2017年02月21日

こだわりがハンパない肉まんの店 北海道・点香苑 (マツコ&有吉の怒り新党)

テレビ番組「マツコ&有吉の怒り新党」にて、「こだわりがハンパない肉まん」が紹介された。

北海道・「点香苑」

北海道網走郡美幌町にある点香苑(てんこうえん)という店。
この店の「豚まん」を求めて、行列ができる。

この店の豚まんは直径13cmという特大サイズである。
重さは375gで、コンビニの肉まんの4倍近い重さ。
金額は190円である。

店主のこだわり

店主がこの豚まんに対してこだわっているのは、

・大きさと値段
・割った時のお得感は他の店に負けない
・素材の味を壊さないようにする

というところである。

なぜ大きい肉まんをつくろうと思ったのか?

店主によると、

『オープンの朝にお客さんがどんどん来て、急いでつくっているときに中身を詰めすぎた』

とのこと。
最初から大きい肉まんをつくろうとしていたわけではなく、ハプニングから生まれたようだ。

まとめ

ハプニングって、おもしろいですね。
予想通りにいかないからこそ、思いがけない結果が生まれる。
良いことも悪いこともあるでしょうが、それを楽しめるようになりたいものです。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2017年02月15日

上に立つ人に必要な要素とは? (しくじり先生 講師・ドン小西)

テレビ番組「しくじり先生」に、ドン小西が講師として登場した。

ファッションデザイナー・ドン小西

ドン小西は、自身のブランドを立ち上げ、調子に乗って社員に横暴な態度をとっていた。
しかし結局は失脚したという経験がある。

そんな経験から、彼はこんなことを学んだという。


上に立つ人に必要な要素とは、
「この人に『ついていこう』ではなく、この人を『支えよう』と思える人間かどうか」
である。

短期の成功と長期の成功

いわゆるワンマン社長のような「俺についてこい」系の社長は、上り調子の時は頼もしいかもしれない。
しかし、上り調子がずっと続くわけではない。
ワンマン社長は横暴になりがちで、落ち目の時には社員が離れていく。

長期的な成功を目指すのであれば、社長がなんでも独断で決めるのではなく、社員の意見を聞くなどの姿勢が大切である。

社長といえども1人の人間である。何でも完璧なわけではない。
時には社員に弱みを見せ、みんなで協力して仕事に取り組むことが必要な時もある。

他人に弱みを見せられるかどうか。
そこがひとつのポイントである。

まとめ

社長といえども1人の人間であり、上司も1人の人間です。
完璧な人間ではありません。

平社員から見れば、社長や上司のやり方に納得がいかないかもしれませんが、彼らも悩み苦しみながら生きているのだと思います。

相手の立場になって考えると、何かが見えてくるかもしれません。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2017年02月13日

ドライアイが引き起こす恐怖 (雨上がりの『Aさんの話』〜事情通に聞きました!〜)

テレビ番組「雨上がりの『Aさんの話』〜事情通に聞きました!〜」にて、眼に関する情報が放送された。

ドライアイの患者が急増している

この数年でドライアイの患者が急増しているという。
その原因は、スマートフォンの普及によるものだと考えられている。
スマホの画面に集中することでまばたきが減り、涙の量や質が低下することで眼に悪影響が出ているようだ。

ドライアイが引き起こす恐怖

ドライアイは、ただ眼が乾くというものではない。
自覚症状がなくても、突然眼がかすむ症状が出ることもあるという。
例えば、車の運転中に眼がかすんだとしたら、事故を起こす可能性がある。

VDT症候群という病気

VDT症候群とは、パソコンなどのディスプレイを長時間見続けることによって眼、体、心などに影響が出る病気である。
症状としては、指先のしびれ、背中を刺すような痛みなどがある。
また、自律神経の乱れによってうつ病になることもある。

ドライアイの予防法

・40℃のホットタオルで目を温める
・アスタキサンチンが含まれる食物を摂る(サケ、イクラ、エビなど)。
・パソコンやスマホの近くに加湿器を置く。

眼の老化について

個人差はあるが、眼は10代から老化していくことがある。
老化の症状として、「視野が狭くなる」というものがある。

視野が狭くなることの危険性

視野が狭くなると、

・横からの車の飛び出しに気付かない
・小さな段差につまづいて転ぶ
・忘れ物が多くなる

など、事故につながる危険や、日常生活のトラブルを引き起こす可能性がある。

視野を広げる方法

ある65歳の男性は、訓練をすることで視野を20代の状態に保っているという。
その訓練とは、「速読」だという。

ある程度歳をとってからでも、速読の訓練をすれば、視野が狭くなるのを防ぐことができるようだ。

まとめ

現代において、パソコンやスマホを使わない生活というのはちょっと考えにくいですよね。
眼を酷使しないように大切にしつつ、訓練をして衰えないようにする。
なかなか大変ですが、眼は一生使うものなので、ちゃんとしたほうがいいですね。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



プロフィール
はさみかばんさんの画像
はさみかばん
プロフィール
ファン
検索
カテゴリアーカイブ
リンク
“勇気あるあそびにん” 白玉さんのブログ