2016年04月25日

One Piece 〜 東京ワンピースタワーに行ってきた!レポートA 『タワーに入場』

ついに、東京ワンピースタワーに行ってきました!!

一番の目的はペローナちゃんの散歩とショー!!
けど、それ以外にも、『Cafe Mugiwara』でペローナちゃんメニューを食べたり、予想してたより、美味しかったり、平日だった事もあって、ワンピースタワーを4時間ぐらいかけて探索したりで、かなり充実した日を過ごせましたね!

このレポートでは、タワーの中をざっくりと紹介します!

内装もかなり凝っていてワンピースファンにはたまらないでしょう!

いえーい!!!
スーーーーーーーーーーーーーーパーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

フランキー!!!!!

1.JPG

実はフランキーは好きなキャラなんですよ。
一味は全員好きなんですけどね!!
みんな大好きだから、順番とかつけたくないけど、一味で好きなのは・・・

@ ゾロ(←カッコイイ!!)
A ウソップ
B フランキー
C ルフィ
D サンジ
E ロビン
F ナミ
G チョッパー
H ブルック


漫画読んでても、主人公とか主人公チームは好きになれない事が時々あるけど、ワンピースは、ルフィも一味も、出番が多いローも、かっこよくて大好き!!

そうそう、東京ワンピースタワーには関係ないけど、東京タワーの2Fのお土産屋さんに、フィギュアがぞろーって並んであって、ペローナちゃん、しらほし姫、改めて可愛いと思いました★
そして、ハンコック様美しい。女キャラの見た目で好きなのは・・・
見た目だけでいうならね・・・

@ ペローナ
A ハンコック
B しらほし姫
C ビビ


IMG_2281.JPG

そして、ワンピースタワーに入場
早速、写真撮りまくったけど、ブログに載せるのは、人物が映ってないのを選んでいます。

IMG_2284.JPG

平日だったせいか、人も少なく、やけに広いと思いましたね。
そして、少し歩いていくと・・・綺麗です・・・

IMG_2315.JPG
IMG_2314.JPG

これが、ワンピースタワーのトンガリデンデンムシかな。

IMG_2317.JPG

そして、やっぱりこれが目を引きますね!!!
宴〜!!!

IMG_2324.JPG

ウソップ好きなのでZOOM!!
肉肉肉!!!

IMG_2330.JPG

ゾロとサンジ!また、くだらない喧嘩をしているのかな。
結構、上手く再現されている等身大フィギュアですな。

IMG_2321.JPG

そして、エスカレータ!!
こだわってるな〜!!

IMG_2336.JPG

上の広場にいくと、トリックアートもあるね!!

IMG_2337.JPG

クマシーのベンチ!!!!!!
超可愛い!!!


IMG_2340.JPG

そして、まあ、ペローナちゃんのショー目当てだから、混んでたら、アトラクションは、やらんでもいいかなって思ってたんだけど、空いてたので、ゾロのところへ。
てか、このゾロかっこよすぎ。イケメン、男前、もうとにかくカッコイイ。

IMG_2341.JPG

@ ゾロの一刀両断

早速やってみた!
祖父の家で、本物の刀(家宝らしい)を、持った事があったけど、重かった。でも雰囲気が出てた。さすが本物。(先祖は武士だったらしい・・・)
だから、この遊びの刀は思ってたより、超軽くて、オモチャ感が出てた(笑)
それでも、ぜんぜん上手く斬れなかったけどね。まあ、面白かったです。
あと、こういうディスプレイが好き。
ゾロやミホークの刀とか必見!!

IMG_2436.JPG IMG_2437.JPG
IMG_2438.JPG


A ナミのカジノハウス

写真は撮らなかったけど、ナミのカジノにも1回挑戦。もちろん負けた。
途中まで良い線いってたんだけどな!!!


B ブルックのホラーハウス

アトラクションの中で、これが一番好きで、二回も回った!!!
ぜんぜんこわくなかったっていうか、中にいた、ペローナちゃん(等身大フィギュア)が超可愛かった。
マジで可愛い可愛い可愛い!!!そのペローナちゃんに会いに何度でも回りたいぐらいですよ。
写真取れないのが残念!!可愛いペローナ!!!ああ〜!!!
あとシンドリーちゃんもいたぞ!!
最後で、ゾンビによるクイズがあって、あって、当たったら限定の景品がもらえるぞ!!
二度目ので当たったから、もらえた!!!
二回で当てるなんて凄いってゾンビに褒められたわww
このホラーハウスが、個人的にアトラクションの中で、ベスト1ですね!!


C チョッパーのサウザンド・サニー号探検

IMG_2447.JPG

あまり写真とれなかったけど、女子部屋が印象的でした。
それと部屋に入ると、オレンジのシャンプーのような香りがして、気持ちが良かった!!

IMG_2445.JPG

謎の生物発見。
ちょっと食べたくないわ、これは。

IMG_2442.JPG


こんな感じで、ワンピースタワー内を探索しました!

ーーーーーーーーーー★☆★ーーーーーーーーーーー

他にも、東京ワンピースタワーのレポートを書いているので、みてくださいね!!
都内や都内付近に住んでいるワンピースファン!ぜひ、おススメの場所なので、一度は足を運んでみてください!
ちなみに、カフェは、別に東京ワンピースタワーの入場チケット買わなくても、誰でも食事できるみたいだよ!!

レポート@:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/349/0
レポートB:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/364/0
レポートC:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/365/0


One Piece 〜 東京ワンピースタワーに行ってきた!レポート@ 『Cafe Mugiwara』




ついに、東京ワンピースタワーに行ってきました!!

一番の目的はペローナちゃんの散歩とショーでしたけど、それ以外にも、『Cafe Mugiwara』でペローナちゃんメニューを食べたり、予想してたより、美味しかったり、平日だった事もあって、ワンピースタワーを4時間ぐらいかけて探索したりで、充実した日を過ごしました!

このレポートでは、『Cafe Mugiwara』で、オーダーしたメニューを紹介します!!
サプライズもあるよ!!

さてさて、『Cafe Mugiwara』だけど、麦わらの一味が大好きなメニューばっかり。
ルフィの大好きなお肉はもちろん、可愛らしいペローナちゃんにお似合いのメニューとかも!
大人も子供もたのしませるカフェ間違いなし!!
予想してたより味も美味しくて、また行きたいなって思いました!
平日だったからか、満席だったけど、それでも人はぼちぼちといました!
私は友達と行ったけど、1人客も、数人いました!
外国のお客さんもいたね!みんなが楽しめる場所です!

私はお昼は既に別のところで食べたので、軽食だけを頼もうかと思ったけど、可愛いメニューが沢山あったので、ついつい!

@ ペローナの飲めちゃうパフェ
1.jpg

見た目も可愛いし、味も美味しいし、ペローナちゃんになった気分で飲んでみたよ!
ドリンクにマシュマロ入れるのも、中々イケるね!


A ゾロバーガー
IMG_2400.JPG

ペローナちゃんの次にゾロも大好きだから、ゾロのメニューも!!
そして、これ、思ったより美味しい。あなどれんな!さすがゾロバーガー!!
美味しいので本当におススメです。もう1つぐらい頼みたかったほどですね。
フィッシュカツ、ハンバーグ、二種類の美味しさが楽しめました。お肉もかなりジューシー。フィッシュカツも美味しい!
あと、パン?が美味しかった。パンとマフィンの中間みたいなかんじ。
緑のバジルマヨネーズソースとか、最高にあってましたね!


B ネガテイブホロウのポテトサラダ
IMG_2399.JPG

ホロホロホロ〜!!思ったよりボリュームあったぞ!
ペローナ大好きだから頼まないとね!


C ペローナのドルチェ
IMG_2405.JPG

これは、マストでしょう!!
デザート系とか甘いものが苦手な私でもペローナちゃんの為なら、オーダーします!!
クリームが多すぎたけど、クリームは少し残して、あとは全部完食!!

以上、ペローナ好きにおススメのメニューでした!


そして、なんと、 『Cafe Mugiwara』にサプライズが!!!!!!!!!!!

IMG_2371.JPG

ペローナちゃーんんんんんんん!!!!!

え?サンジのブッフェのレストランだけじゃなく、『Cafe Mugiwara』にも散歩にくるの?知らなかった!
しかも、タイミングよく、私いたし!!
ペローナちゃんがテーブルまでやってきて、ドルチェに指差して。。。笑
これがおススメ!っていいたいのね!!
生ペローナちゃんは、しゃべらないんだよね。でも表情とか仕草が、とーってもペローナちゃんで、可愛かったです!
期間限定でワンピースタワーに遊びにきてくれているんだね!
あと、私のお気に入り。実はペローナちゃんももちろん最高だけど、おつきのゾンビも可愛い。
プリ&テイ!!!

