2018年01月17日

タイムカプセルにおねがい

友人の息子さん(我が子と同じ学年)、めでたく大学入学が決まり、卒業した地元の小学校に挨拶に行ってきたそう。たまたま彼を覚えていた先生がいて、卒業当時に埋めたタイムカプセルの話になり、今度卒業生に声をかけて掘り出してみることになったのだとか。しかし埋めた場所がはっきりせず、大丈夫なの?という声も。(^_^;)決行は春休みだそうですが、ちょっとしたイベントになりそうだと友人もわくわくしている様子でした。(^^)
サムとデイブ、あなをほる

月曜日、サムとデイブはおじいちゃんの家の庭に穴を掘った。「すっごいものを みつけるまで ほるんだ!」けれども何も出てこない。ふたりは掘って掘って、掘り続け…

サムとデイブ、あなをほる [ マック・バーネット ]

価格:1,620円
(2018/1/17 05:24時点)


「穴掘り」は子どものロマンではないかと思います。(^^)宝物を探そうとか、タイムカプセルを埋めようとか、はたまた落とし穴を作っちゃおうとか。サムとデイブは「すっごいもの」を見つけようと掘り進めていきますが、なかなか宝物にはぶつかりません。しかし絵を見ている子どもたちには「もうちょっと掘れば見つかりそうなすっごいもの」が見えています。二人が「すっごいもの」をまるで避けているかのように掘り進めていくのにも「あ〜もう〜(^_^;)」という表情。
掘り疲れて穴の中で眠ってしまったふたりは、今度は突然落ちていき、庭の地面に着きました。最初の場面で庭に植えられていたのはたしかりんごの木。ところが最後のページで庭にあるのはナシの木のよう。この庭、元の「おじいちゃんの家の庭」かしら…?二人が着いたのはいったい…?この面白さに気付けるのは中学年ぐらいからではないかと思います。シックな色使いですが土の中とその他のコントラストが効いており、遠くからも見えます。(^^)

2018年01月16日

金運向上

年末ジャンボ宝くじ、なんと3000円が当たりました!(≧▽≦)水回りの掃除と、不用品の片づけをちょっと頑張ったおかげかなあ?もっと頑張っていたらもうちょっと高額当選だったのかしら…と欲張りなことを考えてしまいましたが、掃除を頑張ろうという気力がわいてきました。文字通り「現金」なものです。(^_^;)ゞ
びんぼうがみさま

あるところに、貧乏なととさまとかかさまがいた。二人は、明日は正月だというのに祝の餅もない…とため息をついていたが、福の神がやってくるかもしれないと家の掃除を始めた。ととさまが押し入れを掃除しようと開けてみると、そこには小さなじいさまが座っておった。…
poor.JPGびんぼうがみさま
日本の昔話

福知伸夫 再話・絵

2011年1月1日 月刊「こどものとも」発行
福音館書店
押し入れに座っていたじいさまこそが「貧乏神」でした。3人で酒を飲んでいると、貧乏神が「今晩家の前を金の神、銀の神、銅の神が通る。どれかを捕まえれば金が入ってくる」と話します。金の神様も銀の神様も捕まえ損ねたととさまとかかさま。そこへ銅の神さまが近づいてきました。しかし…(^_^;)
貧乏神は「ためいき」を聞くのが好きなのだそう。そこに気が付いたととさまとかかさまは、ため息をつかずに働きます。すると貧乏神はいつのまにかいなくなってました。現代でも「掃除する」「ため息をつかない」は、金運を引き寄せる方法と言われますね。
ダイナミックな木版画は、昔話の世界を余すところなく表現し、その面白さも暖かみも伝えてきます。遠目も効き、教室での読み聞かせに向いています。(^^)

2018年01月15日

噂のアイツ

TV等でカワウソを見かけることが増えました。意外と人にも慣れやすい生き物だそうで、可愛らしい仕草で食事をしたり散歩したりする姿に人気が集まっているんですね。
カワウソの人気に便乗しつつ、季節もぴったりなのでこの昔話を選びました。(^^)
きつねとかわうそ

昔、ある山にキツネが、麓の川にはカワウソが住んでいた。ある日道でばったり出会った2匹は、お互いにご馳走をし合うことにした。初めはカワウソが魚をたくさん料理し、キツネをもてなした。翌日カワウソがキツネの家に行ってみると、キツネは天井を見上げたままで返事もしない。…

きつねとかわうそ 日本の昔話/梶山俊夫【2500円以上送料無料】

価格:972円
(2018/1/15 06:29時点)


