プロフィール

ν賢狼ホロν
「嫌なことなんて、楽しいことでぶっ飛ばそう♪」がもっとうのホロです。
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
最新記事
カテゴリ
リンク集
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://fanblogs.jp/adawognbio5/index1_0.rdf
<< 2008年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2008年12月31日
1日1曲 良サントラ【高音質】 011番 「ワイリーステージ前半戦」
休みが多かったので、今日は2曲UP。
曲は、ロックマン2「ワイリーステージ前半戦」
いわゆる、おっくせんまんです。
何がはやるか分からない時代ですねwww
確かに良い曲です。


2008年12月31日
1日1曲 良サントラ【高音質】 010番 「Kowloon theme」
久々に良サントラいってみよー!

曲は、九龍妖魔學園紀「Kowloon theme」です。
オープニングの時に流れる曲です。
とにかく燃えます!
戦闘曲と名前違うのですけど、かなり似てるw


2008年12月31日
更新とお知らせ
更新とお知らせ



○ 『ダーククロス』 設定 に、
淫機人 ミク ・ フィーナを追加しました。


○ 『ダーククロス』 設定 に、
淫魔竜 梨花 ・ 淫魔(親衛軍 ) 射命丸を追加しました。


○ リンクに、キツネスキー様&ジャック様の「同人と海」を追加しました。
http://jackkirisaki.blog97.fc2.com/
煉獄歯車の主様です。
RPGツクールで悪堕ちのRPGを製作中のようです。
ぜひご覧ください。

2008年12月31日
淫機人 ミク ・ フィーナ
注意! この画像と文章には官能的表現が含まれております。
(ご覧になる方は、自己判断でお願いします。)


私的に考察した設定をいれてみました。
(セイバーズ&ダーククロスまとめwikiで書かれているように、もうひとつの設定です。)




「ミク」 淫機人前(戦闘員)
電脳空間で一躍有名なボーカロイド。
そのポップとキュートな声で、人間達に歌の素晴らしさを広めた。
その声の魅力に目を付けたコスモスは、すぐさま電脳世界へと降りる。
もちろん歌声で抵抗したミクだが、ロボットであるコスモスに通用するわけもなく、
淫気に飲まれ、そのまま魔因子を送り込まれる。

登場作品「VOCALOID2 初音ミク」



「ミク」 淫機人後

そのあと戦闘員化したミクは、ダーククロスの偉大さを学び、自分から淫怪人になりたいと宣告。
もちろん断る理由はないコスモスは、そのまま魔淫卵を送り込んだ。
淫機人となったミクは、魔因子を含んだその声で、人間達を戦闘員に変えることが出来る。






「フィーナ」 淫機人前
月の王国「スフィア王国」の王女。
王女としてふさわしいだけの才能の持ち主であるが努力家、責任感が強く真っ直ぐな性格である。
地球にいる達哉の家にホームステイしていたところ、今回の事件に巻き込まれる。

登場作品「夜明け前より瑠璃色な」




「フィーナ」 淫機人後
街にやってきた淫機械軍に、住民と一緒に飲まれるように淫機人へと堕ちていく。
能力的には普通の淫機人と変わりはなく、
ダークサタンも、フィーナが月の王国の王女であることは後から知った。



大きいサイズ http://www1.axfc.net/uploader/He/so/176405
PW akuoti

2008年12月30日
淫魔竜 梨花 ・ 淫魔(親衛軍 ) 射命丸 


注意! この画像と文章には官能的表現が含まれております。
(ご覧になる方は、自己判断でお願いします。)


私的に考察した設定をいれてみました。
(セイバーズ&ダーククロスまとめwikiで書かれているように、もうひとつの設定です。)





「梨花」 淫魔竜前
圭一の下級生で古手神社の一人娘。
「オヤシロさま」の生まれ変わりだと言われており、昭和58年を何度も転生している。
羽入のおかげで、もっとも早くダーククロスの存在に気付くことができるが・・・

登場作品「ひぐらしのなく頃に」



「梨花」 淫魔竜後
ダークサタンの存在に気付いた梨花だったが、今までにない人外の出現に、
打つ手はなかった。
そして淫怪人となったレナの罠にはまり、魔因子と魔精を送り込まれる。
淫怪人となった梨花は、自分の可愛らしい振る舞いを生かして部活メンバーを骨抜きしていった。






「射命丸」 淫魔前(親衛軍 )

幻想郷にいる鴉天狗。 
「文々。新聞(ぶんぶんまるしんぶん)」という名の新聞を執筆しており、新聞記者である。
今日もネタを探しに飛び回っていたところ、ダーククロスのうわさを聞き、記事を書いたところまでは良かったが・・・

登場作品「東方プロジェクト」



「射命丸」 淫魔後(親衛軍 )
ダーククロスを嗅ぎ回っている者がいるとばれた射命丸は、すぐにに捕まってしまう。
捕まった射命丸は、ダークサタン直々に魔因子と魔精を送り込まれる。
このあと天狗の里が、ダーククロスの拠点になったことは言うまでもない。



