google.com, pub-7737288433664681, DIRECT, f08c47fec0942fa0

どこも苦しいってことは確か(サガン鳥栖)

    
      どう考えても最初の2失点が効いてる。
 チャンスもあったし、決めきれなかったのもあるがやはり・・

  しかし試合の一番の印象は、マリノスの状況判断の素早さと正確さ、立ち上がりはサガン鳥栖のパス回しの危なっかしかった(どうしても天皇杯の清水戦ををおもいだす)
   
      まっ、マリノスは強いなと素直に思ったとこと。


  でもやっぱり今のサガン鳥栖は得点しても、どうしても失点してしまう。
 失点、失点ばかり言われてるけども、押されまくってるわけでもない。


  サガン鳥栖のウィークポイントをつかれてんだろう、こうなったらこうなるクセが出てきやすいとか?? でもクセが出てもカバーすればいいだけのことなんだろうけども、う〜〜ん。


 どうも結果が出ないリーグ終盤戦、 ただ言えるのはどこも苦しいことは間違いなく確か。  内容より結果は間違いないが、どこが先に立て直せるか。そう思えばつらいばっかりじゃない。


            なんとしてでも残ろうぜ



 

   

 
 



 

 

降格圏一時脱出って感じ(サガン鳥栖)

  
 今シーズン何度もある、降格脱出チャンス(試合)をことごとく落としてる、しかも勝ってもいい試合ばかりで・・・・・


    しかし今回は勝てなかったが、とりあえずは15位に。
      う〜ん、喜んでいいのだろうか? と・・
    試合運びなのか?、集中力の問題なのか? それとも・・・

 
 しかしここは前向きに。 課題を見つけながら順位を上げれることが出来たととらえておきます。


 しかしですねぇ、ここのところの失点・・ 2点、1点、3点、2点と4試合連続失点中

           これはいけませんよね・・・ (泣)






敵にも味方にも・・(サガン鳥栖)

 

  
    NSK(2点目)のゴールに大興奮し家で試合を見直す、すると喜び半減。
         なぜかというのは言いません(察ししてください)

          
  今年はあまりにもイロイロあるJリーグ、前回は審判に泣かされ今回は審判に…


 良い方に言えば、それだけ鳥栖側が押し込んでたし、審判のミスを誘う空気を作った選手の動きとサポーターの勝利。   


 スポーツはスポーツマンシップはあるけども、どのスポーツにも審判に対してのアピールプレーもある。   もっと言えば、ルールの範囲内で相手の嫌がることをするのもスポーツ(まぁ、これは今回のこととは全く関係ないけど)。 しかも今は綺麗ごとが言える状況でもない。



 でもねぇ「今回は勝ったけども今の審判チョットひどいなぁ」と思ってるのが正直な感想。   今の感じなら、審判をいかに味方につけるか「審判を乗せるのか」、「空気に飲み込まさせる」も考えないといけないのかなぁと思ってしまします。 



          となると、なんだこれ・・・・     (笑)




    最後に、試合と関係ないことしか書いていないので一言

 安 庸佑、金井、小野、の投入はお見事だし、トヨさんは結果的に点に絡んでる、100イイネ!。 そしてこれでまた抜け出せるチャンスが来た、そろそろチャンスを物にしないと、そうチャンスは来ない。
     
     
             絶対勝とう。
 




    

佐賀バルナーズ

 
        今年からb3リーグに加入した佐賀バルナーズ。

 
 それまでは何となく、ライジング福岡を応援してたのですが、やっぱりなんとなくで年間に2,3試合くらい。 でも、地元の佐賀県ってだけでこれから応援していこうという熱が入ってきます(笑)


 そしてBリーグでは当たり前のショーアップ(盛り上げ)は、どうすんのかなぁと思っていたら。 当たり前にやってました。 

   曲の選曲も、私のつぼります。 楽しい曲から、サッカーのチャントみたいな曲まで楽しかったです。
      で試合も、激闘の上の勝利でしたから、興奮しましたよ。


       サッカーや仕方のない用事がなければ、いくつもりありますよ。

25年ぶりからの3連覇は忘れたらだめだ(広島カープ)


      佐賀県鳥栖市出身、私が在住しているところです。

  中学生からの応援し始め、只今39歳、その間に25年ぶりの優勝も決め涙ボロボロでした。
   
    今年はこんな成績ですが、3連覇に導いたことは絶対忘れたらいけないと思います。
         選手だけで優勝は出来ないと思いますからね。  


         
         
  

悪い空気を振り払いきれなかった?(サガン鳥栖)

   審判のナンジャイカンジャイ以上に、失点する試合の間隔が短かいこと。
  
   それに失点の仕方がなんかこぅ〜、あっさりといいいますか・・・


          でもよく追いつきましたよ。


 夢生、クエンカ、ㇳヨさんのジグソーパズルが、ショップに並んでたの一気に買いました。 だから、これで勝ってたら、幸せいっぱいやったんだが・・


              審判に対して・・  
 Jリーグ始まって28年、そんな毎試合、毎試合、誤審するわけではないと信じたい。

    
  ただサガン鳥栖の選手、サポーターからは信頼が無くなってきているのではないかと思います。 明らかにおかしいのは続いたこともあり、それに成績への不満もプラスされて、毎試合のようにブーイングなってしまってると思う。  jリーグ全体で、動画でもはっきりわかる大誤審も続いてるから余計にですね。 ホームだけに良い方も悪い方の空気も、より増幅させてると思う。