日本の昔話。梶山俊夫氏が絵と文を手掛けておられます。「いきがぽーんとさけた」という結び言葉を見ると新潟地方の昔話のようですが、味わいのある方言がずるいキツネも仕返しをするカワウソも、大らかに描いていますね。絵も主線がしっかり描かれているので遠くからも見えます。キツネの表情が何とも言えずいい感じです。(^^)約6分の長さです。
「かわうそときつね」「しっぽのつり」等のタイトルで、同じ話の絵本が数多く出ています。教室での読み聞かせには、今回紹介した福音館書店の本が向いていると思います。(^^)

2018年01月14日

読んでてよかった

センター試験地理の、ムーミンに関する問題が話題になっていましたね。北欧三国を舞台にした日本のアニメと言語を選ぶという問題で、小さなバイキングビッケとムーミンの物語の舞台が、それぞれノルウェーとフィンランドどちらにあてはまるかという問題でしたが、キャラクターとしてのムーミンを知っていても、その出身地を知らない子が多いんだなあと、びっくりしたりちょっとがっかりしたり。一部では「悪問」なんて言われているようですが、ムーミンシリーズのような良作を読んだ子達が得をした形になったことに、ついほくそ笑んでしまった私です。(^_^;)ゞ
ムーミン谷の仲間たち

ムーミン谷にすむ仲間たちの楽しい生活を描いた九つの短編集。ムーミントロールの親友で孤独と自由を愛する詩人のスナフキン、空想力豊かなホムサ、おくびょうでなき虫のスニフ…。国際アンデルセン大賞受賞作家ヤンソンの詩情あふれる楽しいファンタジー。…

ムーミン谷の仲間たち新装版 (講談社文庫) [ トーベ・ヤンソン ]

価格:627円
(2018/1/14 06:04時点)



ムーミン谷の仲間たち (ムーミン童話全集) [ トーベ・ヤンソン ]

価格:1,728円
(2018/1/14 06:05時点)


ムーミン谷の住人たちそれぞれの、新しい一面が見える物語。短編集になっているので読みやすいです。
私自身は、スナフキンが小さな「はい虫」に名前をつけてやる話、いじめられて姿が見えなくなってしまった女の子ニンニの話、弱虫スニフが大事な犬を手放す話の3つが特に好きです。ムーミン谷の仲間たちの物語はどの物語もそうですが、それぞれのキャラクターの個性、そこから来る印象的なセリフが胸に残ります。子どもたちは勿論、大人の心にも何かしら刺さるものがあるはず。何度も読み返したくなる1冊です。(^^)
持ち運びやすい文庫版と重厚なハードカバーの両方が出ていますが、表紙はどちらも「姿の見えない女の子」がモチーフになっているようです。

2018年01月13日

看板に偽りあり

クローゼットを片づけていたら、覚えのないブランド物の紙袋が出てきました。何か入っているので「何だっけ?」とちょっとわくわくしながら開けてみたら、使えると思って私自身が取っておいた梱包材でした。orz
自分のしわざとはいえ、パッケージと中身のギャップには心底びっくり。後からはじわじわとおかしさもこみ上げてきました。
こりゃなんだうた

料理を作らないコックさん、写真を撮らないカメラマン…ちょっとヘンだけど、何だか楽しい人たちが次々登場。ヘンだけど面白い。…

こりゃなんだうた (日本傑作絵本シリーズ) [ 谷川晃一 ]

価格:1,296円
(2018/1/13 06:44時点)


ついつい笑っちゃうナンセンス絵本。コックさんは料理をせず、フライパンでテニス。帽子屋さんが作るのは大きすぎる帽子…。ページ毎に笑いが起こり、次はどんなヘンな人が登場するのかとワクワク顔の子どもたちは「ありゃなんだ こりゃなんだ」の言葉のリズムもすぐに覚えて、結びの「そりゃへんだ」を一緒に言ってくれる子もいました。文はごく短いですが、絵がカラフルで楽しいのでじっくり見せてあげるといいと思います。(^^)

2018年01月12日

ちょうどいい

小学校での朝の読み聞かせでは、2人1組で教室に入るという方も多いのではないかと思います。朝の会が始まるまでのおおよそ15分間、一人あたりの持ち時間は7〜8分ということになりますね。勿論、一緒に入る方と打ち合わせをして、ジャンルがかぶらないように、また時間配分や読む順番等を決めていく方がほとんどではないかと思います。
私が駆け出しの読み聞かせボランティアだった時は、一緒に組んだ先輩方が、私が決めた読む本に合わせて、自分の素がたりや絵本を決めてくださっていました。私がどんな本を考えても、時間配分もジャンル分けもすっきりとした組み合わせの本を選んでくださっていて、数多くの本の内容を把握されていることに驚き、また見習おうと思ったものでした。
後輩ができ、私もベテランと呼ばれるようになりました。外国の昔話で8分程の長さで笑いもあるこの本、なかなか重宝しています。(^^)
きこりとおおかみ

