2019年06月17日

『Game of Thrones』★GOLDEN TWINS★美しき黄金の双子・Jaime & Cersei Lannister (ジェイミー&サーセイ)の哀しき運命と悲恋 A

ネタバレ注意!
18禁要素あり!
(原作の小説ネタバレも含む)




『Game of Thrones』★GOLDEN TWINS★
美しき黄金の双子・Jaime & Cersei Lannister
ジェイミー&サーセイの哀しき運命と悲恋 A


Jaime and Cersei’s death scene was so powerful that
I could not keep it out from my head even after GOT ended...
I’m not able to concentrate on other drama or movies now...
Thanks to JC...
Sad, yet beautiful...
Toxic, yet pure...
They will always be my favorite twins...


1.jpg

"I loved a maid as fair as summer with sunlight in her hair. "
(Jaime Lannister thinking about Cersei...)



IMG_0625.jpg
IMG_0904.jpg
IMG_0905.jpg

" Jamie & I are more than brother and sister
we shared a womb and came into this world together
we belong together "




前記事:『Game of Thrones』★美しき黄金の双子・Jaime & Cersei Lannister (ジェイミー&サーセイ)の哀しき運命と悲恋

色んな意味で衝撃的だった『Game of Thrones』もフィナーレを迎えて、約1ヶ月たちました。
私はオリジナルの英語版を観ていたし、小説も英語のを読んでいるから、日本語でどう訳されているのか一切知りませんので、この感想は、オリジナルのを観た上で書いています。
前回の記事では、ドラマの双子の感動的で切ない結末などにスポットをあてましたが、今回は、あえて、双子のすれちがいやダークな部分にもふれて、二人についてかたろうと思いました。前の記事でかたった事を、もう一度言う形になるかもしれないけど・・・

ジェイミーって、けっこうファンによって美化されているキャラだと思うんです。
それに比べてサーセイは酷いという意見も多いですが、本当にそうでしょうか?

酷いのは事実。けど酷いのは、どいつもこいつもそうでしょ。立場が違うだけで。
私からしてみれば、なんだかんだで、二人はどっちもどっちで、まさに、人間らしいキャラだなと思いました。
愛すべき屑共!!!だからサーセイも、彼女の行動は応援できなかったけど、でも彼女を憎む事も嫌いになる事もできない。孤独なモンスター・・・
少なくとも必死に母親が死なないように神様にいのってた少女時代のサーセイは純粋な少女だったはず・・・


母親が死んで・・・冷たい家庭に育って、魔女の占いに囚われ人間不信になり友達も家族も信用できなくなり、父親には結婚のコマとして扱われ、何もかも共感したいし共用したい大好きな双子のジェイミーは気楽な奴で自分の体に夢中・・・
そんな環境で育ったら、歪んでいきますよ。
そして、同じ双子なのだからジェイミーと同じ扱いを受けたかったけど、父親は二人を差別して育てたし、ジェイミーのような強くてかっこいい男になりたかったけど、それももちろん無理だし、そのうえ、ジェイミーが自分にメロメロなのも知っているし、一族みんなから七王国で一番の美少女として、外見の面だけでチヤホヤされてたし、そりゃ歪んでいくわ。
プライドはあるけど、劣等感のかたまり。でも自分の美貌をしっている。
男にないたいけど、女を武器に使う事もしっている・・・

てか、向上心とプライドは高いけど、そこまで頭が良くないキャリアーウーマン思考の美女が、中世時代の母親がいないプライドが高すぎる差別意識の塊の冷たい高貴な家庭で、育ったら、歪んでいくし、結婚したあとも、DV夫に精神的にも身体的にも虐待をうけたら殺したくもなるし、さらにクズになっていくし、その上、唯一愛している双子の弟との間にできた子供たちも次々と死んでいったら、モンスターになるのも時間の問題

ジェイミーがサーセイを本当に愛しているのはわかります。伝わってきます。
けど、その愛が重すぎる部分もあるし、自己満足的な部分もあるし、一方的すぎる部分もあったのも事実。
彼はサーセイを愛していたけど、子供を失った彼女の気持ちに共感しようとしなかったし、寄り添う気持ちもしなかった。
彼女が抱えている不安、孤独、闇を理解しようとしなかった。

ジェイミーが楽観的思考で、自分が守ってあげるから、きっと大丈夫!と思っている部分もあったのだろう。
でも、子供を失うたびに、二人の想いはどんどんすれちがっていくばかり

