広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

介護施設職員による高齢者虐待が過去最多だそうです。 


介護施設職員による高齢者虐待が過去最多だそうです。 




はい!!失業中のおっさんです。



↓こんなニュースを見ました。。。。



介護施設などで働く介護職員による高齢者への虐待は2016年度に452件あり、前年度より44件(10・8%)増えた。



10年連続増加だそうです。



しかも、虐待があった452件のうち、117件は過去に虐待や苦情の通報などがあって、指導を受けていた施設や事業所で起きていた。


だそうです。



厚労省の担当者は「なぜ繰り返し起きたかは分析できていないが、市町村には指導した後も注視するよう伝える」と言っているそうです。



う〜ん、、、指導しても、同じ施設で起きているというのは、かなり問題だと思いますが。。。



まぁでも、虐待件数が452件で、同じ事業所からの通報が117件という数字は、全国の事業所の数から考えると氷山の一角だという事は、介護業界で働いていればわかると思います。


これからは団塊の世代が落ち着くまでは増え続けると思います。



あとはなぜ同じ事業所で虐待の通報が多いのかは、そういう施設だからだと思います。w





話が変わりますが




最近どこかの記事で、「中高年男性の多い施設は失業者が多いから悪い施設だ」と書いてある記事を見ましたが、私は違うと思うし偏見だと思います。


介護保険制度が始まったのが2000年の事で、18年以上も経っていますので、その頃に働き始めた人達は、もうすでにおっさんやおばさんですw


私も介護業界で20代から働き始めたのですが、もう40代という立派なおじさんです。(笑)





虐待のない良い施設を見分けるのは、至難の業だと思いますし、虐待が無くても悪い施設は沢山あると思います。


介護職をしていると、なんとなく雰囲気とか職員の顔色を見ればわかるのですが一般の方には見分けるのは難しいと思います。


一般の方でもわかるのは、せいぜい臭いとか、シーツがきちんと交換されているのかという部分だと思いますが、なかなかそこまで見せてくれる事業所は少ないと思います。



私のように就職活動して施設見学をすると、そういう部分も見せてくれる事も多いのですが、虐待があるかどうかは利用者様を見るしか方法はありません



仮に現在は虐待が無くても、近い将来人材が入れ替わり虐待が発生するなんていう事も考えられますから、、、、



まぁでも、虐待は施設や事業所単位の問題というよりは、個人個人の問題だと私は思います。


10人職員がいれば、夜勤帯で豹変する人格が変わる職員というのは、一人くらいはいます。www


この事は、介護関係の研修に行くと講師からもよく言われることです。


それでも虐待が減少しないという事は、人材不足と事業所数の増加が著名という事が考えられると思います。



ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。



あと私のブログのアクセス数が増えますように(笑)

介護施設の高齢者虐待が408件で過去最高だけど、他の項目の方が凄いんだけどww


介護施設の高齢者虐待が408件で過去最高だけど、他の項目の方が凄いんだけどww



平成29年3月21日

平成27年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000155598.html



↑の厚生労働省の調査結果を見てみると、介護従事者などによる虐待件数が 408件 で過去最多です、相談・通報件数は 1,640件



でも、高齢者の世話をしている家族、親族、同居人等による虐待判断件数は 15,976件 、相談・通報件数は 26,688件です。



いつも思うのですがニュースでは介護職員による虐待ばかりが記事にされて叩かれるわけです。



そこに何らかの対応策が示されていればよいのですが、ほとんどの記事が介護職員叩きです。


こんな記事ばかり流されては、介護職員のイメージが悪くなり益々、人材不足になるだけです。





もう一度言います





介護従事者などによる虐待件数は 408件 です!!!





でも





家族、親族、同居人等による虐待判断件数は 15,976件 です!!!






