2020年10月08日

野猿 「Be cool!」 大スターと素人スタッフが一体となった、魂の名曲

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回は野猿の「Be cool!」を取り上げてみたいと思います。


撤収 [ 野猿 ]

価格:2,630円
(2020/10/9 14:08時点)
感想(2件)


続きを読む
posted by takeki777 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年10月06日

V6「WAになっておどろう」 老若男女問わず、みなに伝わるメッセージソング

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回はV6の「WAになっておどろう」を取り上げてみたいと思います。



【中古】V6/ “HAPPY”COMING CENTURY,20TH CENTURY FOREVER

価格:248円
(2020/10/7 13:23時点)
感想(0件)


続きを読む
posted by takeki777 at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年09月28日

SIAM SHADE(シャムシェイド)「1/3の純情な感情」 ハードロックに包まれた、90年代の名曲。

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回はSIAM SHADEの「1/3の純情な感情」を紹介したいと思います。



【中古】 SIAM SHADE /SIAM SHADE 【中古】afb

価格:715円
(2020/10/1 11:22時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年09月11日

H Jungle with t 「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」時代を壊して、何かを叫べ!

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回はH Jungle with t(浜田雅功さんと小室哲哉さんのユニット)の、「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」を取り上げたいと思います。



【中古】 春はまだか /浜田雅功 【中古】afb

価格:300円
(2020/9/14 13:20時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年09月08日

GRAPEVINE(グレイプバイン)「光について」 光について、叫んだっていい

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回はGRAPEVINE(グレイプバイン)の「光について」を取り上げたいと思います。



【中古】 デラシネ /GRAPEVINE 【中古】afb

価格:300円
(2020/9/9 13:59時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年09月04日

Dragon Ash(ドラゴン・アッシュ)「陽はまたのぼりくりかえす」 早熟の天才、降谷建志の紡ぎだすストレートなロックナンバー

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回はDragon Ash(ドラゴン・アッシュ)の「陽はまたのぼりくりかえす」を取り上げたいと思います。



Viva La Revolution [ Dragon Ash ]

価格:2,631円
(2020/9/4 13:30時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年09月02日

BLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)「SWEET DAYS」 悪い少年が魅せたポップスの境地

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回はBLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)の「SWEET DAYS」を取り上げてみたいと思います。


【中古】 BLANKEY JET CITY 1997−2000 /BLANKEY JET CITY 【中古】afb

価格:715円
(2020/9/2 14:06時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年08月19日

MOON CHILD(ムーンチャイルド)「ESCAPE」(エスケイプ) テクニック集団が見せた、ポップスへの愛

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回はMOON CHILD(ムーンチャイルド)の曲「ESCAPE」(エスケイプ)を取り上げてみたいと思います。


コンプリート・ベスト [ MOON CHILD ]

価格:3,542円
(2020/8/19 13:18時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年08月17日

尾崎豊 「I LOVE YOU」彼の願望を、体全体で振り絞って紡いだ歌

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回は尾崎豊さんの「I LOVE YOU」を紹介したいと思います。


街路樹(2枚組スペシャルエディション) [ 尾崎豊 ]

価格:3,771円
(2020/8/18 10:33時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年08月06日

FUNK THE PEANUTS(ファンク・ザ・ピーナッツ)「恋の罠しかけましょ」 二人の絶妙なコーラスワークとエネルギー

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回はFUNK THE PEANUTS(ファンク・ザ・ピーナッツ)の「恋の罠しかけましょ」を紹介したいと思います。



【中古】 恋の罠しかけましょ /FUNK THE PEANUTS 【中古】afb

価格:110円
(2020/8/10 11:38時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年07月27日

L⇔R 「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」 いつまでも色あせない、普遍的ポップス

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回はL⇔Rの「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」を紹介してみたいと思います。


【中古】 【8cm】KNOCKIN’ON YOUR DOOR /L⇔R 【中古】afb

価格:110円
(2020/7/28 10:28時点)






続きを読む
posted by takeki777 at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年07月10日

WANDS 「世界が終るまでは…」 スラムダンクとベストマッチの名曲

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回はWANDS(ワンズ)の「世界が終るまでは…」を取り上げてみたいと思います。


SLAM DUNK Blu-ray Collection 1【Blu-ray】 [ 草尾毅 ]

価格:15,123円
(2020/7/11 10:10時点)






続きを読む
posted by takeki777 at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年07月06日

稲垣潤一 「クリスマスキャロルの頃には」 渋さで奏でた大人の名曲

90年代の名曲を紹介するブログ。



今回は稲垣潤一さんの「クリスマスキャロルの頃には」を取り上げてみたいと思います。




【中古】 【8cm】クリスマスキャロルの頃には/時の岸辺 /稲垣潤一 【中古】afb

価格:300円
(2020/7/9 10:25時点)








この歌は1992年発売で、僕はリアルタイムで聴いた記憶がないのですが、(僕は1981年生まれ)後からこの曲の存在を知って、とても素晴らしい曲だなあと思いました。






はじめて稲垣潤一さんが歌っている姿を見たときは、なんかまじめそうだなあ(笑)という印象




市役所の人かと思っていました(笑)






稲垣さんは中学時代からバンドを始め、横須賀の米軍キャンプなどでの下積みをへて、29歳の時にデビュー。




遅咲きの感じが、大人の色気をかもし出していたのかもしれません。






デビューからそこそこの売り上げは出していたのですが、なかなか大ヒットの機会がなく、



一発屋のイメージがあったそうです。



しかし、今回の曲「クリスマスキャロルの頃には」で爆発的ヒットを記録。




オリコン1位、総数180万枚のミリオンヒットを記録します。



microphone-1562354_640.jpg







稲垣さんは、ほぼ自作曲がないのですが、他人が作った曲を昇華するのが非常にうまい歌手だと思います。




今回紹介した「クリスマスキャロルの頃には」は、作詞、作曲とも稲垣さんではありません。




でも、あたかも自分で作ったかのように、自分の歌のように歌っている。





これはなかなかできるようで、難しいことだと思います。





「クリスマスキャロルの頃には」の発売までに、あらゆる曲を歌いこんできたからこそなせる技。





渋さ、大人の雰囲気、そこに稲垣さんの歌声が合わさって、独特の世界観を出していると思います。








この曲はシティポップを彷彿とさせます。


シティ・ポップ (city pop) は、1970年代後半から1980年代にかけて日本でリリースされ流行した、ニューミュージックの中でも特に都会的に洗練され洋楽志向のメロディや歌詞を持ったポピュラー音楽。






