広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2011年9月22日 第80回社会保障審議会介護給付費分科会議事録

2011年9月22日 第80回社会保障審議会介護給付費分科会議事録

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001swyc.html

今回は「定期巡回・随時対応サービスの基準・方針について」等が議論されていますが

施設の介護職員としては↓

夜間は介護施設職員の兼務ではどうか、施設で余剰に配置をしているところはオペレーター兼務はどうかという御提案でございますけれども、
本当にこれが可能なのかということについては非常に疑問がございます。
現在、特別養護老人ホームあるいは老健施設等々で基準以上の職員配置をしているというのは前回でもお話があったかと思いますし、
我々もそのことは熟知をしておりますけれども、それは入所者の方々の重度化に対応するために施設が経営の努力をし、かつ採用の努力をしということです。
重度化に対応するため職員の増配置をしているけれども、あくまでもそれは施設の中の対応を安全にするためだと思っております。

この部分が気になりました。

まぁ24時間職員がいるわけですから

「例えばオペレーターについては入所者等の処遇に支障がない範囲で夜勤職員との兼務を認めてはどうか。
あるいは、訪問についても規定の最低限の夜勤の職員に加えて増配置されている職員については兼務を認めてはどうか。」

という話になるのもわからなくはないですが、ほんと安易に考えすぎだなと思います。

サービスの質の向上と言っておきながら本当にこれでいいの?と疑問に思います。

ただでさえ少ない人員配置で、働きなおかつ

オペレーターまで施設職員にさせ

・・・・・・

なんか悲しくなってきた・・・・


しかしこれから24時間365日随時対応できるサービスと質の確保を考えると

介護職員に求められる能力もかなりハードルが高くなっていくだろうなと予想でき

歓迎すべき事だと思います。


ただこの24時間随時対応サービスなんだか、どんな事になっているのかこの議事録を読んでも見えてきません・・・


しかし、最後の

大森分科会長 この9時というのは相当しんどいですね。歳のせいかもしれないんだけれども、相当早く出ないと来られないので9時半にはなりませんか。もうここは済んでいるでしょうか。次回は仕方ないんだけれどもね。9時半にすると12時半になりますがね。

の発言とてもしんどそうwwでもなんだかかわいい♪(^^)

第79回社会保障審議会介護給付費分科会議事録



2011年9月5日 第79回社会保障審議会介護給付費分科会議事録

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001sum2.html

今回の議事録は、現場目線の事が多く興味深く拝見させていただくことが出来ました。

色々と議論されていますが

施設での薬がどうのこうのという議論は、単純に医師の問題で

ここで議論してもなにも変わらないように思うのは私だけでしょうか?

