2017年04月27日

梅沢富美男、嫌いな司会者ランキングにランクイン。しかし・・・

テレビ番組「行列のできる法律相談所」にて、俳優・梅沢富美男が、あるランキングの話をしていた。

嫌いな司会者ランキング

梅沢は、「嫌いな司会者ランキング」で4位になったことがあるという。
この結果に対して梅沢は言った。

『いつ司会したんだよ!』

司会者じゃないのにランクイン?

梅沢は司会をしたことがないのに、嫌いな司会者の4位になったようだ。

不思議なこともあるものである。

まとめ

・情報の真偽を見極める力がないと、情報に踊らされる。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2017年04月25日

ホームセンターの商品を使ってSASUKEに挑戦 (水曜日のダウンタウン)

テレビ番組「水曜日のダウンタウン」にて、「ホームセンター×SASUKE」が放送された。

SASUKEとは?

SASUKEとは、フィールドアスレチックに挑戦する番組である。
様々な障害物のあるステージを順番にクリアしていくのだが、なかなかに難易度が高く、すべてのステージをクリアするのは難しい。

ホームセンター×SASUKE

通常、SASUKEは体ひとつで挑戦する競技なのだが、完全制覇するのは容易ではない。
そこで、「ホームセンターに売っている道具を使用すれば、完全制覇できるのではないか」という説が生まれた。

挑戦者は3名

今回の挑戦者は、
・レイザーラモンHG
・あかつ
・山田勝己
の3名。

それぞれホームセンターで道具を購入し、SASUKEに挑む。
予算は3万円。この金額をどう使うかが大きなポイントとなる。

ホームセンターで何を買うか

レイザーラモンHGとあかつは、ホームセンターでゴム手袋を購入した。
SASUKEのコースにおいて、「手が滑って転落→水に落ちて失格」というパターンが多く見られるので、手が滑らないようにするためにゴム手袋が有効だと考えたようだ。

しかし、「ミスターSASUKE」の異名を持つ山田勝己の考えは違った。

ミスターSASUKE・山田勝己の戦い方

過去に何度もSASUKEに挑戦してきた山田。
SASUKEを熟知している山田は、

・7mの脚立を使用し、「そり立つ壁」を無効化
・発泡スチロールとガムテープで船をつくり、苦手なステージをショートカット

という作戦に打って出た。

山田の作戦は是か非か

山田の作戦に対して、「ずるい」と感じる人もいるだろう。
しかし、今回の企画は、

・ホームセンターの物を使用してSASUKEに挑戦する。
・予算は3万円以内。

という条件でおこなわれている。
したがって、山田の作戦はルールの範囲内だと考えられる。

どうにかしてやり遂げる、ということ

真正面から勝負しても勝てない。だから工夫する。
できるかできないかではなく、どうにかしてやり遂げる。
やり遂げるために知恵を絞る。

今回の企画で、そういう姿勢を学んだ。

まとめ

知恵を絞った作戦でSASUKEに挑んだ山田だったが、道具を使う予定のステージにたどり着く前にミスをして失格になった。

現実とは、厳しいものである。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2017年04月05日

見えない世界遺産。佐賀県・三重津海軍所跡。 (月曜から夜ふかし)

テレビ番組「月曜から夜ふかし」にて、佐賀県の「見えない世界遺産」が紹介された。

三重津海軍所跡(みえつかいぐんしょあと)

佐賀県に三重津海軍所跡という観光地があり、そこは世界遺産に登録されている。

しかし実際にその場所に行ってみると、建物などはなく、ただの空き地のようである。

これは一体どういうことなのか?
空き地が世界遺産なのか?

実物は地中にある

どうやら三重津海軍所は、その場所の地面から発掘されたらしい。
しかし、木造部分が多く、雨風にさらされるとボロボロになってしまうため、再び埋めたという。

そのため、実物を見ることはできないというわけである。

実物は見れないが・・・

実物は見れないのだが、VRスコープを使用して所定の場所を見ると、当時の景色がCGで見れるという。
CGで大砲を撃つ様子なども再現されているようだ。

VRスコープを装着している人がウロウロしている現場は、第三者から見れば異様な光景であり、なかなか珍しい世界遺産である。

実物がないからこそ生まれた発想

もしこの場所が、実物を掘り起こした観光地だったとしたら、「昔のものがそこにある」という普通の観光地であり、そこまで話題にはならなかったであろう。

「実物が見せられない」というのは、マイナスの出来事のように思える。
しかしそれを逆に利用し、プラスに変えたわけである。

こういう発想はとても大切である。

まとめ

・マイナスな出来事も、視点を変えればプラスになる可能性がある。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



プロフィール
はさみかばんさんの画像
はさみかばん
プロフィール
ファン
検索
カテゴリアーカイブ
リンク
“勇気あるあそびにん” 白玉さんのブログ