2019年05月19日

ネタバレ注意!『Game of Thrones Season 8』★Episode 5 〜 The Bells

ネタバレ注意!

『Game of Thrones Season 8』
★Episode 5 〜 The Bells


もうヤバイ!!やばすぎです・・・
なんじゃこりゃ!!っていう感情もあるし、ある部分は美しい結末・・・と思う感情もあるし、色々感情がMIXしていますし、好きなキャラもどんどん死んでいくし、長年観ていた大河ドラマがこれで終わってしまうという複雑な気持ちもあります。
はあ・・・どこから感想をいえばいいのか。
まあ、一番印象的なのは、思った以上に狂った女王に成り下がったデナーリスね。
ちょっと流石に、やりすぎ・・・彼女の今後の運命に希望はもうもてませんね。
そして、ジェイミーとサーセイ・・・
そうきたか〜!!!!!!!!!!!純愛かよ。
まあ、散々やらかしたし、サーセイが死ぬのはわかってたけどね。ジェイミーも死亡フラグあったし。
好きなキャラだから、悲しいけど、でも美しいな。
残酷な死ではないのが唯一の救い。てか最後まで悲恋だった・・・
かなり萌えた。てか感動した。ドラマの恋愛で感動する事は滅多にないから珍しい。
もともと、女王としてのサーセイは屑で応援できなかったけど、サーセイというキャラは哀れな部分もあって、サーセイ&ジェイミーの双子カップルには色々想う事があって、完全に応援してたわけじゃないけど、でも否定も批判もできない、なんというか、とても美しい悲しい愛(特にジェイミー→サーセイ)。双子ってのもあって、色々と、言葉では言い尽くせないほどのふしぎな関係だったんだろうね。そして、最後、そうきたな・・・そうきたか・・・賛否両輪あるだろうけど、私は、良いと思います。(ちょっとあっさりしすぎだけど)
死ぬのはわかってたけど、残酷な死ではなく、深い感動すら覚える美しい結ばれない運命にあった双子の死だったね。
後世があるなら、後世でも双子として産まれそうな感じ。いや、一人の人間として生まれ変わるかな。
双子って色々言い伝えがあって、男女の双子って前世で結ばれなかった男女が生まれ変わった姿ともいうし、元々前世では一人だったけど、神様の悪戯で二人に分かれてうまれたっていう言い伝えもあるし、王家に双子が生まれると不吉という迷信もあるし、それだけ双子って、昔から神秘的な存在。実際、ジェイミーとサーセイの双子は実際に不幸をよんだし、そのせいで沢山の人が死んだし、そもそも、この双子の近親相姦がGAME OF THRONESの元凶の一つだったし。
でもまあ・・・最後は綺麗に〆ましたね。
サーセイよ、色々失敗しまくりの屑女王だったけど、これでわかったか?
どんな時でも、どんな状況でも、自分がどんな救いようがない屑でも、まわりは敵だらけでも、最後の最後に自分の側にいてくれるのは、双子の片割れであり弟であり愛人であるジェイミーなんだよ。ジェイミーに色々酷い事を言ってたけどさ・・・最後、ようやく、愛ってなんなのか、わかったようだなと想いました。
そして、愛し合っているジェイミーとサーセイ再会できて、最後は一緒にこの世から去って・・・良かったかな
ちなみに、私は別に悲恋が好きなわけでもないし、ロミオとジュリエットとか大嫌いですし、女王と騎士の純愛(というなの不倫)物語にも興味ありません。私が一番嫌いなのは悲劇のヒロインぶった偽善者と会ったばかりの女に一目ぼれして愛する信用ならん偽善者ですからね。元々一目ぼれとか大嫌いだし、そういうの本気で薄っぺらいと思う。産まれたときから一緒、いや、その前から一緒で誰よりもお互いをわかっている、サーセイとジェイミーはそこらへんの惚れた晴れたのバカップルとは違う。てか違う次元の愛。私があえて、ジェイミーとサーセイに興味あるのは、彼らが母の胎内にいた頃からずっと一緒で、幼少期から超仲良くて、二人で一つという思考の双子で、その上、善人ではなく、弟の方は超イケメンで文武両道なのに跡継ぎの権利を姉と一緒にいる事の為に放棄した姉への愛に生きる人で、逆に姉の方は超がつくほどの男顔負けの野心家で金髪色白の超美人で、しかも二人とも明らかに善人ではないから、そんな二人だから、興味があったのです。悲劇ぶった善人として描かれてるなら、興味もたなかったでしょうね。
そもそも、Game Of Thrones に本当の意味で善人なんかいないし、そこが面白い。


