広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年04月27日

過用症候群




私の最初のアフィリエイト作品は「介護基本情報」という題名でした。
最初ホームページを作成するとき、どのようなコンセプトを描いていたかというと、
私は理学療法士でケアマネージャーの免許も持っていたので
(今も持っています。実務経験はありませんが)
介護の情報を載せて、ネットで介護に関わる人、医療介護職関係者、
要介護者、その家族からの情報を集めて、
今後の高齢化社会の問題解決法を探ろうというものでした。
フェイスブックでは、そのような情報交換はザラにされていたので、
私も介護に関するフェイスブックのメンバーとして参加していました。
「介護基本情報」は介護の情報交換の場にできなかったので、
途中で「介護基本技術」に名前を変更しました。
ある事情で今は退会しましたが、当初の考えは甘いところもありましたが、
2025年問題などを抱える中、非常に重要なテーマです。
本当は時間と労力をかけて「介護基本技術」をもっとリニューアル
したいと考えています。
大幅にリメイクしたいのですが、なかなかできません。
今かけられる時間ではブログに定期的に記事を書くくらいです。
今日は、過用症候群についてです。
介護現場では過用症候群はあまり認識されていません。
まずは上田敏先生の文章から引用します。

クリニカル ナーシングガイド 17
リハビリテーション 上田 敏 編より、廃用症候群、過用症候群、誤用症候群をまとめました。

1 廃用症候群 寝かせっぱなしでもいけません。以下のような状態が起こります。
1)局所性廃用症候群 @拘縮 A廃用性筋委縮 B廃用性骨萎縮 C褥瘡
2)全身性廃用症候群 @起立性低血圧 A心肺機能低下 
B利尿、ナトリウム利尿―脱水、血液量減少  C腸管機能低下―便秘
3)精神性廃用症候群 @知的機能低下 A感情の鈍麻、周囲への無関心 Bうつ傾向

2 過用症候群
廃用症候群の危険性を強調しすぎると、何でもよいから動けばいいというスパルタ式の考えになり使い過ぎによる害を起こしやすい。
1)過用性筋力低下―可逆性(いったん低下した筋力が休息により回復するもの)
2)過用性損傷―不可逆性(休息しても回復しない)

3 誤用症候群
1)他動運動による関節損傷 例)麻痺した肩を動かしすぎると、肩手症候群になる。
2)異所性化骨 誤った訓練や介護で筋に慢性炎症を起こし、カルシュウムが沈着して、関節内が骨化し、 関節拘縮を起こす。
3)反張膝 麻痺しているのにもかかわらず無理やり歩かせると、膝が逆に反ってしまい、痛みを起こす。

健康増進ならば何をしても良いです。心身を鍛えようとして、空手をやってもらってもいいですし、合気道、ヨガ、気功、好みの物をやって上達する事により、人間は成長していきます。しかし、病気になると違います。骨関節疾患、各種の麻痺などの運動系の障害があると過剰な運動は危険になります。
変形性関節症、リウマチのある高齢者に過度な筋力強化をすると、痛みが起こり、炎症が起き悪化します。可動域はますます悪くなります。麻痺のある高齢者も同様です。麻痺が十分回復していないにもかかわらず、歩け歩けと言って歩かせると、骨関節疾患と同様に痛みが起こり、炎症が起るだけでなく痙性麻痺なら、筋緊張を強めてしまい共同運動パターン(麻痺側の下肢のぶん回し運動など)がひどくなります。
お年寄りは何らかのRSD(反射性交感神経性萎縮症)を患っています。爪が変形していたり、皮膚がやせていたり、表面が光沢になっていたり、筋がやせていたり、腫れがあったりします。その名の通り、反射性に交感神経の亢進がをいつまでも止まらないため、毛細血管の収縮が不安定になり、血流が末梢の組織にいきわたらす爪、皮膚、筋、腱、骨の萎縮をおこし、最後には変形治癒します。そうなるまで炎症が止まりません。そのような状態のまま運動するとRSDの進行を強めたり、回復を阻害します。心肺機能の低下している人も要注意です。その他、内蔵(肝臓、腎臓等)など、全身書状が悪化している高齢者に過負荷な運動をするとその症状は確実に悪化します。
介護現場でのお年寄りも慢性化した運動系の疾患を必ず伴っています。
お年寄りが楽しめるものは試していただいていいと思うのですが、やってみて悪くなるようであれば中止することが重要です。
RSDのところで述べたように、爪が変形していたり、皮膚がやせていたり、表面が光沢になっていたり、筋がやせていたり、腫れがあったりしたら、注意が必要です。
廃用症候群、過用症候群、誤用症候群は古くから知られていました。リハビリの教科書でも1980年代に多く書かれています。しかし、医療介護現場ではいまだに運動すればよくなるという考えがいまだにあり失敗しても、尚且つ、その方法を続けているという現状があります。
運動には副作用がないと思われがちですが上記のように運動量を病態により選択しないと重篤な副作用を起こしますが、知識のない人は自分は高齢者にしっかり運動させたのだから、悪くなるわけがないと疑うことをしません。自分の行った後には必ずその結果を確認してよかったか否か確認する必要があると思います。





ファン
検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。