椎間板ヘルニア悪化。w

椎間板ヘルニア悪化。w


はい!!介護福祉士だけど失業中のおっさんです。


「椎間板ヘルニア悪化」というキーワードで訪問された方がいるので、それについて書きたいと思います。


以前にも似たような事を書いていたらごめんなさいm(__)m


ちなみに私がこれから書くのは、正式には腰椎椎間板ヘルニアの事になります。


私の椎間板ヘルニアが良くなるまでの経過などを知りたい方は、カテゴリーの「腰椎椎間板ヘルニアとは」の最近の記事をご覧ください。



まずはじめに言っておきますが、介護職をしている限り何もしなければ、腰椎椎間板ヘルニアは悪化します。


私は薬物療法や数週間仕事を休むという事を数回しましたが、良くなることはありませんでした。



私は介護職として働き始めて3年目に腰椎椎間板ヘルニアと診断されています。


医師からは「介護職を辞めればよくなる」と言われました。


しかし、世の中は就職氷河期の時代でしたので、その後10年間合計で13年間介護職として働き続け。。。。


10年間の間に、痛みがない期間もありましたが年々悪化していき最終的には、両足の親指までに坐骨神経痛が出るほどまでに悪化し


それでも腰痛ベルトと薬でだましだまし働いておりましたが、日常生活にも支障をきたすほどでした。


椅子にも10分と座っていられず、歩行も数分歩いては休む感じで、休みの日も満足に楽しめるという事はなかったです。



私の結論としては、介護職をして腰椎椎間板ヘルニアになってしまったら早々に介護職という職業を辞めたほうが良いと思います。



腰椎椎間板ヘルニアになる人はなりますし、ならない人はならないです。



自分には介護職と縁がなかったと諦めましょう♪



運動したり筋肉をつけて改善を図る方法もありますが、私の場合は全く効果が無かったですし


一度、腰椎椎間板ヘルニアになってしまって介護職をしている以上、一生「腰椎椎間板ヘルニア」に怯えながら生活することになります。w


私は10年間の腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の為、走るという事が出来なかったので痛みが無くなった現在でも、走る事が出来ません小走りが出来る程度です。(笑)



ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。

「腰椎椎間板ヘルニア」久しぶりのウォーキング。w

「腰椎椎間板ヘルニア」久しぶりのウォーキング。w


はい!!介護福祉士だけど失業中のおっさんです。


最近朝から30度以上の時ばかりでウォーキングをさぼっていたのですが、今日はとても涼しかったので久しぶりにウオーキングしてきました。


久しぶりでしたが身体も軽くいい感じでした。w


思えば介護職時代は、腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛でまともに歩けなかったのでほんと、歩けるだけでも幸せです。w




腰椎椎間板ヘルニアになった時は、医者から



「介護職を辞めればよくなります。」



と言われたのを思い出します。




実際に介護職を二年以上離れて私の腰や痛みは、ほぼ完治しました。w



腰椎椎間板ヘルニアってほんとに治るんだなと今は思います。



先日の身内の結婚式でも二時間近く座りっぱなしでしたが、腰が痛くなることも無く足が痛くなることもありませんでした。



二年前はというと、、、、


ハローワークで10分くらい座っているだけで、腰の痛みと坐骨神経痛になりましたので、人間の治癒力おそるべしといった感じです。(笑)


不思議なもので重い物も持てるようになりました。w


例えば30キログラムの米袋とかです。



昔は建設現場で働いていたので、力には自信があったのですが腰を悪くしてから30キログラムの米袋すら持てなくなりましたから、、、、



ちなみに介護職時代はテクニックと気合で介助しておりました。。(笑)



ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。



腰椎椎間板ヘルニア。w現在までのまとめ。w介護職を辞めて1年8カ月目の状況。

sebone.jpg


腰椎椎間板ヘルニア。w現在までのまとめ。w介護職を辞めて1年8カ月目の状況。



はい!!介護福祉士だけどうつ病のおっさんです。


最近、私のブログに「腰椎椎間板ヘルニア」で訪問してくださる方達が多くいらっしゃいますので、腰椎椎間板ヘルニアについてまとめ的な事を書きたいと思います。


私が腰椎椎間板ヘルニアになったのは、介護職として働き始めて3年くらい経った頃です。


介護職という仕事ですので、中腰になったりとか無理な体制での介護など原因は様々ですが、とにかく介護職で働き始めてからでした。


それでも介護職として働き続け15年、私の腰椎椎間板ヘルニアは良くなるどころか、悪化してしまい歩行するのも10歩あるいては休むという感じまでになり


坐骨神経痛も酷いときは両足の親指の先まで出ていました。


痛みを軽減させるため、鎮痛薬はもちろん仕事の時は常にコルセットをして働いておりました。。。


今考えると異常な状態ですww自分でもよく15年も耐えたなと思います。(笑)


夜勤前はロキソニンでごまかし、座るのも辛いので立っていることが多かったです。


夜勤明けは腰がガクガクで、大変でした。


ですので、夜勤明けは直ぐに帰らず休憩室で一時間ほど横になり多少痛みや疲れが取れたころに帰宅しておりました。(笑)



そんな私でしたが「うつ病」になり、仕事を辞めることになりました。




仕事を辞めて3カ月くらいは、腰や坐骨神経痛はあまり軽減しませんでしたが、半年ほどたったころから無理をしなければ痛みが出ることも少なくなりました。


そして、無職のまま一年経ち散歩が出来るまでに回復しましたが、長距離を歩くとまだまだ坐骨神経痛は多少ですが出ました。


そして月日が流れ、介護職を離れて一年と8ヶ月現在は、散歩をしても長時間椅子に座っていても、全く腰が痛くなったり坐骨神経痛が出ることも無くなりとても快適に過ごしております。



重たい物、例えば30キロの米袋や普通乗用車のタイヤとかを、持ったりしても腰に痛みがくることはなくなりました。


かなり要約してしまいましたが、こんな感じです。


詳しくご覧頂きたい方は、カテゴリーの「腰椎椎間板ヘルニアとは」をご覧くださいm(__)m



ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。

介護職を辞めて一年と8ヶ月、腰椎椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も消えてなくなりました。w

はい!!介護福祉士だけどうつ病のおっさんです。


介護職を辞めて一年と8ヶ月経つのですが、腰椎椎間板ヘルニアも坐骨神経痛もなくなり痛みも全くないし、違和感もありません!!


10年以上腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の痛みに耐えながら、介護職をしていたので、もう一生直らないだろうと思ってましたが、完全に治りました違和感も無いです。



う〜ん、、まさかここまで良くなるとは思っておりませんでしたが、寒くても痛むことも無いし足も上がりますw


介護職時代は、鎮痛薬(ロキソニン)をほぼ毎日飲みながら腰のコルセットもしながら、介護していました。。。


過去の自分に、どれだけ自分の身体をいじめるのが好きなんだよ!!!と、言いたいですね(笑)



椅子に座って何時間か過ごしても痛みが出ることもありません!!



まぁでも一年経ったとき、ほぼ完治したと書きましたが、現在は完治したという感じです。


やはり一年では、15年の腰の疲労は完全には治らなかったです。


私の場合は二年は必要だったという事です。


それにしても腰痛や坐骨神経痛がない生活というのは本当に快適です。




腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛を気にして動かないということも無くなりました。


30キロくらいの米袋を持ち上げても、タイヤを運んでも全く痛くないです。


以前は↑のような事をすると、すぐに腰が痛くなるか坐骨神経痛がでて苦しんでいましたが、それもないです。




腰が良くなって一番有り難いのが、こうやって椅子に座りながらブログを書いていても、全く苦痛じゃないし、痛くならないので何時間でも書いていられます。



ほんとQOLが向上しました(^^)



