2019年01月22日

リンゴ追分

インターホンのチャイムが鳴ったので出てみると、青森からリンゴを売りに来たという行商の方でした。申し訳ない、リンゴは我が家にもたくさんあるので…とお断りしましたが、遠く青森からトラックに揺られてきたリンゴたちのことを思うとやっぱりちょっと気になります。この時期のリンゴは青森のでも山形のでも、長野のでも皆おいしいですからね。(*^^*)
りんご畑の12か月

冬の早朝、やすおじさんはりんご畑に出て働き始めます。長野県は安曇野のリンゴ農家のおいしいリンゴを作る一年を、甥っ子への手紙で追います。…

りんご畑の12か月 (講談社の創作絵本)

中古価格
¥600から
(2019/1/22 04:58時点)


全頁見開きの絵で展開していきますが、どの絵もとても素敵です!朝焼けに染まる北アルプス、満開のリンゴの花、草に寝転がって見上げる星空、そしてたわわに実った真っ赤なリンゴ。どれも自然の力強さと真剣に向き合うやすおじさんの姿、またリンゴ畑の花の香り、草の香りまで伝わってくるようです。
接ぎ木のことを説明したページのみ、細かくて遠目が効きにくくなっています。長い説明の文を全部読むのも大変かも。かいつまんで内容を解説できるようにするとよさそうです。
最後の「大ちゃんのお母さんへの手紙」は、具体的な仕事の内容や近況、他の農作物のこと等が綴られていてとても興味深いのですが、朝の読み聞かせの時間には読まなくても大丈夫と思います。中〜高学年に。(^^)

2019年01月21日

寒い朝はスープ

寒い時期は毎朝温かいスープを摂ることを心掛けています。豆乳やトマトで手作りするのにもちょっと飽きたら、市販のカップスープに茹でた野菜やベーコンをプラス。お腹も満たされて温まること請け合いです。(*^^*)我が家では現在寒くなる前にコストコ購入したカップスープの箱が大活躍中。これが一冬で食べきるのにちょうどいいのです。
きこりとおおかみ

ある冬の夕暮れ、お腹をすかせたオオカミが森をうろついていました。森のはずれにある家ではきこりとそのおかみさんのカトリーヌがすかんぽのスープをこしらえていました。なかなか燃えない薪のために家じゅうが煙でいっぱい。空けた扉からオオカミが家に入ってきますが、二人とも気が付きません。…

【中古】大型本 きこりとおおかみ フランス民話 山口智子 堀内誠一 こどものとも 251号

価格:324円
(2019/1/21 04:54時点)


フランスの民話。大胆な構図の力強いタッチの絵は遠目が効き、物語の面白さと雰囲気を十二分に感じさせてくれます。
オオカミたちが肩車で木に登ったきこりに迫る場面は皆真剣な表情ですが「ハゲた」オオカミが出てくる度にクスクス笑う声も聞こえました。寒い季節の昔話として読むことが多いです。8〜9分かかります。(^^)

2019年01月20日

こたつむり

寒い日が続きます。こたつに入るとすぐに根っこが生えてしまい、気持ちよくうたた寝までがワンセットになってしまいますが、気持ち良すぎて起きられなくなるのは困るなあ…(-_-;)
先日子育てサロンで読もうと持って行ったこの本は、トラさんを「起こさない」ようにと動物たちが頑張ります。
とらさんおねがいおきないで

シーっ!トラさんが眠っているよ。絶対起こしちゃだめだよ。でもカエルくんたちは、風船を持ってトラさんの向こうに行かなくちゃいけないんだって。どうしよう?どうしたらいい?…

とらさんおねがいおきないで

新品価格
¥1,512から
(2019/1/20 07:37時点)


子育てサロンの読み聞かせで読んでいます。トラさんが起きないように鼻をなでたり、風船を吹いてあげたりしてもらう場面が出てきます。先日は
聞いている子どもたちにもお手伝いをお願いすると、まず3歳の女の子が前に出てきてトラさんの鼻をそーっとなでなで。すると次々に子どもたちが寄ってきて、皆そーっとトラさんの鼻を撫でてくれました。(^^)風船を吹く、お腹をポンポンするのも皆笑顔で、けれどもそーっとやってくれるのがとても可愛らしかったです。(^^)最後はトラさんの誕生会。「ハッピーバースデー」の歌も、ニコニコ歌ってくれる子が多く「物語に参加する」楽しさを味わってもらえたようでした。(^^)

2019年01月19日

荒天の日

週末はセンター試験ですね。天気が荒れて電車が止まったり、凍結した道路で車が事故に巻き込まれ、パトカーに送ってもらう子が出たりというようなアクシデントを毎年耳にするのですが、今年は大丈夫かしら。受験生にとってはここが関ヶ原なわけですが、皆スムーズに会場入りして、実力をしっかり出せますように。
ゆうかんなアイリーン

風邪で具合がよくないお母さんに代わって、牧場の向こうのお屋敷にドレスを届けるアイリーン。積もった雪に足を取られ、強い風にドレスの入った箱を飛ばされてしまいます。お母さんが何日もかかって縫い上げたドレスは風に乗って、雪の中へ消えてしまいました。…

ゆうかんなアイリーン

中古価格
¥4,018から
(2019/1/19 07:08時点)


大きな箱を抱え、風に逆らって元気に歩いていくアイリーン。木の枝を折ってしまうほどの強い風には後ろ向きになって進み、風の唸る音には「うちへ かえれっていうの!いやよ」と元気に返します。このあたりまでは聞いている子どもたちも楽しげでしたが、アイリーンがドレスを飛ばされてしまい、足を挫いてしまった上に日が暮れ始め、うっかり崖から滑り落ちて雪の中にうずまってしまうと不安げな表情に。お母さんを思い出して雪から這い出し、ドレスの箱をそり代りに滑り出したアイリーンの姿にはどの子も真剣な表情。心の中でアイリーンを応援しているのが見て取れました。
「雪景色」や「吹雪」の絵はぼんやりとして遠目が効きにくいものが多いのですが、この本の絵は主線が単純ではっきりしているせいか遠目が効きます。6〜7分かかります。

2019年01月18日

くまさんといっしょ

恒例の子育てサロンでの読み聞かせに行ってきました。寒さのせいかインフルエンザのせいか、参加してくれたのは数名でしたが、わらべうた「くまさん くまさん」で体を動かして楽しい時間を過ごすことができました。(*^^*)「上手にできたね」と声をかけると皆嬉しそう。1歳3か月という女の子がこれまたいい笑顔で拍手をしてくれて、その場がほっこりと暖かくなりました。
くまのコールテンくん

デパートのおもちゃ売り場で、誰かが自分を連れていってくれるのを待っている、くまのコールテンくん。ある日女の子がコールテンくんを気に入ってくれたのに、ズボンの釣り紐のボタンが取れていたために連れて行ってもらえませんでした。コールテンくんはボタンを探して夜のデパートを探検します。…

くまのコールテンくん

価格:1,296円
(2019/1/18 04:54時点)


コールテンくんが取れたボタンを探して夜のデパートを探検する場面。誰もいない夜のデパートがどんな風なのか、聞いている子どもたちも気になるようで真剣な表情です。ボタンは見つかりませんでしたが、前の日にやってきた女の子・リサが、自分のおこづかいでコールテンくんを連れて帰ってくれ、ズボンのボタンも付けてくれます。「ともだちって きっと きみのような ひとのことだね」「ぼく、ずっとまえから、ともだちが ほしいなあって、おもってたんだ。」というコールテンくんのセリフには、大人の方がうるっと来てしまいます。(*^_^*)

2019年01月17日

イマジン

高校時代、友人が持ってきたお弁当のおにぎりの包みに「イマジン」と書いてあって、一緒にお弁当を食べていた全員が「?」となったことがありました。聞けばおにぎりを作った友人のお母さまが、たくさんのおにぎりを作るうち、中身が何だか分からなくなってしまって書いたのだそう。「想像してごらん」とは上手いこというお母さまだね、と一同笑ったものでした。ちなみにおにぎりの中身は梅でした。(;^ω^)
中をそうぞうしてみよ

エックス線写真の技術を使っていろいろなものを写してみた写真の本。木製の椅子には釘が何本使われているんだろう?赤青鉛筆のちょうど真ん中はどうなっているんだろう?想像してみよう。…

