2019年11月27日

『雪虫』は北国のメルヘン!!




『雪虫』
IMG_20191124_153052_2.jpg

庭先で2,3ミリのふわふわっとしたものが、雪のように、綿のように飛んでいたのよ。『雪虫』って言うらしい。
北国だけに見られ、雪が降る前にふらっと現れるんだって。
ということは、もうすぐ雪が降るってことか!?



なんともメルヘンな虫ではないか。
雪国生まれなのに、まったく知らなかったなんてなんとも恥ずかしい。

秋田に戻って3年という月日が流れたけど、こんな小さな発見があって・・・
やはりこれでよかったとふと思う。

ちょっとクセのある村人、あんまりしゃべらない村人に囲まれているけど、それなりに秋田の暮らしのほうがいいなと思える。
せっかくの田舎暮らしだから、都会の人々がイメージする田舎暮らしを、前向きに自慢できるように邁進しようではないか!!

母に雪虫のことを尋ねたら、「気持ち悪いなあ。」っと一言。
まったく無関心なようで・・・虚しすぎる。


2019年11月21日

夏の痛い思イデ!!





IMG_20191124_075517_2.jpg


庭の植木をスマホで撮ったら、蜂が写りこんでいた。ビックリ!!

そう言えば今年の夏は蜂が異常に多くて、母は3度もスズメ蜂に刺されたのだ。
腫れあがった手をみて私はあたふた。しかし、
母は、オーカンを塗ったから大丈夫だとピシャリ!
それから、刺された場所に戻って、ハチの巣を探し始めたのだ。
そこでまた手首のあたりを刺されて戻ってきた。

あんなに村人に注意されたのに、数日後またリベンジとばかり、
早朝から殺虫剤を2本持って出ていった。
軒下に巣を見つけて退治できたらしいが・・
無事生還したものの、今度はすねを刺されていたのだ。なんとも痛々しい。

しかし、うちの母の執念深さにはかなわない。

寒さも日に日に厳しくなり、冬支度も整った。
我々には家にこもる日々が続くことでしょう。





あったかい部屋でテレビ三昧かな。

近頃の母は、字幕の付いた韓国ドラマがお気に入り(耳がとお〜いので)
しかも、どろどろのドラマ、ひっぱたいたり、髪をひっぱたりとかのヤツ。
だから、片平なぎさのサスペンスドラマが大好きだったけど、
なんだが物足りなくなったとか。

ボケのせいなのか?
昨今の痛ましいニュースにも噛みついて、あーだこーだと怒号する。
喜怒哀楽の怒哀ばかりを主張するようになってしまった。
だから機嫌を損ねないように、気を使う今日この頃。

私の楽しみはというと、母が床に付いてからの一杯なのだ。
そしてその一杯、ニ杯・・・は、赤いぶどう酒に限るのである。


2019年10月27日

ラグビーよりバレーボール派のハハ!





IMG_20191110_110944_BEAUTY_2.jpg


やっぱりうちの母は根っからのイケメン好きなようだ、いい年して。
わたしは絶対ラグビーの試合をLiveで見たかったのに、母は相撲とサッカーとバレーボール以外興味なし。

だから、この間のラグビーとバレーの試合が重なった時はもうがっかり・・・
「石川が出るから見ないといけない!」とダダルので・・しかたなく2画面で・・・
・・・私は目を細めながら、小さな画面でラグビーの試合を鑑賞。

若い頃、ニュージーランドにホームステイしたことがあった。
その時のホストのお母さんはとても頼もしい人で、ラグビーの試合に連れて行ってくれたのだ。

オールブラックスのこともハカダンスのこともその時覚えた。
フルバックはたいていハンサムだとか・・・それはそれは楽しい思い出である。
感化された私は、おみやげにポロシャツをたくさん買って家族に配った。
なのに温度差がありすぎて、誰もうれしそうではなかった。

あのポロシャツたちはどこへいってしまったんだろう。





まあ、そういう訳で試合を見たかったのだ。なのにうちの母ときたら・・・

にわかファンではない!!
しかしながら空白期間はずいぶんあるけどね!!