小説では背景がそもそも違うけど、ドラマでは息子を失ったばかりで泣いているサーセイを、息子の遺体のとなりで無理やり犯しているような描写もあったし、逆にドラマにはないけど、小説では、気分が乗らないサーセイにエッチを迫る描写もあった。

そもそも、物語の発端となったのは、WINTERFELLで、ブランが二人のセックスを見てしまって、ジェイミーがブランを殺すつもりで突き落としたから。あれはジェイミーの独断で、誰から命令されたわけでもないし、サーセイに誘導されたわけでもない!!小説はもっと詳しいです。サーセイはそもそも、WINTERFELLで、エッチをするのは危険だから我慢してって何度も断ったけど、ジェイミーは、サーセイの夫のロバート王が夜な夜な酔っ払ってサーセイの部屋に忍び込むのが嫌で嫉妬しまくり。毎日、サーセイをみれるのに触れないのがムカツクとの事。だから、どうしても、サーセイとエッチしたいと要求!お願いだから王と狩に出てよ・・・ってサーセイは言うのもの、ジェイミーは狩にでず、王や側近がいないのをいいことに、サーセイと塔の上でエッチ・・・そしてブランにみつかる・・・
イヤイヤいっても、結局ジェイミーの事を愛しているサーセイは、最終的にはヤラせてくれるってジェイミーはわかっているから、強気なんですよね・・・
NOって100回いっても、最後はYESって言わせるような男がジェイミーって、サーセイは思ってたし、そもそも、離してよ!やめてよ!って言っても、ジェイミーは無理やりキスして服脱がせてたからな小説でもね。
最終的にサーセイも気持ちよくなってるけど。それを知っているから、ジェイミーは強引なんだよなー。
でも、時と場所もあるし、気分もあるから、本当に嫌なときもあっただろうに。
しかし、あまりに断ると、不満が爆発して、なにしでかすかわからないのがジェイミーだったし、王を殺して、自分たちの関係を公にしようぜ!!って平気で言う男だったし・・・
そういうのを考えると、サーセイも弟の性欲の世話で大変だなと思いました。
みつかったらどうしようとビクビクしながら、やってたんだろうな。
対照的に、ジェイミーは、みつかったら、全員殺しちまえ!!とか言ってたし・・・
小説では、自分たちの関係がバレた時なんかは開き直って、これで堂々とサーセイをものにできるぞ!って喜んでたし、サーセイと本気で結婚しようとしてたし、そもそもジェイミーはただただ純粋にサーセイと結婚して毎日堂々とセックスしたいだけ。それが許されない世界なんかクソくらえ!!って思ってたんです。
真っ直ぐで情熱的で、双子のサーセイを愛する事になんの恥もない!!!と言いきってたジェイミー。
恥なのは、それを隠そうとして、今までやってきた悪行だ!とも言ってましたね。
対照的に、サーセイは、もっと慎重だったし、小さいころから、どこかしら、双子で愛しあう事は背徳の罪なんだって思ってたんだろうね。
ジェイミーは、傲慢で強くて、見た目もかっこよくて、父親から期待され、大金持ちで、跡取りで、自信満々で、自信にあふれてるキャラで、何でももってた男だったけど、どれもいらなくって、彼が唯一ほしかったのはサーセイで、自分はもらう権利があると信じてた男だった・・・ターガリアンも兄妹で結婚してるから俺たちもやればいいじゃん!って信じてた。
腕を失ってから、彼は自分の弱さや罪や醜さとも向き合うようになったし、人を外見で判断する事もなくなったね・・・
腕を失わなかったら、一生学ばなかったかもしれないね。
それほど、剣の腕に自信があったジェイミーにとって、利き手を失うのは大きな事で、もう昔みたいに、サーセイを守る事も、両腕で抱く事もできないのだから。
でも、ジェイミーはやっぱりジェイミー。
小説ではどうなるかわからないけど、ドラマでは、彼は最後まで、サーセイを愛していた。その気持ちに恥はない。

ジェイミーとサーセイ、双子だけど、まわりの影響で、ふたりとも違う性格で違う経験をしてきた。
でも最後はやっぱり死を共にした・・・


from WOMB to TOMB・・・


"Nothing Else Matters…
Only Us…"


