最新記事
カテゴリーアーカイブ

2020年09月22日

小学校受験にかかった費用は?

Yahooニュース(AERA.dot)に、
受かる子の共通点は? 費用は150万?「お受験」をめぐる近年の傾向
という記事が出ていました。

money.png

元ネタは「AERA English特別号 英語に強くなる小学校選び 2021」ですね。

[以下一部引用]
幼児教室の月謝をはじめ、教材費、模試の費用、受験料、面接服……。どのくらい総費用がかかるのか。
野倉さんは「お金がかかるのはやはり幼児教室の授業料。ペーパー対策に加えて絵画、体操と習い事を増やすと費用がかさむので、『受験にかけるお金は月にこれくらい』と、予算を決めましょう」とアドバイスする。幼児教室の月謝を月10万円とすると、1年間で120万円。その他の費用を含めると総額150万〜 200万円が相場のようだ。
二宮さんは、「塾代は模試だけと割り切り、家庭学習中心にすれば、お金をかけずに受験対策できます。コツコツと家庭学習を続け、年長の夏から塾に通うなど、対策の期間を圧縮して費用を抑えるご家庭もあります」と話す。
[引用終わり]

ということで、我が家の第一子の小学校受験でかかった費用をざっくり計算してみました。

テスト、講習費:約20万円
教材費:約15万円
受験料:約5万円
その他(服飾費等):約10万円
合計:約50万円

上の記事にあるとおり、「家庭学習中心にすれば、お金をかけずに受験対策できます」の結果が50万円ということで、相場の3分の1まで圧縮できたことになります。

中学受験も「2月の勝者」によると6年生の1年間で150万円かかると書いてあったような。
いずれにしてもお金がかかりますね。

続きは、小学校受験費用50万円の詳細は? でどうぞ。



楽天ROOMで、小学校受験や知育グッズ紹介しています。
room.png

ランキング参加中です
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

小学校・幼稚園受験ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10213726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック