プロフィール

ν賢狼ホロν
「嫌なことなんて、楽しいことでぶっ飛ばそう♪」がもっとうのホロです。
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
最新記事
カテゴリ
リンク集
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://fanblogs.jp/adawognbio5/index1_0.rdf
<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2009年01月24日
『ダーククロス結成前夜』 part1
以前、予告していた通り、
9S様からいただいたケモノ娘の画像でSSを書きました。
ところが書いていたのは私だけではなく、
9S様ご本人も書いていたとのメールが来て、
今回、9S様のSSと私のSSを、同時公開しようと思います。
もちろん9S様から承諾を得ているので大丈夫です。

タイトルは、9S様のSSが『ダーククロス結成前夜』で、
私のSSが、『影が薄いなんて言わせない!』です。

9S様から一言
キャラ名:ねね
「両親は事故で他界しており今は兄と二人で生活している。という設定でw」

それではどうぞ!


この作品を見る前に、 まだ 「きっかけそして・・・・」 をご覧になっていない方は、
ご覧になることをオススメします。
この作品の前のストーリーが描かれています。


注意! この文章と画像には官能的表現が含まれております。
(ご覧になる方は、自己判断・自己責任でお願いします。)







『ダーククロス結成前夜 

9S様作

今日はねねの誕生日。ねねはうきうきしながら家に帰ってきた。
「ただいま〜」
 ねねは元気よく扉をあけ玄関に靴を整理するのも忘れて居間に向かった。
 今日はねねの誕生日なので居間には普段よりも早く仕事から帰ってきていた
お兄ちゃんがケーキや料理をテーブルに並べていた。
「お帰り。ねね」
 そう言ってお兄ちゃんは微笑みながら早速プレゼントを渡してくれた。
「まだ準備に時間がかかるからプレゼントの中に入っているお洋服を着て
まっててくれないかな?」

「うん、わかった〜」
 ねねはそう返事をし2階にある自分の部屋に入っていった。
「ふふふ・・・・・・もうすこしだからね・・・・・・・・」
 ねねは部屋に入り早速プレゼントの中身を取り出した。
「うわ〜かわいいぃ〜〜〜!!」
 中に入っていたのは袖に爪をあしらった、けもの服でした。
 ねねは早速服を脱いでけもの服を着ました。



 そのとき、ぽんっと音がして頭から猫耳が生えてきました。








「わ〜、すごい!!
本当にけものみたいになっちゃった」














 ねねは興奮して猫耳が生えたことにまったく違和感を覚えませんでしたが、
「あれ?なんだか頭がぼ〜としてきたような・・・・はしゃぎすぎちゃったかな?」










「む・・・胸があつい・・・・」













 そう思った瞬間、
「あ・・・・うぅぅ・・・・・」
 胸に甘い痺れがはしったかとおもうとちょうど鎖骨の間から灰色の宝玉みたい
なものがせり出してきた。










「あれ・・・これなんだろ」













 そう言って、灰色の宝玉に触った瞬間
「あぁぁぁうきゅうぅぅぅぅぅぅ」
「はぁはぁはぁ・・・なにこれ・・・きもちいいぃ・・・・」

 ねねが絶頂を迎えると同時に灰色の宝玉を中心に機械的な模様が浮かび上がってきた。
 しかし、ねねはそのことに気づかず宝玉を軽く触りながらオナニーを続けていた。


2009年01月24日
『ダーククロス結成前夜』 part2

「はぁはぁはぁ・・・・くぅぅぅ」
「イ・・・イっちゃう・・・・・イくうぅぅぅぅ!!!」

 ねねは幾度目かの絶頂を迎え全身に機械的な模様が広がりきったその時、ねね
の頭に声が聞こえた。
「くくく・・・・」
「・・・・?・・・・だれ・・・?」
 ねねは熱にうかされたような潤んだ瞳で周りを見渡した。
「どこをみているの?私はここよ・・・・ふふふ」
 ねねは再度周りを見回したが突然体の奥が疼きはじめた。
(あれ?なんだか体が・・・・・はぁはぁ・・・くぅ・・・・・あ・・熱いよ)
「ここよここ・・・あなたの着ている服」
「え?」
 ねねは首をかしげると服を見た。
 するとねねは初めて自分の体の異変に気づいた。
「あれ?なんなのこの模様?」
「それはね私があなたの体をもらう準備ができた証・・うふふ」
「もらうってどういうこと?」
 ねねはぼーとする頭で考えたがよくわからずに聞き返した。
「それはね、あなたのすべてを消して私がその体に入り生まれ変わるってことよ
「え・・・」
「いや・・・いやだよ・・・・・」