大きいサイズ http://www1.axfc.net/uploader/He/so/176244
PW akuoti

2008年12月29日
今日の更新

今日の更新 



○ 『ダーククロス』 設定 に、
セーラー戦士(戦闘員)⇒イビルムーンを追加しました。

○『ダーククロス』 設定 に、
淫水魔 月海 ・ 一般人⇒戦闘員を追加しました。

○SS『天装勇者セイバーエンジェル』に、
『闇の狭間の淫略〜淫水魔月海』を追加しました。


2008年12月29日
『闇の狭間の淫略〜淫水魔月海』 Part1
ワーイッ♪ヘ(^ω^ヘ)(ノ^ω^)ノワーイッ♪ いなづまこと様の第3作目です。
いなづまこと様、本当にありがとうございます!
それではどうぞ♪

注意! この文章には官能的表現が含まれております。
(ご覧になる方は、自己判断でお願いします。)



『闇の狭間の淫略〜淫水魔月海』

いなづまこと様作


「全く…、最強のセキレイたる吾が何故まっ昼間っからこのような真似を……」
まだ太陽が中天にある午後三時過ぎ、月海(つきうみ)は両手にぱんぱんに膨らんだ買い物かごをぶら下げて、ぶつぶつと文句を言いながら出雲荘へ続く道を歩いていた。

彼女は今新東帝都内で行われている『鶺鴒計画』という不条理なゲームの中心にいる108羽のセキレイの内の一羽だ。鶺鴒計画とは、その108羽のセキレイが互いに戦いを繰り広げ、最終的に一羽のセキレイが残るまで続けるということ以外、全容が知られていないものである。
そして、月海は多種多様な能力を持つセキレイの中で飛びぬけた力を持つセキレイの一羽だった。
No.09というシングルナンバーを持つ月海は、セキレイの持つ真の力に目覚めてなかった時でも並のセキレイなら容易く返り討ちに出来るほどの戦闘能力を発揮でき、真の力に目覚めた今は止められるセキレイのほうを探すことが困難なほどの力を身につけていた。

ただ、この『真の力』に目覚めるというのが少々厄介なもので……
セキレイには、必ず『葦牙(あしかび)』と呼ばれる自身と感応する力を持つ人間の『つがい』が存在し、葦牙を見つけつがいになることでセキレイは自身の持つ真の力に目覚めることが出来るのである。
月海はこの葦牙の存在を異様に嫌っていた。自分よりはるかに力の劣る人間と組むなど真っ平御免だったし、葦牙とつがいになることで自身が穢されるものという思いが月海にはあった。
だから、もし自分と感応する葦牙が現れたら契りを結ぶ前に抹殺してやると心に誓っていたのだ。
しかし、その決意は実際に目の前に現れた葦牙を見て霧消してしまう。
彼女の目の前に現れた葦牙、佐橋皆人(さはしみなと)の優しさに触れた月海の心からは、それまで凝り固まっていた葦牙への嫌悪感は容易く溶け落ち、目の前の冴えない男への抑えようのない熱い想いで満たされていった。
そしてそのまま月海は皆人を受け入れ、彼のつがいのセキレイとして『羽化』することになった。
まあ、この光景は現在の新東帝都ではよく見られる光景であった。なにしろ108羽もセキレイはいるのだ。100通り以上の出会いがあるのである。
ただ、皆人は普通の葦牙ではなかった。
皆人の下にはすでに自らの手で羽化させたセキレイがいたのだ。それも三羽も。
No.88『結(むすび)』、No.108『草野(くさの)』、そしてNo.02『松(まつ)』。
皆人は複数のセキレイを羽化させることのできる特殊な葦牙だったのだ。
これが月海には面白くない。自らが命を賭け、守るべきたった一人の葦牙。今まで散々嫌っていた葦牙に対する嫌悪が消え、自らが伴侶となるに相応しい葦牙と一つになったと思いきや、その葦牙には自分と想いを同じくするセキレイが三羽もついていたのだ。
その中でも、結は最初に皆人の手で羽化されたからかやたらと皆人にくっついているように月海には見えていた。
自分こそ皆人のたった一人の『妻』であり、他のセキレイなど妾、二号、その他大勢と考えている月海としては、結にだけは負ける訳にはいかなかった。
それからというもの掃除にお買い物に、結と月海はなにかにつけ互いに張り合い皆人争奪戦を繰り返していた。早く終わったものが皆人の横で食事を受ける権利をえるという出雲荘管理人・美哉の策略(笑)に踊らされているだけという見かたもあるのだが。

だが、今日は月海一人だけが買い物に駆り出されていた。なんでも結が所要で出かけており月海しか手が開いていないそうなのだ。
面倒くさいと渋る月海だったが、食事の優先権を与えるという美哉の甘言にあっさりと陥落し、こうして暑い昼下がりに重い荷物を持って歩いているのであった。
「…まあ、夕餉に皆人の横で共に食事を出来ると思えばこんな苦労も厭いはせぬがな…」
想い人の横で食事を取る…。ほんの少しの前までは想像もしなかった出来事がこれほどにも喜ばしいこととは月海は予想もしなかった。
丸くなった、とは思いたくない。自分は『人を想う』という心を知り、より強い存在へと昇華できたのだ。誰かを想い、守るためにこの力を振るう。ただ己のためだけに振るってきた時よりなんと重く、芯が通ったことだろうか。
「ミナト…、吾は汝と共に必ず最後まで勝ち抜き、汝を嵩天へと導いてくれようぞ……」
両手を買い物かごで塞がれていたので、月海は心の中でガッツポーズをとりながら秘めたる決意を新たにしていた。
「でも、とりあえずは今宵の夕餉だな。すまぬな結、今日は吾の不戦勝だ」
結が羨ましそうに見つめる中、見せ付けるようにベタベタしてやろう。
月海は晴れ晴れとした気分で、家路を進んでいった。

