2019年08月03日

Game of Thrones ★ Season 1 • Review 4

Game of Thrones ★ Season 1
Review 4




Finished watching all episodes in season 1 for the third time!
GOT was the best drama I’ve ever watched!

So... the final episode of Season 1...
The scene with Danny out from fire made me somehow overwhelmed that my tears came out...
It was really good emotional scene.
I’ve always liked Danny...
I kindda supported her in season 1 when I first watched...
This was my third time watching and I still liked her but I could not support her like I used to anymore...haha...

That witch whom Danny burned to death...she deserved it... yet if i stood in her position, I could understand her revenge too...
The thing about GoT was that there were no real villains or hero.
Everybody stood in different position...
As a fan, I try to see thing in many perspectives so I came to understand each character was quite complex and has his or her own story...

Well, my favorite would always be the Lannister twins though !!

Season 1 was amazing...

I would rate it 10 out if 10 !!!

Game of Thrones ★ Season 1 • Review 3

Game of Thrones ★ Season 1
Review 3




Watched up to episode 9...
I never liked Ned and I never supported him as I said in my previous review, but I still cried when he died...
He was too weak and soft, yet too stubborn to be the hand of king but he was a decent father...
The death scene was quite emotional...
I mean, he gave up and tried to save his family’s lives by admitting Joff was the true King...
Cersei also wasn’t that evil to kill him...
Yet he died...
It was Joff...

It was sad for Ned and his family...

But you know...

I liked Cathrine better than Ned but I also felt she was responsible for this fight with the Lannisters.
She acted on her on and kidnapped Tyrion from start.
It was Jaime’s fault that he pushed Bran out of window and that was not wise...
However Cathrine’s action was not wise too...
It caused the death of her husband...

Joff was always mean but after he became King, madness was added to his cruelty.
He became monster.
The throne always made kings and queen to go mad...
Maybe the iron throne was cursed...
People who took the crown became mad, people who fought over the crowns became mad...

Did Joff’s madness really came from the sin of incest?
Was he just a spoiled kid? Well, definitely beyond spoiled kid...
Or did he got cursed by the throne !??
Or maybe all...

I never liked Joff but I never hated him too.
We always need that kindda guy in story anyway.
But I didn’t see him just as a cruel villain...
I saw something more in him...
He could be the victim of incest, victim of the throne.
Only his mom loved him.
His king father never cared about him.
His biological jealous father disliked him for spending too much time with his mum.
He had a drunken ugly fat king as father and he believed, or tried to believe he was his real dad...
A drunken dad that never loved his mum, never loved him...
On the other hand, I bet he could tell something was going on between his uncle Jaime and his mum...
Maybe he knew like his uncle was his biological father...
However his uncle-father was obsessed with his mummy all the time.
Well, maybe he only knew him as uncle... but I could tell they didn’t like each other.
He obviously knew the rumors about his mum and uncle...
So yah... Joff’s childhood was messed up.
I would be super messed up if I was him...
Myrcella turned out good maybe cuz she didn’t have pressure to be king.
Also she was good by nature.

So... Ned died... sad...
They made that scene so emotional...
I felt so sad for Arya and I cried...
That was also the moment a noble girl became no one... she became just a poor homeless boy.
Her life fell from glory to darkness.
She started to live the life of revenge...
Arya and Sansa had pretty good childhood than most of the GOT characters...
But happiness were taken away ...
Very emotional scene... I loved that scene...

R.I.P. Ned...

2019年08月02日

Game of Thrones ★ Season 1 • Review 2

『Game of Thrones』Season 1
Review 2




Watching season 1, episode 9, this stroke me...
Maester Aemon’s words to Jon...
This foreshadowed the faith of Jon in final season when he picked duty over love...
It was natural that he went back to the Watch.
He belonged there...

Maester Aemon once said to Jon...

"Did you ever wonder why the men of the Night's Watch take no wives and father no children?"

"So they will not love. Love is the death of duty."

“What is honor compared to a woman's love?

What is duty against the feel of a newborn son in your arms, or a brother's smile?"


In the final season of GOT, Jon picked duty in the end... for the peace of the realm.

Jaime Lannister was the total opposite though.
He wanted to be a honorable knight, yet he threw a boy out from window and murdered innocent people.
No one asked him to do so but he did such things so that he could be with the woman he loved.
He had gave up his duty as the heir of the Casterly Rock and everything he was promised to... just to be with the only woman he ever loved.
He was not ashamed of loving her and he wanted to take her as his wife, but he was ashamed of the things he did to hide the affairs, yet he did it anyway.
He wanted to marry her, wanted to be decent normal father of her children but those things never happened... yet he still chose to be with her in the end and died with her.

Jaime and Jon were two very different characters and they were quite a good contrast to each other.

Ned Stark was honorable man as people said so...
Well, I don’t think he was that honorable though.
His sister he defended all his life was far from honorable anyway.
Threw away her duty, betrayed fiancé, risked family lives and ran away with married man.
She was the one that should die horribly, not innocent Elia Martel...
Because of her, Ned had to hide things from his family.
Never really liked Ned.
He also said that Robert’s blood had the right claim and Stannis was the true heir...
But hey, the Baratheon used violence to take over the throne ok!!
What true claim did Baratheon had? Power power power!
If the Baratheon could do it, the Lannister could take over the throne too!
It’s the game of throne!
Robert was not really a good ruler anyway. The kingdom was in debt to the Lannister.
Ned defended Robert just cuz he was his best friend.
Did he really think about the realm like Varys?
What honor did he have?
After all, he just chose his best friend Robert over the Lannisters, that was all.
Normal man.
Nothing honorable, but just a normal man who thought too highly of himself as honorable.
I never liked Ned.
He might be a good father, definitely better father than Tywin Lannister and better husband than Robert Baratheon...
However I never thought he was a hero.
I sympathized with his daughters but I never sympathized with Ned.

In the Stark’s point of view, Lannister might be enemy...
However, I never see Starks as Hero...
I never thought this story was all about hero and villain.
It is “The Game of Thrones”.
By changing perspective, everybody could be right or wrong, justice or evil.


2019年08月01日

Game of Thrones ★ Season 1 • Review 1

『Game of Thrones』Season 1
Review 1




I’m watching this whole amazing show for the 3rd time.
Starting from season 1 again!
So... I just finished watching Season 1 up to episode 7.
After watching the final season, I really thought I should watch it all over again.
Jaime and Cersei, the golden twins had tragic yet beautiful ending...
I’ve always liked Jaime and Cersei even though I never really supported what Cersei did.
However, she was still someone I really sympathized with.


IMG_0631 - コピー.jpg


So season 1 episode 1, Jaime and Cersei...
Great sex scene... lol

In the show, they were portrayed as forbidden lovers...
Same with the book as well.
However, the book also portrayed Jaime to be more dominant and obsessed over Cersei.
It was Jaime that desperately wanted to have sex with Cersei.
Most of the time it was Jaime.
At Winterfell, he demanded sex from her because he couldn’t stand not being able to feel her gorgeous body.
He couldn’t wait until they went back to the city, he just needed to have her.
Cersei even begged him to go hunting with her husband, yet he chose to stay behind so that he could fuck her in the tower. Cersei was very reluctant but she gave in....
And.... Bran saw.
Again it was NOT Cersei’s command that Jaime pushed him out of the window.
It was Jaime’s own stupid decision to do that...

The thing about Jaime was that some blind fans liked to beautified him but he was no Hero.
He was not manipulated by Cersei or victim of abuse.
Yes, there were times she was mean to him but so he was.
He always had his choices!!!
He was a man blessed with handsome look, talent in fighting, extreme wealth, great family, physical power and everything a man could dream of.

IMG_E1229.JPG
IMG_1245.jpg


He could have everything ( except he couldn’t have Cersei as his wife, only thing he could not have)
Jaime had all choices in his life unlike Cersei. He was a strong man with storng mind. Cersei never forced him to do anything. She did command him as a queen but it was his own choice to obey her or not.
He didn’t really obey her anyway, even she was the queen.

He always had his opinon.
For an example, like I said previously, both in drama and in the book, she didn’t even ask him to throw Bran out of window.
He did many things with out the permission of the king or queen or father or sister.
He was a man with his own will. Impossible for Cersei to manipulate him.

Yes, there were times she was mean to him, but abusive?? Hmm... maybe yes and no. But if yes then Jaime the same too. He could be abusive. He was a guy that even Cersei said no 100 times, he would make her say yes.
That was stated in the book as well.
He was the dominant one in sex.

Again...
Don’t forget, it was him in the Winterfell that demanded to have sex with Cersei even though she didn’t want to. I wouldn’t be surprise if many times in their lives, Jaime was forceful and demanding in sex with Cersei. She was his twin and he felt she was his possession.

He was obsessed with her beauty and her body.
Sex, lust, jealousy....
He definitely loved her as sister ( twin) too, but sometimes lust and jealousy came first in his mind.

In the book, he was even jealous of his own son cuz he had more time with her breast.
I mean... oh my god... lol
He was jealous she was breast feeding their son.
In the book, he was possessed with the thought to beat her up just cuz she had sex with other men.
Scary brother who tried to beat his sister up for her affair.
Not knightly...

However in the drama, he was nicer...

I still love Jaime but he was never a saint nor a good man. He had his good side but just like most humans, he had both good and bad sides too... and he was a strong man both physically and mentally.

In season one, I had many favorite scene...
The twins sex of course...lol
But also the Lannister breakfast.
Jaime, Cersei and their sweet children having breakfast together and Tyrion came in and joined.
The scene was just beautiful.
Jaime was the prince and princess’s secret father, but in their eyes he was just their uncle Jaime.
So wrong!!!!
Yet so beautiful...

Another favorite scene was when Jaime was in Cersei’s room...
Jaime was also somehow dominant over Cersei...
Jaime grabbed Cersei rather violently, hugged her from behind and he whispered in her ears...

“The boy won't talk. And if he does, I'll kill him. Him, Ned Stark, the King, the whole bloody lot of them until you and I are the only people left in this world.”

So sexy...
That was so so wrong but he was so sexy....
His whisper was so sexy and powerful, yet so wrong...

IMG_1498 - コピー.jpg
IMG_1498.jpg


The book was more detailed what sexy things happened after that but the drama did well too.
I could watch that scene over and over again.
The Lannisters have been driving me crazy lately... lol

What I liked about the actings were that both Jaime( nik) and Cersei (lena) were blessed with beautiful soft voices.

Let’s talk about other characters as well.
Season 1...
Sansa!!!
Funny none of my friends liked her in the beginning.
I liked her though!
She was naive but kind of power hungry than love blind...
All she wanted was to be the queen.
She was a responsible young lady and wanted her family to feel proud of her.
She thought it was love but the true was that she only wanted Joffery just cuz he was a handsome prince.
She didn’t know Joffery.
She only saw him from outside.
All she want was to become a beautiful queen, just like queen Cersei.
Interesting fact that Sansa actually admired Queen Cersei just because Cersei was beautiful, elegant, graceful and golden...
Sansa didn’t like the ugly King Robert but she admired the Queen...
How naive...
Sansa was naive young girl.
She was naive yet she was responsible and she tried her best to fulfill the role she was expected as a noble woman.
I liked her from the start.

Also very interesting honest comment that Sansa made about Joffery.
She totally ignored Robert... hahaha...
All she had been admiring was actually the Lannister beauty.

“He is not! He's not the least bit like that old drunken king”
”He’ll be the greatest king that ever was, a golden lion and I’ll give him sons with beautiful blond hair”


True honest opinion from the eyes of naive girl.
Lannister was the golden beauty.
Jaime was how a king should look like.
Jon said it in the book too.
Cersei was how a queen should look like... beautiful and elegant.
Sansa admired Cersei both in the book and drama.

IMG_0633.jpg


Ironic that Jaime and Cersei, the golden twins had dark dark secret underneath their layers of beautiful golden masks...

IMG_0631.jpg


....


So this was my third time watching but from the start, I actually never liked King Robert and Ned.
Well, frankly speaking, since I already knew the story from the book, I was never a fan of Ned Stark.
I never hated him and I still think he was a good fatherZ
I felt so sad for his daughters.
I’ve always sympathized with Sansa and Arya from the start so of course I felt sad what became of Ned...
However... the secret that Ned had been holding, the thing about his irresponsible love blind bitch sister who ran away with married prince, that bordered me.
I’ve always hated his irresponsible teenage runaway love blind sister and I could never sympathize with her at all but just plain disgust... I despised her! ( she and Rhaegar. The real evils in my eyes! Feel so sad for Elia Martel...)
She was not a kid but a teenager, yet she had no responsibility for her house and family.
Not honorable to run away with married prince.
She never thought how Elia would feel. Stealing people’s husband.
She only thought about herself, not even her family nor Robert nor any other people.
I have always hated people like that both in fiction and reality.
The thing about Cersei was that even she was selfish in some sense, she tried to do something for her family, she was trying to be responsible and made her family proud... same with Sansa, Myrcella, Margery, Elia Martel, Cathrine, Lysa and all other noble women!!!!!!!
They were responsible since teenagers!!!
As for Arya, she did not want to be a lady but she walked the path of sword. She worked her way out.
Not running off with an irresponsible mad man, who was also a married prince. They fucking caused disaster to the whole seven kingdoms!
So yah... I never like Romeo and Juliet but Rhaegar and Lyanna were much worse.
Good thing they didn’t come out so much in the show.
Worst couple ever. I despised them more than anything.
I could feel sorry for the forbidden love for Jaime and Cersei because they had bonds since birth and they were each other’s “first”...
But Rhaegar and Lyanna? Nah. Never.
Love at first fight? What a cheap love. First of all, he had a wife, children and kingdom he should be responsible of. She had fiancé and noble family she should be responsible of.
If they wanted to get married, they should have done it in clean fair way.
Not suddenly running away. Worst outcome.

Irresponsible stupid bitch Lyanna just died by childbirth and Ned had to keep her stupid promise.
Lied to his friend Robert, didn’t tell the true to his dear wife Cathrine and .... poor Jon.
Even though Jon’s true parents were shits, Jon was innocent.
No one could choose their parents anyway.

So I never hated Ned but I never liked Ned.
He was too soft on his irresponsible sister who risked the entire family members’ lives for her stupid runaway journey with “married” prince.

As for Robert, I hated him from the beginning.
A fat drunken king with a super bad taste in women, freaky abuser.
Because of him, i felt sorry for Cersei from the start.
I really couldn’t believe Cersei could tolerate him for 17 years!!!
JAIME could tolerate him abusing his true love for 17 years !??
Hmm...

My lil brother once told me that he did not understand how Jaime could tolerate Robert abusing his sister over those years. He said it didn’t have to be incest, but normal brother would feel anger towards the husband for abusing his sister too. My brother said he would kill Robert probably on the first night of marriage if he was Jaime... lol
Well, my sweet little brother has always been family guy.
He has always been very protective of me and my mother, more than my father ever was, so I guess he felt that way...
My brother actually doubt Jaime’s love for Cersei until the last scene.
He thought Jaime was a man that come and go...
A man who switch side whenever he liked and blamed every bad thing he did was for his sister when his sister never even asked him to do such things. ( such as throwing boy out of window)
My brother actually sympathized with Cersei more than Jaime.
But then he has always liked the relationship between Jaime and Tyrion.
He thought that was how brother should be.
He also said Jaime should be more brotherly to Cersei, instead of wanting to fuck her all the time
Since Cersei never had proper father love, Jaime should give her that kind of love... my brother said so.
Jaime was blessed with many things Cersei couldn’t have... so yah...
But even my brother who was skeptical about Jaime’s feelings towards Cersei came to like the drama ending.
Jaime went back for Cersei as a lover but also deeper than just a lover...
He went back for her as her twin, as her brother, as her soul mate...
He could have 1000 lovers in his life but he only had one twin.
So yes, he went back for her since he was her everything and she was his everything.

I really liked the drama ending too.

So back to season 1.

Robert died.
He deserved to die anyway.
However I felt abit sorry for him when he talked to Joffery.
That King really believed Joff was his son?
Hmmm...
I would actually feel a bit sorry for Robert if he knew Cersei and Jaime’s affair all along but he kept blind eye because he was financially in debts to the twins’ father.
Also maybe he felt some kind of pity for Cersei so he kept blind eye.
By whoring around, he released his stress of being cheated by his wife.
So I would actually feel sorry for Robert if he knew...
However how stupid, seemed like he really didn’t know... lol
He was just cruel, abusive and disrespectful to Cersei.
He was just a drunken ugly fat king exactly like what Sansa had described!!
So no, I never felt sorry for him.

Ironic that the only one right thing Robert was trying to do was ...
To kill the Dragon blood, kill Daenerys Targaryen...
Yes, she was still innocent in season 1...
But yah...
In the end, she would kill many innocents more than any villain could.

I actually supported Danny when I first watched GOT...
When I didn’t know the whole story...
She was such a sad abused child and she worked hard to came to power!!!

This was my third time watching GOT so I knew what evil she was capable of doing...
I still never hated her.
I came to like her less and less as seasons passed by... but I never hated her.
She was a great important character.

Danny, Cersei, Sansa...

I actually sympathized with them...

Going to continue watching !!




MY TWITTER ACCOUNT
@JC8casterlyrock
IMG_E1655.JPG

2019年07月15日

ネタバレ注意!『American Horror Story Season 8 〜 Apocalypse(アメリカンホラーストーリー〜黙示録)』

ネタバレ注意!

『American Horror Story Season 8 〜 Apocalypse
(アメリカンホラーストーリー〜黙示録)』


自己評価: 65点


GOTとは比べられないし、GOTが一番最高に面白いけど・・・
GOTが終わって、あまり面白いと思えるドラマがないけど、これは、これで、10話、全部観ました。
観るドラマや映画に、とってもPickyな私が、10話全部観たドラマ!
特に好きなキャラがいるわけじゃないんだけど、引き込まれるようなストーリーですぐに、いっきに観終わりました。
先の展開がわからないのが面白い
映画もアニメもドラマも小説も、ワンパターンはあくびが出るし、先の展開がわからない展開って、好きなキャラがいるいないに関わらず、引き込まれるんですよね・・・

American Horror Storyは、シーズン8まであるけど、どのシーズンも、独立している(若干繋がっている話もある)物語で、どのシーズンから、観てもOK。そこが面白さの一つでもあるんです。
シーズン1から観ないといけないとかじゃないし、気軽に、好きなジャンルのシーズンから観ている人ばかりかと思います。私は過去に、シーズン1の呪いの館と、シーズン4の怪奇劇場をみた事があります。

そして、このシーズン8は、実は、シーズン1の『呪いの館』、シーズン3の『魔女団』とのクロスオーバー作品です。
シーズン3は観てないけど、シーズン1の呪いの館は観た事あるから、面白かったですね。
まあ、別に観なくても、それぞれ独立しているので話は繋がるけど、このシーズン8にかんしては、せめて、シーズン1をみた方が面白さ倍増かも!!というのは、シーズン1の最後に生まれた子供が、ある意味、このシーズン8のメインの悪役だからです!!