 ねねは涙を流しながら抵抗をしてみたがすでに体の自由がきかなく、指すら動かせなかった。
「だまりなさい!!!!」
「ひぅ!?」
 突然の大声にねねは体をすくませた。
「ふふ・・・いい子ね」
「たしかに嫌よね・・・・だけどもう運命は変えられないのよ・・・・」
「うぅぅ・・・」
「だからね、代わりにいい物を上げるわ」
「いいもの?」
「そう、こういうものをね」
 けのも服がそういった瞬間、ねねの体に電撃のような衝撃がはしった。
「あ・・・・・あぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
 ねねは体をのけぞらせて股から激しく潮をふきながらイってしまった。
「あ・・・あ・・・あ・・・」
「どう?私の快楽は・・・まだまだ終わらないわよ!」
 けもの服はさらにねねに刺激を送り続けた。
 しばらくすると始めは体を激しく揺さぶっていたねねだったが回数が重なって
いくごとに体をブリッジさせお尻を高く上げたままびくっびくっとしか反応しな
くなっていった。
「どう?きもちよかった?」
「もっと・・・もっとちょうだい・・・・・もっとぉぉぉ」
「ふふふ・・・どうやらもうすっかり快楽のとりこになってしまったようね」
「はいぃぃぃ私は快楽のとりこですぅぅぅ」
「ふふ・・ねね、私あなたを気に入っちゃった・・・今から二つの道をあなたに質問するわ」
「一つ目はこのまま何もない平凡な日常に戻る道」
「二つ目は私とともにこの快楽の中で生きる道・・・・・あなたはどちらを選ぶ」

 そう質問したが、けもの服はねねがどちらを答えるかすでにわかっていた。
そしてねねの口から、けもの服がすでにわかっていた答えがでてきた。
「わたしはぁ〜このかいらくなしじゃもういきられないんれすぅ〜だからぁ〜
わたしをあなたさまのものにしてぇ〜」

 ねねがそう答えた瞬間体中に広がった模様が禍々しい色を発しねねを包み込んだ。
 光が消えたときそこには模様が禍々しい色に変わっていたがねねがたたずんでいた。



 しかし、そこにはねねとはにてもにつかない表情をしたものがいた。
「ふふ・・ねねずっと私の中ですばらしい快楽を楽しんでいてね・・・・」
 そういうと、けもの服だったものは居間に下りていった。
「ふふふ・・・その様子だと成功したみたいだね」
「はい、首領さま」
 けもの服がそういうと兄は少し怒った顔をして、
「首領さまじゃないだろ!僕たちは兄妹なんだからさ」
「すみま・・・ごめんなさい、お兄ちゃん」

「ふふ・・それでいいよ」
 にっこりと微笑んで兄は後ろ手に持っていた首輪を私の首にかけてくれた。



「誕生日おめでとう・・・・今日から君はキャットレディだよ」
「うん、お兄ちゃん大好き」
 後日、兄はダーククロスという組織を作って世界征服を始めるのだがそれはまた別のお話・・・・・










作者様に何かご感想があれば、コメントにお書きください。
作者様も何かコメントがあれば、どうぞお書きください。




2009年01月24日
『影が薄いなんて言わせない!』 part1
以前、予告していた通り、
9S様からいただいたケモノ娘の画像でSSを書きました。
ところが書いていたのは私だけではなく、
9S様ご本人も書いていたとのメールが来て、
今回、9S様のSSと私のSSを、同時公開しようと思います。
もちろん9S様から承諾を得ているので大丈夫です。

タイトルは、9S様のSSが『ダーククロス結成前夜』で、
私のSSが、『影が薄いなんて言わせない!』です。
先に私のSSから載させていただきますね。

それではどうぞ!


