カテゴリアーカイブ
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
写真ギャラリー

2014年11月15日

手作り饅頭(まんとう)の作り方


 前回に引き続き、今日は饅頭の作り方を
ご紹介したいと思います。

image.jpg




材料はこちら ↓

image.jpg

今日は、粉1`(小麦粉、中力粉どちらもOK)と
ドライイーストを使います。

 日本のスーパーにも売ってますが、
とにかく酵母、イーストならOK。

酵母をボールに入れて・・・・
(量はたいてい酵母の袋に書いてある。)

image.jpg

温かいお湯で溶かします。↓

image.jpg

お湯の温度は、38度くらい?お風呂の温度
くらいでいいと思います。

そしてこの酵母スープを粉に投入。 
水分が足りないと思ったら、水を入れて調整して
みてください。

image.jpg

こねていくと、↓ こうなりますね。

image.jpg

また、蓋をして4時間ほど放置します。
酵母ちゃんは、ぬくぬくしたところが好きなので、
温かいとこに置いてあげてください。

image.jpg

布団をかけてあげてもOK。すると・・・

image.jpg

4時間後には、ものすごい発酵しています☆
www
すでに中は半分食パン状態です。

image.jpg

これを、また棒状に伸ばして、やっこ飴のように
切っていきます。

image.jpg

ひとつひとつに粉をまぶして、こねて形を
丸くしていきます。自分の手のゲンコツ位の
大きさ。

image.jpg

すると、ミニ饅頭ちゃんの出来上がり。

image.jpg

これで、布でもかけて20分くらい放置。

image.jpg

ついに登場、蒸し器です!うちは中国で買った
三段蒸し器!

image.jpg

 蒸し器の一番下の段にさといもを入れて
一緒にゆでちゃうのが、旦那のオレ流ですww

image.jpg

 各段に、饅頭を置いて、蒸します。

さてここで注意点です。なにも敷かずに直接蒸すと、
饅頭が鍋にひっついて洗い物が面倒になります。
          ↓

image.jpg

ここで、秘密兵器。ちょっとレトロな「蒸し布」です。

これがあるとマントウが鍋にひっつかないため、あの巨大な蒸し器を洗う手間が格段に省け、布をささっと洗うだけでOK。
中国では木製の丸いものを敷きますが、布のほうが楽です。

蒸し器から蒸気が出てきたら、25分蒸します。
 
 さて、25分経ちました。開けてみると・・・。
蒸気の中から ↓

image.jpg

完成しました!
 ネイティブ伝授の饅頭です☆

 今回は24個できました。大量に作っておいて
冷凍しておくことができます。レンジでチンすれば
元通り、ふかふかになりますよ☆



 ぜひお試しあれ! (^_-)-☆













posted by aihua at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | COOKING
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2960718

この記事へのトラックバック
プロフィール
さんの画像

中国人旦那と暮らしてます。外国語大好きな日本人です☆ 毎日の生活で発見した中国人の考え方、中国事情、中国語等などたくさん書いていきたいと思います!よろしくお願いします!!
ブログ
プロフィール
検索
リンク集