2017年11月12日

極寒のカナダ〜アラスカ3200kmを徒歩で制覇する絶対ヤバい旅を、全部運だけで乗り切ってしまった人 (アップデート大学)

テレビ番組「アップデート大学」に、「極寒のカナダ〜アラスカ3200kmを徒歩で制覇する絶対ヤバい旅を、全部運だけで乗り切ってしまった人」が登場した。

初めての海外1人旅

その男は、初めての海外1人旅で、カナダ〜アラスカ3200kmを徒歩で制覇しようとした。
どう考えても無謀な男である。

厳しい気候、大型の野生動物、ギャングとの遭遇などいろんなことが起こるのだが、それらをすべて運の良さで安全に切り抜け、無事に旅を終えたという。
筋金入りで運が良い男である。

「運が良い」という能力

運が良いというのは、生きていく上で非常に重要である。
ある意味では最強の能力とも言える。

しかし3200kmの旅を無事に終えた彼の心境は、「トラブルに巻き込まれる覚悟で行ったのに、これではちょっと物足りない」というものであった。

悪いことが起こるのは嫌だが・・・

悪いことが起こるのは嫌なものだが、何も起こらないのは退屈。
贅沢な悩みだが、そういう感情になるのが正常なのかもしれない。

トラブルが起こった時、その時は大変だが、それを乗り越えられた場合、自分を成長させることができる。
トラブルがあるから成長できるのである。

後日、「あのトラブルがあって良かった」と思えるように、今抱えている問題をがんばって解決していく。
そういう生き方をしたほうが前向きだと思う。

まとめ

・まったくトラブルが起こらないのも退屈である。
・トラブルは成長に必要なものと考える。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2017年11月09日

アイデアの出し方 (正解のない問題)

「正解のない問題」というテレビ番組

世の中には様々な問題がある。
普通の人では解決策が思いつかないものでも、いろんな業界の「キレモノ」と呼ばれる人たちなら良いアイデアを出せるのではないか。

この番組は、キレモノたちのアイデアを実行し、その結果どうなったかを発表する番組である。

今回のテーマは3つ

・CG技術の発達により、映画で特殊メークの需要が少なくなってきている。
→特殊メークを活かした新サービスを考えてください。

・人気のあったフタコブラクダが亡くなり、経営難の動物園。フタコブラクダを購入したいがお金がない。
→フタコブラクダ購入の募金が増えるアイデアを考えてください。

・パンチパーマは若者に人気がない。
→若者がパンチパーマをかけたくなるアイデアを考えてください。

問題を解決するために

キレモノたちのアイデアは、思わず「なるほど」と言ってしまうようなものが多い。

どうすればそのようなアイデアが出てくるのか?

私がこの番組を見て感じたのは、「何かと何かを掛け合わせる」というやり方が有効だということである。
今回の放送では、

特殊メーク × 結婚式
募金 × 天秤

などの掛け合わせによって、新しいものが生まれていた。

新しいアイデアとは

「アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせである」という言葉がある。
わりと有名な言葉だと思うので、聞いたことがある人も多いだろう。

では、この言葉どおり、既存の要素を組み合わせてアイデアをバンバン出して活躍している人はどれくらいいるだろうか?

言葉を知っていても、実践しなければ良い結果につながらない。
行動することこそが大切である。

まとめ

・何かと何かを掛け合わせることで、新しいものが生まれる可能性がある。
・アイデアしだいで、行き詰まった状態から脱出することができる。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2017年11月06日

大人のお店でくも膜下出血になって倒れたが、残る力の全てを倒れた場所を隠す事に注いだ人 (アップデート大学)

テレビ番組「アップデート大学」にて、「大人のお店でくも膜下出血になって倒れたが、残る力の全てを倒れた場所を隠す事に注いだ人」が登場した。

小学校の臨時講師だった男

その男の名はナカガワ。
当時、小学校の臨時講師をしていた。

ある時、彼は「仕事をがんばった自分へのご褒美」と称して大人のお店(風俗店)へ行った。
その店で激しい頭痛に襲われて倒れ、店の人に救急車を呼んでもらって搬送された。
そして病院で、くも膜下出血だと診断された。

手術をしてどうにか命は助かったのだが・・・

そこから彼の戦いは始まった。

母「アンタどこで倒れてたの?」

手術後、病院にお見舞いに来た母親に、

「アンタどこで倒れてたの?」

と質問された。素直に言うわけにはいかないナカガワはこう答えた。

「発症した前後の記憶が無い」

どうにかその場はやり過ごしたのだが、その後、いろいろあって弟にはバレてしまった。
弟には口止めをして、なんとか両親にはバレないようにした。

ナカガワ vs 両親&親戚12人

病院に、両親と親戚12人がお見舞いにやってきた。
そしてまた「どこで倒れたのか?」を追及されてしまう。

さらに、お店に靴を忘れてきていたため、「なぜ靴がないのか?」という部分も追及されてしまった。
ナカガワは「早く帰ってくれ」「なぜそんなに追及してくるのか」と思っていた。

親戚がワーワー言っていると、話を聞いていた叔父が「うるさい!ほかの患者さんに迷惑だ!」と言ってその場を収めた。

おそらく何かを感づいた叔父が、ナカガワを助けてくれたのだと考えられる。

手術から1ヶ月後

手術から1ヶ月後、退院することになり、お世話になった医者などにお礼に行った。
その時、母は言った。

「もう1ヶ所、お礼しなきゃね」

母は、どこで倒れたのかを知っていたようだった。

親戚12人との対決の後、不審に思った父が弟に探りを入れ、弟が父に真実を話し、それが母にも伝えられたようだ。

人生が大きく変わった

くも膜下出血を発症する前、ナカガワは小学校の臨時講師をしていた。
しかし退院後、昔からの憧れだった漫画家を目指すことを決意した。

そして漫画家になり、この出来事を漫画にした。


くも漫。 (torch comics) [ 中川学 ]

価格:950円
(2017/11/5 23:26時点)
感想(3件)




そして、この漫画が実写映画化され、モントリオール映画祭に呼ばれることになる。


くも漫。 [ 脳みそ夫 ]

価格:3,422円
(2017/11/5 23:29時点)
感想(0件)





ナカガワは語る。

「自分の恥が世界中に・・・」

まとめ

・いろんなことが起こるのが人生である。
・つらいことが起こった時、「それをどうやってプラスに変換するか」を考えることが大切である。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



プロフィール
はさみかばんさんの画像
はさみかばん
プロフィール
ファン
検索
カテゴリアーカイブ
リンク
“勇気あるあそびにん” 白玉さんのブログ