IMG_2372.JPG

もう本当に面白いし可愛いよね!!ペローナちゃんのゾンビは可愛いし全然こわくないのが面白い!

そして、サプライズは終わらない!!!
実は、友人と私も足が疲れてしまったので、カフェに、1時間半ぐらい滞在してたんです。
そしたら、ボンちゃんもきたあああああああ!!!!
友人は、ボンちゃんの大ファンなので、大喜び!!

ボンちゃん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

IMG_2408.JPG IMG_2409.JPG

IMG_2410.JPG IMG_2420.JPG

WOW!!!
いい写真が撮れました!!
私もボンちゃんは好きなキャラトップ10に入るので嬉しかった!!!
ちなみに、私の好きなキャラは沢山いるけど、トップ10は、思いつく限り・・・(トップ5以下は、毎回、順位とかキャラとか、コロコロ変わるかもw)
今の気分は!!!↓

@ ペローナ
A ゾロ
B ミホーク
C ロー
D ハンコック
E ウソップ
F ボンちゃん
G フランキー
H ビビ
I クマシー


あと、こっちもお付きのオカマ二人が面白かった!!!
カメラ目線だし!!

IMG_2412.JPG
IMG_2413.JPG

以上、 『Cafe Mugiwara』のレポートでした!!!


ーーーーーーーーーー★☆★ーーーーーーーーーーー

他にも、東京ワンピースタワーのレポートを書いているので、みてくださいね!!
都内や都内付近に住んでいるワンピースファン!ぜひ、おススメの場所なので、一度は足を運んでみてください!
ちなみに、カフェは、別に東京ワンピースタワーの入場チケット買わなくても、誰でも食事できるみたいだよ!!

レポートA:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/350/0
レポートB:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/364/0
レポートC:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/365/0


2016年04月19日

HILTON〜ヒルトン東京の『“マーブルラウンジ”ストロベリーデザートフェア』に行ってきました★A

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/340/0
この記事の続きです!!

ヒルトン東京の『“マーブルラウンジ”ストロベリーデザートフェア』
ホテル公式http://www.hiltontokyo.jp/plans/restaurants/

大人気のデザートブッフェで予約をとるのが難しいんです!私も2ヶ月以上も前から予約をとっていました。
今年のテーマは、「ストロベリー・エンジェル」
レイアウトも工夫されていて、とても可愛らしいです。
全40種類が揃うストロベリーデザートフェアだったのですが、デザート別腹ではない私は、思ったより食べれなかった。
甘いもの食べ過ぎると、どんなに美味しいものでも、きっつってなる・・・
なので、ショッパイものを交互に何とか食べてました・・・笑
あいかわらず、幼少期から、甘いものやお菓子より、肉や辛いものが大好きな私・・・わかってたけどね・・・
以下、私が食べた皿を1つづつ写真に収めました。
普通の食事のDINNERブッフェとかだったら、私は、この3倍は食べれますね。
うーん。こんかいは、デザートブッフェだけに、こんな感じです。
ちなみに、お皿に乗せたものは全部食べきりましたよ。


1皿目:(←気になるものは何でも乗せよう!!な気分★)
01.JPG

2皿目:(←超可愛いし美味しそう!!これは、実は一番好きなデザートでした★)
02.JPG

ここで問題発生・・・
もうお腹いっぱいになった。どうしよう。しかも、口が全部甘い・・・うぅ・・・まだデザートの種類は沢山あるぞ!!

3皿目:(←救世主!少ししょっぱい物が食べたかったのだ。しかも、かなり美味しい★)
03.JPG

4皿目:(←味が濃すぎるワカメスープは、その時は救世主。結構、人が並んでたワカメスープ。)
04.JPG

なんか、お腹空いてきたぞ!!もっと食べれる!!けど甘いものは、もう食べたくない・・・

5皿目:(←また軽食w シンプルだけど、なかなか美味しいぞ!)
05.JPG

やはり、ヒルトンだけあって、軽食もシンプルにみえて、味はしっかりしていて、かなり美味しいですね。けど、いちごデザートのブッフェにきたのに、シンプルな軽食ばっかり食べて、ん?って思ったので、イチゴを・・・

6皿目:(←甘いものは、もういい。普通にフレッシュなイチゴを!!!)
06.JPG

7皿目:(←せっかくのデザートブッフェ。食べてないメニューがまだ沢山あったので頑張るぞ!)
07.JPG

見た目は本当に可愛らしい。美味しいものもあるけど、やはり、こんなにたくさん食べると、うぅ・・・甘い・・・ってなる。
はぁ・・・もう限界か・・・いやいや、一応、一通り、食べたぞ。全種類ではないけどね。

8皿目:(←やはり、また、しょっぱいものが食べたくなったので軽食・・・笑)
08.JPG

実は、軽食の種類も変わるんですよ。サンドイッチは同じだけど、パスタ類が前に食べたのと違うもので・・・
軽食、シンプルだけど、本当に美味しいです!甘いもの食べすぎた時には救世主ですよね〜!!

9皿目:(←またワカメスープかよ・・・笑)
09.JPG

10皿目:(←まだ食べてなかったチーズ付の面白いデザート!結構いけた!)
10.JPG

以上です。
1430に入って、1730まで・・・
食べ終わったのは、1700頃だけど・・・
一応、この写真にのった10皿、全部食べましたね。
ちなみに、これは私のお皿なので、別に友達とはシェアしてないです。
軽食ばっかり食べている感じですが、私の場合、軽食はお腹いっぱいにはならないんです。
甘いものは本当に、すぐにお腹いっぱいになる。
たぶん、この量だと、普通の女性よりかは、多く食べているんだけど、ふだん、肉とか他のブッフェで、もっと食べている私を知っている友達は、小食だね〜って言います・・・笑
うん、肉は、もっと食べれますね。
ちなみに細くはないけど、肥満でも、ないですよ、念のため・・・笑

以上、
『“マーブルラウンジ”ストロベリーデザートフェア』の感想でした〜!!
ここを、個人的に評価するとしたら、10点中7点です!
評価は、料理の種類、料理の質、時間(制限有りか無しか)、値段をあわせて総合的に判断したものです。




私が書いた他所のブッフェ記事:

★ペナン(マレーシア)
評価は、10点中10点→http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/209/0

★ラスベガス(USA)
評価は、10点中9点→ http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/101/0

★横浜(日本)“Yokohama Bay Sheraton 〜 シェラトン・ホテル”
評価は、10点中5点→ http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/102/0


これからもブッフェ関連の記事を増やしていきたいと思います。


HILTON〜ヒルトン東京の『“マーブルラウンジ”ストロベリーデザートフェア』に行ってきました★@



ヒルトン東京の『“マーブルラウンジ”ストロベリーデザートフェア』に行ってきました!

IMG_2002.JPG
ホテル公式http://www.hiltontokyo.jp/plans/restaurants/

大人気のこちらのデザートブッフェは予約をとるのが難しくて、2ヶ月以上も前から予約とって、ようやく、この前、友達と行けました!!
甘いものは苦手だけど、イチゴは大好き!!
けど、やっぱり、私の場合は、甘いものが別腹ではなく、肉が別腹なので、通常のブッフェより、食べれなかったかな。
美味しいんだけどね。けど、やっぱり甘いものをそこまで食べれない私は思ったより、小食でした、、、今回は。
でもでも、とーっても可愛かったんです。見た目がね、もう最高ですね。

今年のテーマは、「ストロベリー・エンジェル」
キャー可愛い!!!
ワンピースのペローナちゃんが好きそうなデザートばっかり。
可愛いです、本当に!!
ブッフェ台の鮮やかな、ストロベリーデザートを囲むように天使やキューピッド達が舞う、愛らしいストロベリー&エンジェルワールド!!!
『ストロベリータルト』や定番の『ストロベリーショートケーキ』、ツイン・マカロンの上にヴァニラクリーム、苺、生クリームをトッピングした『罪深いキューピッドマカロン』・・・
名前まで可愛いですね〜!!
他にも一口サイズの『ストロベリーチーズケーキ』も!!
また、『ストロベリーBAR』ではフレッシュ苺にスコーンや生クリーム、マシュマロなど20種類以上のトッピングやソースでオリジナルスイーツを作れる!! なんと全40種類が揃うストロベリーデザートフェアらしいです!!
まぁ・・・私は、全部食べることはできなかったんですけどね。うん、1日では無理・・・笑
デザートが別腹の人が、本当にうらやましい。
何を食べたかは別の記事で紹介します。
(こちらの記事で何を食べたか紹介:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/341/0

この記事では、デザートが可愛くレイアウトされていた様子を紹介します!