" Jamie & I are more than brother and sister
we shared a womb and came into this world together
we belong together "


世界の全てが敵になっても・・・
最後の最後まで愛し合っていた双子でした・・・
ジェイミーは最後まで双子の姉への愛を貫きました・・・
そして望みとおり愛する女性の腕で死んでいった・・・
サーセイもこの世で唯一無二の双子の弟の腕の中で死んでいった・・・


また、この双子カップルについては、最後にも色々とかたりますが・・
絆といえば、もうひとつ感動した部分があります。
ティリオンとジェイミーの兄弟の絆!!!!!!!!
これもかなり深い絆だった。
ティリオンのジェイミーへの感謝と愛・・・
そして、あんなに自分を虐めてたサーセイを救う事にも協力してるし、やっぱり姉弟なんだなと思った。兄と姉の禁断の愛と二人の命、そしてサーセイのお腹にいるジェイミーとサーセイの赤子(Innocent Life)をなんとかして助けようとしたんだんね。こ本気で泣きました。兄弟愛・・・

ジェイミーに、サーセイを連れて、二人で、遠い異国の地ペントスに逃げて、一緒に新しい人生を歩んでほしいっていいうティリオンの気持ちが切ない。それを聞いたとき、私は涙が出ました。でも、同時に、それは絶対にかなわないだろうなという想いもありましたね。さんざんやらかしたんだし、元凶のサーセイが生き残って愛する双子の片割れと二人で別の国で仲良く新しい人生を歩むなんて、そんな都合のいい展開がくるわけないだろうと。日本の漫画なら、都合よく記憶喪失になって新しい人生でHAPPY ENDかもしれないけどね。でも、GOTでは、ありえない。これは、絶対叶う事のない夢物語だなと思いました。だからこそ、切なく思ったし、こみ上げてみるものがあった。二人、いや三人で最後に見る夢には、いいかもしれないけどね・・・
でも叶う事はない・・・
叶う事は決してないから、美しいのかもしれないですね。
てか、ずっと想ってたんだけど、サーセイが野心家じゃなければ、その夢物語ももっと早い段階でかなってたかもしれないのに。もっと若い時から、はじめから二人で、駆け落ちして、一般人として、遠い異国の地で暮らせばよかったのに。
異国の地で夫婦になればいいじゃん・・・毎日、make loveすればいいじゃん。
禁断の愛を貫きたいなら、二人で新しい人生を歩みたいなら、最初からそうすれば良かった・・・
幸せになる道はあったかもしれないのに・・・
ジェイミーはサーセイがそう望んでたなら、最初から駆け落ちしてただろうね。彼は権力に興味ないんだから。
戦う事&姉の事しか興味ない単純な男だからね。
でもサーセイはそんな女じゃないから。コソコソ隠れるなんて屈辱!女王になるために、七王国を制覇するために、自分の血の栄光に誇りをもってたし、権力欲に溺れた女でしたからね!!!
まあ、そこが、独特の魅力なのかもしれない。
てか、このドラマの女性キャラ、特にデナーリスとサーセイはヒットラー並みにヤバイよ。
強い女性は好きだけど、でもこのドラマの女性は強いを通り越して、頭のネジが複数飛んじゃってるからね・・・
まさに暴君女王!!
なにはともあれ、そんな女王様とは違って、ジェイミーとティリオンは、ただただ家族を想うだけなんですよね・・・
ティリオンのジェイミーへの想いが切ない。

" If it weren’t for you, I never would have survived my childhood.
You were the only one that didn’t treat me like a monster.
You were all I had.”