医師同士の連携の問題で、医師個人の個人的な考え方が

そうさせているように思います。

このような状態で介護保険制度を動かしていくとやはり

施設に入ったときや出たときに、医療機関の医師と施設の医師の考え方の違いから

今回のような問題はどうしてもなくならないと思います。

そんな中

「医師としてのプライドもありますので、当然必要な薬は必要なものとして出す、そういうスタンスで当然多くの医師はやっていると思います。」

このような発言がありましたが私は非常に違和感を覚えました。

医師としてのプライドという部分は、なにか傲慢さを感じてしまいます

やはりそれぞれの医師の考え方が優先してしまうんだろうなとイメージさせられる発言です・・・

家族や本人は新薬などで病気が治るならそれに越した事はないわけですし

施設に入ったとたんに今までの薬が飲めなくなってしまうのはどうかと思います

そういう感情的な部分等にも細かな対応が出来る位置づけの人間や職種が必要だと思います。

グリーフケアについても同じ事が言えると思います

家族等の支援も含まれているはずなのに報酬にはならないというのはおかしな話しですし

これからますます孤独死や無縁死等も増えていきそういう部分を

ボランティアや一部の専門職の人達だけに任せていくのは私には無理があるように思います

そういう部分も含め頭に置いた上で、介護福祉に携わる人間が積極的に考え議論しないで誰が議論していくのか

疑問に思ってしまいます。

今までの介護保険制度ががらりと変わっても良いので

もっとより良い方向に介護保険制度が根幹から変わる事を期待しますw

あとは毎回の事ですが提出される資料の有効回答率の低さはどうにかしてほしいものです。


私のケアマネ受験結果


第14回介護支援専門員実務研修受講試験を受けてきました

結果は

介護支援分野14点

医療福祉分野11点、

総合3点

まぁ落ちましたね・・・w


よほどボーダーラインが下がらないと無理ww

(案)介護職員処遇改善交付金



平成23年10月17日第82回社会保障審議会介護給付費分科会資料のなかの

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001ryva.html

資料2介護報酬において処遇改善措置を実施する場合の考え方について

(案)として介護職員処遇改善交付金の今後が示されています。

簡単に言うと

介護職員処遇改善交付金終わりにして介護報酬のほうから交付しようぜ!数パーセントだけど(笑)

でしょうか?まちがっていたらごめんなさい・・・

まぁ介護職員処遇改善交付金終了の方向でといううことでしょうね

読んではいませんがツイッター等で「介護職員処遇改善交付金来年度継続困難」とかツイートしてる人が沢山いたので

そういううことなのかなと思いますが・・・・

まぁでも事業所としては一定の要件はあるものの、現在の要件よりは

実施する所が増えるのではないかと思います

経営者として介護報酬でもらえるものを貰わないとか考え、なおかつ職員の給料を上げたくないとか

考えるような経営者ならばどうかと思います。

まぁでも介護職員処遇改善交付金申請しなかった事業所だからまた申請しないか・・・・・

なので処遇改善措置を行わない事業所は

20%の減算とします!!

と私ならしますけどね(笑)

超強行!!

この案キャリアパス要件ばっかりしか考えてない感じがしてなんか

がっかりしますww

第82回社会保障審議会介護給付費分科会資料


第82回社会保障審議会介護給付費分科会資料
平成23年10月17日

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001ryva.html

議事次第(PDF:99KB)

資料1−1訪問介護の基準・報酬について(PDF:1426KB)

資料1−2訪問看護の基準・報酬について(PDF:716KB)

資料1−3療養通所介護の基準・報酬について(PDF:282KB)

資料1−4短期入所生活介護の基準・報酬について(PDF:757KB)

資料1−5短期入所療養介護の基準・報酬について(PDF:484KB)

資料1−6居宅療養管理指導の基準・報酬について(PDF:442KB)

資料2介護報酬において処遇改善措置を実施する場合の考え方について(PDF:234KB)

資料3介護事業経営実態調査における税の扱いについて(PDF:138KB)

木村委員提出資料(PDF:253KB)

田中(雅)委員提出資料(PDF:795KB)

馬袋委員提出資料(PDF:274KB)

社会保障審議会介護給付費分科会委員名簿(PDF:73KB)



今回の資料はとてもわかりやすく作成されていると思います。

中でも私の目を引いたのはヘルパー二級のサービス提供責任者が9000人もいるという部分でした

それに伴い案として

実務経験3年を有する2級ヘルパーのサービス提供責任者に対する減算[新設](案)

理由としてはサービス提供責任者の質の向上を図るとしています

わからくも無いですが、少々荒っぽいなとも感じてしまいますw

しかしながらサービス提供責任者ですから介護福祉士又は介護支援専門員くらいは持っていると

介護関係の資格を薄っすらでもわかっている人であれば思うでしょう

研修を受けさせれば良いようにも思いますが、研修だけではどうにもならない部分や難しい部分

もありますからね。

あと今回の目玉の一つは「介護報酬において処遇改善措置を実施する場合の考え方について」だとおもいます。

簡単に言うと

介護職員処遇改善交付金終わりにして介護報酬のほうから交付しようぜ!数パーセントだけど(笑)

でしょうか?まちがっていたらごめんなさい・・・

まぁ介護職員処遇改善交付金終了の方向で・・・・ということでしょうね

読んではいませんがツイッター等で「介護職員処遇改善交付金来年度継続困難」とかツイートしてる人が沢山いたので

そういううことなのかなと思いますが・・・・

まぁでも事業所としては一定の要件はあるものの、現在の要件よりは

実施する所が増えるのではないかと思います

経営者として介護報酬でもらえるものを貰わないとか考え、なおかつ職員の給料を上げたくないとか

考えるような経営者ならばどうかと思います。

まぁでも介護職員処遇改善交付金申請しなかった事業所だからまた申請しないか・・・・・

なので処遇改善措置を行わない事業所は

20%の減算とします!!

