2018年11月07日

LAS VEGAS★ラスベガスでバカンス@〜Presidential Suite

海外旅行:LAS VEGAS

★ラスベガスでバカンス@〜Presidential Suite



先月、眠らない街、ラスベガスにまた行ってきました!
あまり休みがとれないので、ラスベガスは2泊3日!で、実家のあるPasadenaも含めて合計で、1週間もいませんでしたが、相変わらず、グルメやショーなどを満喫しました!
今回のラスベガス旅行は、相方と、アメリカに住んでいる親友カップルの4人で!!男二人女二人です。
ラスベガスは、ぶっちゃけ、色んな誘惑があるので笑・・・
付き合ったばかりのカップルにはおススメの場所ではないのですが、私達は、高校時代からの長年の付き合いの腐れ縁的関係なので余裕。お互いの良いも悪いも知っている毎度のメンバーです笑。
国内旅行の時は、ほとんど計画をたてるのは私ですが、アメリカの時は、大体は、親友が全て計画をたててくれるから楽!!ホテルも、良い感じのを予約してくれました。


Presidential Suite!!!
4人でも、かなり広い!!
3つの寝室に3つのバスルームがあります。
まあ、広いので6人用ですね笑。
私達は、4人だったので、残りの部屋1つは使わなかったという笑。
親友の買い物の荷物置き場になってた笑。

アットホームな感じの落ち着くリビング。
IMG_6449.JPG
IMG_6450.JPG

キッチンも完璧。
IMG_6451.JPG

寝室です。
IMG_6448.JPG

値段は知りません笑。
アメリカは日本と違って、一人単位の値段じゃなく、部屋単位だから、たぶん、部屋で1泊50、60万ぐらい?
相方と旅行する時は、あまりお金の心配はしないように言われるので、詳しい値段は不明ですがね。

ただ、旅行する時は、国内でも海外でも、快適な場所に泊まりたいですね。
私の場合は特に、寝つきが悪いし、一時期、不眠症で悩まされてた事もあったので、可能な限り、自宅と同じように、快適な寝床を旅行先でも求めてます。
そして、私も彼氏も親友も潔癖症なので・・・
だから、結構、私達にとっては、値段よりも、ホテルに関しては快適さと清潔度が重要です。

ラスベガス旅行、ギャンブルは少しだけしました・・・
勝ったり負けたりで笑。
でも結果的に、差し引いて、+US$45 だから、勝ったのかな笑。
ちなみに、彼は、+US$560 も勝った笑。
初日いっぱつで勝ったから、スマートな彼は、それ以降は一切ギャンブルしませんでしたね。
そこがスマート。そういう所が好きです。勝ったからって調子にのってると負けるからね笑。

次のページは、ラスベガスのジョエルロブションでの食事・・・
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1631/0




2018年09月18日

アメリカのメイン州にある港湾都市ポートランドへ(Portland,Maine)

アメリカのメイン州にある港湾都市ポートランドへ


先週、相方のニューヨーク出張についていきました。
ニューヨークは、私の兄も仕事の関係で在住しているため、アメリカの中でもよく行く場所ではあります。
さて、今回、そのニューヨークから、プチ旅行で、メイン州にある港湾都市ポートランドへ行ってきました。
人生初です!!1泊2日しただけのプチ旅行でしたが、海鮮料理が美味しかったし空気がとーっても綺麗でした。相方の友人夫婦とも一緒に行ったので、あまり沢山写真をとる時間はありませんでしたが綺麗でした。

IMG_5567.JPG
IMG_5568.JPG


日本人があまり行かないところでしょうが、アメリカ人の間では、バケーションランドで結構有名です。
夏はそんなに暑くならないので、何度かは測ってないけど先週ぐらいの季節がちょうどよかったですね。
自然豊かで、ニューヨークや東京の喧騒から一時でも離れる事ができるのがいいですね。
たまに東京にいても、軽井沢とかに行きたくなるのと同じです。軽井沢は高原で、こちらは、どちらかというと海ですけどね・・・そうそう、ここは海鮮料理が有名!