さて、この物語のタイトルは、Apocalypse。
聖書に出てくるような悪魔、サタンの子供(666の魔物)とか出てきますし、それに加え魔女も沢山でてきます。
でも、内容は知らなかったし、1話観たときは、まさか、そんな話とは思わなかった笑。

核戦争後の退廃した地上世界から、奇妙な地下室での生活へ・・・
“共同体”(実際は、イルミナティ)
冒頭からビックリです。世界が終わってた・・・


あらすじ・・・
謎の組織により核戦争が勃発。世界中が核兵器により崩壊しているとニュースが流れ、街中がパニック状態に陥ってしまう。美容院にいた億万長者の娘、ココは父親から手配した避難所へ逃げるよう連絡を受け、アシスタントのマロリー、美容師のミスター・ギャラント、そして彼の祖母を連れ自家用ジェットに乗り込む。辿り着いたのは共同体が建てた避難所のうちのひとつ、第3基地。そこは、組織に選ばれた“優秀な遺伝子を持つ者”と大金を支払った者のみが入ることを許された特別な場所だった。

第3基地を支配するのは二人の女性、ミス・ヴェナブルとミス・ミード。集められた生存者は、彼女たちが作った奇妙なルールの下で管理されることになる。エリートの「パープル」と使用人の「グレー」で着衣を色分けされ、外出や性行為などは全面禁止。そして、それらのルールを破ると厳しい罰が待ち受けていた。安全に思われたこの基地は、彼女たちが暴力と恐怖で統率する恐ろしい場所だったのだ…。

ってのが、あらすじなんですけど・・・
ぶっちゃけ、それはどうでもいいんです。
最初、ずっとこの地下での生活と脱出ゲーム的な物語かと思ったんですが、ぜんぜん違った!!

4話から、どんどん先が読めなくなり、面白くなってきたんです。魔女が出てきたのもこのあたり!!!
ココ、マロリーは魔女(良い魔女たち)で、マロリーは世界を変える事ができる力の持ち主で、二人は、きたるべきの時のために、魔女であった記憶を消されていきてたんですね・・・

ぶっちゃけ、サタンの息子VS魔女たち の戦いのストーリーです。
1話、2話で出てきた他のキャラ達は、ほとんど、どうでもいい。
ウザい大学生カップルがいたな。男の方はイケメンだけど、全く似合わないカップルだ。
別に女の方もブスじゃないけど、苦手なタイプの女。てか、なんか嫌いな組み合わせ。
別に悪い人たちじゃないし、むしろ良い人達だとおもうんですけどね。
まあ、どうでもいいし重要じゃないんですけど・・・と思いきや、最後らへんでビックリ。

特別好きなキャラはいないけど、自然と魔女軍団の方を応援したくなるストーリーですね。
魔女たちの絆・・・
Cordelia は良いキャラだったな・・・
Cordeliaは、魔女のトップで、本当に魔女の姉妹たち(血は繋がってない)を愛していたし守ろうとしていた。
最後、自分の命と引き換えに、マロリーの力を目覚めさせたのが良かった。
マロリーは、過去に戻って、サタンの息子・マイケルを殺す・・・
殺し方が・・・魔術かと思ったら、違うのかよ・・・笑。ひき逃げかよ!!!!!!

マイケルは、シーズン1の呪いの館で出てきたコンスタンスに育てられてたんだけど、ついにコンスタンスもマイケルの異常性に手が終えなくなって家から追い出したところで、マイケルはマロリーにひき逃げされる・・・笑。
コンスタンスというキャラは、結構好きなんです。てか、この女優さんが好き。縁起うまい。
コンスタンスは、善良なキャラじゃないけど、でも、屑だけど、でも、純粋に悪い奴というわけでもないんですよ・・・
人間って誰でも悪と善の部分があるし、なんていうか、不幸なキャラは環境が屑にさせたっていうのか。でも、屑の中にも愛や後悔や悲しみがある・・・ちょっと複雑な魅力あるキャラです。(そこらへんGOTのサーセイを思い出させる。サーセイは、まだ30代で美しいけど、コンスタンスはババアですが・・・まあ、おしゃれなセレブ風のオバサンで、50〜60歳ぐらいかと思います。)
子供が好きで、美しいものが好きで、母親になりたくてしょうがないんけど、自分が生んだ子供は全部どこか可笑しいか異型・・・そんな悲しい母親です。
でも、本当のバケモノは、自分が生んだ異型の子供ではなく、美しい姿をしたマイケル。
それに気づいたんですね・・・
最後、マイケルを見捨てたのが良かった。
死に際にマイケルは、コンスタンスにお願いするんです。
僕をあの呪いの館に連れて行って、あそこで死にたいと・・・
コンスタンスは、なんと・・・彼の願いを聞いてあげなかった!!!!そして、そのまま、地獄に落ちろって捨て台詞をはいて放置。ナイス!!!!!!!!! GOOD JOB!!!
あの呪いの館には、たくさんの霊が今も住み着いている。
楽しく暮らしている霊もいる・・・
そんな中、マイケルがあそこにいったら、絶対に霊にとってよくないし、すごく悪い事がおきる・・・
あの館をそっとしてあげたい・・・というコンスタンスの気持ちがあったのかなと思うと切ない。
あの館で死んだ自分の子供達が平穏に暮らせるように・・・
そんなコンスタンスの母親としての愛があったのかな。
コンスタンスなりの本当の子供達への愛とあの館への愛。

てか、マイケルよ・・・哀れな奴かもしれないですね。
生みの母親にも殺されそうになり、育ての母親にも見捨てられ、サタンの父も結局は何もしてないじゃんっていう・・・
彼にまともに手を差し伸べようとしたのはシーズン1の精神科医だったな・・・
なんとか父親役をしようとしてたけど、でも、それはただ、自分の父親になりたい願望だったのもあるな。
まあ、彼はマイケルを良い方向に導く事はできませんでした。

で、マロリーは過去に戻って、サタンであるマイケルを殺して、平和がきたーってHAPPY ENDINGって思ったんだけど、そう都合よくいくわけにもいかないですね。

過去を変えるというのは、凄い事で・・・そのぶん、恐ろしさもあるし、逃れられない運命というのもあるのかな。
マイケルというキャラは生まれなかったけど・・・
でも、サタンの息子は、まだ別の子供の姿で生まれたのでした・・・

しかも、真っ当な両親から。
そう、冒頭で出ていた私の苦手な大学生カップル。
こいつら、凄いDNAの持ち主らしいけど、性格は普通の善良な男女。
彼らの間に生まれた息子はサイコパス。
てか、サタンの息子・・・
うーーーーん。

まあ、別に親が普通だからって子供も普通とは限らないし、逆もしかり。
世界を救ったマロリーだけど、
でもサタンの落とし子を消滅させる事はできなかったのかな。

そういえば、GOTにもサイコパスが複数出ていましたね。
しかも結局、近親相姦とかあまり関係ないし。
ラムジーとかサイコパスの代表で、別に近親相姦で生まれてきたわけじゃないし。
ジョフリーは、サイコパスで、サーセイは、自分の近親相姦の罪だって悩んでたのが悲しかったけど、あいつは、ただ屑なだけだろ・・・とも思ったり笑。他の二人の子供はまともだったし。
まあ、デナーリスは狂ってしまったけど、ただの、MAD QUEENっていうには複雑すぎるし、誰だって、追い詰められたら、狂ってしまうよ・・と思うし、デナーリスの場合は環境がそうさせてしまったのかなと思う。
小さいころから自分の宿命をいやって程きかされて、洗脳され、成長したら女王として、期待され、ドラゴンをえて、力をえて、チヤホヤされ・・・だから勘違いしちゃったのかな。
這い上がって、力をえて、持ち上げられ、そして、ドン底につきおろされ、愛する人を失い、人間不信になってしまい・・・
狂ってしまうのも無理はない。ある意味、サーセイもそんな感じ。
デナーリスも、近親相姦の血が、彼女を狂わせたのではなく、力が彼女を狂わせたんだよ・・・
そして、それは他のキャラにもいえる事。
そういう環境や力のせいでクズや悪になってしまうキャラは、なんとなく理解できるし、人間くさい。

でも、サイコパス系は無理ですね・・・笑。
復讐でもなく、自分や家族を守る為でもなく、生き物を意味もなく快楽のために痛めつけて殺す。
動物からはじまり、人間に・・・
典型的なサイコパス。そして、サイコパスは精神病でもあります。


この物語の、マイケル・ラングドンはそんなサイコパスの要素があるんだけど、それとは別に、自分がなんでそんなサイコパス的な事をするのかわからない迷子の少年という要素もあるし、自分がサタンの息子だって知った時は、自分はこれからどうすればいいのかもわからないと、これまた迷子な感じ。
そこが、ただのサイコパス(病気)と、マイケルの違いでしょうか。

ただマイケルにも、人を愛する心はあったのが興味深い。
彼が唯一、信頼して愛してるのは、ミス・ミード!!
死んだミス・ミードを生き返らせようと必死になっていた姿は、意外と、普通の人間っぽかったな。
なかなか面白い悪役でした!

ハッピーエンドとは言いがたいけど、なかなか面白いドラマ。
さすが、American Horror Story。
良い気分転換になりました。



2019年07月07日

『Flowers in the Attic 4 〜 Seeds of Yesterday』(2015年)

ネタバレ注意!
18禁要素あり!


『Flowers in the Attic 4 〜 Seeds of Yesterday』(2015年)



http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1965/0 の続き

成長したキャシーの二人の息子たち。イケメン。
それにしても、息子たちは成人済みなのに、クリスとキャシーはあまり老いてないな・・・笑。
まあ、そういう突っ込みはいいけど。きっと美しい遺伝子なんだろうって事で・・・

さて、前回でもサイコパスっぽさをだしてたBartが成長して、やっぱりサイコパスだった。
まあ、無差別殺人とかそういう事する系ではないけど、カルト教なサイコパスに成長しました。
大人になったBart・・・
あの全ての元凶の豪邸を買い戻して、豪華に改装。
養女Cindyも血は繋がってないけど、金髪の美女に成長。なかなかのビッチだけどね。
BartとCindyの仲は悪い・・・けど、実はもっと複雑。
そして、長男のJoryは結婚して、プロのパレリーナ。
でもJoryは、事故で下半身がだめになり、車椅子に。
この物語の中で、一番まともで健全なのがJoryなんだけど、可哀想・・・
Joryのクソ嫁がビッチすぎて殴りたくなるほどの屑女。
最後、子供を置いて去ってくれて逆によかったけど、死ねよって思った。
Joryは、もっとまともな女性と結婚して幸せになり・・・
Bartは、散々屑な事をやらかしたくせに、なんだかんだで改心???して、Cindyとくっついて宗教家に。きもっ!
イケメンだけど、性格的にBartは無理ですね。
まあ、息子たち二人はハッピーエンドっぽいかもしれないけど・・・

でも、クリスは・・・
あーあー、最後、あんなにあっさり死ぬのか。
どうでもいい見ず知らずの女を助けたせいで、交通事故に巻き込まれてあっさり死亡。
人助けは、まあいいけどさ・・・
職業柄、医者だしね・・・
でも、人助けが原因で命をおとすって悲しいよね、残された家族たちは特に。
しかも、自分の家族や恋人助けるために死ぬならともかく、見ず知らずの人たすけて死亡・・・
うーん、残された家族は複雑だろうな。
私は絶対そんな形で家族や恋人を失いたくないし、きっと恨んでしまうだろうな、運命と、その見ず知らずの人を。
恨むべきではないのはわかってるけど私だったら気持ちが制御できないな。
綺麗ごとか本心かともかく、中には人助けして死んで誇りだし偉いっていってあげたいとかいう家族もいるかもしれないけど、私は決してそんな綺麗な心の持ち主ではないよ。
私は、家族や恋人には、他の人を蹴落としてでも生きててほしいし、もし命をかけるなら、自分の為や家族や私を守るために命をかけてほしい。それが私の本心ですね。ちなみに私自身も、そういう人間です。
(だからといって、見ず知らずの人を傷つけたり迷惑かけたりはしないし、社会ルールは守るけど。人助けに関しては自分に余裕がある時だけですね。)

まあクリスは本当に不運な事故。
でも、こんなあっさり死ぬなんて・・・
この終わり方はきにいらない・・・
せめて、キャシーの腕の中で死んでほしかった。
そういう意味でも、GOTのジェイミーとサーセイは、本当に本当に最高の死に方だったな。
死に、最高も最悪もないけど、でも人間、死ぬ瞬間、どうなるかなんてわからない。
交通事故でぽっくりいくかもしれなし、心臓麻痺で一人でトイレで死ぬかもしれないし、戦争に巻き込まれて死ぬかもしれないし、病室で家族がかえったあと一人で寿命を負えるかもしれない・・・
どれだけの人が、愛する人と、一緒に逝けるのだろうか???
実はなかなかいないと思います。
結婚していても、子宝に恵まれていても、死ぬ瞬間は一人って人は多いんですよ・・・
そうならないように生活をしていても、誰も、いつどこで自分が死ぬかわからない。
だから、そんなのコントロールできない。

そういう意味でも、GOTのジェイミーとサーセイは、本当に本当に最高の死に方だった。
この人さえいれば他はどうでもいいといえるぐらいの、世界で一番愛する人の腕の中でお互い死ねたんだから・・・
だから、HAPPY ENDINGではないけれど、綺麗な終わり方だったと思いました。悲しいけどね。

クリスとキャシーの場合は本当に無念。
キャシーも最後、一人で、豪邸の屋根裏部屋で、ひっそりと死んだみたいですね。
あれ最後、自殺だったのか、病気なのか、ただの老衰なのか、わからなかったですね・・・
老衰には全く見えない年齢でしたけど。
たぶん、自殺だなーと思いましたけど。
4人兄妹だったのに、どんどん死んでいって、愛する兄クリスまで死んでいって・・・
もう子供たちは大人になって大丈夫だなって思ったから、自殺したんじゃないかな。
クリスとキャシーはお互いがいないと空っぽに感じるだろうし・・・
双子ではなく、ただの兄妹だったけど、でも、二人で一つみたいなところはあったと思う。
だから、私の解釈では、キャシーは、後追い自殺ですね。
クリスが死んだとき、葬式で、やけに冷静だなーと思ったけど、やっぱり孤独を感じてたんだろうな。

『Flowers in the Attic』これで全部見終わりました。
悲しい物語でした。
でも、考えてみれば、この家族には幸せな時間もありましたよね。
例えば、幼少期、4人兄妹の父親が死ぬまでは、誰もがうらやむ幸せで美しい家族だったし・・・
キャシー:「私にとって、人生とはすばらしい真夏の一日のようなものだった。」

あと色々、散々なめにあったけど、Atticを出たあと、キャシーとクリスは優しい養父に引き取られて、何不自由ない生活を送り、最高の教育を受けさせてもらい、遺産も引き継いだ・・・
その期間も、ある意味、幸せだったんじゃないかなと。

その後、色々あり、妹も自殺してしまい、散々な不幸をたくさんみてきたけど・・・
でも、JoryとBartが、真実を知る前までは、これも、普通に、幸せそうな普通の家族にみえた。
この期間も10年ぐらいかな。
まあ、その間も、クリスは、クリスとキャシーの関係をバラすぞ!って、Joryの父方の祖母から金銭的に脅されてたけどね。だからクリスは幸せではなかったかもしれない・・・
でも、せめて、クリスとキャシーは、愛し合う夫婦(実際結婚できるはずないから内縁の夫婦かな)として、一緒にくらす事ができた・・・そういう期間はあった。けっこうあった。
それがせめてもの救いですかね・・・
GOTのジェイミーとサーセイは、夫婦として暮らせる期間なんか一切なかったし、ほとんどの時間は不倫関係だったし・・・(極めてムカツク夫の裏でする不倫関係がドキドキしてて面白いと思ってた時期も二人にはあっただろうね。イライラとドキドキかな。悪い事をしてるときのドキドキってかんじ。)
まあ、かりそめ夫婦だろうと不倫関係だろうと、けっこうどっちもどっちで、セックスしまくってたから、幸せな時期はあっただろう。

だから、一生を監禁や虐待で生活してたわけじゃないし、このカップルは不幸!!!とまでは思わないですね。
でも、やっぱり、悲しい物語でした・・・悲恋でしたね。ロミオとジュリエットや、ありきたりな話より、こういう話の方が好きです。てか、一目ぼれ系の話は嫌いです。それより、唯一の無二の存在とか、兄弟の絆とか、そういうのが好き。別にドロドロが好きなわけでもないし、近親相姦が好きなわけでもないけどね。



『Flowers in the Attic 3 〜 If There Be Thorns』(2015年)

ネタバレ注意!
18禁要素あり!


『Flowers in the Attic 3 〜 If There Be Thorns』(2015年)



http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1964/0 の続き

あれから時がたち、キャシーが生んだ異父兄弟とクリスの4人で、まるで普通の家庭のような幸せな日々を送っていた・・・
その家族に加え、新たにキャシーが可愛がっている幼女のCindyも養女として引き取った。
本当に普通のそこらへんにいるような優しい一家にみえる・・・

兄クリス・・・一家の父親役
妹キャシー・・・一家の母親役
キャシーが生んだ長男Jory・・・一家の長男
キャシーが生んだ次男Bart・・・一家の次男
養女Cindy・・・一家の末娘


そういえば、GOTのジェイミーとサーセイも3人の子供がいたなぁ・・・
ただ、GOTのジェイミーとサーセイとの大きな違いは、ジェイミーとサーセイの子供たちは3人とも本当に彼らと血が繋がった近親相姦でできた子供たち。だから正真正銘ジェイミーの子供たち。皮肉な事に、血が繋がってるだけでジェイミーは立場上、子供たちの叔父(そして部下)、しかし子供たちに愛情がなかったという・・・なのに積極的に子供をもっと作ろうとしたし(単にサーセイに中XXしたい欲の為)、サーセイを愛している事に恥はないという、しかも近親相姦の関係までバラそうとして文句がある奴は俺が殺すという勇敢な・・・いや謙虚とは程遠い男。

逆にこのドラマ、『Flowers in the Attic 3 〜 If There Be Thorns』に出てくる子供たちは、3人とも、クリスの子供たちではない。血の繋がりでも叔父という立場なだけで、養女の方とはクリスともキャシーとも血が繋がっていない。それでも、クリスは3人の子供たちを自分の子供のように心から愛して、立場上も父親として育てた良い奴・・・
そして、彼はキャシーを心底愛しているが、妹キャシーを愛している事に恥を感じていたし、間違ってる事という認識もあったから、ひたすら秘密として隠し通した。そして秘密を知ってる人にバラすぞと金銭的に脅されている男。

実の父親なのに子供を愛さない父。
実の父親じゃないのに子供を愛する父。
近親相姦を恥とおもってない男。
近親相姦を恥とおもっている男。


ダークファンタジーとリアルの世界で世界観が全く違うけど、いろいろ対比しているなと思いました・・・
共通しているものも多いのに驚きました・・・

金だけはある歪な一族で育った事
両親のどちらかが死んだせいで家庭がさらに歪んでしまった事
親から身体的虐待、又は心理的虐待を受けている事
唯一無二の愛で兄妹(GOTでは双子の姉弟)が繋がっている事
妹(GOTでは姉)の方がビッチで目的の為に体使ってほかの男を誑かしてる事
障害者の妹(GOTでは弟)がいる事
3人の子供たち、息子二人娘一人がいる事
子供たちの一人にサイコパスがいる事
そして極めて美しい容姿と黄金の髪をもっている事・・・


こんなにGOTの黄金の双子と沢山の共通点があったたんて・・・
まさに、リアル世界バージョンの、ジェイミーとサーセイ・・・

この『Flowers in the Attic 3 〜 Petals on the Wind』は、第三弾です。
子供たちもある程度成長しているんですが・・・
まさかサイコパスがここにも出てくるとは・・・笑。

兄の方は普通の健全なイケメン高校生で、母と死んだ実の父のように、バレエのプロを目指している少年。
弟の方は頭がいいけど、根暗な奴で、蛇とか爬虫類とか、そういうものが好き。サイコパスはこいつです。