やっばい。泣いた・・・
お前がいてくれたから俺は今ここにいるんだ、お前だけが俺をバケモノ扱いしなかった。
俺にはお前だけだった・・・て。
そんな想いを抱えてたなんて・・・


切ない!!!やっぱり、ジェイミー大好きです。
彼は幼少期から双子の暴君姉さんに夢中だったけど、でも本当は彼は優しい心もちゃんともっていて、弟のティリオンをとても愛してたんですよね。ティリオンの事も何度か救ってたし。ジェイミーは近親相姦で姉に夢中で、姉の為に、姉と一緒にいる為に、色々悪事をやらかしたけど、それでも彼はティリオンを兄として愛していたし守ろうとしていた。
姉のサーセイはティリオンが産まれたときから、母を殺した元凶っていってティリオンを嫌ってたけど、でもジェイミーはちゃんとティリオンを愛した。そこがジェイミーの良いところ。その件に関してだけは、姉の言いなりではなかったんですよ。
それに、幼少時代、サーセイがティリオンをいじめてたのを見て、何度も止めてたし、本当に紳士でいいやつなんです。
善人ではないけれど、でも良心はもっている良い奴なんです!!
幼少期は親も区別できないほどのソックリな双子で、サーセイがジェイミーの服をきて剣術修行にいってもバレなかったぐらい本当にソックリだったらしく、しかも、いつもベッタリくっついてたし、それでも性格はかなり違うんですよね。
((男女の双子は知りませんが、同姓の双子は何組か友達でいます。性格は違うけど、双子同士本当に仲良しなのは、どの組もそうなんです。不思議な絆が本当にあるらしいですよ。私の元彼の従姉妹でしたが、高校時代にクラスに凄く仲良くしてた双子の女の子たちがいました。元彼の紹介だったんですけど、なんか気があって、私がよくお泊りにいってましたね。目の前で急にとっくみあいの喧嘩したと思ったら、30分後には勝手に仲直りしてたし、結構おもしろかったです笑。喧嘩も日常茶飯事らしいけど、仲直りも勝手にするようです笑。まあ、とにかく仲が良い。そしてチームワークがはんぱない笑。それは大人になってお互い結婚した今もそうらしいですね。))

話を戻しますが、ジェイミーはなんか愛が深い男なんだなと思いました。
家族想いだな・・・いや姉弟想いか・・・
親不孝ではあるけど。

まあ、このシーズンの5話で、ジェイミーとティリオンは永遠の別れとなるのが切ない。
抱きしめあったのが切ない。
男同士の友情もそうだけど、兄弟愛とか、本当に感動する。

ティリオンは、自分の命をかなり危険にさらしてまで、捕まってしまったジェイミーを逃がしたのでした・・・
そして、ジェイミーはサーセイの元へ・・・

・・・

さて・・・サーセイの元に向かっているのは、あと二人。
ハウンドとアリア!!!
久々の二人旅。
面白いと思ったのは、堂々と正面から二人は入るのですが、サーセイ軍にもちろんみつかるんですね。
それで、用事をきかれるんですが、アリアは堂々といいます。
お前らの女王サーセイを殺しにきたと。
お前らの終わらない戦いに決着をつけにきたと。

面白い事に、既に戦いにつかれていたサーセイ軍はあっさりと二人を通したのでした。
長い戦いに疲れた兵士たち・・・
元々、女王サーセイに忠誠なんかないんだろうね。
ドラゴンへの恐怖もあっただろうし。

・・・

そして、デナーリス!!!!!!!!
ドラゴンに乗って、キングズランディングにやってきた〜!!!!!!!!!!
うん、それで、サーセイ軍は、もう諦めてるし、降参している。
あと、降参の鐘もなった!!!サーセイも諦めのまなざしを・・・
これで戦いは終了・・・と思いきや、鐘の音もスルーで、デナーリスが恐ろしい形相で個人的な恨みと復讐で、なんと街を焼き始めた!!!!!全くもって意味不明です。
サーセイが憎いなら、城をめがけて、城を焼き尽くせばいいのに、なぜ彼女は街をどんどんドラゴンの炎で焼き尽くしたのか。もうMAD KING!!狂王じゃん。父親と同じ運命をたどってるじゃん。やっぱり、この女も狂ってた!!!
怒りの矛盾が、なぜ関係ない罪もない街の人々を襲うんだ?
なぜ城めがけて突進するんじゃなく、町全体を破壊するんだ!??

