広告

posted by fanblog
カテゴリアーカイブ
プロフィール

LoY
映画好き!音楽好き! アメリカの片田舎でサバイバルするLoyです。 日本にも行き来します、ただいま敬語に悪戦苦闘中。 人生ハッピーでいたい!ポジティブに生きる。 モットーは郷に入れば郷に従え。 楽しいこと、おしゃべり、大好きな単純な女です。よろしくね!
エンターテイメント・リンク集
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事

広告

posted by fanblog
2008年09月16日
幸福な人生の見つけ方



The Bucket List 2008


幸福な人生の見つけ方



素敵な邦題です。


楽しみだった!見たかったし、すごいよかった!
ジャックニコルソンだよ!?彼って面白い!ほっぺたつねりたい。



お話は2人の男性が、余命を言い渡されてからのお話。


でもさ、アメリカって65過ぎるともうガンだの病気だの、って病床に就く人が多いように思うけれど、

それに比べて日本はやはり長生きする人も多い。全員が健康なわけでは決してないけれど、私のおばあちゃんが88歳だと言うととても驚かれることがある。そして(さすが日本人)と言われてしまう。


ま!


とにかく最初はシリアスに話が進むものの、Sean Hayesショーンヘイズ(Will&Graceのジャック!)が出てくるところで吹き出しそうになる。笑 


というか話がどんどん明るい方向へ進んでいくので、こういうの観客の気をとても引いていると思う。


そして彼らの言うこと一言一言メモしておきたいくらい、覚えておきたいくらい言いことを言うような気がする、もちろんメモしてない私は覚えてないけど。爆 


Bucket Listとは彼らが死ぬ前にやって置きたいことを書いたもの。(Before you kick the bucket)


基本的にこの2人の性格が違うし、意見も違うし、信じることも違うけど、なぜか意気投合してしまう。そして死ぬ2,3カ月前に初めて出会ったのにもかかわらず、お互いに忘れられない存在になってしまう。


最後のシーンもとても良いです。涙出そうになったけど、止めた。笑 


そして、エンドクレジットへ。


そしてジョン・メイヤー(エンディングソング)。みたいな流れ。笑




この作品は見ていて損ないと思います。あ、でもこれも偏見なのかな、前回の記事でAnti-Chick Flickみたいな言い方してしまった私だけど、


反対にこういう映画(Bucket List)みたいなのは大好きなんですよね。だからべた褒め。

そんなテキトーさですよ、私の映画評論は。笑 




う〜ん、いまさら『あのジャックニコルソンが怪演!』とかぶっこくつもりもないし、ジャックニコルソンなんだから面白いに決まってるじゃん。

う〜〜ん、とにかくおすすめ!


そして自分のBucket Listを考えてみようかとか、Did I find a joy in my life? と自問自答して「あったりまえじゃん!」とか答えてみてもしょうがない


もしこの映画を私の歳でみるのなら、ずうずうしくもこれから50年以上は生きようとか思っているのなら、もう少しいろいろ考えてみても損はないと思う。




とにかく彼らが向きになってBucket Listの中身を空にすべく、いろいろな事に挑戦していくのが面白いです。

スカイダイビングとか、世界中のすっごいところ(景色のいいところとか)をまるでどこでもドアをもってるかのように、過密スケジュールで回っていく(所を見ている)面白さ。


どこでもドアがあればなあ。。。と思い、「のび太は一体何をしているの?贅沢な奴め!」とか言いたくなっちゃう。


本当にそこの場面が出てきて(CGかそうじゃないかは別として)、彼らがいろんなことをやっていくのを見るのが気持ちいいし、モーガンフリーマンの浮かれ様も良い。



最後終わり方も満足だし、おすすめ!!






Posted by LoY at 14:28 | カ行 | この記事のURL
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。