IMG_2003.JPG IMG_2004.JPG

このイチゴのフォンデュが最高に美味しかったです。
ゴージャス!!
けど、みただけでお腹いっぱい笑

IMG_1946.JPG IMG_1941.JPG

女性が好きそうな雰囲気ですよね。
実際、客層は若い女性が9割でしたね。

このブッフェ台いっぱいに並ぶ、キラキラ鮮やかなイチゴのデザートは、フランス人シェフのダヴィッド・ギマレスさんが厳選したおすすめラインアップらしいです!!ダヴィッド・ギマレスさんというシェフは、デザートなどで有名な方らしくて、2014年10月、ヒルトン東京のダイニングフロアTSUNOHAZUのオープンに合わせ、エグゼクティブペストリーシェフに任命されたそうなんです。ダヴィッドさんは、あの有名なフランス料理の名シェフ、ジョエル・ロブションさんのもと、ミシュラン2つ星レストランLa Tableや1つ星日本食レストランYOSHIのデザートを担当した事もあるのだとか。ヒルトン東京着任前はヒルトンボラボラ ヌイリゾート&スパのペストリーシェフを務めたそうなんですね〜。へえ、経歴豊富なシェフなんですね。
<参照:http://www.hiltontokyo.jp/plans/restaurants/marble_lounge/2039

みてください!!
この素敵なイチゴとエンジェル達!

IMG_1942.JPG
IMG_1944.JPG
IMG_1945.JPG
IMG_1943.JPG
IMG_1940.JPG
IMG_1939.JPG

まるで夢の世界のようですね〜
1日で全種類、食べるのは、私には無理かな。
でも、特に時間制限もなく、1430に入って、1730までは大丈夫だから、ゆーっくり楽しむことができました。
サービスもさすが、ヒルトンだけあってGOOD。
お飲み物はテーブルでオーダしたら、持ってきてくれます。飲み放題!!これがいいね!
ああ、でも、もっといろんな種類のデザート食べたかったな。やはり、甘いものがそんなに食べれない体質の私は、デザートブッフェ向かないのかな。でも、まあ、満足はしました。みているだけでも可愛かったし!
私が何を食べたかはこちらを・・・笑

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/341/0




私が書いた他所のブッフェ記事:

★ペナン(マレーシア)
評価は、10点中10点→http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/209/0

★ラスベガス(USA)
評価は、10点中9点→ http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/101/0

★横浜(日本)“Yokohama Bay Sheraton 〜 シェラトン・ホテル”
評価は、10点中5点→ http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/102/0


これからもブッフェ関連の記事を増やしていきたいと思います。

2016年04月18日

週間少年ジャンプ20号(ONE PIECE〜ワンピース 823話:『ざわつく世界』)





コミック派はネタバレ注意!!

ワンピース、読みました!
今週号は、HUNTERxHUNTERも連載再開して、ワンピースも、世界会議へと世界がざわつき、盛り上がってきましたね。
ただ、悲しいことに、先日、熊本で大地震があり、やはり、自然はこわいと改めて思いました。
私はお祈りすることしかできませんが、熊本、九州の皆さまのご無事をお祈りいたします・・・
まだ強い余震が続いてる中で、怖くて心も落ち着かない事と思いますが、頑張ってください。がんばれ!!
私は都内や海外を転々としているので、今回は被害にあいませんでしたが、どこにいても、いつ自然災害の被害にあうかはわかりません。(特に都内とか本当にこわい)準備をしっかりするといっても、私達が準備できることなんて、たかが知れています。こういう時って、寄付したり、祈るしかないのかなって思い、人間の無力さに気づかされます。
そういえば、ワンピース作者の尾田さんのご実家は熊本らしいですが、心配です。
尾田さんの、ご家族、親戚、友人、ご無事をお祈りいたします。
さて、ワンピース823話の感想の前に前回の復習を・・・

★ 前回のジャンプ感想、822話

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/342/0

★ ゾウについて、残っている謎などを、まとめた記事はこちらを参照に。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/223/0

★ ワンピース歌舞伎感想はこちら。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/176/0

★ ペローナ好き必見★フィギュア情報はこちら。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/332/0

★ ワンピースタワーの新情報はこちら。(ワンピースタワーにペローナが!?)

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/334/0
お台場の人気アトラクション 等身大フィギュア館

では、早速、823話の内容と感想を書きます。
↓↓
↓↓
↓↓

ONE PIECE 〜 ワンピース 823話
タイトル: ざわつく世界


扉絵:短期集中連載15〜世界の甲板から 〜5億の男編 『ボーイン列島にはまだ帰らず』
カブトムシに乗って飛びながらニュース・クーを読むウソップの師匠ヘラクレスン!!次は、ナミの二年間かと思ったら、ウソップの師匠かい!!ヘラクレスン先生は、ウソップの懸賞金を見て、どう思っているのだろうか!表情がわからないのが、おしい!!てか、ヘラクレスン先生は何者?どこに向かっているの?革命軍という噂もあるヘラクレスン先生だけど実際はどうなんだろう。謎多き人物だよね。扉絵で、あと残っているのは、ナミ、サンジ、ゾロ、ルフィ。あと、誰かいたっけ。個人的に、ミホークが一番気になるけど。
さて、本編も、ざわついていますよ!!

★ ビビ一行を、世界会議に送るのは、海軍本部少将ヒナ!

★ トトおじさん、コーザ、ペル、チャカ、コブラも出てきた!

★ ヒナの部下のフルボディとジャンゴも久々に登場!

★ ビビは、タイタニックのようなポーズをしている。海に出れるのが、凄く嬉しいのが伝わってくる。
(←ビビ、王女のような気品もありながら、お転婆で面白い子ですよね。大好きです。懐かしい。アラバスタ編、最高だった。)

★ 世界会議には、コブラ王も行く。コブラ王は、ニコ・ロビンに会ったあの日からずっと、世界に問うてみたい事があったとの事。それは、ポーネグリフ” の事と、その昔、ネフェルタリ家の王は“世界に何を” したのかという事。(←核心に迫りますな、コブラ王!!それは、読者のほとんどが、かなり気になっている事でしょう!)

★ 見張り台から飛び降りてくるビビ、華麗な着地を決める。

★ 父の体調を気遣うビビ。コブラは、ビビに早く婿をとれという。お見合い写真は山のようにきているとの事。笑いながら、全部、捨てといてというビビ。
(←ビビって、二年前が16歳でしたっけ?だとしたら、今は18歳かな?結婚するには、まだまだ早いと思うけど、王族としては、そろそろ身をかためなくてはいけない年齢かな。ビビは結婚に興味なさそうですけどね。てか、ビビは、幼馴染のイケメンの、コーザと結婚すればいいじゃん。美男美女で、お似合いだよ!お互い、国を想っているし!)

★ 場面変わって、東の海、ローグタウンの近くを豪華な船が横切る。その船の中には、なんと、サボの性悪な義弟、ステリーとその妃!!!ステリー君は、ゴア王国の王様になってたー!!顔は見えないけど、後姿はスラっとしています。王妃は、サリー・ナントカネットっていう名前で顔は見えます。まあまあの美人です。(←サボの両親は、まさに自慢の良い養子をとりましたね笑・・・本当に王族と結婚して王様になるとか!そういえば、伏線もあったよね。ステリーは、実は嫌いじゃないです。ああいう性格悪いキャラは好きですね。口だけの偽善者とか、出しゃばるくせに役に立たない味方側のキャラより、ステリーのようなキャラのが何倍も好きだし、みていて、すがすがしいし、面白い。サリー・ナントカネット王妃は、まあまあの美人だと思います。気品あってゴージャスです。けど名前がてきとうすぎる・・・どうみても、マリー・アントワネットとその夫のルイなんとか世を、モデルにしていますよね。史実のマリー・アントワネットの物語、いくつか読んだり、映画で観たりした事がありますが、彼女も可哀想な女性という印象がありました。私は、民衆より、彼女に感情移入をしてしまいましたね・・・だから、処刑は酷すぎると思った。史実では、その子供達まで酷い目にあったし。史実の、アントワネットと、その夫は、性悪という感じはありませんでした。世間知らずな面はあったけど、根っからの悪人では、ありませんでした。なので、モデルにするのも、どうかと思うけど。ナントカネットは、まだ詳しくわからないけど、処刑とかは嫌だな・・・いくら性悪でもなー。処刑は可哀想だと思う。ステリーは相変わらずのクズっぷりで人を見下していますけどね。それでも、処刑の運命はたどってほしくないです。そういえば、ステリーの実の親は、貴族だったけど、わけあって子育てを放棄して、サボの両親が引き取ったんですよね。その、子育てを放棄したわけとかは、明らかにされるのかな??ペローナも幼少期、いいところのお嬢様っぽかったけど、何故、海賊のモリアといたのかも気になる。貴族や金持ちでも、色々、キャラによって事情ありそうですね。とりあえず、今回のステリーの再登場、予想外です。面白くなってきたぞ!!)