介護従事者による虐待の件数を減らしたいのならば、介護保険制度で人員基準を見直し職員数を増やすしかないと思いますが、介護の現場を知らない人達で介護保険制度を話し合っているので一生よくならないかもしれませんね♪


一般国民もおかしいと思っていると思うんですけどね、介護とか福祉の為と言って税金とか介護保険料とか沢山取られているんですから、でも介護保険制度自体はたいして変化してなくて


年々施設に入所しづらい制度になっていますし、介護事業所も儲かってないです。


国は介護関連での研修とか学校とか資格とか色々な錬金術でお金を巻き上げる仕組みを構築したつもりでしょうが、介護職になりたい人が減ってしまいましたので目論見が外れたのではないでしょうか?




家族、親族、同居人等による虐待判断件数も多いですね、国の政策で介護とか福祉に力を入れて施設がどんどん建てられているはずなんですけどね、、




施設は増えて人口は減っているのに「家族、親族、同居人等による虐待判断件数」は増えてます。



地域の福祉ネットワークが強化され通報システムが利用しやすくなったとも捉えることも出来ますが、、、、



何かおかしいですねww



介護業界はどうなってしまうんでしょうね、介護の学校には生徒が集まらず、事業所は求人を出しても人が来ない。。。


人が入っては辞めての繰り返し、今は良くてもいつ悪い事が起こるかわからない、事件にでもなれば大変でしょう。


人材不足で介護職員の精神的、肉体的な負担が深刻で身体や精神を壊してしまう職員も多いです。



現在は優良な事業所ですらいつ人材不足になり職場環境が悪化するかわからない時代ですね。。。



今回のニュースで世間の最近の傾向としては、「介護従事者が高齢者から暴行を受ける」ということについてコメントする人達も多くなりました。


それだけ介護従事者の方達が増えたという事かも知れないですね、それでも介護職を批判する方達もいまだにいます。


高齢者虐待はいけない事ですが、介護職が増えて施設もどんどん増えている現在、介護従事者などによる虐待件数が408件という数字は、少ない方ではないのか?とも思いますが、



おそらく408件という数字は表に出ただけの数字で、もっと多いと私は思います。



先日のニュースで嫌がる高齢者に入れ歯を入れ「虐待」と扱われた報道がありましたが、介護職をしていれば嫌がる高齢者に入れ歯を入れることなど日常茶飯事です。



入れ歯を入れるのを嫌がる高齢者は沢山います。認知症であったら尚更です。時には嚙みつかれたり引っかかれたりしながら入れ歯を入れます。


他人の入れ歯を洗って綺麗にしたのに嫌がれるんです。ハッキリ言っていればなんか誰も触りたくないし口から出した時はかなり臭いんです!!



でも入れ歯が入ってしまえば、特に嫌がりません不思議なものです。



オムツ交換だって嫌がる人は嫌がり暴れたりすらします。本当に大変です。嫌がるからと言ってオムツ交換しなければ虐待です。


二人では対応できずに三人で対応することもあります。


時にはオムツ交換中に失禁したり、おしりや股間を触った手で触られたり、、、、、


引っかかれ血がでたり、、、、、それでも介護職してるんです。



爪切りだってそうです。伸ばしたままにすれば民生委員や家族から虐待ではないのか?と報告されたりします。


伸ばしたまま放置なんてできませんから、嫌がる高齢者の爪を巧みな技で切ったり、時にはつねられながら爪を切ることすらあります。



高齢者が裸足でいたりサンダルで施設内で過ごしていただけでも「虐待」ではないのか?と報告されます。



本当にいい加減にしてほしいです。



「身体拘束」もそうです。許可が無ければ 身体拘束=虐待 です。


ふとんの上で立ち上がり転倒して骨折、歩けないのに車椅子から立ち上がろうとして転倒して骨折。。。


ソファーに座らせただけで身体拘束扱い、、、


車椅子の座面に滑らないマットを敷いただけで身体拘束、、、、


ほんと馬鹿みたいです。



介護職の人達はこんなにガチガチに制限された中で、仕事をしているということをどれだけの人達が理解しているのでしょうか?