中をそうぞうしてみよ (かがくのとも絵本) [ 佐藤雅彦 ]

価格:972円
(2019/1/17 05:01時点)


「ピタゴラスイッチ」「10本アニメ」等の佐藤雅彦氏+ユーフラテスの本。スポーツをしていて捻挫等のケガのためにエックス線写真のお世話になったことがある子もいて「やったことある!」という声も上がります。身近にあるものをエックス線写真を通して見てみるという、なかなか出来ないことが本になっているということ、また「見えないところはこんな風なんだ」ということがわかって、見ている子どもたちの表情も次第に
真剣なものに。最後のページの、直方体の石膏から飛び出した針金はいったい…?裏表紙で種明かしがされていて、子どもたちも「ああ〜(゜▽゜)」と笑顔になります。

2019年01月16日

元気におはよう

冷え込みの厳しい朝が続きますね。縮こまっていると気持ちまで硬くなってしまいそうで、背筋を伸ばして声を出すことを心掛けています。寒い朝には寒い朝の面白い本を紹介したいと考えて、今度担当する6年生クラスにこの本を読もうと思っています。(*^^*)
メアリー・スミス

正確な目覚まし時計が普及する以前、「ノッカー・アップ」(目覚まし屋)と呼ばれる職業があり、朝早くから仕事をする人々を起こしていた。イギリスに実在したメアリー・スミスという女性のノッカー・アップの話。…

メアリー・スミス [ アンドレア・ユーレン ]

価格:1,512円
(2019/1/16 04:56時点)


ゴムチューブに豆粒をこめて吹き出し、窓にぶつけて人々を起こす、という仕事にびっくりする子たち。裏表紙のメアリー・スミスの写真を見てさらにびっくり。「本当にいたんだ!」「豆のぶつかった音ぐらいで起きられるのかな?」「メアリー・スミスはどうやって起きてるんだろう?」等々、たくさんの疑問が飛び交います。読むたびに「子どもたちの興味を鷲掴みにして引っ張る絵本」だと感じています。特に高学年の子どもたちに喜ばれます。
読む時間は10分前後。セリフをテンポよく読むとこを心がけています。

2019年01月15日

卵を使って

最近はパウンドケーキやマフィン等が簡単に焼けるキットもたくさんお店に並んでいますね。米粉を使ったシフォンケーキのキットもあって、興味がわいたので買ってみました。卵を4個使って、大した手間もなくふわふわのふかふかのシフォンケーキが完成。これバレンタインデーにもいけるかなあ。(*^^*)
にわとりとたまご

始まりは黄色くて立派なにわとりの足。めんどりは卵を産み、あたためられる卵の中では少しずつひよこが育っていく。やがてひよこは卵から孵り、また少しずつ大きくなっていく。…

にわとりとたまご [ イエラ・マリ ]

価格:1,404円
(2019/1/15 04:59時点)


イタリアのデザイナー、イエラ・マリ氏、エンゾ・マリ氏による字のない絵本。黒、黄色、赤のみで描かれるニワトリの姿はリアルですがシンプルで美しく、またインパクトを伴って目に飛び込んできます。
卵から少しずつ成長し、ふわふわに黄色いひよこはやがて黒い羽の大人のニワトリへと変わっていきます。黒い羽が生え始め、若鶏となった最後のページから表紙へと目を向けると、表紙のニワトリは実はさっきまで成長の様子を見てきたひよこだった、ということに気付きます。ニワトリが卵を産み、卵からニワトリが生まれ…。繰り返される中にもニワトリのお母さんの愛情がほの見え、暖かい気持ちになります。(*^_^*)
小さい子には勿論のこと、高学年にも「ニワトリの成長過程を描いた科学知識の本」として紹介したい本です。(^^)
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
検索
紹介する本は下のカラーバーで分類しています。
読み聞かせ幼児
読み聞かせ低学年
読み聞かせ中学年
読み聞かせ高学年
読み聞かせ昔話
読み聞かせ知識の本
出逢ってほしい本
Favourite one
本選びの参考になれば幸いです。 (*^_^*)
リンク
プロフィール
あかりさんの画像
あかり
プロフィール
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 相互リンクはお断わりしております。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.