注意! この文章と画像には官能的表現が含まれております。
(ご覧になる方は、自己判断でお願いします。)







薄いなんて言わせない!』


ある森の奥で、少女らしき影が木々から木々へと飛び交っていた。
白い毛皮で作った服を纏い、お尻には白い尻尾が生えている。
手は、獣の手のような形をしており、まさに獣と人間が融合したかのような姿である。








「今日も異常はないようね。」














彼女の名前はユハ。年齢は15歳で、今日も森のパトロールをしていた。
この世界では動物と人間が交じり合っている姿は珍しくなく、
セイバーズがいる世界とはまた違い、人間と獣人が住む世界である。
なぜユハがこの森をパトロールをしているのかというと、
昔、人間と獣人は大きな戦争をしており、それからは人間と獣人は住む村を2つに分け、
お互いの境界に侵入者がいないか監視していたのだ。
その獣人の村での監視役を、正義心の強いユハが立候補して今にいたる。
監視役と言っても、今ではそれほど重要なものでもなかった。
戦争が終了してここ5年は侵入者もおらず、
事件もないのでほとんど有刺鉄線が破られてないか確認するだけのものとなっていた。
1日1回、有刺鉄線で引かれた境界の周りを調べ終わったユハは、
異常がなかったので、そそくさと自分が住む村へと帰って行った。









「さーて、今日は何をしようかな〜。」













ユハが帰りながら今日のやりたい事を考えていると、村の方角から匂った事のない香りがユハの足取りを止めた。
それは、果物のような甘い匂いの様で、生物が発する独特の汗も含まれた匂いだった。
獣人族である彼女にとって、匂いをきき分けるのは造作もなかったが、
この匂いだけは15年間生きてきて、匂ったことはなかった。

“何か祭りでもやってるのかな?”と思ったユハは、木々から木々へと飛び移る足を速めた。
村に近づくにつれてその匂いは増し、ユハの心に変な感情がわいてくるのが分かった。









“なんだろ、この匂い… 
体が変な感じに…
そう、あの時のように…”












ユハが言うあの時とは、最近になって自分の体に興味を持ち、
色々なところを弄ると、快感を得たしまった時のことである。
その時のことを思い浮かべながら気を許したユハは、
普段隠している獣人特有の耳を出し、木から下りて地面をゆっくりと歩き出した。
村の入り口に近づいてくると、ユハの目に驚く光景が飛び込んでくる。
「な、何よこれ…」
そこでユハが見たものは…
同じ獣人族である男達と女達が、全裸で絡み合いよがり狂っている光景だった。
村から出て行って15分しか経っていないのに、朝挨拶してくれたおばさんも、
学校に行く学生も、裸になってその中で交じり合っているのだ。
いちよ性教育は受けていたユハだったが、実物を見せられたことなど今までになく、
言葉を失いその様子をまじまじと見入ってしまった。
すると…

“あ…カリンちゃん… 凄く気持ちよさそうな顔してる…”

ユハの友人であるカリンもその中で交わっており、恍惚の表情を浮かべていた。
ユハの変な感情がどんどん高まり、とうとうその場で座り込んでしまうと…

“わ…私も……”

「あ… ああ…ん… はあ…あ… うんん……」

目の前の光景に理性が負け、とうとう自分の胸を揉み始めたユハ。
あの時から家に誰もいない時は、夢中でオナニーをし始めたユハは、
慣れた手つきで胸を揉みしだく。
そして、胸だけじゃ満足できないユハは、
ほどよく濡れていた自分の秘所に手をあてがうと、ゆっくり摩り始めた。
「ああん! はあ…… ふう…… はああん…… あうう……」
その卑猥な声は、よりいっそう周りの声と奏でていき、そしてより快楽を得るために、
指と秘所に神経を集中させる。
「はあ…はあ…はあ… もう…何も…考えられない… 気持ちいい…
隠れないでオナニーするの… 気持ちいい… もう…すっごくいいの…
もう…だめ…」
そしてラストスパートに、より指の動きを早めていくと、
「はあ、はあ、はあ、はあ…
も、もう… い、イクうううううううううぅ…」

ぷしゅっ!