一晩中起きていて立ち上がって転ばないように高齢者を見守るとか本当に大変です。


オムツ交換にも不穏な利用者を車いすに乗せて一緒に、部屋を回ったり、、、、



そんななかでも、利用者からの容赦ないコールが鳴り続けます。


一人で起き上がり転倒でもしたら大変だから、すぐに駆け付けます!!!



部屋につけば便まみれになって、薄ら笑う利用者がいたり、、、、


そりゃイライラもするし腹も立ちます。


介護従事者などによる虐待を擁護するわけではありませんが、もっと介護職の事を世間の方達にわかってほしいです。




ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いします。

介護職員による、暴行・虐待事件で思う事。

介護職員による、暴行・虐待事件で思う事。


介護職員による、虐待や暴行事件は、毎年のように起きている


私も、介護施設で働いていた時は、職場内や他の職場の話をよく聞いた。


上司が虐待まがいの事をしているのだから、どうにもならないこともあったし


そのうような人物が、すんなりと退職するかといえば、そのような事はなく


むしろ、上の立場になり、ある意味普通の事のように扱われ


他の職員は、新人ばかりなので見ないふりをしていた。


研修会の講師ですら、そういう状況をわかっているのに、具体的な対応策も示さない



気負つけてください!!



ただこれだけだ、施設長に訴えたからと言って、何も変わらない


世の中全体がそのような状況なのかもしれないが



介護職とは、高齢者を相手に仕事をすることになるので、すぐに生死にかかわる


にもかかわらず、見ないふりをする



問題に上がったとしても、ケアマネや相談員達が揉み消す



保身の為だったり、色々な理由があると思うが



介護業界はもう何年も前から、腐っている



そのような人間達がケアマネになり、地域包括支援センターで働いているのだから、


いくら地域包括支援センターに相談しても無駄で、むしろ訴えた介護職員の立場の方が悪くなる


そして、地域包括支援センターの人間達によって、噂が広められ、その地域で働きずらくなる



たいていの業界には守秘義務があるはずだが、介護業界には、守秘義務がないといっても良いだろう



たとえ虐待を行っている職員がいたとしても、立場が上なら何も問題がないという事だ


私も、職員による虐待を何度も上司やまたその上の上司によく訴えたものだ


しかしそれは、上司にしてみればどうでもよい事で、上司がグルになり揉み消すのだから


なすすべもないし、厚生労働省に訴えたこともあったが、何も変わらなかった。



こんな職場は早く辞めれば良かったのかもしれないが、それぞれ事情がある



介護職で働くと、色々な委員会がある事に気が付くが、ほとんど意味のないものだ




もちろん、私が働き、みてきた職場ばかりでないのは、わかるが中には私が見てきた職場や地域が


存在していることも、また事実であり、不幸にもその地域で働いている人達や住民は不幸だと思う。



常識的な神経の持ち主であれば、たいていの場合は直ぐに辞めていくし、私のように訴えたりしないのであろう


 
わたしは最近だいぶ、うつ状態から抜け出せそうな気配になり、思考が安定してきたからこのような事を


思い出し、介護業界改善のヒントになればと思い書いている



今思えば、うつ病になった同僚たちは、みんな正常な常識的な考えを持ち合わせた人間達ばかりだったと思う。


おそらく介護業界で働かないで、普通の会社に勤めていれば、うつ病などならずに、普通に生活していただろう


私自身も、介護業界に入らなければ、うつ病などにならなかったと思う。



電通での問題でもわかるように、日本社会は結局のところ、立場が上ならば下の者になにをしても良いという


風潮があり、下の者は上の者には何も言えない、という社会構造もあるのかもしれない



そういう社会構造が、著名にあらわれやすいのも、介護職であり、一度足を踏み入れるとなかなか抜け出せないのも


介護業界である、介護職の人は優しいという、そんな時代は終わり、もうただの幻想だろう



優しい人が多そうとか、仕事が無いからとか、女性が多いとかw


その程度の理由では、もう介護職は選ばないほうが良いと思う。


明日、仕事を見つけないと「死んでしまう」というくらいでないと、介護業界には足を踏み入れないほうが良いと思う。



ニュースや新聞でも指摘しているように、景気が良くなると人材が流失する業界としても有名なので


いかに介護業界が、働きずらい業界というのがわかると思う