はっきりいってむかつく奴です。Bartっていう名前。
GOTのジョフリーと違った感じのサイコパスだけど、なかなかにヤバイ奴ですね。
まあジョフリーと違って別に人を殺したりしないけどさ・・・
でも、どちらかというと、GOTに出てきた、カルト集団ににてるわ・・・
うん、あれだね。宗教をかざして、人を裁こうとしてるキチガイ集団。
このドラマでは集団ではないけど・・・
死んだ一族の長Malcolmという奴がやばかった奴で、そいつの日誌をみて、少年はっきりいってむかつく奴です。Bart
GOTのジョフリーと違った感じのサイコパスだけど、なかなかにヤバイ奴ですね。
まあジョフリーと違って別に人を殺したりしないけどさ・・・
でも、どちらかというと、GOTに出てきた、カルト集団ににてるわ・・・
うん、あれだね。宗教をかざして、人を裁こうとしてるキチガイ集団。
このドラマでは集団ではないけどね・・・
死んだ一族の長Malcolmという奴がやばかった奴で、そいつの日誌をみて、Bartは洗脳されてしまった。
Bartからしたら、Malcolmは、曽祖父。
まあ、Bartも最初から、ちょっとやばい奴だったでしょう。

このドラマのフォーカスは、Bartですね・・・

かりそめの家族ともいえるけど、幸せに暮らしてた家族のとなりになんと、あの母親が戻ってきたんです。
そう、クリスやキャシーを捨てた母親、クリス&キャシーの双子の弟妹の死の原因になったクソ母親!!!
精神病院に入院してると思ってたんですが、退院して、一家の隣の豪邸に引っ越してきたーーーーーー!!
その母親が、Bartからしたら祖母が、Bartに接触をもってくるんですよね。

てか、この母親、屑なんだけど、頭は悪いんですよ。バカなんです。
そして今回は本当に、反省して、家族とまたヨリを戻したいみたいなんですよね・・・
この第三段ドラマでは、やばいのは、この女じゃなくて、この女の執事。
その執事が、Malcolmの日誌をBartに渡して洗脳したんですよ・・

この母親自体は、ただのバカで本気で子供たちとヨリを戻したいだけ。
都合のいいことをいってね。
つか、明らかに子供を毒殺した事をなかったことにしようとしてるだろ・・・
ドラマの中でも、子供(双子の弟)を毒殺した事について、誰もふれなかったし・・・
うーん・・・
あと、Bartは自分が、キャシーの復讐の為にうまれた子供である事を知ってしまいますね・・・
これも病む原因。
キャシーの一番の罪は、兄クリスと愛し合っている近親相姦ではなく、ぶっちゃけ、自分の母親の再婚相手との不倫だね。復讐目的だし、しかも、その末に子供を作ったんだから。これは、Bartに軽蔑されてもしょうがない。屑母親に同情はしないけど、クリスと、Bartと、そんな事をするまでに追い詰められたキャシー自身に同情するよ・・・

まあ、いろいろドタバタがあって、いろいろあって、キャシーも最終的に母親を抱きしめて・・・(許してはいないと思うけど、でもどんなに屑でも母親は世界でたった一人だから、やっぱり愛はあったんだろうね)
でも、母親は家事の中、焼かれてしんでいった・・・
自業自得ともいえるけど、悲しいですね。

そして、かりそめの5人家族はまた普通の生活に戻りました・・・
Bartがヤバイ大人に成長する予兆を残して・・・笑。




大人になったBart・・・
あの全ての元凶の豪邸を買い戻して・・・
『Flowers in the Attic 3 〜 Seeds of Yesterday』(2015年)へ

http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1966/0

2019年07月06日

『Flowers in the Attic 2 〜 Petals on the Wind』(2014年)

ネタバレ注意!
18禁要素あり!


『Flowers in the Attic 2 〜 Petals on the Wind』(2014年)



http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1963/0 の続き・・・
あの悪夢のような屋根裏部屋の生活から逃げてきた3人兄妹たち・・・
どうなったのかな。
優しい養父に引き取られて、不自由ない生活を送ってきたようだけど、心は傷ついたまま。
でも、兄は医者に、姉はバレリーナに・・・そして養父の遺産を受け取り、そんな感じでお金に不自由はない生活はしていました。
キャシーは、優しいバージョンのサーセイ(GOTに出てくる双子の姉)で、クリスは、少し賢いバージョンのジェイミー(GOTに出てくる双子の兄)かと思ったら、キャシーも中々のクズだった笑。
いやクズってか、生きる残るために、クズになったっていうかね。
バレーで主役の座を得るために、恋人(クリスとは別の男w)を利用して、既に主役の座を勝ち取っていたライバル女の靴に割れたガラスを入れて怪我させたからな・・・怖。
男を利用するところとか、完全にサーセイやん笑。しかも美人だから、どうしてもサーセイを思い浮かぶ。
リアル世界にいたら、こんな感じなんだろうなって。
しかも、恋人が、DV男だし。そういえば、サーセイにも、DV夫がいたな〜

あと近親相姦の男の方が執着質っぽいのもね。クリスとジェイミー、両方、かなりの執着質で嫉妬深い男だよ。
ジェイミーの方が、関係がバレたら、みんなころそうぜ!!!狂った事を言い出すから怖いけどね。まあ、そこは世界観の違いってことで。
でも二人とも本当に執着質。

ただ、キャシーは、なんとかクリスから離れようとしたんだよね・・・
クリスの幸せを想って・・・
自分は恋人をつくって離れて・・・
(サーセイもリアルの世界にいたら、ジェイミーの幸せを願って、自分から離れるのかな?ありえなくはないと思う。)

クリスは、ジェイミーと比べると、ちょっとナヨナヨしている。
キャシーに、言われるままに、自分も恋人作るし。
けど、これ、相手の女性に申し訳ないわ。
まあ、ジェイミーもそういう所あったけど。

クリスも、なんとか、正しい、あるべき人間になろうと努力してたんだよ。
そこはジェイミーと同じ。
姉妹に執着するのはやめて、普通の正しい人間に、ちゃんと普通の女性を愛そうと努力はした。
けど、努力したけど、結局、クリスもジェイミーもダメだったよね・・・
クリスが本当に愛しているのは、キャシー。
ジェイミーが本当に愛しているのはサーセイ。


クリスは、医学部で、ちゃんと正しい道(一般的にいうステレオタイプの正しい)に進んだら
院長の娘とうまく結婚して、ゆくゆくは院長になってた。

院長にもすごく好かれてたし・・・
凄くやさしい娘で、クリスの事を真剣に愛してたし、クリスも彼女の事は、はっきりとキャシーに恋人って紹介したし。
しかも、彼女は、キャシーの子供の世話もしたし、下の妹の事も可愛がった、おしゃべりだけど天使のような女性。
幼少期に母親を亡くしている娘で、だからこそ、家族を失った人の痛みもわかる優しい娘。
本当に結婚寸前までいったのに・・・

あーあー・・・
キャシーとクリスがキスしているところをみられて、パー

無理して、正しい人間に、なりたい自分になるか・・・
本能のまま、愛する人と共に茨の道をいくか・・・


ジェイミーとクリス、似てる。
相手の女には悪いけど・・・
他の世界をみてから、他の人と出会ってから、愛する人と離れてから、改めて本当の愛に気づく事ってあるからな・・・
そして、ジェイミーもクリスも、本能のまま、愛する人と共に茨の道をいったな・・・
いきました・・・
いってしまいました!!!

サーセイとキャシーも似てるわ・・・やっぱり。
(だから、公式でも非公式でも、こいつらはGOTのラニスター双子みたいだって言われてたんだね納得。まあ、世界と規模が違うけどね。キャシーの場合は母親に対しての復讐だけど、サーセイの場合は世界への復讐と権力への欲だからな。)

キャシー、復讐に囚われてるな。
クリスは、俺はやらないぞ!!!とか言ってるし笑。
いや、お前も入ってるんだよ!ってキャシーは物騒な事いうし笑。
まあ、院長の娘との結婚がパーになったから、もうキャシーに協力するしか道がないけどね。
てか、協力してたっけ?なんか、キャシーが全部やった感じ。
母親への復讐のために、母親の再婚相手をタブらかし、その再婚相手の子供を妊娠する。
お前の復讐はちっちゃいな!!!!(サーセイと比べて笑)
そして、母親の悪行と、全てを、PARTYの場で暴露する・・・
うん、お前の復讐はちっちゃいな!!!!
でも、スッキリはしましたけどね。
そりゃ、GOTと比べたら規模が違うからな・・・

でもひとつ、サーセイより、キャシーの方が怖いのは、復讐の為に、妊娠したりするからな・・・
サーセイは、逆にジェイミー以外とは子供作らなかったし、嫌いなロバートとの間に子供ができてもおろしたし、愛するジェイミーの子供だけほしがってた・・・それは徹底してたな・・・
皮肉な事に、ジェイミーはその自分の子供達を愛そうとはしなかったけど。
逆に、キャシーは、兄クリスとの間に子供はできなかった。一人できたけど流産して、それ以降は作らなかった。
そして復讐の為に好きでもない男との間に子供を作った・・・
第一子はDV恋人との子供。
第二子は母親へ復讐の為に母親の再婚相手と不倫してできた子供。
皮肉な事に、クリスは、キャシーが生んだ自分の子供じゃない息子二人の父親になり、愛した。


どっちが良いとか悪いとかじゃないけど、
ただ、誰も完璧じゃないし、どんなに愛し合っても、絆が深くても、分かり合えない部分もあるんだな・・・

あと悲しいのは、小さい妹キャリー、自殺しちゃったな・・・
彼女は、双子の片割れが死んだ時から、彼女の中のなにかが死んでしまったんだと思う。
それで欠けたまま成長して・・・
姉と兄が愛し合っているのをみて・・・
孤独も感じたのかな。
自分は母親に愛されてない、兄と姉も自分よりお互いのほうが大事なのかなとか・・・
もし、双子の片割れが生きてたら、絶対に心強かっただろうね。
近親相姦になってたかどうかは知らないけど、少なくとも自殺するまで追い詰められなかったと思う。

彼女は自分は近親相姦の末にできた子供だから何かおかしいと思ってた。
自分は、FREAKだって思ってた・・・
うーん。
これ、GOTでも、サーセイがいってたよね。
JOFFERYが狂ってるのは私たちの罪のせいなのかって・・・
罪ね・・・
理不尽な罪だよね・・・愛している人を愛しているだけなのに。
罪で子供がおかしくなるとか、なんとか。
いや、遺伝とか色々あるかもしれないけど、普通の夫婦で犯罪者やもキチガイうまれますわ・・・
でも、そう・・・キャシーもクリスも、それに悩んでたよね。
ただ、キャリーは、もっと一人で悩んでたんだよね・・・

悲しすぎるのは、小さい妹のキャリーは・・・彼女は最後まで母親の愛を求めてた。
母親に何通もテガミを送って・・・
結婚式にもきてってテガミをおくって・・・
でも全て返送されて・・・
勇気をふりしぼって、母親似直接に会いに行ったら・・・
私に娘はいないわ・・・と母親に面と向かっていわれて無視される
ウワアアああああああああああああああああ
クズ!!!!!!!クズ母!!!!!!!!!!!!!
なんつーーーーーーーーーーー・・・
そして、翌日、絶望して妹は自殺。

そして、母親に復讐の決心をしたキャシー!!!!

復讐はいいけどさ・・・やりかたが・・・。

でも、キャシーの不倫相手、そう母親の再婚相手の男性・・・
悪い人じゃなかったんだよな・・・
だって、彼は、燃え炎の中、義母(クリス&キャシーの祖母で、クズ母親の母)を助けようとして、自滅したから。

そして、クリスもやはり母を見捨てられなかった。
炎の中、母を助けたね・・・

クリスとキャシーは愛し合っている兄妹だけど、二人は別人だし、考え方も価値観も違う。
キャシーは、母親を恨んんでた。そもそも最初から母親があまり好きじゃなかった。
クリスは、どんな事をされても母親への愛情があった・・・
(まるで、Tyrion対する、サーセイとジェイミーのようだな!)


最後・・・なんだかんだで、ヤバイ祖母は死んで、母親は精神病院に入院して・・・

そして、クリスとキャシーは、キャシーの二人の息子とともに、まるで普通の夫婦、普通の一家のような生活をはじめた。

完全に普通の夫婦になってるよ・・・

(ジェイミーとサーセイは死んだっていうのに・・・)

終わり・・・
って思ったら、そう簡単に終わらない。


Petals on the Wind【楽天海外直送】【英語の本】【洋書】

価格:2,470円
(2019/7/6 17:37時点)
感想(0件)



Flowers in the Attic / Petals on the Wind [DVD] [Import]【中古】

価格:4,979円
(2019/7/6 17:38時点)
感想(0件)




何年か後。。。
『Flowers in the Attic 3 〜 If There Be Thorns』(2015年)へ
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1965/0

『Flowers in the Attic(屋根裏部屋の花たち)』(2014年)

ネタバレ注意!
18禁要素あり!


『Flowers in the Attic(屋根裏部屋の花たち)』(2014年)



人生で一番面白かったドラマ 『Game of Thrones』が終わって、もう何を観ても面白いと感じなくなった・・・
(てか面白い漫画は読み尽くした感があるし、面白いアニメ、ドラマも全部観てしまった感がある笑)
でも、やっぱり、『Game of Thrones』の黄金の双子が、あっけなくも、悲しく、美しい死を迎えたのが心に響いて・・・
(関連記事:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1928/0
(関連記事:http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1944/0
色々、想いをめぐらせていました・・・
それで、前から、いくつかの記事(公式でも非公式でも)、『Game of Thrones』の黄金の双子の話は、『Flowers in the Attic(屋根裏部屋の花たち)』という映画(原作は小説)から、影響を受けているとか、似ているとかいう意見を見ました。
単純に近親相姦ネタがあるから・・・ではないんですよね。
閉鎖された家庭、大金持ち、きわめて美しい黄金の一族・・・
そう・・・GOTのサーセイやジェイミーのように、完璧にみえるかのような美しい黄金の子供達・・・
かなりドンピシャでした。
もちろん、GOTは、ダークファンタジーの世界でドラゴンとか魔女とか巨人とかゾンビとか色々いる戦乱の世界で、『Flowers in the Attic』は、私達がいる普通の世界・・・ファンタジーも何もない通常世界です。
サーセイやジェイミーがもしこの世界にいたら、彼らのパラレルワールド同人誌を観ているかのような感覚・・・

でも実は、最初に『Flowers in the Attic』を観たのは・・・私がGOTを観るはるか昔、本当に昔々に、小学生ぐらいの時に、一度、母親と観たんですよね。当時は、1987年版の作品でしたね。
その時は、もちろん、近親相姦とか特に印象はなく、それより、ただただ話に出てきた祖母と母親が怖い、サイコホラー作品という印象で、でも凄く印象に残っていました。幼いながらに。
物語に出てくる美しく優しかった母親の豹変が怖かったし、まだ小さかった私に少々トラウマが・・・笑。
けど、幼いながらに、人って悪環境にいると、こうも母親失格に、スーパークズになりうるんだろうなと思いました。
個人的に、そのドラマで出てきた母親は、GOTのサーセイよりはるかにクズ。歪んだ愛だとしても、子供を自分や弟同様に、いや、それ以上に愛してからねサーセイは。なのに、Flowers in the Atticに出てきた母親は・・・あんた子供を毒殺しようとしたら、もう人間オシマイだよ・・・しかも愛している人との間にできた子供を・・・何年も一緒に過ごしてきて愛してきたはずの子供を・・・自分の利益のためにコロスなんざ・・・あんた、もう人間やめただろ・・・って思った。しかもファンタジー世界ではなく、普通に現実世界が舞台だから、なおリアル。悲しいかな。現実の方がファンタジーより怖い。虐待事件とかみると・・・涙。再婚の邪魔になるからって一度愛した子供を殺すとか・・・うーん胸糞悪い。私も、母親に、ママも私が悪い子だったら殺すの!??って母親に聞いた覚えがあるな・・・笑。いや、なんつーもん見せるんだよ、うちの母親は。でも、変に悪や暴力を美化したり正当化したりする子供向けアニメより、こういう大人向けMOVIEの方が、逆に教育にいいかもね。人間は怖いと学びました。そして間違ってもそういう人間にならないように、芯をもって生きてきたつもり。

物語は1950年代のアメリカ。なにひとつ不自由のない、しあわせな美しき黄金の一家がいた。

長女:「私にとって、人生とはすばらしい真夏の一日のようなものだった。」

賢く優しい兄クリス、美しく面倒見の良い姉、可愛い双子の弟と妹、そして誰よりも素敵なパパとママ。
ところがある日、思いもかけない不幸が美しい一家を襲う。
それは、優しかったパパの急な死。


そこから悪夢のような・・・生活が始るという話なんです。
父親を失ったことで無一文になった一家。
そして母親が、大金持ちの実家を頼るという話です。
でも、子供たちの存在は隠して・・・
そして、明らかにされる、両親の秘密・・・
幸せに見えた両親は、実はわけあり夫婦で・・・
子供たちを愛していた母親だけど、どんどん変貌していき・・・
子供を毒殺しようとし・・・
最終的に子供なんかいなかった!と子供を捨てて、再婚する・・・
うーーん。怖い。

双子の弟と妹が出てくるんだけど、弟の方はで死んでしまいます・・・
残された妹が病んでいくのも無理はない・・・
双子の男女、この子達も、GOTのジェイミーやサーセイが幼かったころのように、とっても仲良しで、いっつもくっついて遊んでいた・・・そして一人が最悪な形で死んだ・・・
うーーーーん・・・病むね。

そして、親代わりの思春期の兄と姉。これも後々近親相姦の関係になるんだけど、でも、それより、この二人ならしょうがないと思うし、何より、絆がすごい。これもGOTのジェイミーやサーセイっぽいところがあるな
性格はGOTのキャラと比べたら良いほうだと思ったら、実は結構クズっぽいところがあるし。でも環境がそうさせたっていう・・・でも、それだったらGOTのキャラも環境がそうさせたという側面もある。
擁護はしないし、善人では決してないけど、でも同情はする・・・

そして、Flowers in the Atticの兄と姉は本当に弟と妹思い。
なんとか、小さい弟と妹を守ろうと頑張ってた・・・

で、2014年にREMAKEされたのを最近観ました。
1987年版の作品では、最後に母親は死んでいくけど、2014年の作品では、母親は死なない。
子供達は、母親への復讐より、ただただ逃げたかっただけ。
私は2014年版の方が好きですね。そこから、またストーリーがあるから・・・

Flowers in the Attic・・・
悲しい家族の物語・・・


Flowers in the Attic / Petals on the Wind [DVD] [Import]【中古】

価格:4,979円
(2019/7/6 16:28時点)
感想(0件)



新品北米版DVD!【屋根裏部屋の花たち】 Flowers in the Attic (Midnight Madness)!

価格:2,000円
(2019/7/6 16:28時点)
感想(0件)



Flowers in the Attic FLOWERS IN THE ATTIC M/TV (Dollanganger Saga) [ V. C. Andrews ]

価格:1,399円
(2019/7/6 16:29時点)
感想(0件)




そして、逃げた3人兄妹のその後。。。
『Flowers in the Attic 2 〜 Petals on the Wind』(2014年)へ
http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1964/0

2019年06月17日

『Game of Thrones』★GOLDEN TWINS★美しき黄金の双子・Jaime & Cersei Lannister (ジェイミー&サーセイ)の哀しき運命と悲恋 A

ネタバレ注意!
18禁要素あり!
(原作の小説ネタバレも含む)




『Game of Thrones』★GOLDEN TWINS★
美しき黄金の双子・Jaime & Cersei Lannister
ジェイミー&サーセイの哀しき運命と悲恋 A


Jaime and Cersei’s death scene was so powerful that
I could not keep it out from my head even after GOT ended...
I’m not able to concentrate on other drama or movies now...
Thanks to JC...
Sad, yet beautiful...
Toxic, yet pure...
They will always be my favorite twins...


