2018年03月03日

★ブログ記事1111記事に★

★ブログ記事1111記事に★


この記事でブログ記事が合計1111になりました!
2015年5月から続けて今は2018年3月。
もうすぐに3年発ちます。
時は早いものですね〜
1111記事だから、単純計算でいくと3年間毎日約1記事アップしてた事になりますね。
でも実際はまとめて書く事が多いので、7日〜14日ぐらいブログを留守にしてた時期もありました。

なんだかんだで続けてこれました。
自己満足のブログですがこれからもよろしくお願いします!

このブログとしては、カテゴリーがいくつかありますが、私がメインにしているのは・・・

@ 漫画関連

A グルメ関連

B 旅行関連

C 脱出ゲーム関連


自己満足ブログですが、これからもヨロシクお願いします。



週刊少年ジャンプ13号: HUNTER×HUNTER 〜 ハンター×ハンター 375話 『説得』

HXHは一話一話がとても濃厚で長いですね。読むのに時間がかかります。
平均的にですが、ワンピースの場合は、2分〜5分で読むのに対し、HXHは10分〜20分でしょうか。
銀魂も文字数が多いので週によっては、10分かかる時もありますね。ほとんどはサラっと流し読みでコミックでちゃんと読むタイプですが。この回では王子達の個々の能力がさらにどんどん明らかにされていきます。

HUNTER×HUNTER 〜 ハンター×ハンター 375話 『説得』


★ 3日目の朝、第6王子タイソンがいる1006号室で朝の体操。タイソンは、タイソン教という宗教を作っており、教典もある。明らかに顔で選んでいる男部下たちに常にタイソン教を伝授している。(←気持ち悪い笑。そして西野カナのパクリに笑いました笑。)

★ 第6王子タイソン王子の守護霊獣。放出系で拡散・徴収型の能力。タイソン教典を受け取った者に目玉ジャクシが憑く。目玉ジャクシは宿主からオーラを徴収し替りに幸福を与える 幸福の度合いはタイソン教典の熟読度によって変化する。ただし教典唯一の禁忌を破ると厳しい罰が下る。(←禁忌とは?重い罰とは?気になりますね。)

★ 次のページで、他の王子達の守護霊獣の能力が続々と判明される。

★ 第2王子カーミラの守護霊獣。操作系・強制型の能力。ある条件を満たした者を意のままに操る。

★ 第5王子ツベッパ王子の守護霊獣。変化形の能力。発動には共同研究者が必要となる共存型。守護霊獣の体内で様々な効果を持つ薬品を生成することができる。

★ 第7王子ルズールス王子の守護霊獣。具現化系・半強制型の操作能力。標的の欲望を具現化し罠を張る。標的が罠にはまる、欲望を満たす事で発動する。

★ 場面代わり第9王子であるハルケンブルグの部屋。ハルケンブルク王子はモモゼの為に黙祷を捧げる。ハルケンブルグの圧倒的な守護霊獣の強さに、第1王子ベンジャミンの私設兵が危険だと察し驚いている。そして、ハルケンブルグが黙祷を部下全員で始めると、オーラが圧倒的に跳ね上がった。

★ 第9王子ハルケンブルグ王子の守護霊獣。強化系相互協力型の能力。羽の刻印を持つものが王子の元に多く集まるほど個々のポテンシャルを高めあう。その集団が互いに意志を統一し能力を発動した時の威力はあらゆる念能力の中でも最大級となる。

★ ベンジャミンの私設兵は、ハルケンブルグが守護霊獣の能力に気づいてない事を知っている。そして早く殺さないと脅威になると思っている。しかし、ハルケンブルグの守護霊獣は、私設兵が念能力者だと知っているのか私設兵をにらんでいて警戒態勢だ。下手に動くとこちらがやられる。そう察した私設兵は、さらに慎重に能力を探る必要があると、記憶の操作をされてもいいようにと、他のものと協力して倒すことを計画する。その後、私設兵はボスである第1王子ベンジャミンに連絡をいれ、あと2名、サポートをよこしてほしいを要請した。

★ ハルケンブルク王子は、父親であるカキン王に直談判しにいくと言って部屋を出る。兄弟が死んだ事、助けられなかった事に涙をしている。
(←正義感が強い王子ですね。良い人っぽいですが、第四王子と仲が良いという点がちょっと気になります。)

★ 一方、フウゲツの部屋ではフウゲツが自分の能力に気づき、また魔法の扉を出そうとするが出てこない。(←なんで出せないんだろう。扉が出てくる為には満たされないといけない条件があるのか?)