2008年12月29日
『闇の狭間の淫略〜淫水魔月海』 Part2
「?なんだ、これは…」
出雲荘にたどり着いた時、月海は妙な寒気に襲われた。
別に風邪をひいたとかそういう類ではない。出雲荘の中から漂ってくる空気が妙に寒々しいのだ。
まるで異界と繋がっているような、そんな非現実的な考えすら浮かんできてしまう。
「なにか…、あったのか?」
もしかしたら、他のセキレイが出雲荘の中に侵入し待ち構えているのかもしれない。
月海はあたりを警戒しながら、出雲荘の玄関のドアまで歩み寄った。
「………」
このドアを開けたら、中から奇襲攻撃…。充分にありうる。
月海がそっとドアノブに手をかけた時

「あら月海さん、おかえりなさいませ」

月海の背後から唐突に声が聞こえてきた。
「どわあああぁぁっ!!」
緊張の只中にいた月海は、思わず情けない悲鳴をあげながら慌てて後ろを振り返った。
そこには、出雲荘の管理人であり月海を買い物に生かせた張本人の美哉が箒を持ったまま立っていた。
「お、大家殿!驚愕させないでいただきたい!!心臓に悪いではないか!!」
「あらあら、私そんなつもりは全然無かったのですけど……」
悲鳴を上げた恥ずかしさと背後の美哉に全く気づかなかった情けなさで顔を真っ赤にしている月海に、美哉は口元を手で隠しながらきょとんとしていた。
「まあ…、考えてみれば大家殿がいる限り出雲荘にセキレイが侵入できるはずもないか…少し勘が鈍ったのやもしれぬな…」
この美哉、一見おっとりしていてひ弱そうに見えるが、実は月海ですら敵わないほどの戦闘能力を持っている恐怖の管理人さんなのだ。そんな彼女がいる限り、出雲荘へ不法侵入できるセキレイなどいるべくもないし、なにかがおこるはずもない。
「いやすまなかった大家殿。吾が少し思い違いをしていたようだ。
あ、これは頼まれた買い物だ。台所のほうへ置いておくのでな…」
「うふふ、月海さんご苦労様でした。それでは約束どおり、お夕食の時に佐橋さんと食べる権利は月海さんのものにいたしますね」
「うむ!それがあるからこそ吾も買い物に行く意義があったというものだ!!」
美哉から確約を得て、月海は意気揚揚と台所のほうへと消えていった。
それを見ながら、美哉は口を袖で隠しながらクスリと微笑んだ。
「ふふ…。夕食まで待つこともありませんけどね。
すぐに与えて差し上げますわ。月海さんにも『佐橋さんを食べる権利』をね……」
袖の上に見える瞳は、いつも優しげな美哉とは思えない邪な光を放っていた。


月海が台所へと向う道の途中、ふと眼に入ったものがあった。
風呂場の電気がついていたのだ。
「誰だこんな昼間から…。人が暑い中買い物をしてきたというのに……」
出雲荘には各部屋に風呂はついておらず一階の風呂場を全員が使っている。基本的に湯を沸かすのは管理人の美哉なのだが、許可を得れば誰でも好きな時に沸かしてはいることが出来る。
だから別に昼間でも入っていて構わないのだが、自分が汗をかきながら仕事をしてきた一方で誰かが優雅に湯船に浸かっていたと考えるのは決して気持ちのいいものではない。
ぶつくさ言いながら月海は荷物を台所へ置き、自室がある二階の階段へと急いで上っていった。
家を出るとき、美哉から歩いて帰ってくればその頃には皆人も戻ってきているだろうと聞かされていたので、月海は部屋にいる皆人に今すぐにでも会いたかったのだ。