1.jpg

"I loved a maid as fair as summer with sunlight in her hair. "
(Jaime Lannister thinking about Cersei...)



IMG_0625.jpg
IMG_0904.jpg
IMG_0905.jpg

" Jamie & I are more than brother and sister
we shared a womb and came into this world together
we belong together "




前記事:『Game of Thrones』★美しき黄金の双子・Jaime & Cersei Lannister (ジェイミー&サーセイ)の哀しき運命と悲恋

色んな意味で衝撃的だった『Game of Thrones』もフィナーレを迎えて、約1ヶ月たちました。
私はオリジナルの英語版を観ていたし、小説も英語のを読んでいるから、日本語でどう訳されているのか一切知りませんので、この感想は、オリジナルのを観た上で書いています。
前回の記事では、ドラマの双子の感動的で切ない結末などにスポットをあてましたが、今回は、あえて、双子のすれちがいやダークな部分にもふれて、二人についてかたろうと思いました。前の記事でかたった事を、もう一度言う形になるかもしれないけど・・・

ジェイミーって、けっこうファンによって美化されているキャラだと思うんです。
それに比べてサーセイは酷いという意見も多いですが、本当にそうでしょうか?

酷いのは事実。けど酷いのは、どいつもこいつもそうでしょ。立場が違うだけで。
私からしてみれば、なんだかんだで、二人はどっちもどっちで、まさに、人間らしいキャラだなと思いました。
愛すべき屑共!!!だからサーセイも、彼女の行動は応援できなかったけど、でも彼女を憎む事も嫌いになる事もできない。孤独なモンスター・・・
少なくとも必死に母親が死なないように神様にいのってた少女時代のサーセイは純粋な少女だったはず・・・


母親が死んで・・・冷たい家庭に育って、魔女の占いに囚われ人間不信になり友達も家族も信用できなくなり、父親には結婚のコマとして扱われ、何もかも共感したいし共用したい大好きな双子のジェイミーは気楽な奴で自分の体に夢中・・・
そんな環境で育ったら、歪んでいきますよ。
そして、同じ双子なのだからジェイミーと同じ扱いを受けたかったけど、父親は二人を差別して育てたし、ジェイミーのような強くてかっこいい男になりたかったけど、それももちろん無理だし、そのうえ、ジェイミーが自分にメロメロなのも知っているし、一族みんなから七王国で一番の美少女として、外見の面だけでチヤホヤされてたし、そりゃ歪んでいくわ。
プライドはあるけど、劣等感のかたまり。でも自分の美貌をしっている。
男にないたいけど、女を武器に使う事もしっている・・・

てか、向上心とプライドは高いけど、そこまで頭が良くないキャリアーウーマン思考の美女が、中世時代の母親がいないプライドが高すぎる差別意識の塊の冷たい高貴な家庭で、育ったら、歪んでいくし、結婚したあとも、DV夫に精神的にも身体的にも虐待をうけたら殺したくもなるし、さらにクズになっていくし、その上、唯一愛している双子の弟との間にできた子供たちも次々と死んでいったら、モンスターになるのも時間の問題

ジェイミーがサーセイを本当に愛しているのはわかります。伝わってきます。
けど、その愛が重すぎる部分もあるし、自己満足的な部分もあるし、一方的すぎる部分もあったのも事実。
彼はサーセイを愛していたけど、子供を失った彼女の気持ちに共感しようとしなかったし、寄り添う気持ちもしなかった。
彼女が抱えている不安、孤独、闇を理解しようとしなかった。

ジェイミーが楽観的思考で、自分が守ってあげるから、きっと大丈夫!と思っている部分もあったのだろう。
でも、子供を失うたびに、二人の想いはどんどんすれちがっていくばかり

小説では背景がそもそも違うけど、ドラマでは息子を失ったばかりで泣いているサーセイを、息子の遺体のとなりで無理やり犯しているような描写もあったし、逆にドラマにはないけど、小説では、気分が乗らないサーセイにエッチを迫る描写もあった。

そもそも、物語の発端となったのは、WINTERFELLで、ブランが二人のセックスを見てしまって、ジェイミーがブランを殺すつもりで突き落としたから。あれはジェイミーの独断で、誰から命令されたわけでもないし、サーセイに誘導されたわけでもない!!小説はもっと詳しいです。サーセイはそもそも、WINTERFELLで、エッチをするのは危険だから我慢してって何度も断ったけど、ジェイミーは、サーセイの夫のロバート王が夜な夜な酔っ払ってサーセイの部屋に忍び込むのが嫌で嫉妬しまくり。毎日、サーセイをみれるのに触れないのがムカツクとの事。だから、どうしても、サーセイとエッチしたいと要求!お願いだから王と狩に出てよ・・・ってサーセイは言うのもの、ジェイミーは狩にでず、王や側近がいないのをいいことに、サーセイと塔の上でエッチ・・・そしてブランにみつかる・・・
イヤイヤいっても、結局ジェイミーの事を愛しているサーセイは、最終的にはヤラせてくれるってジェイミーはわかっているから、強気なんですよね・・・
NOって100回いっても、最後はYESって言わせるような男がジェイミーって、サーセイは思ってたし、そもそも、離してよ!やめてよ!って言っても、ジェイミーは無理やりキスして服脱がせてたからな小説でもね。
最終的にサーセイも気持ちよくなってるけど。それを知っているから、ジェイミーは強引なんだよなー。
でも、時と場所もあるし、気分もあるから、本当に嫌なときもあっただろうに。
しかし、あまりに断ると、不満が爆発して、なにしでかすかわからないのがジェイミーだったし、王を殺して、自分たちの関係を公にしようぜ!!って平気で言う男だったし・・・
そういうのを考えると、サーセイも弟の性欲の世話で大変だなと思いました。
みつかったらどうしようとビクビクしながら、やってたんだろうな。
対照的に、ジェイミーは、みつかったら、全員殺しちまえ!!とか言ってたし・・・
小説では、自分たちの関係がバレた時なんかは開き直って、これで堂々とサーセイをものにできるぞ!って喜んでたし、サーセイと本気で結婚しようとしてたし、そもそもジェイミーはただただ純粋にサーセイと結婚して毎日堂々とセックスしたいだけ。それが許されない世界なんかクソくらえ!!って思ってたんです。
真っ直ぐで情熱的で、双子のサーセイを愛する事になんの恥もない!!!と言いきってたジェイミー。
恥なのは、それを隠そうとして、今までやってきた悪行だ!とも言ってましたね。
対照的に、サーセイは、もっと慎重だったし、小さいころから、どこかしら、双子で愛しあう事は背徳の罪なんだって思ってたんだろうね。
ジェイミーは、傲慢で強くて、見た目もかっこよくて、父親から期待され、大金持ちで、跡取りで、自信満々で、自信にあふれてるキャラで、何でももってた男だったけど、どれもいらなくって、彼が唯一ほしかったのはサーセイで、自分はもらう権利があると信じてた男だった・・・ターガリアンも兄妹で結婚してるから俺たちもやればいいじゃん!って信じてた。
腕を失ってから、彼は自分の弱さや罪や醜さとも向き合うようになったし、人を外見で判断する事もなくなったね・・・
腕を失わなかったら、一生学ばなかったかもしれないね。
それほど、剣の腕に自信があったジェイミーにとって、利き手を失うのは大きな事で、もう昔みたいに、サーセイを守る事も、両腕で抱く事もできないのだから。
でも、ジェイミーはやっぱりジェイミー。
小説ではどうなるかわからないけど、ドラマでは、彼は最後まで、サーセイを愛していた。その気持ちに恥はない。

ジェイミーとサーセイ、双子だけど、まわりの影響で、ふたりとも違う性格で違う経験をしてきた。
でも最後はやっぱり死を共にした・・・


from WOMB to TOMB・・・


"Nothing Else Matters…
Only Us…"


ドラマでは、本当に、二人は、Poetic ending を迎えた・・・
残酷にあっさり死んでしまった純粋なキャラ(子供たちとか)もいる中、綺麗な死を与えられるだけ、幸せだなと思うよ。
でも、二人は、生きている間に、死より残酷な経験を沢山してきたからね。
ジェイミーは腕を失って、長い間、捕虜にされてボロボロだったし・・・
サーセイは、子供を全て失って、裸で、町中を歩いてたし、あれは死より残酷では?
首をチョンパされて死ぬ描写は一見残酷だけど、苦しみは一瞬ですぐに逝ける。
しかし、サーセイが受けた屈辱は、一瞬の死より、残酷で、私なら死んだ方がマシと思う。
それを、乗り越えたサーセイは、本当のモンスターになってしまった。
だから、最後は綺麗な死でよかった・・・
小説ではどうなるかわからないけど、ドラマでは綺麗な死でよかった・・・

・・・
二人のすれ違う想いについてもかたりたいです。

ジェイミーはサーセイ の事を凄く愛してるのにサーセイは冷たい!みたいな意見をたまに見かけますが深く小説を読めば違う。ドラマでは、娘を大事にしようとする描写があるけど、小説では、ないです。
小説のジェイミーは子供たちに本当に興味がないし、クズ度も上です!!(サーセイもだけどね)
サーセイ なりの愛ですがサーセイはジェイミーだけの子供を妊娠して産む事で彼への愛を示そうとしてたんです。しかもあの時代では出産は命がけです。
でも、その想いは一向にジェイミーには伝わらない。

ジェイミーはジェイミー自身の意思で出産に立ち会ったけど、でもジェイミーは子供に一切愛情がないどころか、名前まで忘れる始末で、ジョフリーに至っては死んで当然のクソガキみたいな事を言い、子供を失ったばかりのサーセイにエッチを迫り、子供が死んで悲しいなら死んだやつの代わりにまた子供を作ろうと言い出す...
私は母親になった事はないですが、母親になった事がある人なら、愛する人からこんな事を言われてどう思いますか。
子供って代変えがきくものでしょうか?
腐ってもサーセイ は母親。
まともな親の愛情をうけとってないから、歪んでるけど、それでも子供を愛してた事実はありました。

ジェイミーはサーセイ を愛している癖にサーセイ が愛するもの(二人の愛の結晶)を愛さない...
父親失格です。
でもそれもジェイミーのせいではありません。

ジェイミーと子供達を守るために、不義の子を王の子として育てるために、サーセイ は、ジェイミーに子供達とジェイミーが親しくなりすぎないよう気をつけてたのです。
それをジェイミーもわかってます。だからこそ、あえて、子供たちを愛さないようにしていたのかもしれませんね。
それに加え、ジェイミー(とサーセイも)は幼少期に母親を失い、父親はあれだし、二人とも親のまともな愛情を受けて育ったわけじゃない。
ジェイミーに至っては男だから、お腹を痛めて子供を産んだわけでもない。
だから、子供を愛してなくても、しょうがないなという部分はありますが、流石に名前まで覚えてないのは酷すぎかなと思いました。
皮肉なことに、サーセイ はジェイミーだけの子供を産むことでジェイミーへの忠誠を示そうとしてたのに。ジェイミーは逆にサーセイ 以外の女性とは寝ないという徹底ぶりでしたから、小説でサーセイ が他の男と寝てるのを知った時は凄くキレてて、その事実を受けいられずサーセイに憎しみを抱いてたほどです。
けどサーセイ は別に好きだから他の男と寝てるわけではない。
売春婦と同じ根性ですが、別に趣味や好きで他の男と寝てたわけじゃないです。
弟が側にいない中、自分と子供達を守るために、自分の美しさと女を武器にしてただけです。
それにジェイミーがいない寂しさと弟さえも信用できない人間不信のなか、彼女はアルコール中毒になっていきました。
アルコールの力で好きでもない男とも寝れる、目的達成のために。
でも彼女が愛して寝た男はジェイミー一人ですよ。
ジェイミーにはそれが伝わりませんけどね。

同じ時に生まれて二人で一つなのに、でもどんどん二人の想いはすれ違うばかり。
サーセイは悪だけど、悲しい孤独な悪です。
だから憎めない。
ドラマは二人の仲も色々省略されたし、綺麗に終わったけど、小説ではどうなるのでしょうか?
せめてお互いがわかりあい、愛し合ってる事を再確認して、ドラマのように一緒に逝って欲しいかな。


大人になりきれてない子供ですよね、二人とも。
憎めないですよね。二人ともクズでバカだけどなんか憎めない。てか普通に可哀想。
母親が生きてたら別の道もあったのかな。
母親生きててもジェイミーは一途にサーセイを愛してただろうけどね。母親が死ぬ前から双子は切っても切れない絆と関係だったし親でも引き離せないよ。
でもやっぱり母親がいれば、サーセイ もここまで病む事はなかっただろうなと思う!
幼少期の教育や家庭環境って大事ですね。

実は、このドラマ2回みてるんですよ。
1回目から、双子は好きだったけど、でも、どっちかっていうと、普通に視聴者の視点で、あえていうなら、サンサ、アリア、デナーリスを応援してたし、それで、SEASON 7まで見ました。
けど、2回目にみたときは、SEASON 1からいっきに最終話までみたんですが、双子の視点でみてましたね。2回目にみたとき、ジェイミーの愛ってやっぱり重いし凄いな!って既に再確認できたのもあるし、特にサーセイが悲しいキャラだなと認識してしまってからは、サーセイという孤独なモンスターにも夢中になりました。

サーセイは悪の女王として作中で様々なキャラたちに嫌われてるから、だから私は逆に好き
私が応援してたのはサンサだし、別にサーセイの行動を応援してたわけじゃないけど、でも、一番好きなのはサーセイとジェイミーなんだなと、確信した!!ドラマの最終をみて、ようやく確信した!!!
(リアルでも、あまり叩かれてる人がいると、クズでも私はその人を庇いたい気持ちになるからね。)

GOTではそういう事ないけど、日本の漫画でありがちな、クズでビッチなのに変に意味不明に作中で美化されている女キャラとか、作中で無駄に不特定多数に愛されれば愛されるほど、美化されればされるほど大嫌いになる。でも、作中でサーセイはクズとして描かれ、しかもまわりから嫌われてて、孤独だから、どんなに体を使って男を手ごまにしても彼女の心は孤独で、彼女の事を愛しているのはジェイミーただ一人。そのジェイミーでさえも彼女の孤独と葛藤と悲しみを共感できなかった
ジェイミーが子供を守る事があるとすれば、それはサーセイを喜ばせたいからであって、子供への愛があるわけじゃない。サーセイは、自分の血の繋がった子供だから愛して当たり前だと思ってるのに、子供を愛さないジェイミーに不信感。ジェイミーは自分の子供より、弟のテイリオンの方が好きそうだしね。それもサーセイを逆上させた。
ジェイミーにとっては、サーセイ>>>(越えられない壁)>>>テイリオン>>>自分の腕>>>自分の子供。ここも父親と母親の違い。母親は子供を胎内に宿し命がけで産むから母性が自然と芽生える。(もちろん、ない人もいるけどね。)でも、父親は、その子供と深く関わらなければ、父親の自覚が芽生えないと聞いた事があります。ジェイミーは彼女が必死で生んだ子供を愛さなかったし、子供より自分の腕に戻ってきてほしいと本気で思っている始末ジェイミーでさえも、サーセイの悲しみと苦しみを癒す事はできなかったどころか、彼女の子供に対する愛を踏みにじった。
サーセイは、そんな孤独なキャラだから、彼女の幼少期や過去とか興味深く思うし、同情さえもしてしまう
でも、そう思わせる様なキャラなんだろうな。
ドラマでも小説でも、うまい具合に視聴者や読者の心を煽ってる。
大好きです。
可哀想な悪役という感じ。
でもまあ、別にデナーリスも全然ヒーローじゃないしね…
あれも途中らへんで、ヒトラーに変貌したし。恐すぎ。デナーリスも好きだけど。
あと、ジョンを殺そうとした少年とかね・・・あの少年の気持ちが痛いほどわkる!!!
良い子ちゃんのジョンより、あの少年に共感してしまったよ。
つまり、あの世界では、みんな、誰もが、どんな純粋な少年少女であっても、運命と戦いに踊らされて、誰もが、悪になりえる世界。
それがGOTの世界。

ジェイミーとサーセイ、そこまで金持ちじゃなく、もっと平凡な外見で、両親も普通の人たちだったら、もっと幸せになれたのかな。近親相姦になってたかもしれないけど、でもラニスター家じゃなく、そこらへんの無名の家だったら、スキャンダルにもならないし簡単に駆け落ちもできただろうね。
サーセイの美しさも罪。七王国で一番の美少女で名が通ってたし、父親は彼女を王妃という名のお人形のように、王家に嫁に出すのに必死だし。
サーセイはジェイミーのように男になりたいのに、でも、自分の女としての美しさが武器なのも知ってしまっている。ジェイミーまでが毎回、盲目的にベタ惚れするほどの美しさだし。でもジェイミー以外は、彼女の見た目にしか興味ないよね…彼女の全てを愛してたのはジェイミーだけだったし、父親も彼女に、見た目以外の価値はないと言い切ってた。そんなジェイミーでさえも、子供を失ったサーセイの苦しみを共感する事はできなかったようだけどね。
そりゃサーセイも歪むわ。
悪役という言葉より、孤独な狂ったモンスターと印象の複雑なキャラがサーセイ
クズっていうより、狂っている。
てか、アル中もあるでしょ。
そこまで、おいつめられたのか・・・涙。

美化されがちなジェイミーだけど、彼女がこうなってしまった原因もジェイミーは責任があるよ。
そもそも、繰り返すようだけど、さっきもいったけど、WINTERFELLで、サーセイが嫌がってたのにエッチを執拗に迫ってたのはジェイミーで、サーセイがバレないかビクビクしながらも受け入れた感じだし(公式小説のネタ)、ブランを突き落としたのもサーセイの命令ではなく、ジェイミーの独断。
なんでサーセイだけが悪者にされるんだろ。
むしろ、サーセイの初期は、夫からのDV被害者(精神的、身体的)ですよ!!
しかも、サーセイとだけエッチがしたいジェイミーは、たまってくるとイライラしだすので、弟の性処理まで心配しなくてはいけないサーセイ。

愛する双子の弟との間にできた子供がどんどん立て続けに死んでいった事、でも愛する弟と子供を失った悲しみを共感する事ができなかった事どころか弟は子供なんか眼中になし、それどころか、息子のジョフリーがサーセイの愛とおっぱいを独占していると嫉妬する始末。お前は子供かよ!!!(でも、これもジェイミーのせいじゃないけどね。環境が彼をそうさせてしまった。必要以上に姉を求める男にしてしまった。母親を早くに亡くしたジェイミーだからね・・・)
小説ネタです。

愛している弟とも悲しみを共感する事もできず、ジェイミーの事さえ、信用できなくなってしまう・・・
愛って難しいな。
徐々に、人間不信が、つもりにつもって、孤独になり、狂っていったサーセイ・・・
だから、決して応援してたキャラじゃないけど、でもどうしても同情してしまう。
彼女がこうなってしまった原因はジェイミーと環境にもあるよね。
サーセイを一途に愛する騎士みたいに美化されてるけどさ。
ジェイミー大好きだけどさ・・・
自分の愛を押し付けてるだけのようにみえる時もあるし、本当にサーセイがどう感じているのか、どう想っているのかわかってなかったんだよな・・・
小説では、途中から、俺はこんなに愛しているのにサーセイは浮気してて酷いよ〜!!みたいな感じになってたけどさ・・・
サーセイだって、サーセイなりに、ジェイミーとの子供だけを出産するという事で誠意と愛をみせてたのに・・・
好きで他の男を寝てるわけじゃないのに。

(小説では、サーセイは、ロバートとの子供を、わざと中絶しています。ジェイミーと一緒に、自分とロバートの間にできた子供を中絶したよね。ジェイミーが、中絶する人を連れてきたわけだし、ジェイミーが一番知ってるはず。サーセイがジェイミー以外の男との子供を生みたくないってこと!!)
なのに、ジェイミーは、そのサーセイの愛と誠意をないがしろにした・・・
俺の腕の方が、子供より大事だって思考回路。
ジェイミーは彼なりにサーセイを愛しているけど・・・
でも、サーセイも、サーセイなりに、ジェイミーを愛していたんだよ!?