★ 自分の身体で目覚めたハンゾー。ハンゾーの分身の能力は解けている。そして例の消えた1013号室にいる。

★ ハンゾーはビスケにモモゼを殺害した暗殺者を殺したことを伝えた。そして、現在、この1013号室が何らかの能力によって、外界から隔絶されていることを伝えた。おそらく第13王子マラヤームの能力だろうと推測するビスケとハンゾー。

★ その後、例の疑心暗鬼の塊である護衛仲間のウェルゲーと会話する。ウェルゲーは、クラピカを筆頭にハンター全員を怪しく思っていて警戒している。そして、クラピカの念の講習にも絶対に行かないと宣言。そこで、ビスケは自分が念能力を教えると言う。

★ するとビスケは、本当のゴツイ姿に変身!!その姿をみたウェルゲーは・・・

★ ウェルゲー: 「し・・・信じられん。」

★ ウェルゲー: 「こんな・・・こんなに美しい人がいるなんて・・・!!」

★ ウェルゲーはビスケに一目ぼれした!
(←ウェルゲー笑。面白いキャラですね。うざい奴だなと思ってたけど、中々に面白い。ギャグ要員でしょうか。ビスケに惚れたウェルゲー、いいですね。もっと絡みがみたくなってきました。)

★ また、ウェルゲーは自分がビスケから念能力を習う、と言いだす!!そして現在部屋はどのように隔絶されているのかを確かめる事に合意。部屋が外からどうなっているか確かめるために、ウェルゲーの部下ベレレインテを1013号室の外にゆっくりと出す。すると・・・

★ ベレレインテが部屋の外に立っている姿は、ビスケ達にはしっかりと見えるし声も聞こえる。しかし、ベレレインテいわく、ベレレインテが外に完全に出た瞬間から、ビスケ達みんなが煙みたいに消えてしまってるとの事。そして声も聞こえないようだ。そして部屋にも戻って来れなくなった。ベレレインテはそのまま外に出る。

★ ビスケは、これがマラヤーム王子の守護霊獣の力であると推測する。


今週は以上!!
王子たちの念獣の力が次々と明らかにされてきましたね。
まとめていきます。




カキン王子達の能力&守護霊獣

@ 第1王子ベンジャミン

☆ ベンジャミンの念能力: 星を継ぐもの(ベンジャミンバトン)

− ベンジャミンに忠誠を誓った念能力者が死ぬとその能力を継承できる。ただし譲渡資格を有するのはカキン王国軍学校を卒業しベンジャミンの私設兵団に属している者に限る。


☆ ベンジャミンの守護霊獣: ???


A 第2王子カーミラ

☆ カミーラの念能力: 百万回生きた猫(ネコノナマエ)

− 迎撃型の念獣。死後発動し攻撃して来た者の命を以て蘇生する。


☆ カーミラの守護霊獣

− 操作系・強制型の能力。ある条件を満たした者を意のままに操る。



D 第5王子ツベッパ

☆ ツベッパの守護霊獣

− 変化形の能力。発動には共同研究者が必要となる共存型。守護霊獣の体内で様々な効果を持つ薬品を生成することができる。



F 第7王子ルズールス

☆ ルズールスの守護霊獣

− 具現化系・半強制型の操作能力。標的の欲望を具現化し罠を張る。標的が罠にはまる、欲望を満たす事で発動する。



H 第9王子ハルケンブルグ

☆ ハルケンブルグ守護霊獣

− 強化系相互協力型の能力。羽の刻印を持つものが王子の元に多く集まるほど個々のポテンシャルを高めあう。その集団が互いに意志を統一し能力を発動した時の威力はあらゆる念能力の中でも最大級となる。




2018年03月01日

週刊少年ジャンプ12号: HUNTER×HUNTER 〜 ハンター×ハンター 374話 『能力』

HUNTER×HUNTER 〜 ハンター×ハンター 374話 『能力』


★ ハンゾーは、護衛を担当している第13王子のマラヤーム、その母、従者、全てが、1013号室からいなくなった事でクラピカに相談する。そこへ、1013号室からマラヤームの護衛ウェルゲーが電話をしてくる。

