広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

ν賢狼ホロν
「嫌なことなんて、楽しいことでぶっ飛ばそう♪」がもっとうのホロです。
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
最新記事
カテゴリ
リンク集
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://fanblogs.jp/adawognbio5/index1_0.rdf
<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2009年03月19日
「きっかけそして・・・・」 part1

 2日前に9S様から、なんとか機で作った画像とSS
 を頂きました、9S様、今回もありがとうございます。
 本当は昨日UPしようと思っていたのですが、急に用
 事が出来てしまってUPできませんでした。
 9Sには申し訳ないです。
 ということで少しずつですがUPしようと思います。
 今夜は9S様の画像とSSをお楽しみ下さい。
 
 それではどうぞ♪

 
 



注意! この文章と画像には官能的表現が含まれております。
(ご覧になる方は、自己判断・自己責任でお願いします。)

 








きっかけそして・・・・

9S様作




私は両親とともに薬品を取り扱う会社で働いている。
父のつてで入社したのだが今ではやりがいすら感じている。
そんなある日、私は両親と一緒に実験の手伝いをすることになった。
実験は極秘となっており、実験場も山奥の廃棄されたある研究所の地下室で行われ
ることになっていた。
実験場につき、計画の詳細を聞かされて驚いた・・・・この実験は、事故や遺伝、
病気などで子供が産めなくなってしまった女の人の母体としての機能を復活させよ
うということだった。
そして、その実験の被験者リストをみたとき母の名前をみて心臓が止まるかと思った。
すぐに、母を捜して休憩室で父と話している母を見つけた。
息子「母さん!」





母「あら?そんなに息を荒くしてどうしたの?」







息子「どうしたもこうしたもないよ!!なんで母さんが実験の被験者なんかに」
母「あぁ・・・そのことなの・・・・・」
父「・・・母さん、私から離そうか?」
母「いいえ・・・・私から話すからお父さんは実験の準備を進めてて」
父「・・・わかった・・・」
父はそういうと席を立ち部屋からでていった。
母「・・・・この実験の内容を聞いてさっしはついていると思うけど」
母「私はもう子供が産めないのよ」
息子「え・・・・」
母「病院でそう宣言されてね。そのときはとても悲しかったけどお父さんがねこの
実験のことを聞かされてね。」
母「だから、もうこれ以上聞かないで・・・・」
息子「・・・だけど」
母「・・・・お願い」
息子「・・・わかったよ母さん」
私がそういった瞬間実験の準備が整ったことを示す放送が流れた。
母「それじゃあいくわね」
息子「うん」
母はそういうと実験用のスーツに着替えるために更衣室に向かった。
私はしばらくして実験を行う部屋に向かった。
そこには円筒形のカプセルが5つ寝かせて置かれておりそれぞれの前に被験者が立
っていた。


そして、それぞれの被験者はカプセルの中に入り仰向けにねた。
すると、私の近く似た父がスイッチを押すと、透明なシャッターが閉まりカプセル
の内側からさまざまな機器がアームによって被験者らに装着されていった。
まず股間にはチューブがついたカバー状のものが張り付ついた。
次に手足には拘束具がつけられ体中に身体データを取るためだろうかセンサーが取
り付けられていた。
その作業が終わると父は手元の機材を操作した。
すると、彼女らの瞳がトロンとししはじめ眠そうにするとすぐにまぶたを閉じた。
息子「父さん、いったい何を?」
父「ああ、この実験は3日間連続で行う必要がある。そのために眠ってもらったんだ。」
父はそういうと赤いスイッチを押した。すると、カプセルの上部から顔をカバーす
るためだろうか・・・カニの鋏のようなものがせり出し頭全体をくわえ込んだ。
その鋏みたいなものは表面は不透明で中の様子は伺えなかったがなかに酸素を供給
する部分があると父は言った。
そうこうしていると父の手元の機材に密閉作業が完了したというメッセージが表示
された。
父はマイクに向かって実験開始の開始を宣言した。
すぐにかぷせるの中に今回の実験の要でもある溶液が注入された。
1分ほどでカプセルの中は溶液で満たされた。
そしてすぐに、周りにいた研究員たちが機材の操作を開始した。
私は改めて周りを見回すと意外と研究員の人数は多くはなかった。
自分を含めてもせいぜい5人ほどである。
ここに移動するまでに聞いた内容がかなりの極秘でおこなわれていることがこの人
数からさっせられた。
実験開始から1時間が経過したそのとき私たちが機材を操作している部屋になにか
が溶ける音と臭いが漂ってきた。
息子「父さん、何か臭わない?」
父「ん?どうしたんだ?」
息子「何か臭わない?」
父「何も臭わないが?」
息子「ん・・・ならいいんだけど」
父は少し鼻をならしたが何も臭わなかったようで実験に集中していた。
私も気のせいだと思いセンサーのモニターに集中した。
しかし、しばらくたつと臭いがさらに濃くなり耐えられなくなった私は父に少し気
分が悪くなったといって仮眠室へ行った。
布団に横になるとふいに眠気が襲ってきてそのまま寝てしまった。

