2018年09月23日

高い空

涼しい時間が多くなり、空も高いなと感じることが多くなりました。あんなに暑かったのが何だかウソのよう。(^_^;)美味しいものがたくさん出回るにはもう少し間がありますが、澄んだ空を見ていると、この本の空の青さと実りのオレンジ色の鮮やかさを思い出します。
干し柿

昔の人は、渋柿を甘くておいしい柿にすることを思いつきました。それは干すという、簡単なやり方です。干し柿を作る様子を、大きな写真で紹介している絵本。…

干し柿 (あかね・新えほんシリーズ) [ 西村豊 ]

価格:1,296円
(2018/9/23 06:26時点)


びっしりと吊るされて干されている柿の写真は圧巻。秋の青空と柿のオレンジ色のコントラストも見事です。
本の後半は小学生たちが干し柿を作っている様子です。実際に作ってみるのはちょっとハードルが高そうに感じられますが、同じ年頃の子どもたちが笑顔で作業している写真で「自分たちにもできるかも」と、興味を持ってもらえそうなのがいいですね。この季節の高学年への読み聞かせにぴったりです。(^^)
【このカテゴリーの最新記事】

2018年09月22日

高校生への絵本

「高校生に手渡したい絵本を紹介してください」と依頼がありました。中学生に読み聞かせするの絵本を、という依頼は結構あるのですが、高校生に絵本を、というのはなかなかないものです。悩んだ末、絵のインパクトがすごかったことを思い出して、この本を選んでみました。(^^)
川のうた

「ハーレム・ルネサンスの指導者」とも呼ばれる黒人作家ラングストン・ヒューズが18歳の時に書いた詩とE・B・ルイスが描く透明感あふれる水彩画の絵本。ユーフラテス川、コンゴ川、ミシシッピ川…川と共に生きた人々の魂の声を語り伝える。…

川のうた [ ラングストン・ヒューズ ]

価格:1,728円
(2018/9/22 06:16時点)


まず絵の素晴らしさに圧倒されました。大きな見開き画面いっぱいに描かれた、流れていく水のきらめき、陽光と木蔭のコントラスト、長く様々な人生の経験とともに、顔に刻み込まれたしわ。どれも「人と水の悠久の歴史」を感じさせ、見入らせてくれます。さくまゆみこさんによる訳詩も、優しく簡潔な言葉で耳に心地よく届きます。
高校生であれば、川の流れの背景にある「黒人たちの歴史」にも思いを馳せることができるのではないかと思います。物語の様々な背景に思い至ることで、他の本や事象に触れるきっかけにもなるのではないかという期待もわきますね。(^^)

2018年09月21日

身体を動かそう

どっぷりとゲームにはまってしまってから、外を歩く時間がぐぐっと減りました。(-_-;)これはいかん、と自転車でちょっと遠くまで走ってみることに。以前は平気だった坂道で少し息が上がるのを実感してしまい、本格的に「まずい」と感じています。ゲームしながら踏み台昇降でもしてみようかなあ。(-_-;)
はねはねはねちゃん

はねはねはねちゃん たいそうします。きりんと一緒に「うーん」と背伸び、がちょうと一緒に手を振りながら「があがあがあ」と川まで行進。カメと一緒に首を伸ばして、引っ込めて…

はねはねはねちゃん (0.1.2.えほん) [ 中川李枝子 ]

価格:864円
(2018/9/21 04:53時点)


子育てサロンで読みました。読みながら声をかけ、はねちゃんや動物たちと一緒に身体を動かしてもらいました。椅子に腰かけたまま恥ずかしそうに手だけ動かす子、笑顔で腕をぶんぶん振る子…楽しみ方は様々でしたが、最後には皆でうさぎと一緒にジャンプ!3歳過ぎの子たちからは「もういっかい!」のリクエストも飛び出しました。(^^)

2018年09月20日

over the rainbow

夕方、クリーニングに出していたスーツを受け取りに出かけました。クリーニング屋さんを出て50メートルばかり歩いたところでいきなり大粒の雨!あっという間に道路が流れる程の降りになってしまいましたが、スーパーの軒先をお借りして10分程で、降ってきたときと同じようにピタリと止みました。サンダルとカーディガンはびしょびしょになってしまいましたが、見上げた空には大きな虹が見えました。ちょっとはいいこともありますね。(^^)
しんごうきピコリ

パトカーが信号機の話をしてくれるんですって。信号は「ピコリ!」と色を変えていきます。青は進め、黄色と赤は止まれ。ピコリ!あれれ?ピンクになりました。車はどうするかな?…

しんごうきピコリ [ ザ・キャビンカンパニー ]

価格:1,404円
(2018/9/20 04:53時点)


「信号機が主人公」ということで、何となく「ぴかくんめをまわす」(あお、き、あか)のようなおはなしを想像していたのですが、そこはザ・キャビンカンパニーの絵本!やっぱり予想の斜め上を行っていました。(^_^;)
ピンクの信号では車は「さかだち」。きみどりは「ジャンプ」…奇想天外な信号の色と指示には、びっくりしながら吹き出してしまいそう。さらにこの信号が全部いっぺんについたら…とても楽しいラストが待っていました。(^^)「マリオカートだ!」なんて声も聞こえてきそうです。版型も大きくきっぱりとした色使いで、教室での読み聞かせにも向いています。(^^)

2018年09月19日

お気遣いなく

梨をたくさん戴いたので、仲の良いママ友に「手伝って〜」と2,3個おすそ分けをしたら「お返しね」と、珍しいブドウを戴いてしまいました。わらしべ長者になってしまったような気がして、ありがたいやら申し訳ないやら。(^_^;)
おかえし