まぁでもまた介護職したら、再発するのかな?という不安はまだあります。



ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。

「介護職」腰椎椎間板ヘルニアになったら辞めたほうが良いと思う。w


はい!!介護福祉士だけどうつ病のおっさんです。


タイトルそのままですが、腰椎椎間板ヘルニアになったら介護職は辞めたほうが良いと、今更ですが思います。(笑)


ちなみに私は介護職として働きはじめてから3年目位に「腰椎椎間板ヘルニア」になってしまいました。(弱)




でも、その後も10年以上介護福祉士として働いておりました。(笑)




腰痛ベルトはもちろんですが、古武術や椅子に座りながらの移乗テクニック等々色々と織り交ぜながら、なるべく腰に負担がかからないように働いておりましたが、「腰椎椎間板ヘルニア」はそう簡単には治らないです。



移乗ばかりが介護の仕事ではありませんからね、腰に負担がくる介助は山のようにあります。



夜勤で動きっぱなしだけでも腰にはかなりの負担です。





私を「腰椎椎間板ヘルニア」と診断した医師からは介護職をやめるように言われましたが、私はまだ若かった事もあり、介護職を続けてしまいました。。。





その結果どうなったかと言えば、坐骨神経痛に悩まされるようになり、休みの日も満足に遊ぶこともリフレッシュすることなどできませんでした。


坐骨神経痛になると椅子に座っているのもかなり辛いですからね、歩くのも休みながらという感じです。


もう何のために働いていたのかわからないです。(笑)





もちろん「腰椎椎間板ヘルニア」にならない人達もいますので、そういう方達には介護職を辞めたほうが良いなどとは言いませんが、、、





「腰椎椎間板ヘルニア」持ちの介護職は、ただの苦行です。





私の場合は介護職をやめて1年以上経ち最近ようやく、本当の意味で腰が良くなったかな?という程度です。


まだまだ無理をすれば、痛みがぶり返してしまう時もあります。



人生長いですから、自分の身体を大事にした方が良いと思います。




ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。

「医師に言われたことは本当だった!!腰椎椎間板ヘルニアw」の一年後の現状ww


sebone.jpg


はい!!介護福祉士のおっさんです!!けど無職です!!w


今日は去年の今頃って自分はどんなことを書いていたんだろうと思い、自分のブログを読んでいたら。。。



こんな事を書いていました↓






2016年06月13日

医師に言われたことは本当だった!!腰椎椎間板ヘルニアw


http://fanblogs.jp/864/monthly/201606/






はい、介護職を辞めて数か月後の、腰椎椎間板ヘルニアの回復具合を書いていたのです。


そして月日は流れ、介護職を辞めて一年と数カ月たった。今現在の私の腰の状況を書いていきたいと思います(笑)



ちなみに私は「うつ病」の為、、、精神科に通っていて、デパスという薬とエビファインという薬を飲んでいます。


※詳しくはカテゴリーの「心療内科・精神科」をご覧いただけると嬉しいです。



そんなところも考慮して読んでくださいw



ちなみに無職期間は、一年三カ月ですだいたい。。。(;´・ω・)







では腰椎椎間板ヘルニアの回復具合を書いていきます。↓






ほぼ完治しました。!!(*^^)v





30分くらい散歩したりしても全く腰が痛くなることも、坐骨神経痛になることもありません


普通に歩けて、階段も軽快に降りられますし、長時間椅子に座っていても大丈夫です。



重い物を持っても大丈夫と言うか、重い物を持てるようにもなりました。



腰の痛みの心配もないので、とても快適に生活しておりますが「うつ病」です。(笑)