と私ならしますけどね(笑)

超強行!!

この案キャリアパス要件ばっかりしか考えてない感じがしてなんか

がっかりしますww


第38回社会保障審議会介護保険部会資料



第38回社会保障審議会介護保険部会資料

平成23年10月13日

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001rgu8.html

○議事次第
議事次第(PDF:87KB)



○資料
資料1 社会保障・税一体改革成案(PDF:1,012KB)

資料2 平成24年度予算の概算要求組替え基準(PDF:381KB)

資料3 社会保障・税一体改革における介護分野の対応について(PDF:272KB)

参考資料1 介護保険制度の見直しに関する意見(PDF:365KB)

参考資料2 介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律の概要(PDF:132KB)

参考資料3 平成24年度老人保健福祉関係予算概算要求の概要(PDF:195KB)



○委員提出資料
結城委員提出資料(PDF:199KB)



○委員名簿
社会保障審議会介護保険部会委員名簿(PDF:96KB)




【資料1の分割版はこちらから】

本文(P1〜15)社会保障・税一体改革成案(PDF:410KB)

別紙1(P16)社会保障改革の推進について(PDF:122KB)

別紙2(P17〜23)社会保障改革の具体策、工程及び費用試算(PDF:744KB)

別紙3(P24〜27)社会保障の安定財源確保の基本的枠組み(PDF:364KB)


ケアマネの資格は、本当に魅力的なのか?


何故ケアマネの資格がほしいのか?

素直に考えて見ました

それはたとえば

高齢者の役に立ちたいとか

介護の仕事が好きだからとか

そんな綺麗事だけではないです

今現在介護職として働き

その先にケアマネの資格があり

ケアマネの資格を取れば

肉体的な苦痛から開放され

お給料も今よりは多少良くなり

定年まで働けそうとか

そういう部分があるからで

この業界に入らなければ

ケアマネの資格には何の魅力も感じなかったと思います

存在すら知らないまま生きていたと思います

一生、介護職で良いのか考えてみると

それはそれで良いかもしれないけれど

私には体力的に無理だと感じることも多々あり

周りのスタッフにも迷惑を掛ける事になり

そのような状況で仮に働けていけたとしても

あまり自分自身にとっては嬉しくない状況で

それなら転職してしまおう

と考えても

失業時代を思い出し

そんな度胸も無く

だからといって

介護職が嫌いなわけでもなく

むしろとても大好きな職業で

私にとっては天職だと感じる事もあり

何年も働いてこれたのも事実で

介護職を通じて出会った人々や

経験や思い出は私にとっては宝だし

ケアマネを取るのが最善の策なのかなと

考えてしまいます

ただ、介護職をしていて組織の中にいると

とてもつまらなく感じる事もあり

たとえケアマネを取ったとしても

変わらないんだろうと

思ってしまう自分も居ます


私は単純に


利用者様の笑顔が見たいだけなんですけどね


第81回社会保障審議会介護給付費分科会資料



第81回社会保障審議会介護給付費分科会資料
平成23年10月7日

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001qyj1.html


議事次第(PDF:99KB)

資料1−1平成23年介護事業経営実態調査(速報値)の概要(案)(PDF:342KB)

資料1−2(案)平成23年介護事業経営実態調査結果(速報値)(PDF:1182KB)

資料1−3他産業の売上高経常利益率(案)(PDF:179KB)

資料2介護報酬の地域区分の見直しについて(PDF:571KB)

資料3介護サービスの質の評価について(PDF:610KB)

資料4中央社会保険医療協議会及び介護給付費分科会打合せ会について (PDF:97KB)

資料5介護給付費分科会における議論の整理(主な論点)(PDF:263KB)

大西委員提出資料(PDF:197KB)

村上委員提出資料(PDF:308KB)

社会保障審議会介護給付費分科会委員名簿(PDF:74KB)