フランスの昔話。ある冬の夕暮れ、お腹をすかせたオオカミが森をうろついていました。森のはずれにある家ではきこりとそのおかみさんのカトリーヌがすかんぽのスープをこしらえていました。なかなか燃えない薪のために家じゅうが煙でいっぱい。空けた扉からオオカミが家に入ってきますが、二人とも気が付きません。…

【中古】大型本 きこりとおおかみ フランス民話 山口智子 堀内誠一 こどものとも 251号

価格:453円
(2018/1/12 04:59時点)


冬には必ず選ぶ昔話です。絵の構図にとても迫力があり、遠目も効きます。きこり、おかみさん、オオカミの三者が顔を合わせて困っている場面は、お笑い番組のコントのよう。いつもあちこちからクスクス笑いが起こります。「ハゲた」オオカミがずっと気になる子もいたようですが、最後まで笑って楽しんでくれました。(^^)

2018年01月11日

クッキー あと何枚?

年末にコストコで大きなクッキーの缶を購入しました。美味しいですがチョコレートクッキー、やはり食べ過ぎは禁物。家族それぞれが「ご褒美」と位置付けて、本当に少しずつ消費しています。(^^)缶も魅力的で空いたら使おうと思っているのですが、いつごろ使えるかなあ…?(^_^;)

【コストコ】#181679 カークランド KS ヨーロピアンクッキー クッキーアソート ベルギーチョコレート 1400g(15種)【Z】

価格:2,489円
(2018/1/11 05:08時点)



おまたせクッキー

お母さんがおやつにクッキーを焼いてくれました。ビクトリアとサムが二人で分けて食べようとしていたところに、お隣のトムとハナがやってきます。二人もクッキーをご馳走になることに。4人で分けて食べようとすると…

おまたせクッキー [ パット・ハッチンス ]

価格:1,296円
(2018/1/11 05:06時点)


次々とやってくる友達、減っていくクッキー。玄関のベルが「ピンポーン!」と鳴る度に、子どもたちからは笑い声が上がります。とうとうクッキーが一人に1枚ずつになってしまい、またしてもそこに「ピンポーン!」。3年生の教室では、子どもたちからも「ええー」「どうすんの(゜Д゜)」という声が上がりますが、入って来たのはたくさんの焼きたてクッキーをもったおばあちゃん。一気に増えたクッキーにどの子も笑顔になります。「最後のピンポーン!」には「今度は誰だよ!(≧▽≦)」という声と笑い声が上がりました。低学年から高学年まで楽しめる稀有な一冊です。(^^)

2018年01月10日

記憶の中の絵本2

「子どもの頃大好きだった絵本」といえば、この本もよく挙げられますね。パッと目に飛び込んでくる鮮やかな黄色の表紙は、すぐに知りたがり屋の子ザルを思い出させてくれます。
ひとまねこざる

子ザルのジョージはとっても知りたがり。ある日ジョージは動物園を抜け出し、バスの背に飛び乗って街中へ。レストランの親切なコックさんの紹介で、ビルのガラスふきの仕事をすることになりました、ところが好奇心旺盛でいたずら好きなジョージは、窓の中が気になって仕方がありません。そっと覗いた部屋の中では、ペンキ屋さんが仕事をしていたのです。…

ひとまねこざる改版 (岩波の子どもの本) [ ハンス・アウグスト・レイ ]

価格:691円
(2018/1/10 05:12時点)


子どもの頃、ジョージのようにゾウの耳の下のぽかぽかしたところで寝てみたいと思っていたのですが、動物園で実物のゾウの匂いにびっくりしてしまい、その夢をあきらめた覚えがあります。(^_^;)しかしバスの屋根に乗ってみたり、スパゲッティーを体中に巻き付けながら食べてみたり、ペンキで部屋をジャングルにしてしまったり…どれもとても楽しそうで、次から次にいたずらをするジョージが可愛いやら面白いやら。昔も今も子どもたちに支持されるのは、親近感も爽快感も、またジョージが皆に愛されていることも、しっかり感じられるからなんでしょうね。

全6巻のシリーズも人気。プレゼントにも喜ばれます。(^^)

ひとまねこざるシリーズ全6冊セット

新品価格
¥19,048から
(2018/1/10 05:17時点)



posted by あかり at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
検索
紹介する本は下のカラーバーで分類しています。
読み聞かせ幼児
読み聞かせ低学年
読み聞かせ中学年
読み聞かせ高学年
読み聞かせ昔話
読み聞かせ知識の本
出逢ってほしい本
Favourite one
本選びの参考になれば幸いです。 (*^_^*)
リンク
プロフィール
あかりさんの画像
あかり
プロフィール
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村