★ クラピカは、連絡が取れたウェルゲーと会話をするものの、ウェルゲーはかなり頑固で念に対しても無知。しかも彼はクラピカを疑っている為、クラピカの話を一切信用しない。本人は1013号室にいるとは言っているが、外の様子を確認する事を断固拒否している状態だ。

★ ハンゾーの話とあわせると、第13王子は部屋ごと、別の場所に念能力によって移動されていると予想するクラピカ。

★ クラピカ: 「どうか聞いてください!そこは既に何者かの念能力の影響下にあります!そちらの居住区全体が別の場所に転移させられていると考えられます。ハンター協会員の誰かに扉の外を確認させていただきたいのです!」

★ ウェルゲー: 「いいか、これ以上私を無視して荒唐無稽な主張を続けるなら宣戦布告とみなすぞ。私を甘く見ない事だな。防衛に関して君の助言は無用!」

★ クラピカ: 「・・・失礼しました・・・」

★ ウェルゲー: 「ふん ようやくこちらの要件を言えるな・・・聞きたい事は第12王子暗殺容疑者6名の現況だ。容疑者が全員上位王妃の所属ゆえ我々に情報が全く入ってこない・・・そこでだ。捜査の進展状況を報告してもらいたい。」

★ ウェルゲー: 「容疑者達よりも下位の王妃に所属しているという点は君達も我々と同じだが、当事者ではない分、腹芸は有効だろう?」

★ ウェルゲー: 「上手く関係者に取り入って有益な情報を我々に提供すれば、第12王子の警護を担当していた協会員をそちらに出向させてもいい。」

★ クラピカはウェルゲーの要求に答える。そして、すでに第12王子モモゼの暗殺実行犯を特定していると正直に話した。それに加え、現在は第3、第5、第9王子とも停戦協定を結んでいると話した。しかし、ウェルゲーは、一向に信用せず、さらにクラピカ達を怪しいと言う!!
(←ダメだこいつ。何も信用できないくせに、なぜクラピカに電話するんだ笑。病的な頑固さと人間不信。しかしモモゼが殺されてるから不安になるのもわかるかも。)

★ そこでクラピカはさらに情報を譲渡する。クラピカは、第5王妃の所属兵タフディーが暗殺犯だということを教えた。そして、今後上位の王子達の手により、裁判も滞りなく進みタフディーが犯人として公表されるだろうと予想を伝えた。

★ しかし、ウェルゲーはまた疑ってきた。彼はそもそもハンター協会側を怪しんでいるのだ。ウェルディーはハンター協会員がカキン王国の内情を内側から崩そうとしていると言う。
(←この人、本当にクラピカに何のために電話したんだよ。何を話しても無駄じゃん。全て信じてないじゃん。なのに情報をくれだと?情報あげても信じてない上にさらに疑うとは。)

★ 特に何も進展はないどころか、さらに疑われたままウェルゲーとの連絡は終わり、クラピカとハンゾーは今後どうするかを話し合う。また、クラピカは、今回の第13王子に関する念能力の持ち主は、放出系の能力者か具現化系の能力者であると予測する。

★ 深夜。第11王子フウゲツの寝室。フウゲツはベッドに横たわって、カチョウと一緒に撮った写真を見て涙を流していた。2人は本当に仲が良いみたいだ。
(←悲しいですね。フウゲツは良い子です。そしてカチョウもきっと良い子。)

★ そんな時、フウゲツの前に不思議な扉が現れた!(←いかにもアリスっぽい。魔法の扉のようなファンタジーな扉です。)

★ フウゲツは、その扉に見覚えがある。幼少期にカチョウとよく一緒に遊んでいたアスレチック遊具の扉だ。その扉は魔法の抜け道(マジックワーム)という。

★ フウゲツは扉を開け、その魔法の抜け道(マジックワーム)をたどっていった。しばらく、進むとなんとカチョウの目の前についた!

