広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年01月16日

子育て二年目突入

お久しぶりです。一年近くブログの更新をすることができませんでした。
決してサボっていたわけではなく、いろいろと忙しくて・・・ね!(爆)

息子も一歳になりました。
この一年ほn




・・・・と、以上の文章を書いている途中に息子がお昼寝から目覚めて途中でブログ更新ストップ(笑)
この間に約1ヶ月が経過し、下書き保存中でした!
なかなかブログが書けません!
なぜかブログを更新しようと思うと息子が何かしら絡んでくるので全く書くことができません!
ちょっと大げさに言っているようですがだいたい本当です!(?)



突然ですが最近の愛読書は「新・良妻賢母のすすめ」です。
もう家宝です。
すべての奥様方へプレゼントしたいくらいです。
だいぶ前に読んでいて、このブログに記事にしたこともありますが、
やはりこの本は本当に、本当に!夫婦の危機を救ってくれます。
最近子育てに夢中で夫をないがしろにしていた自分に気づくことができました。
あぶなかったです!
詳しくはまた後日・・・・(近日中に・・・・!)

まとまりのない内容で申し訳ございません。



スポンサードリンク






posted by 望美 at 20:24| Comment(0) | 幸福への道

2015年01月24日

子育て

息子誕生後、もうすぐ五ケ月となります。
最近は夜にまとめて眠ってくれるようになったので、本当に助かっています。
日中は元気いっぱいで、泣いたり笑ったりジタバタしたり、非常に楽しませてくれます。

生後三日でNICUに入った時のことが嘘のようです・・・。
こんなに元気になってくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


先日、市の四か月健康診断に行ってきました。
たくさんの同じ月齢の赤ちゃんがいましたが、息子が一番大きかったです。
気のせいではありません。
「・・・デカっ!」(他の赤ちゃんを見てから息子を見る時の感想)

・・・太っているのかなぁ?と、少し心配になりましたが、平均値内とのことなので一安心。
今息子のことで心配なことと言えば皮膚の荒れ(乾燥)くらいでしょうか。

主人も私も、息子に夢中の毎日です。
特に主人がこんなに子供にメロメロになってくれるとは予想していませんでした。
出産前は少し子供に対してクールな面があったと思うのですが。

今は、育児の合間を見て英語の勉強に取り組んでいます。
息子が眠っている時だけが自由時間なので、その隙に家事と勉強と自分のお風呂などを済ませます。

英語の勉強についてですが、
なんと、今が一番集中して頑張れています!!
子供が産まれたら勉強なんてできないかもしれないなぁ〜と、少しだけ不安になるときもありましたが、
貴重なすきま時間に、集中して勉強をするということが自分の性格にピッタリだったようです。
なかなか楽しいものです。

子育ても勉強も楽しむことができています。
けっこう辛いな、と思ったのは先月、本格的(?)な「乳腺炎」になってしまい、切開手術をした時でしょうか。
胸に膿が溜まってしまったのです・・・。

それはもう激痛でしたよ。・・・熱も39度くらいになって、もう痛くて痛くて早く手術してほしくて仕方がありませんでした。
手術は日帰りで、麻酔ありでしたが、・・・その後の処置がねぇ・・・・。
雑巾をしぼるかのようなマッサージで、切開箇所から膿を絞り出されました・・毎日毎日。
あれは出産の次くらいに痛かったなぁ・・・(涙)あまりの痛さに涙が出ました。 病院で泣いたのは生まれて初めてです。

とにかく、その頃が一番辛かったと思います(以前にもこんなことを書いた気が・・・)。
でも手術後に症状が落ち着いたら、もう気楽なものでしたよ。あ〜スッキリ!って感じです。
体が健康ならば、子育ては本当に楽しいものです。

やはり健康は、人として一番大事なものですね。
なによりも健康です。


スポンサードリンク




posted by 望美 at 19:41| Comment(0) | 幸福への道

2014年11月03日

出産しました

だいぶ記事を書くのが遅くなってしまいました。

9月上旬に無事、男の子を出産しました!

