介護職員がうつ病回復までの方法と期間@

taisyoku.jpg

介護職員がうつ病回復までの方法と期間@



はい!!うつ病で元介護職員のおっさんです!!


今日はだいぶ調子が良いので、私がうつ病療養中に行って


うつ病が改善したかな?ということを書いていきたいと思います


なかなか最初のうちは、焦る気持ちもありできないことも多いと思いますが


まずは気持ちを楽にすることを目指すのが、最重要課題だと思います


まぁ私も今だから言える言葉ですが、うつ病はカウンセリングと薬を使ったほうが治りが早いとか


運動することが重要と言われておりますが、私の場合は心療内科で処方された薬が身体に合わず


運動療法も逆に体調が悪化してしまいましたので、散歩や投薬等はしておりません!!


ですので、もしかすると私と同じことをしたからといってよくなる保証も何もありません


ですが実際に私には効果があり、無理なく行えてうつ病が改善していったことも事実です


まずはじめに私のうつ病になる直前の状態を書きますね


精神面:離職率が半端なく新人教育と介護の仕事に追われており、人間関係も最悪で


    給料も安く残業代も出なかったため、もう辞めたい気持ちでいっぱいだった。


身体:長年、椎間板ヘルニアを患っており坐骨神経痛もあり歩くのもやっとの状態

       
   腰が悪いため、体の色々な部分も痛みがある状態。


こんな感じですw




1、仕事を辞めて退職。


まずはじめに行動したのが、退職という決断でした。


うつ病の時は、重大な決断はしないほうが良いとよく言われます


でもどうして重大な決断をしてはいけないのか?明確に書いているところは少なく


あいまいな答えしか言えない人達が多いのも事実です


十人十色なのかもしれませんが何だか納得できないし自殺者が増えるだけだと思います


ですが私はうつ病経験者として明確に答える事が出来ます


何故重大な決断をしてはいけないかというと


視野が狭くなっており、柔軟に物事をとらえられないばかりか


間違った選択をしてしまう事も多いからだと、今の私は言えますが


それと同時にうつ病になる場合は何かしらの事情があるわけです


私の場合は仕事でした。完全に仕事が原因でうつ病になりました


それは何年も前からもうこんな仕事・会社辞めたいと思い消耗していたのも自覚があるし


でも、なかなか仕事を辞められず、我慢に我慢を重ねての結果でした。


ですので、主治医や周りの人達のアドバイスもあり、休職ではなく退職しました。


退職直後は色々な焦りもありましたが、退職して良かったと本当に思います。





2、何もしない。


退職して気持ちに余裕が出来て僅かばかりか体調も良かったので


直ぐに私は転職活動をしました。でもこれが私の一番のうつ病を長期化させてしまった原因だったと思います。


生活の為にお金を稼がなければいけない!!


そんな焦りが強く、毎日毎日ハローワークに行き就職活動をしました、、、、


面接や施設見学、、履歴書も何枚も書きました。


結果としては、介護事業所ばかりでしたがすべて受かりました


でも、、、、、


うつ病ですので、内定を頂いた途端に、どうしようもない不安感が襲ってきて


すべて辞退させて頂きました。本当にごめんなさいm(__)m


うつ病で退職してすぐに行動なんてするべきじゃないです、自滅するだけですw


休職明けの職場復帰前夜の自殺者が多いのも、こんな感じなんだろうなという経験は出来ました。


あのどうしよも無い不安感や逃げ出したい気持ちというのは、本当に辛く孤独なものです


どうしようもなくなり、心療内科の先生に相談に行き休養するように勧められ薬も頂き


抗うつ薬を飲んで一週間寝たきりになり、どうしようもない状態になって先生に相談し薬を止めたのですが


先生への不信感が募り通院をやめて、自宅での療養生活に入りました。


この頃になると家族の私へのうつ病の理解も深まり


その後は2週間以上寝たきり状態になり、何もしないというかできない日が続きました。


何かしたいけどできない、こういう状態になる人が多いと思うのですが


この時に運動したほうが良いとか、アドバイスを頂くことがありますが


ハッキリ言って、やりたい気持ちが無いのならば無理にやらないほうが良いと思います!