2018年08月03日

Holiday in Cancún ★ マヤのピラミッドで有名なチチェン・イッツァへ 〜 Pre-Historical City of Chichen Itza

Holiday in Cancún



マヤのピラミッドで有名なチチェン・イッツァへ 〜 Pre-Historical City of Chichen Itza

欧米の人たちに大人気のカリブ海リゾートのカンクンから、車で約2時間ちょっといくと、あの古代文明のマヤの神殿がある場所につきます・・・そこには、マヤのピラミッド、チチェン・イッツァもあります。1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡です。

1.jpg
2.jpg
4.JPG
3.JPG
5.JPG
6.JPG

最上階にあるのは生贄の祭壇・・・
聞いた事がありますか?
生きたまま心臓をナイフで取り出されるとかなんとかいう話。
昔の人は凄く残酷だなー
こわい・・・

まあ、これも宗教がからんでいるのですが・・・
マヤの最高神ククルカンは、羽毛のあるヘビの姿をした神です。
このピラミッドは、その神様を祀るピラミッド
春分の日と秋分の日の夕暮れ、ピラミッドの北側の階段に、沈む太陽がヘビのような影を投げかけるのだとか。
最高神ククルカンの降臨だ!!と昔の人々は信じた事でしょうね。
しかし、そのような神が本当に存在するかもしれませんね。
それほどに、このピラミッド、いやこの地域一体は不思議でした。
本当に人間が作ったの?今の人間でもこんなのが作れる?
それも1000年以上前の人間が作れるのか・・・?
そう、このピラミッドは1000年以上前に古代マヤ文明によって建てられたのです。
基底55.3メートル四方、高さ24メートル(頂上の神殿部分は6メートル)。
カスティーヨともよばれており、はスペイン語で城塞の意味。
また、「ククルカンのピラミッド」「ククルカンの神殿」とも呼ばれています。
大きな9段の階層からなり、4面に各91段の急な階段が配されていて、最上段には真四角な神殿(生贄の祭壇もここに・・・)があります。ピラミッドの階段は、4面の91段を合計すると364段で、最上段の神殿の1段を足すと、ちょうど365段。1面の階層9段は階段で分断されているので合計18段となり、これらはマヤ暦の1年(18か月5日)を表す。このことから「暦のピラミッド」とも呼ばれています。
内部には初期のトルテカ=マヤ方式のピラミッドが内蔵されており、この神殿にはジャガーをかたどった玉座や生贄の心臓を太陽へ捧げたチャクモール像が置かれています。

どれぐらいの人たちが生贄になったんだろう・・・
てか呪われてないか、ここ?

さて、生贄を決めるさいにスポーツが絡んでいるんだとか。
これは初耳でした。
ガイドに教えてもらいました。
球戯場もあります。ゴムで作られた重いボールを腰で打って相手側のコートに入れるスポーツ。
試合が盛り上がるほど雨が降り豊作になると信じられていたそうです。
そして、負けたら生贄になって斬首されるとか・・・
しかし、一説では勝った方が生贄にもなるといわれています。
現在でもはっきりしていないそうですが、いずれにせよ、残酷で恐いですね。
生贄の血が、流れ込むようの、井戸もあるんです・・・

この遺跡は100年以上にわたって探検家や考古学者に調査されてきたが、その謎はいまだ解かれていないそうです。ピラミッドの下には地下水路が存在するのか、建造物の中心には隠し部屋があるのか。
ここらへんは昔、エイリアンに支配された場所なのかっもしれないとガイドのおじさんが冗談を交えながら話してくれました。

また、チチェン・イッツァ周辺には川や湖沼がないそうです。地下水が露呈した天然の湖セノーテが唯一の水源だったとの事。700年頃から宗教儀礼に用いられるようになり、雨が降らない時や豊作を願う時、雨と嵐と稲妻の神チャークの予言を伺うために、財宝や生贄の人間が投げ込まれたといいます。ここででも生贄の儀式が・・・のちに、この湖の中で人骨やたくさんの財宝が発見されたそうです・・・

2018年07月31日

Holiday in Cancún ★ カリブ海、カンクンにやってきた!〜Hyatt Zilara に泊まる

Holiday in Cancún



カリブ海、カンクンにやってきた!〜Hyatt Zilara に泊まる

ホテル公式: https://www.hyatt.com/en-US/hotel/mexico/hyatt-zilara-cancun/cunia

私と相方の部屋。
カリブ海らしく開放的な意味で広くて綺麗
11.JPG
12.JPG
13.JPG

ちなみに今日はいよいよマヤ遺跡にいってきます。
ピラミッドとか・・・恐い生贄の歴史があった場所だけど・・・恐いけどずっと興味がありました。
カンクンはアメリカに住んでたときに、何度か家族と友人ときてたから初めてではないのですが、マヤ遺跡は実は今回が初めてです。楽しみ〜!