★ 他に、西の海、花ノ国、南の海、 悪ブラックドラム王国、グランドライン、サクラ王国、ドレスローザ、プロデンス王国、リュウグウ王国などの懐かしい面々も世界会議に向けて動きだしています!!(←新キャラも沢山出てきたけど、懐かしいキャラも多くて嬉しい!!!)

★ チョッパーの故郷であるサクラ王国からは、国王の他にも、くれはが、船医として同乗するそうです!(←コブラ王の病気、治してあげてください!治してあげるフラグだと勝手に思っている。)

★  悪ブラックドラム王国からは、ワポルが・・・(←こいつ、まだ懲りてないですよ。改心してほしかったんだけどな。)

★ ドレスローザからは、リク王、ヴィオラの他に、次女としてレベッカも同乗するらしいです。(← レベッカは国の事より、完全に旅行気分ですね。王女の品格もなかった、あの恋愛脳の母親の娘ですからね。また、ドレスローザの時のように、出しゃばって、足を引っ張らないでほしいけど。このキャラ達は、別に懐かしくはないですね。長々しく出っ張ってましたからね。でもヴィオラさん、やっぱり綺麗だ。可愛いマンシェリー姫もいたけど、着いて行かないのかな?個人的に、レベッカより、マンシェリーについていってほしかったな。キュロスもついていくのかな?彼は良い護衛になりそうです、強いし。)

★ しらほし姫は、相変わらず泣き虫で弱虫。外に出るのが怖いらしい。けど、どうやら、今回は兄に励まされ、一緒に世界会議に行く事に!?(←でかくて、強い力をもっているのに、泣き虫で弱虫。相変わらずなお姫様ですが、ガンバレって応援してあげたくなります。真剣に国を想ってた、あの母の意志を継いでいるはずですからね、しらほし姫は!)

★ 一方、場面はルフィサイドに変わる。ホールケーキに向かう途中。

★ 前回の予想とおり、やはりキャロットが紛れ込んでいた。どうしても行きたいらしい。戦力はある方らしい!
(←あざといウザキャラですね。性格的に私の好きなタイプではないけど。中々戦力になるようなので、今後に注目!?)

★ そして、サンジのいない今、誰が料理を作るかで、ナミが作るというが、一人5千万ベリーらしい。(←金とるんかい!5千万ベリーというと、フレンチのコース料理ですか?作ったら、どんな豪華な料理が出てくるんでしょうかね。ナミはサンジの食事や、ルフィ達が狩ってきた魚や肉を、無償で食べてた癖に、自分が料理作る時は、金とるんですね!!吃驚するぐらい、性格悪いけど、そんなナミも、面白いので好きですけどね。いや、こういう性格、結構好きかも笑・・・世の中、金じゃ、金!)

★ 金を払いたくないので、ナミに作らせない一味。ルフィが、俺が作る!とか言い出す!!(←・・・)

★ 最後のページ、新聞を読み上げるペドロ。新聞には・・・“数十年謎だった土地が” “ついに発覚”、“革命軍”の総本部!! “バルティゴ”すでに壊滅状態!!

以上です。えー!!!おそらく、今週号で一番の驚きは最後のページでしょう。革命軍”の総本部!! “バルティゴ”すでに壊滅状態って、どういう状態。コアラやサボは無事なの?やはり、黒ひげの仕業?
革命軍収集するって、前にドラゴンが行ってたけど、どうなったのかな?
本部は、すでに移動していると考えていいのかな?今後の展開に目が離せませんね。
ここ数週間で、本当にいろいろな懐かしいキャラが出てきました。
一向に出てこないモリアですが、彼の事も気になります。
そういえば、新キャラで顔は見えないけど、ぐるぐる髭&時計髭の王様がいました。サンジの親戚かなと思ってしまいましたが真相は・・・?ちなみに、次回のジャンプは、4月25日に、発売予定だったのが、熊本地震の影響で、5月2日に延期との事です。熊本、九州の皆さま、頑張ってください。がんばれ!!


週刊少年ジャンプ20号(HUNTER×HUNTER〜ハンター×ハンター 350話:『王子』)





ついに、HUNTERxHUNTERが連載再開しました!!
これから毎週、HUNTERxHUNTERの感想も、ゆる〜く簡単に書いていきます。
早速ですが、350話の内容と感想です。




HUNTERxHUNTER 〜 ハンターxハンター 350話
タイトル: 王子


★ カラー扉絵はクラピカ、背後にカキンの壺。『蠢く強欲、壺は孕み−−─』

★ 6人の王子が警護を求めて、プロハンターを優先して募集している。誰が、どの王子に当たるかはわからない。クラピカは、そこで、知り合いのハンター達を雇った。

★ クラピカが雇った五名は、師匠のイナズビ、ビスケ、バショウ、センリツ、ハンゾー。

★ 標的は、第四王子だが、今回、募集をしてきた6名の中に、第四王子はいないだろうと悟ってはいる。それでも、クラピカが、望むのは”第4王子を出来るだけ近くで見るための有益な情報”。それ以外の判断は、個々に任せるというクラピカ。

★ 標的の、第四王子に近づける手がかりを持っている者を引き当てようとするクラピカ。そして、6つの依頼内容からみて、第九王子のハルケンブルクを引き当てればと思考を巡らせていく。

★ クラピカ: 「(ー依頼主は後から正妻に加わった者達の子供..)」

★ クラピカ: 「(いや..そうとは限らない…)」

★ クラピカ: 「(ーもっと複雑な立場におかれている者もいるし それ以上に我々の知る由もない事情があって当然)」

★ クラピカ: 「(6件とも殆ど変わらない依頼内容と条件ではあるが 僅かな違いからでも本命へ近づける可能性があるならばただの6択と思考を停止するわけにはいかない..!)」

★ クラピカ: 「(一番早く依頼をした者、逆に一番後で依頼をした者、報酬が最も高い者、逆に報酬の釣り上げ合戦には最初から加わっていない者、早々に離脱した者採用条件にいくつも注釈がある者、全く無い者 審査の行程を明記しておく者、完全に秘密にする者..面接の有無etc..)」

★ クラピカ: 「(この中で最も標的に近づけるのは…)」

★ クラピカ: 「(ーおそらく このどちらか..!!)」

★ クラピカ: 「(ー王子が直々に面接をするという項目が成熟と自信を表している それが2名いる..)」

★ クラピカ: 「(一人は競合の結果最高報酬を提示し もう一人は報酬額を変えていない)」

★ クラピカ: 「(@釣り上げに勝利して最高報酬を設定した者は 負けん気が強く力を誇示するタイプ)」

★ クラピカ: 「(A最初から報酬額を変えなかった者は自尊心・自制心が強く 相手にもそれを求めるタイプだと予想される..)」

★ クラピカ: 「(ーこのプロファイルに最も当てはまるハルケンブルグ王子..!!)」

★ クラピカ: 「(このどちらかがハルケンブルグ王子だとオレは確信する!!ー)」

★ ハルケンブルグ王子という人物は、15才で飛び級により世界最高峰のミワル大学に入学し物理学を勉強しながらも、アーチェリーの世界大会で銀メダルを獲得するという、文武両道で、王子の中でも抜きん出たスペックを誇っている。しかし 生来、母親とも二人の姉とも折り合いが悪く不遇だった と本人が公言している。その他、歯に衣着せぬ王宮批判については国王も持て余し気味らしい。小学校の途中から全寮制の学校へ編入したことも ”流刑または暗さつからの避難”との噂もあるのだという。

★ そんなハルケンブルグ王子が”王子の中で唯一認めるのはツェリードニヒだけ”と自身のフェイスボックスに記したことがあるらしい。強い不満と疎外感の中でただ一人共感できる相手ならば..離れていた間も連絡を取り合い船の中で再会する可能性は高い。

★ このように、クラピカは事前に、王子について、沢山の情報をあつめていた。なので、第九王子のハルケンブルグと、第四王子のツェリードニヒは、繋がりがあるとみて、今回、第四王子ツェリードニヒが、無理でも、せめて、第九王子のハルケンブルグの警護を引き当てようと思考を巡らせていたのだ。

★ もう一人については第6王子タイソンか第10王子カチョウではないかとクラピカが予想をしている。自らが面接に乗り出す理由としては少々弱くもあるが両者とも護衛はルックスで選ぶ事が知られており、SNSでの発言を見る限りでもプライドも高いらしい。しかし どちらにしても、第四王子ツェリードニヒとのつながりは薄そうなので、やはり、第九王子のハルケンブルグを引き当てなければと思うクラピカ。

