就職・転職・バイトのホット情報


スポンサード・リンク

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

■ 大学生の就職希望先に異変?

リクルート社の調査によると、来春卒業予定の大学生の間では就職志望企業としてJR東海、JR東日本、三菱東京UFJ銀行など運輸、金融関係が上位を独占し、昨年は六位のトヨタ自動車が九十六位、同八位のソニーが二十九位に急落しているとのこと。(中日新聞:日本人の「自分探し」 週のはじめに考える:社説(CHUNICHI Web)

就職氷河期ならぬ、「就職超氷河期」とも言われる最近の情勢ならではの変化なのだろうが、長引く不景気、日本経済の閉塞感などに影響される学生たちの気持ちの変化も極端に揺れている感じがする。

超優良企業として、日本経済を引っ張ってきたトヨタ、ソニーの人気度の急落にも驚くが、これらの企業は将来への成長の布石としての投資や施策を確実に展開しているはずなのだが、こうしたリーディング起業に対する信頼も揺らいでいるということだろうか…

そんな中、若者の間に新たな変化が起きているという話もある。

                

■ 就職の決め手は写真?

スタイリストが“就活指南”- 就職の決め手は身だしなみ? と言う記事で第一印象の大切さを説明したが、似たようなことを取り上げている記事があったので記事にしてみたい。

「アナウンサー志望は写真にこだわれ!」という記事なのだが、

アナウンサーという職種はエントリーシートでの写真が大切と言うことはアナウンサーに興味がない人でも知っていることだと思う。


また、次のような興味深い意見もある。

                

■ 求人&転職 人気の派遣職種ランキング - ビジネスランキング

goo求人&転職 人気の派遣職種ランキング - ビジネスランキング - goo ランキングによれば人気の派遣職種は以下の順位となっている。

1. CAD設計・オペレーター

2. データ入力

3. 軽作業ワーク

4. 一般事務

5. 経理・財務・会計

人気転職職種と同様に、1位には一般事務・営業事務が来ると思っていたが、意外に1位は、CAD設計・オペレーターとなっている。コンピュータ技術、SEプログラマーなどの派遣登録者が相当数存在するということだろうか。

6位以下の人気職種は以下のようになっている。

                

■ 求人&転職 人気の転職エリアランキング

goo求人&転職 人気の転職エリアランキング - ビジネスランキング - goo ランキングが特集する人気の転職エリアは;

1. 東京

2. 神奈川

3. 千葉

4. 大阪

5. 福岡

と言う順番になっている。 大都市がズラリと顔を出しているが就職機会の多さからすると当然の結果と言うことか。

ただ、大都市は就職機会は多いものの同時に競争も厳しいわけで、他人に勝る強みを持たないと簡単に転職できるわけではないのだろう…

6位以下の人気転職エリアは以下の様に続く。

                

■ 求人&転職 人気の転職職種ランキング

goo求人&転職 人気の転職職種ランキング - ビジネスランキング - goo ランキングによれば、人気の転職職種として;

1.一般事務・営業事務
2.警備・清掃・ビル管理
3.旅行・運輸・物流
4.店舗・販売スタッフ
5.デザイナー・クリエイター


もっともつぶしがきく、一般事務・営業事務がトップとなっているのは納得しやすいこととして、2位に警備・清掃・ビル管理が入っているというのは就職・転職難のご時勢を反映しているということか。

5位以下には、次の職種が続く。

                

■ スタイリストが“就活指南”- 就職の決め手は身だしなみ?

「内々定者」から見る面接のポイント | みんなの就職・転職・資格ナビで紹介したように、就職面接での決め手は、意外に「第一印象」にあると書いた。

ところで、所変わってフランスの話。

見かけが重要視されるフランスでは、就職活動の面接に着ていく服装に工夫が必要。厳しい不況で希望する就職先や転職先が見つからないフランス人のなかには、服装に投資して面接に望もうとする人が増えているそうだ。

ここに目をつけたビジネスもあり、「依頼者の好みを把握し、300店以上のブティック・リストからお勧めの店を選び、詳しい助言を書き入れた資料を渡すこと。希望に応じて、依頼者の衣装だなをチェックし、不足しているものや色あいをアドバイスし、不要な服を捨てさせることもある。さらに、ショッピングにも同行する」サービスを提供しているとのこと。
オトコとオンナの事情・フランス編:第92回 スタイリストが“就活指南” 路地裏ブティック案内も - 毎日jp(毎日新聞)

                

■ 「内々定者」から見る面接のポイント

就職内定取り消しなどが相次ぎ、ますます厳しさを増す就職戦線だが、「「内々定者」から見る面接のポイント」という興味ある記事があったので、ここで紹介してみたい。

就職面接での決め手は、就職希望企業の研究と自己PRの技術と思いきや、意外と「第一印象」が大事だと言う。

いわく、「、第一印象が良ければ、そのまま評価が下がりにくいということがよく言われます。
第一印象が良い方は、会っているときに多少のミスをしても、あまり気にされない傾向にあることだけは知っておいて頂ければ・・・(2010年入社の就活「内々定者」から見る面接のポイント :: INSIGHT NOW!)」と言うこともあり、
「相手に与える印象を理解しておくことをオススメしていますので、就活仲間や、親戚のおじさんおばさん(自分のことを詳しく知らないけれども、好意的に解してくれる年齢の高い方)と会うなどして、見られ方という自己理解を行って頂くことも良いかも知れません。」と結んでいる。

参考にしてみてはいかがだろうか。

                

■ 不景気で進学ブーム

世界的な不況による就職氷河期は日本に限らず、世界のいたるところで起こっている。

オーストラリアでも資源輸出主導の経済に陰りが顕在化し、大学や大学院への進学者が急増しているとのこと。ちなみに、2月の失業率は5・2%と約4年ぶりの高水準で、就職難が進学ブームを加速している様子だ。

高校卒業後にボランティアなどの社会経験を経て大学に入るケースも多かったが、不景気で“回り道”の機会が閉ざされ、大学進学が増えた側面もあるようだ。
不景気で進学ブーム 豪、就職厳しく大学・院に - 47NEWS(よんななニュース)

                

■ 就職氷河期?雇用崩壊?

2009年3月26日に発表された文部科学省の調査によると、大学、短大、高等専門学校(高専)、高校を今春卒業予定で、企業などから内定を取り消された学生は3月1日時点で、計1469人に上ることが分かったそうだ。

調査は全国公私立校を対象に実施されたもので、就職内定辞退の示唆や採用条件変更などを打診された学生は計2093人にも及んだという。



                

■ 2010年春の就職戦線の行方

世界金融危機による景気後退により、2010年卒業予定の大学3年生の就職活動が例年になく早まっているという。

RKB毎日放送の取材を閲覧する機会を得たが、動画で紹介されていた大学生のコメントには、就活の行方を心配する声が多く聞かれる。

単に就職への不安ばかりでなく、就職した後の会社の存続まで心配する声もあり日本経済の成り行きそのものへの不安も大きいようだ。

2〜3年前までの活況を呈した就職戦線に大きな変化が生まれているが、こういう時期だからこそ自らを磨き、信念を持って行動したいものだ。


                

>> このページの先頭へ就活を応援![en]学生の就職情報
>> 次へ

スポンサード・リンク

Copy Right 2007 みんなの就職・転職・資格ナビ All Rights Reserved