ドラマでは、本当に、二人は、Poetic ending を迎えた・・・
残酷にあっさり死んでしまった純粋なキャラ(子供たちとか)もいる中、綺麗な死を与えられるだけ、幸せだなと思うよ。
でも、二人は、生きている間に、死より残酷な経験を沢山してきたからね。
ジェイミーは腕を失って、長い間、捕虜にされてボロボロだったし・・・
サーセイは、子供を全て失って、裸で、町中を歩いてたし、あれは死より残酷では?
首をチョンパされて死ぬ描写は一見残酷だけど、苦しみは一瞬ですぐに逝ける。
しかし、サーセイが受けた屈辱は、一瞬の死より、残酷で、私なら死んだ方がマシと思う。
それを、乗り越えたサーセイは、本当のモンスターになってしまった。
だから、最後は綺麗な死でよかった・・・
小説ではどうなるかわからないけど、ドラマでは綺麗な死でよかった・・・

・・・
二人のすれ違う想いについてもかたりたいです。

ジェイミーはサーセイ の事を凄く愛してるのにサーセイは冷たい!みたいな意見をたまに見かけますが深く小説を読めば違う。ドラマでは、娘を大事にしようとする描写があるけど、小説では、ないです。
小説のジェイミーは子供たちに本当に興味がないし、クズ度も上です!!(サーセイもだけどね)
サーセイ なりの愛ですがサーセイはジェイミーだけの子供を妊娠して産む事で彼への愛を示そうとしてたんです。しかもあの時代では出産は命がけです。
でも、その想いは一向にジェイミーには伝わらない。

ジェイミーはジェイミー自身の意思で出産に立ち会ったけど、でもジェイミーは子供に一切愛情がないどころか、名前まで忘れる始末で、ジョフリーに至っては死んで当然のクソガキみたいな事を言い、子供を失ったばかりのサーセイにエッチを迫り、子供が死んで悲しいなら死んだやつの代わりにまた子供を作ろうと言い出す...
私は母親になった事はないですが、母親になった事がある人なら、愛する人からこんな事を言われてどう思いますか。
子供って代変えがきくものでしょうか?
腐ってもサーセイ は母親。
まともな親の愛情をうけとってないから、歪んでるけど、それでも子供を愛してた事実はありました。

ジェイミーはサーセイ を愛している癖にサーセイ が愛するもの(二人の愛の結晶)を愛さない...
父親失格です。
でもそれもジェイミーのせいではありません。

ジェイミーと子供達を守るために、不義の子を王の子として育てるために、サーセイ は、ジェイミーに子供達とジェイミーが親しくなりすぎないよう気をつけてたのです。
それをジェイミーもわかってます。だからこそ、あえて、子供たちを愛さないようにしていたのかもしれませんね。
それに加え、ジェイミー(とサーセイも)は幼少期に母親を失い、父親はあれだし、二人とも親のまともな愛情を受けて育ったわけじゃない。
ジェイミーに至っては男だから、お腹を痛めて子供を産んだわけでもない。
だから、子供を愛してなくても、しょうがないなという部分はありますが、流石に名前まで覚えてないのは酷すぎかなと思いました。
皮肉なことに、サーセイ はジェイミーだけの子供を産むことでジェイミーへの忠誠を示そうとしてたのに。ジェイミーは逆にサーセイ 以外の女性とは寝ないという徹底ぶりでしたから、小説でサーセイ が他の男と寝てるのを知った時は凄くキレてて、その事実を受けいられずサーセイに憎しみを抱いてたほどです。
けどサーセイ は別に好きだから他の男と寝てるわけではない。
売春婦と同じ根性ですが、別に趣味や好きで他の男と寝てたわけじゃないです。
弟が側にいない中、自分と子供達を守るために、自分の美しさと女を武器にしてただけです。
それにジェイミーがいない寂しさと弟さえも信用できない人間不信のなか、彼女はアルコール中毒になっていきました。
アルコールの力で好きでもない男とも寝れる、目的達成のために。
でも彼女が愛して寝た男はジェイミー一人ですよ。
ジェイミーにはそれが伝わりませんけどね。

同じ時に生まれて二人で一つなのに、でもどんどん二人の想いはすれ違うばかり。
サーセイは悪だけど、悲しい孤独な悪です。
だから憎めない。
ドラマは二人の仲も色々省略されたし、綺麗に終わったけど、小説ではどうなるのでしょうか?
せめてお互いがわかりあい、愛し合ってる事を再確認して、ドラマのように一緒に逝って欲しいかな。