デナーリスには元々不信感があったけど、今回で大嫌いになりましたね。もう流石に擁護できないよ!
権力に溺れて、王座に固執し、ジョンに嫉妬し、狂っていく。
全てが敵で全てが信じられない、ドラゴンしか信じられない、そんな感じなんでしょうか?
街が焼かれていく様は本当にひどすぎてひどすぎて・・・

そして、城も崩れかかっていくんですね。

ちょっとここで、アリアとハウンドの話に戻ります。

城に入ったところで、ハウンドは、城の崩壊を察知し、アリアに、逃げるように言いました。
ここまできたのに!?
でも、これは想像外の事態。
ハウンドはアリアに、俺みたいになるな、お前はまだ間に合う、復讐ではなく、これからの自分の未来を歩んでいけ的な事をいうんです。アリアは最初は、ふざけるな!みたいな事をいうんだけど、ちゃんとハウンドの想いが伝わり、城をあとにして、逃げることに集中しました。アリアは、復讐ではなく、未来をとったんです。
そして、ハウンドにかけた言葉が、これまた、泣く・・・

"Sandor, thank you,"


初めて名前をよんだ。
そして感謝した・・・
最後のおわかれ。

ハウンドは、アリアのお父さんみたいな感じだったな・・・
色々あったし、元々は敵だった二人だけど、この二人の成長と関係性が本当に好きです。
悲しい別れだけど・・・
でも、最後、お互いの想いが伝わったみたいで、そこは凄くよかった。
ハウンドには本当に本当に死んでほしくなかったけど、でも彼にはやるべき事があった。
それは、自分の憎きモンスターな兄を殺す事
まあ、ゾンビのようなフランケンシュタインのようなバケモノなんですが、この二人は戦います。
そして一緒に炎の中にきえていった・・・
地獄の業火にやかれながら消えていった・・・
悲しい・・・

・・・

そして・・・
ジェイミーはサーセイの元へたどり着くのに本当に大変で、でも、その必死さが凄く伝わり、最後の最後で
サーセイも、一人ぼっちになってしまって、これでももう終わりかって絶望しかけた時に、ジェイミーが!!!
かなり驚いたサーセイ!!!!
悲劇の中の感動の再会・・・
再会した双子は抱き合います。
城は崩れつつある・・・
ジェイミーも大怪我している・・・
ジェイミーの怪我を心配するサーセイ。
サーセイを強く抱きしめる二人・・・
泣き続けるサーセイ。

サーセイは、もう子供みたいになってますね。
大丈夫だよ、みたいな感じで、サーセイの頭をなでながら、抱きしめるジェイミー。
切ない。
こういう所が、そこらへんのカップルと違うんだよな。
この二人には、姉弟愛も実際にあるからね・・・
双子愛ともいうべきか・・・

ただの恋人なら、もう見捨ててもおかしくないのに、ジェイミーはあえて、幸せな未来を拒み、ブライエニーをふって、サーセイの元に返る事を選んだんですよ。ブライエニーと寝たあとだから、ちょっとブライエニーが可哀想だけど、しょうがないね。てか、ブライエニーと関係をもったあとだからこそ、サーセイへの愛に改めて気づいたのかも。
てか、ジェイミーは幼い頃から自分にソックリの美しい姉に夢中でナルシストみたいな部分もあるんだろうけど、きっとサーセイには、外見的魅力や性的魅力も感じてたんだけどね。正直、ブライエニーは強いけど全く美人じゃないし、サーセイのように華やかで美しくもないし、なにより男みたいにゴツイ。それでも、イケメンなジェイミーは内面をみて、ブライエニーを心から尊敬し、好きになったんだろうね。人の内面をみる事ができる良い人なジェイミー。
それでも彼は、可憐に咲く棘だらけの美しい薔薇のような双子の姉サーセイの元に戻る事を選んだ。
棘だらけの女なのに・・・戻ったら、死しかないのに・・・それでも戻った・・・
ブライエニーの事も大切だろうけど、サーセイへの愛は別格
てか、二人で一人だから、片割れの方に戻るのは自然な事かもしれない。
産まれたのも一緒。
死ぬのも一緒。


" You're a hateful woman.
Why have the gods made me love a hateful woman? "


