2017年06月19日

超高難度のクイズ「天龍源一郎クイズ」 (くりぃむナンチャラ 「プロレスマニア王決定戦」)

テレビ番組「くりぃむナンチャラ」にて、「プロレスマニア王決定戦」という企画が放送された。
その企画の中に、「天龍源一郎クイズ」というものがあった。

天龍源一郎クイズとは?

天龍源一郎は元プロレスラーであり、声が異常にガラガラな人物である。
そのため、何を言っているのか聞き取りづらいという個性を持っている。

そんな天龍が、あるプロレスラーについての話をする。
その話を聞いて、誰の話をしているのかを当てる、というのが「天龍源一郎クイズ」である。

このクイズに挑戦したのは、
くりぃむしちゅー有田、上田
博多大吉
長州小力
の4人であった。

高難度のクイズ

普通、クイズ番組で問題文が聞き取れなかったら、回答するのは難しい。
ほとんど聞き取れない問題文の中で、少しだけ聞き取れた部分を手がかりにして、自分の持っている知識を総動員して推理し、回答を導き出す。

天龍源一郎クイズは非常に高難度のクイズだと言える。

少ない情報から正解を導き出す

例えば一般的な仕事で、先輩などから1から10まで丁寧に教えてもらえることは少ないのではないだろうか。
「仕事は教えてもらうものじゃない。盗んでおぼえるものだ」という考えの人もいる。

物事を注意深く観察する目を養うのは大切なことである。
また、少ない情報を元に、「自分で考える」ということも必要である。

少ない情報と自分の知識を掛け合わせて、正解と思われる仮説を立てる。
その仮説を検証して、もし違っていたら、そこからまた新たな仮説を立てる。
それを繰り返すことで、いずれ正解にたどり着く。

情報が少なくても、何かしらできることを見つけて戦わなければならない。

まとめ

・不利な状況でも、何かしらのチャンスの芽を見つけ、どうにかチャンスを掴もう。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2017年06月17日

相方どうかしてるぜ芸人 麒麟・田村のどうかしてるエピソード(アメトーーク)

テレビ番組「アメトーーク」にて、「相方どうかしてるぜ芸人」が放送された。
この放送で、お笑いコンビ・麒麟の川島が、相方の田村に関するどうかしてるエピソードを語った。

漫才中、テンパる田村

漫才をしていて、ボケた川島に田村がツッコミを入れるべき場面があった。
しかし田村はツッコミのセリフが出てこなかった。
テンパった田村は、川島に対して、

『なんて言うんやったっけ!』

とツッコんだ。

後輩芸人を紹介する場面で

ある時、田村が平安京999(へいあんきょうすりーないん)という芸人を紹介する場面があった。
しかし田村は、

『平安京きゅうじゅうきゅう・じゅうきゅう』

と言って紹介した。

田村いわく、『99だと思ったら、もうひとつ9があったからそうなった』とのこと。

漫才の出だし

漫才の出だしで、

『がんばっていかなあかんなぁ言うてるんですけどね』

というセリフがある。
ある時、この言葉が出てこなかった田村は、

『まあ、人生楽しんでるんですけどね』

という謎のセリフを言った。

これらの失敗を田村はどう思っているのか?

田村の言い分はこうだ。

・本来言うべきセリフが出てこない時、何も言わないのはまずいから、何かを言うようにしている。
・今回出てきたエピソードについては、うまく乗り切ったと思っている。
・ナイスリカバリーだと思っている

ミスをしたときの対応

まずはミスをしないように気をつけるのが大切だと思うが、絶対にミスをしない人間はいない。
おそらく田村も、ミスをしたくてしているわけではないだろう。

田村は、「気をつけていてもミスをしてしまうのだから、もうしょうがない」と腹をくくっているのではないだろうか。
ミスをするのは仕方がないことだと捉えて、ミスをした後にどう対応するかが大切だと考えているようだ。

まとめ

・基本的にはミスをしないように気をつける。
・ミスをした場合、それはそれとして受け止める。くよくよ落ち込んでいてもどうにもならない。
・そこからどうやって切り返すか。どう挽回するかを工夫する。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



2017年06月14日

「ピタゴラスの定理」の発見が、ピタゴラス自身を追い込むことになるとは・・・ (しくじり先生 「しくじり偉人伝 ピタゴラス」)

テレビ番組「しくじり先生」の企画「しくじり偉人伝」にて、ピタゴラスが紹介された。

ピタゴラスってどんな人?

ピタゴラスは、約2500年前の人物である。
哲学や数学、音楽、天文学、医学など様々な分野に精通しており、その能力で人々を魅了し、宗教団体の教祖となったという。

ピタゴラスの思想

ピタゴラスは、「この世はきれいな数字で表すことができる」という考えをもっていた。
「きれいな数字」というのは、いわゆる「整数」である。
例えば「0.25」などの小数も、「1/4」という分数で表すことができる。

つまりピタゴラスは整数ですべてを表現できると考えていた。

この思想をもとに、人を集めて教団を作った。
厳しい審査をおこない、入団したのは超優秀な300人。

この超優秀な人たちが研究に研究を重ねて生まれたのが「ピタゴラスの定理」である。

「ピタゴラスの定理」がピタゴラスの運命を大きく左右する

この世はきれいな数字で表すことができる・・・はずだった。

しかし、ピタゴラスの定理が生まれたことにより、「きれいじゃない数字」の存在が発見されてしまった。
それが、後に「√2(ルート2)」と表現されることになる数字である。

ピタゴラスの定理によって、ピタゴラスの思想が間違っていたことがわかってしまったのだ。

ピタゴラスの末路

「きれいじゃない数字」の存在が表に出るのは、ピタゴラスにとって非常にまずいことである。
そこで、きれいじゃない数字の存在を教団最大の秘密とした。

しかしながらピタゴラスは、これをきっかけとして、信者に殺されるという末路をたどる(諸説あり)。

自分が間違っていたとわかった時に、どう対応するか

自分が長年信じてきた思想が間違っていたと気づいた時、認めたくない気持ちが出てくるのは仕方のないことであろう。
しかし、その時の対応で、その後の人生が大きく変わる。
自分の間違いをごまかしたり、なかったことにして強引な対応をすると、結局は信頼を失うことになる。

間違いを素直に認めて誠実な対応をし、あらためて再スタートする。
その後も努力を重ねて、信頼を取り戻せるように行動する。
時間はかかるだろうが、おそらくはそれが最善の道であろう。

まとめ

・自分の間違いを認められる強さを持とう。
・信頼を得るには、誠実な対応が大切。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
このブログがあなたのお役に立てたら嬉しいです。


スポンサーリンク



プロフィール
はさみかばんさんの画像
はさみかばん
プロフィール
ファン
検索
カテゴリアーカイブ
リンク
“勇気あるあそびにん” 白玉さんのブログ