2019年08月30日

『カエル』を観察していタラ!

P_20190829_074308_1.jpg


毎年どこからかやってくる小さなカエル。
雨が降ると、どこからかやってくる。
この愛らしいさには母も微笑むほどだ。





カエルが苦手な人も多いとか、カエルのせいで引っ越しを何度もなんて人がいることに驚いた。うちの家族はヘビが苦手。家の裏の湿ったあたりでよく見かけたものだ。だから私は絶対近づかないことにしている。裏庭の植木の剪定は寒くなってからやるからとほったらかし(私の言い分)・・・しかも今年は蜂が多くて、母も近づかない。実は母は庭の草むしりをして何度が蜂に刺されたのだ。ビックリしたが、母はいつものことだからとムヒをぬって平気な顔。なんとも強い人だ。

ところでこの小さなカエルがすごいこと。
じっと観察をしていたら・・・急にものすごい形相で、なんだなんだ・・・蟻をつかまえたのだ。朝顔のツルをつたって来る蟻が目当てだったのだ。すばやく手だか足だかを動かして、口に放り込む。また静かに身構えてを繰り返していたのよ。しばらくすると、口をもぐもぐさせて。



それでも、じっとしている様はやはりかわいらしい。
特に後ろ姿が・♪

2019年07月13日

小さな訪問しゃタチ!!

P_20190701_084739_1.jpg

畑ではなく家の前の和風たっぷりの庭に、赤と黄色のミニトマトとを植えた。
母の知り合いからいただいた苗。
窓を開けてまず目につくというか、目が行き届くのでここでいいかなということで。頑固な母もこれには賛同した。
とにかく毎朝が楽しみである!!





P_20190710_162819_1.jpgP_20190713_092852_1.jpg

畑でなくても、トマトは順調に育っている。
それに、いろんな訪問者がトマトの添え木にやってくる。
トマトにはいたずらをしそうもないので、安心。
毎年玄関を占領していた小さなカエルが、今年はこんなところにいたのだ。
ああ、うしろ姿がなんともかわいらしい ♪♪
こちらもそっと観察することにしよう!!




2019年05月19日

10連休に「つづらご」ッテ!!

P_20190428_075139_1.jpg

イチゴの葉っぱの朝露さえも愛おしく思える今日この頃、都会の雑踏風景が遠くの出来事のように思える。

母と力仕事をした後での災難・・

10連休だから、病気しないでと言ってた屋先にこれだから・・筋肉痛だと言いながら、痛そう。
しかもその痛みが移動するらしい・・・まさか骨にヒビとか・・「違うってば!!」と意地を張るも、痛さのあまり、横になって安静の日々が続いた。

連休明けに病院へ行ったら、なんと帯状疱疹だとかで、水疱瘡が出てないから、まぎらわしいのだ(稀に疱瘡が出ない人もいるとかで)

ここいらの人は、『つづらご』って呼んでいるけど、秋田に戻ってよく耳にする病名であるが、とにかく痛がるのだ。あの人もこの人もかかったことがあるとかで・・・しかも80代の3人に一人はかかるとのこと

それでも病名がわかったことだし、先生によるとこれ以上の悪化はないとのことで、ひと安心!!
大事をとっていたけど、お医者さんに少し動いた方がよいと言われ、むくむくと動き出した母は、庭の雑草取りを始めた。
なんだか生きいきしているようだ。



里帰りした友人が訪ねてきた。
相変わらずの色白で、呑気な主婦生活を送っているとか・・
話は弾んで、お互いの母親のボケに話しが弾み、どこも同じなのかと3時間しゃべりっぱなしで、ストレス解消となった

帯状疱疹は、現在ではワクチンがあるとかで、予防できるらしい。
それとストレスを溜めないことが何よりなのだ!!




2019年04月09日

多過ぎて選べナイ!!





