2020年08月26日

Mr.Children 「Everything (It's you)」 ふと立ち止まって、考えてみる

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回はMr.Childrenの「Everything (It's you)」を書きたいと思います。


Versus [ Mr.Children ]

価格:3,204円
(2020/8/26 14:02時点)


続きを読む

2020年05月29日

Mr.Children(ミスターチルドレン)「innocent world」

こんにちは。90年代の邦楽名曲を紹介するブログ。


今回はMr.Children(ミスターチルドレン)の「innocent world」を紹介してみたいと思います。



【中古】 DISCOVERY /Mr.Children 【中古】afb





ミスターチルドレンといえば、僕が中学、高校時代に売りに売れていたバンドでした。



僕はどちらかというと、スピッツ派だったので、ミスチルを少しだけ敵対視していました(笑)



「ベタな歌詞やなあ」みたいな(笑)



でも、やっぱりいいもんはいい。



ということで、中学、高校時代ミスチルのアルバムを友達から借りて、聴いていました。




そして、ラジオから流れてくるミスチルの歌をカセットテープに録音して聴いていました。



カセットテープなつかしい〜(笑)



cassette-4808791_640.jpg







ミスチルにはもうミリオンセラー級の歌がたくさんあります。



そして、300万枚以上売れたアルバムもあります。(今はCD10万枚売れたらいいほうです)



しかもアルバムの中の、すべての曲がいい歌で、捨て曲、手を抜いた曲がない。




これはスピッツとも似ています。







やっぱり、ソングライターの桜井さんがすごかったのだと思います。



僕はミスチルのなかでもたくさんの歌、アルバムが好きです。



特にデビューした1992年から、アルバム「ボレロ」を発売した1994年ぐらいまでの曲が素晴らしい。







このわずかな期間に詰まっているエネルギーはものすごいものがあります。



そんな中でも、「「innocent world」をまず、ミスチルの紹介の1曲目にあげた理由は



特にありません(笑)





たしかミスチルの中で、一番最初に聴いた歌で、相当の衝撃が走ったことをおぼえています。



僕がギターを手にして、バンド活動を始めたころの歌だったので、余計にインパクトがすごかった。



「日本にこんなバンドがいるんだなあ。いい時代になってきたなあ」



と、しみじみ感じたのをおぼえています。








Mr.Children(ミスターチルドレン)は1989年結成。



高校の同級生や、その友達で結成されています。



1992年にメジャーデビュー。結成してからデビューまでの時間が速い。



なんともうらやましい限りです。



1994年発売の5thシングル、今回紹介する「innocent world」で、初のオリコンチャート1位を獲得



瞬く間に人気となって、国民的バンドになりましたね。



skillet-2222711_640.jpg




メンバーは以下の通り




・桜井和寿 さくらい かずとし ボーカル ギター

・田原健一 たはら けんいち ギター

・中川敬輔 なかがわ けいすけ ベース

・鈴木英哉すずき ひでや ドラムス







まあ僕は曲がりなりにも、昔プロを目指してバンドをやっていたので、



最初の頃のミスチルの演奏は、とにかく「ヘタ」という印象でした。



だから、僕は当初ミスチルを敬遠していたのかもしれません。



でも、今となっては演奏が下手でも、独特の味があった初期ミスチルも、なかなか素敵だったなあと思えるようになりました。





この曲はギターによる、イントロのテーマが印象的ですよね。




そして、歌に入っていきます。



黄昏の街を背に 抱き合えたあの頃が 胸をかすめる




切ない恋心を歌いながら、サウンドはさわやかに進んでいきます。




そして、サビで大盛り上がりをみせます。




いつの日も この胸に流れてるメロディー
軽やかに 緩やかに 心を伝うよ
陽のあたる坂道を昇る その前に
また何処かで 会えるといいな イノセントワールド





もう前半部分のサビのメロディーで十分美しいのに、後半部分でさらに音階が上がっていくところが、しぶい仕掛けですね。
「innocent world」




初期の頃のミスチルの歌は、本当に純粋だったと思います。



売れた後から、徐々に社会に対する、不満。批判を露骨に歌詞で表現するスタイルに変わっていくのですが、それもまたいい反面、時折初期のこの「innocent world」みたいな時代までさかのぼって聴いていくのも楽しいかもしれません。



ミスターチルドレンについては、まだまだ紹介したい曲がたくさんあります。



楽しみにしていてください。








【オリコン加盟店】送料無料■Mr.Children CD【Mr.Children 1992-1995 Best of】01/7/11発売【楽ギフ_包装選択】







【送料無料】Mr.Children Tour 2004 シフクノオト/Mr.Children[DVD]【返品種別A】





Mr.Children TOUR 2011 “SENSE” [ Mr.Children ]





プロフィール
takeki777さんの画像
takeki777
プロフィール
最新記事
検索
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
最新コメント
ファン