Holiday in Cancún ★ カリブ海、カンクンにやってきた!〜海と空が美しい

Holiday in Cancún



カリブ海、カンクンにやってきた!〜海と空が美しい

現在、アメリカ人の友人夫婦と相方と私の4人で休暇に来ています。
カンクンは過去に何回かきていますが、あいかわらず綺麗です。
ハワイには一度も行った事ないんですけどね笑。ハワイは日本人専用というイメージで敬遠しています。
(いやきっと素敵なんだろうけど。)
カンクーンはメキシコ西のユカタン半島に位置するリゾート!
日本人や中国人等は思いのほか少なく、観光客といえば欧米の人が多いですね。そういうところもいいね。
すてきなホテルも沢山あるし、買い物もグルメもクラブも充実しているし、マリンアクティビティも楽しめるパラダイス!まぁ、私はそれより、マヤ文明の遺跡とかが気になるんですけどね笑。
さて、旅行中なので、あまり長い記事はかけませんが、ぱぱっと写真だけでもアップしていきます。
海は、turquoise色で本当に美しいです。

これぞ、カンクンの海と空

昨日の昼頃にとった写真です。

1.JPG
2.JPG
IMG_4415.JPG

こちらは今日の早朝。

IMG_4417.JPG
IMG_4723.jpg

とても綺麗。
海で泳ぐのは実はあまり好きではないのですが、静かなビーチを歩き潮風にあたりながら海を感じたり、ホテルのベランダから海を流れたりするのは好きです。
日本の湘南なんかと比べ物にならないほど、すっきりしてて人がいないし落ち着く・・・
(夏の湘南の海とかテレビでしかみたことないけど、暑い中、みんなよくあんな混雑しているところにいけるな〜と私は理解できない笑。)

2018年02月05日

マレーシア・ペナン島H『買い物〜靴』

マレーシア・ペナン島H

ペナン島のショッピングモールで、私のお気に入りは、PARAGONと、GURNEY PLAZA!
洋服は、シンガポールや日本で買う事が多く、化粧品は、免税店や機内で買う事が多いですが、ブーツやスニーカー以外の靴は、ペナンで買う事が多いです。

今回買ったのは、この二束!!

1-1.JPG
1-2.JPG
1-3.JPG

マレーシア・ペナン島G『Thaipusam〜タイプーサム』

マレーシア・ペナン島G

Thaipusam〜タイプーサム

タイプーサム前日。
準備をしている!!神の使いの牛!?

3-1.JPG
3-2.JPG

多民族・他宗教国家のマレーシアには様々なお祝い事やお祭りがあります。
特にペナン島は、中華系、マレー系に続き、インド系国民もたくさんいます。
国民のほかに、欧米や中国、韓国、日本からの移民もたくさんいます。
その為、様々なレストランがあり、様々な文化が共存しています。
お祭りも様々です。
さて、その中でも、特に異質なのが、ヒンドゥー教の奇祭「タイプーサム」!!

あまりの壮絶さゆえに、現在はヒンズー教の本国インドでは禁止されているのだそう!
ですので、この行進を行っているのはシンガポールとマレーシアだけ!!
100万人が集まるお祭りですが、彼らにとっては神聖なお祭り、いや民族かんけいなく中華系にとっても地元のマレーシア人にとっても、神聖なお祭りです。
最近では、珍しさ目当てにお祭りにやってくる外国人もいますが、そういう目的でやってくるのは控えた方がいいと私は思います。
混雑もするし、私と私の家族は、この日は、お祭り地域には寄らないようにしています。