どこの場所という限定がなく、都会的で洋楽志向の曲。





当時歌謡曲の流れの中にも、シティポップが入ってきました。





まさに稲垣さんの曲はシティポップの代表格といってもいいでしょう。








「クリスマスキャロルの頃には」のサビの歌詞。



クリスマスキャロルが
流れる頃には
君と僕の答えも
きっと 出ているだろう
クリスマスキャロルが
流れる頃には
誰を愛してるのか
今は見えなくても…






この歌詞もメロデイーとあいまって、都会的な雰囲気。




稲垣さんの表現によって、それまでの歌謡曲とは違った、不思議な感覚をおぼえます。






今でもテレビで見る機会が多いと思われる「クリスマスキャロルの頃には」




特に冬の歌ではないという製作者の話です。




夏に聴いて、冬をイメージしてみるのもいい。




90年代の名曲で、21世紀に残したい名曲です。




30周年記念ベスト〜テーマ・ソングス〜(2CD) [ 稲垣潤一 ]

価格:2,901円
(2020/7/9 10:23時点)





稲垣潤一 25th BEST Rainy Voice 〜greatest hits & mellow pop〜 [ 稲垣潤一 ]

価格:2,619円
(2020/7/9 10:23時点)






【中古】Super Best〜Single Hits Collection〜/稲垣潤一CDアルバム/なつメロ

価格:2,156円
(2020/7/9 10:24時点)







posted by takeki777 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年07月03日

川本真琴 「1/2(にぶんのいち)」みずみずしさにあふれた青春ソング

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回は川本真琴さんの「1/2」を紹介したいと思います。


【中古】 1/2 /川本真琴 【中古】afb

価格:300円
(2020/7/6 10:03時点)






これは僕のように1980年近辺に生まれた人なら知っていると思いますが、それ以外の人はあまり知らないはず。





川本真琴さんは、福井県出身のシンガーソングライター。





この「1/2」でもギターをかき鳴らした、ミュージックビデオが印象的でした。





イメージとしては、ちょっとボーイッシュな、やんちゃな女の子。





でも、それはレコード会社が無理やりつけた、企画の姿だったようで、本人も相当に悩んだそうです。




このまま偽りの自分を演じていても、音楽活動に限界が来る。




本当はピアノをやってきたのに、ギターのイメージを付けられている。





などなど本人の中でも、音楽活動に対する葛藤はかなりあったそうです。






途中からインディーズへ転向し、締め切りのないレコードリリース。




本来の自分の色を出せるスタイルで活動をして、彼女らしさが出せるようなったということ。




音楽業界にはありがちなんですが、「企画もの」という形で、無理やり枠をはめられてデビューさせられるケースが多々あります。




最近の音楽はそうでもないですが、90年代は特にその傾向が強かった。




CDがたくさん売れる時代だったからでしょう。



1発でも大きいものを当てれば回収できる。




そのためには、個性も、キャラクターも、性格さえも変えることがミュージシャンには求められたのです。




川本真琴さんも、そんな音楽業界の犠牲者かもしれません(言い方は悪いですが)



cd-2588173_640.jpg




デビュー曲はほかの人の作品でしたが、



1997年に発売され、累積売上73.1万枚(オリコン調べ)を売り上げた自身最大のヒットシングル。






この名曲を自分の作詞、作曲で成し遂げます。




僕の感じた印象としては、かなり早いテンポの中に、無理やり歌詞を詰め込んだような新たなスタイルだなあと思いました。




でも、僕はメロデイーがとても良く聴こえたので、歌詞のほうはあまり聴いていませんでしたが(笑)






本人がこのヒット時にどれほど満足していたかどうかはわかりません。






でも、自分の作詞と作曲が、世の中に通用するということだけはわかったのではないでしょうか?






何というか、自分の納得いかない世間的なイメージを押し付けられても、自分の表現を貫いた彼女の強さみたいなものを感じました。




「1/2」のイメージとしては、ミスチルの音符に歌詞をつめる感じで、さらに速さを速くした感じです。






冒頭は確か歌と演奏、同時ではじまったように記憶しています。




背中に耳をぴっとつけて 抱きしめた
境界線みたいな身体がじゃまだね どっかいっちゃいそうなのさ






川本真琴さん自身も歌詞は曲についている付属品みたいなイメージがあったそうなんですが、個性が出ていて、改めて文章にしてみるとなかなかいいなあという感じです。






Bメロも 爽快な感じで、歌詞も詰め込んだ感じだけどしっかり聴こえてきて、ちょっとピアノで作った感じの変な雰囲気のコード進行もでてきて、サビに向かって盛り上がっていきます。





かわりばんこでペダルをこいで
おじぎのひまわり通り越して
ぐんぐん風をのみこんで そう飛べそうじゃん
初めて感じた君の体温 誰よりも強くなりたい
あったかいリズム 2コの心臓がくっついてく





当時この曲を聴いた若かった僕は



「2コの心臓がくっついていく」という表現に胸がキューンとなった想い出があります。



こういう青春にみちあふれた歌は、今おじさんになってもやっぱり元気がでます。



そしてサビの部分



唇と唇 瞳と瞳と 手と手
神様は何も禁止なんかしてない 愛してる 愛してる 愛してる
あたしまだ懲りてない 大人じゃわかんない
苦しくて せつなくて 見せたくて パンクしちゃう
そっぽ見て待ってるから ポッケの迷ってる手で ほっぺに触れて
恋してるチカラに魔法をかけて





このあたりの歌詞を読めば思い出す人も多いんじゃないでしょうか?





サビの歌詞もやっぱり青春の頃に感じていた、ドキドキ感、すべてが新鮮に感じられる感。



そんなみずみずしさが伝わってきます。




知らない人が多いと思われる川本真琴「1/2」。



ぜひ探し出して、聴いてほしいと思います。



90年代の名曲として、僕の想い出の1曲です。



【送料無料】 川本真琴 カワモトマコト / The Complete Singles Collection1996〜2001 【Blu-spec CD】

価格:3,374円
(2020/7/6 10:41時点)





【中古】 川本真琴/CD/SRCL-3946 / 川本真琴 / ソニー・ミュージックレコーズ [CD]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:328円
(2020/7/6 10:42時点)


posted by takeki777 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年07月02日

RAZZ MA TAZZ(ラズ マ タズ) 「Season Train」もっと世間に知ってほしかった名曲

90年代の名曲を紹介するブログ。



今回はRAZZ MA TAZZ(ラズ マ タズ)の「Season Train」を紹介してみます。

【中古】 【8cm】It’s Love /RAZZ MA TAZZ 【中古】afb

価格:300円
(2020/7/2 10:40時点)






