ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
喜ばれる【スマート ギフト】教えますさんの画像
喜ばれる【スマート ギフト】教えます
プロフィール
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年05月27日

【日本酒】と【焼酎】の違いについて

日本酒と焼酎。

どちらも日本を代表するお酒です。しかし、これらの違いをはっきりと答えることができますか?

今回は、日本酒と焼酎の違いについて、造り方や原料の観点から説明しましょう。

まず、
◆日本酒は【醸造酒】
◆焼酎は【蒸留酒】


日本酒と焼酎の明確な違いは、もっとも基本とする造り方です。

製造方法で分類すると、日本酒は【醸造酒】、焼酎は【蒸留酒】という範疇に入ります。

では、【醸造酒】と【蒸留酒】の違いとは、いったい何でしょうか?

【醸造酒】とは、穀物や果物を【酵母の力】でアルコール発酵させたお酒のことです。

お酒は、原料から取り出した【糖分をアルコール発酵】させることで造られています。

たとえば、ワインは原料であるブドウに含まれる糖分をアルコール発酵させたお酒です。


日本酒は、原料である米に糖分が含まれていないので、デンプンを糖化させてからアルコール発酵を進めていきます。

【蒸留酒】とは、醸造酒を【蒸留】させたお酒です。

【蒸留】とは、液体を蒸発させてできた気体を冷やして、再び液体に戻す作業のこと。

蒸発する温度の違いを利用することで、純度の高い液体を取り出せすことができます。

醸造酒には水とアルコールが混ざっているので、温度を上げていくと、蒸発する温度の低いアルコールが先に蒸発します。

つまり、醸造酒を【蒸留】することで、アルコール純度がさらに高いお酒になるのです。

「醸造酒」とは、穀物や果物を酵母の力でアルコール発酵させたお酒

「蒸留酒」とは、醸造酒を"蒸留"させたお酒

◆日本酒の原料は米。
◆焼酎の原料は穀物、芋類が多い。

日本酒と焼酎の違いは、造り方だけではありません。原料にも大きな違いがあります。


日本酒の原料が米であるのに対して、焼酎は芋類や穀物類などを原料として使うことが多いです。


芋焼酎や麦焼酎など、たしかに焼酎の原料には多くの種類があります。


ちなみに、米を原料とした醸造酒、つまり日本酒を蒸留させると、米焼酎になります。

日本酒の原料は、米
焼酎の原料は、芋類や穀物類


飲み方の違いや、購入時のポイント
グラスに入ったロックの焼酎

日本酒と焼酎のアルコール度数を比較すると、焼酎のほうが高いです。

◆日本酒のアルコール度数が、一般的に15〜16度
◆焼酎は25度前後。


そのため、飲み方にも違いがあります。日本酒はそのままストレートで飲むのが一般的ですが、

焼酎の場合は、氷を入れて"ロック"で楽しんだり、水やお湯、お茶などで割って飲むことが多いです。

それでは、実際に日本酒や焼酎を購入するとき、その違いを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?

日本酒と焼酎の違いを判断するには、まず、ラベルの表記に注目してみます。


日本酒のラベルには「清酒」もしくは「日本酒」という表記があります。


焼酎のラベルには「本格焼酎」や「芋焼酎」「米焼酎」などという表記があります。
そこで、注意して見てみるとその違いがよくわかります。


日本酒も焼酎も、瓶の形状は"縦長"が一般的ですが、ワインのボトルを使ったものや、スリムな形の酒瓶に入った日本酒も見られるようになりました。


一方で、焼酎は太い瓶や丸みを帯びた瓶など、日本酒以上にさまざまな形状の瓶が使われているのも特徴のひとつといえるかもしれません。

日本酒のラベルには「清酒」もしくは「日本酒」という表記が、一般的です。


焼酎のラベルには「本格焼酎」や「芋焼酎」「米焼酎」などという表記があるので、注意して見てみるとその違いがよくわかります。

日本酒も焼酎も、日本を代表するお酒です。ぜひ、自分の好きな銘柄や飲み方を見つけてください。

ご閲覧いただきまして、まことに、ありがとうございます。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。