2020年07月16日

スピッツ「空も飛べるはず」 幼い心が見つけた、自由の翼

90年代の名曲を紹介するブログ。

今回はスピッツの「空も飛べるはず」を取り上げてみたいと思います。

ジャンボリー・デラックス Live Chronicle 1991-2000 [ スピッツ ]

価格:4,427円
(2020/7/17 10:23時点)


続きを読む
posted by takeki777 at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピッツ

2020年02月19日

当時衝撃を受けた、スピッツの名曲「ロビンソン」

皆さんはスピッツというバンドをご存知でしょうか?
おそらく多くの人が知っている、国民的なバンドだと思います。


スピッツ/JAMBOREE TOUR 2009 さざなみOTRカスタム at さいたまスーパーアリーナ(通常盤) [DVD]




メンバーは4人。1987年に結成。
大学の仲間同士でバンドを始めて、最初のうちはプロ契約をしたものの、なかなか結果が出なかったようです。

紆余曲折を経て、11枚目のシングルとして発売された「ロビンソン」
これが大ヒットにつながったわけです。

僕は当時テレビ番組で「ロビンソン」を聴きました。
タモリさんが出ているあの番組です。
あまりの衝撃に鳥肌がたったのを覚えています。

その美しいメロディ。それは一度聴いたら耳から離れないほどの強烈なインパクトを持っていました。

そして、ボーカル草野さんの独特の歌詞と世界観。

僕はメロデイだけでもう衝撃を受けたのですが、後々からその歌詞を見てみると、とんでもない言葉が使われています。

サビの部分の歌詞。

「大きなち〜から〜で〜 そ〜らにうか〜べたら ル〜ララ うちゅ〜うの かぜにの〜る〜」

うん?

ちょっと待って(笑)

「ルララ」??

「宇宙の風にのる」??


何だそれは?
今まで聞いたことのない雰囲気だぞ。

その歌詞が美しいメロディとともに、心に刺さってきました。

おそらく「ロビンソン」を知っている皆さんも、その部分にやられてしまったのではないでしょうか?僕だけかもしれませんが(笑)



僕は当時中学生でした。この歌を聴いて、ギターを始めようと思いました。
父親が昔使っていた、エレキギターを倉庫から引っ張り出してきて、必死に練習を始めたのはこの歌がきっかけです。

「ロビンソン」は90年代を代表する、素晴らしい名曲だと言っていいでしょう。

後世に歌い継がれていく名曲。
僕は100年経っても、誰かがカラオケで歌っていると思います。

この曲の難点は、カラオケで歌いづらいということ。
ボーカル草野さんの声の高さは尋常じゃありません(笑)
この歌は大好きなのですが、カラオケでは到底歌える曲ではない。
カラオケで歌える人がうらやましいなあと思います。


日本の音楽が輝いていた90年代の邦楽に突如現れたスピッツ。

そして「ロビンソン」という名曲。


ぜひ今一度、他の曲とあわせて聴いてみてください。

ベストアルバムが複数出ています。

「ロビンソン」
はベストアルバムに収録されていますので、是非!


CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection [ スピッツ ]

価格:2,750円
(2020/2/19 11:33時点)
感想(0件)





CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection [ スピッツ ]

価格:2,750円
(2020/2/19 11:34時点)
感想(17件)








posted by takeki777 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピッツ
プロフィール
takeki777さんの画像
takeki777
プロフィール
最新記事
検索
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
最新コメント
ファン