何故かというと、この辺の急性期の時の状態というのは人により様々ですが


私の場合は、社会からの孤立感や自責の念が強く、誰かに見られるだけでも苦痛で


ほんとに自分はダメな人間だという気持ちを、増幅させてしまうだけだったからです


それに、体調が悪いのに運動しろというのは、脅されながら働いているのと同じ心境です。


運動しなくても、適切に治療すれば動きたくなる日が必ず来ます!!!


ちなみに私の場合は、2〜3カ月ほど何もしないで過ごしました、ていうかできませんでした体調悪くて(笑)


そして、たま〜に「なにかしたいなぁ」とか「暇だなぁ」という気持ちが、本当に少しずつですが出てきます!!


でも絶対無理しちゃダメまだまだです!!!



今日はこの辺で書くのをやめます。躁鬱なんじゃね?とか言われそうなので(笑)


今回のシリーズは8項目書きますので次回は3番目から書きたいと思います。


どうぞお楽しみに〜!!!



つづく  http://fanblogs.jp/864/archive/531/0







介護職員の有効求人倍率が凄い事に!移住もあり?

yama.jpg
介護職員の有効求人倍率が凄い事に!移住もあり?



はい!無職で元介護職員のおっさんです!!



最近は調子が悪いときの、体調の悪さがだいぶ軽くなってきた感じです


それにしても「うつ病」になっていない方達は本当に気を付けてくださいね


想像以上にたいへんですから。。。。


無職で家にいる事も多いので、新聞は毎日読んだりしているんですが


今日はそんな中で、ええええ!!!と、びっくりすることが書かれていたので記事にしたいと思います。


私が住んでいるところは福島県という所になるんですが。。。


説明するまでもなく、東日本大震災の時に原発事故?爆発?があって大変なことになった地域です


人工的には200万人くらいの県になるのですが、日本全国同じかもしれないですが


若者の減少や高齢者の増加が急速に進んでいて人口減少も問題になっており


それ以上に放射能とか原発関連の問題は、一生続くんだろうな、という印象だったりします


知り合いの中にも県外に引っ越しや移住していった方達も、報道されている以上に多いというのが


正直な感想です。


あとは、あまり他県にいらっしゃる方にはわからないと思いますが、福島県は労働人口も少ないと思います。


(私も働いてないしねww)


以上の事も踏まえて、今回はあえて記事に書く事にしました。


賛否両論や非難されるかもしれませんが、ご気分を悪くされる方がいたらごめんなさい


では今回のタイトルにもあるように、福島県の介護職員の求人倍率が大変高くなっており


介護職員だけでなく看護師の人材不足も問題になっております。


若者がいなくなって高齢者が多いんですから、ある意味自然なことかもしれませんが


数字的には


介護職員の求人倍率 3.42倍


看護師の求人倍率が 2.89倍


です。


「何だたいした数字じゃ無いじゃないか」


と思った方もいらっしゃると思いますが続きがあります


原発の近くにあるいわき市で介護職員の求人倍率が3.77倍で・・・


郡山市の介護職員の求人倍率が、4.55倍です!!!


もう一度言います


郡山市は4.55倍です!!!


郡山市は、福島県中通り中部に位置する市で、中核市に指定されています。


新幹線もあり交通の便も良く、デパートもありますので不便も無くすみやすい地域・市です。


2010年で人口は30万人くらいだそうです。


原発で避難されて移住する方達もいわき市に次いで多い地域です。


商業も盛んですので、介護事業所等は大小含めかなりの数になります


全国チェーンの幸楽苑の本社も郡山市ですね


介護職員ですとよほどのことが無い限り、受かるんだろうなという印象ですね


実際に40代の私も今年度は落とされた介護事業所なかったですからねww


受けませんでしたが履歴書不要の求人もありますから、それってどうなんだろう?て思いますねw


まぁ福島県は労働人口が少ないから必死なんでしょうね特に介護業界は。。。


実際に他の産業でもなかなか人が集まらない県なのに、介護関連の箱モノばかり作っても


人が集まらないなんて、ちょっと考えればわかるし計画性のない経営者が多いのかもしれんせんね


でも、高齢者は多いので埋まるのかな?


それにしても4.55倍は介護業界にとっては、予想以上に大変な思いで働いている介護職員の方達が


多いだろうと想像がつきますね、、怖!


