プロフィール

ν賢狼ホロν
「嫌なことなんて、楽しいことでぶっ飛ばそう♪」がもっとうのホロです。
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
最新記事
カテゴリ
リンク集
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://fanblogs.jp/adawognbio5/index1_0.rdf
<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2009年01月19日
穢されし海の姫 〜セレーネ〜
いつもなんとか機で作っていらっしゃるMizuha様が、
画像と供にhtmlで悪堕ちSSを書いてくださいました。
UPの許可をもらったので、載せちゃいます。
タイトルをクリックすると、オリジナルデータがDLできます。
Mizuha様ありがとうございます。 それではどうぞ!


注意! この文章と画像には官能的表現が含まれております。
(ご覧になる方は、自己判断でお願いします。)






  








  穢されし

  海の姫 

〜セレーネ〜

2009年01月19日
穢されし海の姫 〜セレーネ〜 part1
< 序 >

 海の王国、マリーナ・キングダム。
 海王キング・マリナスと女王クイーン・アクアの元、
 七つの海を平和的に治める国があった。

 その国には唯一の跡取りである王女がいた。
 その王女は見目麗しく、
 また優れた能力を持っていた。

 しかし今、
 彼女に闇が忍び寄ろうとしていた…。


< 1 >
 
「うふふふっ、今日も海のみんなは元気ね。潮の流れだってとっても気持ちいい…♪」

 マリーナ・キングダムの王女、
 セレーネ=アクアマリン。
 彼女の日課は海の仲間達の様子を見て回る事だった。
 だがそこへ王国の兵士が慌てた様子でやってきた。

 「た、大変です!姫様!」

 「どうしたのですか?」

 「謎の軍勢が王国に向かっているとの事です!至急城へお戻り下さい!」

 「何ですって!?分かりました、すぐ戻ります!」


< 2 >

 セレーネが戻った時、
 城は騒然としていた。
 家臣達が謎の軍勢への対策に悩んでいると、
 セレーネが毅然とした態度で言った。

 「私が敵将を討ち取って来ます!
  私の力と海の神のご加護があれば、
  邪悪なる者に遅れを取る事はありません!」

 その勇気ある言葉と硬い意志に、
 誰もセレーネを止める事は出来なかった。
 かくしてセレーネは武器を取り、
 一人敵将を討ち取りに行った。

 「セレーネ…どうか無事で…。」

 「死ぬなよ…セレーネ…。」

 王と女王はその後ろ姿をただ見送る事しか出来なかった。


< 3 >

 城を出たセレーネは海底の複雑な地形を上手く利用し、
 謎の軍勢と思われる異形をやり過ごして行った。
 そしてしばらく進んだ時、
 半透明の体を持つ赤い衣装を着た女性を見つけた。
 気配からその女性が敵将である事を感じ取り、
 回りに手下がいないのを確認するとその女性の前へ躍り出た。

 「止まりなさい!」

 『あら?貴方は?』

 「私はマリーナ・キングダムの王女、セレーネ=アクアマリン!
  邪悪なる者よ!速やかにこの神聖なる海から立ち去りなさい!」

 『ふぅん…貴方が海の王国の…。
  ふふっ、その勇気に免じてこちらもあいさつしてあげましょうか。
  私はアティ。ダーククロス淫水魔軍軍団長よ。』

 「ダーククロス…?」

 『ダークサタン様はこの地球の七割を占める海を支配する事になさったの。
  海を抑えれば人間どもは大幅に移動を制限されるからね。
  でもその為には…貴方のいる王国が邪魔なの。
  だから潰しに来たのよ。』

2009年01月19日
穢されし海の姫 〜セレーネ〜 part2
< 4 >

 「王国を潰す…!? そんな事はさせません!
  海の神よ!私に力を!
  アクアマリン・シェルドアーップ!!」

 セレーネが叫ぶとその体が青い光に包まれた。
 そして光が止むとセレーネは人間のような姿に変わっていた。

 「邪悪なる者よ!貴方の企みは私がここで海の藻屑に還してあげます!」

 そう言ってセレーネが槍を向けると、
 アティは不敵な笑みを浮かべた。

 『へぇ…貴方、面白い力を持っているのね…。
  気に入ったわ。
  貴方は私が滅茶苦茶に犯して、
  私の可愛い下僕にしてあげる!』
 そう言うとアティの体が水に溶けるようにして消えた。


< 5 >

 (消えた…?)

 突然視界からアティがいなくなり、セレーネは辺りを見回した。

 『ふふふ…私がどこにいるか分からないでしょう?
  さぁ…大人しく私のものになりなさい!』

 アティの声がした瞬間、セレーネは槍を大きく払った。

 「そこっ!」

 『うぐっ!?』

 すると苦悶の声と共にアティが姿を現した。

 『う、嘘…!何で私が見えるの…!?
  それに…完全に海と同化してたはずなのに…!!』

 「私は母なる海と共にあります。
  例え同化したとてその邪悪な気配は消す事は出来ません。
  この聖なるトライデントの力があれば斬り裂く事は容易です。」

 『くっ…!!』


< 6 >

 アティが苦い表情を浮かべたその時だった。

 『何と言うざまだ…アティ。』

 ビュルルルルッ!