でも、また介護職をすれば腰の痛みは再発するだろうなという予感はあります。




どちらにしても、一度「腰椎椎間板ヘルニア」をやってしまうと再発の恐れはぬぐいきれないですね、、、、


何年も悩まされましたので、脳が走るのはやめておけ!!と言っている感じです。



でも小走りは可能です。



全力で走ることは出来ないというか怖いのでしておりませんが、石段を駆け上がる事は可能です。



無職ですがQOLはかなり上がりました。(^^)




話がズレますが


最近は腰をサポートする最新の機械なんかも登場しておりますが、私が腰椎椎間板ヘルニアの時にはおそらく機械の重さとか装着だけでも、負担になっていたと思います。



正直言ってあんな機械つけてまで介護職したくないな。。というのが正直な私の感想です。



働く人の為にはもちろんですが、腰椎椎間板ヘルニアで苦しんでいる患者さんの治療の方に使ってほしいなと思います。。



またカツラがズレてしまいましたが、介護職というのが腰椎椎間板ヘルニアの発症要因だったのもありますが、ストレスもかなりの発症要因だったと思います。




実際に精神科に通うようになり、筋肉の緊張や不安を和らげる薬を飲むようになってからというもの、身体が柔らかくなり


今までの自分の身体が、こんなにも硬くて緊張していたんだという事がわかりました。



痛み止めの薬や整体や理学療法士のマッサージ等々では、改善されないほどの筋肉の緊張が精神科の薬だけですぐに改善しました。


もちろん個人差がありますし「うつ病」で無職ですので、皆さんには当てはまらないかもしれませんが、こんな介護職もいるという事です。




長々と書いてしまいましたが、とりあえず介護職を辞めて一年後には、腰椎椎間板ヘルニアがほぼ完治しているというお話でした。




あっ「うつ病」はまだ治ってませんけどね(笑)




ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。



デイサービスの介護職員が腰椎椎間板ヘルニアにならない為に。。。


デイサービスの介護職員が腰椎椎間板ヘルニアにならない為に。。。



はい!介護福祉士のおっさんです!!


今回は少し視点を変えて、腰椎椎間板ヘルニア持ちの私が


どういう場面で、ヘルニアが再発したのかという事を


現在、介護職員としてデイサービスなどで



送迎に携わる方達にお伝えしたいと思います。



介護職員ですと腰椎椎間板ヘルニアになる危険性があるのは


何も施設の中だけではありません




送迎中にも起こります。




ヘルニアですと送迎業務は結構大変だったりして


しかも運転となると、右足に坐骨神経痛があったりすると


本当に大変なものです。



デイサービスに勤務しているからと言って、再発しないとは限りません


私が送迎中にやって、再発したことを上げると





・車からピョンと降りる




・降りたときに足元が滑って転ぶ




・後ろのドアをしめる時に、ちょっとだけジャンプする




です。





なんだそんな事かと思われるかもしれませんが


介護職の腰にとっては、結構なダメージになります。





まず最初の





・車からピョンと降りる



について説明したいと思います。



送迎者の中にはハイエースのような車を使用していると



来るから降りる際に、地面に足が付かないのと



自分はまだ若い気がして、ついついピョンと降りちゃいませんか?



私もよくやっていたのですが、それで私は椎間板が飛び出たことがあります(´;ω;`)


弱ってる腰とか、酷使している腰にとっては、積み重ねにより


かなりのダメージです。


特に冬ですと、筋肉が固まっていますから


腰痛の原因にもなります。


気を付けてくださいね♪





次は





・降りたときに足元が滑って転ぶ




車から降りる際に、足元が滑って転ぶです。


特に冬は要注意です!!!


転んだら最後、ヘルニア持ちだと相当のダメージがあります。


腰ばかりか全身にもダメージが及びますので


気を付けましょう!!