「つーちゃん、おかえりなさい…」
「あ、おかえりです月海たん」

だが月海がドアを開けると、部屋の中には同居している草野と松しかいなかった。
「…なんだ、ミナトはまだ戻っていないのか……」
当てが外れ、月海はがっくりと肩を落とした。これでは急いで上がってきた意味もない。
「あれ、見てなかったですか?みなたんはもう帰ってきてますよ」
「なんじゃと?しかし、外にはいなかったようだが……」
「何言ってるですか。みなたんは今お風呂に入ってるのですよ」
そう言いながら、松はニンマリと微笑んだ。
「風呂?!ミナトは風呂に入っているというか!」
風呂という単語に月海はビコン!と反応した。このところ皆人は月海たちが一緒に入ろうと誘えばいつの間にやら姿をくらまし、自分が風呂に入るときは風呂場の鍵をかけてしまうので、月海は一緒に風呂に入れないことをずっと不満に想っていたのだ。
「よし…!今日という今日はミナトと共に湯船へと浸かってくれるわ!覚悟いたせ!!」
こんな昼間から皆人が風呂に入るのはかなり珍しいことだが、月海や結の裏をかいたと考えればまあ納得がいくことであろう。
「ふっふっふ…そうはいかんぞミナトめ。汝の背中、吾がゆっくりたっぷりと洗いぬいてやろうぞ…」
凄みを利かせた笑顔を浮かべ、両手をわきわきとさせるその姿はどう贔屓目に見ても獲物を前にして狩りの期待に心躍らせる肉食獣のそれだ。
「わぁみなたんの命は今まさに風前の灯ですね〜〜。でも、お風呂場の鍵がかかっていたらどうす
るんですかぁ?」
「決まっておろう!結がいないこの機会を見逃せるものではない!!
有無を言わさず破壊して、無理やりにでも押し入るまで!」
確かに、結が出かけている以上これは皆人を独占するまたとない機会だ。まあ厳密に言えばここにいる松も草野もライバルと言えるのだが、皆人が風呂に入っているのを知っているのにここに留まっているならば、とりあえず員数外といえるだろう。
「で、無理やり押し入ってそのままコマしちゃうですか?確かに既成事実を作ることが出来れば、結たんとのみなたん争奪戦では圧倒的優位に立ちますからねぇ〜〜〜」
「な、なぁ?!」
松がニヤケ笑いを浮かべながら放ったあまりにも下に走りすぎた表現に、月海の顔は一気にボッと赤く染まった。
「バ、バ、バ!馬鹿者!!そ、そんな下衆な物言いをするでない!
わ、わ、吾とミナトがそ、そそそのようななことをぉ……」
普段それなりに破廉恥な服装をしている割には、月海はそっちの話題にあまり耐性がない。松の言葉で皆人との『そのようなこと』が脳裏に浮かんできているのか、月海の顔のあちこちから蒸気が噴き出てきているように見える。
「と、とにかく!吾は今から風呂に入る!松!草野!決して後を追うでないぞ!!」
まだ顔から蒸気を蒸気を噴出したまま、月海は押入れから洗面用具一式を取り出すとそそくさと部屋を後にしていった。
「はいは〜い、いってらっしゃい月海たん〜〜〜」
後ろで松が手をひらひらさせて見送っていたが、それに月海が気づくことはなかった。
「あ〜あ、行ってしまいましたね月海たん。どうなりますかね〜、ねえ草野たん」
松はくすくすと笑いながら部屋の隅でじっとしている草野に話し掛けた。
「うん…。つーちゃんも、きっととっても……きもちよくなると…思うの」
松に微笑み返した草野の顔には、子供には絶対に作れない淫蕩な笑みが張り付いていた。

2008年12月29日
『闇の狭間の淫略〜淫水魔月海』 Part3
月海は電気が灯る風呂場の前に立っていた。
(う……、ど、どうしてこうも胸が高鳴るのじゃ……)
先ほどの松の猥語のイメージが残っているからだろうか、どうも変な緊張感が体を縛っている。
「ま、まあまずはこの戸をぶち開けて……」
どうせ鍵がかかっているとみた月海は、引き戸の取っ手を力いっぱい握り締め、鍵を引きちぎりながらこじ開けようと試みて

ガラガラガラッ!!

「どぅわ!」
あっさり開いた戸に引っ張られ、思い切りずっこけた。
皆人がかけ忘れたのかどうかは知らないが、風呂場の鍵はかかってはいなかった。
「な、なんじゃ…鍵は、かかっていなかったのか……」
周りに誰もいなかったことで無様な姿を見られなかったことに月海はまずはほっとし、その次には顔を少しだけ緩ませた。
「これはつまり……、ミナトは吾と共に風呂に入ることを承認したと、言うことじゃな!」
少しばかり都合がよすぎる解釈だが、月海は自信満々にそう確信した。
そうと決まったら善は急げ。月海はぽんぽんと着ているものを脱いで腰にバスタオルを巻くと、風呂場へ続くガラス扉のほうへと進んだ。
湯煙で曇ったガラス扉からは中は見えないが、サッシの隙間からは風呂場から甘い不思議な香りが漂ってきている。
「なんだこれは…?大家殿が入浴剤でも使ったのか?」
今まで出雲荘の風呂で入浴剤が使われたことはない。が、自分が来る前のことは知らないのでそんな日もあるのだろうと月海は考えた。
「まあそんなことは構わぬ。さ、ミナト。吾が汝の背中を流してやるぞ。光栄に思うがい…」
いざ進まんと月海がサッシに手を掛けると…

ガチャガチャ…

そこには鍵がかかっていた。
「な?!」
ここまで来て侵入拒否だと?!せっかくの好機だというのに!せっかく期待満面でいたというのに!
この行為に、さすがに月海の頭に血が上ってきた。
「ふざけるなミナト!汝はそこまで甲斐性なしなのか!観念して鍵を開けい!もはやそこからは逃げ
られぬのだぞ!!」
まるで立てこもり犯人に対する説得のような物言いで、月海はサッシをバンバンと叩いた。が、中から皆人の声は聞こえてこない。そのかわり……

