広告

posted by fanblog

2016年08月16日

【報告】明智光秀公 首塚


久しぶりの更新。

明智光秀を偲び、ゆかりの地を訪ねて始めたブログ。

更に2年ちかく更新してませんでした・・・・

生きてましたよ

てことでまたまた久しぶりに縁の地に行ってきたので報告します。

2011年5月に訪問した亀岡の首塚
http://fanblogs.jp/akechimituhide/archive/31/0

とは異なり、ここには京都市東山区。骨壺も納められています。



2014年12月に更新した内容の続きとなる場所

天正10年(1582年)、本能寺にいた主君の織田信長を急襲した明智光秀は、すぐ後の山崎(天王山)の

戦いで羽柴秀吉(豊臣秀吉)に敗れ、近江の坂本城へ逃れる途中、小栗栖の竹藪で農民に襲われて自刀、最後を遂げたと言われる。

家来が、光秀の首を落とし、知恩院の近くまできたが、夜が明けたため、この地に首を埋めたと伝えられている。
                                                                   京都市



世界ふしぎ発見
第1401回
新説 本能寺の変 434年目の真実

2016年7月9日 夜9時〜
リンクhttp://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/20160709/p_1.html

にて放送されました。

明智光秀公を尊ぶ者としては非常に嬉しく想いました。

「本能寺の変 四二七年目の真実」の著者、御氏族である明智憲三郎さんも拝顔させて頂き喜びもひとしお。



目印となる場所はここ! 

「餅寅」

江戸時代から続く老舗の和菓子屋さん。代々敷地内にある首塚の祠を守ってきました。

名物は光秀まんじゅう



お店の外観明智光秀 饅頭 首塚



IMG_2582.JPG






お店の角地には明智光秀墳の石碑が
明智光秀 首塚

続く


戦国時代 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ






プロフィール
光秀さんの画像
光秀
明智光秀公を世代が変わっても慈しみたい
プロフィール
リンク集
日別アーカイブ
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

function onButtonClick() { // Add this to a button's onclick handler FB.AppEvents.logEvent("sentFriendRequest"); }