大人になりきれてない子供ですよね、二人とも。
憎めないですよね。二人ともクズでバカだけどなんか憎めない。てか普通に可哀想。
母親が生きてたら別の道もあったのかな。
母親生きててもジェイミーは一途にサーセイを愛してただろうけどね。母親が死ぬ前から双子は切っても切れない絆と関係だったし親でも引き離せないよ。
でもやっぱり母親がいれば、サーセイ もここまで病む事はなかっただろうなと思う!
幼少期の教育や家庭環境って大事ですね。

実は、このドラマ2回みてるんですよ。
1回目から、双子は好きだったけど、でも、どっちかっていうと、普通に視聴者の視点で、あえていうなら、サンサ、アリア、デナーリスを応援してたし、それで、SEASON 7まで見ました。
けど、2回目にみたときは、SEASON 1からいっきに最終話までみたんですが、双子の視点でみてましたね。2回目にみたとき、ジェイミーの愛ってやっぱり重いし凄いな!って既に再確認できたのもあるし、特にサーセイが悲しいキャラだなと認識してしまってからは、サーセイという孤独なモンスターにも夢中になりました。

サーセイは悪の女王として作中で様々なキャラたちに嫌われてるから、だから私は逆に好き
私が応援してたのはサンサだし、別にサーセイの行動を応援してたわけじゃないけど、でも、一番好きなのはサーセイとジェイミーなんだなと、確信した!!ドラマの最終をみて、ようやく確信した!!!
(リアルでも、あまり叩かれてる人がいると、クズでも私はその人を庇いたい気持ちになるからね。)

GOTではそういう事ないけど、日本の漫画でありがちな、クズでビッチなのに変に意味不明に作中で美化されている女キャラとか、作中で無駄に不特定多数に愛されれば愛されるほど、美化されればされるほど大嫌いになる。でも、作中でサーセイはクズとして描かれ、しかもまわりから嫌われてて、孤独だから、どんなに体を使って男を手ごまにしても彼女の心は孤独で、彼女の事を愛しているのはジェイミーただ一人。そのジェイミーでさえも彼女の孤独と葛藤と悲しみを共感できなかった
ジェイミーが子供を守る事があるとすれば、それはサーセイを喜ばせたいからであって、子供への愛があるわけじゃない。サーセイは、自分の血の繋がった子供だから愛して当たり前だと思ってるのに、子供を愛さないジェイミーに不信感。ジェイミーは自分の子供より、弟のテイリオンの方が好きそうだしね。それもサーセイを逆上させた。
ジェイミーにとっては、サーセイ>>>(越えられない壁)>>>テイリオン>>>自分の腕>>>自分の子供。ここも父親と母親の違い。母親は子供を胎内に宿し命がけで産むから母性が自然と芽生える。(もちろん、ない人もいるけどね。)でも、父親は、その子供と深く関わらなければ、父親の自覚が芽生えないと聞いた事があります。ジェイミーは彼女が必死で生んだ子供を愛さなかったし、子供より自分の腕に戻ってきてほしいと本気で思っている始末ジェイミーでさえも、サーセイの悲しみと苦しみを癒す事はできなかったどころか、彼女の子供に対する愛を踏みにじった。
サーセイは、そんな孤独なキャラだから、彼女の幼少期や過去とか興味深く思うし、同情さえもしてしまう
でも、そう思わせる様なキャラなんだろうな。
ドラマでも小説でも、うまい具合に視聴者や読者の心を煽ってる。
大好きです。
可哀想な悪役という感じ。
でもまあ、別にデナーリスも全然ヒーローじゃないしね…
あれも途中らへんで、ヒトラーに変貌したし。恐すぎ。デナーリスも好きだけど。
あと、ジョンを殺そうとした少年とかね・・・あの少年の気持ちが痛いほどわkる!!!
良い子ちゃんのジョンより、あの少年に共感してしまったよ。
つまり、あの世界では、みんな、誰もが、どんな純粋な少年少女であっても、運命と戦いに踊らされて、誰もが、悪になりえる世界。
それがGOTの世界。