★ カチョウも一人ベッドの上で、写真を観ながら涙をしていたのだった。フウゲツが現れるとカチョウは驚いた。フウゲツも驚いたが、カチョウは静かにするよう、戻るように、ジェスチャーで伝えた。

★ カチョウの鼓動の異変に気付いたセンリツは、急いでカチョウの部屋に入る。しかし、カチョウは何もないと言った。

★ センリツはカチョウと会話を試みる・・・そして念能力についても・・・

★ 場面場所が変わって第8王子サレサレの部屋。ベンジャミンの私設兵が監視をしながら、サレサレの念能力を分析していた。

★ そして第3王子のチョウライの部屋では、コインが落ちてきた。コインはチョウライの念獣が出したものですが、能力は不明。


カチョウフウゲツ姉妹は良い子達なんですよね。あまり酷い目にあわないといいんですが。
今週は以上です。


週刊少年ジャンプ11号: HUNTER×HUNTER 〜 ハンター×ハンター 373話『継承』

HUNTER×HUNTER 〜 ハンター×ハンター 373話『継承』


簡易に内容と感想を書いていきます。

★ 第2王子カミーラが、第1王子ベンジャミンを殺しに向かうところから始まる。ベンジャミンの私設兵ムッセは、カミーラに銃を向けるもカミーラは無視。結果的にムッセはカミーラを撃ち、カミーラは死んでしまう。

★ ムッセは、死体のカミーラに近づき、自分の念能力の条件を満たそうとするが・・・

★ カミーラの死後の念能力が発動!

★ ムッセの背後に大きな黒猫が現れ、ムッセを一瞬で叩き潰す!その後、黒猫は、尻尾から液体を出しカミーラに飲ませる。するとカミーラは生き返った。撃たれた傷も綺麗に消えていた。

★ カミーラの念能力。百万回生きた猫(ネコノナマエ)。迎撃型の念獣。死後発動し攻撃して来た者の命を以て蘇生する。

★ 守護霊獣ではなく、自身の念能力で蘇生したカミーラは、そのままベンジャミンの元に向かう。

★ ベンジャミンの私設兵が出てくるが、ベンジャミンの指示で、あえてカミーラに攻撃はしない。カミーラは、その私設兵に不意打ちで銃を打つ、私設兵はそれを念でガード。

★ ベンジャミンのもとにたどり着いたカミーラ。全てをお見通しのベンジャミンは堂々と座っている。

★ カミーラはそのままベンジャミンを銃で撃つ。余裕でベンジャミンは念でガード。そして、さっきの私設兵に、カミーラを殺さずに確保させる。カミーラの腕を折り、拘束する私設兵。苦しむカミーラ。

★ カミーラ: 「お前とお前の家族、親族もろとも 想像すら絶する責め苦の果てに殺してやる…!」

★ ベンジャミン私設兵: 「家族か・・いねェなーそんなモン。オレの親はベンジャミン様だよ、第一級犯罪者殿」

★ 牢屋に入れられるカーミラ。飛んで火に入る夏の虫だ。
(←あっさり捕まってしまったカーミラだけど、見た目と反して、言動も行動もバカな勘違い女ですね。しかし彼女の念能力は中々に興味深いです。)

★ ベンジャミンは部下の能力を使ってカミーラを監視。その能力とは、カーミラの念獣黒猫に叩き殺されたムッセの能力!

★ ムッセの念能力。裏窓の鳥(シークレットウインドウ)。三種の念獣を諜報用に操る。対象者に触れることで発動する。ミミズクは術者にしか視えず、対象者の言動全てを術者にテレパシーで送信する。

★ ムッセの能力は、ムッセが死んだために、現在はベンジャミンの能力として受け継がれている。

★ ベンジャミンの念能力。星を継ぐもの(ベンジャミンバトン)。ベンジャミンに忠誠を誓った念能力者が死ぬとその能力を継承できる。ただし譲渡資格を有するのはカキン王国軍学校を卒業しベンジャミンの私設兵団に属している者に限る。

★ それとは別に、ベンジャミンの守護霊獣の能力は不明。

★ ベンジャミンは筋トレをしながら、部下の能力と意思を引き継ぎ、必ずやカキンの世界統一を成し遂げる、と決意する。
(←ベンジャミンと部下達の絆はとても強いですね。ベンジャミンは恐ろしい男だけど、カーミラや、あの鬼畜の第4王子ツェリードニヒと比べたら、王に相応しく、まともですね。)

★ 一方、ハンゾーは、第13王子の所在を探し中。そしてクラピカの元にきて状況を説明していた。そして、クラピカの元に、第7王妃所属兵隊長のウェルゲーから電話が入る。

今週は以上です。
王子たちの念能力が次々と明らかにされてきましたね。
これからは、少しづつ、わかってきた王子たちの念能力もまとめていきます。




カキン王子達の能力&守護霊獣

@ 第1王子ベンジャミン

☆ ベンジャミンの念能力: 星を継ぐもの(ベンジャミンバトン)

− ベンジャミンに忠誠を誓った念能力者が死ぬとその能力を継承できる。ただし譲渡資格を有するのはカキン王国軍学校を卒業しベンジャミンの私設兵団に属している者に限る。


☆ ベンジャミンの守護霊獣: ???