タイプーサムは、ヒンズー教の主教シヴァ神の息子ムルガ神が母である女神パールヴァティから無敵の槍を与えられ、魔王を倒した日を祝うというのが、起源です。
タイプーサムには敬虔なヒンズー教徒が苦行をすることで、神々への感謝を表します。
この苦行というのが、すさまじいものです。
実際にお祭りにはいかないので写真はありませんが、まあ、仮にいっても神聖な宗教の場、しかも苦行、写真なんか撮りませんが・・・(撮ってはいけないという決まりはないけど、マナーとして控えた方がいい)

その苦行というのが、体にたくさんの針を刺し寺院まで神輿を引いたりするものです。
トランス状態に入る信者もたくさんいます。

この苦行、インド人じゃなくても実は参加できます。
何か重い病にかかったり、どうしても叶えたい願いがあったり、ヒンズー教の神に願掛けをして叶ったら、苦行に参加する信者もたくさんいるのです。今回も、中華系の人も参加していました・・・

日本では決して考えられないことですが、世界は広いです。
この世界には様々な文化や宗教があるように、人も千差万別という事ですね。

2018年01月28日

マレーシア・ペナン島B『新しいコンドミニアム』

マレーシア・ペナン島B

『新しいコンドミニアム』


今回のペナン島への旅のメインは、旧正月を過ごすことと、親がまた新しいマンションを購入したので、その引越し手伝い!!
シンガポールとアメリカに実家がありますが、別荘としてマレーシアのペナン島にも家があります。
マレーシアのペナン島には、20年ほど前に、両親が購入した邸宅が一軒あります。それとは別に、10年前に購入したコンドミニアムがあります。私が行くときは、だいたいは、そのコンドミニアムの方に住んでいます。
しかし、将来の事も考え、設備がさらに新しく、高齢者にやさしい、全ての場所がバリアフリーの新しいコンドミニアムを新たに購入しました!

場所や名前は伏せますが、今回のコンドミニアムは、前の、2800ft2(約260m2)より、少し狭い、2500ft2(約233m2)で、寝室4つ+使用人用の部屋1つ、そしてトイレバスが3つです。バリアフリーで、設備がとても整っています。私たちの家族は、一般的な日本人と違って、トイレバスをシェアする感覚がないので、寝室すべてにトイレバス付がよかったのですが、トイレバスがついているのは寝室二つだけで、三つ目のは共有になります。
といっても、兄弟含め、家族全員が揃う事はめったにないし、私も仕事が日本のため、あまりこっちにはこないので、私は、トイレバスなしの寝室をもらいました。

プライバシー保護のため、部屋の中の写真はのせないですが、外はこんなかんじです。
プールがとても広々としています。

11.JPG 14.JPG
13.JPG 12.JPG
21.JPG
17.JPG
16.JPG
15.JPG


ジムやゲームルーム、他にも図書室などがあります。
ゲームルームにはビリヤード台やダーツなどもあります。
プールは本当にお気に入りです。

19.JPG
18.JPG


こちらはホールです。
イベントや、パーテイなどに使えます。借りるさいは、事前予約が必要です。

20.JPG

足つぼマッサージ!?

22.JPG
23.JPG

マレーシア・ペナン島A『Komtar Penang』

マレーシア・ペナン島A

『Komtar Penang』


ペナン島のシンボル。
しかし、私はあまり行きません。
最上階になかなかスリル満載な空中歩遊できる場所があります。
しかし、コスパが悪いし、地元の人たちは敬遠しています。
120%、コスパを気にしない観光客向けでしょう。

IMG_1569.JPG

2018年01月23日

海外旅行のまとめ

海外旅行のまとめ




今までに、このブログで紹介した複数ある国際旅行や出張の過去記事をまとめます。
リンク先からそれぞれみられます。
単発の記事はここにはのせてません。
ここにまとめてあるのは、複数記事がある旅行や出張のみです。


★アムステルダム(オランダ)<2017年>★

Netherlands 〜 Amsterdam (オランダ 〜 アムステルダム)@
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/703/0

Netherlands 〜 Amsterdam (オランダ 〜 アムステルダム):グルメ A
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/704/0

Netherlands 〜 Amsterdam (オランダ 〜 アムステルダム):街中グルメ B
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/705/0

Netherlands 〜 Amsterdam (オランダ 〜 アムステルダム)C
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/706/0