ユハは、アソコから勢いよく潮を吹き、地面に全身を付くように倒れた。
「はあ… はあ… はあ…… はあ………」
ユハが息を切らし余韻に浸っていると、突然周りの茂みから黒ずくめの集団が現れ、
その中の1人の黒ずくめの女がしゃべりだした。

「くくく、作戦は上手く言ったようだな。さすが霞様の香水は良く利く。
一滴振りまいただけで、この効き目なんだから。人間に使った時より効き目が早いのは、
さすが獣人の嗅覚さまさまだな。まあ獣人は力が強いから戦闘員として申し分ない。
よし、手っ取り早くこの村を占拠するぞ! 
抵抗するものはいないと思うが、獣人族は力がある。心して確保しろ!」

「「「イーッ!ハイル・ダーククロス!」」」


2009年01月24日
『影が薄いなんて言わせない!』 part2
その時ユハは、この仕業が彼らがやった事だと悟り、
ダルい体を奮い立たせ、向かってきた戦闘員に臨戦態勢をとった。
もちろん獣人である彼女は、本気の力で抵抗した。
「私に近づかないで!」
戦闘員も普通の人間と比べたら強いのだが、木をもなぎ倒す獣人の力は、
正に象と蟻達の戦いだった。
「なにぃ!? 奴には霞様の香水が利いていないのか? 
ええぃ! たかが1匹の獣人に何を手こずっている!」
遅れて帰って来たユハは、他の獣人よりも香水を吸わなかったため、
他の獣人のようにはならなかったのだ。
奥で指示している戦闘員のアイは、自分もそろそろ戦闘に加わらなければいけないと思い、
ダーククロスの通常装備である淫気刀を持ち、正におもむこうと思ったその瞬間、
ポンっと誰かに肩を叩かれた。





   





    『うふふ♪ アイ、これはどういうこと?』















「ひっ! か、霞様っ! これは、そ、その…」
『その…な〜に?』
「あ、ああの獣人には、か、霞様の香水が利いていないのです。
もうすこしお待ちください! すぐに確保しますので。」
『ふ〜ん………
いくら私の香水でも、利き始めるのに個人差があるから仕方ないっちゃ仕方ないわよね。
それにしてもあなたの部隊、よ・わ・す・ぎ♪ 
これは帰ったら特別メニューね。』
「ひぃ!! そ、それだけはご勘弁を!」

軍団長である霞は、戦闘員のアイを面白半分にいじめると、無言でユハの元へと歩みだした。
あらかた近づいた戦闘員を倒したユハは、自分の元に歩み寄ってくる霞に目をやると、警戒した。
“何? 今度は緑の変なのが来た。”
『こんにちは、獣人さん♪ 私はダーククロスの淫妖花軍、軍団長・霞と申します。
以後お見知りおきを。と言っても、すぐに私の配下に付かせますけどね♪』
「この仕業はあなた達が原因ね。早くみんなを元に戻して!」
『うふふ♪ それは出来ない話ね。あなたもすぐに、あの者達の様になるんだから。
そうダーククロスの一員に。』
「なら力づくでも、みんなを元に戻してもらうんだから。 
ええーい!!」
ユハが渾身のキックを霞の顔に放つが… ガシッ!
それは難なく片手で止められ、ユハの目が大きく見開く。
『ふふふ…それが本気? だったらあなたにもう用はないわ。』
掴まれた足を軸に、霞が大きくユハを振り回すと、そのまま獣人の民家へと放り投げた。

ドーン!

「う…ううう…」
民家に投げ込まれたユハは、なんとか体を起こそうと思った瞬間、
緑の蔦が目の前に振り下ろされるのが分かった。
それは霞が装備しているローゼスウィップ。
自分の体に蔦が落ちた瞬間、ユハの意識は完全に消えるのだった。


「う〜ん、むにゃむにゃ…
もう食べられないよ…………… うん?… ここはどこ?」
ユハが起きた所は、ユハにとって見知らぬ部屋だった。
ベッドに寝かされていたことに気付くと、ふいにさっきの戦いを思い出していた。
“霞という女、あの人すごく強かった… ただの人間だと思っていなかったけど、
まさか私の本気のキックを片手で受け止めるなんて…”
ユハは獣人の中でも力はある方だと思っていた。
しかし、あんな風にキックが止められたユハのプライドは、
ズタズタになったことは言うまでもない。
“あれ? あれだけの衝撃を受けたのにどこにも傷がない。なんで?”
と、考えてる内に急に部屋のドアが開くと、そこには霞が立っていた。