以前、こんな事をいってた。
でも、どんなにサーセイがひどい事をいっても、しても、それでも、どうしようもないぐらい愛しているジェイミー
実は、私は、ジェイミーは、姉のサーセイが他の人に殺されるぐらいなら自分の手で愛する姉を殺して自分も心中するんじゃないかなと思ってたんですよ。そう予想してましたね!!!
でも、ジェイミーは最後の最後まで、サーセイを傷つけようとはせず、助けようとしたし、なだめようとしたし、何より裏切らなかった・・・
ジェイミーは、自分だけ生きる事を拒み、あえて愛する双子の姉とともに滅ぶ道を選んだ。
まあ、ジェイミー自身も、ティリオンが示してくれた助かる道にそこまで賭けてたわけではないと思うんです。
ただ、サーセイと最後どうなろうとも一緒にいたかっただけなんです。
サーセイの側にいてあげたかっただけなんです。
そう感じました。
どんなに腐った女でも、どうしようもなくダメな女でも、サーセイはこの宇宙でたった一人の愛する姉で恋人。
たった一人の双子の相方。
生まれる前から一緒の片割れ。
あなたは私、私はあなた。誰も引き離せない二人。なぜなら、二人で一つだから。
幼い頃からそんな関係。


崩れ落ちる城の天井・・・
ジェイミーはサーセイの手をひき、ティリオンが教えてくれたとおりに、地下道から逃げようとします・・・
でも、地下の道は瓦礫でふさがれ・・・・・・・・・・
もう逃げられない。
死にたくない死にたくないとパニックになるサーセイ。
(こういう子供っぽい馬鹿なところがサーセイなんだよな。権力の固執しているくせに子供っぽい。)
そして、そんなサーセイをなだめるジェイミー

"Nothing Else Matters…
Only Us…"


死を覚悟したジェイミーは、強くサーセイを抱きしめて、そう囁いた・・・
そして、全てが終わった。

RIP
Jamie&Cersei
悲しい双子の物語


They came to this world together...
and they left this world together...


わかってたけど、好きなキャラが死んでいくのは悲しいですね。
でも好きといっても、別にサーセイの行動を応援してたわけじゃないし、彼女は死ぬべきキャラだとずっと思ってました。
ジェイミーには生きててほしかった気持ちもありますが、やっぱりサーセイへの愛を貫いた彼は男前でかっこいいし、愛する女性のもとで死ねて、本望なのかな。悲しいけど、美しい死だったな。
まあ、ちょっとあっさりしすぎたというのもあるけど。

この二人は幼少時代から近親相姦の関係で、すごく小さい頃は部屋もベッドも一緒だったんだけど、その凄く小さい頃から、興味本位で、その禁じられた遊びみたいなのをやってたんですよね・・・それがメイドにみつかって母親にチクられ、ジェイミーの寝室はかなり遠くに離れてしまったけど・・・
まあ、そのあとも、色々、お忍びでヨロシクやってたんでしょう。
肉体関係は、ただの興味本位だったんだろうけど、でもジェイミーは本気になってしまい深くサーセイを愛するようになってしまい、サーセイ以外はどうでもいい!!!みたいな感じだったんです。
弟ティリオンの事は兄として大事に思ってたけどね。
サーセイもジェイミーを愛してるんだけど、なかなかの曲者の女で、幼少期から、権力をほしがってたんですよ。
だから、彼女はジェイミーにも嫉妬してた。なぜなら、自分の方が長子なのに、女ってだけで、跡継ぎになれず、バカなジェイミーが跡継ぎとして父親に可愛がられ、帝王教育をうけれる。ジェイミーは、別にそういう事に興味ないけどね。
でもサーセイは、ジェイミーに嫉妬してたと私は思います。自分が男だったらいいのにと。だから幼少期は、ジェイミーも承知の上で、大人にはナイショで、ジェイミーの服を着てジェイミーのかわりに、剣術や帝王学の勉強をする事もあったらしい。(そこが、けっこう兄弟・双子っぽい感情だよね)あと、サーセイは本気で自分がジェイミーより賢いと思っている笑。
ただジェイミーも凄く才能があるし、なにより文武両道でかなり強い男!!!イケメンだしモテモテ。
でも、彼はサーセイ以外は興味ないという一直線っぷり笑。
まあ、王国で一番美しい姫はサーセイでしたからね・・・
ジェイミーは、10代の頃もそんな感じでサーセイ命!!の男だったそうです。
そして、彼は若くして騎士となり、サーセイと一緒に居るために、キャスタリーロックの相続権を手放し、15歳にして史上最年少で〈王の盾〉に選ばれたんだとか。
サーセイ命!の男・・・無償の愛・・・
でも、騎士として凄く強かったし本当に才能があったんです。
サーセイにしか興味がないジェイミーでしたが、逆にサーセイは、ドラゴンの王子と結婚する事を夢見たり、女王になる事を夢見たりと、ほかの男にも興味を示していました。でも、ジェイミーは自分のもの!っていう感覚はあるから、ジェイミーに色目つかう女は片っ端から消してたとか笑。
そして、サーセイは自分が女って理由なだけで、政略結婚で売られるだけに存在しているという価値観が嫌で本当に男が羨ましかったそうです。
サーセイは10代前半の頃から計算高く、ズル賢く、逆に、ジェイミーは、サーセイさえいてくれれば何でもいいやって感じで、才能がとてもあるのに政治にも権力にも興味なく、戦う事とサーセイとエッチする事以外は興味ない・・・
若い時はそんな男でした。
大人になったあとも、サーセイの為なら、幼い子供も殺そうとするし、サーセイの元に帰るためなら、従兄もころすし、サーセイのために、戦争もするし、なんでもする。そんな男。

