広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

本日丑の日、記事のタイトル考える




昨日は、土用丑の日だったそうです(書いているうちに、日付をまたいでしまいました)

そもそも、土用丑の日というのは、平賀源内という江戸時代の発明家?(とにかく天才)が、近所のうなぎ屋さんに頼まれて作ったキャッチコピーだというのを本で読んだことがあります。

本と言っても、小学生の時に読んだ平賀源内の学習マンガですが(笑)


諸説あるそうですが「本日丑の日」というのを書かせて、うなぎ屋の前に貼らせたそうです。

というのも「う」のつくものを食べると夏バテしないという迷信があったとか。


江戸時代からあるキャッチコピーが現代に残って使われているのは、良く考えるととてもすごいことです。
平賀源内は、キャッチコピーで、うなぎを食べる習慣を日本に作り出したわけです。


つまり、このキャッチコピー「本日丑の日」または「土用丑の日」には、とてつもない力が秘められているはずです。

というわけで、今回は、土用丑の日から、ブログ記事のタイトルのつけ方を考えてみます。



初心者がアフィリエイトで売れる記事を書くための勉強法

アフィリエイトをはじめたての頃は、広告バナーを貼って、2,3行コメントを書いてということが往々にしてありがちです。
例えばこんな感じ。

----------
こんにちは!
最近、日差しが強くなってきましたね!
5月は1年の中でも、紫外線が強い月だそうです。
紫外線対策には、キャビンアテンダントの口コミで広がったこの商品がオススメです!

5日間分で8,350円分もお得!【DACCOトライアルセット】





----------

これではいくらたっても成果は出ません。

仮に、成果が出たとしても、それはラッキーパンチというもので、継続性に欠けます。
そのラッキーパンチを待ち続けると「待ちぼうけ」(守株)になってしまいます。


じゃあ、どうすれば、売れる文章が書けるようになるのか?

「読めばすぐ売れる文章が書ける!」という魔法のような話ではありませんが、今回はそのアフィリエイトで売れる文章を書くコツの勉強法についてお話したいと思います。


グーグルアドセンスで、ページ最高額の広告が配置される場所



今日は、グーグルアドセンスについての小技?、豆知識です。

広告は配置する場所によって、クリック率が大きく違うので、工夫しないといけません。

しかし、他にも、配置する場所で変わるものがあります。


それは、クリック単価です。


   
プロフィール

shaq
アフィリエイトについてアウトプットしています。
リンク集


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。