「ン…、ンァッ!、そこ…そこいいです……」

風呂の壁に反響した、結の悩ましい声が返ってきた。
「なぬ?!」
結の声が聞こえ、月海は面食らった。確か結は外に出かけており、まだ出雲荘へは帰ってきていないはず。なのに、なぜ風呂場から結の声が聞こえるのだ?!
「結?!結なのか?!お主、いつの間に帰ってきていた……」

「ああんっ!皆人さん!そこ、そこ気持ちいいです〜〜〜〜!」

「な??!!」
次に聞こえてきた結の嬌声に、今度こそ月海は心底面食らった。
今の声から想像するに、風呂の中には皆人と結が一緒にいる。先ほど美哉と草野と松に会っているから、風呂の中には皆人と結しかいない。
そして、この二人はおそらく、情交に及んでいる………
「そ、そんなこと……二人で、睦み事を営む、だと……」
抜け駆けをしようと試みた月海だったが、逆に完全に結に抜け駆けをされた形になっていた。
「ゆ、ゆ、ゆ……」
月海の心にメラメラと嫉妬と羨望と怒りの炎が燃え広がってくる。
「許さんぞ結!!吾を出し抜いてミナトと繋がりを持とうとは言語道断!!
ミナト、汝も同罪じゃ!!浮気をした罪、七度死んでも許されぬと思えっ!!」
鍵が開かぬサッシに業を煮やした月海は、強行突破という暴挙に出た。
すなわち、脚で蹴破るということである。

バッシャァーン!