“She's hateful.
And so am I.”


前にジェイミーはこう言ったね。
姉が憎まれもので悪なら自分もそうだ・・・
なぜなら、二人は一つ
だからね・・・そういう意味なんだろうね。

でもジェイミーは色々と冒険をへて、様々な人たちとかかわり、誇り高き騎士のブライエニーと出会い、ジェイミーも変わって言った。変わっていったし、優しくなった。というか元々、彼の中には優しさがあったんですよ。人への優しさが。
サーセイのもとを離れ、ブライエニーと出会い、様々な人たちとかかわって、その優しさが表に出たんですね。
でも、それでも最後はサーセイのもとへ帰った。
サーセイには自分しかいないと思ったんだろうね。
それも優しさ。
最後まで本当に優しくバカな男。

なんだか本当に悲劇。
娘のMyrcellaが死んだシーンも凄く悲しかったな・・・
Myrcellaは本当に美しく無垢で純粋な天使だったのに。
Myrcellaは、ジェイミーが父親だってずっと知ってたというのも切ないし・・・
あなたがお父様で良かったわ・・・が、どれほどジェイミーの心を救ったか。
なのに直後に死んでいった。あれは残酷な死だったな。
でも美しい死だった。
長男のJoffreyはマジで屑でどうでもいいけどね笑。
つか、屑すぎて、父親のジェイミーにも嫌われてたっぽいし、ティリオンにはビンタされまくるし、サーセイにまでビンタされてたし、なんか色々とね。
まあ、サーセイは彼を溺愛してたけどさ。でも手をかなり焼いていたね。
それと比べ、近親相姦で、できたのに、ほか二人の子供は純粋だからね。
でもみんな死んだ。悪も無垢も死んだ。
そして、ジェイミーとサーセイも死んだ。
ティリオン以外のLannisterは全て滅んだ。みんな死んだ。

サーセイの人生も本当に悲劇で可哀想だったんですよ。
近親相姦に溺れたというけど、そもそも彼女は望まれない政略結婚とはいえ、当初は夫を愛そうと頑張ったのに、愛されなかった。彼女も孤独とたたかい続けた悲劇の人物。
だからかな。彼女のする事には賛同できないけど、でも彼女の事は嫌いになれかったですね。
とにかく、演じた女優さん、お疲れ様でした!!!
ジェイミーも本当にお疲れ様でした。


・・・

で、まあ・・・サーセイとジェイミーが死ぬのは納得なんですが・・・

ヴァリス!!!!!!!!!!!!!!!!

