敵にも味方にも・・(サガン鳥栖)

 

  
    NSK(2点目)のゴールに大興奮し家で試合を見直す、すると喜び半減。
         なぜかというのは言いません(察ししてください)

          
  今年はあまりにもイロイロあるJリーグ、前回は審判に泣かされ今回は審判に…


 良い方に言えば、それだけ鳥栖側が押し込んでたし、審判のミスを誘う空気を作った選手の動きとサポーターの勝利。   


 スポーツはスポーツマンシップはあるけども、どのスポーツにも審判に対してのアピールプレーもある。   もっと言えば、ルールの範囲内で相手の嫌がることをするのもスポーツ(まぁ、これは今回のこととは全く関係ないけど)。 しかも今は綺麗ごとが言える状況でもない。



 でもねぇ「今回は勝ったけども今の審判チョットひどいなぁ」と思ってるのが正直な感想。   今の感じなら、審判をいかに味方につけるか「審判を乗せるのか」、「空気に飲み込まさせる」も考えないといけないのかなぁと思ってしまします。 



          となると、なんだこれ・・・・     (笑)




    最後に、試合と関係ないことしか書いていないので一言

 安 庸佑、金井、小野、の投入はお見事だし、トヨさんは結果的に点に絡んでる、100イイネ!。 そしてこれでまた抜け出せるチャンスが来た、そろそろチャンスを物にしないと、そうチャンスは来ない。
     
     
             絶対勝とう。
 




    

トラックバック

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
QRコード
プロフィール

赤ヘルサガン
サガン鳥栖、広島カープ、トヨタ紡織九州ハンドボール 、スポーツが大好きです。 雑談も書きます コメントというところをクリックしてください。
検索
検索語句