が、
実は生後三日目に息子はNICUに入ってしまいました。
なんと、新生児にもかかわらず39度近い熱が出てしまったからです。

産後3日目の時点で、NICUに入り、息子だけ設備の関係で別の病院へ転院しました。
私は息子のいる病院に通院するために、自分の入院を即座に切り上げて退院することを決めました。
なので、入院する予定だった残りあと三日分の産後の「研修」は、
猛スピードで看護師さんからの指導を受けることになりましたが、
なにしろその時は息子が心配で心配でほとんど頭に入っていかない状態だったと思います。

ほとんど何もわからないまま退院することになってしまいました。

母乳もまだ出なかったため、自力でなんとか出すようにしなければならなかったこともとても不安でした。
(搾乳機で無理矢理出したらなんとか順調に出るようになりました。)



通常、新生児の高熱(38度以上)は「ありえない」とされているらしく、
そうなってしまった場合、何らかの感染症か、他のあまり良くない病気の可能性があるようです。

結果、おそらく院内での何らかの感染症だったのだろうと思われます。
「おそらく」という単語が何度もお医者様より聞かされました。

約二週間の入院後、無事に退院となり、ほっとしました。
今ではもうすっかり健康で元気な、食欲旺盛な子に成長しています(笑)

本当に息子の入院中は、産後の疲れも気にしていられないくらい慌ただしかったです。
毎日毎日、片道1時間半かけて息子に会いに行っていました。
(出産した病院とは別の病院に転院となってしまったため、遠方になりました)


母乳が出始めましたが、飲ませる相手(息子)がいないために飲ませられず、
私自身も39度近くの熱が出て、乳腺炎のようなものになったりもしました。
(搾乳機で母乳を絞っていましたが、やはり実際に飲ませるものとは違うみたいですね。)
母乳外来でマッサージを受け、なんとか改善しましたが、
乳腺炎になりやすい体質みたいで、実は今までに数回、くりかえしています・・・。

疲れていても、産後の傷が痛くても、骨盤がガタガタ(そんな気がしました)していても、
息子に会いに行っていました。

正直、本当に体が悲鳴を上げているのがわかりました。
こんなにしんどい期間はなかったかもしれません。




順番が逆かもしれませんが出産の話をしたいと思います。

やはり痛かったです。

個人的に「冷静に」産もうとしていましたが(苦笑)
無理でした!!
あんなに叫んだのは生まれて初めてです。
あんなに絶叫することができるなんて、自分自身に驚いています。
本当に痛いと悲鳴って出ちゃうんですね・・・。
獣のように叫び声をあげていたので、
さぞかし病院内に響き渡っていたのではないかと思われます・・・・。



↓個人的に、出産の痛みを例えると(ピーク時)、 ※痛い表現が苦手な方は読まないでくださいね。↓




約30秒間隔で、電車にお腹を轢かれているような痛み!!!! です!!

「来る・・・・!!また次も来る!!来た!来た来た来たー!!ぎゃぁぁぁああああああ〜っっ!!!!」

・・・みたいな感じでした・・・・・。


「こんなに痛いなんて!!これは世の中のあらゆる痛みの中でも絶対に1番痛い!!」
と思ったものでしたが、・・・やはり出産の痛みは、しばらくすると忘れてしまうものですね(苦笑)



今、となりで息子がすやすやと眠っています。

あ〜かわいい(爆笑)

あの息子の突然の病気があったおかげで、今、本当に幸せをかみしめることができています。
いろいろなことを考えたし、いろいろな感情が渦巻きました。
いろんな人に迷惑をかけただろうし、心配もかけてしまいました。
本当に大変でした。

でも今は本当に幸せだと思えます。
夜泣きと授乳などで、毎日睡眠不足ですが、それすらも嬉しいんです。

でも育児はこれからがもっともっと大変なんでしょうね。
しかし、頑張りたいと思っています。

・・・育児ブログを始めたくなってしまいました(笑)


スポンサードリンク








posted by 望美 at 18:28| Comment(0) | 幸福への道
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
最高の教養 by パネライ スーパーコピー (10/31)
最高の教養 by 時計コピー (10/21)
最高の教養 by スーパーコピーブランド専門店 (09/19)
個人的なこと@ by 望美 (05/12)
個人的なこと@ by ふー (03/11)
個人的なこと@ by 望美 (02/23)
個人的なこと@ by ふー (02/12)
プロフィール
望美さんの画像
望美
主婦です。2014年9月に男の子を出産しました。大人として、親としての品格と教養を身につけたいです。
ブログ
プロフィール
クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。