あっさり死ぬなよ!!!!!
つか、ティリオンのやつ、ヴァリスを売ったな。見殺しにしたな。
ヴァリスは、ティリオンの命の恩人でもあったんだぞ!!!友達で仲間じゃないか!!!
ティリオンは、今回は本当に失敗だね。間違った選択をしてしまった。
ティリオンが忠誠をちかったドラゴンの女王様は、やっぱり想像とおり、狂女王になったじゃないか!!!
炎と破壊と死と絶望しか生んでないじゃないか!!!!
ヴァリスは正しかった。
そのヴァリスは、裏切り者として炎でやかれ、ティリオンは彼を見殺しにした。
その件では、ティリオンに失望しました。

意地悪な姉を愛しまくる近親相姦の兄ジェイミーは助けるのに、世界平和を願っている友ヴァリスは見殺しにするのかよ。そこだけ、ちょっと納得いかなかったかな。
てか、ヴァリスよ・・・好きなキャラでした。
だから、死亡があっさりしすぎ。
うーん・・・

次回が最終かな。
アリアとジョンは、もう完全にデナーリスを危険とみなしてるし、ティリオンもそうだろうね。
デナーリスの運命はどうなるんでしょうね。

以上、長くなりましたが感想でした。



VIVRE CARD 〜ONE PIECE図鑑〜 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:1,350円
(2018/9/4 05:36時点)
感想(0件)

くる天 人気ブログランキング ブログランキング にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ
プロフィール
Perona★沙月さんの画像
Perona★沙月
はじめまして。ワンピースのペローナが大好きな沙月と申します。 ワンピースでは、ペローナ、ミホーク、ロー、レイジュが特に大好きです。あと麦わらの一味はみんな好きですが、特にフランキー、ウソップが好きです。 ワンピース以外にもハンターxハンターなど色々な漫画を読んでいます!(少年漫画メイン) 最近、リアル脱出ゲーム・謎解きにはまっています! このサイトは、自己満足目的の気まぐれなブログです。 多忙の為、更新お休みする時もありますが基本は週に2回〜5回ほど更新予定です。年の30%以上は海外にいますが、時間あれば海外からでも更新します。漫画に関しては、ジャンプ公式発売後に感想を載せてますが、アニメ派とコミック派にはネタバレなので自己責任で!ワンピースの最新情報をできるだけ早くファンに伝えればいいと思っています。多忙の時は、時々相方にバトンタッチしながら、できるだけ更新を心がけます。 私は、楽しいことが大好きな、いたって普通の平凡なアラサーですが、漫画(特にワンピース)オタクです。食べること、旅行、スポーツ、リアル脱出ゲームも大好きです。特に水泳とバスケットボールが好きです。尊敬する人は、エリザベス女王、両親、相方、親友です。 ブログでは、旅先の事、美味しい食べ物の事、リアル脱出ゲーム、漫画の事(ワンピースなど)、本やドラマや映画の事などランダムに書いています。 私は、半分だけ日本人の血が入っていますが、帰国子女で生まれも育ちも海外です。日本語も完璧ではないです。ブログ記事の誤字など大目にみてください。日本に住んでいても、外資系企業で働いているため、まわりは帰国子女と外国人しかいないので、純粋な日本人と深く関わる機会はあまりございません。 このブログは、日本語を上達する為、また同じ趣味を持った日本人と関わるために作りました。誤字や、おかしい表現があれば指摘していただけると勉強になります。 旅行などで、物心つく頃から、日本に時々遊びにやってきたものの、いざ住んでみると慣れない事も多少あります。とはいえ、私にとって、日本はまだ外国で興味が尽きない国です。 まだまだ日本語の文章力がない素人ですが、大目にみていただけると幸いです。こんな私ですが、グルメな方、ワンピースファンの方、リアル脱出ゲーム好きの方、仲良くしてください。ご自由にコメントどうぞ★ 英語でのコメントもWELCOMEですよ★ この↓のアンケートも参加していってくださいね!
プロフィール

ゾロペロ時計

<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー
最新記事
最新コメント
リンク集
送料無料! HunterxHunter 最新刊!必見!

【在庫あり/即出荷可】【漫画】HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 全巻セット (1-33巻 最新刊)/漫画全巻ドットコム

価格:13,981円
(2016/7/14 05:42時点)

HUNTER×HUNTER(15) [ 冨樫義博 ]

価格:421円
(2016/7/14 05:42時点)

送料無料!ワンピース最新刊!必見!

ONE PIECE 87 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:432円
(2017/11/22 04:30時点)
感想(108件)

送料無料!スラムダンク全巻新品!!必見!

SLAM DUNK(スラムダンク)(完全版) 全24巻セット [ 井上雄彦 ]

価格:24,192円
(2015/12/17 23:20時点)

送料無料!受賞作品!必見!

巌窟王 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 中田譲治 ]

価格:25,154円
(2015/12/17 23:28時点)