<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
記事検索 
→→→記事一覧はこちらぴかぴか(新しい)
 
最新記事
人気記事
  • 我孫子で内部被ばく検査をしてきました。お手ごろ価格の浄水器+竹炭を使用していた私達の対策は良くなかったと思う。みんな内部被ばくしているものとして、対策の見直しをしましょう
  • 2017年の世界各国幸福度ランキングが出ました。日本は51位。G7(主要7か国)の中で、最低。不動にみえる現実を解決する方法とは
  • 手塚治虫さんの著書「ガラスの地球を救え」
  • 天描画家大城清太さん講演会「幸せになれる方法とは」 
  • フード・インク ご飯が危ない。買物は選択である
  • 「9割の病気は病気ではない!」  病気の仕分けをすれば自分で治せる病気ばかり 
  • 地震に注意。通電火災を覚えましょう
  • おさかなポスト。タマゾン川にしないための対策
  • カテゴリーアーカイブ

    2017年03月14日

    我孫子で内部被ばく検査をしてきました。お手ごろ価格の浄水器+竹炭を使用していた私達の対策は良くなかったと思う。みんな内部被ばくしているものとして、対策の見直しをしましょう。

    (2017年3月16日 追記・一部書き直し)

    実はですね、私、この一ヶ月ほど、めちゃくちゃ悩んでました・・・。
    閲覧者の少ない、お気楽な、個人のブログなんだから、好きなように書けば良いんでしょうけれども、私の伝えたいこととは、全く違う意味で捉えられたらどうしようと、ウジウジ心配していたのです。

    もともと旅ブログとして、一昨年の11月にブログを開設し、記事をコツコツと書いてきました。
    あちこち遊びに行って、綺麗な景色を見て、いろんな人と話して・・・、「私達の世界ってとっても綺麗で、でもなんだかちょっと悲しくってちょっとイヤで、なんだか不思議だなぁ〜」と、私の中の満たされないモヤモヤを埋めてくれるパーツを、行く先々で拾ってきました。
    コツコツとそれらを書いているうちに、だんだんまとまってきたのです。

    私が、心の底から訴えたいのは、

    「日々の生活も、週末の遊びも、世界が平和であり、精神的・肉体的にも健康であるからこそ享受できるもの」

    だということです。


    ブログは個人の日記ですから、自由に書けます。
    けれども、やっぱり「責任」はあると思うのです。
    今日は、おあそびではなく真面目に、反応を恐がらないで素直に、書きます。


    <スポンサーリンク>


    私達が検査をした、我孫子内部被ばくセンターの場所や料金などについては、公式HPで確認してください。
    HPには、聴診器を肩にかけて白衣をまとった女性のイメージ写真があり「病院・検査所!」なイメージをもたせますが、実際は小さなサロンのように入りやすい建物で、検査をしてくれたのは可愛いセーターを着た若い女性でした。
    子供と接するのが上手な優しい雰囲気の方で、楽しいお話をしてくれたおかげで、息子は検査時間中飽きずに座っていられました。
    料金は、大人が5000円、子供が3000円。
    柏、我孫子、白井、印西、各市の18歳以下及び妊婦さんに助成金3000円が支給されます。
    検査をするときはお金が必要ですが、後に助成金を申請すれば返金されますので、柏、我孫子、白井、印西、各市の18歳以下及び妊婦さんは、実質無料で検査を受けられるということです。

    「なんだか検査って恐そう・・・」
    「料金高いんでしょ」
    と、躊躇していた方、これらの情報で、少し行きやすくなったでしょうか。


    IMG_3589.JPG

    我孫子のWBC(ホールボディカウンター)です。検査は、この椅子に5分〜10分座るだけです。


    グーグルで、我孫子の検査センターを検索すると、1ページ目に出てくるのが、災害の夢ブログ(スズさん)と、探求三昧(百瀬さん)で、どちらも私と息子が検査を受けるキッカケとなったブログです。


    【災害の夢ブログ(スズさん)】スピルリナによる解毒と、食品・水に気をつけているようです。内部被ばくはND(0ではないけれども、とても少ないという意味)。水道水を飲んでいる息子さんのみ、セシウム137を107ベクレル検出。

    【探求三昧ブログ(百瀬さん)】ペットボトル水を飲んでいるみたいです。奥さんがスパイスたっぷりの愛情料理を作ってくれ、デトックスできていたかもしれないそうです。百瀬さんの内部被ばくは58.06Bq。4歳の息子さんのセシウム137は46.64Bq。2歳の娘さんは47.04Bq。