安くこき使って、私みたいに潰れて介護職を離れて他の業界に行ってしまう方が多い事も想像できますので


おそらくこの求人倍率は、そう簡単には改善しない地域だと思います。


介護関係の専門学校等も多い地域でこれですからね、いかに介護業界を去ってしまった人達が多いかわかります


逆に考えれば福島県に移住したいと考えていらっしゃる方にとっては、仕事はあるという事かも知れません


ただ。。放射能に少しでも不安がある方にはおすすめはしません、除染作業なんてほとんど終わってませんからw


でも、福島県は自然が豊かで空気も綺麗で観光地も多く夏は海、冬はスキーやスノボなんかもやりたい放題です


紅葉や桜の名所も多いです!!!スパリゾートハワイアンズもありますから一年中楽しめます!!


私が住んでいるところは土日になると、渋滞になるくらい県外からの観光客の方達が多く


観光業が盛んですね!!水道水おいしい地域も沢山あります!!


まぁ、、でも、、、


地震は多いです(´・ω・`)




良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村


「うつ病」になる前に、知っておきたい事。

utu2.jpg

「うつ病」の前兆。興味があったので調べてみました。



はい!無職で元介護職のおっさんです!!


現在は、「うつ病」になってしまい療養中です!!


最近は「思考が停止」したり「身体が動かなくなる」とか「一日中憂鬱」という事も少なくなってきました。


私がどのような段階を経て徐々にうつ病になってしまったのか?


自分でも興味があったので調べてみました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1・「頭痛」


まず最初に現れたのは「頭痛」でした。


これは、私が介護職を始めて夜勤に慣れてきたころに現れ始め、夜勤入りや夜勤の間中


頭が痛くて市販薬の鎮痛剤を飲みながら働いていましたが、慣れない仕事でしたのであまり深く考える事も無く


一年くらい経ったころに病院を受診し「緊張型頭痛」との事で原因はストレスで、今思うと夜勤が一番の


原因だったのかと思います。




2・「腰痛」


次に現れたのは「腰痛」でした。


これも介護職という職業柄、宿命というかそんな風に思っていましたので、腰痛ベルトや湿布、鎮痛薬等で


ごまかして働いていましたが、「腰痛」というのは原因不明なものが多く


画像診断で「椎間板ヘルニア」と診断されても、ストレスが原因の場合も多くあるそうです。


実際仕事を辞めてから、私の腰痛はみるみる回復しましたが、精神的にストレスがかかると


腰痛が軽く再発する時があります。



3・「憂鬱な気持ち」


これは本当に初期段階で、常に憂鬱というわけでは無くて、何か嫌な事があった時などに


1〜2日くらい憂鬱な気持ちになるというレベルです。


これは自分の性格的な問題で、誰でもそうなることがあるんだろう。。。


と思っていたし、ほかに何かあれば忘れる事の出来る程度の事です。



4・「吐き気」


そして吐き気です。働いているとみなさんも多少は仕事のプレッシャー等で


「吐き気」を経験したことがあるのではないでしょうか?


しかし、この時の吐き気は、私の場合は通勤途中に毎回決まった場所で


吐き気というもので、その場所さえクリアできればその後は職場でも


吐き気はありませんでしたが、通勤毎の吐き気はかなり辛く


特に夜勤入りの時の吐き気は本当に辛かったです。


このあたりからテレビも趣味も面白いと感じなくなっていきました。


5・「背中の痛み」


次に現れたのが背中の痛みでした。


このあたりになってくると、色々な身体症状が重なってきて、働くのもしんどくなってきます。


「ツレがうつになりまして」という映画の中で、ツレが背中の痛みを訴える場面がありますが


今思えば、それが自分自身にも起こっていたと思うとゾッとします。


まさに原因不明の背中の痛みに、毎日悩まされ整体にいったり鎮痛剤を飲んだり


癌かもしれないと思い総合病院を受診したりしましたが、全く効果もありませんでしたし


寝ているのもしんどかったです。




6・「首筋や後頭部のしびれやコリ」


この症状は強烈でした!!首筋や後頭部の痺れやコリです!!


細かく説明しますと、首筋がピーンと張ったような凝ったような状態になり


はじめのうちは首を回す事なんて出来ないくらいの症状です。


そして、後頭部全体が痺れて何とも言いようがない気分の悪さや


後頭部が自分の後頭部じゃない感覚になります。


このあたりになってくると、もしかして自分は


うつ病なのかも???!!!????


