2017年06月06日

2017年5月、ボーナス前のためか5,000円超え。

 とんと、記事を書いていなかったが、外のブログの記事はボチボチと書いていた。

 そのためかどうか定かではないが、5,000円/月を超えました。

 内訳としては、物販とクリック課金が半々です。

記事の投稿先と投稿頻度


 基本的にジャンルとしては、楽天市場とAmazonの物販しかしておりません。

 記事の投稿先としては、50代の マイホーム 創り と とうほく見所より所 の二つです。

 投稿数としては、二日に1記事といったところでしょうか。

 なかなか、仕事と春の陽気に釣られて、眠たくなってきます。
 よってなかなか記事を書く時間を延ばせないといって感じでしょうか。

色々なSEO対策は考えて記事投稿


 「色々なSEO対策を考えて記事投稿をしました。」と書きたいところです。
 が、何も考えず、まず記事わ書いてUPするという単純作業です。

 ただ、記事ないようとしては、読んでいる人にためになるような、トピックも含めて書くようにはしています。

 もう1つは、今は6月ですが、夏に向けた記事を書いています。

SNSへのチャレンジ


 再起始めたこととして、インスタグラムをやってみました。
 
 まあ、ボチボチ二つほど画像をUPしただけですが、少しづづどんなものか検証も含めて実践していきたいと思っています。

 
    ポチっとお願いします。    


2017年04月18日

「そのネット集客いますぐやめなさい!」って・・・。

「そのネット集客いますぐやめなさい!」って・・・。
「SEOもFaseBook広告も業者の言いなりになっていませんか?」
「ムダを見直せばコストは半分、売り上げは3倍になります。」

 と、表紙には、この3つのコピーが書いてあります。

そのネット集客いますぐやめなさい.JPG
★楽天市場
★Amazon

素人がweb製作を代理店に依頼する。



 読んでみた感想は、素人がプロのマーケッター、広告代理店、WEBデザイナー、プロダクションに騙されないための基礎知識が書いてある本だと思っていいのではないかと思います。

 タイトルどおり、お店の開店などに伴い、ネットをつかって、広告宣伝、口コミ、PRすればいいんだろうという安易な考えを打ち砕く内容です。

 「Webだけでも、安く効果的にお客さんが集まるんじゃないか。」のようなことは、実際はあり得ません。

 ただ、広告代理店にしてみれば、Web制作も含め、インターネットを使ったセールスプロモーションは、思いの外製作や成果がでるまでとなれば、思いのほか時間がかかるものです。
 そして、それが形としてなかなか目に見えないという特徴もあると思います。

 実際、webプロモーションに携わったことのない人にとっては、それらが口八丁でブラックボックスであることはいうまでもありません。

 ある意味、企画から制作、そして成果まで、広告業界の価格は、素人からしてみればボッタクリのような金額ではないかと思います。

 車一台買える金額、家一軒買える金額なんて、あっという間に超えてしまいます。

 HPのトップページのデザイン一つとっても、レンタルポジを使うのか、実際に撮影するのかによっては、数万と、数十万と雲泥の差になるのです。
 

広告業界の値段「アド・メニュー」


 なかなか、業界に携わらなければ、わからない広告製作の価格。

 それは、一応の目安として「アド・メニュー」があります。
 webも含めた、いろんな広告、製作がいくらぐらいで作れるのか、媒体によっては難易度などの程度によって価格の目安が書いてあります。

アド・メニュー.jpg
★楽天市場
★Amazon

 一般の製作物と異なるのは、広告という性格上、効果を出すために、企画やデザインなど、全てオリジナルなるであるということです。
 言い換えれば、一つとして同じ企画やデザイン、製作物は無いということです。

 ことことは、webでPRすることが、素人から見れば、とても高額です。

ネット集客する場合の警告書


 総じて、この本を特に読んでほしいのは、事業者、発注者ではないかと思います。
 
 外注する時の、考えはどう思っているのかなど、多くの事例が書いてあります。
 それらが、まったく、ネット初心者、広告初心者が考えやすい事例です。

 しいては、その無知さ加減が、web製作会社にとっては、つけ入る隙だったり、言いなりになる原因にもなっているといことを警告しています。

 この本は、アフィリエイトをやっている人にとっては、目的意識や自分の考えていることを見つめなおす参考として。
 お店などを経営しているひとには、とても役に立つ内容だと思います。
 