セキレイの持つ力で蹴られたサッシは到底耐えることは出来ず一瞬にして粉々になった。
そして、蹴破られたところから中に漂う湯気と甘い香気が月海のほうへザッと流れてきた。
「むぐっ!」
その香りの強さに一瞬月海は顔をしかめた。これはとても入浴剤といった類の香りではない。ここまで香りが強いと清涼感どころか胸焼けを起こしかねないからだ。
が、今の月海にそんなことは関係ない。ミナトと結に一発ブチかましてやらなければ気が済みそうにないからだ。
「こ、こらぁっ…!ミナト!結!!」
頭がくらくらしてきそうな芳香と湯気の中…、皆人と結は浴槽の手前でひとつになっていた。
「あん、あん!!皆人さん、凄いですぅ〜〜!!」
結のほうは腹ばいになって腰をあげ、挿されるごとにだらしなく顔を崩し快楽の叫びをあげており
「はあっ!はあっ、はぁっ!!」
皆人のほうはそんな結に血走った目を向けながら腰を掴み、獣のような声を上げながら抽送を繰り返していた。
ぱんっ、ぱんっと腰と腰がぶつかりあう音。その都度簀の子に飛び散る汗と淫水。尽きない嬌声…
「あ、あ、あ…」
月海の顔が真っ赤になると同時にわなわなと震えてくる。目の前で繰り広げられる情交に対し、腹立たしさとともに恥ずかしさも込み上げてきているのだ。
自分が皆人とこうなることを想像していなかったわけではない。こうしたことに関する知識も一応は頭にとどめておいたつもりだ。
しかし、いざ現実にこうして見せられるとその生々しさといやらしさは知識だけで持っていたものとは全く異なるリアルを月海の頭に叩き込んできた。
「………」
月海は暫くの間言葉を発することもそれまでめらめらと燃えていた怒りも忘れ、皆人と結の交わいをじっと眺めていた。それほど目の前に広がっていた光景は衝撃的なものだったのだ。
(な、なんだ……、あの二人を見ていたら、わ、吾も体が、熱く……)
湯気にのぼせたのか、二人の淫気にのぼせたのか、月海の体も次第に熱く火照り始めた。巻いているバスタオルが熱を篭らせ鬱陶しくなったのでぽいと投げ捨て、月海は潤んだ目を二人に向けたまま腰を落として腰下を弄り始めた。
「う…っ、あ、熱い……。こんな…吾が、こうも昂ぶるとは……」
月海は皆人と結のセックスをオカズにしながら、自らの股間を慰め続けていた。なぜか、風呂に入る前にあった二人への怒気は消え失せてしまっていた。
それからも月海は時折うわ言のように小声で呟きながらオナニーに没頭していた。
だから、結がふとした拍子に月海のほうを見たことで、初めて結は風呂場に月海が入ってきたことを知ったのだった。
「あ、あ…月海さぁん……。月海さんも入ってきたん、ですかぁ……」
「あ、ああ……」
月海はおもわずこく、と頷いてしまった。
「うふふ…、月海さぁん……。皆人さんと交わうの、とっても気持ちいいんですよぉ……
帰ってきて松さんたちから、皆人さんがあんっ!お、お風呂に入っているって聞かされて!お背中をお流ししようと入ったらんっ!なんか、とってもいやらしい気持ちになって…っ!
そのまま、皆人さんとっ!交わい続けて……、あんんっ!」
結は心底気持ちよさそうに顔を蕩かせ皆人の動きに身を任せている。それを見て、月海の心に別の欲求が芽生え始めていた。
(わ、私も……ミナトと交わいたい…!結ばかりミナトを独占して……)
皆人の肉棒を独占する結に対する羨望と嫉妬が入り混じった思い。その思いは、それまで淫に爛れていた月海の心に黒い炎を灯していた。
(独占して……独占?!ミナトを、結が独占している?!)
そして、偶然だがその思いが風呂場に入る前の怒りの感情を再び思い起こさせることになった。
「む……結!!貴様、吾になんの断りもなしにミナトと情交に及びおってぇ!!
事と次第によらなくても、ただで済むとは思うまいな!!」
それまで情欲に潤んでいた月海の眼は、今は怒りにより真っ赤に燃え上がっている。
「吾を謀ってまでして、そこまでミナトを独占したいのか、貴様は!!」
今にも結の首根っこを捻じ切りそうな殺気を向けている月海に対し、結はいまだにへらへらとだらしない笑みを浮かべながらとろんとしている。
「えぇ…?そんなこと、ありませんよぉ……。私、皆人さんを自分だけのものにしようなんて気は全然ないんですから……
皆人さんのおちんぽさんは、みんなのものじゃないですかぁ…
なんでしたら、月海さんも皆人さんに挿されてもらいましょうよぉ……
すっごく、すっごく気持ちいいですから……」
「なっ?!」
皆人に挿される。その言葉で月海はカァッと顔を赤く染めたがそれくらいでは怒りは収まらない。
「ざ、戯言抜かすな!ミナトをその手にしているから余裕を持ちおって!
やはり貴様などにミナトはやれぬ!ミナトは吾のものじゃ!!」
「だからぁ…、私は皆人さんを手に入れようなんて思っていません……
私は皆人さんより、もっともっとずっと大事な人がいるのですから………」
結の言動が次第におかしくなってきている。セキレイの結の葦牙である皆人をまるでいらないと言っているような言葉づかいは、どう考えてもありえない。
だが、頭に血が上った月海にはそれに気づくことはない。
「皆人さんは、とっても気持ちのいいハメ棒……。みんなを気持ちよくさせる淫隷人……」
「訳のわからぬことを抜かすでないわーっ!!」
月海がもう我慢できないとばかりに、結に向って渾身の拳骨を振るおうと振りかぶったその時
「あら、出雲荘で暴力沙汰は許しませんって言いましたわよね」
いつの間に風呂場に入ってきたのか、美哉が月海の腕をしっかと握り締めていた。
「な?!お、大家殿!!」
「ダメですよ月海さん。女の人がそう簡単に暴力をふるっては」
美哉は笑みを絶やさぬまま月海の手を掴み続けている。その膂力は凄く、月海が渾身の力をこめてもまるで外れはしない。
「で、では大家殿!あの二人はどうなのじゃ!
ふ、不順異性交遊は確か出雲荘では禁じられているのではなかったのか?!」
確かに以前、美哉はそんなことを言っていた気がする。それに照らし合わせれば今目の前で乳繰り合っている皆人と結は思い切りその条項に抵触しているはずだ。が、
「ええそうです。でも、あの皆人さんと結さんの行為は問題はないのです」
美哉は、なぜか二人の情交を容認してしまった。
「な、なぜじゃ!!あれはどう見てもダメであろう!な、大家殿!」
まさか否定されるとは思わなかった月海は焦りながら美哉に同意を求めたが、美哉は意にも介さない。
「ダメではありません。あれは不順異性交遊ではなく、神聖な儀式なのですから…」
「ぎ、儀式……じゃと……?!」
裸で抱き合い、肉欲を交し合うことの何が神聖な行為なのか、月海には訳がわからなかった。
「そう。体の中に魔因子を注ぎ込み、ダーククロスの忠実な下僕にするための大事な儀式…」
そう言い放った美哉の顔が、微笑みを貼り付けたままどんどん邪悪に染まってきている。
「だ、だーく、くろす……?」
「そうです。この世に顕現なさったすべての世界を統べるお方、ダークサタン様が率いる組織ダー
ククロス。みなさんはそのダーククロスの一員として選ばれる栄誉を手にしたのですよ」
「??」
要領を得ない美哉の言葉に、月海は頭を捻った。
「大家殿?大家殿は一体何を言いたいのじゃ?!」
「ふふ…。つまり、こういうことですよ」

