2020年08月10日

大黒摩季「ら・ら・ら」 恋の切なさの中にも強さを

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回は大黒摩季さんの「ら・ら・ら」を紹介したいと思います。



【中古】 DA DA DA /大黒摩季 【中古】afb

価格:110円
(2020/8/17 10:23時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大黒摩季

2020年05月07日

大黒摩季 「あなただけ見つめてる」 バブル全盛のエネルギー全開ソング

こんにちは。90年代の邦楽名曲を紹介するブログ。



今回は大黒摩季さんの「あなただけ見つめてる」について考えてみたいと思います。



大黒摩季 オオグロマキ / 大黒摩季LIVE NATURE#2〜BEST BEATs 【VHS】






大黒摩季さんは、北海道の生まれ。



実家はパン屋さんだそうです。




3歳からクラシックピアノを始めたそう。

このクラシックピアノというのがミソで、やっぱりピアノの基礎を学ぶのに最適なんですね。

そして、3歳からピアノを始めているのは、もう英才教育ですね。




僕も小学校3年生くらいの頃から、母親の指導のもと、クラシックピアノを始めました。



でも、途中で何が面白いのかわからなくなってやめてしまいました(笑)






そんな話はどうでもいいんですが……



大黒摩季さんは、小学校の時からすでに作曲をはじめていたそうです。




推測するに、もう毎日、ピアノにはまりまくっていたのだと思います。



毎日ピアノに触れる。



毎日ピアノで曲を作っている。



本人からしたら、お遊び感覚だったのかもしれませんが、毎日音楽に触れるということが、とても大切なんですね。




bride-301814_640.jpg






20歳の時に、大手レコード会社ビーイングのオーディションに合格します。



そのほかにも、ソニーや、ビクターのオーディションにも合格していたそうです。



ビーイングからは、「メインの歌手ではなく、コーラスをするよう」に言われたそうです。




他の会社にも受かっていたのだから、メイン歌手として他のソニーやビクターに行けばよかったでしょう。




しかし、大黒さんは、まず最初にコーラスをするように言われた、ビーイングで下積みをする道を選びます。




その後、B'z、ZARD、TUBE、T-BOLAN、DEEN、織田哲郎などのビーイング系アーティストのコーラスを担当。




やはり、大黒摩季さんには先見の明があったのでしょう。



大物アーティストの歌を聴きながら、コーラスをやるというのは、自身の作曲、作詞活動においても、のちのちに活かせるよう、相当に勉強になったと思います。





american-839775_640.jpg




コーラスをやりながら、下積みをしていた大黒摩季さん。



でも本人が望んでいた歌手デビューがなかなかできない。



なので、会社をやめて、アメリカに旅に出たそうです。



そりゃあ、下積みとは言っても、長いこと歌手としてやらせてもらえなかったら、嫌気がさしてくるでしょう(笑)





その後、滞在先のアメリカに社長から電話がかかってきたそうです。



「日本での歌手デビューの話が進んでいる」という内容。




大黒摩季さんは日本に帰国して、会社ビーイングに復帰。



活動を再開したそうです。



success-413093_640.jpg





それからはもうとんとん拍子。




1992年に「STOP MOTION」で歌手デビュー。






「あなただけ見つめてる」(あなただけみつめてる)は、1993年にリリースされることになります。



大黒摩季さんにとって5枚目のシングル。自身2度目のミリオンセラーを達成しています。






ここで印象深いのは、なんといってもテレビアニメ、「SLAM DUNK(スラムダンク)」のエンディングテーマになったことですね。







僕は、週刊少年ジャンプに連載されていた漫画のスラムダンクも読んでいたし、テレビでの放映も見ていました。




桜木花道が主人公の、熱血バスケットボールアニメです。




この熱いアニメに、大黒摩季さんの「あなただけ見つめてる」は非常にマッチしていたと思います。





「あなただけ見つめてる」はまさに90年代のバブル絶頂の勢いをそのまま表現したような、とてもエネルギッシュな曲です。





熱いアニメに熱い歌。




メロディを聴いていると、とても元気が出てきます。大黒摩季さんの作曲能力がいかんなく発揮された名曲だと思います。





もうこのブログで何度も書いていますが、僕はメロディ重視派で、歌詞の内容はほとんど聞きません。




でも、大黒摩季さんの「あなただけ見つめてる」は、歌詞の内容が、とにかく90年代のバブル絶頂期に生きる、肉食系の女子全開の歌詞で、ちょっと引いたのを思い出します。(笑)





冒頭からこのような歌詞で始まります。





あなたがそう 喜ぶから
化粧をまず止めたわ
どこにいても捕まるようにポケベル持ったわ
車も詳しくなったし
サッカーさえも好きになったわ
迷っているけど この人に一生ついて行こうと決めた






あなたのために化粧をやめた。


あなたのためにポケベル持った。


あなたのために、車に詳しくなったし、サッカーにも詳しくなった。




そこまでやるか!!??




男のために、変わろうとする勢いがすげえ!!(笑)





これも90年代バブルの影響でしょうか?それとも大黒摩季さんのエネルギーのたまものでしょうか?





僕はちょっと失礼ですが、この冒頭の歌詞があんまり好きではありませんでした(メロディは別として)




なんか、女性が男性にこびすぎだろう。




好きになった男性にそこまでする必要はないだろう(笑)




女性として、大幅に自分を変える、そこまでやる必要があるのか?プライドはないのか?



ちょっと嫌なイメージが浮かんだのを思い出します。






しかもサビの歌詞はこんな風です。



あなただけ見つめてる
そして他に誰もいなくなった
地味に生きて行くの
あなた好みの女 目指せっっ!! Love Power
あなただけ見つめてる
独りで待つ二人だけの部屋
あなたの微笑みはバラ色の鎖
行けっっ!! 夢見る 夢無し女!!





なんだか、結局振られたっぽいぞ!!(笑)



それとも、全力で彼のために変わったのに、彼に振り向いてくれないのか?



「そして他にだれもいなくなった」


「独りで待つ二人だけの部屋」



「行けっっ!! 夢見る 夢無し女!!」




もう、なんか怖いわ!!(笑)






まあそれでも、大黒摩季さんはいつでも一生懸命に体で歌う。



メロディも素晴らしい。



だからこの際、歌詞なんかどうでもいい!!(笑)







改めて聴いてみると、本当にいい歌だと再確認しました。




特に、車の中で聴くと最高な90年代の名曲です。(僕はドライブ大好き人間です)




是非大黒摩季さんの勢いを感じてみてください!元気になれること間違いありません!





【送料無料】Greatest Hits 1991-2016 〜ALL Singles 〜(STANDARD盤)/大黒摩季[CD]【返品種別A】







大黒摩季 LIVE BEST [ 大黒摩季 ]






大黒摩季/ベスト オブ ベスト〜ALL





posted by takeki777 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大黒摩季
プロフィール
takeki777さんの画像
takeki777
プロフィール
最新記事
検索
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
最新コメント
ファン