ラズマタズはかなりコアな音楽ファンしか知らないと思います。




僕がこのバンドの存在を知ったのは、ラジオでした。




NHKで夜にやっているラジオで、期待の新人として紹介されたのです。





たしかに、曲を聴いても素晴らしい。






そのラジオも一押しで、毎週のようにラズマタズをかけていました。









ポストミスチルの声も高く、ミスチルの系譜をひいていながら、独特の音楽スタイルで世間に広がっていくはずでした。





しかし、いい曲を作るんだけど、なかなかメジャーシーンであらゆる人に浸透していくまでに至らなかった気がします。





メンバーは以下の通り




阿久延博(あく のぶひろ、1969年7月18日 - )ボーカル

三木拓次(みき たくじ、1969年6月11日 - 2002年7月29日。享年33)ギター、作曲担当

横山達郎(よこやま たつろう、1970年1月18日(50歳) - )アコースティック・ギター、リーダー

入江昌哲(現・入江昌樹)(いりえ まさあき、1970年11月15日(49歳) - )ベース

三村隆史(みむら たかふみ、1965年9月6日(54歳) - )ドラムス






ギターのアンサンブルがとても素敵で、素朴なサウンドが特徴的でした。





そして、ボーカルの阿久さんのなんとも言えない歌いまわし。



決してうまいタイプではありません。



でも、一生懸命歌っているスタイルが、人の心を動かしたのでしょう。



concert-768722_640.jpg






ラズマタズには様々な名曲があるのですが、今回は「Season Train」を取り上げます。




この曲がラズマタズの中では、僕が一番好きで、さわやかな日本の季節を感じます。





1995年に発売。





CMやラジオ番組のエンディングテーマに起用されたこともあり、認知度が高まっていきます。






冒頭の歌詞です。



2人分の荷物を ほどいた夜を
忘れそうになる日も たまにあるけど
駅前のバス通り 見慣れた街は
不安そうな僕らを 包んでくれる




このあたりは、軽快なリズムで進んでいきます。ボーカルの阿久さんが書いた歌詞も、どこかあどけなくて、好感が持てます。



そして、Bメロ。サビまでにつなぐ、大切な部分です。このBメロの構成とメロディーが非常に素晴らしい。




ただの偶然じゃなく 出会ったこの世界で
冷たい頬をよせて Ah- 同じ空を見上げてる




冒頭ではそんなに変化はないメロディーだったのに、ここにきて、サビを引き立てる動きのあるメロディーが登場してくるところがにくい!





そしてサビ。




明日を踏みしめて 僕らはゆく
待ちきれない季節の 予感に 載せて
2人の幸せが 積もるように
今夜 雪が降り出す This is the Season Train in my heart





歌詞の中には雪という言葉が出てきます。




そこがこの曲を限定してしまった原因かとも思います。






べつにこの曲は「冬」という感じは受けず、四季が移り変わっていく中での、二人の恋心をさわやかに歌い上げている曲だと思うのですが。



「冬」に流行らせたいという、レコード会社の思惑もあったのでしょうか?



何かもったいないような気がします。




聴き終わった後の爽快感は、なかなか味わうことのできないもの。



のどがカラカラの時に飲む、ジュースのような感覚です。





今となっては、曲を見つけること自体が難しいかもしれません。





でも、一度はきいてほしい。




影に隠れた、90年代の名曲です。



Best Season Collection〜Autumn〜Winter〜 [ RAZZ MA TAZZ ]

価格:2,778円
(2020/7/2 10:39時点)






【中古】 Season Train /RAZZ MA TAZZ 【中古】afb

価格:300円
(2020/7/2 10:41時点)






Best Season Collection 〜Spring〜Summer〜 [ RAZZ MA TAZZ ]

価格:2,367円
(2020/7/2 10:42時点)




posted by takeki777 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年06月30日

Le Couple(ル・クプル) 「ひだまりの詩」

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回は、Le Couple(ル・クプル)の「ひだまりの詩」を紹介してみたいと思います。



【中古】 【8cm】ひだまりの詩/夕映え/Wishes /Le Couple 【中古】afb

価格:110円
(2020/7/1 09:20時点)






ルクプルは、夫婦で活動した音楽ユニット。



「Le Couple」というのは、フランス語で夫婦やカップルという意味があります。




代表的な歌は、やはりこの「ひだまりの詩」。





ドラマの挿入歌にも使われていたみたいで、みなさんもどこかで聴いたことがあるのではないでしょうか?





メンバーは二人。




藤田恵美(ふじた えみ、1963年5月15日(57歳) - )東京都清瀬市出身、ボーカルと作詞担当

藤田隆二(ふじた りゅうじ、1963年11月7日(56歳) - )東京都板橋区出身、ギターほかと作曲担当






ボーカルの藤田恵美さんは、幼いころから子役として芸能界で活動していたそうです。



コーラスグループにも入っており、中学1年で演歌歌手としてデビュー。
しかし売れずに引退。



その後は不動産屋に勤務しながら、アマチュア歌手として、ライブハウスで活動をしていたそうです。




一方パートナーの藤田隆二さんは、中学からギターを始め、21歳の時にライブハウスの専属バンドに加入します。



ここで、藤田恵美さんと出会うことになります。



1990年に結婚後、音楽活動を一時停止。






結婚後、3年ほどして、ふたりで趣味として音楽活動を再開して、オリジナル曲を作り始めたそうです。



その後、ライブハウスに出演中の2人がスカウトされて、デビューするという運びになりました。




デビュー後はなかなかヒット曲が生まれませんでしたが、1997年に発売した、シングル「ひだまりの詩」で大ヒットを記録。



180万枚売り上げ、紅白にも出場したそうです。




僕も昔、プロのバンドマンを目指していたので、ときおりライブハウスで、男女のユニットの演奏を見かけたことがあります。




男性がギターで、女性がボーカルだったり、



男性がピアノで、女性がギターボーカルだったり。



そういう人たちはアコースティックな演奏をする人が多く、中には相当に熟練していて、いい歌を歌っている人もいました。



どちらかというと、少人数のライブハウスで活動しているような人たち。






そのような中で、デビューにこぎつけたというのは、かなりの偶然と、2人の才能があったからでしょう。





売れた曲はこの「ひだまりの詩」だけですが、180万枚も売れたら、もうウハウハなんだろうなあと思ってみたりします(笑)






冒頭の歌詞から、さわやかな世界が展開されます。



逢えなくなって どれくらいたつのでしょう
出した手纸も けさボストに舞いもどった
まどべにゆれる 目をさました若葉のよに
長い冬を越え 今ごろきづくなんて






やさしげな、クラシックギターがいい味を出していたのを思い出します。






やはり、アコースティックでライブを続けてきた二人。



大げさな味付けはいらず、素朴な演奏で、歌を引き立てるような構成になっています。




とてもシンプルなメロディ。



作詞、作曲したのは、ルクプルではないのですが、藤田恵美さんの世界観に見事にハマっているような気がします。






まるで童話のように素直で、純朴な冒頭。





「逢えなくなって どれくらいたつのでしょう」



という部分は、印象的な出だしでした。






90年代にはルクプルのように、名曲を歌ったユニットがたくさんいました。(あまり知られていない)