2009年03月19日
「きっかけそして・・・・」 part2
ふいに私は目を覚ました。
かなりの時間眠っていたのだろうか頭に霞がかかったようではっきりとしない。
だが、夢でも見ていたのだろうか・・・ある言葉だけがはっきりと頭に残っていた。
?「・・・・・おもしろい・・・・」
という言葉だ。
意識を覚醒させるために数度頭を振ると突然制御ルームに行かなければならないよ
うな気がした。
私は奇妙な興奮を覚えつつ急いで制御ルームに向かった。
すると・・・・制御ルームには誰もいなかった。辺りを見回すと不自然に白衣だけ
がここにいた5人分落ちていた。
普通ならば多少パニックに陥る場面に出くわしたというのに私の心は少しの波も起
きなかったどころか唇の端を無意識のうちに喜びの形にしつつ私の行くべき場所へ
と向かった。

しばらく歩くと私は目的の場所にたどり着いた。
そこはカプセルが置かれた実験室であった。
普段ならばそこはカプセルを直接調節するときにしか誰もいないはずなのだがいま
はあるものがカプセルの前に主が来るのをまってたかのようにそこにいた。
それはサッカーボールほどの半透明の蟻で床が透けて見えていた。
私はその蟻がスライムがなにかを取り込んで突然変異したものだというのがすでに
頭の中にありすでに疑問さえ抱かなかった。
周りを見回して5体中4体が水色だったが、母さんのカプセルの前にいるやつだけ
がほかが水色なのと違い赤い色をしていた。
私が部屋に入るとスライムたちは待ってましたというように亀のような鈍さではあ
ったが徐々にカプセルに向かって進みだした。
5体のスライムは同時にカプセルに触れた。すると突然ピーという電子音がしたと
思うとカプセルのシャッターが開き中の溶液がこぼれた。
スライムは突如それぞれのカプセルからもれた溶液に飛び込んだ。私はなぜか彼ら
が喜んでいるということがわかった。
5体のスライムはこぼれた溶液を吸収して直径70cmほどまで成長した。
続いてスライムたちが向かったのはカプセルの中だった。スライムたちはカプセル
に飛び込むと母さんや被験者たちを巨大化しつつあるからだの中に取り込み始めた。
彼らの取り込む速度は非常にゆっくりで3分ほどたった時点でまだ膝程度までしか
取り込めていなかった。
そのとき「ん・・・んん・・・・」という声が聞こえてそちらをみると母さんが眼
を覚ましていた。
母「え・・・これって一体・・・・・?」
母さんがまだちゃんと覚醒する前に母さんに取り付いたスライムが蟻の口の部分を
母さんの口に近づけたかと思うと中から蜂蜜みたいなものを口の中に注ぎ込んだ。
母「ん・・・・んく・・・・んぐ・・んぐ・・んぐ・・・」
数秒は口の中のものを飲まずにいたがすぐに飲み始めた。
私はその蜂蜜状のものがスライムが作り出した睡眠と催淫効果と体の内部を変革す
るための小型スライムだと頭の中の何かがささやいていた。
そのころ私の頭にはこのスライムに関するありとあらゆる情報がすでに記憶されて
おり自分がもう人間でないということがわかっていた。

