利殿は、まさしく鳳凰・火の鳥のような力強さを感じますね・・・。
    皆さんもぜひ、現地でご覧になってくださいね。


    さて、金閣寺にはお楽しみがあります。
    それが、「夕佳亭(せっかてい)」という茶屋。


    image.jpeg
    image.jpeg

    500円でお抹茶と茶菓子がいただけます。


    DSCF9331.JPG

    茶菓子に金箔。贅沢な気分でいただけます。

    夕佳亭・・・夕日に映える景色がことによろしい、という意味だそうです。
    茶屋の前の石灯籠と、富士山型の手水鉢は、慈照寺(銀閣寺)を建てた、孫の義政公が愛用したものだと言われているそうです。

    みなさんもぜひ、現地を訪れてくださいね。

    次は一度、京都駅へ戻って伏見稲荷大社へ。
    →→伏見稲荷大社の記事はこちら


    <スポンサーリンク>

    こちらの記事もどうぞ。京都の観光記事です。
    北野天満宮 
    清水寺(世界文化遺産)
    銀閣寺(世界文化遺産)
    東福寺 通天橋と本坊庭園 
    伏見稲荷大社
    京都 手塚治虫ワールド 2011年閉館 

    →→記事一覧は、こちら 

    →→東日本の記事一覧は、こちら

    →→西日本の記事一覧は、こちら
    交通アクセス

    京都市内は、バスが大変便利です。

    清水寺旅行記・京都の交通機関の記事に、京都のお得な切符についてまとめてあるので、併せてご覧ください。

    私達は、@の「市バス・京都バス一日乗車券カード(大人500円)」を利用しました。

    前回取り上げた北野天満宮から金閣寺に行く場合、北野天満宮前から京都市バス101、102系統に乗り、金閣寺道で下車です。
    7分くらいの乗車時間です。

    京都駅から行く場合、京都駅前で101系統の市バスに乗り、金閣寺道下車 38分の乗車時間。
    または、205系統のバスに乗り、金閣寺道下車 41分の乗車時間。

    車で行く場合、第一・第二・第三駐車場があり、250台停められます。
    一時間300円、以後30分ごとに150円です。

    マイカーが無い場合、カーシェアリングやレンタカーを利用すると便利です。
    タイムズ カーシェア
    じゃらんレンタカー
    料金について

    大人400円、小中学生300円です。
    銀閣寺のときにも触れましたが、チケットではなくお札がもらえます。

    拝観時間は9時から17時まで。
    近くの宿泊施設

    花ノ坊 金閣寺道。金閣寺から徒歩9分。




    京都新阪急ホテル。京都駅から徒歩3分。



    <スポンサーリンク>




    この記事へのコメント
    コメントを書く

    お名前: 必須項目

    メールアドレス:


    ホームページアドレス:

    コメント: 必須項目

    認証コード: 必須項目

    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバックURL
    http://fanblogs.jp/tb/4515045
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック

    カテゴリーアーカイブ
    プロフィール
    チョットnowさんの画像
    チョットnow
    応援よろしくお願いいたします♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    QRコード
    RSS取得