    ポチっとお願いします。    


2017年03月09日

2017.2グーグルの検索プログラムの変更があったようです。

 最近このサイトはほったらかしでしたが、一月ほど前、日本語版グーグルの検索プログラム、アルゴリズムの変更があったようです。

日本語検索の品質向上にむけて


 変更する目的は、当然検索したユーザーが望むことにより近い内容を表示させるためです。

google変更.jpg

DeNA運営メディアの騒動


 目的は当然と言えば当然ですが、その発端は、DeNA運営メディアの騒動のようです。

 その主なことは、
 1つ目は、人命に関わる内容にさいて、根拠の無い又は信憑性の低い記事を大量に掲載していたこと。
 2つ目は、コピペにや引用によって書かれ、引用元を明記していなかった記事が多いこと。
 3つ目は、それが好ましくないにも関わらず続けていたこと。
 以上3点のようです。

 目的は、何をかくそう、グーグルの検索結果でサイトが上位表示させるために実行したことです。け

 いくら、上位表示させてアクセス数を稼ぐ目的でも、道義的な問題や法律に触れることは良くないことです。
 個人サイトでもない、野球球団を持つ大きな会社です。ちょっと残念なことです。

キュレーション


 今回の日本語版グーグル検索のアルゴリズムの変更のネット上の記事を読んでみると必ずと言っていいほどキュレーションという言葉が出てくる。

 キュレーションメディア、キュレーターなどの言葉も頻繁に見かける。
 
 キュレーションメディアと書いてあれば、インターネット上の情報を集めて、その集めた情報を分類して掲載することのようです。
 さらには、つなぎ合わせてたりして再構成した記事をまとめたサイトのようです。

 よく聞くのは、おまとめサイトとでもいうのでしょうか。
 
 確かに、機械的にいろんな記事を集めてきて掲載すれば、サイトが出来上がることには違いありません。
 さらに、短時間で大量に掲載することも可能です。

 見る側にとっては、興味のありそうな記事がまとまるのである意味便利だということもあります。
 
 この様なサイトに係る検索アルゴリズムが変更されたということは、サイトの構成や記事の掲載のしかたにより一層注意する必要があるとこに間違いないようです。 

リライト


 コピペは良くないにしても、引用には引用した元ネタの表示が必要になってきます。
 
 さて、ではリライトはどうなのでしょうか。

 どの程度、自分の言葉として再構成すれば、コピペじゃないと判断されるんでしょうか。
 自分の場合、ほぼ毎日、ブログの記事を書いていますが、元ネタはやはりほとんどが、ネットから調べてきます。

 そして、一旦ブログの記事にコピペして、自分の言葉の言い回しや順序や長さを変更して、リライトしたんだと思って書いています。

マイブログへの影響


 今回のグーグルのアルゴリズムの変更は、一月経ってから、なにげにスマホの記事で知りました。

 ただ、メインのブログのアクセス数がちょっと落ちたなとは思ってはいたんです。
 でも、その原因は、検索キーワードのチョイスのし方なのか、多少投稿数が減ったからなのか、いまだに不明です。

 メインのブログのアクセス数がちょっと落ち、そして記事投稿しても検索数が伸びないなと思ってたんですよね。
 
 まだまだ、駆け出し、記事のネタが一つ見つかって、少し勉強になったんだと、まとめておきましょう。

 
    ポチっとお願いします。    


 

2017年01月15日

ブログ等でのキーワードの正しい使い方。

 これまで、キーワードについて色々書いてきました。

 と、今までのブログやmetaタグのキーワードや、タイトルや本文のキーワードなど考えながらブログを書いているつもりでした。

 ところが、実際色々な本にキーワードの正しい使い方ってどうなのって、書いてないんですよね。
 キーワードの探し方は具体的に書いてありますが、ブログの中でどう使うのか具体的に書いてないんです。

 もちろん、タイトルや文章の中に、適切にまぶして使うというのは、ざっくりは分かります。

 でも、一つ気になったことがあったんです。

 

