2020年08月20日

JUDY AND MARY 「小さな頃から」 子どもの頃に感じていた素直な気持ちを再び

90年代の名曲を紹介するブログ。


今回はジュディーアンドマリー名曲、「小さな頃から」を取り上げてみたいと思います。



【中古】 Orange Sunshine /JUDY AND MARY 【中古】afb

価格:300円
(2020/8/20 13:02時点)




今回取り上げるジュディーアンドマリーの「小さな頃から」


タイトルを聴いてピンとくる人は、ジュディーアンドマリーの曲をかなり深く聴いている人だと思います。



あまり、メジャーどころの作品ではないんですが、本当に素晴らしいので、みなさんに知ってほしいと思って、今回取り上げることにしました。




前回は、ジュディーアンドマリーでは軽快なテンポの「OVER DRIVE」を取り上げたのですが、




JUDY AND MARY「OVER DRIVE」の記事。



今回の「小さな頃から」は、シンプルなビートのバラードです。






90年代は、CDが売れまくっていたので、各アーティストとも、シングルという形でCDを発売していました。



CDといえば今では12センチの、DVDなどと同じサイズのものを思い浮かべると思うのですが、



昔は8センチという、少し小さめのCDがあったんです。





それをシングル、つまりアーティストが自信を持って売り出していきたい、一押しの作品として、独自規格として売り出したのです。





今回紹介する「小さな頃から」は、当初シングルとして発売される予定がありませんでした。





アーティストは、ある程度曲ができたら、アルバムという形でCDをだしていましたが、



1994年にジュディーアンドマリーが発売したアルバム「ORANGE SUNSHINE」の中の一曲、



「小さな頃から」がファンからの評価が高かったので、アルバム発売のあとから、シングルとして売り出したという形になっています。




こういうのを、アルバムからのシングルカットというんですが、今の若い人には何のことだかわからないと思います。



曲がたまってアルバムを作る。



その中で、一押しではなかったものが評判がいいので、後からシングルとして発売する。



より世間に向けて、ジュディーアンドマリーの存在をアピールするために、



「小さな頃から」を売り出したというわけです。



brett-jordan-R3TQVG0udis-unsplash.jpg





僕はジュディーアンドマリーのコピーバンドを中学生の時にやっていましたから、少しだけ思いいれが強いのかもしれません。




でも、1990年代の日本のポップスの名曲として、後世に語り継がれていい曲だと思うし、




ジュディーアンドマリーのような、女性ボーカルで、名曲を連発するような偉大なバンドは、もう出てこないという気もしています。




サザンオールスターズが活動を再開したように、イエローモンキーが再結成したように、




一旦解散しても、活動休止しても、歳を取ってからまた活動を再開するのってアリだと思うんです。




まあ、世間からは「お金がなくなったんだろう」なんていう批判を受けたりしますが、そんなのどうでもいい。



今、僕が一番活動を再開してほしいのが、ジュディーアンドマリーかもしれません。



live-concert-455762_640.jpg






「小さな頃から」はタイトルからもわかるように、ボーカルYUKIさんの、子どものころの想いを歌ったものかなあという印象です。





冒頭は印象的なギターフレーズから始まり、ゆったりとした世界が始まります。



小さな頃から 叱られた夜は
いつも 聞こえてきてた あの小さなじゅもん
静かに流れる 時にいつの日か
あたしは 眠れる森に 連れ去られてた




「叱られた夜」「じゅもん」なんてフレーズがあって、YUKIさんが子どものころを振り返っているんだなあとわかります。





もうこの時点で、僕は泣きそうになっています(笑)





そこからちょっと雰囲気が変わります。





すりきれた 言葉達の かけらさえも もう
どこかへ 消えたわ




子どものころに感じていた、自分だけの不思議な世界。



それが大人になるにつれて、感じられなくなっていく。



どこかへ消えてしまった想い。ちょっとだけ寂しくなります。






壊れそうなのは 夢だけじゃないの
窓から差し込む光 もう行かなくちゃ…







壊れそうなのは、幼いころから持っていた夢だけではない。






「もう行かなくちゃ」






YUKIさんはなんて誠実で、素直な歌詞が書けるんだと感心します。






冒頭から、ここまでで、どのパートもメロディが素晴らしいので、どこがサビかということがわかりません。



そんなの、わからなくていいと思います。





それだけ、全体にわたって、美しい世界が広がっています。





かわいた風に ゆきずまっても
こわくはないわ 1人じゃない




夢を忘れて、時間が経っていくなかで、行き詰ることがある。でも一人じゃないと思える。



「1人じゃない」というYUKIさんの叫びのあとに、ギターソロが入ります。




もうこのギターソロの部分で、号泣です。





なんというんでしょうか。自分も幼いころに感じていた自分だけの世界があって、夢があって。




それを段々と忘れていって、大人になって。





YUKIさんの気持ちと重なり合う瞬間があるんです。




そして、感極まってきて、ギターソロの部分で、僕の感情があふれ出します。





ジュディーアンドマリーといえば、元気でエネルギーがあるポップソングを世の中に振りまいてくれるイメージが強いですが、





「小さな頃から」のように、繊細な心の変化と、時間の変化を表現した作品もあります。




聴いたことがない人は是非一度聴いてほしい。




その歌の素晴らしさに、心が洗われるような気持ちになると思います。






90年代の、隠れた名曲として、今僕の中で一番聴いてほしい曲かもしれません。




アルバム、「ORANGE SUNSHINE」に入っていますし、シングル盤にもなっています。





ベスト盤にも入るような名曲です。






是非、その世界を堪能していただけたらと思います。



JUDY AND MARY ALL CLIPS -JAM COMPLETE VIDEO COLLECTION [ JUDY AND MARY ]

価格:2,695円
(2020/8/20 13:03時点)
感想(22件)






【中古】 COMPLETE BEST ALBUM FRESH(1ヶ月期間生産限定盤) /JUDY AND MARY 【中古】afb

価格:859円
(2020/8/20 13:04時点)





【中古】 15th Anniversary COMPLETE SINGLE BOX /JUDY AND MARY 【中古】afb

価格:4,708円
(2020/8/20 13:04時点)












この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10135317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
takeki777さんの画像
takeki777
プロフィール
最新記事
検索
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
最新コメント
ファン