しばらくしてスライムが被験者たちを下半身まで取り込んだ。
このとき被験者たちのスライムはまったく異常はなかったのだが母さんのスライム
だけがなぜか動きが止まった。
私の中にはこのスライムたちの情報があるだけになにが起こったのがわからず少し
あせった。
母さんのスライムが口を天井にむけたかとおもうと、口から糸のような細い半透明
なものを吐き出しはじめた。
糸は母さんのスライムと同じ赤い色で一本一本が意思を持つかのように母さんが入
っているカプセルごとスライムを繭状に包み込んだ。
私はすでに頭の中にあった能力を起動させた。
すると私の着ている服の先端から細い触手が生えてきて繭と融合した。
すると私の目の前に触手が薄い板状になって生成されディスプレイとなって表示された。
そこには融合し始めた母さんの姿が映っていた。
繭の中ではカプセルが変質しておりスライムによって変質されられたのか頭をカバ
ーするカニの鋏みたいなものが口と鼻以外を覆う感じで母さんの頭に装着されていた。
私は繭から情報を引き出しそれが簡易の洗脳装置であることがわかった。
そして繭は融合を円滑に進めるためのものであることも・・・・・・

それから数秒後母さんのスーツの胸の部分から体内部の約10%の変革が終了した
証の宝玉が現れた。


この変革には催淫の効果により通常の場合発生する苦痛がすべて快楽になってしま
うため母さんの顔が少し熱っぽくなってなっていた。
母「はぁはぁ・・・・・んぅ・・・あぁ・・」
母「あぁぁぁ・・・・・・くぅ・・・ああぁぁ・・」
母「我が・・・主は・・・絶対のそ・・・んざいで・・・・・」
洗脳装置と繭によって徐々に母さんは塗り替えられていく・・・・
眼の部分は網膜に直接映像を映し出しているのか時折体をくねらせたりしながらあ
えぎ声を上げていた。
そうしているうちにスーツに模様が浮かびだしてきた。これにより約20%の変革
が終了した。

母さんの体は通常は少々子供体型だったのに対して体の変革により徐々に胸や腰、
お尻などが理想の体型へと作り変えられていった。
母「うぅん・・・・あ・・あはぁぁ・・・」
母「あぁうんぅぅ・・・・我が主様ぁぁ〜・・・・うぅぅ・・・・」
母「あぁぁ・・・・いいの・・・いや・・・やめて・・・・あ・・・・」
洗脳装置は順調に稼動しているがまだまだ初期段階のため自我をたもっているのだ
ろう無意識に抵抗しているようだ。
だが体のほうは小型スライムによって多量に分泌されている媚薬により過剰な快感
に反応しておりオナニーを始めていた。
そのときドンッ!!!という音が聞こえそうな感じで母さんの腰が限界まで天井に
むかって跳ね上がった。
母「ああああぁぁぁぁぁぁぁはあああああああああああああああぁぁぁぁぁ
ぁ!!!!!」
この瞬間スーツに浮き出ていた模様が加速的に広がった。これにより40%の変革
が終了し洗脳の方も終わった。


なぜならばスーツが変質し母さんの体を守る外殻になったのだから。

2009年03月19日
「きっかけそして・・・・」 part3
洗脳が完了したことで無意識の抵抗を抑止することができたので50%を完了した母さ
んの変革はさらに加速した。
母「はああ・・・・いい・・・・・」
母「もっと・・・・もっとして・・・・ご主人さまぁ〜・・・・」
母さんのオナニーは激しさをまして腰を振り手であそこを激しくもてあそびながら絶
頂に達し甲高い声をあげながら体を震わせて余韻に浸る。
だがこんなことをしていてもいまだ母さんの意識は小型スライムの分泌する睡眠効果
のある粘液で夢の中である。
母さんの変革はじわりじわりと進んでいく・・・・宝玉がでてここまでに1時間も費
やし,ついに顔にまで変革が進んできた。