★ イズナビ: 「クラピカ、「他のみんなは送信したぞ。あとはお前とお前が選ばなかった方に行く俺だけだ」

★ クラピカ: 「(ー最初の感覚に従おう.. おそらくハルケンブルグは自分にも他人にも厳しい性格..)」

★ クラピカ: 「(故に、こちらの方だ!ー)」

★ その後、見事、王子達の警護に採用されたクラピカと他5名。

★ しかし、クラピカの予想ははずれ、クラピカが護衛するのは、第14王子 ワブル王子。母は、オイト。王子ではあるが、実際は女児である。

★ オイトは、やってくる者が、ハルケンブルグを期待してやってくる事をあえて予想して、事前に、そのように仕向けたのだ。オイトは自分たちが望む人材とは、あの要項をみて依頼主がハルケンブルグ王子だと予想しやってきた者。少ない手がかりからでも目的にたどりつける者だと言う。

★ オイトが言うには、あの依頼項目にはルールがあり どの王子かが特定出来るような書き込みは許されていないとの事。変更が許されるのは報酬額のみで、他の項目は決まったフォーマットから選ぶだけ。理由は王子が特定できてしまうと暗さつを企むものが潜入しやすい点…そして人気が高い王子に人が集まってしまうから。その両方に当てはまるのがハルケンブルグ王子。彼はそれをわかっていておそらく 元々依頼を出していないとの事。それを聞いて、そうだったのか、と納得するクラピカ。

★ オイトがいうには、ハルケンブルグ王子は自分にも他人にも非常に厳しい人であるため、もし彼を知りうる者が彼を装うならば報酬額をゼロにするのが正解だと思うでしょう、と言う。そして 彼のもとには王族政治を根本から変えよう、というその思想と姿勢から内外からの支援者が集まってきており、その勢力は徐々に増し、しかしそれ故に暗さつ噂も常に絶えることがなく 支援者の中にも彼を利用してカタチを変えただけの独裁国家をつくろうと画策する者達がいるらしい。

★ オイトは語る・・・ハルケンブルグ王子の支援調査団体を通さず近寄ろうとする者の殆どは暗さつ者か偽支援者だろうと。しかし、オイト達にとってはその方がギブ&テイクが成り立つから、好都合との事。彼の命を狙う者は、オイト達を守っている間そのチャンスを維持できるし、彼を操ろうと企む者は彼の弱みを握る事ができるから。

★ 意味がわからないが?と聞くクラピカ。報酬が目的でもプロは職務を全うするし邪な動機で近づく輩よりも頼りになるはず。普通に集まってきた志望者ではどうしてだめなのかと言う。

★ オイトが答える。護衛のプロはいかに要人を守るかに特化してはいるが、積極的に誰かを〇す訓練はうけていないはずだと。

★ 察するクラピカ。それは、危険因子排除の件かと聞くクラピカ。はい、と答えるオイト。

★ オイト: 「今回の渡航は王子が残り一人になるまでの 〇し合いの旅です。」

★ クラピカ: 「!!」

★ オイトが言うには、ある程度の権力も財力も有する上位の王子は私設の軍隊を持ち用意も周到でむしろ継承戦を歓迎している との事。しかし、自分はそうではないし、抜けられるものならばそうしたい。しかし、それが許されない環境に身をおいている。なぜなら、ホイコーロ国王は妻と子どもたちにも 王の一族に相応しい振る舞いを強く求めているから。”王の子”を育てるのが妻の役目。”やがて王になることを信じて疑わない”それが”王の子”であると。王になれる機会が来て当然と考えそのチャンス自分がものにして当然と考えるのが王の子。その機会を自ら放棄するなどあってはならない。”それはもう”王の子”ではない”と国王に教えこまれているから。

★ 敗走者の末路は想像に難くないでしょう?とクラピカに言うオイト。つまり、オイトも赤ちゃん王子も、その戦いから逃げられないのだ。そして、最も立場の弱い自分たちの切り札こそがハルケンブルグ王子なのであり、それは次期王となり、その経緯に今回の継承戦の事が公になった場合、最もダメージを受けるのが彼だからだという。彼を脅す十分な爆弾の証言者として自分達の安全を買うしか手がないのだと言う。

★ オイトが最後にクラピカに言う。

★ オイト: 「あなたがどの立場で来られたのかは問いませんが、依頼を引き受けていただけるならば私達が無事に船を脱出できた場合 10倍の報酬をお支払いします。ここでの話を内密にしていただけるならばこのまま帰られても提示した報酬額はお支払いします。無理強いできる立場ではないので…」

★ クラピカ: 「…わたしは あなたが今おっしゃったいずれの立場でもありません。ただ もしもこちらの条件を飲んでいただけるならば、全力でお二人をお護りすることを約束いたします。」

★ 驚くような表情のオイト。その後、おそらく、クラピカは自身の目的を少し話して、契約はまとまったらしい。

★ オイト: 「ーわかりました やってみます。〇し合いと言っても他の乗船客もいるし おおっぴらにやるわけではありません。表向は平常を取り繕い 他のVIPとの晩餐会やパーティーも催されるはずです。すれ違うくらいのチャンスは作れると思います。ただご存知かもしれませんが、表面上平等な分、裏では厳格な差が上位と下位との妻との間には存在します。王子同士も同様でそれを破ることは大変困難です。

★ クラピカ: 「承知しています。安全のためにも決して無理はしないで下さい」

★ そして、オイトは自分の生い立ちを少し語る。貧しい家の出身で、国王に見初められた時には 強く正妻にこだわったと。当時..夢想し求めたものは、富と名声にまみれた浅ましく贅沢な生活だったと。しかし、 ワブルが生まれ今回の運命を知り、心底…後悔し ようやく 何が大切か気づいたという。

★ 娘を抱いていただけますかと、クラピカにいうオイト。涙が頬をつたうその表情でオイトとは ワブルをクラピカへと渡す。

★ 赤ん坊を抱くクラピカ。

★ 一方、クラピカの雇ったハンター達も、それぞれ雇い主が決定。

★ イナズビ(師匠) 第6王子(タイタン)

★ ビスケ 第13王子(マラヤーム)

★ バショウ 第7王子(ルズールス)

★ センリツ第10王子(カチョウ)

★ ハンゾー第12王子(モモゼ)


以上です。
1話だけでも、文字が多く、濃い内容。これぞ、HUNTERxHUNTER!
まさか、ここで、イナズビ、ビスケ、バショウ、センリツ、ハンゾーが出てくるとは!!
ハンターxハンター再開も嬉しいけど、クラピカファンはもっと嬉しいでしょうね。活躍しそうじゃん!!
私は、別にクラピカファンというわけでもなく、大好きなキャラも特にいなく、誰のファンでもなく、純粋に、HUNTERxHUNTERという漫画が大好きなだけですけどね。
しかし、オイトも、物凄く、したたかな女だね。
でも、長々と正直に、クラピカに全てを話しているあたり、常識人な方なのかな。
他の王子達やその母親の間でも複雑な人間関係があるんだろうね。
そして、やはり、今回の渡航は王子が残り一人になるまでの 〇し合いの旅になるのか・・・
あと、キルアの兄弟でも思ったけど、富樫先生は、女がいても、弟という表現を使うし、今回も、女児がいても、王女ではなく、王子という表現を使うんですね。
これは、漫画家の中でも独特ですよね。男女差別をしないポリシーでもあるのでしょうか。確かに、漫画の舞台が舞台だしね。ビスケをみていればわかるけど、男も女も関係ないですよね。(ワンピースでも、女が海賊や海軍やっている時点で、そうあってほしかったんだけどな。でもあっちは、女性キャラの多くは、守られてばっかりの出しゃばり役立たずか、口だけ女か、お色気要因かだしな。もちろん、全員そうとは限らないし、メインキャラのナミやロビンは、役に立つし戦える方だけど、海賊なのに、仲間にも女だからって甘い扱いされているのが・・・やっぱり、HUNTERxHUNTERとは違いますね。)ちなみに、私が、王子の中で一番可憐で可愛いなと思ったのはモモゼ。彼女にも注目したいです。
ちなみに、なんとなく予想ですが、第九王子のハルケンブルグと、第四王子のツェリードニヒは、男同士だけど、あっちの関係もあると思う。第四王子のツェリードニヒは、愚かな人間を嫌う。彼がモブ女達を、残虐な方法で〇してた描写はあったし、天才とキ〇ガイは紙一重という表現が似合う危ない人物。そんな頭のいい第四王子のツェリードニヒと、満足に会話ができるのは、同じく文武両道の第九王子ハルケンブルグなのではないのかと。こういう漫画だし、男も女も関係ないし、もしかして、そういう関係もあるのかなと予想。それにしても、HUNTERxHUNTERは先の展開が私には予測不可能。次の展開も楽しみですね。ちなみに、次回のジャンプは、4月25日に、発売予定だったのが、熊本地震の影響で、5月2日に延期との事です。