2008年12月29日
『闇の狭間の淫略〜淫水魔月海』 Part4
ニィッと笑った美哉の肌の色が、見る見るうちに変化していく。あまり日に焼けておらず白みがかっていた肌は毒々しい紫色に変わり、来ていた和服をビリビリと裂いて背中から黒い翼が生えてきた。
瞳は暗い金色に輝き、月海の腕を掴む手には鋭い爪が伸びて月海の肌を少し傷つけた。
「大家殿?!」
あっという間に美哉は、人外の化物へと変貌してしまった。
「クク…、どうですか月海さん。先ほど、私の前にダーククロスからの御使いが御姿を表し、この私を淫怪人に生まれ変わらせていただいたのです。
そのとき、浅間美哉というものはこの世から消え失せ、淫鬼姫・美哉として新たな、そして素晴らしい命を得たのですよ。そして…」
淫鬼姫・美哉はそこで皆人をちらと一瞥し
「この体で、佐橋さんにこの世の天国を見せてあげ……、佐橋さんをとっても淫らな淫隷人に転生させてあげたのです。
今の佐橋さんは、女の体を求めてやまず手当たり次第に種を蒔くことしか考えられない射精機械。
どうですか?とっても可愛いと思いませんか…?」
「バカな……」
結の体をひたすら求め、がんがんに犯す皆人のどこが可愛いというのか。しかも、自分の意思ではなくそうするように仕向けられた状態で。
「大家殿……、大家殿がミナトをあんな状態に……。許せぬ!」
月海は激情の赴くまま、自由になっている左手で水気を集め始めた。
月海は水を操る力を持つセキレイだ。そして風呂場にはほぼ無尽蔵に水がある。
「あらあら?出雲荘で暴力沙汰はいけませんって言ってましたよね?」
「黙れ!大家殿、お覚悟を………?!」
今にも美哉に水気をぶつけようとした時、突然月海の体から力が抜け軽い眩暈を感じた月海は腕を掴まれたままかくんと膝をついてしまった。
「な、なんじゃ……。体から力が、ぬけ……アウッ!」
全身を倦怠感に包まれた月海の体の奥で、何かがドクンと弾ける音がした。鼓動が急速に高鳴り始め、頭の芯がボーッと霞むような感覚がしてくる。
「フフフ…、先ほど月海さんはお二人の性交を見て体が昂ぶっていましたよね?あれって、お二人の熱に当てられただけじゃないんですよ……」
そう言いながら美哉は、懐からピンク色の液体が入った小瓶を取り出してきた。
「これは私を淫怪人にしてくださったアティ様から戴いたもので、淫怪人の淫力を数百倍に濃縮して液状にしたものなのです。
これをお湯に数滴垂らすだけで、お湯や湯気に淫力がたっぷりと含まれて人間やセキレイをたちまちのうちに性の虜に変えてくれるんですよ。
これのおかげで、佐橋さんも結さんも月海さんもあっというまに体が火照って肉欲を求めるようになったのですよ」
つまり、昼間なのにお風呂が沸いていたこと自体、美哉が作り出したトラップだったのだ。
「ほらほら、もう体が疼いてたまらないのでしょう?遠慮せずに自慰をなさり、その後で佐橋さんに挿してもらいなさいな。
佐橋さんの精液には、ダーククロスの魔因子がたっぷりと含まれていて、射精されるだけでダーククロスの忠実な下僕になることが出来るんですよ。それに……」
美哉は腰が抜けたようになっている月海を置いて二人に近づき、結の体を掴むと無理やり皆人から抜き出した。
「あっ…、美哉様…。もっと、もっと皆人さんと交わらせてください…。皆人さんのおちんぽください…。私、もっと気持ちよくなりたいんですよぉ……」
「安心してください。佐橋さんのものよりもっといいものを差し上げますよ」
執拗に皆人を求める結に美哉はニィッと笑うと、結を仰向けに寝かすと皆人の精液がだらだらと零れ落ちる股間へ顔を近づけていった。
「フフフ……、むぐっ!」
結の股間をじっと見ていた美哉の息が突然詰まり、喉の奥からごぼごぼという音と共にズルズルッとピンクとも紫ともいえぬ色をした醜悪な触手が姿を表した。
「これは、私の体を通して顕現なさったダークサタン様の体の一部。これで、結さんの子宮にたっぷりと、魔精を注入して差し上げます」
ブチュウゥと奥から溢れる精液を押し出して、美哉の触手が結の中へと埋められていく。
「あっ!ああっ!!す、すごく気持ちいい!皆人さんのおちんぽより、もっと気持ちいい!!」
美哉の触手を悦んで受け入れる結の瞳からは、すでに光は失われていた。
「あぁ……、むすびぃ……」
官能で脳が惑乱する中、月海は結が後戻りの出来ない道を進んでいることを感じたとえようのない絶望感に囚われていた。
「月海さん、すでに魔因子に体が侵された結さんに、魔精を注入するとどうなるか……よく見ていてくださいね」
美哉の口と膣口の間から僅かに見える触手がビクビクと蠢き、次の瞬間結の股間から紫色の汚液がブシュッ!とあたり一面に噴き出てきた。

「くああぁ〜〜〜〜っ!!き、きもひいいですぅ〜〜〜〜!」

子宮に魔精の直撃を受けた結は、折れそうなくらい仰け反って嬌声を上げて達すると、繋がったまま仰向けに倒れこんでしまった。
「はぁぁぁ…、はぁぁ…。こ、これ最高です………ぐっ!」
そして、達した余韻に浸っていた結は突然それまで蕩けまくっていた顔を強張らせ苦しそうに胸を押さえつけた。
「な、なんですかこれ?!か、体が燃えちゃいそうですっ!!」
結はそのまま風呂場を転げまわり、時折体をがくがくと揺らしながら内から湧き上がる衝撃に体を翻弄されていた。だがそれも僅かの間。
苦しげにばたつかせる手足に、ぽつぽつと緑色の鱗が浮かんできている。それはどんどん広がっていってたちまちのうちに四肢を覆い尽くし、背中や胸へと伝播していく。
痛みに食いしばる歯は先がギリギリと尖り、肉を切り裂く肉食獣のものへと変化し、開ききった瞳孔は縦に収縮して爬虫類を連想させるものになっていく。
「が……ぐああぁっ!!」
まるで獣の雄叫びのような声を出す口からは、青色に染まり先が二股に割れた舌が長く伸びていく。