Netherlands 〜 Amsterdam (オランダ 〜 アムステルダム):海鮮料理D
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/707/0

Netherlands 〜 Amsterdam (オランダ 〜 アムステルダム):カフェ E
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/708/0




★イタリア複数都市(イタリア)<2016年>★

イタリア旅行記2016年@ 〜 スーパー&コンビニ
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/646/0

イタリア旅行記2016年A 〜 DUOMO編・フィレンツェ:『サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂』
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/647/0

イタリア旅行記2016年B 〜 グルメ編・本場のイタリアン
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/653/0

イタリア旅行記2016年C 〜 DUOMO編・ミラノ:『ミラノのドゥオーモ』
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/654/0

イタリア旅行記2016年D 〜 グルメ編・本場のイタリアン
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/661/0

イタリア旅行記2016年E 〜 DUOMO編・シエナ:『シエナ大聖堂』
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/662/0

イタリア旅行記2016年F 〜 DUOMO編・シエナ:『シエナ大聖堂』内部
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/663/0

イタリア旅行記2016年G 〜 グルメ編・本場のイタリアン
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/664/0

イタリア旅行記2016年H 〜 グルメ編・本場の生ハム
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/666/0

イタリア旅行記2016年I 〜 グルメ編・ミシュラン一つ星『KONNUBIO』で晩餐
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/667/0

イタリア旅行記2016年J 〜 グルメ編・ミシュラン一つ星『KONNUBIO』で晩餐
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/668/0

イタリア旅行記2016年K 〜 グルメ編・ミシュラン一つ星『KONNUBIO』で晩餐
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/669/0

イタリア旅行記2016年L 〜 『ピサの斜塔』
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/670/0





★ニューヨーク(U.S.A)<2016年>★

Merry Christmas ★ ニューヨーク、マンハッタンにて、家族でクリスマス晩餐@
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/672/0

Merry Christmas ★ ニューヨーク、マンハッタンにて、家族でクリスマス晩餐A
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/681/0




★上海(中国)<2015年>★

中国旅行記@:AMERICAN AIRLINE〜アメリカン航空・ビジネスクラス
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/190/0

中国旅行記A:中国グルメ〜しゃぶしゃぶ&焼肉など
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/191/0

中国旅行記B:中国グルメ〜中国にきて和食!?
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/192/0

中国旅行記C:中国グルメ〜中国にきて、また和食!?
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/193/0

中国旅行記D:中国グルメ〜シーフード三昧、カニ料理三昧
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/194/0

中国旅行記E:中国観光〜Yu Gardenなど色々
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/195/0




★ラスベガス(U.S.A)<2011年>★

@<ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/76/0

A<ブッフェ>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/101/0

B<ホテル>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/162/0

C<面白いもの>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/181/0

D<グルメ関連>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/263/0

E<噴水ショー>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/264/0

F<建築>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/265/0

G<ラスベガスの夜>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/266/0

H<LAS VEGAS〜ラスベガスのホテルで可愛い白熊を発見!>
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/281/0




★イスタンブール(トルコ)<2008年>★
<記事はまだ途中>

トルコ冒険記@ 〜 『カタール航空でイスタンブールへ』
トルコ冒険記A 〜 『イスタンブール ボスポラス海峡でランチ』
トルコ冒険記B 〜 『HILTON HOTEL in ISTANBUL』
トルコ冒険記C 〜 『トルコのお菓子はとにかく甘すぎる!』
トルコ冒険記D 〜 『トルコの前菜とスープ』
トルコ冒険記E 〜 『屋台で発見!謎のドリンク』
トルコ冒険記F 〜 『グランドバザール探索』
トルコ冒険記G 〜 『甘いアラビアンスイーツ★ロクム』
トルコ冒険記H 〜 『トルコのピザ!?TURKISH PIZZA!?』
トルコ冒険記I 〜 『トルコ料理の前菜は美味』
トルコ冒険記J 〜 『トプカプ宮殿でランチ』
トルコ冒険記K 〜 『トプカプ宮殿からの景色:ボスポラス海峡』
トルコ冒険記L 〜 『トプカプ宮殿 / Topkapı Palace』
トルコ冒険記M 〜 『イスタンブールで謎の古代文字!?』
トルコ冒険記N 〜 『幻想的なイスタンブールの地下宮殿』
トルコ冒険記O 〜 『イスタンブール地下宮殿に封印されたメデューサの首』
トルコ冒険記P 〜 『ブルーモスク 〜 スルタンアフメト・モスク』
トルコ冒険記Q 〜 『夜の幻想的なブルーモスク』
トルコ冒険記R 〜 『Ayasofya Hürrem Sultan Hamami 〜ハンマーム』
トルコ冒険記S 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』T
トルコ冒険記21 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』U
トルコ冒険記22 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』V