物語の後半から人間不信がSUPER MAXになって、サーセイは、ガチのモンスターになって、愛してたはずのジェイミーさえも、完全な敵で、殺しちまえ!!みたいな感じになったけどね。
でもさ・・・ジェイミーの方も、小説では、サーセイの浮気(笑)を知っただけで、サーセイ死ね!!!ってなってたけどね。
だから、どっちもどっちなんですよ。
(まあ、GOTの世界だし、王族で部隊ももってるから、兄姉喧嘩も凄まじい・・・)

愛が強いから憎しみがうまれるのかな?
愛の正反対は、憎しみではなく、無関心・・・
愛と憎しみ、善と悪、それは紙一重なのかもしれない。
GOTって、そう思わせるドラマ。


すれ違う双子の想い・・・
切ないな・・・だからこそ美しい。


ドラマで・・・
ジェイミーとサーセイのラストシーンは本当に最高でした・・・


沢山の残酷な運命で、理不尽な死を迎えたキャラはたくさんいた。
純粋で無実で、まさに、珍しく、善そのものの少女なのに生きたまま焼かれたプリンセス・・・
父親の腕の中で、死んだ美しいプリンセス・・・
騎士道を全うしただけなのに、ドラゴンに無残に焼かれた騎士の父と息子・・・
ただの農家だった親の敵をうちたいだけなのに、ジョンに首をつるされた少年・・・
国のために正しい事をしたかっただけなのに、親友に裏切られ、ドラゴンにあっさり焼かれた人・・・
そして病弱な体で子供を二人も生んだのに夫に公の場で恥をかかされ、夫に他の女と駆け落ちされ捨てられ、夫とその女の行動が原因で、なんにも非がないのに、子供と共に無残に犯され虐殺された悲しきプリンセス。
これらですね。私が、許せん!!!と思った死は・・・

他は可哀想だけど、自業自得というか、自分の行動が招いた結果の死が多いからな・・・
だから、ジェイミーとサーセイは、最初から、死ぬべきだなと思ってた。
ジェイミーにいたっては、自分から死を選んだのがいいね。
サーセイがいない世界で幸せになれるはずがない。
本当に愛する人がいない世界で幸せになんかなれないし、そもそも彼は、愛する女性の中で逝きたいって願ってた。
私的には、絶対に、二人で一緒に愛し合って、死んでほしかった。
だから、ドラマの、他の部分には、ちょっとどうかなと思う部分もあるけど、でも、ジェイミーとサーセイの死はこれ以上にないぐらい美しく、哀しく、切なく、心が、うたれました。

ありがとう!!!
製作者の人たち、ありがとう!!


Nikolaj Coster-Waldau
Lena Headey
THANK YOU




もし、二人に来世があるなら・・・
ジェイミーとサーセイは、今度こそ、堂々と結婚できる世界だといいな・・・


小説では、何度もジェイミーがサーセイと結婚したいという心の想いが現れてたけど、ドラマではこのシーンが、彼の心をズバリ表してるのかなと思いました・・・
ちょっと笑えるシーンでもあるけど。
双子の片割れと結婚したいのに結婚できないジェイミーの気持ち・・・涙。
だからって、サーセイの婚約者に、つっかかるなよ・・・笑。
一回りも違う男だし、サーセイはこいつなんか眼中にないし、そもそもこいつゲイだぞ・・・笑。
それでも、嫉妬するなんて、ジェイミー、いい年してお前ときたら・・・笑。
そして、あっさり言い返されて、無言になってしまうジェイミー・・・涙。

IMG_0902.jpg


きっと、来世では結ばれるよ・・・涙。



2019年05月28日

ネタバレ注意!『Game of Thrones』★美しき黄金の双子・Jaime & Cersei Lannister (ジェイミー&サーセイ)の哀しき運命と悲恋

ネタバレ注意!
ネタバレ注意!
ネタバレ注意!



『Game of Thrones』★美しき黄金の双子
Jaime & Cersei Lannister
ジェイミー&サーセイの哀しき運命と悲恋

1.jpg

<原作小説の公式画像>


世界中が君の敵になっても君を守る


中世ゴシックファンタジー大河ドラマ、『Game of Thrones Season』
ついに最終章のラストエピソードが終わりました。

最終章の感想はこちら: http://fanblogs.jp/alicedarkcastle705/archive/1924/0
他の場面に関しては賛否両論がある最終章でしたが、個人的に双子の最後は、予想できていたけど、哀しくも美しいものでした・・・せめてお互いの腕の中で死ねてよかったなと。そしてジェイミーのサーセイへの愛には胸をうたれてしまいました・・・こんなに哀しくも美しい愛はみた事がありません・・・

私は原作の本も読んでいるんですが、原作は5巻までで最終回がどうなるかは、まだまだ不明です。
ドラマとは違った最後になる事が予想されますが、この記事では、小説とドラマ両方のソースをもとに、この双子について個人的に思う事を書いていきます。
ドラマの方は、8 Seasonあって、全ての章を2回みました。
小説は5巻まで全て読んでいます。(母国語が英語なので、当たり前ですが英語のオリジナルのものを読んでいます。)

小説版とドラマ版です。

2.JPG


ドラマの俳優さんたちは、本当に美男美女で演技が最高すぎて痺れる!!!
ジェイミー役が、Nikolaj Coster-Waldau。かっこよすぎるのは当たり前だけど、セクシーで演技が凄い。
強烈なシーンもドロだらけの汚いシーンも残酷なシーンもエロいシーンも全部やってのけます。
サーセイは、人気女優のLena Headey。こちらも美人なのは当たり前ですが、演技がうますぎで、サーセイという嫌われる役が凄く板についていて、本当にビックリする。演技しているなんてわからないほどの完璧さ。
まさにプロ、女優の鏡ですね。
二人とももちろん双子じゃないけど、なんとなく、似ている感じがする・・・
それも含めて、あえて、このキャスティングなんだろうな。
ちなみに、二人とも作中でも3人の子持ち。リアルでも、お父さんお母さんなので、決して若くはありません。
(二人はリアルでは別に恋愛関係じゃないです!お互いパートナーがいます。てか、このドラマ強烈すぎて、パートナーは観ていないそうです。そりゃそうだろ・・・私もいくら演技でも、自分の夫、又は父親と他の美女の濡れ場はみたくないですよ。兄弟でもみたくないわ。家族のはみたくないものです。)

ジェイミーとサーセイ、美しいけど、この双子は本当に切ない。
ちなみに、私は別に悲恋が好きなわけでもないし、ロミオとジュリエットとか大嫌いです。
サーセイとジェイミーは、女王と騎士という立場だけど、その前に双子の姉弟です。
ありきたりな女王と騎士の純愛(という名の不倫)物語ではありません。
違う次元の愛。彼らは母の胎内にいた頃からずっと一緒で、幼少期から超仲良くて、二人で一つで、強い絆で結ばれている双子。王国で一番大金持ちの一族ラニスター家に生まれ、弟は長男として全財産と城を受け継ぐ権利がある跡継ぎ、姉は王妃になる事が約束されているロイヤル双子でした。
なにより、極めて美しい。王国一の美男美女で有名でした。しかし、美しいけど棘がありすぎ。
そう、善人ではありません。ぶっちゃけ、クズです。そこが人間くさくて、色々と考えさせられるから面白いんです。

もともと、女王としてのサーセイは応援できなかったけど、サーセイというキャラはかなり哀れな部分もあって、サーセイ&ジェイミーの双子カップルには色々想う事がありますね。
私の場合は、普段は、妹萌え系の漫画とか大嫌いだし、少女マンガ系の近親相姦や恋愛ものも避けるし、韓国ドラマにも一切興味ないけど、中世ファンタジー世界が舞台でゴシック系だったら、近親相姦とか結構ドハマリするんです。
でも自分にも兄弟がいるから、もちろん近親相姦を完全に応援してるわけじゃない。でも、やっぱり否定も批判もできない、なんというか、とても美しい悲しい愛(特にジェイミー→サーセイ)。双子ってのもあって、色々と、言葉では言い尽くせないほどのふしぎな関係。
死ぬのはわかってたけど、深い感動すら覚える美しい結ばれない運命にあった双子の死は泣きました。
双子って色々言い伝えがあって、男女の双子って前世で結ばれなかった男女が生まれ変わった姿ともいうし、元々前世では一人だったけど、神様の悪戯で二人に分かれてうまれたっていう言い伝えもあるし、王家に双子が生まれると不吉という迷信もあるし、それだけ双子って、昔から神秘的な存在です。

" Jamie & I are more than brother and sister
we shared a womb and came into this world together
we belong together "


ジェイミーとサーセイの双子は生まれた時から、ソックリで運命共同体でいつも一緒でとっても仲良し。
母の胎内にいた頃から一緒で、サーセイが先にうまれて、ジェイミーは姉の足を握って生まれてきたそうです。

(明確には明らかにされてないけど、リアルでは確立がひじょうに低い男女の一卵性双生児??ファンタジーだからありえるね。)いつも一緒で、ある事件がおきるまでは、同じベッドで寝ていたんだとか。そっくりすぎて、服装をとっかえても、誰にもバレなかったそうです。サーセイはジェイミーのふりをして、剣術の修行をしたりお転婆娘。
遊ぶときは、いつでも、どこでも一緒で本当に仲良し。
けど、ある事件がおきます。二人の遊びはエスカレートしていって、禁じられた遊びにまで手を出してしまい・・・
純粋な子供心で二人は何がいけないのかわからなかったけど、動物のまねをして、ヤッてしまったそうです・・・(笑)
いくつか知らないけど、小説から察するに、4-6歳かな・・・
初体験が早い中世時代でも、お前らは早すぎるだろって突っ込みたいけど、子供って真似っこが好きで、しかも純粋だから怖いね。で、幼い頃から遊びで何回もやってたんだろうけど、ある時、母親のメイドにみつかってしまい、ショックをうけたメイドは母親にチクります!母親は、二人の寝室を別々にして、ジェイミーは城の反対側に寝室をうつし、サーセイの寝室の前には警備をつける徹底ぷり!!お父様には秘密にするから、もうやっちゃダメよと母親にいわれても、なんでダメなのかわからない双子。
でも、その後、まもなく、母親は、ティリオンを産んでなくなってしまいます。
そう、ジェイミーとサーセイは、幼少期に母親を亡くしています。そのせいで、さらに冷たく厳しくなった父親。
ジェイミーは、もう母親の顔を覚えていない・・・
でもサーセイは覚えていて、母親大好きだったので、ティリオンをうらんでいる・・・
しかし、二人の双子は、またお互いの寝室に忍び込んで、禁じられた遊びを続けました。
成長するにつれて、本当に深く愛し合うようになった二人。
もう行為の意味もわかってたでしょう。

ただ、二人は、母が幼いころに死んだせいで、まともな親の愛情を受けていません
特に女の子のサーセイは、家と家を結ぶ結婚のコマ扱いでした。
こんなにそっくりな双子なのに、どうして扱いが違うの?
ジェイミーは剣をもらったのに、私は何ももらえない?

サーセイは、ジェイミーになりたかった・・・のかもしれませんね。
加えて、サーセイは、幼いころに見た残酷な占いに囚われていました。
それ以降、サーセイは、どんどん歪んでいってしまいました。
ジェイミーは、どんどん、サーセイと彼女の体に夢中になっていきました。
それでも、二人は愛し合っていました・・・支えあっていきてました。
性格の違いもあります。
サーセイは、とても心配性で、あざとくズル賢い少女。ジェイミーを愛しているけど、王妃になりたい願望もあり、レイガー王子に憧れている。ジェイミーは、細かい事は考えたくない脳筋タイプで、サーセイさえいれば後はどうでもいい、てかサーセイとエッチできればいいという考えの純粋な少年。
ドラマでは、大人っていうか中年になってからの話だけど、けっこう小説だと、思春期時代の事もかかれていて、かなりエロい部分もありますね。

ラニスター家は、7王国で一番のお金持ちで、casterly rockという広大な領土と城があり、双子はそこで生まれ育ったんですが、相続権はもちろん長男のジェイミーにありました。
しかし、最年少で騎士になったジェイミーは14,15歳ぐらいの時に、この名誉ある相続権を放棄して、王直属の騎士になったのです。王直属の騎士たちは、結婚もしてはいけないし、子供をもってもいけない。それでも、あえて、ジェイミーはその道を、その若さで選んだ。その理由が、すごく子供っぽくて、純粋で、一途なんです。そう、サーセイと一緒にいる為です。
その頃、サーセイは、王国の首都であるking's landingで暮らしていました。騎士になったジェイミーとは離れ離れ。ある日、ジェイミーは、サーセイに、会いにやってきます。久々にあった姉の美しさに夢中でメロメロ
その頃、ジェイミーにも、良家の娘と婚約者がありましたが、ジェイミーは、婚約者は眼中になしで、それどころか婚約を破棄にしたがってました。そして、その夜、首都の外れの古い宿屋に泊まってたジェイミーに、お客さんが・・・
なんと、外にバレないように、Serving Wench(売春婦、又は遊女)の格好をしたサーセイがやってきたんです。

小説は、細かいですね笑。あざとすぎるサーセイ。だって、14,15でしょ。ちょっと・・・笑。コスプレで誘惑か!!!
そんな普段とは違う淫乱な姿のサーセイに、ジェイミーは今まで以上に、かなり興奮したそうで・・・汗。
そして、いつもの、一歩ひいた感じのサーセイとは違って、その夜のサーセイは情熱的。
そして、彼女は、彼に提案しました。望まれない婚約を破棄するために、双子が一緒にいれるために、ジェイミーが王直属の騎士になればいいと。相続権を放棄しろと。Rock と・・・私、どっちがほしいの?って・・・
これは、若い少年なら、すぐ落ちますね笑。特にサーセイに夢中のジェイミーなら、イチコロですね。
彼は朝まで寝る事ができなかったそうです。何をしてたかはお察しですね。
この夜の事を中年のおじさんになったジェイミーは今でも忘れらず、オカズにしているそうです。(ギャグではなく真剣な描写です・・・)
こんな感じで、あっさり相続権を放棄したジェイミー

その頃の王国の王は、ターガリオンの狂王。
狂王は、双子の提案に大喜び。なぜなら、ラニスター家の権力を脅威に感じていた王は、ラニスター家から、跡取りを奪い取れるんですからね。自ら権利を放棄した、跡取りのジェイミー!!
王の許可があっさり降りて、王直属の騎士、Kings Guardになってしまいました。
しかし、野望あふれる双子の父親が黙っているはずはない。
キレた双子の父親は、なんと、今度は、サーセイを連れて、casterly rockに帰ってしまいました。
ジェイミーを狂王のもとに残して・・・
そう、また双子は引き裂かれてしまった。

そんな過去が、双子にはあります。
その、2年後ぐらいに、狂ってしまって破壊と炎しかうまない狂王を、ブッ殺したジェイミー。
キングスレイヤーという忌み名がついてしまいます。
新しい王は、バラシオン家のロバートになりました・・・

そして、サーセイは、愛が一切ない望まれない結婚でしたが、ロバートと結婚して、王妃、ジェイミーとの近親相姦も続けたのです。
3人の子供がいるけど、全部、ジェイミーとの間にできた子供たち・・・
出産のとき、ロバート王は側にいなかったけど、三回とも、ジェイミーの希望でジェイミーがサーセイの側にいたんです。ジェイミー、出産に立ち会ってたんです。サーセイは、やっぱりそれが嬉しくて、それを覚えていましたね。

でも、ドラマみてもわかるけど、ロバートはクズすぎるし、王の立場を利用して、浮気し放題の上に、サーセイへの態度も冷たいし酷いし初夜で他の女の名前をよぶし、サーセイがロバートの事を嫌うのは当たり前ですね。でも、バカすぎる王様。死んでも、妻の不倫や近親相姦に気づかなかったし、三人の子供達を本気で自分の子供たちと思い込んでたしね。マヌケでデブで不細工で、みっともない王様。髪と眼の色からして似てないだろ!!自分の不細工な顔を鏡でみてみろ!!スターク家のサンサも、あんな酔っ払いデブの王様と、ライオンのように美しいジョフリー王子は似ても似つかないっていってたしね。そのサンサの正直で純粋な言葉に、まさか!!ってようやく気づいたのが、ネッド。気づいたときはもう遅いけどね・・・

しかし、ロバートが死んで、息子が玉座にすわって、もともと心配性で人間不信だったサーセイは、どんどんクズにクズになっていきました。ジェイミーとの間にできた3人の子供も、悲しい事に、どんどん、悲劇的な死をむかえます。


ジェイミーの気持ちを察すると悲しいです。
ぶっちゃけ、ジェイミーは、権力に飢えたズル賢いサーセイと違って、ただただサーセイを愛していた。
他の人の子供を突き落としたり、クズ行為もしてたけど、それもすべて、サーセイと自分と自分の子供達を守る為の行為。自己中にかわりないけど、それがジェイミーだから。
ジェイミーの自己中クズ行動は、別にサーセイに命令されたわけではないけど、全部全部、サーセイと自分たち家族の命を守る為の行為。人間って自己中な部分もあるから、自分がもし、ジェイミーだったらと思うと・・・
同じ事をしていた可能性もあったかもしれないと思うと怖い。
そういう色々と考えさせられる部分が、『Game of Thrones』の面白い部分でもある・・・

でも、ジェイミーは本当は優しい騎士道精神の持ち主・・・
本当は誇り高く、誰よりも優しく、純粋。そう、ただただ純粋。
姉サーセイへの愛も純粋。

だって、サーセイは他の男とも寝たけど(喜んで寝たわけではなく戦略のため)、ジェイミーは、イケメンなのに、サーセイ以外の女とはヤッてないという凄いやつです。天然記念物ですよ。尊敬。てか誇り高いんですよ彼は。誇り高い良家の子息で騎士。だから下品な売春婦なんかとヤるわけないし。まあ、それ以前に他の良家の娘にも眼中なしなのが、あれだけどね。サーセイがいない時、捕まってた時などは、思い出の中のサーセイをオカズにしてたっぽい・・・汗。捕虜になってた時は、それが原動力となって、サーセイの元に戻りました・・・
(戻ったあと、中々、ヤラせてくれなかったサーセイも残酷だなと思いました。結局、我慢できなくてドラマではジェイミーがサーセイを襲ったような描写があったけど・・・)
とにかく、サーセイを愛していて愛していて、まるで麻薬。
てか、サーセイのような女が、傾国の美女っていうのでは・・・
傾国の美女すぎて、なんだかんだで自分が女王になっちゃった人ですからね。
最後も、変な気持ち悪い男を利用してたし。
サーセイは、自分が男だったらいいのにって望んでたのに、実際は、自分の女を武器に、まるで売春婦のように、権力を手にいれてたっていうのも、皮肉なものですね。
本人もやりたくなかったんでしょう。でも、クズだから、孤独なクズとして描かれてるからね。権力に溺れてる。
そもそも、鉄の玉座はそこまで人を狂わせるのか?あの玉座、ぜったい呪われてるだろ!!!!