2016年04月17日

2016年春:新宿御苑の桜〜B




2016年4月5日に、新宿御苑に、お花見にいきました。
新宿にこんな自然豊かな美しい場所があるなんて、素敵ですよね。
その日は曇りでしたが、桜が満開で、とても感動しました。
都内のオアシスってこういう事をいうんだろうな。

桜は一番ではないですが、好きな花です。
ちなみに一番好きなのはゴシック建築のヨーロッパの古城に似合う血のような深紅色の薔薇。
お花は全体的に好きですが、桜は、やっぱり和の雰囲気がしますね。
これで、日本のお城とかあったら、さらに素敵でしょう。

ちなみに、薄ピンクは大好きな色です。
最近、ピンクときいて、思い浮かぶのは、桜と、ワンピースのペローナちゃん。(←ワンピースという人気漫画に出てくる脇役ですが、とても可愛らしい少女で、華やかなピンク髪のロングヘアが印象的です。)
満開の桜をみると、可愛いペローナちゃんが思い浮かびます。

さて、写真をたくさん撮りましたので、ご覧ください。
では、早速、写真集:第3段いきまーす!


満開満開!華やかに咲き乱れる美しき桜・・・

1.JPG
2.JPG
4.JPG
3.JPG

人は沢山いました。けど混みこみじゃなく、気持ちよく鑑賞する事ができました。しかし、本当に満開で綺麗でした。そういえば、私は、女友達と二人で行ったのですが、素敵な老夫婦に出会いました。写真の取り合いっこをしました。少しだけですが、お話をしました。本当に素敵な綺麗な夫人と、若い頃はハンサムだったであろう旦那様。年とっても、こんな素敵なカップルになりたいと思いました。満開の桜に、自然の香りに、素敵な老夫婦。良い1日でした。

5.JPG
6.JPG
8.JPG

都会のオアシス・・・

7.JPG
9.JPG

以上で、新宿御苑の探索はおわりです。
出ると、すぐに都会の景色・・・
ちなみに下の写真は、新宿駅の近くにある専門学校です。
こんな未来都市の建物のような校舎、ちょっと憧れですね。


10.JPG


こちらも、あわせて、ご覧ください。
素敵な写真が沢山あります。

2016年春:新宿御苑の桜〜@
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/346/0

2016年春:新宿御苑の桜〜A
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/347/0



2016年春:新宿御苑の桜〜A





2016年4月5日に、新宿御苑に、お花見にいきました。
桜が満開で、とても感動しました。
まさに都内のオアシス。
こんな素敵な場所が新宿のど真ん中にあるなんて、不思議な感覚ですね。
写真をたくさん撮りましたので、ご覧ください。
では、早速、写真集:第2段いきまーす!


水面に映る美しき桜・・・

A.JPG
B.JPG

和の雰囲気が出ていますね。

D.JPG
C.JPG

幻想的・・・月夜だったら、別の美しさもあったかも・・・

E.JPG F.JPG

私は桜の種類に全く詳しくないけど、様々な種類の桜があったようです。外国人の観光客もいて夢中で鑑賞していました。

H.JPG
G.JPG

緑と桃色のコントラストも素敵(←ワンピースという漫画のゾロとペローナも緑とピンクでお似合いです・・・w)自然の香りがしました・・・

I.JPG

アスファルトも桜色に変化・・・

J.JPG

こちらも、あわせて、ご覧ください。
素敵な写真が沢山あります。

2016年春:新宿御苑の桜〜@
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/346/0

2016年春:新宿御苑の桜〜B
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/348/0

2016年春:新宿御苑の桜〜@

2016年4月5日に、新宿御苑に、お花見にいきました。
桜が満開でした〜!!
こんなに綺麗な桜を観たのは何年ぶりだろう!?
感動ですね!!
天気は曇りでしたけど、綺麗な桜が鑑賞できて満足です。
平日の朝だった為、人もいたけど、混雑というほどでもなかったので良かったです。
写真をたくさん撮りましたので、ご覧ください。


桜をズームアップ!
可愛らしいですね。


11.JPG 12.JPG

桜を見上げる・・・

14.JPG
13.JPG

満開満開!!

15.JPG 20.JPG

他にも咲きかけの桜や色んな写真を撮りました。

16.JPG 19.JPG
18.JPG
17.JPG

こちらも、あわせて、ご覧ください。
素敵な写真が沢山あります。

2016年春:新宿御苑の桜〜A
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/347/0

2016年春:新宿御苑の桜〜B
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/348/0
お台場の人気アトラクション 等身大フィギュア館

はとバスツアー体験B−A『青の絨毯ネモフィラとあしかがフラワーパーク(日帰り)』




http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/302/0
の続きです。

コース名:
『青の絨毯ネモフィラとあしかがフラワーパーク(日帰り)』


コースの内容:
・上野駅浅草口
・国営ひたち海浜公園(散策)
・益子焼つかもと(昼食:旬彩和膳、ショッピング)
・大麦工房ロア
・あしかがフラワーパーク(入園)
・上野駅(19:30着予定)

今回のベストスポットは・・・あしかがフラワーパーク。
最高でした。人も少なくて、まるで貸しきり状態。天国があったらこんな場所なのかなーって思うほど綺麗でした。
今までの人生で、見た中で、一番綺麗な薔薇園でした。
ここは、藤が有名らしいですけど、シーズンオフでした。
しかし、藤もきっと素敵なんだろうけど(観てない)、薔薇も素晴らしかったですね、本当に。
前回の記事で、載せるのを忘れてしまった写真を載せます。


j2.jpg j3.jpg
j1.jpg j5.jpg
j.jpg j4.jpg

2016年04月12日

週間少年ジャンプ19号(ONE PIECE〜ワンピース 822話:『下象』)

コミック派はネタバレ注意!!

今週もワンピース感想が少々遅れてしまいましたが、しっかりと読みました!
最近は毎週面白いですよね。
今週はちょっとした嬉しいサプライズがありましたね!
822話の感想をこれから書きます!
その前に前回の復習を!

★ 前回のジャンプ感想、821話

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/339/0

★ ゾウについて、残っている謎などを、まとめた記事はこちらを参照に。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/223/0

★ ワンピース歌舞伎感想はこちら。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/176/0

★ ペローナ好き必見★フィギュア情報はこちら。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/332/0

★ ワンピースタワーの新情報はこちら。(ワンピースタワーにペローナが!?)

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/334/0

世界で人気のアトラクションがお台場に上陸

人気セレブの等身大フィギュアが60体以上展示。

お得な前売り券発売中!



では、早速、822話の内容と感想を書きます。
↓↓
↓↓
↓↓

ONE PIECE 〜 ワンピース 822話
タイトル: 下象


扉絵:短期集中連載14〜世界の甲板から 〜5億の男編 『シャボンデイ諸島、荒ぶるマネージャ達』
おお!予想とおりブルック関係者きたあああ!!って、こいつらかい!
この胡散臭い金儲け大好きなブルックの元マネージャー達が、ブルックの手配書をみて、荒れている様子です。シャボンデイ諸島のキャバクラにいるのでしょうか。しかし、嫌な奴らですね。一味の二年間って、ブルック以外、一味を心から想っている恩人ばかりですよね。ブルック関係者だけ酷すぎw
それはそうと、法則がやっぱりあるみたいなので、扉絵で次はナミかな??とりあえず、次はナミと予想します。
ゾロはまだ先でしょうね。
さて本編は以下。

・ チョッパーは象主の治療にあたっていた。ミンク族の医者であるミヤギは、チョッパーの医学と薬学に感心している。褒められて照れるチョッパー。

・ 医者のミヤギは、象主の偉大さに改めて気づかされたという。

・ ミヤギ: 「 “象主(ズニーシャ)” は千年続く我らの大地!!生まれた日からずっとある安心の中で忘れてしまっていたかもしれない。今日改めて気づかされました・我々はいつでも…この偉大な “命” の上に生かされているのだという事を…それはいつか終わりが来るもので、意志があるのなら…今、こう聞いてみたい…!!」

・ チョッパー: 「?」

・ ミヤギ: 「 “千年もの時間をかけて” … “一体どこへ” ”向かっているのか” と…!!」
(←私も読者として、そこは凄く気になります。象主の罪とはいったい。元々、象だったのか、もしくは、人間だったのか。ただ歩いているだけなのか、目的地があって歩いているのか?)