と思うようになってきていたのですが、その後の症状が


たたみかけるように襲ってきたので、この段階で病院を受診する事が出来ませんでした。



7・「思考の停止」


これは酷く恐ろしい症状で、疲れているとか年のせいとかそんな停止ぶりではありませんでした。


たとえば、何かしようと思っても出来ないんですよね。。。


しまいには、人の話を聞いていても全く理解できなくなったり


お店で買い物していて、店員さんが言った金額が理解できなくて常に一万円札出したりとか、、、





8・「不眠」


そして不眠です。


この不眠といっても、どのくらいのレベルかというと私の場合は


朝4時頃に寝て、朝6時ごろに起きちゃうレベルです。


昼間なんか全く眠くないし、身体や頭は疲れてるのに居眠りも昼寝も全くできない


でも、眠くないから起きていられる状態です。


そして何に対しても興味がなくなりました。


これは、とてもしんどいです。。。




9・「極度の憂鬱間」


そして「極度の憂鬱状態」ですね、これは超ネガティブで、「憂鬱な気持ち」の100倍くらいでしょうか(笑)


全てがネガティブに見えます。


もう本当に苦しくて苦しくて、「頑張って」なんて言われたら発狂しそうな状態で


極端に口数も減り、食事の味もほとんど感じませんでした。




10・「自殺願望」



次がやばい感じですが、自殺願望とか死にたいというよりは


「今のこの状況を終わらせたい」


とい感じでした。


色々考えていましたが、今思い出せるのは


例えば、私の場合は送迎者の運転中にあの電柱に衝突すれば今のこの状況から抜け出せる!とか


なんと言えば良いのか難しいですが、よく言われてるのが電車に飛び込みそうになるとか


そういった心境で、思考も停止しているので「死にたい」とい所まで考えが及ばないような


ある意味、極限状態だったのかもしれませんね。




そして過去の自分の記事を見てみると4年程前には既に私には「うつ病の兆候」があったみたいです。



・・・・・・・・・・・・・

2012年2月4日


メンタルヘルスケア


http://fanblogs.jp/864/archive/305/0?1480139145


メンタルヘルスケア

介護職をしているとメンタル部分の介護職員一人ひとりに会ったケアが必要だと感じます


介護職は肉体的・精神的・金銭的に大きなストレスを感じる職業だと思います


介護は実際に行ってみるとかなりの重労働です、中腰の姿勢や自分よりも重い利用者の移乗や


入浴の介助等などさまざまです


精神的にも認知症の方たちの対応や利用者によるセクハラ行為や看取りなどあります


金銭的な面では、賃金の低さは言うまでもありません。


そんな環境の職場の中では、心の病気になってしまう事も少なくありません


自分は大丈夫と思っていても知らず知らずのうちにストレスを感じているかもしれません


介護職は楽しい事も多々ありますので、仕事に夢中になり燃え尽きてしまう事もあるかも知れません


本来であれば介護する側の人間なのに心の病気になってしまいケアが必要になるなんて


おかしなことかもしれませんが、介護職をしていると、このような場面に遭遇する機会は多くあります


実際、私も通院はしませんでしたが「うつ病」だなと思ったことがあります


今思えば精神病や認知症の利用者様を「うつ病」の職員と介助していましたので、


おかしくなって当然だったのかもしれません、よく「うつ病」はうつると言われていますが


本当だと思います。


介護職では物凄くテンションの高いスタッフに出会うことがありますが


うつ病なのかもしれないと思うことが良くあります


仕事とはいえ、周りがついていけないほどのテンションの高さは現実的にありえないと思います


このように介護者が心の病になってしまうと、「介護の質」に影響が現れてしまいます


利用者様におかしな声掛けをしたり、介助をしたり、最悪事件になる事もあるかも知れません


人間関係も悪くなっていきます


そうならないためにも介護職員の心のケアが最近私は重要だと感じます


職員を継続的にケアしていける環境や研修のあり方など、もうすこし細かい対応が


必要なのではないでしょうか。


・・・・・・・・・・・・・



こんなポジティブな記事を書いていました!!!



最後まで読んでくださった皆さんありがとうございます!!!



自分自身の心のケアをしながら楽しくいきましょう!!!




良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

失業して死にたい、時に読む記事。

sinitai.jpg


失業 死にたい



はい!無職の元介護職のおっさんです!!


