日本一へ、第一関門突破(広島カープ)


         優勝おめでとうございます。 


世間では黒田の抜けた穴が言われておりましたが、「ほれ、みたことか(笑)」って気持ちです。


 カープは野村も、ジョンソン、岡田もいるんだよ・・  しかし野村、ジョンソンは今年はもうチョイでしたけどね。 でも薮田、久里が出てきましたからね。   野手の場合、タナキクマルは勿論ですけど、安部、野間でしょう。そして、誠也、曾澤の成長。  個人的にはここじゃないかなぁと思います。


 今日優勝を決めたわけですが、今年は正直、去年ほどの感動は薄いだろうと思ってましたが、今年は、誠也のケガや、赤松のガンからの復帰へ向けて頑張ってる姿があるため、いろんなことが頭に浮かんでいましたね。 また、グランドのその二人が出てきましたからね。



 そして優勝が決まった後はビールかけがあるのですが、その中継をしていたJスポーツ。ビールかけが終わった後の、あのエンディングでウルッってなってました(笑)  


               さぁ・・・

 誠也、赤松その二人のためにはモチロンのこと、いろんな人のために今年こそ日本一になろうぜ
 


さぁ、周りはホークスファンばかりだが、俺は負けんぞ(笑)

気持ちで押し込んだゴール(サガン鳥栖)


       3時からの佐賀で行われた試合のあと、鳥栖に向かった。
 ハンドボールが負けただけに、絶対に勝ってほしかった。

 正直前半の中盤までは、なかなか縦にでないし、なんかこう守備も攻撃も抑えすぎで、多少相手の流れをかんじていたなか、ミスもあるしなんか元気を感じない前半でした。 そりゃ、前半からガンガン行くと疲れるとは思いますけど・・なんか元気のなさが・・


 だから客席で、守備も攻撃も「まえっ、まぇっ」と叫んでましたけどね(笑)
    あと「もっと、打てよぉっ」とか・・ww
  

 後半は、アンヨンウ選手の出場とサイドから積極的に前に飛び出すようになってからは流れが来て、からの同点、相手の退場、そしてあの逆転ゴールにつながったのかぁと思います。 まぁ個人的な感覚なんですが・・


 にしても、微妙なジャッジの多さ、カード連発に、ゴールポスト君のDF、サガン鳥栖選手のゴール前でのプレイの不正確さ、 まぁいろんな意味で燃える試合でしたねw。


    そしてあの執念で押し込んだゴールは、感動しましたよ。

              がっ、


 しかし、すみませんが、後から振り返ると、もうちょっとこう・・・ねぇ〜。


           うまく言えませんが・・


  でも、勝ち点1と、勝ち点3じゃ当然違うので、前向きに行きますよ。





  

自滅・・(日本ハンドボールリーグ)

     トヨタ紡織九州VS大同特殊鋼(日本ハンドボールリーグ)
         http://www.jhltv.com/game_lives/vod/320/

        山鹿まで行ってきた。 ・・・惨敗です。

   相手は強いからといっても、あまりにももったいない場面が多すぎて・・ 

        帰りは温泉に入ってきました。そこは
   放し飼い? 野生?のウサギいた、そしてペット用の温泉も・・

            初勝利が早く観たい

   それにしても山鹿の体育館はすごく音響がいいですね。

カープにとっちゃ神試合w(広島カープ)


     リーグ試合終盤での2位阪神との直接対決、一つでも勝てばマジック点灯。
 ただ、3つ負ければ一気に3.5ゲーム差に、なるとてもとても重要な3連戦の初戦。

   今日の試合、点の入らなかったイニングは4回と8回だけ、逆転の連続 
   よい言い方をすれば、意地と意地の戦い、悪く言えば打たれすぎ(笑)


        まぁ、勝ったから今はどっちでもいい気持ちです。

 
  ファインプレーあり。野間の走力やら、阿部ちゃんの守備や、打撃。そしてジャクソン・・

  今日の試合、見る人によっちゃいろいろあるかもしれないけど、勝ちたい気持ちはすごくすごく伝わってきましたよ。 スポ根マンガみたいに劇的過ぎて泣きそうになしました(笑)

 


 最初1戦勝てたのはかなりでかいですがゲーム差が気になること。 大丈夫だとは思いますが気を引き締めて、阪神戦勝ち越して、優勝へ向けて加速しましょう。
   
      

いざ阪神戦へ(広島カープ)


     先週は2勝4敗、今週は4勝2敗。 はい結果的に5割で行けています。

  チョット負けが混んでくると、いろいろ不安にはなるのですが。マズマズですよ。


 先月、負けこんでいた時もありましたが、結果的に一つの負け越しで済みましたし。
      いくらカープとは言っても全部勝てるわけではありませんので。


       監督の采配が当たって、勝った試合も何試合もあるのです。
        選手、監督、コーチを信じて、全力応援のみです。


  調子を落としてる選手がいて、相手に助けられてるなぁと思ったのはありますが。
  勝ちは勝ちですから。そして次は優勝決定戦といってもいい阪神戦です。


     ここで相手をノリノリにさせるか、阪神の息の根を止めるか、
 勝ち越せば最低でも7.5ゲーム差、残り試合考えればカウントダウンまっしぐら。


 ホームですし。ここはヤジではなく、ファンの応援の圧力で圧倒しましょう    


      


             そしてそのまま優勝。
          

         