実は秋田に戻って一番困ったのは、秋田情報が少ないことだった。同年代の友達は少ないし、だから高齢な母の知り合いが頼りだった。

例えば美容院はどこがいいかなとか。秋田は美容院が多いのは知っていたが、村人にきいてもバラバラで口コミにならない。
腰を痛めた時などは、年寄りの意見を尊重したが、思うように回復しなかった。つまり相性が良くなかったということで・・・それにしてもここいらにには整形外科も多いな。






数週間前から歯が痛い・・どうしよう・・どこがいいのか調べてみた。案の定、歯医者さんも人口の割には結構いるのね。通いに便利なところを選ぶのが当たり前だな。
パソコンで検索、イケメンだとか秋田美人が多いとかは緊張するし・・・少ない口コミから優しいお医者さんに決定。昔ながらの地味な歯科医院でして、緊張することなく終了。取りあえずはここで落ち着こう。

次は、眼科探しをしなくては!!





2019年03月06日

三年目の春がキター!

P_20190305_150739_1.jpg


秋田に戻ってすっかり村人と化したワタシ。
庭の雪も消えた頃、村人が植木の剪定をしてくれた。おかげ様で、
明るくなり、母も安堵の様子で落ち着いている。

それなのに次の日は、朝から雪がちらちらと。
春先の雪は、まるで天使が舞い降りようとしているかのように軽やかに映る。
そんな静かな光景に日差しが差し込み、かつての満員電車での通勤の光景を何故か思い出したり。

そんな思い出の光景を打ち消し、今年もイチゴに挑戦すると固く思う。
今年こそ絶対誰にも邪魔をされないように育てあげるぞ・・・準備万端である。
秋田に戻って3回目の春となる。





側らの母は、BSの韓国ドラマに夢中である。耳の遠い母にワタシが薦めたのだ。
真剣に字幕を追っているようなので、ボケ防止になるはずだ。

なんとも親思いな娘だ、感心じゃ。

それにしても、うちの母は昼時のワイドショーを見ながら、特に離婚だとか不倫だとかに興味津津のご様子で、テレビに向かって吠えるときもシバシバ。どうでもいいではないか・・・妄想がすごすぎる。
きっとこうだとかあーだとか、聞こえない部分を想像しているようなのだが、ほぼほぼ間違っている。

人さまが聞いたら、きっと驚くであろう!

どうでもいいことだが、今のところほぼほぼ平和である。





2019年02月27日

「金の成る木」のハナ!

P_20190227_104211.jpg


今年は春が早いな!などと言いながら、
うちの庭で一番年期が入っている「金の成る木」を眺めていた。
小さい花だけど、今年は実にキレイに咲いている。
今までこの花の美しさに気付かなかった。
母に、花を拡大した写真を撮って見せたら結婚式のあれ・・みたいだなんて。
ブーケのことであろう。





母は冬の間、少々落ち込んでいたけど、また復活したようだ。
それに、「金の成る木」にまつわる昔話が始まってしまい、五円玉をくっつけたりして金運を願ったものだなどと、終わりのない話を聞かなくてはならないことに・・・なってしまった。





2018年09月30日

これが害獣ナノか??





P_20180930_131502_1.jpg


ちょっと憎めいないかも!
珍獣が我が家の庭をゆっくりと歩いている。
どこからなのか、だいたい雨あがりの後に現れるのだ。
これは始めて見る生き物だ。
タヌキでもないしキツネでもないな。。。
少し以前に目撃したのとは、ちょっと違う。

隣のお姉さんたちによると、どうやらアナグマらしい。
今のところ畑の被害もないし、顔に似合わずドンクサイ容姿は、
なんだが憎めないなと意見が一致。

カモシカが姿を消してから、増えたのではないか?
このあたりの風景は昔から全く変わっていないのに・・・・
生態系はずいぶん変わったように思う今日この頃。

それでも私は、自然や季節の移り変わりを結構楽しんでいる♪♪
それに、隣で寝息をたてている母もなんとも思っていないのだろう。
ただただ自分の畑を荒らされなければ幸せなのだ♪



検索
最新記事
日別アーカイブ
写真ギャラリー
プロフィール
アキタカラーさんの画像
アキタカラー
プロフィール
リンク集