今回は、「失業して死にたい」という事について書きたいと思います。


まずはじめに、今まで一生懸命働いてきて、理由はどうであれ失業してしまった場合


死にたい。。。と思うほど打ちのめされて失望し精神的にも追い詰められる状況というのは


本当に大変で、私自身も今回「うつ病」になり、失業して何度も何度も死にたいと思っています


今現在も常にではありませんが死にたいと思うことはまだあります。


一生このまま働けなかったらどうなるのか、、、


ほんとに自分はダメな人間だ


死んだほうがマシだ


などと、考える事が良くありますが、こういう考え方って本当にいけないのか?


そんな事を考える事があり、そして色々と本を読んでいると、死にたいと思う感情はけしてマイナスではないそうです


失業したのですから、希望を失うのは当然で、今迄頑張ってきたのに落胆し


「死にたい」


と思う考え方は、むしろ正常な反応でリストラや失業して、何も感じない事のほうが


感覚が麻痺しておりむしろ危険な場合があるそうです。


もちろん自殺は絶対にダメです!ですが、何も考えない感覚の麻痺した人達に比べればまともだと思います。


感覚が麻痺した場合どうなるかというと、突然死だそうです。





良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

介護職員処遇改善加算は介護福祉士じゃないと貰えないのか?

介護職員処遇改善加算 介護福祉士にならないともらえない?


介護職員であれば介護福祉士でなくても、も貰えるのが介護職員処遇改善加算ですが


介護職員処遇改善加算というのは、事業所が算定要件を満たしていて算定していれば事業所にお金が入る仕組みで


そのお金をどのように使うかは、介護職員の処遇の改善に使っていれば事業所の判断により使って良い事になっています。


例えば


介護職員の基本給自体を上げる


毎月一定額のお金を処遇改善加算金として渡す


数カ月に一度渡す等々


色々ありますが


介護職員のために使用すれば良い事になっていますので事業所によって対応はまちまちです


介護職員処遇改善加算には算定要件というものがあり、処遇改善加算Tと処遇改善加算Uとあります


「介護職員処遇改善加算の請求状況」については


処遇改善加算Tが平成28年5月サービス提供分で72.1%、処遇改善加算Uと合計しますと88.1%もの事業所が請求し支払われております


金額的には要件をすべて満たせば介護職員一人当たり月額2,7000円相当頂けることになり、


実際に処遇改善加算を27,000円貰える求人も最近はよく見かけます


いまだに処遇改善加算を明記していない求人がありますが、連絡するときや面接の際にハッキリと


「処遇改善加算」の有無と、貰えるとしたら、どのような形でもらえるのか聞いてみると良いと思います。


平成29年度からはキャリアアップの仕組みを構築し、月額平均1万円相当の改善を行うそうです。


介護業界の賃金が上がりますように!!!!!


良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

介護職員が、前の職場から連絡があった時の対応方法。

以前、働いていた職場から電話が。。。


はい!無職で元介護職のおっさんです!!


今日は朝から、以前勤めていた介護施設から電話がありました(怖)


もうね辞めてから8か月も立ってるので


電話番号なんて、すっかり忘れてるし、連絡帳からも綺麗サッパリ消去してるので。。。


10コールくらいで、やっと気が付きましたよw


その時ふと頭をよぎったのが。。。


何か事務手続きか何かかな?


ブログで変なこと書いてんじゃねえぞ!!コラァ!!!とかかな?


それともだれか死んだ??