「も、もう私…、わたし!があぁ〜〜〜〜っ!!」

最後に、お尻からずるずるとワニのような尻尾が伸び、完全に人ならざるものに変化しきった結は一際大きな雄叫びを上げた。
「ふふふ…。魔因子に侵された生き物が魔精を受けると、このようにダーククロスの淫怪人に生まれ変わるの。どう?結さん。淫怪人に生まれ変わった気分は?」
「はあっ、はあっ、はあぁっ……。み、美哉様…、最高の気分ですよ…。
私はダーククロスの淫怪人、淫魔竜・結です……。人間を襲い堕落させ、ダーククロスの元に集わせるのが、私の使命……、ああんっ!」
結は人とも爬虫類ともとれる奇怪な体を誇示しながら立ち上がると、そのまま股間を抑えぐちぐちと弄り始めた。
「あらあら、淫怪人になったばかりなのにもう体が疼くのですか?ふふっ、とっても悦ばしいことですわ」
「だ、だって…、この体、気持ちよすぎでして……
あぁ…、したいです。犯りたいですぅ…。誰でも、いい……」
淫楽に霞む目であたりを見ていた結の眼に、ぺたりと腰をつけている月海が入ってきた。
「あぁ…。うふふ、月海さぁん……」
「む、むすびぃ…」
自分が結のターゲットにされた。そう感じた月海は恐怖でじりっと後じさった。
「や、やめるのじゃ結…。わ、吾はそのようなこと、断じて断る……」
「なんでですかぁ?月海さんも淫怪人の体を味わえばきっと考えが変わりますよ。
とぉっても、とぉっても気持ちいいんですから……ククク……」
顔を淫に染めた結は、じりっじりっと月海に迫って来る。その目はもう月海を性欲処理の対象にしか捉えていない。
「い、いやじゃ!吾はこんなこと嫌じゃーっ!」
腰がいまだいう事を利かない月海は、半ば四つん這いのまま風呂場の出口へと向っていった。
この風呂場に漂う淫力が月海を発情させて力を削いでいるならば、風呂の外に出れば体も元に戻るはず。そうすれば体勢を立て直せると踏んでの行動だったが、

ドォン!

もう少しで外に出られた月海の体は、何者かに思い切り小突かれ風呂場の中へと逆戻りしてしまった。
「うふふ、ダメですよ月海たん。せっかくの機会を不意にするなんて」
「つーちゃんも…きもちよく、なろ……」
呆然とする月海の前で風呂に入ってきたのは、まるで昆虫のような真っ赤に光る外骨格に包まれた姿をした松と、緑色に体が染まりところどころから蔦をはやしている草野だった。
「ま、松…、草野……。まさか、汝らも……?!」
「ええ。結たんが帰ってくる前に、私たちも先駆けて淫怪人にしてもらったんですよ。
私の名前は淫怪蟲・松。そして草野たんは淫妖花・草野。ダーククロスの淫怪人にして、ダークサタン様の忠実な下僕なのです」
つまり、月海が出雲荘に帰ってきた時点ですでに出雲荘の住人はすべてダーククロスの手に堕ちていたのだ。
「なんて、ことじゃ……。この吾ともあろうものがこんなことで…」
この時点で、月海は完全に逃走を諦めた。力が抜けて入らない中、5人もの相手に囲まれては僅かな望みさえ得られはしない。
「うふふ、そう悲観することもないのですよ。月海たんもダーククロスの魔因子を受け取れば、これがいかに素晴らしいものなのかがすぐにわかるのです」
茫然自失になる月海に、皆人がじりじりと近づいてくる。その目は淫欲にギラギラと輝き、股間の怒張は人のものとは思えないほど隆起している。
「はあーっ!はぁ−っ!!」
「や、やめろミナト…来るな……?!」
無意識に皆人との距離をとろうとした月海の四肢に、何かがしゅるしゅると巻いてきている。
見ると、薄笑いを浮かべた草野が体中の蔓を伸ばして月海の体を縛り上げてきているではないか。
「は、離せ草野!!」
「だめ…。つーちゃんもきもちよくなるの……」
草野の蔓が動き、月海の脚を無理やり大きく開かせた。その間に皆人が割って入り、手に持ったペニスを月海の膣口へあてがっている。
「やめろーっ!ミナト、やめるのじゃーっ!!」
屈辱と悲嘆から泣き叫ぶ月海に構わず、淫欲に支配された皆人はそのまま強引に月海の中に割って入っていった。
「い゛っ!くうぅ……」
それまでの前戯や淫力で月海のそこは濡れきっていたものの、初めて受け入れる男に体はやはり悲鳴をあげ、月海の体には激しい痛みが襲ってきていた。

>> 次へ