    TOCANAに、詳しく載っているので、ご覧ください。

    このお二方は、対策をしっかりとされており、平均よりもずっと少ない値とのこと。

    ・・・さて、私と息子はどうだろう。
    私達一家の6年間の行動と対策は、前記事に載せましたので、お時間があればご覧ください。
    →→2011年3月11日。 あの日から何か変わりましたか? 私達一家の6年間の対策を振り返る
    簡単に言うと、
    ・事故当時すぐの水道水を飲んで違和感を覚えたので、3ヶ月間はペットボトル水を飲んでいた。
    ・ゴミがかさばるし、買物が大変なので、他の方法を考える。2リットルの浄水を入れたピッチャーに、竹炭のかけらを8片入れて半日〜1日寝かした水で、グリーンルイボスティーを沸かして飲んでいた。
    ・料理用の水は浄水器の水を使用。
    ・放射能汚染された地域の、農産物・海産物は、できるだけ買わなかった。
    ・スピルリナ、竹炭粉末の摂取を、すぐにやめてしまった。
    ・外食は月に1〜3度。コンビニ弁当、スーパーの惣菜はほぼ買わない。
    ・味噌が良いと知ったので、三年味噌で作った味噌汁を1日1杯以上飲んでいる。


    IMG_3594.JPG

    こちら、息子の結果。セシウム134はND、セシウム137は114ベクレル、体重1キロ当たり4.4ベクレルでした。
    私のセシウム134はND、セシウム137は183ベクレル、体重1キロ当たり3ベクレルほどでした。

    このホールボディカウンターで測られた年齢ごとの平均値は、内部被ばく検査センター フェイスブックの2月14日投稿の記事に記載されているので、ご覧ください。
    比較すると、息子は平均よりちょっと低くて、私は平均よりちょっと高いということになります。
    内部被ばくがごくごく少ないNDは、検査に来た大人のうち27.0%しかないことも、フェイスブックの情報でわかると思います。

    検査所の方は、
    「検査を受けに来る人は、もともと放射能汚染を気にしている人で、何らかの対策をとっているため、数値は低めです」
    とおっしゃっていました。


    私は自分の検査結果と生活を、スズさんと百瀬さんのものと比べ、

    ・スピルリナの摂取は効いていそうだから、今からでもとるほうが良いと思った
    ・水道水は飲まないほうが良さそうだと思った

    ので、自分達の生活を見直すことにしました。


    知ることから始まるので、興味を持った方、無理なく検査を受けに行ける方は、調べてみてはどうかと思います。

    ただ、測定値は正確ではないかもしれないという情報は、もっておいたほうが良いです。(どのような検査方法であれ、もともと測定しづらいそうです。そのため国は300ベクレル以下は不検出としている)

    詳しくは、内海さんのフェイスブックのこのページを、お読みください。
    内海さん・・・医師。Tokyo DD Clinic院長。NPO法人薬害研究センター理事長。
    小出さん・・・日本の工学者(原子力工学)。元京都大学原子炉実験所助教。

    「人形町でのホールボディカウンタの測定に問題がある」とありますが、我孫子の検査所と関係があります。
    人形町の後、ほかの場所へ移り、現在は我孫子で検査をしているのです。
    どちらも代表理事は、新納(にいろ)さんで、「NPO法人・免疫療法を支援する会」の方です。


    こちらにもいろいろ載っています。
    内海さんのフェイスブック
    新刊で「虚偽」を拡散する小出氏、内海医師への法的対応
    ウクライナ内部被爆検査機を批判する、内海 聡氏と小出裕章氏の「デマ」と傲慢さ


    2014年にホールボディカウンターのことが取り上げられてから、もう二年半経っているので、ここで蒸し返すのも良くないかなぁと迷ったのですが、私達は、自分にとって都合の良い情報は肯定的に受け止めるけれども、都合の悪い(またはややこしい)情報は排除する、という姿勢でいたのでは、良くないのでは・・・と思ったので載せました。

    情報をどう解釈するかは人それぞれですが、ある人は情報カードを4枚持っているのに、ある人は1枚しか持っていない・・・というのは、公平ではありません。

    私達の社会で困るのは、情報の開示が公平に行われていないことにより、選択枝が減り、解釈に偏りが出ることだと思います。

    ですから、検査を受けに行く方は、これらの情報を頭に入れて、総合的に自分で判断すると良いかと思います。

    私個人の感覚としては、ホールボディカウンターの数値がND(すごく少ない)だろうが300だろうが、自分達でできる対策はやったほうが良いと思います。


    我孫子で検査を受けた私達は、思っていたよりも数値が低くなかった結果を受けて、生活の見直しへつながりましたので、我孫子の検査センターには感謝しています。


    ここで、私は母親ですから、一つ付け加えさせてください。

    小さな子供は、大人よりも当然、情報収集力が少ないですし、判断力もまだまだ足りません。
    ですからお母さん、「あなたを信頼しきっている子供を、しっかりと守ってあげて」ください。

    もともと女性は、ふとしたことに「あら?」と気づきやすい性質があると思います。
    よく、恋人や夫の浮気がわかるとか、嘘がわかるとか、いいますね。子供の体調変化も、母親として独自のアンテナがあるのではないのかなぁと思います。