カズン、花花、ラブサイケデリコなど。






そういったユニットものちのち紹介していきたいと思います。






そしてサビの部分に入ります。



どんなに言葉にしても足りないくらい
あなた爱してくれた すべてつづんでくれた
まるで ひだまりでした





「足りないくらい〜」の部分の伸びがとても気持ちいいです。




ルクプルの二人の穏やかな雰囲気にマッチした、とても素晴らしい名曲です。





21世紀に残したい歌というランキングにも、トップ100に入ってくるような、歌い継がれてほしい曲。




一過性でない、普遍的なメロディーを感じさせます。






「ひだまりの詩」のように、一見世間の注目を浴びていないような曲でも、素晴らしいものはたくさんありあす。



21世紀になっても、本当に歌い継がれてほしい。



そんな想いがこみあげてきました。



ルクプルの作品、今改めて聴きなおしてみてください。



現代音楽にはない、ゆったりとした時間の流れを感じることができると思います。


【中古】 love&tears−あの頃の恋のうた− /(オムニバス),DJさとけん,I WiSH,Something ELse,Le Couple,椎名林檎,スガシカオ, 【中古】afb

価格:1,518円
(2020/7/1 09:19時点)











【中古】 ひとつ屋根の下2 オリジナル・サウンドトラック/CD/PCCR-00255 / TVサントラ, 大久保実子, ニッキー・リチャーズ, Le Couple, ブリット・サ / [CD]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:328円
(2020/7/1 09:21時点)





posted by takeki777 at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年06月22日

沢田知可子 「会いたい」 歌が好きだという純粋な想い

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回は沢田知可子さんの「会いたい」を紹介してみたいと思います。



【中古】 【8cm】会いたい /沢田知可子 【中古】afb







みなさんこの曲はこぞんじでしょうか?



僕は今聴いても、鳥肌が立ちます。


時には涙が出そうになります。






いくつになっても、僕のこの歌に対する気持ちは変わらないでしょう。





そして、この歌は永遠に歌い継がれていくでしょう。








抜群のメロディー。心に突き刺さるような歌詞。




そして沢田知可子さんの、熱のこもった圧倒的なボーカル力。








沢田知可子さんは岩手県の生まれ。





中学校卒業後に埼玉県の交通安全協会に勤務したのち、ライブハウスでの活動を始めます。








渋谷のライブハウスにデモテープを持っていき、「業界の方に渡してください」といったことから、デビューが決まります。








1987年にデビュー。






1990年にアルバム『I MISS YOU』からシングルカットされた「会いたい」が長期にわたるロングヒットでシングルセールス130万枚を達成。





1991年の『第24回全日本有線放送大賞』ではグランプリを受賞。この年の『第42回NHK紅白歌合戦』にも出場。




一気にスターダムにのし上がります。



microphone-1003561_640.jpg





とは言っても、沢田さんは自分自身の環境の変化を、そこまで驚いた様子でもなかったと、当時記憶しています。




ただ歌が好きだった。



歌を愛していた。



そんな風に感じました。









ただ彼女は歌を愛し、一生懸命に表現している。



彼女の体から出てくるエネルギーの大きさのようなものを、当時感じていました。





作曲は財津和夫さん。大御所です。



作詞の沢ちひろさんの直接的な表現も、人を引き付ける力がありました。





微妙な関係性の中で作られた、「会いたい」という作品。





最初は穏やかなイントロから、Aメロが始まるんです。





ビルが見える教室で
ふたりは机並べて
同じ月日を過ごした
すこしの英語とバスケットそして
私はあなたと恋を覚えた





ここまでを読んでいると、日常の恋愛の風景で、これからの展開が急にかわるなんて思わない。



淡々と美しいメロディーが進んでいく。




そしてふと気を抜いた瞬間に次の歌詞が耳に飛び込んでくるんです。



あなた夢のように死んでしまったの




えーっ! うそー!




始めて聴いた時は中学生くらいだったので、かなりの衝撃を受けましたよ。





いい感じに恋をしていた男性が、ある日突然死んでしまった…





ここまでダイレクトな表現があって、ミリオンセラーになったという歌も珍しいでしょう。





わざわざ人はCDを買って、悲しい気持ちになりたくはない。




でも売れたのは、曲がものすごいエネルギーを持っていたからだと思います。






サビの歌詞。




今年も海へ行くって
いっぱい映画も観るって
約束したじゃない
あなた約束したじゃない
会いたい






このサビの部分の

「約束したじゃない」
「あなた約束したじゃない」





という繰り返し。





この部分が、もうなんとも言えない気持になります。






約束したのに。



あなた、約束したのに。




でもいなくなってしまった。




しかも、永遠に会えなくなった。






僕はこの歌を聴くたびに、




「命って何だろう」



と考えるんです。




人は毎日自分の命があることを当たり前に思って生きている。




でもふとしたことから、周りの近しい人の命が消えてしまうかもしれない。





そして自分の命も、たった今の瞬間にあることだけでありがたいんじゃないか。




まあそこまで深く考える必要はないんですが。






この歌は、メロディーでも、歌詞でも人の心を揺さぶる相当な力を持った楽曲です。




是非一度聴いてほしいです。



ここまでの曲はなかなかありません。





知っている人も、もう一度聴きなおしてみるのもいいでしょう。





僕も、初めて聴いた時の衝撃を思い出しながら、もう一度聴きなおしてみたいと思います。



一期一会 プレミアム ベスト [ 沢田知可子 ]

価格:2,421円
(2020/6/24 13:11時点)




LIFE〜シアワセの種〜 [ 沢田知可子 ]

価格:2,842円
(2020/6/24 13:12時点)




エッセンシャル・ベスト 沢田知可子 [ 沢田知可子 ]

価格:1,540円
(2020/6/24 13:13時点)


posted by takeki777 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年06月19日

センチメンタル・バス 「Sunny Day Sunday」

90年代の名曲を紹介するブログ。



今回はセンチメンタル・バスの「Sunny Day Sunday」を紹介しようと思います。



【中古】 Sunny Day Sunday /センチメンタル・バス 【中古】afb






今回センチメンタルバスを紹介しようとおもったのは、このブログを立ち上げる際でした。



メモ帳に思いつく限りのアーティストを書いていたんです。




そしたら、たくさんの過去の思い出がよみがえってくること。



そのかすかな記憶の中に、「センチメンタルバス」がいたんです。




30代の人は知っているかもしれませんが、かなりコアな音楽ファンじゃないと知らないと思います。






ポカリスエットのCMに使われたので、冒頭の


「39度のとろけそうな日」




という部分を聴いたら「あー、なんか懐かしいなあ」っていう人もいるかもしれません。




メンバーは以下の通り




NATSU(赤羽奈津代 あかばねなつよ、1974年10月3日 - )- 神奈川県横浜市出身、O型、ボーカル・ギター・作詞担当。

アキノリ(鈴木秋則 すずきあきのり、1974年7月2日 - ) - 神奈川県平塚市出身、A型、キーボード・作曲担当。ひらつかレコードを旗揚げした一人。






このセンチメンタルバスなんですが、一応バンドということになっています。



他に正式ではないメンバーがいたかどうかはわかりませんが。



ボーカルのNATSUさんの独特な声が印象的でした。



カラッとしていて、ちょっとハスキーな声。よく通る声で気持ちよかった記憶があります。



そしてキーボードのアキノリさん。





ミュージックビデオとか、テレビ番組とかで、ハチャメチャな動きをしていたような記憶があります。



歌の最後にドラをたたいていたような記憶も(笑)