2018年01月18日

トルコ冒険記22 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』V

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1095/0 の続きです。

トルコ冒険記22 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』V






一時期はモスク、一時期は大聖堂・・・
そんな波乱万丈な運命をたどってきた、歴史と宗教に翻弄されてきたアヤソフィア。

前記事では、その歴史について書きました。
この記事では、そんなアヤソフィアの歴史ある壮大な建築美を、私が撮った写真で紹介いたします。

1500年以上も前から存在し、歴史の重さを感じられるアヤソフィア、内装は、黒に金字の円盤が特徴的です。この円盤はイスラム教を象徴しており、イスラム教の指導者の名前であり、右からアッラー、ムハンマド、ウマルと書いてあります。

11.JPG
12.JPG
17.JPG 16.JPG
19.JPG 18.JPG


神々しい・・・
眩くばかりの光・・・
威厳を放つ大聖堂・・・
聖母マリアやキリストの絵・・・
かつて、ここが大聖堂だった記憶が呼び起こされます。


この内装のキリスト教のモザイク画は、モスクになったときに、塗りつぶされてしまいました・・・
しかし、1931年、アメリカ調査隊により壁の中のモザイク画が発見さたのです。今の博物館になっている。
発見されたモザイク画は状態が悪く修繕中のものもありますが、上の写真の中央にある、マリア像は、まだ美しく、神々しいです。

また、2階には、貴重なモザイク画があります。
2階への階段と道のりは、これまた、別世界に迷い込んだ迷路のようです。
まさに、ダンジョン!!!

dd.JPG


なお、モザイク画の写真は、前の記事:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1095/0 にアップしております。

記事が重くなったので、ひとまず、ここで終わりますが、まだまだ大量の写真がありますので、別の機会にまたアップします。


他の記事:
トルコ冒険記@ 〜 『カタール航空でイスタンブールへ』
トルコ冒険記A 〜 『イスタンブール ボスポラス海峡でランチ』
トルコ冒険記B 〜 『HILTON HOTEL in ISTANBUL』
トルコ冒険記C 〜 『トルコのお菓子はとにかく甘すぎる!』
トルコ冒険記D 〜 『トルコの前菜とスープ』
トルコ冒険記E 〜 『屋台で発見!謎のドリンク』
トルコ冒険記F 〜 『グランドバザール探索』
トルコ冒険記G 〜 『甘いアラビアンスイーツ★ロクム』
トルコ冒険記H 〜 『トルコのピザ!?TURKISH PIZZA!?』
トルコ冒険記I 〜 『トルコ料理の前菜は美味』
トルコ冒険記J 〜 『トプカプ宮殿でランチ』
トルコ冒険記K 〜 『トプカプ宮殿からの景色:ボスポラス海峡』
トルコ冒険記L 〜 『トプカプ宮殿 / Topkapı Palace』
トルコ冒険記M 〜 『イスタンブールで謎の古代文字!?』
トルコ冒険記N 〜 『幻想的なイスタンブールの地下宮殿』
トルコ冒険記O 〜 『イスタンブール地下宮殿に封印されたメデューサの首』
トルコ冒険記P 〜 『ブルーモスク 〜 スルタンアフメト・モスク』
トルコ冒険記Q 〜 『夜の幻想的なブルーモスク』
トルコ冒険記R 〜 『Ayasofya Hürrem Sultan Hamami 〜ハンマーム』
トルコ冒険記S 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』T
トルコ冒険記21 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』U