表面上は顔に外殻と同じで模様がでるくらいの変化だったが内面では劇的に変わっていた。
変革が70%を過ぎると母さんの膝まで取り込んだ赤いスライムから触手が伸びてきて
母さんの体や腕などに絡まり始めた。




   母「ああぁん・・・」







しばらくの間体全体をピクッピクッと痙攣させていたかと思うと、スーツが少しキュ
ッとしまりそれにより腕や足などの筋力を強化していることがわかった。
腕や足などに絡まった触手は母さんの体の一部として同化していて自分の意思で操る
ことができるようになっていた。


体などに絡まっていた触手はしばらくウネウネとまさぐるように動いていたがだんだ
ん下半身へと移動して実験開始のさいに股間に取り付けたチューブがついたカバー状
のものと同化し始めた。
同化が完了すると徐々にだが母さんを取り込んでいるスライムの体積が減っていった。
減った体積がどこにいったのかきになったので私は繭と同化させていた触手を操作し
ていると先ほど同化したチューブに送り込まれていることがわかった。
母「ううぅぅう・・・・ぐぅぅ・・・・・・・」」
徐々にお腹が膨らんできており10分もすると妊婦みたいなお腹になり、やはり少し
苦しいのか苦悶の表情をしていた。
それからさらに5分ほどするとスライムもほとんど体積を失っており握りこぶしほど
の大きさになっていた。
母「あああぁぁぁぁ・・・・・ぐぅうううう・・・・あっ・・・・・・・」
母さんのお腹も限界いっぱいいっぱいのようで夢の中にいるとはいえ悲鳴に近い声を
上げていた。
そのとき、握りこぶしほどに小さくなったスライムが一瞬淡く光ったかと思うと母
さんのお腹が徐々に元にもどるに伴いお尻つけねあたりにこぶのようなものがせり
出してきた。
そのこぶは徐々に元にもどっていくお腹とは反対に徐々に大きくなってきており握り
こぶしほどの大きさだったのものが急速に蟻のような姿へと変わっていった。


2009年03月19日
「きっかけそして・・・・」 part4
変化が完全に終わり母さんが身震いをするような動作をしたとき、羽化が始まっ
た・・・・・
繭全体にひびが入り中の溶液が漏れ出した。
そして、粘液がこびりついた繭が湿った音を立てながら床に落ちていく・・・
母さんは繭の真ん中に立っていた。
微笑をたたえながら・・・・・





   母「ふふふ・・・・・」







母さんはまだぬれている体や柔らかい外殻を乾かすかのようにしばらくたたずんでいた。
しばらくすると母さんは私のほうをみて満面の笑みをうかべ一歩一歩近づいてきた。


母さんは私のところへ来るまでに外殻が乾き妖艶な輝きをはなった。
そして、徐々に灰色だった模様などが赤く輝いてきており私のものもとに来るまで
には真っ赤に輝いていた。