  『ようやくお目覚めね。
   あなたの傷は、私の治療カプセルで
   治してあげたから痕は残っていないはずよ。
   あなた、寝言で食べ物のことしか
   言ってなかったわね。』







突然目の前に現れた霞に、ユハは身構える体制をとった。
『ちょっと、私はあなたと戦いに来たんじゃないわ。
それはあの時はひどいことしちゃったと思うけど、
やっぱり部下の手前、半端なことはしたくなかったのよ。
セイバーのように部下になめられたくないから。』
急に優しい態様で向かってくる霞に呆気にとられると、
気になっていた思い出し、質問した。
「ねえ、霞さんはどうしてそんなに強いの?」
『え?………
そ、それはダークサタン様が私にお力を下さったからよ。
もしかしてあなた、私の力に興味があるの?」
ユハが、ゆっくりと頭でうなづく。
「だって…私のキックを片手で受け止めたんだもん。そりゃ気になります。
で、そのダークサタン様ってのは…」
霞はこれは占めたと思い、ユハの今の心境に付けいれようとした。
『私達のご主人様で私をこんなに美しく、そしてより強くして下さった方よ。
ねえ、あなたもこの力欲しくない?」
ユハは、霞と戦った後からずっと思っていた。
この世界には自分よりもっと強い者がいて、そして自分の力では誰も守れないことを。
なぜなら彼女の両親は、前の戦争で他界しており、10歳であった彼女は、
自分に力があれば両親を守れたと、ずっと思い続けてきたのだ。
力があれば大事な人を守っていける。そんな風にトラウマに捕らわれ続けて5年。
ようやく自分が思っていた力が手に入ると思ったら、ユハの答えは決まっていた。
「それは………… 欲しい… 
お願いします! 私にその力下さい! 私、どうしても強くなりたいんです!」
霞は内なる心でニヤリと微笑むと、ユハに近づいていく。
「え? な、何を!?」
そして顔まで20cmちかくまで近づくと、途端にユハの口めがけて…
「う、うぷ!?……………………… う、うんん…」
いきなりの接吻にユハは驚いたが、すぐにその行為に意味があると思い、
ユハもおもむろに霞の口内に舌を入れた。
するとユハの頭に霞の声が流れ込んでくる。
『わかったわ。あなたの願いを叶えてあげる。
でも、あなたは元の獣人の生活には戻れないけど、それでもいいのね?』
戻る必要などなかった。どうせこの後、他の獣人達のようになるくらいなら、
私は悪魔に…いや霞様に心を売ろう。そう思ったユハは、頭で軽くうなづいた。

2009年01月24日
『影が薄いなんて言わせない!』 part3
『いいわ。今からあなたの中に魔因子を注いであげる。
すっごく気持ちいいんだから、勝手に気絶とかしちゃだめよ♪』
そう言った途端、霞の舌が2本に枝分かれすると、
ゆっくりとユハの舌に巻き付き、ユハの舌と口内を犯していく。
それだけでもユハにとっては気持ちいいのだが、霞の秘所から一本の蔦触手が這い出ると、
ゆっくりとユハの未発達の秘所に…

ズチュ! 

“!?”
今までに感じたことのない快感に身を震わせたユハは、
自分も負けじと舌を、霞の舌に絡みつく。

はむ…ちゅば…… うん…ああ…… はむ…ちゅば……

“あなたのアソコ凄くキツキツで良いわあん♪
そう… そのまま私にあわせて。”

霞の下の蔦触手が魔因子を早漏れしているのか、それが膣に浸透し、
ユハの体を頭から戦闘員のような肌色に染め始める。

“ああん…良い… これ最高… もっと…… もっと下さい!!