 

ハンドボールホーム開幕戦(トヨタ紡織九州)

              日本ハンドボールリーグ
            トヨタ紡織九州VS琉球コラソン
           http://www.jhltv.com/game_lives/vod/314/


         いい試合だったけどあの流れで負けるか・・・
          GKもよくとめてたし、DFも頑張ってた。


   後半残り10分あたりからミスが目立ち始めてたけど、そこなのかなぁ・・・

    1年ぶりのハンドボール観戦、やっぱり迫力あるから、生で見たほうがいい。






 

パスワークの差?(サガン鳥栖)


    
 試合と直接関係あるかわかりませんが、ガンバにパスワークでスット裏をとられて崩されかかったり、崩されて打たれてしまったり、うまいなぁと・・。


 でも確かにうまい相手だけど、攻め込んでいる場面も多々あったし、勝てないような感じもなかったと感じました。 ただ、シュートチャンスで合わない、打てない場面が多かったのかなぁと思います。
 ん〜まぁ、結局いつもの感じだけど今日は特に、打てれば大チャンスというのが多かった気もします。


 それとなんといっても、せっかく追いついたのに、たった7分で逆転されるという、ここがかなりでかかった・・  


      
うまさの差って言うのは感覚的にすごく感じるけど、試合の流れだけでみると攻撃や守備の勝負どこで、守り切る、ゴールを決めきれていたら今日の試合、勝っていたかもしれないなぁと思った試合でした。 
 

  
 感覚だけで観ているので説明はできないのですが、ただ、もうちょいレベルアップしないとは思いましたけどね(何かが足りない気がするので)



            最後に吉田選手おかえりなさい。

 
               ちゃん、ちゃん


 
    
 



 

救世主になるかジョンソン(広島カープ)

 
   ゲーム差は十分あるものの、横浜に劇的さよなら3連敗の上、誠也骨折で今シーズン終了。
 とショックが大きすぎてましたが。 選手の皆さんはそんなこと言ってられません、翌日には試合が待ってますよね。 その選手たちを応援するファンが落ち込んでどうすんだかね、そんなこと思った試合でした。


  中継が始まったら、スタンドは真っ赤だし、みんな試合に集中しているし。 まぁチケットがかなり前から売れているというのはあるのでしょうが、あの空気は最高でした。


 試合のほうは 打線もジョンソンも最高な内容で。 ほんと横浜ショックを吹き飛ばすくらいの試合で最高でした。   また明日から1試合、1試合勝っていきましょう。


         
  誠也君が今シーズンは無理ですが、カープのエースが帰ってきましたからね。 そしてこのピッチング。
             
            ターニングポイントになりそうな試合でしたね。


               最高な内容で勝ってよかった。

           ファンもゼンシンゼンレイで戦っていきますよ。

大逆転(広島カープ)

 
          7回終了で5−1 そこからの逆転勝利。
 
                強いわww  

  この前のヤクルト戦もだけど、試合終盤で4,5点差をひっくり返すんだから。

  この2戦、打線が押さられておりましたが。 この前もここに書いた通り、いくら最強打線でも、いっつもかっつも打てませんよ。 打たれるときには、打ってやる。 打てないときは抑えてやる。


           この投打の噛み合いなんですよね。 

      しかし3番4番5番が打つと、得点につながりますよね。

それと今日の勝利に地味に貢献しとると思うのは、田中、菊池、阿部の守備もあると思いますよ。


 でも今日は勝ってよかった。 2カード連続で負け越して、そして今日なんかあのまま行けば打てない、打たれたの完敗だっただけに、負けてたらゲーム差はあるけど、嫌な空気になりそうでした。


         あとマジック24、ひとつづつ勝っていこう

   
        
  、

    

圧倒(サガン鳥栖)


           立ち上がり、じっくり行くサガン鳥栖。

じっくり過ぎて逆にややや押され気味ところもあったようにみえたのですが、あの一瞬の個人技で先制点を取り、そこから一気にサガン鳥栖のペースに。


  データ的には鳥栖の走行距離、ダッシュの回数特に圧倒的に多いのですが、スタジアムで観てた印象としては、相手を走らせた感じがすごくあります。  相手は追いつかないといけないから前がかりになるし、前がかりになるということはサガンからすれば、裏を取りやすい。 

 また田川、池田と攻撃の選手を入れるものですから、相手はバテテ、鳥栖のプレスに引っかかりそうになる場面も多かったと思います。 走力でも圧倒してたと思いますし、点差もあるから(イバルボ抜けた後のフィニッシュは置いといて)、落ち着いて試合を運べてたのかなぁと思います。


 ただイバルボ抜けた後の攻撃で息が合わない場面とかが多数ありましたから、その辺を修正すればもっとよくなるので、つぎはそこですねぇ。 でもそのイバルボが得点を取り出せば、キープがすごい分、そりゃ相手にとっちゃかなり脅威になるでしょうね。 今後かなり期待です。


 次からイバルボのマークがきつくなるでしょうから、そのなかでいかにガンバから点を取るかでしょうねぇ。  シュートまでの連係の強化モットモットよろしくお願いします。

     
    >>次へ
プロフィール

赤ヘルサガン
サガン鳥栖、広島カープ、トヨタ紡織九州ハンドボール 、スポーツが大好きです。 雑談も書きます コメントというところをクリックしてください。
検索
検索語句