広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年10月25日

★「◯◯に行きました」を言えるようになろう!★

Hello there! 今日は、とってもよく使うフレーズ、「◯◯に行きました」を英語で言えるようになりましょう。

これさえ出来れば、「◯◯行ってきたよー!」と言ったり、SNSに書くことが出来ます★

まず、「行く」は英語で「Go 」ですよね?
「行った」は過去になるので「went 」

まずは簡単な文章作りから!
@行った+場所
・I went to a park. (私は公園に行きました)

多分、なんでparkの前に「a」がつくのかと思う方がいると思います。
名詞の前には冠詞(a,an,the)がつくから入れます。
この場合、公園はp(子音)から始まるのでaをつけます!母音から始まる場合はanになります。

じゃあ、「the」はいつ使うの?


もう既に、あなたがどこの公園に行くかを、話す相手に伝えていたとしましょう。
相手はもう、あなたがどこの公園に行ってきたのか知ってますよね?あらかじめ聞いているので。
その場合theを使うんです。
「I went to the park 」(あの公園に行ってきたよ)
となります。
「the」は具体的に特定されている時に使います。

もし、公園に行くことを伝えていない人に「I went to the park」と言ったら
相手は「え?あの公園って、どこの公園?」ってなるわけです。



では、次は誰と行ったのか言ってみましょう★
A行った+場所+人
・I went to a park with my friend.(私は友達と公園に行きました)
 withは「〜と」という意味があるので、必ず入れましょう。また、何人かの友達と一緒だったならfriendは複数形になります。friens.にしましょう。


今度は、いつ行ったのかを加えましょう。
B行った+場所+人+いつ
・I went to a park with my friend yesterday.(私は昨日友達と公園に行きました)

どうですか?場所や誰と、いつ、を変えれば簡単に自分の文章になります★


まずはこれくらいの文章から始めて行きましょう!

ではsee you next time!!
人気ブログランキングへ


2015年10月21日

★いろんなどういたしまして★

みなさんこんにちは★今日は「どういたしまして」のいろんな言い方を紹介します!

どういたしましても、軽い言い方から丁寧な言い方があります。

まずは軽い言い方から晴れ

・Okay.またはThat's ok.(いいよ、オッケーだよ)
 友達などの親しい間柄の人に使いましょう。

・Sure.(いえいえ)

・Any time.(気にしないで)直訳するといつでも=いつでも大丈夫だよ

・No problem.(問題ないですよ)

以下からは基本的な「どういたしまして」
・You're welcome.(どういたしまして)

・Not at all.(全然問題ないですよ)

・Don't mention it.(礼には及びませんよ)

・It's nothing.(礼には及びませんよ)

更にもっと丁寧な言い方★
・My pleasure.(こちらこそ)

・You're very welcome.(You're welcomeの丁寧な言い方)
 *veryのところをmostにしてもOK

最後に、一番丁寧な言い方
・It was all my pleasure.(こちらこそありがとうございました)


いかがでしたか?「ありがとう」と同じように、こちらもシーンに合わせて使うようにしましょう★
英語で日記をつけるのもおすすめですよ!
ではSee you next time!

人気ブログランキングへ


やさしい英語日記 [ 石原真弓 ]

価格:1,007円
(2015/10/21 16:51時点)
感想(0件)


2015年10月20日

★いろんなありがとう★

本日2度目の更新です★今回は、「ありがとう」の色んな言い方です。
日本でも色んな言い方がありますよね?英語も同じです。
その場に合った「ありがとう」を言えるとかっこいいですよね!

まずは軽い「ありがとう」

・Oh,Okay.(あ、どうも)
 これは親しい間柄で使いましょう。

・Thanks.(ありがと)
 カジュアルなお礼の言い方。

・Thank you.(ありがとう)
 これが基本のありがとう。

・Appreciate it.(ありがとう)
 *Appreciateは「感謝」という意味があります。感謝しています=ありがとうございます。で使う時もあります。


以下、もっと丁寧な言い方「どうもありがとう・本当にありがとう」
・Thanks a lot.
・Thanks a bunch.
・Thanks a million.
・I appreciate it.


以下、一番丁寧な「ありがとうございます」
・Thank you very much.
・Thank you so much.
・Thank you ever so much.

本当に色んな言い方があります。強い気持ちを伝えたい時は、
「Thank you so so much」とsoを2回繰り返して「本当に本当にありがとう!」と言う時もあります。

これらを最初から全部詰め込むと大変なので、シーン別にひとつづつ覚えてみて下さい★
でも、全部覚えなくても、目を通したり声に出すことは大事です。そうすることによって「触れる」ことができるからです。
何かの機会にこれらのフレーズが出てきた時にきっと意味は分かると思います!


いかがでしたか?目的やシーン別に「ありがとう」を使い分けてみて下さい晴れ


では、See you next time!


くもんの中学英語リスニング

価格:1,620円
(2015/10/20 19:29時点)
感想(10件)






ファン
検索
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。