ユハは下半身の方により快楽を受けようと、霞の口から離れ、自分で腰を動かし始めた。
霞もそれに答え、触手の動きを早めると、ユハの絶頂も早まった。

「あうん、気持ち…イイ… わたしが…わたしで… いられなくなる…
もっと奥まで! ああん…は、はやくうううぅ…」

ユハの頭の中で、価値観が変わり始める。
この力をダーククロスのために、そして正義の心は、悪魔のような心へと…。

『ふふ、あなたの乱れ方いいわ♪
そう、私達は欲望のままに快楽のままに動く存在。
あなたもその素質があるわ。さあ、そろそろイってしまいなさい。』

「ああん…イイ! はやく… そのあたたかい物を… 私に…
も… もぅ、だめええええええぇーーーーーーー…」

霞も絶頂を向かえ、ユハの子宮に勢いよく魔因子を送り込む。
と、急速に魔因子が子宮に浸透し、体も心もダーククロスの忠実な下僕へと、
ユハを変えていく。

胸からダークサタンの戦闘員である証しの核がせり出し、体中にはあの凶々しい模様が浮かび上がる。

2009年01月24日
『影が薄いなんて言わせない!』 part4

顔にも悪女と思わせる模様が浮かび上がると、恍惚の表情で霞の胸に倒れこんだ。
“はああ…最高です…霞様。 ダークサタン様のお心が胸から伝わってきます…”
ユハはダークサタンの寛大な心に歓喜に打ち震え、涙を流し始めるのだった。
そしてそのまま霞の胸元で、静かに余韻に浸りながら意識を失った。

数時間後…








「はい、分かりました。
私は霞様の部隊でよろしいのですね。
かしこまりました。
ダークサタン様に栄光を♪ 
イーッ!ハイル・ダーククロス!」










魔城の最深部で、おもむろにダーククロス式の敬礼を掲げている少女はユハだった。
その姿は服装は変わっていないが、魔因子が完全に浸透したのか、
体中の模様をより濃く染め出しているのが分かる。
昔のように正義心は無く、今はダーククロスのために働く忠実な戦闘員となったのだ。
そして、妖艶となった体で最深部から出ると、霞の部屋へと歩を進めた。

コンコン

『どーぞ、入っていいわよ。』
「失礼します! 今日から霞様の部隊に配属された、戦闘員03223号のユハです。
今日は、霞様のおかげでダーククロスの一員になることが出来ました!
そして、そのお礼を申し上げにきたのです! 
霞様、私にお力を注いでいただき本当にありがとうございます!」
『そう…それは良かったわね。でも私的には、あなたを淫妖花にしたかったんだけど、
ダークサタン様が能力もないただの獣人に、大事な魔精は与えられんって言って、
だめだったのよね。他の部隊には、ほいほい魔精あげてるくせに…
やっぱり私、6人の中の軍団長として影が薄いって言われてるからかな〜』
愚痴をこぼす霞を見て、呆れたユハは口を開いた。
「お言葉ですが、霞様。
あなたは今でも淫妖花軍を引っ張っていく存在なのですよ!
影が薄いって思われても、あなたは回りなど気にせず、
前だけを突き進んで行けばいいのです!
私がこれからずっと霞様の後ろをお守りしていきます。
もし、霞様がダークサタン様に反抗したとしても、私はついていきましょう!
だからそんなこと言わないで下さい、霞様。でないと私……… 」

“………………………………………………………………”

ユハの唐突な発言の後、しばし部屋に異様な沈黙が流れたが、
霞はその言葉に元気を出した。
『ふふん。新しく入ってきたあなたにそんなこと言われるとはね。
戦闘員のクセに生意気言うじゃない。』
「す、すいませんでした! 出すぎたことを言いました!」
『でも、あなたの気持ち貰ったわ。
あなたがそこまで私を慕ってくれてるなら、私もあなたみたいな部下を持てて嬉しいわ。
お礼に私の愛用の首輪をあげる。これで晴れてあまたは淫妖花軍のメンバーよ。』
まるで犬にはめる様なとげとげの首輪を、ユハに取り付けると。








「ありがとうございます、霞様! 
あなた様の後ろは、
私が必ずお守りします!」












『じゃあさっそくだけど、私のここを慰めてちょうだい。
妙に胸のあたりが疼いて仕方ないのよ。』
「かしこまりました♪」
この時のユハはダークサタンより、霞の方に忠誠心を誓い、
そして、霞だけのための部下・淫具になることを心に刻んだ。