ジェイミーとサーセイ、そこまで金持ちじゃなく、もっと平凡な外見で、両親も普通の人たちだったら、もっと幸せになれたのかな。近親相姦になってたかもしれないけど、でもラニスター家じゃなく、そこらへんの無名の家だったら、スキャンダルにもならないし簡単に駆け落ちもできただろうね。
サーセイの美しさも罪。七王国で一番の美少女で名が通ってたし、父親は彼女を王妃という名のお人形のように、王家に嫁に出すのに必死だし。
サーセイはジェイミーのように男になりたいのに、でも、自分の女としての美しさが武器なのも知ってしまっている。ジェイミーまでが毎回、盲目的にベタ惚れするほどの美しさだし。でもジェイミー以外は、彼女の見た目にしか興味ないよね…彼女の全てを愛してたのはジェイミーだけだったし、父親も彼女に、見た目以外の価値はないと言い切ってた。そんなジェイミーでさえも、子供を失ったサーセイの苦しみを共感する事はできなかったようだけどね。
そりゃサーセイも歪むわ。
悪役という言葉より、孤独な狂ったモンスターと印象の複雑なキャラがサーセイ
クズっていうより、狂っている。
てか、アル中もあるでしょ。
そこまで、おいつめられたのか・・・涙。

美化されがちなジェイミーだけど、彼女がこうなってしまった原因もジェイミーは責任があるよ。
そもそも、繰り返すようだけど、さっきもいったけど、WINTERFELLで、サーセイが嫌がってたのにエッチを執拗に迫ってたのはジェイミーで、サーセイがバレないかビクビクしながらも受け入れた感じだし(公式小説のネタ)、ブランを突き落としたのもサーセイの命令ではなく、ジェイミーの独断。
なんでサーセイだけが悪者にされるんだろ。
むしろ、サーセイの初期は、夫からのDV被害者(精神的、身体的)ですよ!!
しかも、サーセイとだけエッチがしたいジェイミーは、たまってくるとイライラしだすので、弟の性処理まで心配しなくてはいけないサーセイ。

愛する双子の弟との間にできた子供がどんどん立て続けに死んでいった事、でも愛する弟と子供を失った悲しみを共感する事ができなかった事どころか弟は子供なんか眼中になし、それどころか、息子のジョフリーがサーセイの愛とおっぱいを独占していると嫉妬する始末。お前は子供かよ!!!(でも、これもジェイミーのせいじゃないけどね。環境が彼をそうさせてしまった。必要以上に姉を求める男にしてしまった。母親を早くに亡くしたジェイミーだからね・・・)
小説ネタです。

愛している弟とも悲しみを共感する事もできず、ジェイミーの事さえ、信用できなくなってしまう・・・
愛って難しいな。
徐々に、人間不信が、つもりにつもって、孤独になり、狂っていったサーセイ・・・
だから、決して応援してたキャラじゃないけど、でもどうしても同情してしまう。
彼女がこうなってしまった原因はジェイミーと環境にもあるよね。
サーセイを一途に愛する騎士みたいに美化されてるけどさ。
ジェイミー大好きだけどさ・・・
自分の愛を押し付けてるだけのようにみえる時もあるし、本当にサーセイがどう感じているのか、どう想っているのかわかってなかったんだよな・・・
小説では、途中から、俺はこんなに愛しているのにサーセイは浮気してて酷いよ〜!!みたいな感じになってたけどさ・・・
サーセイだって、サーセイなりに、ジェイミーとの子供だけを出産するという事で誠意と愛をみせてたのに・・・
好きで他の男を寝てるわけじゃないのに。

(小説では、サーセイは、ロバートとの子供を、わざと中絶しています。ジェイミーと一緒に、自分とロバートの間にできた子供を中絶したよね。ジェイミーが、中絶する人を連れてきたわけだし、ジェイミーが一番知ってるはず。サーセイがジェイミー以外の男との子供を生みたくないってこと!!)
なのに、ジェイミーは、そのサーセイの愛と誠意をないがしろにした・・・
俺の腕の方が、子供より大事だって思考回路。
ジェイミーは彼なりにサーセイを愛しているけど・・・
でも、サーセイも、サーセイなりに、ジェイミーを愛していたんだよ!?