とにかく元気あふれるバンドで、「Sunny Day Sunday」は、野球の応援歌をモチーフとした、素晴らしいメロディーの作品でした。




action-1850887_640.jpg





冒頭の歌詞です。これがサビにあたる部分です。



39度のとろけそうな日
炎天下の夢 Play Ball! Play Game! "
せーの"で走り出す
デートならデーゲーム
遊びたい年頃なんて訳じゃないけど







行進曲のようなビートで体が自然と動くような曲調。



爽やかなポカリスエットのCMの雰囲気に、マッチしていました。







「Sunny Day Sunday」は

センチメンタル・バスのメジャー4枚目のシングル。

1999年発売です。






惜しくも2000年に解散してしまうんですが、




その理由が、「仲が悪かった」という単純なもの。



ハッキリしていてわかりやすい(笑)



それにしても、いい曲を作っていたのに、1年で解散するとは驚きです。







でも、音楽界にはこうして才能を持った人がたくさんいるんだなあと、改めて思いました。



光が当たらない人もたくさんいる。



でも、一瞬光が当たって、素晴らしい作品をこの世の中に残してくれる人がいる。




まさにセンチメンタル・バスは、一瞬のエネルギーで、大衆と一瞬つながった、奇跡の存在です。



そんなアーティストが日本にはたくさんいます。




いままで紹介してきた中で、おそらく一番名前を知られていないでしょう。




でも、名曲度はかなり高い。






これまでセンチメンタルバスを知らなかった人には、ぜひ聴いてほしい。



インターネットで調べても、かなり情報は少ないです。






でも、何とかして、作品を見つけてみてください(笑)




僕もこの記事を書くのに相当苦労しました(笑)




【中古】 Sunny Day Sunday /センチメンタル・バス 【中古】afb










【中古】 BEST SUMMER /(オムニバス),Whiteberry,Puffy,TRF,センチメンタル・バス,T.M.Revolution,吉川晃司,MOON CH 【中古】afb




posted by takeki777 at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年06月15日

晴山さおり「一円玉の旅がらす」 NHKみんなの歌から出た、異例のヒットソング

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回は晴山さおりさんの「一円玉の旅がらす」を紹介してみたいと思います。







この歌は僕くらいの世代だったら、NHK「みんなの歌」で聴いたことがある人も多いのではないでしょうか。



1990年に発売されたこの歌。
  


作詞:荒木とよひさ/作曲:弦哲也という超大物コンビニよる作品です。



荒木とよひささんといえば、作詞の代表作は




・テレサ・テン「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」




弦哲也さんといえば、代表作は

・石川さゆり「天城越え」




この二人がタッグを組んだ、かなりすごい作品なのです。




晴山さおりさんは「一円玉の旅がらす」で第32回日本レコード大賞最優秀演歌新人賞を受賞。

11もの新人賞を総ナメにしました。

money-2696228_640.jpg





晴山さおりさんは幼少のころから、すでに才能を持っていました。



小学生時の時にビクター少年民謡会に参加。



1988年、NHKのど自慢に出場し、歌謡曲の部グランドチャンピオンを受賞。




16歳にして、NHKみんなの歌で「一円玉の旅がらす」を歌っています。




演歌歌手として、デビューしていますが、



途中からポップス路線に変更。






現在でもステージに立って歌っていらっしゃるそうです。



way-918900_640.jpg




この「一円玉の旅がらす」には面白いエピソードがあります。




1989年当時。



消費税が初めて導入されます。



竹下総理大臣の頃だったと思います。



100円のものを買ったから、3円が必要になる。




とにかく1円玉が大切になった時期だったんですね。



そんな様子が歌詞にも現れています。




冒頭の歌詞



一円玉の旅がらす
ひとりぼっちで どこへゆく
一円玉の旅がらす
あすは湯の町 港町





1円玉がいろいろな場所を旅している様子が描かれています。




1円が日本中を駆け巡っていたころ、というイメージでしょうか。



そしてその次のパートでは



一円だって一円だって
恋(こい)もしたけりゃ夢もある
ああ 出世街道(しゅっせかいどう)どこへゆく





1円という、人々があまり価値を感じていなかった存在。(1円玉を大切にしていた人もいるでしょうが)





その1円だって、恋もしたいし、夢もありますよ(笑)




1円が出世街道を上がっていった懐かしい時代でしたねえ~。





とにかくメロディーが素晴らしい。



そして、NHKみんなの歌で流れた、映像がすばらしかったですね。




そしてやっぱり、演歌調だったのが、ヒットした秘密だったような気がします。





この歌は1円玉の出世模様を表すために、こぶしのきいた演歌調でなければならなかったのかもしれません。




ポップス調だったら、さらっと耳に流れて、人々の関心を集めていなかったかもしれない。




そのあたりをしみじみ感じながら聴いてみてください。

















女性演歌 ベスト30【新品CD2枚組】歌詞カード付





青春歌年鑑 演歌歌謡編 1990年代ベスト [ (オムニバス) ]










posted by takeki777 at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年06月12日

陣内太蔵 「空よ」 小学生の僕に、空を見せてくれた隠れた名曲

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回は陣内太蔵さんの「空よ」にスポットを当ててみたいと思います。







この人の存在を知っている人は、かなりの音楽通でしょう。




シンガーソングライターとして活動。プロデューサーとしても活動されています。



プロテスタントのクリスチャンで、日本基督教団東美教会牧師でもあります。



お父さんもキリスト教信者でした。





幼いころから礼拝堂にピアノがあったため、独学で演奏を楽しんでいたそうです。
自分で作曲もしていたそう。




教会の聖歌隊にも参加して、中学生までヴァイオリンをやっていたそう。



girl-5042860_640.jpg





ヴァイオリンは、ギターのようにフレットがありません。




ギターはフレットがあるので、ドの音を出すのに、ドのフレットの部分を押さえればいいわけです。

しかし、ヴァイオリンはフレットがない。




なので、感覚で音階を合わせなければならない。


それで音感が鍛えられたと本人は語っています。


僕もヴァイオリンやってみたい!