ブログのキーワード欄



 数年以上ブログを書いていたため、特にどんなブログにもキーワードを入力できるようになっています。

 そのため、無意識にキーワード欄という縛りというか呪縛がいつもありました。

 今回、ほんとに、具体的にどうやってキーワードを使えばいいのか調べてみたんです。

metaキーワード今は効果無し


 当初、アフィリエイトの色々な本や、無料ブログでのアフィリエイトなどで入門したため、てっきりキーワード欄が有効なのだと思いこんでいたんです。

 色々調べてみた結果、キーワード欄に入れたキーワードは、もはや検索されるキーワードとしてgoogleに認識されていないというのが通説のようです。

 ただ、適度に書き込んでおいても無駄にはならないようです。
 今は、metaタグのキーワードの効果が無くても、いつかまた見直されるかもしれません。


正しく使う位置はどこなのか



 結論から言えば、見る側にとって、一番分かりやすい位置が正しいキーワードの位置のようです。

 したがって、記事のタイトルや、見出しで使うのが最も正しいキーワードのを入れる位置のようです。

 タイトルや見出しは、文章の要約ですから、あとは、タイトルや見出しと合致している内容であれば見る側にとっても一番いいのではないかと思うのです。

 よって、文書の中に、タイトルや見出しに含まれるキーワードがあまり出てこなくとも、見る側にとって有意義であれば評価されるとどの本にもはっきりと書いてあります。 

 テレビ番組で例えて言えば、番組タイトルの理由が一番最後に理解できるシナリオでも、見る側にとって退屈しないで見られる内容であれば良いのです。

 また、一人でも多くの人が見る、視聴率の高い番組なら良いのです。
 結果的に「見て良かった。」と思ってくれる内容になればなお良いと思います。

 結論は、ブログの記事のキーワードは、自分が書く記事の文章、或いは書いた記事の文章が簡潔にまとめられたタイトルであればいいのです。

これまでの記事の修正


 実は、最近、このファンブログの記事に、見出しタグを使い始めたのです。

 ところが、いまいちアクセス数が伸び悩んで、以前よりましてアクセス数が下がるような気配です。

 まぎれもなく、キーワードの使い方について間違いではないにしろ、的外れかなと思っていたんです。

 このことから、今は何かと忙しく、新たなネタもちょっと切れ気味なので、見出しなどを使い修正していこうと思います。

 
    ポチっとお願いします。    


   

2016年12月31日

見出しダグh1、今更ながら使い始めてみました。

 h1・h2・h3・・・h6タグ、6段階の見出しタグがあるんです。

 と、今更ながら書きましたが、自分は全然使ってませんでした。

 この「見出しタグ h1タグ」とやら、何度もこのブログにも書いてあるとおり、内容を考えて、文章を書くのが精いっぱいで、書いたあとは、「さっさとupしてしまおう。」ってなことで、使ってなかったんです。

 SEO対策のいろんな本には、必ずといっていいほど書いてありますが、そして、ネット上のアフィリエイトにも漠然と書いてあります。

 アフィリエイトブログの中で、重要なことの一つであることはわかるのですが、一方で、使い過ぎはスパムにと判断されたり、ブログの評価ランクが下がったりするとも書いてあります。

 よって、よく調べてからと思って、ほったらかしにしていたんです。


このa8ファンブログの見出しタグ



 この無料a8ファンブログのスタイルシートには、既にh1タグからh3タグまで設定してあるようです。

 設定内容は、文字の大きさと行間だけのようで、デザインのスタイルシート等を見ればみつかのます。
 
 ちなみに、このデザインのソースを見てみれば、ブログタイトルはh1、投稿年月日はh2、記事タイトルはh3に設定されています。
 なんで、投稿月日がh2なのか、理解できないので、変更を試みましたが、自分のスキルなのか、変えられないのか、無理でした。