先日発表された、特養での人材不足調査によれば、半数の事業所が人材が足りないと答えている




私はむしろ、半数の特養だけが人材不足なのかと、逆に驚いたが、特養となると


面接時に作文や試験を行う所がほとんどなので、直ぐに辞めてしまう職員も少ないのかな?と思う一方で


特養だけの人材不足の統計は、ほとんど意味がない、特養といえば、ある程度、経営基盤がしっかりしているので


賃金もボーナスもあるのだから、他の介護サービス事業所とは、全く違うし、介護業界を知らない人達がこのニュースを見れば


介護職って人材不足なんだなと漠然と思うだけだと思う。


何が言いたいかといえば、介護業界全体の人材不足調査でなければ意味がないという事だ



まぁでも、介護業界のこういった部分が、総合的な要因になって、虐待や暴行事件が起こっているのかもしれない。





介護職員による虐待をなくすために行うこと。



介護職員による虐待

あまり気がすすみませんが書きたいと思います

ある高齢者介護施設で介護職の元職員3人(いずれも懲戒解雇)が

入所女性への暴行容疑で逮捕されたそうです

このような高齢者虐待の事件は家族からの届け等で発覚することが多く

内部からの通報は少ないように思いますがどうでしょうか?

以前にも何度も書いておりますが「介護施設」いわゆる

世間一般では「老人ホーム」という所は、外部の人間が気軽に入れる場所で無いばかりか

面会時間なども決まっており、家族ですら行きたい時に気軽に立ち寄れる場所ではない

場合が多いように思います

施設内で外部の人間がいるとすれば、食事を作ってくれる業者と清掃業者や面会に訪れたご家族様、後はたまに来る

民生委員やボランティアや実習生程度ではないでしょうか?

どの方達も夜間にはいなくなってしまう人達です

なので夜から朝にかけては、利用者様と職員だけの空間になりますし

職員もひとつの空間には1人か二人程度になってしまうと思います

人間の心理として この時間帯に高齢者虐待が多いと思います

日中は職員も多いですから虐待はあまりおこらないと思いますし

仮に日中で虐待に似た事をするスタッフがいるとするならば、危険人物だと思います。

しかし、昼間どんなに良いスタッフも昼の顔とはまったく違う、

夜の顔を持つ職員もいるということもあります。

これは長年介護業界にいるかたらならわかると思いますが

一番注意しなくてはならない部分です(この事に対する対処法は様々ですのでまた後日書きたいと思います)

しかし、いちばん問題なのは介護保険制度の人員基準等だと思います

いくら夜間とはいえ50人の認知症高齢者を1〜2人でみると言うのは介護職員にかなりのストレスや

肉体的な苦痛があるか理解していない証拠だとも思いますし。介護の質が上がるわけありません

なので私は今回の事件のような事は介護業界全体で

人員の問題や賃金の問題をクリアーしていかなければ、無くならない問題だと思います。


   
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
ブログオーナー
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
ブログオーナー
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
☆介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切る☆先日のブログがめちゃくちゃ不評で、、ごめんなさいm(__)m (09/07)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/07)
ブログオーナー
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
ブログオーナー
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
ブログオーナー
介護職早死にww (09/04)
かず
介護職早死にww (09/04)
ブログオーナー
心が強くなってきたw (08/20)
かず
心が強くなってきたw (08/20)
ブログオーナー
暑いですねw (08/11)
かず
暑いですねw (08/11)
ブログオーナー
暑いですねw (08/10)
かめ
暑いですねw (08/10)
かず
こんな介護の職場は辞め無い方が良い。w (07/17)
リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。