次は




・後ろのドアをしめる時に、ちょっとだけジャンプする




後ろのドアをしめる時に、ちょっとだけジャンプするです。


後ろのドアで表現が正しいのかわかりませんが


車椅子に乗ってる利用者様を、載せたりおろしたりした後に


ハイエースなんかですと、結構高い位置に手を伸ばすため


すこしだけヨッ!と、ジャンプするんですが(特に坂道なんかだと)


その時にも、腰を痛める事が多々ありました(´;ω;`)



おっさんの経験から書いてみました



ご迷惑だったらごめんなさいm(_ _)m



椎間板ヘルニアと介護職。

sebone.jpg


椎間板ヘルニアと介護職。



今回は、腰椎椎間板ヘルニアを、患いながら、介護職をしていた時の心境と、


介護職として働かなくなり、10ヶ月目でどうなったのか、書きたいと思います。


私は、介護職として働き始めて、2年程で、腰椎椎間板ヘルニアになってしまい、


その後も10年以上、介護職として働いておりました。


もちろん夜勤もしておりました。


ヘルニアになった当初は、ある程度良くなれば、それほど気にならなくなるくらい、痛みは消失しましたが、


年々、ヘルニアの痛みに襲われる期間が縮まっていき、だんだんと腰の痛みよりも


坐骨神経痛の方が酷くなっていきました。


坐骨神経痛の痛みは、本当に厄介でした、椎間板で神経に触れている痛みが、臀部や下肢の裏から、親指まで


本当に酷いと、両足に神経性の痛みがありましたので、コルセットは常に装着、


痛み止めは、常に持ち歩いて、痛みが出る前に飲んで仕事をしておりました。


神経の痛みですので、横になってじっとしていても痛みがあり、椅子に10分以上座ると、


痛みが倍増し、立っているときの方がいくらか楽という状況で、二週間動けなくなった回数が三回ほどありました。


介護職を辞める前の数年は、常に腰の痛みと、足の痺れがあり、休みの日は、外出する時間よりも


安静にする時間の方が多くなり、なんのために働いているのかわからない状況で


正直、早く死んで楽になりたいと、本気で思っていました。


まぁ、こんな状況で働いていたので、うつ病にもなりますね(笑)


そして、介護職から離れ、10ヶ月療養してみてどうなったかというと、前回のヘルニアの記事でも書いておりますが、


ほぼ完治しております。階段も普通に降りる事が可能ですし、手すりをつかまらなくても大丈夫です。


小走りも出来て、腰の痛みはもちろん、坐骨神経痛もありませんw


でも、ゆだんして頑張りすぎると、稀に腰の痛みが来ますが、数日で治りますし、日常生活で困ることもありません


まぁ私が介護職を辞めたときは、心も体もボロボロでしたので、もしかすると直りが遅い方かもしれませんが、


介護職にとっては、腰痛は職業病みたいなものですから、うまく付き合うしかないのでしょうね、、、、


腰痛ベルト・コルセットをつけたままの介護は、本当に良いのか?