 「きゃぁっ!?」

 重厚な声が響くと共に赤い触手がセレーネを拘束した。

 『ダ、ダークサタン様!?』

 「ダークサタン!?
  (嘘…この私が気配を感じ取れなかったなんて…!!)」

 『人魚一匹に何を手こずっておる?
  全く不甲斐無い…。
  余が直々に手を下してやる。
  お前は下がっておれ。』

 『は、はい…。』

2009年01月19日
穢されし海の姫 〜セレーネ〜 part3
< 7 >

 アティが消えると触手が声を発した。

 『さて…麗しき海の姫よ、喜ぶがいい。
  お前はこれより余の忠実なる下僕へと生まれ変わるのだ。』

 「あ、貴方は誰なんですか!?」

 『ククク…余はダークサタン。
  多次元宇宙全ての悪を司る闇の王。』

 「闇の王…!?」

 『これよりお前は余の魔因子と魔精を受け、
  淫怪人となるのだ。
  その為に邪魔な物を取り除かせてもらう。』

 ジュワァァァ…

 声と共に触手から粘液が分泌され、
 セレーネの服を溶かして行った。

 「せ、聖なる衣が!?」


< 8 >

 『さて…海の姫の身体、味わわせてもらおうか…。』

 ダークサタンがそう言うと、
 一本の触手がセレーネの秘部に狙いを定めた。

 「えっ?な、何を…!?」

 『決まっておろうが。
  お前の膣内へ余の触手を挿入するのだ。』

 「い、嫌…止めて、止めて下さい…それだけは…!!」

 『ククク…このような異形に処女を奪われるのは嫌か。
  だが容赦はせぬ…余の征服の邪魔をしたのだからな…。
  行くぞ…そぅらっ!!』

 ズブブブッ!!

 「ああああっ!!」


< 9 >

 ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

 セレーネの膣内に入った触手は、
 そのまま激しく前後に動き始めた。

 「あ、ああっ、痛い、痛い!
  そ、それ、ふと、太過ぎますぅっ!」

 『案ずる事は無い…。
  それもすぐに快感に変わるのだからな…。』

 ダークサタンが言うと、
 新たに二本の触手が現れてセレーネの乳房に巻きつき、
 先端が開いて乳首をくわえ物凄い勢いで吸い始めた。

 ニュルルル…カプッ! ジュルルルルルッ!!

 「あくぅぅっ!
  (な、何これ…おっぱい…吸われてる…!!
   あ、ああ…頭がぼーっとしてきた…。
   このままじゃ…私…おかしくなっちゃう…。)」

2009年01月19日
穢されし海の姫 〜セレーネ〜 part4
< 10 >

 「あっ、ふあっ、あはっ、はぁぁぁっ!」

 しばらくすると段々セレーネの口から嬌声が漏れ始めた。
 さらに身体には凶々しい模様が浮かび上がり、
 髪や瞳、ひれや鱗までその色が変わり始めていた。

 『ククク…どうやら大分余の魔因子が馴染んで来たようだな…。』

 「も、もう分からないのぉっ!
  アソコに挿れられて、おっぱいも吸われて、
  嫌なのに気持ち良くて、
  わたし、おかしく、おかしくなっちゃうのぉっ!」

 そう言ったセレーネの表情は恍惚としていた。

 『そうか…ならば構う事は無い。
  存分におかしくなるがいい。
  お前は淫らな人魚…淫人魚なのだからな。』

 「はっ、はひぃっ!
  わらしは淫人魚、
  エッチな事しか考えられない淫らな人魚なんれすぅっ!」


< 11 >

 『さて…そろそろ仕上げと行こうか…。
  お前の膣内に余の魔精をたっぷりと注いでやる。
  それによってお前は余の下僕…淫怪人として生まれ変わるのだ。』

 「はいぃっ!
  出して、出してくらさいぃっ!
  わらしの中に、ダークサタン様の熱いの出してくらさいぃっ!」

 『ククク…良いのだな?
  淫怪人となればもうお前は海の王国の王女では無くなるのだぞ?』

 「かっ、構わないれすぅっ!
  こんなにきもひよくなれるのならっ、
  海の王国なんてどうでもいいれすぅっ!」

 『そうか…よかろう。
  ではお望み通り熱い魔精を注いでやろう…。
  そして余の下僕となるがいい!』

 ビュルルルルルッ!!!!