物語の後半から人間不信がSUPER MAXになって、サーセイは、ガチのモンスターになって、愛してたはずのジェイミーさえも、完全な敵で、殺しちまえ!!みたいな感じになったけどね。
でもさ・・・ジェイミーの方も、小説では、サーセイの浮気(笑)を知っただけで、サーセイ死ね!!!ってなってたけどね。
だから、どっちもどっちなんですよ。
(まあ、GOTの世界だし、王族で部隊ももってるから、兄姉喧嘩も凄まじい・・・)

愛が強いから憎しみがうまれるのかな?
愛の正反対は、憎しみではなく、無関心・・・
愛と憎しみ、善と悪、それは紙一重なのかもしれない。
GOTって、そう思わせるドラマ。


すれ違う双子の想い・・・
切ないな・・・だからこそ美しい。


ドラマで・・・
ジェイミーとサーセイのラストシーンは本当に最高でした・・・


沢山の残酷な運命で、理不尽な死を迎えたキャラはたくさんいた。
純粋で無実で、まさに、珍しく、善そのものの少女なのに生きたまま焼かれたプリンセス・・・
父親の腕の中で、死んだ美しいプリンセス・・・
騎士道を全うしただけなのに、ドラゴンに無残に焼かれた騎士の父と息子・・・
ただの農家だった親の敵をうちたいだけなのに、ジョンに首をつるされた少年・・・
国のために正しい事をしたかっただけなのに、親友に裏切られ、ドラゴンにあっさり焼かれた人・・・
そして病弱な体で子供を二人も生んだのに夫に公の場で恥をかかされ、夫に他の女と駆け落ちされ捨てられ、夫とその女の行動が原因で、なんにも非がないのに、子供と共に無残に犯され虐殺された悲しきプリンセス。
これらですね。私が、許せん!!!と思った死は・・・

他は可哀想だけど、自業自得というか、自分の行動が招いた結果の死が多いからな・・・
だから、ジェイミーとサーセイは、最初から、死ぬべきだなと思ってた。
ジェイミーにいたっては、自分から死を選んだのがいいね。
サーセイがいない世界で幸せになれるはずがない。
本当に愛する人がいない世界で幸せになんかなれないし、そもそも彼は、愛する女性の中で逝きたいって願ってた。
私的には、絶対に、二人で一緒に愛し合って、死んでほしかった。
だから、ドラマの、他の部分には、ちょっとどうかなと思う部分もあるけど、でも、ジェイミーとサーセイの死はこれ以上にないぐらい美しく、哀しく、切なく、心が、うたれました。

ありがとう!!!
製作者の人たち、ありがとう!!


Nikolaj Coster-Waldau
Lena Headey
THANK YOU




もし、二人に来世があるなら・・・
ジェイミーとサーセイは、今度こそ、堂々と結婚できる世界だといいな・・・


小説では、何度もジェイミーがサーセイと結婚したいという心の想いが現れてたけど、ドラマではこのシーンが、彼の心をズバリ表してるのかなと思いました・・・
ちょっと笑えるシーンでもあるけど。
双子の片割れと結婚したいのに結婚できないジェイミーの気持ち・・・涙。
だからって、サーセイの婚約者に、つっかかるなよ・・・笑。
一回りも違う男だし、サーセイはこいつなんか眼中にないし、そもそもこいつゲイだぞ・・・笑。
それでも、嫉妬するなんて、ジェイミー、いい年してお前ときたら・・・笑。
そして、あっさり言い返されて、無言になってしまうジェイミー・・・涙。

IMG_0902.jpg


きっと、来世では結ばれるよ・・・涙。



VIVRE CARD 〜ONE PIECE図鑑〜 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:1,350円
(2018/9/4 05:36時点)
感想(0件)