なんて色々考えたわけです。。。。
 

そして


気が進みませんでしたが電話に出てみると


私「はい、もしもし」


事務長「○○さんでよろしかったでしょうか?」


私「あっはい、お久しぶりです」


事務長「実はお願いがあるんだけど今、大丈夫かな?」


私「どんなご用件でしょうか?」


事務長「実は、○○さんが辞めてから、○○さんと×15名が辞めてしまって。。。」


私「そうですかそれは大変ですね(´・ω・`)」


事務長「それで、○○さんにまたうちで働いてもらえないかと思って電話したんだけど。。。」


私「そうでしたか、残念ですが。。。」


事務長「そこをなんとかお願いできないかな?!お給料も以前より出すから。。」


私「有り難いお話ですが、ごめんなさい m(_ _)m」


事務長「今、働いてるの?」


私「無職ですが(笑)」


事務長「じゃあ少しの時間でもいいから、頼むよ〜!日勤だけとかでもいいから、お願い!!」


私「でも、求人も出してて他よりも、お給料も良くてボーナスも出るのに人集まらないんですか?」


事務長「。。。うん。。。実は。。。。」


事務長が重い口を開け話してくれました。。。


私が退職した後、看護士、リハビリ職、事務職、介護職のそれぞれが対立するようになり


更に人数の多い介護職の中にリハビリ側と看護師側と、かなり複雑な状態になってしまい


毎日誰かが、トイレやロッカーで泣いているような日が続いたそうです


噂も辞めていった各職種から広まったのか求人を出してもなかなか人も集まらなくて


ここには書けませんが他にも色々あり、大変だという事でした。


そして、色々な職種の人達とうまくやっていた私に電話してきたそうです。



私「まぁ正直以前からそういうことは沢山ありましたけどね(笑)」


事務長「そうだったんだ〜。。。」


私「報告してましたけど上司には(笑)ではこれから出かけるんで失礼します!(出かけないけどね(笑))」


事務長「うん、気が変わったらお願いします」


何処も人が集まらないのは同じだと思いますが、ブラックな職員しか残っていない職場に復帰するほど馬鹿じゃないですw


あーそれにしても、なんかスッキリしたっ!!!(笑)



良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村


腰痛ベルト・コルセットをつけたままの介護は、本当に良いのか?

sebone.jpg



腰痛ベルト・コルセットをつけたままの介護


介護職をしていると、どんなに気を付けていても腰痛になる危険性があります。


中腰でのオムツ交換や利用者様をベッドから車椅子への移乗などが考えられますが


それ以上に腰を痛めやすい出来事があります。


どういう場面に危険が潜んでるかといえば、突発的に起こる場面で腰を痛めやすく


ボディメカニクスや介護技術が優れていても避けられないばかりか、一度痛めると


職業柄なかなか治りにくく、癖のようになってしまうことすらあり、最悪の場合「椎間板ヘルニア」なることも多く


自分自身の介護職人生にとってマイナスになってしまいます。


私のブログを読んでいる方の中には介護経験のない方もいらっしゃると思いますので


例としてどのような場面で起こるのかを書きたいと思います


・利用者様の介助をしていてる際に急に力を入れられたり、力を抜かれ急激な力が必要になった場合


・トイレ介助中に、腰を落としての介護拒否


・入浴介助中に、浴槽の出入り時などに突発的に力が必要になった場合


・利用者様からの暴力への対応


こればかりではありませんが、介護職をしていると急に力を入れたりする場合が多く


それまで酷使してきた腰には、過度な衝撃になります。


それを少しばかり軽減するためには、腰痛ベルトやコルセットなど腰を守るアイテムが必須で


たとえ腰が痛くなくて、腰に自信があったとしても常に装着し介護をするというのも必要だと思います。


私自身、介護職をして椎間板ヘルニアになり坐骨神経痛を患った経験から言うと


仕事の時だけでなく普通に生活する事すら、大変になりますし、完治した状態に持っていくには


お金も時間もかかりますので、日頃から注意することが大切だと思います。


最悪、私みたいに「うつ病」になったら、腰痛どころではありませんからねww






良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

介護福祉士という仕事、は馬鹿ならできる?

介護福祉士



こんにちは!最近、無職になってよく聞かれる事なんですが、そもそも介護福祉士ってどんな事が出来るんですか?


と言われることが多々あります。


確かに介護職ですらどんな仕事なのかわからない人達も沢山いますし、更に介護福祉士ともなればどんな仕事なのかわからないですよね。。


基本的的には、介護職も介護福祉士も仕事的には同じになます。


そもそも介護福祉士は名称独占の資格です!


仕事的には介護職と同じですから多岐にわたり、高齢者施設の高齢者の介助やデイサービスでの介助や運転手、訪問介護等々沢山あり、


細かく言えば、オムツ交換やシーツの交換、調理、掃除、洗濯、入浴介助、看取り、リハビリのお手伝い、高齢者の方達とのゲームやお喋り相手。。。。


専門職との連携、医師、リハビリ職、地域との連携、家族や地域での介護指導、喀痰吸引。。。。


色々あるわけですが、働く場所によって、かなり業務の違いがありますので単純に、介護職・介護福祉士は世間のイメージのような


「下の世話」等々とは、かなりかけ離れている部分も沢山あり、ある程度の柔軟性が無いと難しい職業です。


救急車を呼ぶのも仕事だったりしますし、蘇生も仕事で、例えば意識を失った人やのどに食べ物が詰まった人の対応もしますので、


かなり医療面でのスキルも必要で、薬の知識や外傷の処置の知識も必要でそのような介護福祉士が求められている状況だと思います。


介護職や保育士等はいつまでたっても低賃金というのは、人の命を預かる職業なのにおかしいですね。


良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村





2016年11月22日地震!!