 「あっ、熱いの来たぁっ!
  イク、イッちゃう、ふあああああっ!!!!」


< 12 >

 一際大きな声を上げ、セレーネは絶頂に達した。
 それと同時にセレーネの身体の色が完全に変化し、
 身体だけで無く顔にも模様が浮かび上がった。

 「(あ、ああ…わたし…イッちゃった…。
   ダークサタン様の力が…わたしの中に広がって行く…。
   わたしが…変わって行く…凄く気持ち良い…。)」

 拘束されたままセレーネは恍惚の表情を浮かべていた。
 するとその背中が盛り上がり、
 その箇所がみるみる伸びて何本もの触手になった。

 「(これ…凄い…。
   わたしの背中から…ダークサタン様みたいな触手が…。
   あはっ…これ…凄く敏感で…感じちゃう…♪)」

 身体に起こる変化も今のセレーネにとっては快感になっていた。
 その快楽がどんどんセレーネの自我を歪めて行った。

 「(うふふ…こんなに気持ち良い事がこの世にあったなんて今まで知らなかった…。
   ダークサタン様には感謝しないと…。
   これからはダークサタン様に尽くさせていただきます…。
   うふふふ…あははははは…!!)』

2009年01月19日
穢されし海の姫 〜セレーネ〜 part5
< 13 >

 セレーネの変化が終わると触手が拘束を解き声を発した。

 『完全に生まれ変わったようだな。』

 『はい、ダークサタン様。
  すこぶる良い気持ちです。』

 『ではお前は誰だ? 言ってみろ。』

 『イーッ!ハイル・ダーククロス!ハイル・ダークサタン!
  わたしはダークサタン様の忠実なる下僕、
  淫人魚・セレーネ=イヴィルマリン!
  わたしの全てはダークサタン様の物!
  どうぞ存分にお使い下さい!』

 『ククク…完璧だな。
  ではセレーネよ、お前に最初の任務を与える。
  不甲斐ないアティに代わり、
  お前が海の王国マリーナ・キングダムを占領するのだ。』

 『承知いたしました!
  必ずやダークサタン様に王国を捧げてみせます!』


< 14 >

 「何と言う事だ…。」

 マリーナ・キングダムの王キング・マリナスは愕然としていた。
 城を守る屈強な衛兵達がたった一人の敵に殺され、
 王は今女王と共に玉座の間に追い詰められていたのである。
 しかもその敵は二人の娘にして王国の王女、
 セレーネだったのである。

 『ふふっ…この国の衛兵ってこんなに弱かったんですね…。
  わたしが前線に狩り出されていた訳が分かりましたわ…ふふふふ…。』

 「セ、セレーネ…その姿は一体…?
  何故このような事をしたのです…?」

 『何故…ですか?
  ふふっ…お母様、わたしはダークサタン様の下僕として生まれ変わったんです。
  この王国をダークサタン様に捧げる為に。』

 「何と…!!」

 『さぁ…お父様、お母様…。
  貴方がたにもダークサタン様の素晴らしさを教えて差し上げます…!』


< After… 

 こうしてマリーナ・キングダムの王女、
 セレーネはダーククロスの淫怪人、
 淫人魚・セレーネ=イヴィルマリンとなって、
 マリーナ・キングダムを支配しダーククロスの物とした。
 それによって海はダーククロスの物となり、
 人間の国家間の移動が大幅に制限される事となる。

 またセレーネも淫水魔軍に配属され、
 一度は退けた相手であるアティの部下となって、
 打倒セイバーズの為の戦力として働く訳だが…。

 それはまた別の話である…。


 END





あとがき

どうもはじめまして。
ふたばの悪堕ちスレで「なんとか機の人」として通っている(?)、
Mizuhaと申します。

今回は自作したなんとか機のパーツを使って作ったオリキャラにSSをつけてみました。
内容についてはふたばの悪堕ちスレから誕生した悪の組織、
ダーククロスの設定をお借り致しました。
アティ先生の扱いがひどくてすみませんm(_ _;)m
でもセレーネを「淫水魔」では無く「淫人魚」にしたかったので、
アティ先生には途中退場していただきました;
(アティ先生だと分身を同化させて淫水魔にしてしまうので…(^^;))

ちなみに18禁のSSを書いた事はほとんど無かったので、
内容が薄かったり描写が甘かったりするのはご容赦下さいm(_ _;)m
(個人的に行数制限をかけた影響もあります。)

なおこのSSを作った理由は、
オリキャラの絵付きSSを作りたかったと言う事の他に、
キャラクターなんとか機にはこのような使用法もあると言う事を伝える為と言うのもあります。
差分が簡単に作れるので、
各シーンに合わせた立ち絵を作りこのように合わせる事が出来るのです。
キャラクターなんとか機をお持ちの方はこのような楽しみ方をしてみるのもいかがでしょうか?
(言われなくても分かってる!とか言われそうですが…(^^;))

まあとりあえずこのような作品でも楽しんでいただけたなら幸いです。

2009/1/14 Mizuha