中学時代はブラスバンド部でドラムをやっていたそうです。


これで音感とリズム感はもうバッチリですね(笑)






高校時代はボーカルをやります。

この高校時代のバンドで、本格的に作曲を始めるようになります。








作曲、ピアノ、ヴァイオリン、ボーカル、ドラム。


もう高校時代でシンガーソングライターになる素養が出来上がっていたといっても過言ではないでしょう。








大学に進学後、このブログでも何度も紹介している、ヤマハのポプコンで入賞。

デビューの話を持ち掛けられます。





1998年にプロデビュー。




最初の頃は香港の歌手のカバーをして、香港で大ヒットを巻き起こします。

香港で行われた音楽祭で、日本人最優秀アーティスト賞を受賞しています。






そして、1991年にシングル「空よ」をリリースします。

この曲はテレビドラマ「刑事貴族」のエンディングテーマになりました。





当時僕は小学校4年生くらいでした。




水谷豊さん主演の刑事ドラマ、「刑事貴族」は毎回のように見ていました。



今水谷豊さんは「相棒」シリーズで人気を博していますが、その原型となったのが「刑事貴族」だといっていいと思います。




もう小学生の僕は、「刑事貴族」にハマりにハマっていました。



刑事ドラマでありながら、水谷豊さんの存在で、どこかコメディタッチで描かれている作品。


今でも見返しているほど大好きです。





そんな「刑事貴族」で、突如流れた曲が、陣内太蔵さんの「空よ」



毎回、「刑事貴族」が終わるときは相当に寂しかったのですが、
この曲を聴くと、また次の回があるからがんばろう、なんて思っていたものです。




曲の冒頭の部分

誰かに呼ばれた気がして 少し振りかえってみたけれど
見知らぬ奴と目があって なぜか笑われた気分になる





少しひねくれた主人公が登場します。

ちょっとロックテイストの入っている人でしょうか?



そんな人がふと、立ち止まって考えます。





あの日話してくれたのは きっと本当の君の夢だった
遠く違う空の下で 君は何を見つめてる




ちょっとこの部分でドキッとするんですね。







明るいイントロで始まって、ロック調で、冒頭のひねくれた感じがあって。




それから、遠く離れた人に向かって、「今、君は何を見つめてる?」と問いかける。




そして、そのモヤモヤを払拭するように、サビに入っていきます。





空よ空よ 見上げた数だけ想えば
強く強く ひたむきに行くさ




いい歌だなあ〜




当時小学生だった僕は、この歌を聴くたびに泣きそうになっていました。




この歌と知り合えて本当に良かったと今では思っています。




それもドラマ「刑事貴族」を見ていたから(笑)





陣内太蔵さんの「空よ」


ぜひ一度みなさんも聴いてみてください。





そして、ドラマ「刑事貴族」「刑事貴族2」もおすすめです(笑)


刑事貴族2 DVD-BOXII 新品 マルチレンズクリーナー付き






【中古】刑事貴族3 DVD-BOX







USED【送料無料】CMヒット・ソングス キスなら後にしてVARIOUS[CD] [Audio CD] VARIOUS; 岡村孝子; 小田和正; BEGIN; 井上大輔; タケカワユキヒデ; 稲垣潤一; 永井真理子; 陣内太蔵 and SING LIKE TALKING

価格:658円
(2020/6/15 09:04時点)
感想(0件)


posted by takeki777 at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年05月20日

久保田利伸 『LA・LA・LA LOVE SONG』(ラ・ラ・ラ・ラヴソング)

こんにちは。90年代の邦楽名曲を紹介するブログ。



今回は久保田利伸さんの「LA LA LA LOVE SONG」を探っていきたいと思います。


久保田利伸さんは1962年生まれの、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。

THE BADDEST〜Hit Parade〜(2CD) [ 久保田利伸 ]






1985年から日本の音楽界で初めてとなる完全なR&Bを披露し、R&Bを日本国内に認知させた第一人者です。



R&Bとは


R&Bとは「リズムアンドブルース」の略で、アメリカのアフリカ系アメリカ人が生んだポピュラーミュージックのジャンルの1つです。1940年代にブルースやジャズ、ゴスペルの要素を合わせることにより活気のある都会的なリズムが生まれ、それが後にR&Bとなりました。





とにかくあまり深く考える必要はありません。


アフリカ系アメリカ人が生んだブルージーで、教会で歌われているようなゴスペルと、大人のジャジーなサウンドが混ざったような音楽。



僕にも正確な定義はわかりません(笑)



現在でも、黒人のノリがヒップホップに出ている感じです。


黒人独特のリズム。



これを日本人でやろうとしたのだから、久保田利伸さんは非常に挑戦的な人だと思います。







久保田利伸さんの音楽の原点は、中学、高校時代に毎日のように聴いていたスティービーワンダー。



それと合わせて、兄弟の影響で沢田研二さんなどの歌謡曲も聴いていたといいます。



大学進学後も面白い活動を続けています。


入っていた大学のゼミは、「アフリカ研究会」(笑)


卒論もアフリカ音楽をテーマにしたものだったといいます。







大学を卒業後、音楽プロデューサーとしてプロデビュー。



1980年代には20代前半という若さで多くの歌手、アイドルに楽曲を提供。



田原俊彦さん、中山美穂さん、小泉今日子さん、鈴木雅之さん、荻野目洋子さん、とんねるずさんらに楽曲を提供していたそうです。



自身はR&Bの影響を受けながら、歌謡曲も作れるという所に才能を感じます。



1990年代に入ってからも、森高千里さん、TOKIOさん、高橋真梨子さんなどに楽曲を提供。



どちらかというと、自分自身で歌うかたわら、人へ楽曲を提供していくスタイルも好きだったのでしょう。




ヴォーカルスタイル、リズム感。




彼の歌を聴いていると、



「本当に日本人か!?」



と思う瞬間が多々あります。


たとえブラックミュージックが好きだとしても、自身で体現するのは非常に難しいと思います。



もう、「すごい」の一言に尽きます。






ブラックミュージックに大きく影響を受け、またそれを自身の音楽性の基盤とする。





さらにセールス的にも大成功を収めたのは、彼以前にはいなかったと言っても過言ではない



ブラックミュージックを日本に持ち込んで、さらにセールス的にも成功したという所に、彼の功績があると思います。



それ以来、MISIAさん、宇多田ヒカルさんなど、ソウルミュージックを取り入れていても、日本で違和感がない時代が来ましたね。




※写真 ソウルミュージック



『LA・LA・LA LOVE SONG』(ラ・ラ・ラ・ラヴソング)は、1996年に発売。


ナオミ・キャンベルさんとコラボレーションしていますが、ニューヨーク在住だった久保田利伸さんと、偶然
ナオミ・キャンベルさんと同じマンションに住んでいたということから決まったそうです。


そして、この歌はドラマの主題歌にもなったことで、大ヒットしましたね。



『ロングバケーション』


その影響もあって、自身初のオリコンシングルチャートで1位を記録し、ミリオンセラーも達成しました。



冒頭の歌詞




まわれ まわれ メリーゴーラウンド もう決して止まらないように
動き出したメロディ LA・LA・LA・LA・LA・LOVE SONG



ここから歌が始まるんですが、もうここだけで、ノリノリになってきます(笑)



もうこの部分を聴いただけで、100万くらいの価値がある(笑)



それからはもう、踊りたくなってしまう気分です。



僕も昔音楽をやっていたので、ソウルミュージックは知っていましたが、音楽を聴く程度でした。


でも、僕が体を動かして、ソウルミュージックを聴けるようになったのは、久保田利伸さんのおかげかもしれません。



みなさんも久保田利伸さんの功績を今改めて、感じてみてください!