どんどん、権力に溺れていき、疑心暗鬼になり、人間不信がさらに加速し、ついには、弟まで信用しなくなったサーセイ。頭の中にあるのは、あの占い。さらにクズになっていくサーセイ(でも、どんどん孤独になっていくように見えました)
そういうサーセイの嫌な部分もわかって、ジェイミーは一時期、彼女の元を離れて、全うな騎士になろうと努力しましたよね。

ようやく、現実と向き合い、サーセイ以外の、家族以外の人間を知ろうとしたジェイミー。
ブライエニー・・・
そう、ジェイミーとブライエニーの関係も好きだったんですよね。
騎士として恥ずかしいクズ行動ばかりしてきたジェイミーが、真っ直ぐで純粋な誇り高き女騎士ブライエニーと出会うんです。ちなみに、ブライエニーというキャラはかなりのブサイクキャラという設定なんですよね。
小説では特に不細工。ジェイミーより、体格もデカくて、顔も体もゴツく、胸もなく、女というより、屈強な男。
顔は凸凹で、歯も凸凹で折れている。アゴもでている。かなり不細工です。
ドラマでは、さすがに、そこまで不細工な女優さんではないけど、小説では、かなり酷い見た目という設定。
中身は騎士道に溢れる素晴らしい誇り高き人だけど、外見は美しいジェイミーやサーセイ双子とは正反対。つまりジェイミーとブライエニーは、美男と野獣なんですよ。
しかし、ジェイミーは、美しいサーセイが好きだからといって、別に美醜差別じゃないし、本当は騎士道精神あふれる人。
(ワンピースのゾロと違ってね・・・)
極めて美しいけど棘だらけの薔薇のようなサーセイ と離れて、ブライエニーという醜いけど誇り高き騎士と過ごした事で、ジェイミーは新しい世界を知って、騎士道について深く考えるようになった。
そして、ジェイミーは、変わった。良い意味で変わった。自分を犠牲にして人の為に行動するようになった。
悲しい事に、ジェイミーが良い方向に変わるたびに、サーセイは、どんどんクズになっていくけど。これも運命。

そう、ジェイミーの方はクズキャラから、愛すべきキャラに転身!!
ジェイミーは、ブライエニーに真の友情を感じていたし、ブライエニーに立派な装備も与えたし、なにより、ブライエニーを信頼していたし、信頼もされていた。これが騎士の絆と友情か!と、感動しました。
ブライエニーの方は、ジェイミーに惚れてるだろって思いましたけどね。
けど、私はジェイミーは、あくまでも、ブライエニーに対しては、友情だと思ってました。
まあ、今でもそう思うけどね・・・笑。
小説ではどうなるかわからないけど、シーズン8で、なんと、ジェイミーとブライエニーがついにヤッてしまったのは、ビックりを通り越して笑いました。
てかファンサービス疑惑もありますが・・・特に日本と違って、アメリカでは、イケメン x 不細工女 は絶賛されますからね。ただの地味女じゃなく、ワンピースでいうと、イケメン x ローラ、初期アルビダ、ビッグマム というレベルです。
まあ、一部が絶賛しているだけだけど。だから、ファンサービスの可能性もあります。
(アリアの意味のないようなセックス描写もあったし)

ただ、もしかして、ジェイミーは本当に、姉の呪縛から逃れて、新しい人生をはじめようと思ったのかもしれない。いや、そうだったんでしょう。見た目はどうであれ、ブライエニーはすばらしい女性です。それに、ジェイミーは美醜差別なんかしません!!中身をみる人なんです、ジェイミー最高です!
しかし・・・
なんと・・・ブライエニーも悲恋。
てか失恋ですね。

ジェイミー、あっさり、姉のもとに戻りました。
てか、ヤリ捨て?ヤリ捨てだよね。
あの屈強なブライエニーが女になってる笑。女になってて、いかないで、いかないで〜!!!って泣いてとめようとしているのが、申し訳ないけど哀れすぎる。
私の彼、親友、弟は、みんな爆笑しました。その上、きっと、あれは、いい年して処女だったブライエニーを救うための、Charity Fuck だ!っていいだしました。騎士道精神だ!!チャリティだ!イケメンとヤレたんだから感謝すべきだ。そもそも、ジェイミーとあの変なWildingぐらいしかブライエニーに興味ないだろうから、この先、チャンスはないだろって・・・(←酷すぎる相方と弟達・・・女である親友も爆笑してた・・・ちなみに、みんなアメリカ人。君達なんだかんだで美醜差別してるだろ。どうでもいいが、やり捨てんは変わりないよ。でもはっきりいって似合わないにも程がある。ブライエニーとあのWildingはお似合いだけど。)
ブライエニーも可哀想なんですよ。愛してはいけない男ばかり愛してしまうからね。しかもイケメンばかり。
初恋はイケメンのレンリー王子。醜い自分に唯一優しくしてくれた王子様だから。
ただし、レンリー王子は、ガチホモでした笑。そして王子さまは死亡。
次はイケメンで騎士のジェイミー。ただし、重度のシスコンでした!!!そして姉を守ろうとして姉と共に死亡。
まあ、ジェイミーと肉体関係は結べて良かったよね。しかし・・・別にいらないシーンだったと思うけど。結果的にヤリ捨てだし。まぁ・・・ドラマのは一応女優さんだから、そこまで酷くないけど、小説のブライエニーって、かなり酷い見た目なのでは・・・小説でも、やるのかな?ジェイミーが美醜差別しないで、素晴らしいのはわかるけど、あまりにも似合わないカップルだし、ジェイミーがさらに病んでるようにみえるんだけど。それとも、もしかして、小説では、サーセイのもとに戻らず、そのままブライエニーと結婚するのでしょうか?うーん。
でも、まだ、小説では描かれてない部分だから、なんともいえないけど、ドラマでは、ジェイミーは、ブライエニーをふって、サーセイのもとに帰ってしまうんです。

でも、一度姉と離れたからこそ、気づいたんだろうな。
姉サーセイ が孤独である事と、自分が双子姉を本気で愛している事に気づいた。

ジェイミーを愛してくれる人はたくさんいるけど、双子のサーセイ を愛してくれる人はこの世でジェイミーだけという事も。自分とサーセイは同じなのに、一つなのに。
うーん、悲しい。切ない双子だなぁ・・・
男女の愛もあるけど、姉弟愛もあるよね・・・

ティリオンとジェイミーの兄弟の絆もすごかった。
これもかなり深い絆だった。
ティリオンのジェイミーへの感謝と愛・・・
そして、あんなに自分を虐めてたサーセイを救う事にも協力してるし、やっぱり姉弟なんだなと思った。兄と姉の禁断の愛と二人の命、そしてサーセイのお腹にいるジェイミーとサーセイの赤子(Innocent Life)をなんとかして助けようとしたんだんね。こ本気で泣きました。兄弟愛・・・

ジェイミーに、サーセイを連れて、二人で、遠い異国の地ペントスに逃げて、一緒に新しい人生を歩んでほしいっていうティリオンの気持ちが切ない。それを聞いたとき、私は涙が出ました。でも、同時に、それは絶対にかなわないだろうなという想いもありましたね。さんざんやらかしたんだし、元凶のサーセイが生き残って愛する双子の片割れと二人で別の国で仲良く新しい人生を歩むなんて、そんな都合のいい展開がくるわけないだろうと。日本の漫画なら、都合よく記憶喪失になって新しい人生でHAPPY ENDかもしれないけどね。でも、GOTでは、ありえない。これは、絶対叶う事のない夢物語だなと思いました。だからこそ、切なく思ったし、こみ上げてみるものがあった。二人、いや三人で最後に見る夢には、いいかもしれないけどね・・・
でも叶う事はない・・・
叶う事は決してないから、美しいのかもしれないですね。

てか、ずっと想ってたんだけど、サーセイが野心家じゃなければ、その夢物語ももっと早い段階でかなってたかもしれないのに。もっと若い時から、はじめから二人で、駆け落ちして、一般人として、遠い異国の地で暮らせばよかったのに。
異国の地で夫婦になればいいじゃん・・・
禁断の愛を貫きたいなら、二人で新しい人生を歩みたいなら、最初からそうすれば良かった・・・
幸せになる道はあったかもしれないのに・・・
ジェイミーはサーセイがそう望んでたなら、最初から駆け落ちしてただろうね。彼は権力に興味ないんだから。
戦う事&姉の事しか興味ない単純な男だからね。
でもサーセイはそんな女じゃないから。
最初はただ父親に褒められたかっただけ・・・
もっと自分をみてほしかっただけ・・・政略結婚の駒ではなく、私自身をみてほしかっただけ・・・
サーセイ はジェイミーを確かに愛してた。でも彼女は決して恋愛脳ではなかった。
一族の誇りとプライドがある孝行娘だった。結婚のコマになるのは嫌だけど、でも父親に褒められたい、家族の為に成功したい!同時に父親がジェイミーと彼女に対する扱いが違う事が気に入らない!
自分は他の兄弟よりデキる子なんだ!という父親を見返したい気持ちと、家族の為に頑張りたい純粋な気持ちがサーセイには確かにありました・・・
自分が男でジェイミーだったら良いなとも思ってました。
それがエスカレートして、権力欲に溺れた孤独で惨めな女になってしまったけどね。
サーセイも哀れな女です・・・
本当は孝行娘なのに。父親にはっきり言ってましたからね。
私の方がジェイミーやティリオンより賞賛されるべきよ!とも。
彼女の中には、兄弟間の嫉妬もあった。
そこが、リアルっぽくて、彼女の人間臭さが出てきて、私は嫌いになれなかったんですよね。
(私も兄や弟に嫉妬してた時があったから。男女平等精神の両親のおかげで平等に育ったけどね)
姉一途で純粋で恋愛脳なのは、ジェイミーだけ。
でもジェイミーはちゃんと家族への愛もあったし、ティリオンへの愛もありました。

なにはともあれ、ティリオンのジェイミーへの想いは泣ける。
ただただ家族を想うだけなんですよね・・・
ティリオンのジェイミーへの想いが切ない。

" If it weren’t for you, I never would have survived my childhood.
You were the only one that didn’t treat me like a monster.
You were all I had.”



やばい。泣いた・・・このシーンでジェイミーとティリオンは永遠の別れとなるのが切ない。
抱きしめあったのが切ない。
男同士の友情もそうだけど、兄弟愛とか、本当に感動する。
ティリオンは、自分の命をかなり危険にさらしてまで、捕まってしまったジェイミーを逃がしたのでした・・・
そして、ジェイミーはサーセイの元へ・・・
お前がいてくれたから俺は今ここにいるんだ、お前だけが俺をバケモノ扱いしなかった。
俺にはお前だけだった・・・て。
そんな想いを抱えてたなんて・・・
切ない!!!やっぱり、ジェイミー大好きです。
彼は幼少期から双子の暴君姉さんに夢中だったけど、でも本当は彼は優しい心もちゃんともっていて、弟のティリオンをとても愛してたんですよね。ティリオンの事も何度か救ってたし。ジェイミーは近親相姦で姉に夢中で、姉の為に、姉と一緒にいる為に、色々悪事をやらかしたけど、それでも彼はティリオンを兄として愛していたし守ろうとしていた。
姉のサーセイはティリオンが産まれたときから、母を殺した元凶っていってティリオンを嫌ってたけど、でもジェイミーはちゃんとティリオンを愛した。そこがジェイミーの良いところ。その件に関してだけは、姉の言いなりではなかったんですよ。
それに、幼少時代、サーセイがティリオンをいじめてたのを見て、何度も止めてたし、本当に紳士でいいやつなんです。
善人ではないけれど、でも良心はもっている良い奴なんです!!
ジェイミーはなんか愛が深い男なんだなと思いました。
家族想いだな・・・いや姉弟想いか・・・親不孝ではあるけどね。
いや本当に親不孝だったら、サーセイを拉致して駆け落ちしてたか・・・
なんだかんだで、ジェイミーだって、一族の名誉と誇りだけは守ろうとしてたからね。(DQNじゃないんですよ。)
だから、サーセイが王妃になる運命なのも受け入れたし、自分が結婚相手じゃなくても、不倫相手(影の男)でもいいと思った・・・悲しい。l
悲しい兄弟・・・
悲しい姉弟・・・悲しい双子・・・

母親が生きてたら、ラニスター家の運命は変わってただろうね。
母親が生きてたら...
母親が幼少期に死んでしまった事で、3人とも母親の愛情が得られなかった...
母親が死んだせいで父親が冷たくなってしまうし、ジェイミーは母の顔は覚えてないというけど
心はきっと母を望んてただろうし、その反動でさらに双子の姉サーセイ を求めるようになったのかも。
小説では、ジェイミーの夢の中に姉そっくりの知らない女が出てきて、姉さん姉さん!って彼は呼ぶんだけど、実際は違う女性で、女性はとても悲しそうに去っていった。でも彼は彼女がだれかわからない...そんな描写があるんです。読者はお母さんってわかるんだけど、お母さんが夢の中に出てきたのにお母さんって認識できなかったジェイミーが可哀想。
そして母が大好きだったのに母がいなくなったせいで、さらに歪んでしまったサーセイ 。
占いのせいもあるけど、ちゃんとした教育がないまま人間不信のワガママなお姫様に育ってしまう。
幼い頃のお転婆サーセイと幼い頃の私はちょっと似てる部分があるので、やっぱり幼少期の教育や家庭環境は大事だなと思いますね。
母親が生きてたら近親相姦は確実になくなってたとは思わないけど、でも母親がいれば、3人それぞれ、もっと別の道もあったとは思う・・・そもそも、母親が生きてたら、父親はあんなに冷たい人にはならなかった。

・・・

そして・・・ジェイミー&サーセイの最後・・・
ジェイミーはサーセイの元へたどり着くのに本当に大変で、でも、その必死さが凄く伝わり、最後の最後で
サーセイも、一人ぼっちになってしまって、これでももう終わりかって絶望しかけた時に、ジェイミーが!!!
かなり驚いたサーセイ!!!!
悲劇の中の感動の再会・・・
再会した双子は抱き合います。
城は崩れつつある・・・
ジェイミーも大怪我している・・・
ジェイミーの怪我を心配するサーセイ。
サーセイを強く抱きしめる二人・・・
泣き続けるサーセイ。
サーセイは、もう子供みたいになってますね。
大丈夫だよ、みたいな感じで、サーセイの頭をなでながら、抱きしめるジェイミー。
切ない。
こういう所が、そこらへんのカップルと違うんだよな。
この二人には、姉弟愛も実際にあるからね・・・
双子愛ともいうべきか・・・

ただの恋人なら、もう見捨ててもおかしくないのに、ジェイミーはあえて、幸せな未来を拒み、ブライエニーをふって、サーセイの元に返る事を選んだんですよ。ブライエニーと寝たあとだから、ちょっとブライエニーが可哀想だけど、しょうがないね。てか、ブライエニーと関係をもったあとだからこそ、サーセイへの愛に改めて気づいたんでしょう。
彼は、可憐に咲く棘だらけの美しい薔薇のような双子の姉サーセイの元に戻る事を選んだ。
棘だらけの女なのに・・・それでも戻った・・・
ブライエニーの事も大切だろうけど、サーセイへの愛は別格。
(てか、妊娠中の双子の姉を一人で死なせるのも、ジェイミーらしくないけどね。)

二人で一人だから、片割れの方に戻るのは自然な事かもしれない。
産まれたのも一緒。
死ぬのも一緒。

" You're a hateful woman.
Why have the gods made me love a hateful woman? "



以前、こんな事をいってた。
でも、どんなにサーセイがひどい事をいっても、しても、それでも、どうしようもないぐらい愛しているジェイミー。
実は、私は、ジェイミーは、姉のサーセイが他の人に殺されるぐらいなら自分の手で愛する姉を殺して自分も心中するんじゃないかなと思ってたんですよ。そう予想してましたね!!!
でも、ジェイミーは最後の最後まで、サーセイを傷つけようとはせず、助けようとしたし、なだめようとしたし、何より裏切らなかった・・・
ジェイミーは、自分だけ生きる事を拒み、あえて愛する双子の姉とともに滅ぶ道を選んだ。
まあ、ジェイミー自身も、ティリオンが示してくれた助かる道にそこまで賭けてたわけではないと思うんです。
ただ、サーセイと最後どうなろうとも一緒にいたかっただけなんです。
サーセイの側にいてあげたかっただけなんです。
そう感じました。
どんなに腐った女でも、どうしようもなくダメな女でも、サーセイはこの宇宙でたった一人の愛する姉で恋人。
たった一人の双子の相方。
生まれる前から一緒の片割れ。
あなたは私、私はあなた。誰も引き離せない二人。なぜなら、二人で一つだから。
幼い頃からそんな関係。

崩れ落ちる城の天井・・・
ジェイミーはサーセイの手をひき、ティリオンが教えてくれたとおりに、地下道から逃げようとします・・・
でも、地下の道は瓦礫でふさがれ・・・・・・・・・・
もう逃げられない。
死にたくない死にたくないとパニックになるサーセイ。
幼児退行か??こういう子供っぽい馬鹿なところがサーセイなんだよな。権力に固執しているくせに子供っぽい。外では強がってるくせに、ジェイミーの前では、子供みたいに戻るし・・・そういう部分も含めて、サーセイにはジェイミーしかいないんだよ・・・
そして、そんなサーセイをなだめるジェイミー。

"Nothing Else Matters…
Only Us…"


死を覚悟したジェイミーは、強くサーセイを抱きしめて、そう囁いた・・・
そして、全てが終わった。


わかってたけど、好きなキャラが死んでいくのは悲しいですね。
でも好きといっても、別にサーセイの行動を応援してたわけじゃないし、彼女は死ぬべきキャラだとずっと思ってました。
ジェイミーには生きててほしかった気持ちもありますが、やっぱりサーセイへの愛を貫いた彼は男前でかっこいいし、愛する女性のもとで死ねて、本望なのかな。悲しいけど、美しい死だったな。

さっきも言ったけど、ジェイミーが自分の手で、サーセイ殺すという予想も私はしてました。
けど、その場合は、憎いからではなく、愛しているから。人の手でさばかれるより、自分の手で楽にいかせたいという愛からくるもの。そして、その場合は、ジェイミーも心中するなと思いました。
そういう展開にはならず、彼は彼女を最後まで守ろうとしたけどね。
まあ、結局、心中みたいな形で二人とも死んだけどね・・・
どういう終わり方でも、彼は彼女をとても愛しているという私の予想はやっぱり当たったし、私もそういう美しいエンドを望んでいました。どんな事があっても、ぶれない男、大好きです。

今回、二人の死体が崩れた瓦礫の中からみつかったけど・・・
悲しくも美しく神秘的に感じました。
ジェイミーがサーセイとお腹の子供を守るように抱き合って、くっついてたな。
見方によっては、ジェイミーがサーセイの胸の中で死んでいったようにもみえる。
なにより、二人とも子宮の中にいるような描写でした。
それは・・・作中のサーセイの台詞にもあるけど。
we shared a womb and came into this world together
生まれた時も一緒だったから、死ぬ時も一緒なんだろうね。本当にそんな感じになったという演出かな。
そして、最後まで二人を救おうとした二人の弟ティリオン。
残されたティリオン可哀想すぎるでしょ・・・
彼がジェイミーを凄く慕ってたのは作中でもずっとわかってたし、この二人の兄弟愛は本物だったし、ティリオンとサーセイの仲は悪かったけど、でもティリオンは、サーセイとジェイミーの子供は守りたかったんだろうね。子供3人とも守れなかったからね。4人目は生まれてきて幸せに生きてほしかったという気持ちはあったと思います。
どうしても助けたかったのに、いっぺんに、兄、姉、生まれてこれなかった甥(姪)を亡くしたティリオンの気持ちを想うと辛い。なにより、これで一族はティリオン一人だけになりました。
黄金のライオンはティリオン一人になりました。
元々、権力欲と背徳と禁忌にまみれた腐った一族だったけど、家族は家族。
瓦礫をどけて死体をみつけた時のティリオンの悲しみが、涙を誘いました・・・

そして、ジェイミーとサーセイの死の描写は本当に美しかったんですが、これの最後の締めが、まるで中世騎士物語や童話の悲恋のような感じで感動しました。
そうです・・・ブライエニーのおかげです。
彼女は辛くても本当に最後までジェイミーを尊敬していたとわかった描写があって良かった。
この二人の関係があったからこそ、ジェイミーというキャラがさらに魅力的になったし、だからこそ、ジェイミーとサーセイの死もより深いものになったと思います。私はそう感じました。

この物語には、王国騎士たちが今までやった良い事が描かれている分厚い本があるんですが、この本がまさに、中世ファンタジーに出てくるような本。それで、ジェイミーの部分は、空欄が多かったんです。
というのは、良い事をした経験があまりなかったから。
彼は今まで裏切り行為ばかりしてきたから。キングスレイヤーというのも悪口のようなもので、彼は本当は自分の父親と一族と何千万もの国民の命を守るために、狂王を後ろからブッ刺したのに、それは騎士としては恥ずかしい事で裏切り行為だから、彼がどんなに強くても正しい事をしても、蔑まれてきた。彼が良いと思った事をすればするほど、その行為は結果的に蔑まれてきた。でも彼はそんな事は気にしてなかったけど。
でも、ブライエニーと旅をして、彼は騎士として、たくさんの誇り高き良い事をしてきた。彼は成長した。色々と経験をした。だから、その彼がした良い事をブライエニーが思い出しながら、本に書いている描写が素敵でした・・・
ブライエニーは騎士だからね。その本に記載する権利がありますからね。
そして、悲しくも美しい最後の描写。
最後、ブライエニーは、悲しみをこらえるような顔で、でも絶対にかくべきと覚悟があって・・・
ジェイミーの項目の最後の一文にこう書きました。

Died protecting his queen.