sebone.jpg



腰痛ベルト・コルセットをつけたままの介護


介護職をしていると、どんなに気を付けていても腰痛になる危険性があります。


中腰でのオムツ交換や利用者様をベッドから車椅子への移乗などが考えられますが


それ以上に腰を痛めやすい出来事があります。


どういう場面に危険が潜んでるかといえば、突発的に起こる場面で腰を痛めやすく


ボディメカニクスや介護技術が優れていても避けられないばかりか、一度痛めると


職業柄なかなか治りにくく、癖のようになってしまうことすらあり、最悪の場合「椎間板ヘルニア」なることも多く


自分自身の介護職人生にとってマイナスになってしまいます。


私のブログを読んでいる方の中には介護経験のない方もいらっしゃると思いますので


例としてどのような場面で起こるのかを書きたいと思います


・利用者様の介助をしていてる際に急に力を入れられたり、力を抜かれ急激な力が必要になった場合


・トイレ介助中に、腰を落としての介護拒否


・入浴介助中に、浴槽の出入り時などに突発的に力が必要になった場合


・利用者様からの暴力への対応


こればかりではありませんが、介護職をしていると急に力を入れたりする場合が多く


それまで酷使してきた腰には、過度な衝撃になります。


それを少しばかり軽減するためには、腰痛ベルトやコルセットなど腰を守るアイテムが必須で


たとえ腰が痛くなくて、腰に自信があったとしても常に装着し介護をするというのも必要だと思います。


私自身、介護職をして椎間板ヘルニアになり坐骨神経痛を患った経験から言うと


仕事の時だけでなく普通に生活する事すら、大変になりますし、完治した状態に持っていくには


お金も時間もかかりますので、日頃から注意することが大切だと思います。


最悪、私みたいに「うつ病」になったら、腰痛どころではありませんからねww






良いサイト沢山ありますよ↓

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

医師に言われたことは本当だった!!腰椎椎間板ヘルニアw

医師に言われたことは本当だった!!腰椎椎間板ヘルニアw


はい!!失業中の介護福祉士のおっさんです!!


完全に介護職から離れて約3か月、途中バイトもしましたが、体に変化が起こりました


特に何もしていないといえば、してない状況ですが、10年近く悩まされていた


椎間板ヘルニアと坐骨神経痛が治りましたwww


畑仕事や草むしりなど毎日行っているのですが、以前であれば1時間以上草むしりをしたら


坐骨神経痛になり足がしびれて、とても辛かったのですが、現在は3〜4時間近く畑仕事をしても症状が出ません


筆記試験や面接で1時間以上椅子に座っていても、腰の痛みや不快感も無くとても快適です!


今思えば。。。初めて腰椎椎間板ヘルニアと診断されたときに医師から


「今の仕事を辞めれば治ります!!」


とハッキリ言われたのを思い出しました。


この時はまだまだ、介護職として浅かったのと、不景気の中せっかく見つけた正社員の仕事なのにと目の前が真っ暗になったのを覚えています(現在失業中ですけどねw)


医師に対しても


「なんて酷い事をこの人は言うのだろう?」


といった、悪い感情を抱いたりもしました。。。。w


仕事以外の原因でストレスもあったかもしれませんがここまで治るとは。。。


経過的なお話をすると介護職を辞めて最初の一か月は、まだまだ足のしびれやヘルニア部の痛みがあり


ハローワークの椅子に長時間座るのはもちろん正座も数分しかできません、寝ていても痛みがあり


正直、まだまだ介護職や他の仕事に対する身体的不安がありました


2か月目になると、なんか今日はとても下肢の調子がいいな?という日が増えてきました


でもまだまだ無理をするとすぐに坐骨神経痛になります、身体的な不安は大きく本当にちゃんと働けるのだろうか?等々考えたりもしました


2ヶ月目後半になり、あれ?普通に歩ける?という感覚になり痛みもでなくなり、痛みが無いので少し長く歩き


歩いた後は、しばらく忘れていた足の裏だけの痛みと筋肉痛だけになり、この感じ何年ぶりだろうと感動しましたww


家族にも普通に歩けてるのわかる??と言ってみたりもしました。


3ヶ月目になると、足のしびれはもちろん腰の痛みも無くなり、全身の痛み特に肩等の痛みも無くなり


ヘルニアに対する不安感も無くなりましたwww


ここまで改善されるとは、、、、一生、ヘルニアには悩まされるんだろうなと思っていた私には奇跡的な出来事です!!


もちろんハローワークの椅子に座っていても、臀部の痛みもありません


ヤンキー座りも出来ます(笑)


失業期間が長引いてしまうのは良い事ではありませんが、身体の回復には月単位の療養はとても重要で長い人生こんな時も必要なのかなと思いました


身体の回復は心の回復にもつながっているのを、今まさに実感している最中のおっさんです!!


また介護職として働けば痛みは出てくるかもしれませんが、まだまだ頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いいたしますm(__)m



つづく↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村


    >>次へ
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事