2016年11月22日地震!!


朝から地震があり大変です!!


私の住む地域でも5弱の揺れでした!M7.4です!!


かなり揺れた感じですが突き上げるような揺れは無かったので


私の家の中では物が倒れたりとか飛び出したりとかは無かったです


車で街の中を移動しましたが、目に見える被害は少ないようですが


怪我をされた方や、津波もありましたので大きな地震でしたね


電車等も運転見合わせだったりかなり影響が出ているようです


1メートルの津波でも死亡率100%だそうですから、甘く見てはいけないです


30センチの津波でコンテナが浮くそうですので、津波の破壊力は想像を絶します!!


11月23日に大地震が起きるんて話もありましたから、まだまだ気が抜けない感じですね


東日本大震災の時もニュージーランドの地震の後に東日本大震災がありましたが、今回もニュージーランドの地震の後でした


地球規模で見るとたいした距離じゃないから連動しちゃうんだろうなとか色々考えさせられます


ちなみに、何か地震の前兆・予兆的なものがあったか?というと、


いつもは起きてる事なんて無いのに、夜中に隣に住む100歳のおじいちゃんが歌を歌ってたことくらいです。←マジです。


良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

「うつ病」にならない介護職の職場の管理マニュアル。




「うつ病」にならない介護職の職場の作り方w一般職員編」



「「うつ病」にならない介護職の職場の作り方w一般職員編」を書きたいと思います。



はい!!無職のおっさんです!!(笑)


前回書いた記事が、管理者編だけど微妙だとか色々話題になっていますが今回は


現在、一般の介護職員の方が私のように「うつ病」にならないように、どう働いて考え方を変えていくか


書いていきたいと思います。


私の経験談も交えて書いていきますので、すべての人達に効果があるかは保証できませんww


まず私の何がいけなくて「うつ病」になってしまったのか?ですが、、、


頑張りすぎちゃったんですね。。。。。(笑)


夜勤とかできるならもっと、お給料のいい仕事なんて沢山あるんですww


でも、やっぱり介護職が好き!!介護職以外考えられない!!


なんて方も沢山いると思います。私にもそんな時期がありました、、、(笑)


でもね、まずその考え方を替えましょう!介護職以外にも沢山の仕事があります。


介護職辞めて、他の仕事してまた介護職で働くとか色々な人生もあります


他の介護職の会社に転職する方達だって多い業界です


↑このような考え方で働いていかないと、自分自信を追い詰めていく事になり


私みたいになっちゃいますよ(笑)


利用者様だって、あなたじゃないとダメ!!なんてこともありませんし、いなくなったらいなくなったで


どうにかなるものですし、気にする必要なんてないし、完璧な人間なんてこの世に存在しません


人間関係にも言える事です、完璧な上司なんて存在しないし、完璧な同僚も存在しないんです


実際に私だって、「うつ病」になり失業期間も軽く半年以上過ぎちゃっいました(笑)


私もかなり悩み苦しんだ時期もありましたが、よく考えてみれば「うつ病」の人なんて沢山いるんです


日本どころか世界中にいます。それに半年以上働いてない人なんてさらに沢山います


転職してる人も多い事でしょう


そう考えたとき、今あなたが働いているとしたら私にとってはずっと立派で尊敬に値します


働いているのも立派ですが、働いてなくても生きているだけでも奇跡的な事です!!


怒られたりして嫌な事があっても、あなた自身すべて否定されたわけではありません


他人にあなたを否定される権利もないんです、反省するところは反省して生きていけば良いだけです


気持ちを楽に、考え方を柔軟にしていくのがベストです。


でもそれでも辛いときは、誰かに相談し聞いてもらうだけでもかなり気持ちが楽になりますよ


相談する相手がいない時は、G+のコミュニティ「介護福祉ネットワーク」にでも書き込んで見えください(笑)


日本的な考え方にとらわれず、「うつ病」になるくらいなら逃げる事も良いと思います。


また微妙だったかな(笑)


つづく


良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村


    >>次へ
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事