2018年01月17日

トルコ冒険記21 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』U

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1094/0 の続きです。

トルコ冒険記21 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』U






一時期はモスク、一時期は大聖堂・・・
そんな波乱万丈な運命をたどってきた、歴史と宗教に翻弄されてきたアヤソフィア
その歴史を簡単にたどってみました。

・・・

★キリスト教の大聖堂

アヤソフィアは、元々はキリスト教の大聖堂として立てられました。コンスタンティウス2世の手によって350年頃に建設が始まり360年に、アリウス派僧侶の司教アンティオキアのユードクシウスによって献堂されたのです。360年!!!!古いですね。私の生涯で、入った最もと古く歴史ある建物になりました・・・

しかし、その後、天災や反乱などによって破壊された大聖堂は、537年にユスティニアヌス1世によって再建され、以来、ほぼ当時のままの姿を現在まで保ち続けているんだそう!!!それでも、古い!
確かに入った瞬間、なんというか、重い念みたいなのを感じました。冗談ではなくて、本当になんというか、歴史の重みが感じられるんです。

1.JPG
2.JPG
3.JPG 4.JPG
6.JPG 5.JPG


★イスラム教モスク

さて、キリスト教の大聖堂だったアヤソフィアですが、15世紀半ばに転機が訪れます。
1453年、オスマン帝国軍によってコンスタンティノープルが陥落しました。
そして、今のイスタンブールになりました。
キリスト教だった街はイスラム教で埋め尽くされ、アヤソフィアはキリスト教聖堂からイスラム教モスクへ改造されていったのです。

しかし、この建物の美しさと凄さには、コンスタンティノープルを蹂躙し略奪し陥落させたオスマン帝国軍も目を見張りました。オスマン帝国スルタン・メフメット2世は、アヤソフィアの優れた建築技術と稀有な芸術に感銘を受けたのです。
そして、大聖堂を完全に破壊するのではなく、改修してモスクへ転用するように命じたのでした・・・
内装のキリスト教のモザイク画は、塗りつぶされてしまいました・・・
(のちに、1931年、アメリカ調査隊により壁の中のモザイク画が発見され、今の博物館になっている。) 
そして、アヤソフィアは、オスマン帝国時代、君主が毎週の金曜礼拝で訪れ、帝国内で最も高い格式を持つモスクとなりました。

8.JPG


★ 博物館

そして、今度は、モスクにも20世紀前半に転機が訪れます。
20世紀前半に、トルコ共和国が誕生すると、建物はモスクから博物館へと姿を変えられました。
そして今に至ります・・・

7.JPG

博物館になった今は、キリスト教にまつわるものも多数展示されております。

9 (2).JPG 9.JPG
10.JPG

アヤソフィアの数奇な運命、いかがでしょうか・・・
長い歴史の中、宗教に翻弄されてきましたが、今では、誰もが訪れることができる博物館となりました。
しかし、危険とまではいかないものの、最近のトルコ情勢も少々危ういので・・・もう10年前みたいに気軽に旅行にはいけないですけどね。

記事は、これで終わりではありません。
内装の、もっともっと凄い写真が多々ございますので、また別の記事で紹介いたします。



トルコ製 輸入カーペット 約200×250cm ラグサイズ アヤソフィア(N)

価格:32,800円
(2018/1/17 22:16時点)
感想(0件)



他の記事:
トルコ冒険記@ 〜 『カタール航空でイスタンブールへ』
トルコ冒険記A 〜 『イスタンブール ボスポラス海峡でランチ』
トルコ冒険記B 〜 『HILTON HOTEL in ISTANBUL』
トルコ冒険記C 〜 『トルコのお菓子はとにかく甘すぎる!』
トルコ冒険記D 〜 『トルコの前菜とスープ』
トルコ冒険記E 〜 『屋台で発見!謎のドリンク』
トルコ冒険記F 〜 『グランドバザール探索』
トルコ冒険記G 〜 『甘いアラビアンスイーツ★ロクム』
トルコ冒険記H 〜 『トルコのピザ!?TURKISH PIZZA!?』
トルコ冒険記I 〜 『トルコ料理の前菜は美味』
トルコ冒険記J 〜 『トプカプ宮殿でランチ』
トルコ冒険記K 〜 『トプカプ宮殿からの景色:ボスポラス海峡』
トルコ冒険記L 〜 『トプカプ宮殿 / Topkapı Palace』
トルコ冒険記M 〜 『イスタンブールで謎の古代文字!?』
トルコ冒険記N 〜 『幻想的なイスタンブールの地下宮殿』
トルコ冒険記O 〜 『イスタンブール地下宮殿に封印されたメデューサの首』
トルコ冒険記P 〜 『ブルーモスク 〜 スルタンアフメト・モスク』
トルコ冒険記Q 〜 『夜の幻想的なブルーモスク』
トルコ冒険記R 〜 『Ayasofya Hürrem Sultan Hamami 〜ハンマーム』
トルコ冒険記S 〜 『アヤソフィア 〜 Hagia Sophiā』T