そして、ソウルミュージックで体を動かすということが、楽しくてたまらないという感覚を味わってみてください!


Beautiful People (初回限定盤 CD+DVD) [ 久保田利伸 ]






25th Anniversary Toshinobu Kubota Concert Tour 2012「Party ain't A Party!」 【初回生産限定版】 [ TOSHINOBU KUBOTA ]






THE BADDEST 〜Collaboration〜 (初回限定盤 2CD+DVD) [ 久保田利伸 ]






posted by takeki777 at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年05月18日

ブラックビスケッツ 「タイミング」 いま日本が必要としているのはこんな歌

こんにちは。90年代の邦楽名曲を紹介するブログ。


今回はブラックビスケッツの「タイミング」について考えてみたいと思います。



【中古】 【8cm】タイミング〜Timing〜 /ブラックビスケッツ 【中古】afb





もうこの歌は、僕は大好きで大好きでたまりません。




明るい雰囲気。聴くとうれしくなるようなエネルギー。メンバーの躍動感。そしてメロディーの美しさ。




ここまで人を明るくできる歌はなかなかないと思います。



とにかく底抜けに明るい。



それが本当にいいんです。




まあポケットビスケッツかブラックビスケッツかようわかりませんが、この「タイミング」だけで、僕はもう満足です。



以上で終わります。っていうのもなんとなく寂しいので(笑)







ブラックビスケッツは、日本テレビの「ウッチャンナンチャンのウリナリ」という番組から誕生した企画ユニットです。



メンバーはもう知っている人も多いと思います。



・南々見狂也(ななみ きょうや)
ウッチャンナンチャン・南原清隆

・天山ひろゆき(あまざん - )
キャイ〜ン・天野ひろゆき

・ビビアン
ビビアン・スー




ナンチャンだけ妙に名前に凝っているのが面白いですが(笑)







「Timing (タイミング)」は、ブラックビスケッツの2ndシングル。1998年に発売。




ブラックビスケッツ最大のヒット曲。



そして番組内で企画されたシングルCD曲の中でも最大の売り上げを記録したヒット曲。





番組内でもいろいろな曲が発表されていますが、この曲がダントツであることは間違いない!。



オリコンでの累計売り上げは約148万枚。



これはかなりすごい数字ですね。





メンバーのビビアン・スーさんの母国、台湾でも販売され、台湾の音楽ランキングで週間1位を記録。



音楽の素晴らしさに、国境は関係ないですね。


europe-63026_640.jpg





この曲を作曲したのは中西圭三さんと、小西貴男さん。



特に中西圭三さんは、ソロシンガーとしても有名です。


All Time Best〜KEIZO's 25th Anniversary (初回限定盤 2CD+DVD) [ 中西圭三 ]






やはりソングライターとしての、中西圭三さんの力がすごかったから、できた曲だと思います。



それにしても、こんな曲を書けるなんてすごい。




中西圭三さんはどちらかというと、バラードが得意な人ですから、「タイミング」のように、アップテンポな曲を作れるというのは、彼の音楽的才能のおかげだったと思います。








そして僕が特に聴いてほしい、「タイミング」の裏側の音。



曲のノリを作り出している音。



それは何だと思いますか?




それは……



パッパラー河合さんのギターです。




パッパラー河合さんといえば、「爆風スランプ」のギタリスト。



サンプラザ中野さんがボーカルの、ロックバンドのギター担当の人。




爆風スランプ ベスト・ヒット (CD)










パッパラー河合さんは、ナンチャングループ「ポケットビスケッツ」と番組内で対抗していた、ウッチャングループのポケットビスケッツの曲の大半を作っているんです。




そして、ナンチャンチームのこの「タイミング」にもギターで参加。




「タイミング」をよく聞いてみるとわかりますが、イントロから、彼の軽快なギターのカッティングが入ってきます。






カッティングとは



ギターの奏法の一つ。主にストロークとミュートを組み合わせてリズムを刻むことを指す。和製英語である。




ちょっと言葉で説明するのは難しいので、CD聴いてください(笑)






このカッティング奏法が、「タイミング」の楽曲全体を通して、軽快なリズムとビートを作り出していると僕は思います。



カレーでいうところの、たくさんの気付かれないスパイスです。




「タイミング」はメロディーも素晴らしい。



そして、楽し気な歌詞も素晴らしい。






そして、昔バンドでプロを目指していた(ギター担当)僕のおすすめポイント。



カッティングギターに意識を向けて、音楽の奥深さをぜひ感じてみてください!



【中古】 【8cm】タイミング〜Timing〜 /ブラックビスケッツ 【中古】afb





【中古】 【8cm】Bye−Bye /ブラックビスケッツ 【中古】afb





【中古】 【8cm】Bye−Bye /ブラックビスケッツ 【中古】afb










posted by takeki777 at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年05月13日

B.B.クィーンズ 「おどるポンポコリン」 時代を飲み込んだ、不滅の国民的テーマソング

こんにちは。90年代の邦楽名曲を紹介するブログ。


今回はB.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」を取り上げてみたいと思います。



【中古】 We are B.B.クィーンズ /B.B.QUEENS 【中古】afb








この曲はなにしろ、アニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマとして使われたことがあったので、皆さん知っている人が多いと思います。




「ピーヒャラ ピーヒャラ」のあれですね。






このB.B.クイーンズですが、グループとしては謎に包まれています。





あまりテレビに出ることがなかったので、正体不明の印象が強いんでしょうか?





グループが始まったきっかけは、レコード会社の企画から。



企画ものの、作られたユニットみたいです。




メンバーは主に




・坪倉唯子(つぼくら ゆいこ)さん ボーカル

・近藤房之助(こんどう ふさのすけ)さん ボーカル・ギター





企画もののユニット、B.B.クイーンズですが。




デビュー曲の「おどるポンポコリン」で、いきなり、オリコン年間シングルチャート1位のヒットを飛ばします。



第32回日本レコード大賞ポップス・ロック部門を受賞。


『第41回NHK紅白歌合戦』にも出場しています。




発売されたのは1990年なのですが、いきなりヒットしたのもすごいし、社会に与えたインパクトがどれだけすごかったかを物語っています。


rocket-461750_640.jpg




「おどるポンポコリン」は1990年に発売。





作詞はあの、ちびまる子ちゃんの声優、さくらももこさんが担当しています。




さくらももこさんといえば、僕のイメージは、のほほんとしていて、どこかふわふわしている印象。




意味が伝わりますかね?(笑)




そのさくらももこさんが詞を書いているため、やはりすごいことになっています(笑)




冒頭の歌詞からすごいです。



なんでもかんでもみんな おどりをおどっているよ

おなべの中から ポワっと インチキおじさん登場





うん、うん。わかる、わかる。



って、わからんわ!(笑)



なんでもかんでもって(笑)



インチキおじさんが、おなべのなかから登場です。




こういうナンセンス、むちゃくちゃな歌詞は、実は僕は大好きです(笑)