今回の資料を見て感じたことは

24時間対応の「定期巡回・随時対応サービス」などを始めとした居宅サービスの提供のあり方
・ 「サービス付き高齢者向け住宅」により提供される安否確認・生活相談等の「サービス」と居宅サービスとの連携

がこれからますます必要になってくるのではないかと思いました。

特に「随時対応のサービス等」はニーズにあった介護やサービスをする上で避けては通れない部分だと思います

しかし、これから先の日本において本当に議論する価値があるのかとも思ってしまいます。

介護職員の離職率の二極化など利用する側から見ればとても不安な要素をはらんでおり

そういった部分がなんだか、置き去りにされて行ってしまっている様な気がしてなりません・・・・

検討事項が沢山ある事はわかるのですが、制度自体あまりにも複雑になり過ぎてしまっているような気もします

このような状態の制度の中で柔軟なサービスの提供や医療との連携など無理だとも思ってしまいます。

もっと高齢者でも誰にでも理解できる制度の在り方について議論する必要があるのではないでしょうか?






第二回目「一定の距離を置く」広範囲を客観的に観る能力の鍛え方。


 第二回目は「一定の距離を置く」です。

一定の距離を置く、簡単に言うと一線を引くということです

自分が傷つかない為の自己防衛ですが、利用者様とべったりの介護職の場面を

テレビなどでよく見かけますが、なにも自分もあのようにべったりとしなくても良いわけです

線の引き方もかなり手前で引いてみるのが良いかもしれませんw

なんか凄く悪い介護職のように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

なにも利用者様全員がべったりした介護職員を求めていない事にきずく事もあり

広範囲を客観的に観る能力も養われると思います。

利用者様との話しに夢中になり周りが見えなくなることも無くなると思います。

ただ忘れてはいけない事は仕事は仕事です

プロとしての対応は常に心がけなければなりません

なにも自分が利用者様にとってのアイドル的存在である必要など何処にもないのですから・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記 2016

なかなか働き始めは考えられない事柄かも知れませんが

介護職という仕事に慣れてくると、距離を置くという事の大切さがわかってくると思います。

べったりとしている職員を見て、嫉妬する必要なんて、貴方には何処にもないのです、

それに、全員の利用者様とべったりする事なんて不可能だと思いますよ

そういう職員が好きな人間ばかりではないし、あなた自身が精神的におかしくなる可能性すらあります。

あくまでも仕事ですから、客観駅な対応はとても必要です。

平成23年9月30日「介護基盤の緊急整備」実施状況について

平成23年9月30日

老健局高齢者支援課


「介護基盤の緊急整備」実施状況について


平成21年度から平成23年度までの介護基盤の緊急整備の実施状況について都道府県からの報告をとりまとめましたので、公表します。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001pzqp.html


「介護基盤の緊急整備」の実施状況について


           平成21年度実績 平成22年度実績 平成23年度見込み 3年間の見込

特別養護老人ホーム   1.2万人分     2.4万人分     3.0万人分     6.6万人分

老人保健施設       0.5万人分     0.6万人分     0.9万人分     2.0万人分

ケアハウス         0.1万人分     0.1万人分     0.2万人分     0.4万人分
(特定施設入居者生活介護の指定を受けるもの)
 
認知症高齢者グループ  0.9万人分     1.2万人分     1.3万人分     3.4万人分
ホーム

小規模多機能型居宅   0.2万人分     0.5万人分     0.9万人分     1.6万人分
介護事業所

合    計         2.9万人分     4.8万人分     6.3万人分     14.0万人分


    >>次へ
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
ブログオーナー
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
ブログオーナー
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
☆介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切る☆先日のブログがめちゃくちゃ不評で、、ごめんなさいm(__)m (09/07)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/07)
ブログオーナー
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
ブログオーナー
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
ブログオーナー
介護職早死にww (09/04)
かず
介護職早死にww (09/04)
ブログオーナー
心が強くなってきたw (08/20)
かず
心が強くなってきたw (08/20)
ブログオーナー
暑いですねw (08/11)
かず
暑いですねw (08/11)
ブログオーナー
暑いですねw (08/10)
かめ
暑いですねw (08/10)
かず
こんな介護の職場は辞め無い方が良い。w (07/17)
リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。