キツネさんがタヌキさんの隣に引っ越してきました。キツネの奥さんが「引っ越しのあいさつに」とカゴいっぱいのイチゴを渡すと、タヌキの奥さんは喜んで「何かおかえししなくちゃ…」と、掘りたてのたけのこをキツネの奥さんに。キツネの奥さんも喜んで受け取りました。ところが…

おかえし (こどものとも絵本) [ 村山桂子 ]

価格:972円
(2018/9/19 04:55時点)


本を開くと見開きの両端にキツネの家とタヌキの家が描かれています。おかえしの応酬で家の中のものがどんどん入れ替わっていくのがわかります。(^^)
「おかえしのおかえしのおかえしの…」とどんどん長くなっていくセリフに、聞いている子どもたちの笑い声も少しずつ大きくなっていきます。お互いの子どもを「おかえし」にしてしまう場面では「ええ〜(゜○゜)」との声も上がりますが、いつもとおなじように楽しい晩御飯が始まる最後のページには皆にっこりでした。
中学年に読むことが多いですが、高学年も楽しめると思います。8分程度の長さです。(^^)

2018年09月18日

何が出るかな

可愛らしい巾着袋に詰められた、これまた可愛らしいおかきを見つけたので「敬老の日」のプレゼントとして実家の母に送りました。お煎餅の類に目がない母、おかきは勿論のこと和柄の生地で作られた巾着袋もいたく気に入った様子。いいものを選べたとホッとしました。
きれいな箱や袋を「開ける」楽しみは、なかなかなものがありますね。(^^)
ふくろのなかにはなにがある?

ある日キツネが木の根っこを掘っていると、丸々と太ったハチが出てきました。キツネはそれを捕まえて袋に入れ、ちっちゃいちっちゃいおばさんに「絶対に袋のなかを覗くなよ」と預けます。ところがおばさんは袋を開けてしまい…

ふくろのなかにはなにがある? [ ポール・ガルドン ]

価格:1,512円
(2018/9/18 04:50時点)


ポール・ガルドン再話による昔話。
表紙の、一癖ありそうなキツネの表情がいいですね。「覗くなよ」と言われると覗きたくなるのが人の常。それを利用したキツネはまんまと大きな獲物を手に入れていきます。繰り返しが面白く、またキツネの獲物が次第に大きくなっていくのも「次はどうなるんだろう」と聞いている子どもたちをグイグイ引っ張ります。
おばさんが、袋に入れられた男の子の代わりに大きなブルドッグが入れたために、キツネのたくらみは失敗してしまいます。帰ってきたブルドッグが大きなケーキを貰った、というところも、子どもたちは嬉しく思うようですね。(^^)

2018年09月17日

久々の出番

夫からお弁当のリクエスト。周囲にお店がない場所に一日出向かなければならないそうで、食べやすいおにぎりがいい、とのこと。誰かのためにお弁当を作るのは久しぶり。ですがブランクは気になりません。(^^)自分の分も作っちゃおうっと。
おにぎり

おにぎりを作ろう。ご飯を炊いて、手に水をつけて、塩をつけて…

おにぎり (幼児絵本シリーズ) [ 平山英三 ]

価格:972円
(2018/9/17 06:15時点)


子育てサロンでの読み聞かせで活躍してくれる本です。読むのにあわせて、子どもたちにも一緒におにぎり作りごっこをしてもらいます。小さな子どもさんはお母さんが手を添えて、楽しそうに参加してくれます。(^^)
「うめぼし うめて」の場面では、「みんな好きなもの入れてもいいよ」と声をかけると「シャケがいい!」「ツナ!」「ウインナー!」等々、どの子も嬉しそう。「さあ、おにぎり できあがり。」でみんなでパクパク食べるのも楽しく、「後はお家にお土産にしてね」と、箱に入れてハンカチで包む動きも見せます。そしてページをめくると、ハンカチで包まれたお弁当箱の絵。自分たちの実際の動きと絵本の中の絵がリンクするのが楽しく「もういっかい!」の声が聞かれることもあります。(^^)

2018年09月16日

のんびり屋

私自身はせっかちな方で、何事も早め早めに動くのですが、最近はそれが裏目に出てしまうことが多くて反省しています。のんびり、とまでは行かなくとももう少し余裕を持てたらいいのにな。(^_^;)
ブタヤマさんたらブタヤマさん

ブタヤマさんは蝶を取るのに夢中。後ろからいろんなモノが来ているのに、ちっとも気づきません。後ろを見てよ、ブタヤマさん!…

【新品】【本】ブタヤマさんたらブタヤマさん 長新太/さく

価格:1,296円
(2018/9/16 07:10時点)


次々と現れる恐ろしい大きさのちょっと不気味なモノたちに、「イヤ〜(゜▽゜)」と言いながらも笑顔の子どもたち。何が出てくるのか、実は表紙にヒントが隠されています。ブタヤマさんがかなりのんびりと振り返るので、また笑い声が起こります。繰り返される「ブタヤマさんたらブタヤマさん」のセリフを、ちょっとずつ変えて読んでいます。
長新太さんのシュールな世界は中〜高学年の子にも喜ばれますね。
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
検索
紹介する本は下のカラーバーで分類しています。
読み聞かせ幼児
読み聞かせ低学年
読み聞かせ中学年
読み聞かせ高学年
読み聞かせ昔話
読み聞かせ知識の本
出逢ってほしい本
Favourite one
本選びの参考になれば幸いです。 (*^_^*)
リンク
プロフィール
あかりさんの画像
あかり
プロフィール
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 相互リンクはお断わりしております。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.