どこも苦しいってことは確か(サガン鳥栖)

    
      どう考えても最初の2失点が効いてる。
 チャンスもあったし、決めきれなかったのもあるがやはり・・

  しかし試合の一番の印象は、マリノスの状況判断の素早さと正確さ、立ち上がりはサガン鳥栖のパス回しの危なっかしかった(どうしても天皇杯の清水戦ををおもいだす)
   
      まっ、マリノスは強いなと素直に思ったとこと。


  でもやっぱり今のサガン鳥栖は得点しても、どうしても失点してしまう。
 失点、失点ばかり言われてるけども、押されまくってるわけでもない。


  サガン鳥栖のウィークポイントをつかれてんだろう、こうなったらこうなるクセが出てきやすいとか?? でもクセが出てもカバーすればいいだけのことなんだろうけども、う〜〜ん。


 どうも結果が出ないリーグ終盤戦、 ただ言えるのはどこも苦しいことは間違いなく確か。  内容より結果は間違いないが、どこが先に立て直せるか。そう思えばつらいばっかりじゃない。


            なんとしてでも残ろうぜ



 

   

 
 



 

 

トラックバック

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
QRコード
プロフィール

赤ヘルサガン
サガン鳥栖、広島カープ、トヨタ紡織九州ハンドボール 、スポーツが大好きです。 雑談も書きます コメントというところをクリックしてください。
検索
検索語句