A 第2王子カーミラ

☆ カミーラの念能力: 百万回生きた猫(ネコノナマエ)

− 迎撃型の念獣。死後発動し攻撃して来た者の命を以て蘇生する。


☆ カーミラの守護霊獣: ???

VIVRE CARD 〜ONE PIECE図鑑〜 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:1,350円
(2018/9/4 05:36時点)
感想(0件)

くる天 人気ブログランキング ブログランキング にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ
プロフィール
Perona★沙月さんの画像
Perona★沙月
はじめまして。ワンピースのペローナが大好きな沙月と申します。 ワンピースでは、ペローナ、ミホーク、ロー、レイジュが特に大好きです。あと麦わらの一味はみんな好きですが、特にフランキー、ウソップが好きです。 ワンピース以外にもハンターxハンターなど色々な漫画を読んでいます!(少年漫画メイン) 欧米のドラマや映画も観ます。特にGAME OF THRONESなどが大好きです。リアル脱出ゲーム・謎解きも趣味です。 このサイトは、自己満足目的の気まぐれなブログです。 多忙の為、更新お休みする時もありますが基本は週に2回〜4回ほど更新予定です。年の30%以上は海外にいますが、時間あれば海外からでも更新します。漫画に関しては、基本的にジャンプ公式発売後に感想を載せてますが、アニメ派とコミック派にはネタバレなので自己責任で!ワンピースの最新情報をできるだけ早くファンに伝えればいいと思っていますが、原作に関しては最近は貯めてからいっきに読んで感想を書く事が多いです。多忙の時は、時々相方にバトンタッチしながら、できるだけ更新を心がけます。 私は、楽しいことが大好きな、いたって普通の平凡なアラサーですが趣味が沢山あります!まず、食べること、読書、旅行、スポーツ、リアル脱出ゲーム、映画やドラマ観賞、漫画、ゴシックファンタジー等が大好きです。スポーツは特に水泳とバスケットボールが好きです。尊敬する人は、エリザベス女王、両親、相方、兄、弟、親友です。 ブログでは、旅先の事、美味しい食べ物の事、リアル脱出ゲーム、漫画の事(ワンピースなど)、本やドラマや映画の事などランダムに書いています。 私は、一応半分だけ日本人の血が入っていますが、生まれも育ちも海外でアメリカ国籍です。日本語も完璧ではないです。ブログ記事の誤字など大目にみてください。日本に住んでいても、外資系企業で働いているため、まわりは帰国子女と非日本人しかいないので、純粋な日本人と深く関わる機会はあまりないです。 このブログは、日本語を上達する為、また同じ趣味を持った人たちと関わるために作りました。 まだまだ日本語の文章力がない素人ですが、大目にみていただけると幸いです。こんな私ですが、同じ趣味の人たち、ぜひ仲良くしてください。ご自由にコメントどうぞ! 英語でのコメントもWELCOMEですよ。
プロフィール

ゾロペロ時計

<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー
最新記事
最新コメント
リンク集
送料無料! HunterxHunter 最新刊!必見!

【在庫あり/即出荷可】【漫画】HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 全巻セット (1-33巻 最新刊)/漫画全巻ドットコム

価格:13,981円
(2016/7/14 05:42時点)

HUNTER×HUNTER(15) [ 冨樫義博 ]

価格:421円
(2016/7/14 05:42時点)

送料無料!ワンピース最新刊!必見!

ONE PIECE 87 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:432円
(2017/11/22 04:30時点)
感想(108件)

送料無料!スラムダンク全巻新品!!必見!

SLAM DUNK(スラムダンク)(完全版) 全24巻セット [ 井上雄彦 ]

価格:24,192円
(2015/12/17 23:20時点)

送料無料!受賞作品!必見!

巌窟王 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 中田譲治 ]

価格:25,154円
(2015/12/17 23:28時点)