むちゃくちゃな歌詞といえば、井上陽水さんがてがけた、


PUFFYの「アジアの純真」


を過去にこのブログで書いたので、見てみてください。








そして、作曲は、あの織田哲郎さん。


織田哲郎さんのすごさも過去の記事で書いているので、読んでみてください。



ZARDの「負けないで」









question-3385451_640.jpg





そしてまだまだむちゃくちゃな歌詞は続きます。


ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ ピーヒャラ ピーヒャラ おどるポンポコリン

ピーヒャラ おへそがちらり タッタタラリラ





まあこうして文字にしてしまうから、衝撃的ですが。



ノリとメロデイーがいいから、その辺は気にしなくていいんです(笑)





そして、近藤房之助さんが入れる合いの手。




「タッタタラリラ」





これがまた、絶妙なバランスで入ってきて、笑けてしまう。



しかも、その声が渋くて、ソウルフル(笑)




これこそプロだと思います。



全て計算されつくされていると思うと、B.B.クイーンズはすごいと思います。




作詞をしたさくらももこさんは、植木等さんの「スーダラ節」のような歌を作りたいと思っていたようです。


植木等スーダラBOX [ 植木等 ]




植木 等(うえき ひとし、1926年〈昭和元年〉12月25日 - 2007年〈平成19年〉3月27日)は、日本の俳優、コメディアン、歌手、ギタリスト、タレント。「ハナ肇とクレージーキャッツ」のメンバー。




15年たって、ようやく夢がかなったということ。





そんなさくらももこさんの歌詞力


織田哲郎さんの作曲力。


B.B.クイーンズの正体不明なおとぼけ感。




みごとにそれぞれがマッチングした、90年代の傑作だと思います。




これも僕はドライブ中に聞きたいです(笑)


【送料無料】 BB Queens ビービークイーンズ / B.B.QUEENS LEGEND 〜See you someday〜 【CD】






B.B.QUEENS / おどるポンポコリン〜ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version〜(通常盤) [CD]






【送料無料】 BB Queens ビービークイーンズ / ROYAL STRAIGHT B.B.QUEENS 【CD】

















posted by takeki777 at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年04月21日

坂本冬美の夜桜お七 演歌界におけるロックサウンド

このブログでは、筆者の僕は主に邦楽取り上げています。

特に僕が名曲だと思った、90年代のポップスをメインに取り上げています。



今回取り上げるのは、坂本冬美さんの「夜桜お七」





10代、20代の人は普段演歌なんて聴かないと思います。


演歌は独特の雰囲気がありますし、独特の日本的なノリがあります。


それが10代、20代にはかったるく感じられるのかもしれません。




僕も10代、20代の頃は演歌が苦手でした。

特に10代、20代はプロを目指してバンド活動をしていました。

全てにおいて、とにかく反抗的(笑)。

ロックこそが全て。

世の中に疑問、メッセージを発信することが全てだと思っていました。



おじいちゃんの車では常に、カセットテープから演歌が流れていました。

おじいちゃんの家では、演歌が中心の歌番組が流れていました。

もう吐きそうになりました。


反抗期になると、もうおじいちゃんの家には行きたくないと思うようになりました。



でも人間、歳を取ってくると丸くなってくるのでしょう。

演歌の良さが段々と分かってくるようになったのです(笑)






坂本冬美さんは中学校時代の作文で、すでに演歌歌手になることを書いていたそうです。


まるでイチローですね(笑)

そして、尊敬していたのが石川さゆりさん。

もうその時点ですごさが伝わってきますね(笑)



出身は和歌山県。

高校卒業後は会社員として働いていたみたいです。



会社員として勤務しながら、カラオケ教室に通って、歌唱力を鍛えていたそう。




その甲斐が実って、関西の音楽コンクールで立て続けに優勝します。


とあるコンクールに審査員として参加していたのが、猪俣公章さん。



日本の代表的な作詞家、作曲家です。






猪俣公章さんのすすめで上京。


とんとん拍子に売れっ子演歌歌手になっていったのです。




「夜桜お七」は1994年9月7日に発売。

師匠として師事していた、猪俣公章さんが亡くなったあとの作品でした。



『NHK紅白歌合戦』(NHK)では、
1994年(第45回)、1996年(第47回)、2007年(第58回)、2011年(第62回)、2012年(第63回)、2016年(第67回)、2018年(第69回)
通算7回も歌っています。


坂本さん自身が、紅白では一番多く歌っている曲です。




僕はいつも紅白での坂本冬美さんの「夜桜お七」を楽しみにしています。


坂本さんが出場した時に、「夜桜お七」じゃなかった時は、

「まじかよ〜!
と本当に叫びたくなるような気持ちになります(笑)





僕は「夜桜お七」を聴く時に、そのサウンドに注目していつも聴いています。



大体の演歌だったら、イントロで

「ちゃーんちゃちゃちゃ ちゃらんらんらん ちゃらちゃら らんらんらん」


みたいな王道で始まります。


これが、もうまたこのパターンかよ、ということで若者に嫌われるのでしょう(笑)





しかし、「夜桜お七」は独特のイントロから始まります。



尺八のような音と、オーケストラから始まり、


そこに重たいベースの音が入ってきます。


そして2つの音しかつかっていない、ベースの重低音が繰り返されて、歌が始まっていくのです。





これほどまでに、演歌でエレキベースが印象的な世界観を作り上げている作品は珍しいのではないかと思います。


さらにサビの部分から、激しいドラムの音が入ってきます。


そして、オーケストラサウンドとともに、エレキギターの音も入ってきます。


もうこれは、ロックンロールでしかない!


ベースとドラムで素早いノリを表現しながら、オーケストラがその世界観を広げていく。

エレキギターもアクセントとして効いています。


そこに坂本冬美さんの熱のこもった歌声がのってくる。


もうテンション上がりまくりですよ(笑)




演歌としては非常に珍しい構成と、音使い、そしてノリのあるビートではないかと思います。




その点を言葉で表現するのは非常に難しいのですが、ぜひとも、演歌界異色のロックサウンドを聴いてみてほしいと思います。



歌詞の内容は、恋人に会いたいがために、家に火をつけるという激情の歌です。


まさにサウンドがマッチしていますし、坂本冬美さんの情熱のこもった歌声が、一体となって襲ってくる感じです。


人生で一度は聴いてみても損はない、90年代邦楽の名曲です。






プレミアシリーズ坂本冬美「夜桜お七」「能登はいらんかいね」「火の国の女」/坂本冬美[CD]【返品種別A】

価格:1,335円
(2020/4/21 11:43時点)










7★坂本冬美★あばれ太鼓/夜桜お七★全16曲★CD新品★1307

価格:1,408円
(2020/4/21 11:45時点)









坂本冬美 夜桜お七 DVDカラオケ

価格:1,980円
(2020/4/21 11:45時点)


posted by takeki777 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
プロフィール
takeki777さんの画像
takeki777
プロフィール
最新記事
検索
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
最新コメント
ファン