・ 場面はクラウ都・・・ゾウに残ると言い出すモモの助。モモの助は、かなうのなら、もう一度、千年も生きた象主と話がしてみたいという。なぜ、自分の声が届いたとか、光月家の事を何か知っているのではないのかとか、色々話を聞いてみたいらしい。

・ 錦えもんは、ワノ国でも待つ者達がいるという。

・ そこへイヌアラシが、モモの助に賛成する。イヌアラシがいうには、このゾウをカイドウの脅威から守らねばいけないという。それに一気に、ワノ国にはなだれこめない。まず、しばらくは、ここに残って、後で、モモの助も連れて、ワノ国に行くという。

・ 錦えもんがそれを聞いて一安心。

・ とりあえず、一旦四手に分かれる事になる。

・ ワノ国先行組には、錦えもん、ロー、ゾロ。
(←ロビン、フランキー、ウソップもここかな。)

・ マルコ探索には、ネコマムシ。

・ ゾウ居残り組には、イヌアラシ、モモの助・

・ ホールケーキアイランド組には、ルフィ、ナミ、チョッパー、ブルック、ペコムズ、ペドロ。

・ 場面は、くじらの森に変わる・・・ルフィが、ペコムズの家が潰れているのに気づいて吃驚、ペコムズを心配して、助け出そうとするが、ペコムズは、カメカメの実なので、亀の甲羅のおかげで無事だった。
(←ここらへんの、ルフィとペコムズの会話が面白いので以下台詞。)

・ ルフィ: 「亀!?」

・ ペコムズ: 「…まったくゆっくり安静にもできやしねェっ!!ガオ!!」

・ ルフィ: 「お前、カメマムシだったのか!!」

・ ペコムズ: 「なるほどとうとうペコムズのペの字もなくなったな!!ガオ!!おれはカメカメの実の能力者だ!!そして甲羅は “ダイヤモンド” の硬度を誇るっ!!」

・ ルフィ: 「チョッパーがお前のこと責任持って治療するって!!」

・ ペコムズ: 「なるほど!!ダイヤモンドに対するレスポンスはなしか!!…ガオ!!あァ、治療はありがてェ…恩が重なっちまうな!」

・ そんなペコムズを、急に、背負って走り出すルフィ!!!

・ ルフィ: 「だから行こう!!ビッグ・マムの所へ!!」

・ ペコムズ: 「待て貴様ァー!!おれは今まだ瀕◯の重体!!何てこった信じられねェ!!最悪の恩人だァ!!」
(←ペコムズは完全にルフィに振り回される運命にあるとみた!結構、好きなキャラですね。)

・ 場面はガーディアンズ居住区。ペドロが、ネコマムシの旦那に、サンジを救うために、ルフィ達と一緒に行きたいと言い出す。サンジは、ゾウの恩人。そしてゾウで攫われた。ペコムズをのぞいて、ミンク族が誰一人加勢しないのは、仁義を欠くと言う。(←仁義とか、そういうの好きだよね、作者。)

・ そこへ、シシりアンも登場して、イヌアラシ三銃士も一緒に行きたいと言い出す。

・ そして、他のミンク族も、私も!俺も!とか、行きたい行きたいと言い出す。

・ ネコマムシは、皆の心はわかったと言う。けど、ここはペドロに任せるべきだと。なぜなら、ペコムズもいるし、ペコムズを抑えられるのはペドロしかいないからと。
(←ペコムズは暴走癖でもあるのかな。ペドロとペコムズ、義兄弟みたいな感じなのかね?幼い頃から親しかったようだけど。)

・ 一方、ナミは、ウソップから新しい武器を作ってもらってはりきっている!(←ナミらしいけど、材料費を踏み倒しているあたり、最悪・・・笑)

・ ゾウの正門。これから出発しようとする、ルフィ率いるホールケーキアイランド組。ペコムズは、ルフィに背負われている。まだ苦しそう。以下台詞。

・ ルフィ: 「結局6人か!!よろしくな “ペロペロ” !!」
(←ルフィ、ナミ、チョッパー、ブルック、ペコムズ、ペドロで6人か。そういえば、兎ミンクのキャロットがいないけど、絶対荷物とかに紛れ込んでそうだよね。個人的に、キャロットとか役に立つのかは不明で、邪魔だとは思うけど・・・でもキャロットとか絶対紛れ込んでそうな悪寒。)

・ ペドロ: 「ペドロだ、邪魔はしない」(←紛れ込んでいるらしいキャロットは邪魔しそうな予感がするけどね。)

・ ワンダ: 「ナミ!!気をつけるのだぞ!!」

・ ナミ: 「ありがとう!ワンダもね!!」

・ ペコムズ: 「な…なぜペドロの兄貴が…!!ガオ」

・ ペドロ: 「昔からゆガラをよく知る者としてついてゆく!!」

・ ペコムズ: 「どういう意味だガオ!!」

・ ゾロ: 「いいか…あいつの事だ、鼻の下のばして結婚を喜んでる可能性もあるぞ」
(←ゾロはサンジの件が女絡みと聞いて、どうせろくな事にならないって予感があるのかも。ゾロはいつも、サンジの女好きをバカにしていたからな。そういうゾロは一見、女には興味ないようだけど、ゾロもゾロでペローナと二年間一緒にいて、弱みもあるんじゃないの〜って思うけど、どうなんだろう。)

・ ウソップ: 「バカ言えって否定できねェ!!」(←ウソップやゾロがあまりサンジを心配しているような雰囲気がないのは、どうせ女絡みだし、女好きのサンジだから〜って先入観があるんだろうね。サンジの強さは信頼しているけど、女が絡んできたら信用できないと思っているのかも。私もサンジに女が絡んできたら、さすがに、一味を売るとまでは思わないけど、なんか色々と信用できない部分ある・・・笑w 女の嘘は許すのが男だとか意味不明な理論をもっているし、女の怖さを陰湿さや多面性をしらないんだろうなーって、女の私は思いますw )

・ ルフィ: 「ま!なる様になるよ!!」

・ 錦えもん: 「ではルフィ殿!!ワノ国にてお待ちしておる!!」

・ フランキー: 「対カイドウ用の兵器作っとくぜ」

・ ゾロ: 「おれがワノ国の侍達をまとめ上げといてやる!!」
(←は?何いってんの、このお兄さん。相変わらずの自信過剰っぷりですね。好きだけど!)

・ カン十郎: 「…ではそれがしが下象の手伝いを」

・ ルフィ: 「いいよカン十郎!!」

・ そう言って伸ばした腕でナミ達の周りを囲み、飛び降りたルフィ!!!!

・ ルフィ: 「じゃ!!サンジの事は任しとけ!!」

・ みんな、えええええ〜!!!って、驚く!!!ナミ達はもちろん涙目。ブルックは魂抜けている。ペコムズにいたっては、言葉も出ないだろう。ペドロも、驚いて、???状態。

・ ルフィ: 「ワノ国で会おう!!」

・ ゾロ: 「おう!!」

・ ウソップ: 「くれぐれもビッグ・マムには見つかるな!!相手は海の “皇帝” だ!!」

・ ルフィ: 「ああ!!行って来るー!!」

・ ―― かくしてルフィのサンジ奪還チームは、喧嘩を売った四皇ビッグマムの待つ、ホールケーキアイランドを目指す ――

・ 場面変わって、場面はグランドライン… “砂の王国” アラバスタ。
(←懐かしいのがきた!今週号、一番のサプライズ!)

・ 船に乗り込んでいるビビ。(←超久しぶりなのか、気合入ってて、昔より美人に描かれていますね。昔も可愛かったけど!ビビの登場に大喜びにファンも多いでしょう!根強い人気がありますからね。私も好きなキャラが沢山いますが、女キャラの好きなキャラで、ビビは、トップ5に入ります。ちなみに、私の、トップ5は、ペローナ、ハンコック、ビビ、ナミ、ロビン。公式人気のトップ5と同じです。)

・ ビビ: 「お父様急いで!!」

・ コブラ: 「待てビビ…!!やけに上機嫌だな…」
(←コブラの姿はみえないけど、コブラも一緒に行くんですね。病気と聞いてたけど、回復したのかな?病死してほしくないキャラです。王様の中でも、コブラはけっこう大好きな王様なので。ビビのパパだしね!)

・ ビビ: 「うふふ だって海へ出るなんて久しぶりだもの!!」(←この台詞、いいね〜!)

・ カルー: 「クエ〜!!」

・ 他にチャカもいます。顔はみえないけど、もしかして、ペルもいる!?
(←ペルは実際生きてたので、ビビの側に戻ってたら最高に嬉しい。)


以上です。ビビが動く!世界が動く!っていう煽り文で締めた今週号。
まさか、ビビがここでくるとは。最近本当に毎週面白いですね。
ゾウもダラダラと長くやらなかったし、こういうテンポで、どんどん話が進んでくれたら嬉しいな。
という事で、今週の、BEST 輝きキャラは・・・『ビビ』!!
ビビは今後も毎週出てくるとは思わないけど、次週は、もしかして、世界情勢編なのかもしれないね!
ルフィ一行が、ゾウを出発したので、ゾウ編はひとまず、ここで終了かな?ゾロ達はまだゾウにいるけど。
次週の展開がすごくきになりますね。
モリアとかも絡んでくるかも。
そういえば、ウイーブルはどうなったのかな?多方面で物語が動きそうですね。
次週は、ハンターハンターも再会します。ハンター感想は、ほとんどは相方に任せる予定ですが、連載再開は私もとても楽しみにしています。

2016年04月07日

週間少年ジャンプ18号(ONE PIECE〜ワンピース 821話:『“承知した”』)




コミック派はネタバレ注意!!

休載明けのワンピース!
821話の感想をこれから書きます!
その前に前回の復習を!

★ 前回のジャンプ感想、820話

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/327/0

★ ゾウについて、残っている謎などを、まとめた記事はこちらを参照に。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/223/0

★ ワンピース歌舞伎感想はこちら。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/176/0

★ ペローナ好き必見★フィギュア情報はこちら。

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/332/0

★ ワンピースタワーの新情報はこちら。(ワンピースタワーにペローナが!?)

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/334/0

では、早速、821話の内容と感想を書きます。
↓↓
↓↓
↓↓


ONE PIECE 〜 ワンピース 821話
タイトル: “承知した”


扉絵:カラーで、歌舞伎っぽい和風の一味とミンク族数人です!
一味全員そろってない・・・
ぐるわら組しかいません。またバラバラになる予感。一味全員での冒険が好きな私にとっては残念。
でも扉絵はとってもいい感じです。
本編は以下。

・ ジャンクの攻撃によって、ゾウが傷つく。大地震みたいにルフィたちがいる場所も揺れる。

・ 謎の声が聞こえるモモの助とルフィ。その声の主は、象主。

・ テレパシーみたいな感じで、象主のみている映像がモモの助の脳裏に届く。ジャックが襲っている事がわかったモモの助がみんなに伝える。

・ 象主は、命じてくれないと反撃できないらしい。 モモの助の脳裏に響く象主の声。象主がいうには、はるか昔に罪をおかし、歩くことしか許されていない、命令に従い続けている・・・との事。だから、一度だけ戦う許可をくれという象主。

・ モモの助が象主に言う。

・ モモの助: 「負けるなゾウ!!倒れてはならぬ!!ジャックを追い払ってくれー!!」

・ ルフィとモモの助にだけ聞こえる象主の声: 「“承知した”」

・ 象主は、鼻の一撃で5隻の艦を沈める・・・
(←ジャックwwざまあみろ!!時間かからなくてよかった。あっとういうまに倒された!ジャック、かませだったか!!ウザかったからな〜!話を早く進めてほしかったので、象主の一撃で沈んでGOOD JOB!!)

・ あたりが静まる。そして、何事もなかったように、また歩き始める象主。

・ モモの助は、秘めた力を使って象主と会話したせいか、疲れて寝てしまっている。

・ ネコマムシの旦那は、そもそも何故ジャックが、ここへ来れたのかが気がかり。それを突き止めなければ、ゾウは安全ではないと。それに対して気楽なルフィ。ルフィは、もう出発するから、食料を別けてくれという。
(←ルフィは、これからサンジ救出に行くのかな。また、一味バラバラか。)

・ 場面は変わって新世界・・・とある島(←和風な風景なので、ワノ国かな?カイドウのいる場所らしい。)
 
・ 電伝虫が鳴る・・・

・ カイドウ: 「何だ」

・ アプー: 「アッパッパ〜 ジャックとの通信が海で突然途絶えちまったってよ、カイドウさんっ!!」
(←話し方でどのキャラかすぐに、わかっちゃうのが、日本語の良い所。これは、どう訳すんだろうね。日本語が読めてよかったと心底思う。)

以上です。いよいよ次週は、サンジ救出か?いっきに場面展開しそうな予感!?
しかし、ジャック、一撃で倒されてよかった。あまり話を伸ばしてほしくなかったからね。しつこい、し面倒だし、何より、私自身が、あまりジャックという敵に魅力を感じない。実際、鼻で一撃でやられたので、かませ。
ジャック再来の意味は、ジャック自身ではなく、象主、そしてモモの助やルフィの秘める力が、キーでしたね!
そして、今回の新たな謎。象主はある事しか許されない。大昔に犯した罪とは一体!?
最後の、電伝虫だけど、口調からして、スクラッチメン・アプーですね。アプーはカイドウの下についた!?
ルーキーも今度活躍してきそうですね。
さて、毎号、私が個人的に、“”イイね!”って思ったキャラを発表していまして、先週、私が選んだベスト輝きキャラは、『ネコマムシ』でしたが、今週は、『モモの助』です。
モモの助の成長には期待しています!
ちなみに、次号、822話の扉絵は、ブルック編で、ブルックの元マネージャ達がでているようですョ。
あと・・・知りたい人は反転→
ビビが出てくるらしいですよ!!

VIVRE CARD 〜ONE PIECE図鑑〜 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:1,350円
(2018/9/4 05:36時点)
感想(0件)

くる天 人気ブログランキング ブログランキング にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ
プロフィール
Perona★沙月さんの画像
Perona★沙月
はじめまして。ワンピースのペローナが大好きな沙月と申します。 ワンピースでは、ペローナ、ミホーク、ロー、レイジュが特に大好きです。あと麦わらの一味はみんな好きですが、特にフランキー、ウソップが好きです。 ワンピース以外にもハンターxハンターなど色々な漫画を読んでいます!(少年漫画メイン) 欧米のドラマや映画も観ます。特にGAME OF THRONESなどが大好きです。リアル脱出ゲーム・謎解きも趣味です。 このサイトは、自己満足目的の気まぐれなブログです。 多忙の為、更新お休みする時もありますが基本は週に2回〜4回ほど更新予定です。年の30%以上は海外にいますが、時間あれば海外からでも更新します。漫画に関しては、基本的にジャンプ公式発売後に感想を載せてますが、アニメ派とコミック派にはネタバレなので自己責任で!ワンピースの最新情報をできるだけ早くファンに伝えればいいと思っていますが、原作に関しては最近は貯めてからいっきに読んで感想を書く事が多いです。多忙の時は、時々相方にバトンタッチしながら、できるだけ更新を心がけます。 私は、楽しいことが大好きな、いたって普通の平凡なアラサーですが趣味が沢山あります!まず、食べること、読書、旅行、スポーツ、リアル脱出ゲーム、映画やドラマ観賞、漫画、ゴシックファンタジー等が大好きです。スポーツは特に水泳とバスケットボールが好きです。尊敬する人は、エリザベス女王、両親、相方、兄、弟、親友です。 ブログでは、旅先の事、美味しい食べ物の事、リアル脱出ゲーム、漫画の事(ワンピースなど)、本やドラマや映画の事などランダムに書いています。 私は、一応半分だけ日本人の血が入っていますが、生まれも育ちも海外でアメリカ国籍です。日本語も完璧ではないです。ブログ記事の誤字など大目にみてください。日本に住んでいても、外資系企業で働いているため、まわりは帰国子女と非日本人しかいないので、純粋な日本人と深く関わる機会はあまりないです。 このブログは、日本語を上達する為、また同じ趣味を持った人たちと関わるために作りました。 まだまだ日本語の文章力がない素人ですが、大目にみていただけると幸いです。こんな私ですが、同じ趣味の人たち、ぜひ仲良くしてください。ご自由にコメントどうぞ! 英語でのコメントもWELCOMEですよ。

ゾロペロ時計

<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー
最新記事
最新コメント
リンク集
送料無料! HunterxHunter 最新刊!必見!

【在庫あり/即出荷可】【漫画】HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 全巻セット (1-33巻 最新刊)/漫画全巻ドットコム

価格:13,981円
(2016/7/14 05:42時点)

HUNTER×HUNTER(15) [ 冨樫義博 ]

価格:421円
(2016/7/14 05:42時点)

送料無料!ワンピース最新刊!必見!

ONE PIECE 87 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:432円
(2017/11/22 04:30時点)
感想(108件)

送料無料!スラムダンク全巻新品!!必見!

SLAM DUNK(スラムダンク)(完全版) 全24巻セット [ 井上雄彦 ]

価格:24,192円
(2015/12/17 23:20時点)

送料無料!受賞作品!必見!

巌窟王 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 中田譲治 ]

価格:25,154円
(2015/12/17 23:28時点)