    「これってどうなの?」
    と、モヤモヤした不安で終わらせるよりも、現実を見つめて、前向きに検討し、改善策をとったほうが良いと思うのです。


    ある掲示板で
    「日本全国変わりなく被ばく。みんな一緒 v(^_^)v」
    みたいなことを書いている人がいましたが、みんな一緒なんかじゃありません。

    濃度が濃い・薄いは人によって差があるし、放射線によって傷つけられた体を修復する力だって当然個人差が大きいはず。
    なによりも、みんな一緒になんか死ねません。
    大人より、子供。子供より、赤ちゃん。赤ちゃんより、胎児のほうから、先に消えていくのです。

    このことを、子をもつ親はしっかりと胸に刻まないといけません。

    ・自分よりも、子供に健康で居てほしい
    ・自分よりも、子供に長生きしてほしい
    と願っているならば、行動してください。
    「内部被ばくなんてしていない。仮にしていても微量」だなんて情報を楽観視してフワフワポヤポヤしていると、将来、病気になった子供の手を握り締めて泣くことになるかもしれません。


    ぜひ、病気になってから動くのではなく、病気にならないように動きましょう。


    夫の入院で痛感しましたが、家族の病気は、自分の病気以上にストレスです。子供の病気なら、なおさらそうです。


    対策を対策を、と言っていますが、母子ともにストレスを感じない程度が良いと思います。
    良いと思って対策をしたのに、これはダメ、あれはダメ・・・と、苦しくなっては本末転倒です。

    未来のために、今、良い選択をしましょう。



    私達一家は、
    ・放射性物質を体に取り入れない
    ・いらないものは体外へ出す
    ・自分の免疫力をしっかりと上げる
    この3つを、息が詰まって苦しくならない程度で、前向きに見直したいと思います。

    そのために、
    ・浄水器+竹炭を通した水道水をやめて、ウォーターサーバー設置か水の宅配へ切り替え
    スピルリナの摂取
    ・適度な運動
    ・バランスの良い食生活
    ・自分のおつとめを、気持ち良くこなして、楽しく生きる
    など、良い未来が来ると信じて、楽しみながらやりたいと思います。



    上野公園の清水観音堂にあった言葉を、ここに貼っておきます。

    運は運ぶとよみます。
    あなたの行いを運ぶ。
    過去の行いが今に運ばれ、今の行いが将来に運ばれるのです。
    それは過去の行いが今に運ばれてきただけなのです。
    もしあなたがこれらの運気を上げたいと思ったら、それなりの行いをすることです。



    良い未来が来て欲しいなら、良い選択と行動を、今からやりましょう。




    長くなりましたが、
    「自分のことは、自分で決めて、自分で動く。自分のことは、人任せにしてはいけない。」
    そんな生き方をしていく時代なのかな、と思いました。
    それは何も、放射性物質に限らず、あらゆることに対する、人間本来の姿勢ではないかと、思いました。


    まとまりのない文章で申し訳ないですが、変に誤解されること無く、混乱させること無く、「それぞれが現状の改善を前向きにやりましょう」と、シンプルに受け取ってもらえると幸いです。


    どうか、この記事が、少しだけでも、あなたとあなたの大切な人の役に立ちますように。



    こちらの記事もどうぞ。私達の対策です。
    →→クラブエコウォーター(ポタポタクラブ)使用感想。お手ごろ価格浄水器よりも、オススメするワケ。安い浄水器の性能は、イマイチだと思った・・・。の記事はこちら。
    →→錠剤か粉末か・・・。我が家のスピルリナ摂取体験。出来ることから、コツコツと。の記事はこちら。

    →→将来、「白血病」になる可能性がある(?)息子の話。  病気のトリガーを引くのは、心かもしれないということ。の記事はこちら


    →→記事一覧は、こちら 

    →→東日本の記事一覧は、こちら

    →→西日本の記事一覧は、こちら

    <スポンサーリンク>




    この記事へのコメント
    コメントを書く

    お名前:

    メールアドレス:


    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバックURL
    http://fanblogs.jp/tb/6049279
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック

    旅・レジャーのリンク
  • じゃらんレンタカー
  • 楽天トラベル
  • ヤフートラベル
  • じゃらん
  • びゅうJRで行く国内ツアー|えきねっと
  • ANAで行く国内・海外ツアー
  • 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL
  • 宅配生活のリンク
  • 西友ネットスーパー
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • イオンショップ
  • セブンネットショッピング
  • 生協の宅配
  • 【大地宅配】とくせん定期
  • 西日本・北海道産 産地限定野菜セット・ぱれっと
  • ローソンフレッシュ
  • アカチャンホンポ
  • トイザらス・ベビーザらス オンラインストア
  • ベルメゾン
  • ビックカメラ
  • プロフィール
    チョットnowさんの画像
    チョットnow
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    QRコード
    RSS取得