 
   空気を悪くしてる審判が悪いと言われればその通り、間違いないと思う。
 

 けども、「Jリーグ始まって28年、そんな毎試合、毎試合、誤審するわけではない」ここは思ってたい。


 しかし今年は誰が見てもはっきりわかる誤審が多すぎる、これが続けばお金払ってストレスを貯めるスポーツは誰も見なくなるよなぁ・・・

       

   

    

 
  
    

  
   

引退していく・・・・(広島カープ)

          


    エルドレッドに、永川に、赤松。 なんかなぁ・・・。これです


     エルドレッド選手は、最初の年はHRも打つけど三振ばっかり、それだんだん率も上がり、日本シリーズでも打ちました(Tシャツ買いました)。  永川選手は抑え投手ですが、抑えたイメージよりもハラハラ投球の永川劇場のイメージが強いです(笑)。  最後の赤松は何と言ってもHRボールをキャッチしたシーンが強烈に残っています。  あのシーンは永久保存にしたかったのですが、当時は録画する機械を持ってなかった(泣)


          知っている選手が一気に3人も・・・
    永遠にプロでやれるわけないのは当然わかりますが、3人も

               寂しいよ。


        でもありがとう、そしてお疲れさまでした。



                追伸
     エルドレッドさんのお顔をTV越しですが、見るのが今から楽しみです


      https://www.carp.co.jp/news19/n-306.html


         

 

積極性の勝利なのかな?(サガン鳥栖)

 
       詰まってきましたよ、面白くなってきましたね。


  中の固い仙台にサイドから行くサガン鳥栖。 中央からの攻撃が得意とは個人的には思えないサガン鳥栖、そうなるといつもだったら、外でぐるぐる回しシュートが打てないのが定番みたいになっていた鳥栖ですが、今日はクロスが合わなくても、シュートが入らなくてもガンガンいってましたね。 

  そこが最終的には結果に出たんじゃないかなぁと素人の感覚では思いました。
       (勢いで相手を圧倒したというのでしょうか?)

  でもDFがあっての鳥栖のスピードですからね、最後もよく守り切りました。


 テクニックのある小野、とオフェンス、ディフェンス、高さのある豊田と、スピードのある福田の投入、最後は、走力(スタミナ)の差なのか? 押せ押せに?

             
           という感想というか感覚で観てます。

   夢生さんだいすきなのでねぇ、 2点も見れたのはかなりたまらんわww


 




 

連続試合鳥栖タイムゴールww(サガン鳥栖)

     
         勝負強さが戻ってきたということですか?
 
 相手も走るサッカーでスピードが武器のチーム、結構シュートを打たれましたけども、鳥栖も走るチームですからね。 そして最後は采配と、気持ちでねじ込みましたね。 

  采配が当たる。 運動量が落ちてきた選手に変えると、その変わった選手が点に絡むというね・・ また選手も答えるというね・・。 もうねイイネ!ボタン何回でも押したい(??)


  今日は本当に前節以上に走りまくってたように見えました。 お疲れさまでしたでありがとうございます。 その成果もあって、決定機も多かったように思えます。 逆に前節以上に打たれましたが、その辺は難しいですね。  


 そして監督の采配がピシャリはまり、選手全員最後まで走り切っていただきました。

               ありがとう。

  
         そして次節、フェルナンドトーレス最終回。 

  相手は神戸、イニエスタ,ビジャがいて、トーレスラストマッチは勿論のこと、勝てば確実に順位を上げれる、大チャンス。



            いろんな意味で勝たないとね


          
   

      


   
    




 
  
     

ショッキングなニュースだけど逆に燃えてきた(広島カープ)

  
          カープが2位に上がった翌日に
     3番を打ってるバティスタがドーピング検査に引っかかるというニュース。

   バティスタにかなり助けられた試合もあっただけにショッキングではある。

 
         しかもゲーム差が広がってしまった。

 
  「こんなところで終わっていいのかい?」というかそんなこと選手誰一人思ってないと思う。  さぁここでズルズルいくのか、こ
れを機会に一致団結するのか。


            ただ言えるのは・・・
 諦めようが信じようが、試合はまだ残ってるわけで、1試合、1試合戦っていくしかないことには変わりないでしょ。   
       
 
        まずは目の前の試合に全力を尽くすこと。
         もし勝っていければチャンスはある

    
           ファンは応援するのみです

     
           


   



  
    >>次へ
QRコード
プロフィール

赤ヘルサガン
サガン鳥栖、広島カープ、トヨタ紡織九州ハンドボール 、スポーツが大好きです。 雑談も書きます コメントというところをクリックしてください。
検索
検索語句