そう記して、本を閉じました。

騎士ジェイミーの最後の一文をそれで締めくくったのが最高にカッコいい。
失恋したのに、かっこいいな、ブライエニー・・・
Died protecting the queenではなく、
his queenと書いた事に泣けました。

The Queenだったら、デナーリスのようにきこえるからね。His Queenとかいたことに意味があります。
悔しいし認めたくないけど認めざるおえない二人の絆。
あと、たぶん、その愛を美しいとさえ思っていそうだね。
そして、QUEENを守って殉職するというのは騎士にとって誇り高い事です。
それも誇り高く良い事として、ブライエニーは認めたし、騎士の本に記載した。
そこがかっこいいし切ないし悲しいし、でもとても美しい描写だなと感じました。

何十年後、何百年後があったら、騎士に憧れる子供たちが、その本をみて、Sir Jaime のような騎士になりたい!って思うんだろうなぁ・・・

長くなりましたが、私はジェイミーとサーセイの死は、綺麗に描かれていたと思います。

本当に哀しい双子の物語でした。


サーセイは最後はわかったかな?
権力とか、玉座とか、そんなものより大切なものはなにか。
ジェイミーに裏切られた!と思ってたんだよね?
でも違ったでしょ・・・?
サーセイは、わかった?ちゃんとわかって死んだ??
愛すべき弟の命を犠牲にして、ちゃんと学んだよね?
自分がどれだけ、ジェイミーを苦しめてたかわかったの?
そして、自分がどれだけジェイミーに愛されてたかわかってたのかよ・・・
うん、わかってたよね、きっと。
夢の中では・・・Pentosに逃げ切って新たな生活を歩んでほしいよ・・・
運命共同体。
全てはKarma・・・
ジェイミーは悪い事も沢山したけど、良い事もたくさんしてきた。
そのGOOD DEEDSが、二人を地獄の炎から救ってくれるといいな。
天国にいってくれるといいな・・・
もう、二人とも、充分苦しんだから・・・

天国には、娘もいるといいな・・・
この子は本当に可愛かった。
ジェイミーも、せっかく、父親になれたのに・・・
これですからね・・・

IMG_0599.jpg
IMG_0597.jpg
IMG_0602.jpg

この娘は、サーセイの若い時とそっくりという設定で、美少女です。
けれど、サーセイと違って、普通に良い子です。

IMG_0604.jpg

美しい・・・
この極めて美男美女の双子から生まれた三人の美しい子供達。
(三人のうちの一人はサイコパス王子だったけど見た目は美しい設定だった)
その中でも、この娘は、美しいだけじゃなく、まともでした。
ジェイミーの心中を想うと切ない。
騎士として、叔父として、子供達を見守っていたけれど、父親としては何もしてあげれなかった。
父親と名乗る事も許されなかった。その腕で抱きしめてあげる事もできなかった。
娘には本当の事を伝えようとしたら、娘はすべて察していたようで、あなたが父親で良かったといって、抱きしめてきた。
感動したジェイミーの顔・・・でも・・・
罪もない純粋な娘は5秒もしないうちに毒で死んだ。
なんていう悲劇でしょうか???
なぜ、双子の姉を愛してしまっただけで、彼はこんなに地獄をみなければいけないのか、苦しまなければいけないのか。
この娘が死んだのは、もちろん、サーセイのせいでもなければ、ジェイミーのせいでもない。
長く続く一族と一族の間の恨みと憎しみと復讐。その復讐の矛盾が子供に向かってしまったのは辛い。
子供をなくした事で、どんどん人間不信に、どんどん残酷に、狂っていくサーセイ。
サーセイも、なんて悲しい人なんでしょう。悲しいとうより、哀しい。

もし別の世界で生まれ変わったら、この哀しき家族に幸があればいいな・・・
もし、別の世界があるなら、今度はサーセイが、たくさんジェイミーに愛をあげて・・・
それか・・・無垢な子供時代の頃に戻るのもいいね。
二人でいつまでも一緒に遊んだあの頃に・・・
美しき故郷 casterly rock に帰ろう・・・

ジェイミーとサーセイ。
ジェイミーは愛してくれる人がたくさんいたけど、サーセイを愛してくれるのはジェイミーだけだった。
結局、世界の全てがサーセイの敵になっても・・・
最後の最後までジェイミーはサーセイを愛していた。
ジェイミーは最後まで双子の姉への愛を貫いた・・
そして望みとおり愛する女性の腕で死んでいった・・・
サーセイもこの世で唯一無二の双子の弟の腕の中で死んでいった・・・
最後の描写は、本当に眠っているかのようでした・・・

RIP
Jamie&Cersei
悲しい双子の物語


They came to this world together...
and they left this world together...


IMG_E0651.JPG


2019年05月21日

ネタバレ注意!最終回!『Game of Thrones Season 8』★Episode 6 Finale 〜 The Iron Throne

ネタバレ注意!
最終回!

『Game of Thrones Season 8』
★Episode 6 Finale 〜 The Iron Throne


最終回、ようやく観ました!!
あああ・・・・・・・・・・・・色々言いたい事あるけど、なにはともあれ、俳優の皆さん本当にお疲れ様でした!!!
ほんと、良い意味も含めて、色んな意味でヤバイ最終回です。賛否両論あるけどね。でも私は、それなりに満足かな。物足りない部分やツッコミたい所もあるけど7割、満足しています!!あと、今まで観た長編ドラマの中で一番感動したし大好き。DISNEYエンドじゃない所も良いね。そうきたかーーーーーー!って部分もあるし、少し笑う部分もあるし、いやいやキングはお前かよって!って突っ込みたいところもある。そして総合的にみて一言、やはり良い意味でも悪い意味でもアメリカンドラマだなと思いました。政治的思想がちょっと入ってるでしょ・・・。民主主義エンド・・・笑。まあ、政治については、あまり言わないでおきますけどね。

さて・・・前回、悲劇の双子がやはり運命の死をむかえました。
好きなキャラとはいえ、絶対死ぬだろうなと思ってたから、死んだ事にビックリはしなかったけど、今回、改めて、本当に死んだんだと死体が出てきましたね。
双子の姉サーセイは悪役キャラだけど、自分の子供たちを愛していたのは事実だし、なんか、自己中で権力に飢えた馬鹿な女だけど、どうしても嫌いになれなかったし可哀想とさえ思ってました。
でも最後は死ぬべきキャラだとわかってたし、覚悟もしてました。
(弟が彼女を守って変わりに死んで彼女は死より辛い悲しい一人ぼっちの人生を歩むという予想も少ししてたけどね。)

弟のジェイミーは、ずっと死亡フラグ立ちっぱなし。長いシリーズの中で懺悔の行動みたいな事もしてたし、最初は完全に悪役描写だったのに、途中から、かなり良い人という面も出てきたけど、だからこそ、根が良い人だから、姉を見捨てられないし、愛情が深い人だから、本当に心から底から、魂の根っから、双子のサーセイを愛していたんでしょう。
小説では細かく書かれてるけど、幼い頃は双子の姉と離れるのが耐えられない少年で、肉体関係は思春期前からあって、思春期になってからは双子の姉の側にいるために城や後継者の相続も放棄して騎士になる道を選んだキャラ。城も財産も嫁も子供もいらない、この世で唯一欲しいのはサーセイ だけ。それがジェイミー。
最後までブレなかったな。姉の方はクズだけど人間臭いキャラで、彼女なりに弟を愛してたのは事実。でも占いのせいで重度の人間不審になり、弟にも裏切られたという思い込みから、どんどん間違った方向に進んでしまった。
デナーリス もそうだけど、人は人間不審になるとやばいですね。決めつけは愛する人に裏切られた(という思い込みだけど)ショックでしょうか。憎しみと人間不審で盲目になってしまったデナーリス とサーセイ。
サーセイの場合は本当に幼少期から中世の高貴な一族でありがちな複雑な家庭環境で育ったから。
双子というのも、ただの兄弟とは全然違うし。
一つの体が二つに別れたのっていう表現もあったし。

せめて占いがなかったら...
母親が生きてたら...
母親が幼少期に死んでしまった事で母親の愛情が得られなかった...
母親が死んだせいで父親が冷たくなってしまうし、ジェイミーは母の顔は覚えてないというけど
心はきっと母を望んてただろうし、その反動でさらに双子の姉サーセイ を求めるようになったのかも。
小説では、ジェイミーの夢の中に姉そっくりの知らない女が出てきて、姉さん姉さん!って彼は呼ぶんだけど、実際は違う女性で、女性はとても悲しそうに去っていった。でも彼は彼女がだれかわからない...そんな描写があるんです。読者はお母さんってわかるんだけど、お母さんが夢の中に出てきたのにお母さんって認識できなかったジェイミーが可哀想。
そして母が大好きだったのに母がいなくなったせいで、さらに歪んでしまったサーセイ 。
ちゃんとした教育がないまま人間不信のワガママなお姫様に育ってしまう。
幼い頃のお転婆サーセイと幼い頃の私はちょっと似てる部分があるので、やっぱり幼少期の教育や家庭環境は大事だなと思いますね。(私にも兄と弟がいますが、母は男女関係なく平等に厳しく優しく接してくれたから良かった。ちなみに母親が長期入院した時、4歳の弟は、6歳の私から片時も離れませんでした。なんなんだろう、不安なのか安心感がほしいのか。母の存在って大事だなと思う。)

ジェイミーが自分の手で、サーセイ殺すという予想も私はしてました。
けど、その場合は、憎いからではなく、愛しているから。人の手でさばかれるより、自分の手で楽にいかせたいという愛からくるもの。そして、その場合は、ジェイミーも心中するなと思いました。
そういう展開にはならず、彼は彼女を最後まで守ろうとしたけどね。
まあ、結局、心中みたいな形で二人とも死んだけどね・・・
どういう終わり方でも、彼は彼女をとても愛しているという私の予想はやっぱり当たったし、私もそういう美しいエンドを望んでいました。どんな事があっても、ぶれない男、大好きです。
(これが血の繋がりのないカップルだったら、お花畑展開で嘘くさって思うけど、母不在の複雑な家庭環境で、生まれた時も一緒で死ぬ時も一緒という双子だからこそ、神秘的で幻想的で、でも説得力あったと思います。あと彼らの両親は従兄妹婚で、とにかく純血。呪われた血族!ゴシックファンタジー!)

" Jamie & I are more than brother and sister
we shared a womb and came into this world together
we belong together "


今回、二人の死体が崩れた瓦礫の中からみつかったけど・・・
悲しくも美しく神秘的に感じました。
ジェイミーがサーセイとお腹の子供を守るように抱き合って、くっついてたな。
見方によっては、ジェイミーがサーセイの胸の中で死んでいったようにもみえる。
なにより、二人とも子宮の中にいるような描写でした。
それは・・・作中のサーセイの台詞にもあるけど。
we shared a womb and came into this world together
生まれた時も一緒だったから、死ぬ時も一緒なんだろうね。本当にそんな感じになったという演出かな。
そして、最後まで二人を救おうとした二人の弟ティリオン。
残されたティリオン可哀想すぎるでしょ・・・
彼がジェイミーを凄く慕ってたのは作中でもずっとわかってたし、この二人の兄弟愛は本物だったし、ティリオンとサーセイの仲は悪かったけど、でもティリオンは、サーセイとジェイミーの子供は守りたかったんだろうね。子供3人とも守れなかったからね。4人目は生まれてきて幸せに生きてほしかったという気持ちはあったと思います。
どうしても助けたかったのに、いっぺんに、兄、姉、生まれてこれなかった甥(姪)を亡くしたティリオンの気持ちを想うと辛い。なにより、これで一族はティリオン一人だけになりました。
黄金のライオンはティリオン一人になりました。
元々、権力欲と背徳と禁忌にまみれた腐った一族だったけど、家族は家族。
(ワンピースのサンジがティリオンっぽいな。レイジュはジェイミー。まあ、このドラマは大人向けだから、全然重さが違うけど。でもサンジの場合は、家族に関してはハッピーエンドでしたね。)
悲しいかな、皮肉な事に、ティリオンがジェイミーに教えた地下の逃げ道はダメだったんだよね。
見方をかえれば、ティリオンが殺した事にもなるかもしれない。全く、ティリオンのせいではないけどね。
でも、結果的にティリオンはラニスター家を滅ぼしています。生まれた時から・・・
結果だけでいうなら・・・
ティリオンは母を殺して生まれてきた。
そして、父も殺した。
そして、今度は、兄と姉も殺した・・・
結果だけでいうなら・・・ティリオンはラニスター家を滅ぼしています。
これを監督が意識して作ったのかわからないけど、なんかフィクションとして芸術的にさえ感じました。
瓦礫をどけて死体をみつけた時のティリオンの悲しみが、涙を誘いました・・・

そして、ジェイミーとサーセイの死の描写は本当に美しかったんですが、これの最後の締めが、まるで中世騎士物語や童話の悲恋のような感じで感動しました。
そうです・・・ブライエニーのおかげです。
ブライエニー・・・
ジェイミーとブライエニーの関係も好きだったんですよね。ブライエニーも悲恋
てか失恋ですね。
ブライエニーというキャラはかなりのブサイクキャラという設定なんですよね。
小説では特に。
中身は騎士道に溢れる素晴らしい誇り高き人だけど、外見は美しいジェイミーやサーセイ双子とは正反対。つまりジェイミーとブライエニーは、美男と野獣なんですよ。
極めて美しいけど棘だらけの薔薇のようなサーセイ と離れて、ブライエニーという醜いけど誇り高き騎士と過ごした事で、ジェイミーは新しい世界を知って、騎士道について深く考えるようになった。
でも一度姉と離れたからこそ、気づいたんだろうな。
姉サーセイ が孤独である事と、自分が双子姉を本気で愛している事に気づいた。
ジェイミーを愛してくれる人はたくさんいるけど、双子のサーセイ を愛してくれる人はこの世でジェイミーだけという事も。自分とサーセイは同じなのに、一つなのに。

ブライエニーは可哀想だけど、そんなジェイミーも含めて、ブライエニーは好きになっちゃったんでしょうね。
彼女は辛くても本当に最後までジェイミーを尊敬していたとわかった描写があって良かった。
この二人の関係があったからこそ、ジェイミーというキャラがさらに魅力的になったし、だからこそ、ジェイミーとサーセイの死もより深いものになったと思います。私はそう感じました。
この物語には、王国騎士たちが今までやった良い事が描かれている分厚い本があるんですが、この本がまさに、中世ファンタジーに出てくるような本。それで、ジェイミーの部分は、空欄が多かったんです。
というのは、良い事をした経験があまりなかったから。
彼は今まで裏切り行為ばかりしてきたから。キングスレイヤーというのも悪口のようなもので、彼は本当は自分の父親と一族と何千万もの国民の命を守るために、狂王を後ろからブッ刺したのに、それは騎士としては恥ずかしい事で裏切り行為だから、彼がどんなに強くても正しい事をしても、蔑まれてきた。彼が良いと思った事をすればするほど、その行為は結果的に蔑まれてきた。でも彼はそんな事は気にしてなかったけど。
でも、ブライエニーと旅をして、彼は騎士として、たくさんの誇り高き良い事をしてきた。彼は成長した。色々と経験をした。だから、その彼がした良い事をブライエニーが思い出しながら、本に書いている描写が素敵でした・・・
ブライエニーは騎士だからね。その本に記載する権利がありますからね。
そして、悲しくも美しい最後の描写
最後、ブライエニーは、悲しみをこらえるような顔で、でも絶対にかくべきと覚悟があって・・・
ジェイミーの項目の最後の一文にこう書きました。

Died protecting his queen.