母さんは私の顔をじっと見つめて恍惚な感じで頬を赤く染め股をぬらしていた。
しばらくそうしていると、母さんは突然片膝をつき、
母「ご主人様私をこのようなすばらしい体に生まれ変わらせてもらいありがとうご
ざいます」
母「私になんなりとご命令をおあたえください」
その言葉を聴いたとたんに私は母さんの唇を奪った。
母「あぁぁ・・・はぅぅ・・・ちゅ・・・びちゅ・・・んんん・・・」
私は母の唇をたっぷりと堪能した後に自分に言い聞かせるように
息子「ふふふ・・・・もうこれは母さんじゃない」
息子「今日から僕のおもちゃ・・・・ふふふ」
息子「なら名前をつけないとね・・・今日からお前の名前はクイーンだよ」
息子「お前はこれから僕が作る蟻の女王として」
クイーン「あぁぁ・・・はい!ご主人様今日から私はクイーンです!!」
息子「じゃあ手始めにこの4人を変えようか」
クイーン「はい・・・ご主人様」
そういうとクイーンはオナニーを始めた。
私はそれを手伝うように服を触手に変えてクイーンの四肢を絡めとり激しく出し入
れをした。
クイーン「あぁぁぁああくぅぅぅうぅん・・・・・あっ!!!」
するとクイーンは早くも絶頂を迎えた。
するとクイーンのお尻のつけねから生えている部分が収縮したとおもうと先端から
ピンポン玉くらいの白い卵のようなものを産み落とした。
それらを1個ずつ4人の膣ないに押し込むと彼女たちの体が飛び跳ねるように痙攣
しはじめた。
被験者1「あああぁぁぁぁ・・・・・はわわわわ・・・・・あああ!!!」
被験者2「うああああぁあ・・・・・・がはぁぁぁぁ・・・うああああ!!!」
飛燕者3「が・・・・あああああああああ・・・うううあああぁぁあああ!!!」
被験者4「ああああ・・・ぎゃあああああああ・・・・あううああがあああ!!」
突然の絶叫にびっくりしたがそれが激痛のためではなく強烈な快感からあげたとい
うのが股間から大量に噴出した蜜でわかった。
被験者たち「「「「がひぃぃぃ!!!!!」」」」
数分してみな同時に腰を跳ね上げブリッジしたまま硬直した。
するとクイーンの時はかなりの時間を要した変革が急速に進み1時間ほどで全工程
を終了した。
そして羽化をすると全員体が乾くのも待たずにこちらに歩いてきて私の前に片膝を
つき忠誠を誓った。



被験者「「「「我等のすべてははご主人様のために!!!」」」」
その後、私たちは勤めていた会社の社長室へと乗り込み女社長を取り込んだ。
時間をかけ徐々に会社を変えていき男性社員を排除し、社員を女性だけの会社に仕
立て上げた。
そして、私が会社を変えていく最中に研究していた女性の肌を美しくするというカ
プセルを使った成果を商品として発表した。
その商品はまたたくまに大ヒットして世界中に支店ができた。
それが、自分たちの中身を変革されているとも知らずに・・・・・
あれから、数ヶ月いよいよ私は世界征服へと着手していった。
仕込みを行っていたことで順調に世界の半分ほどまでを制圧することに成功したの
だが・・・・
どこからともなく現れた異能力を身に着けた人間や歴戦の英雄などがぞくぞくと現
れ、またたくまに私の部隊は浄化されていった。
予防として私が勤めていた会社とカプセルは完全に切り離していたので無事だった
のでそこに拠点を移し、しばらく身を潜めた。
身を潜めている間私はこの装置を応用するために研究を続けついに試作品を完成させた。
息子「ふふふ・・・・ついに完成したか」
息子「まっててね・・・・ねね」
私はこの後待っていることを頭に思い浮かべながら口元をゆがめていた。


「ダーククロス結成前夜に続く」←クリック






9S様から一言
SSのほうは結成前夜の時にコメントで個人で組織を作ったのか的なことを書いてい
る人がいたのでそこを補填する形で書いたのでまあこんな感じになりましたw
あと、寝ている息子あたりは読者に任せますw





9S様お疲れ様です。
まさかダーククロス結成前夜に続くとは思っていませんでしたw
ダーククロスでも登場していない、蟻という素材がまた良い味を出しています。
これが後の淫魔卵になるわけですねw
今回の画像とSSありがとうございました。

9S様の期待に答えられたかどうか分かりませんが、
編集の点について何かあれば、コメントにどうぞお書きください。
あとご覧いただいた方は、作者様にご感想があればコメントにどうぞ。
作者様もその返事を書いてくれちゃって構いません。


by:ν賢狼ホロν




×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。