VIVRE CARD 〜ONE PIECE図鑑〜 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:1,350円
(2018/9/4 05:36時点)
感想(0件)

くる天 人気ブログランキング ブログランキング にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ
プロフィール
Perona★沙月さんの画像
Perona★沙月
はじめまして。ワンピースのペローナが大好きな沙月と申します。 ワンピースでは、ペローナ、ミホーク、ロー、レイジュが特に大好きです。あと麦わらの一味はみんな好きですが、特にフランキー、ウソップが好きです。 ワンピース以外にもハンターxハンターなど色々な漫画を読んでいます!(少年漫画メイン) 欧米のドラマや映画も観ます。特にGAME OF THRONESなどが大好きです。リアル脱出ゲーム・謎解きも趣味です。 このサイトは、自己満足目的の気まぐれなブログです。 多忙の為、更新お休みする時もありますが基本は週に2回〜4回ほど更新予定です。年の30%以上は海外にいますが、時間あれば海外からでも更新します。漫画に関しては、基本的にジャンプ公式発売後に感想を載せてますが、アニメ派とコミック派にはネタバレなので自己責任で!ワンピースの最新情報をできるだけ早くファンに伝えればいいと思っていますが、原作に関しては最近は貯めてからいっきに読んで感想を書く事が多いです。多忙の時は、時々相方にバトンタッチしながら、できるだけ更新を心がけます。 私は、楽しいことが大好きな、いたって普通の平凡なアラサーですが趣味が沢山あります!まず、食べること、読書、旅行、スポーツ、リアル脱出ゲーム、映画やドラマ観賞、漫画、ゴシックファンタジー等が大好きです。スポーツは特に水泳とバスケットボールが好きです。尊敬する人は、エリザベス女王、両親、相方、兄、弟、親友です。 ブログでは、旅先の事、美味しい食べ物の事、リアル脱出ゲーム、漫画の事(ワンピースなど)、本やドラマや映画の事などランダムに書いています。 私は、一応半分だけ日本人の血が入っていますが、生まれも育ちも海外でアメリカ国籍です。日本語も完璧ではないです。ブログ記事の誤字など大目にみてください。日本に住んでいても、外資系企業で働いているため、まわりは帰国子女と非日本人しかいないので、純粋な日本人と深く関わる機会はあまりないです。 このブログは、日本語を上達する為、また同じ趣味を持った人たちと関わるために作りました。 まだまだ日本語の文章力がない素人ですが、大目にみていただけると幸いです。こんな私ですが、同じ趣味の人たち、ぜひ仲良くしてください。ご自由にコメントどうぞ! 英語でのコメントもWELCOMEですよ。
プロフィール

ゾロペロ時計

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー
最新記事
最新コメント
リンク集
送料無料! HunterxHunter 最新刊!必見!

【在庫あり/即出荷可】【漫画】HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 全巻セット (1-33巻 最新刊)/漫画全巻ドットコム

価格:13,981円
(2016/7/14 05:42時点)

HUNTER×HUNTER(15) [ 冨樫義博 ]

価格:421円
(2016/7/14 05:42時点)

送料無料!ワンピース最新刊!必見!

ONE PIECE 87 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:432円
(2017/11/22 04:30時点)
感想(108件)

送料無料!スラムダンク全巻新品!!必見!

SLAM DUNK(スラムダンク)(完全版) 全24巻セット [ 井上雄彦 ]

価格:24,192円
(2015/12/17 23:20時点)

送料無料!受賞作品!必見!

巌窟王 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 中田譲治 ]

価格:25,154円
(2015/12/17 23:28時点)