広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年06月08日

自分ではまったく知らないうちに世界が認める洋服デザイナーになっていた主婦と、その才能を見出した息子 (激レアさんを連れてきた。)

テレビ番組「激レアさんを連れてきた。」にて、「自分ではまったく知らないうちに世界が認める洋服デザイナーになっていた主婦と、その才能を見出した息子」が紹介された。

洋服作りが趣味だった主婦・チアキ

チアキは昔から息子・リョウタの服を自作していた。
しかしそのセンスが独特すぎるため、それが原因でチアキとリョウタは不仲になってしまう。

時は経ち、服飾系の専門学校を卒業したリョウタは、デザイナーとしてアイデアを出すのに行き詰まっていた。そんなある日、母・チアキが昔作っていた洋服のことを思い出す。

チアキの独特なデザインを、リョウタがプロの技術で仕上げる。
こうしてこのコンビが世に認められることになる。

「デザイナーの欲」問題

「自分のデザインを世に出したい」
「自分のセンスを認めてもらいたい」
など、デザイナーに限らず何かをつくる人には様々な欲がある。
それはある意味当然のことであり、悪いことというわけではない。

しかしそれをずっと考えていくと、
「こういうのが流行るんじゃないか(=流行を生み出したい)」
という欲が生まれ、どこかで見たようなものが出来上がったりする。

「自分ならではのもの」「自分しかできないもの」とは何なのか。
考えるほどにわからなくなっていく。

主婦・チアキのデザイン

チアキは難しいことは考えない。ただ頭に浮かんだものを描く。
考えすぎると描けなくなる。

だからこそ、欲が無いデザインが生まれる。

まとめ

・欲を無くすことができるかどうかがカギ。
・コンビを組んでお互いの苦手を補い合うとうまくいく。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2018年06月07日

バイト先の店長「修行とかいらないから、やりたいなら早く始めなさい。店を始めてから勉強した方が10倍〜100倍は学びが多い」 (セブンルール 夜のパン屋さん・小林由美)

テレビ番組「セブンルール」にて、夜のパン屋さん・小林由美が紹介された。

自分のパン屋を持ちたいと思った時のこと

小林はパン屋でアルバイトしていて、自分の店を持ちたいと思うようになった。
どこかのパン屋できちんと修行をした方がいいと考え、バイト先の店長に相談したところ、

「修行とかいらないから、やりたいなら早く始めなさい」

と言われたという。店長は、

「店を始めてから勉強した方が10倍〜100倍は学びが多い」

という考えを持っていたという。

きちんと準備してからやる or とにかくやってみる

「なるべく失敗しないように」と考えると、きちんと準備してからやるのが正解のように思える。
しかし、準備がしっかり終わるのはどれくらい先になるのだろうか。「絶対に成功する」という自信が持てる日は来るのだろうか。やってみなければわからないこともあるのだから、そんな日はこないのではないだろうか。

ある程度の準備は必要だが、思い切ってやってみる勇気も必要である。

始めてから勉強した方が学びが多い

1.将来困るかもしれないことを勉強しておく。
2.今現在困っていることを解決するための勉強をする。

この2択だったら、どちらの方が真剣に取り組めるだろうか。
使うかどうかわからない知識を勉強するより、確実に今使う知識を勉強する方がやる気が出ると思う。
そういう意味では、とにかく始めてしまった方がいいと言える。

まとめ

・準備はほどほどに、とにかく始めよう。
・始めてから勉強した方が学びが多い。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2018年05月31日

焼きたてで美味しいのは当たり前。冷めた時にどう美味しいか (セブンルール パン職人・地明真希)

テレビ番組「セブンルール」にて、パン職人・地明真希が紹介された。

食パン専門店「利」

栃木県日光市で食パン専門店「利(とし)」で働いている地明は、

「パンが焼きたてで美味しいのは当たり前。冷めた時にどう美味しいか」

というところを大切にしてパンづくりをしているようだ。

冷めても美味しい、という強み

焼きたてのパンが美味しい、というパン屋はおそらくたくさんある。
地方でパン屋を営むにあたって、「焼きたてが美味しい」を売りにしても、わざわざ遠方まで買いに来てくれる人は少ないだろう。

冷めても美味しいから、遠方からでも買いに来る。持ち帰って食べても美味しい。
パンに限らず、食べ物を取り扱う店にとって、「冷めても美味しい」というのは大きなポイントになるようだ。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



タグ:パン
プロフィール
はさみかばんさんの画像
はさみかばん
プロフィール
ファン
検索
カテゴリアーカイブ
リンク
“勇気あるあそびにん” 白玉さんのブログ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。