くる天 人気ブログランキング ブログランキング にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ
プロフィール
Perona★沙月さんの画像
Perona★沙月
はじめまして。ワンピースのペローナが大好きな沙月と申します。 ワンピースでは、ペローナ、ミホーク、ロー、レイジュが特に大好きです。あと麦わらの一味はみんな好きですが、特にフランキー、ウソップが好きです。 ワンピース以外にもハンターxハンターなど色々な漫画を読んでいます!(少年漫画メイン) 最近、リアル脱出ゲーム・謎解きにはまっています! このサイトは、自己満足目的の気まぐれなブログです。 多忙の為、更新お休みする時もありますが基本は週に2回〜5回ほど更新予定です。年の30%以上は海外にいますが、時間あれば海外からでも更新します。漫画に関しては、ジャンプ公式発売後に感想を載せてますが、アニメ派とコミック派にはネタバレなので自己責任で!ワンピースの最新情報をできるだけ早くファンに伝えればいいと思っています。多忙の時は、時々相方にバトンタッチしながら、できるだけ更新を心がけます。 私は、楽しいことが大好きな、いたって普通の平凡なアラサーですが、漫画(特にワンピース)オタクです。食べること、旅行、スポーツ、リアル脱出ゲームも大好きです。特に水泳とバスケットボールが好きです。尊敬する人は、エリザベス女王、両親、相方、親友です。 ブログでは、旅先の事、美味しい食べ物の事、リアル脱出ゲーム、漫画の事(ワンピースなど)、本やドラマや映画の事などランダムに書いています。 私は、半分だけ日本人の血が入っていますが、帰国子女で生まれも育ちも海外です。日本語も完璧ではないです。ブログ記事の誤字など大目にみてください。日本に住んでいても、外資系企業で働いているため、まわりは帰国子女と外国人しかいないので、純粋な日本人と深く関わる機会はあまりございません。 このブログは、日本語を上達する為、また同じ趣味を持った日本人と関わるために作りました。誤字や、おかしい表現があれば指摘していただけると勉強になります。 旅行などで、物心つく頃から、日本に時々遊びにやってきたものの、いざ住んでみると慣れない事も多少あります。とはいえ、私にとって、日本はまだ外国で興味が尽きない国です。 まだまだ日本語の文章力がない素人ですが、大目にみていただけると幸いです。こんな私ですが、グルメな方、ワンピースファンの方、リアル脱出ゲーム好きの方、仲良くしてください。ご自由にコメントどうぞ★ 英語でのコメントもWELCOMEですよ★ この↓のアンケートも参加していってくださいね!
プロフィール

ゾロペロ時計

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー
最新記事
(07/15)神戸56★『神戸北野ホテル』21〜 ダイニング・イグレック★「世界一の朝食」に感動★1
(07/15)ネタバレ注意!『American Horror Story Season 8 〜 Apocalypse(アメリカンホラーストーリー〜黙示録)』
(07/15)神戸55★『神戸北野ホテル』S〜 「フレンチレストラン アッシュ」:究極の美味への挑戦・絶妙に美味しかったフルコース晩餐L
(07/15)神戸54★『神戸北野ホテル』R〜 「フレンチレストラン アッシュ」:究極の美味への挑戦・絶妙に美味しかったフルコース晩餐K★デザート〜砂漠の薔薇
(07/15)神戸53★『神戸北野ホテル』Q〜 「フレンチレストラン アッシュ」:究極の美味への挑戦・絶妙に美味しかったフルコース晩餐J★デザート
(07/12)神戸52★『神戸北野ホテル』P〜 「フレンチレストラン アッシュ」:究極の美味への挑戦・絶妙に美味しかったフルコース晩餐I★
(07/11)神戸51★『神戸北野ホテル』O〜 「フレンチレストラン アッシュ」:究極の美味への挑戦・絶妙に美味しかったフルコース晩餐H★神戸高見牛(今まで食べた和牛で一番美味しかった)
(07/09)神戸50★『神戸北野ホテル』N〜 「フレンチレストラン アッシュ」:究極の美味への挑戦・絶妙に美味しかったフルコース晩餐G
(07/08)神戸49★『神戸北野ホテル』M〜 「フレンチレストラン アッシュ」:究極の美味への挑戦・絶妙に美味しかったフルコース晩餐F
(07/07)『Flowers in the Attic 4 〜 Seeds of Yesterday』(2015年)
最新コメント
リンク集
送料無料! HunterxHunter 最新刊!必見!

【在庫あり/即出荷可】【漫画】HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 全巻セット (1-33巻 最新刊)/漫画全巻ドットコム

価格:13,981円
(2016/7/14 05:42時点)

HUNTER×HUNTER(15) [ 冨樫義博 ]

価格:421円
(2016/7/14 05:42時点)

送料無料!ワンピース最新刊!必見!

ONE PIECE 87 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:432円
(2017/11/22 04:30時点)
感想(108件)

送料無料!スラムダンク全巻新品!!必見!

SLAM DUNK(スラムダンク)(完全版) 全24巻セット [ 井上雄彦 ]

価格:24,192円
(2015/12/17 23:20時点)

送料無料!受賞作品!必見!

巌窟王 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 中田譲治 ]

価格:25,154円
(2015/12/17 23:28時点)