 そこんとこに、ひっかかっても、前に進めないので後回しです。

 記事タイトルがh3なら、記事内容の小見出しをh2にして、書き進めることにします。
 もっと小さい見出しはh4にすれはいいだけです。

 一応、他のマイa8ファンブログでは、見出しタグを使って書き始めてみました。
 50代の マイホーム 創り


h1タグの使い方



 この見出しタグを何に基づいて使うのか、それが問題です。

見出しタグの順序

順序に関しては、本やアフィリエイト関係のブログにも、順序良く使うことは同じように書いてあります。

 タイトルから小見出し、h2→h4は、ダメ、飛ばして小見出しに行くことはダメと書いてあります。
 逆の場合は飛ばしても良いと書いてあります。

 この内容はほとんど、使い方は同じです。
 
 googleの言う通りというか、誰が書いても同じ、普通の文章の書き方の順序と同じです。

見出しタグh1の使い方

 けっこう、使い方で意見の分かれているのは、一番の大見出しのh1です。
 本やアフィリエイトサイトには、表示する1ページの中に一つと書いてあるのが多いです。

 ただ、アフィリエイトブログによっては、「記事タイトルにh1タグを使う」ことを表記してあることもあります。
 まあ、アクセス数も上がったようなことも書いてあります。

 では、自分の場合はどうなのかと言えば、一応、ブログタイトルだけをh1タイトルにとておこうと思います。
 Googleの評価方法が変わっても、ブログタイトルだけをh1にしておけば、評価の変更にはならないだろう使い方を選択しておこうと思います。

 

見出しタグのスタイル



 見出しの文字の大きさや行間はあらかじめ指定してあるようです。

 よって、けっこう行間が空いたり文字が大きすぎたりするようです。

 ただ、この文字の大きさは強調などで変更しないほうが良いようなことも書いてあります。

 このことから、まあ、あまりいじらないで、素直に書き方の工夫などて見た目は最適なとところにとどめておこうかなと思います。

webライティング.JPG
 ★楽天市場 ★Amazon

見出しタグ まとめ

 まとめとして、見出しタグを使うためには、やっぱり記事内容がそれなりに長くなければ使えません。
 
 見る側にとっては、記事が長いため見出しが必要になるのであって、文字数の少ない記事に見出しをつけても意味がありません。
 無論記事も見る側にとって有益な内容でなければなりません。

 よって、Googleなどの検索サイトからも、適切な見出しの配置見え方でなければ意味が無く、不自然な付け方は、いずれ評価が下がることは当然ですよね。

 これで、この記事は1,700字余りです。

 
    ポチっとお願いします。    


  
ブログ内検索
ポチっとお願いします。
 
カテゴリーアーカイブ
最新記事
写真ギャラリー
Book PickUp
はじめての簡単無料WordPress入門
 ★楽天市場 ★Amazon
SEOに強いWebライティング
  売れる書き方の成功法則64

 ★楽天市場 ★Amazon
ロングテールアフィリエイトの極意
 ★楽天市場 ★Amazon
ロングテール「売れない商品」を
 宝の山に変える新戦略

 ★楽天市場 ★Amazon
かんたんFC2ブログ・デザイン
 ★楽天市場 ★Amazon
毎月5万円
 堅実なアフィリエイトらくらく講座

 ★楽天市場 ★Amazon
HTML5&CSSのe本
 ★楽天市場 ★Amazon
HTML XHTML & CSS
 逆引きハンドブック

 ★楽天市場 ★Amazon
googleadsense成功の法則
 ★楽天市場 ★Amazon
本気で稼ぐための
 アフィリエイト真実とノウハウ

 ★楽天市場 ★Amazon
リンク集

おすすめASP
A8.net(エーハチネット)
最新コメント
プロフィール
八衛門爺さんの画像
八衛門爺
 大企業役人御用達、自民党政権が続く気がする。
   段階の世代は年金も多く悠々自適な暮らしの方も多い。

   還暦前のサラリーマン、世代が若くなればなるほど、老後が大変になっていくようです。
 そんなご時世、こまねいて愚痴だけ言っていられません。

 自己防衛のためには、何らかの副収入も模索しなければなりません。

 よって、空いた時間でできる、アフィリエイトをコツコツ、3年ほど前から始めました。

 成果まだまだ、微々にもいかないですが、趣味も併せ、自分の楽しみの一つとして取り組んできました。

 ただ、刻々と還暦は近づいてきます。

 それは、自分の年金支給63歳から、3年間の減収入期間をどうやり過ごすかが最大の課題となって立ちはだかってきます。
タグクラウド
アフィリエイト始めるならオオサカ堂


book 毎月5万円 堅実なアフィリエイトらくらく講座
★楽天市場 ★Amazon