そう記して、本を閉じました。


騎士ジェイミーの最後の一文をそれで締めくくったのが最高にカッコいい。
失恋したのに、かっこいいな、ブライエニー・・・
Died protecting the queenではなく、
his queenと書いた事に泣けました。

The Queenだったら、デナーリスのようにきこえるからね。His Queenとかいたことに意味があります
悔しいし認めたくないけど認めざるおえない二人の絆。
あと、たぶん、その愛を美しいとさえ思っていそうだね。
そして、QUEENを守って殉職するというのは騎士にとって誇り高い事です。
それも誇り高く良い事として、ブライエニーは認めたし、騎士の本に記載した。
そこがかっこいいし切ないし悲しいし、でもとても美しい描写だなと感じました。

何十年後、何百年後があったら、騎士に憧れる子供たちが、その本をみて、Sir Jaime のような騎士になりたい!って思うんだろうなぁ・・・

長くなりましたが、私はジェイミーとサーセイの死は、綺麗に描かれていたと思います。
賛否両論があるみたいですけどね。クレーマー視聴者、こわっ!!
(どんだけリアルの恋愛や家庭で満たされてないんだよ笑)
まあ確かにあっさりかな?という部分もあったけど、これがあっさりだったら、他は・・・笑。
で、突っ込みもあったようですが・・・
瓦礫の山が都合よくジェイミーとサーセイのところだけに落ちてるのがオカシイ!っていうクレーマー視聴者がいました。
(欧米クレーマーのくだらない意見です。)
少しズレれば助かったんじゃないのか。二人は馬鹿なのか?と。あと、Iron Throneの椅子に座っていれば、死ななかったよね笑、という意見も。確かに戦争がおわったあとも残ってましたからね。デナーリスが座るための椅子だったから、あそこは焼かなかっただろうし。でもさ、おかしいでしょ。あんな玉座に堂々と座ってたらバレて殺されるのがオチ。なのでその否定意見は馬鹿すぎて却下。
で、瓦礫の件ですが・・・
確かに、よくみるとそうだね。少しズレれば生き残れたかもね。
でも、ジェイミーがどこに立っても、どこにいっても、瓦礫は彼らを潰すよ。
Final Destination ですよ。
逃れられない死の運命なんですよ。
つか、生き残ったら生き残ったでお前らどうせ文句いうんだろクレーマー視聴者は。

それに・・・これは私の超個人的な個人的な意見だけど・・・
ジェイミーは、そこまで生き残りたくなかったんじゃないかな・・・
ある意味、占い通りに、サーセイの弟であるジェイミーがサーセイを殺したのかもしれない。
ティリオンが生き残ってほしいって願ったからジェイミーはなんとか頑張ったけど、でも本心は、もうサーセイと一緒に死ぬ、心中する覚悟だったのでは。
彼から、あまり生き残りたいという希望を感じなかったんです。
姉を愛しているけど、愛していたからこそ、罪にまみれた自分たちは一緒にこの世から去るべきだっていう考えがあったのかもしれない。
彼は瓦礫でうまってるのをみて、パニックをおこしたサーセイを、強く抱きしめて、そこに突っ立って、死を待っているようでした。

"Nothing Else Matters.
Only Us"


そういって、死を待っていただけのように見えました。


とにかく彼らの運命は死しかなかったんです。
だから、あーしたら生き残れたとか、こーしたら逃げれたとか、そんな変な意見は野暮ってもんです。
好きなキャラだから死んでほしくなかったのか、嫌いなキャラだから、とにかく馬鹿にしたいのか知らないけど・・・
まあ、気持ちはわからなくはないけどね・・・
でも、私は大好きなキャラでも、彼らの死は当たり前だと思ってたし、美しく描かれた事で満足しています。
それ以外の死が、ちょっと・・・って思う部分もあったから、なおさら、この二人の純愛、悲恋が美しくみえたのかも。

で・・・
次に・・・
デナーリス・・・・・・・・・・・・・

はあ・・・涙。残念。
でも別に文句はいいません。
前回ので彼女の行動に失望したし彼女の運命は明るくないなと思いました。もう彼女の運命を前回で察しました。
彼女もとても可哀想な人でした。
でも狂気に取り付かれた彼女を止めるには、ああするしかなかったのかな。

愛する人を殺したのは・・・
デナーリスを殺したのは・・・
ジョンでした。


うーん・・・
この二人のカップルは、後半からカップルになったから、ジェイミーとサーセイほどの愛も絆も禁断さもないんですが、ぶっちゃけ、甥と叔母の近親相姦の関係です。本人たちは最初は知らなかったけど。まあ知った後も、どうって事なさそうだったけど笑。デナーリスは、二人の血縁関係より、ジョンに自分の女王の地位がとられるんじゃないかって事に恐怖していたぐらいですから。
まあ、そこがこのドラマの面白いところ。
人間の汚い部分がでている。でも、そこがリアルかもしれないですね。
リアルで置き換えるなら、資産家の一人娘が生き別れの甥(兄・弟でもよし)と出会って、血縁を知らずに恋愛関係になって、真実を知ったあと・・・こんな選択肢がありますね。

1)私たち結ばれないのね。悲しいから駆け落ちしよう、無理なら心中よ。←少女マンガ
(出会ったばかりなのに、よく命かけれるなと思う。生まれた時から一緒のジェイミーとサーセイは納得できるけどね。)
2)ふざけるな。私の財産と地位は私だけのものだ。←Game of Thrones
3)ふーん、それで?今まで通りエッチしよう。←Game of Thrones


うーん、私はどうだろう笑。
少なくとも、1)にはならないかな。財産と地位は譲りたくないからな笑。
ジェイミーとサーセイのように生まれた時からお互いが双子だって知ってて、それでもあえて関係を結んだ男女と違って、ぶっちゃけ、ジョンとデナーリスは、お互いにとっては、ぽっとで・・・ですからね。
今まで兄弟の絆も家族の絆もなかった、ただの恋人。付き合った期間も短い。
その恋人に、自分の地位が盗まれる可能性もあるなら・・・

うーん。
やっぱり、人間は自分が一番可愛いもんですよ。私もそうだからね。私も人間不信だし。
まあ、苦楽を共にして長年付き合ってきた恋人や、幼馴染や、生まれた時から一緒の家族は、特別だけどね。けど、ジョンとデナーリスには、それがない。あるのは、お互いへの不信感だけ。
でも、デナーリスは最後まで、何とかジョンを自分のもとにおいて、普通に性的関係も続ける気は満々だった。てか、愛人にする事で側におけて監視もできるからね。もちろん、いつ寝首とられるかわからないけどね。お互いがお互いを監視して、永遠に信用する事はなさそう。
狂女王デナーリスはかなり怖くなってきているから。

でもジョンは、最後までデナーリスに忠誠を誓いたかった・・・
でも、不信感は消えない・・・
二人で玉座の前で、少し会話をして・・・
ジョンは決めた。
こいつダメだ、ここで殺さないと!
って感じで・・・

Love is the death of Duty
Duty is the death of Love


この台詞が意味深でしたね・・・
そして、ジェイミーとジョンを対比していた。
どっちが正しいとかないけど・・・
でも、ジェイミーは、姉への愛をとった。
そして、ジョンは、自分がするべき事をした。義務をはたした。
ティリオンが、ジョンをけしかけたって言い方は悪いけど、でも、まあティリオンのアドバイスもあったからなぁ・・・
アドバイスっていうか、お前がやれ!って感じだったな・・・
ティリオンも、デナーリスを信頼してたのに、友達を裏切ってまでデナーリスを信じていたのに、助けたかった兄ジェイミー含む一族がみんな死んで、町が無残に意味もなくドラゴンに焼かれて、かなりデナーリスに失望してましたからね。
そして、デナーリスの力は驚異的で、破壊と炎しか生まないと確信したんでしょうね。

てか、サンサやアリアも、デナーリスをはじめから信用してなかったし、信頼している妹たち+ティリオンの後押しもあって、デナーリス殺しちゃったんだろうね・・・

凄く悲しいな。
1章からずっとみてきて、デナーリスを応援してました。
当初は、正しい女王だと思ってました。
途中から、なんかおかしくなったけど、ジョンと出会って、彼女は良い方向に変わるのかなと期待してました。
でも悪化しました。恐怖と破壊と炎の女王になりました。
彼女は自分が絶対正しいと信じて疑わない権力に溺れたモンスターになっていたんです。
ドラゴンの羽が彼女にもはえているような描写があったけど、かなり恐ろしかったですね。
Season 1から彼女を応援してきたファンはどう思うんだろう。最後まで彼女を信じていたファンはショックだろうな。
私は、Season 5、6 あたりから、この人、何かヤバイかもって思ってたので、希望は捨てなかったけど、でもこういうバッドエンドになる事は覚悟はしていましたね。
そして、前回の描写、町を焼き尽くす描写で、こいつ、もうダメだ・・・と思いました。
でも、やっぱり残念ですね。
Season1から、今まで築き上げてきたものが、一瞬で崩れさりましたからね・・・
そして、結局、デナーリスは、鉄の玉座に座る事は一度もなかった・・・
なんとも言い表せないような虚無感・・・
そして、デナーリスが死んだのをみて、ドラゴンが泣いてたのが悲しいな・・・
まるで母親が死んだかのように、デナーリスの動かない体をつついていたな。
そして死んだのがわかって、吼えてた。泣いてたようにみえる。
でも、ドラゴンは、ジョンを焼かなかった・・・
ドラゴンは、なんと鉄のっ玉座を焼いたのでした!!!
これは、暗示ですよね。
もう鉄の玉座はいらない・・・そういう時代は終わった・・・そんな新しい時代への幕開け。
ドラゴンは、その後、デナーリスの遺体をもって、どこかに飛んでいきました・・・
美しい描写だけど、とても悲しい・・・

ジョンは、デナーリスを殺したのに、意外と普通。悲しいのは確かなんだろうけどね。
これがジェイミーだったら、狂った姉を殺して心中しそうだけど、ジョンは心中しなかったね。
愛は愛だけど、そこまでの愛って事ですよ。
そして、ジョンはジョンで、王にもならず、昔の職、Night Watchに戻りました。
それが彼にとっても最善でしょうね。
王になりたくない!って言ったのは本心だったし。

そして、アリアとサンサ・・・
サンサは本当に賢く成長したな・・・
サンサはWinterfellの女王になりました!!
1章のころは、王子様のお嫁さんになりたいとか少女マンガのような展開を望んでた脳内お花畑の歳相応の娘だったけど、色々あって、すごく賢く成長しました。自分が女王になっちゃったよ!!!!!!
本当に、このドラマが強い女性が多い!!
サンサが女王なら安心だな、って笑顔をみせたジョンが良かった。
(これが、超個人的なありえない意見だけど、ジョンとサンサがくっつけばいいじゃんと思いました。実の兄妹じゃないし。まあ、従兄妹同士ですが・・・笑。サンサって少しジョンに気があるんじゃないの?って思ってた部分もありました。デナーリスとジョンがイチャイチャしているのが凄く気に入らなかったようだし。ジョンとサンサは、幼少期は仲が悪かったようだけど、大人になって、出会って、好きになる事ってありますよね。しかも実の兄じゃないってわかったのなら、全然OKでしょう。でも、ジェイミー&サーセイ双子と違って、普通にお互いまともな親のもとで育って、普通にまともな神経の持ち主同士だから、ただの兄妹愛でしょうけどね。)
まあ、なんだかんだで、サンサは北の女王です。
かっこいいな!!生き残ってほしいキャラだったから嬉しいです。

そして、アリア〜!!!!!!!!!!!!!!
そうきたか笑。
そうきたかーーーーーーーーーーー。

さすがアメリカンドラマですね。
アリアは、まだ地図で判明されてない世界をみたいとの事で、探検家になりました!!!
これは予想外!!!
家族のもとを離れるんですね・・・
でも、そっか・・・
ずーーーーーーーーっと、復讐に囚われて生きてきたから・・・
でも、ハウンドが残してくれた未来を生きようと、今度は自分の人生の為にいきようと、自分の本当にやりたい事をやろうとしたんだね・・・
つか、ジェンドリーの事はいいのかよ・・・笑。
まあ、アリアは恋愛に生きるより、貴婦人になるより、キャリアウーマンがお似合いっぽいけどね。
ちょっと、Game of Thrones らしくないなぁと思ったけど、まあ、アリアが希望に満ち溢れて幸せそうなので安心しました。これも賛否両論あるけどね・・・

そして・・・
結局、誰がキングになったのか・・・

お前かよ〜!!!!!!!!!!!!!!!

ここは、さすがに普段、このドラマでは突っ込まないようにしてる私も突っ込みます。

お前かよ〜!!!!!!!!!!!!

覗き魔がキングになってしまいました!!!!!!!!!

ぶっちゃけ、こいつ好きじゃないんですよ笑。
嫌いでもないけど。
でも結果的に、ジェイミーに塔から落とされてよかったね。
そのおかげで、Three Eye Raven になれたんだから。
全てはつながるんですね・・・

偶然なんかない。あるのは必然だけ。

それにしても、こいつ、凄い事をなんかしたっけ?
ずっと守られてばかりじゃない?
未来がみえるんですよ〜的な印象がきもかったし、いつも、謎謎口調で話しているのが苦手でした。

そもそも、1章から印象が悪かった。
母親から、危ないから塔にのぼらないようにって言われたよね。
約束するよ!!って約束した直後に塔にのぼったよね・・・なんなの、こいつ。
アリアのようなお転婆な子供は嫌いじゃないけど、約束したのに直後に破る子供は、ちょっとどうかと思います。
痛い目みるといいよって私は思いました。
そして、本当に痛い目にあった笑。
可哀想と思わなかったんだよな・・・母親の約束をやぶったからね。
そして、この覗き魔の、約束破りと覗き癖は、成長した後も変わりません。
こいつの失敗で、敵に、こいつの存在が知れ渡ってしまいました。
そう、この覗き魔のせいで、仙人のようなThree Eye Ravenも死んだんです。
その後も色々と不利になります。
てか、なんか、毎回、毎回、意味不明な事をつぶやくくせに、肝心な事はいわない。
で、こいつ戦争でなんかしたっけ?
アリアの方が確実に貢献したよね???
こいつ、車椅子にずっと座ってただけじゃん。


てか、戦争が終わったあとだっけ・・・前だっけ・・・
ジェイミーが、こいつに謝ってたよね。
謝る必要ないな笑。
結果的に、こいつがキングになったんだから。
あの時も、本人はわかってたのかね?自分がキングになる事が・・・笑。

俺がキングになるから結果オーライだよ、お前のおかげだよ・・・ってジェイミーに言えばよかったのに笑。
(こいつやっぱり頭おかしいわって思われるだけかもしれないけど。)

・ 顔の痣のせいで監禁のような生活を余儀なくされていて、読書が好きで賢く優しいのに、生贄として生きたまま焼かれた純粋無垢な少女。←一番残酷な描写でとても悲しいし可哀想すぎる。

・ 故郷に帰る船の中で、本当の父親を初めて認識し、感動のHUGをして5秒もたたないうちに、毒で死んだ美しい少女。←残酷で切なすぎる悲劇・・・また無実の人間が・・・

・ 母との約束を即効で破り、塔に登って、人のセックスを覗いて、塔から落とされたおかげで超能力を得た少年。後にキング。←全く同情しない。むしろお前は木にでもなってろ。

まあ・・・彼についても、賛否両論が色々あるようですが、はあ??って意見の方が目立ちますね笑。
うーーーーん。
まあ別にいいけどね。(←とりあえず私は言いたい放題いったので結果については清く諦めるわ・・・笑。)

あと、この終わり方も、超アメリカンという感じがするけど、今後は君主制(っていうのかな?)ではなく、民主主義(っぽく?)なるそうです。
はい・・・?
はい。承知しました。
GOTで、シーズン9があったら、ドナルド・トランプがキングになる可能性もありますね!!

まあ、今までの戦いで、王家の一族だの、呪われた血族だの、裏切りだの、近親相姦だの、政略結婚だの、色々あったからね。今度から、キングは、キングの子孫ではなく、会議で選ばれるようです!

これ、価値観の違いだけど、やっぱりアメリカは、イギリスや欧州や日本のように王室や皇室がある国とは違うので、考え方も、なんていうか、すごく左翼的なんですね。まあ結局は人それぞれだけどね。
でも、風潮としては、そんな感じです。
Democracy の象徴みたいな国ですからね。

まさか、GOTの最終回でも、それっぽくなるとは思いもしませんでしたけど。
長年みていたドラマが最終回を迎えて・・・
好きなキャラが何人も死んでしまって・・・
悲しい切ない死、美しい死、納得いかない死、あっさりしすぎた死、色んな死があったなぁ・・・
でも、やっぱり個人的に一番感動したし深く想う事があるのは、ジェイミー、サーセイ、ティリオンの3兄弟かな。
あと、スターク家の兄妹たちの絆も良かったですね・・・ジョン、アリア、サンサ・・・
そういえば、長男のロブと末っ子の男の子は無残にも殺されちゃったんだよね。両親も。
この子供たちも本当に色々頑張ったな・・・

and the show ends...

次のドラマで期待しているのは、CROWN SEASON 3 です。



VIVRE CARD 〜ONE PIECE図鑑〜 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:1,350円
(2018/9/4 05:36時点)
感想(0件)

くる天 人気ブログランキング ブログランキング にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ
プロフィール
Perona★沙月さんの画像
Perona★沙月
はじめまして。ワンピースのペローナが大好きな沙月と申します。 ワンピースでは、ペローナ、ミホーク、ロー、レイジュが特に大好きです。あと麦わらの一味はみんな好きですが、特にフランキー、ウソップが好きです。 ワンピース以外にもハンターxハンターなど色々な漫画を読んでいます!(少年漫画メイン) 欧米のドラマや映画も観ます。特にGAME OF THRONESなどが大好きです。リアル脱出ゲーム・謎解きも趣味です。 このサイトは、自己満足目的の気まぐれなブログです。 多忙の為、更新お休みする時もありますが基本は週に2回〜4回ほど更新予定です。年の30%以上は海外にいますが、時間あれば海外からでも更新します。漫画に関しては、基本的にジャンプ公式発売後に感想を載せてますが、アニメ派とコミック派にはネタバレなので自己責任で!ワンピースの最新情報をできるだけ早くファンに伝えればいいと思っていますが、原作に関しては最近は貯めてからいっきに読んで感想を書く事が多いです。多忙の時は、時々相方にバトンタッチしながら、できるだけ更新を心がけます。 私は、楽しいことが大好きな、いたって普通の平凡なアラサーですが趣味が沢山あります!まず、食べること、読書、旅行、スポーツ、リアル脱出ゲーム、映画やドラマ観賞、漫画、ゴシックファンタジー等が大好きです。スポーツは特に水泳とバスケットボールが好きです。尊敬する人は、エリザベス女王、両親、相方、兄、弟、親友です。 ブログでは、旅先の事、美味しい食べ物の事、リアル脱出ゲーム、漫画の事(ワンピースなど)、本やドラマや映画の事などランダムに書いています。 私は、一応半分だけ日本人の血が入っていますが、生まれも育ちも海外でアメリカ国籍です。日本語も完璧ではないです。ブログ記事の誤字など大目にみてください。日本に住んでいても、外資系企業で働いているため、まわりは帰国子女と非日本人しかいないので、純粋な日本人と深く関わる機会はあまりないです。 このブログは、日本語を上達する為、また同じ趣味を持った人たちと関わるために作りました。 まだまだ日本語の文章力がない素人ですが、大目にみていただけると幸いです。こんな私ですが、同じ趣味の人たち、ぜひ仲良くしてください。ご自由にコメントどうぞ! 英語でのコメントもWELCOMEですよ。
プロフィール

ゾロペロ時計

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー
最新記事
最新コメント
リンク集
送料無料! HunterxHunter 最新刊!必見!

【在庫あり/即出荷可】【漫画】HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 全巻セット (1-33巻 最新刊)/漫画全巻ドットコム

価格:13,981円
(2016/7/14 05:42時点)

HUNTER×HUNTER(15) [ 冨樫義博 ]

価格:421円
(2016/7/14 05:42時点)

送料無料!ワンピース最新刊!必見!

ONE PIECE 87 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

価格:432円
(2017/11/22 04:30時点)
感想(108件)

送料無料!スラムダンク全巻新品!!必見!

SLAM DUNK(スラムダンク)(完全版) 全24巻セット [ 井上雄彦 ]

価格:24,192円
(2015/12/17 23:20時点)

送料無料!受賞作品!必見!

巌窟王 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 中田譲治 ]

価格:25,154円
(2015/12/17 23:28時点)