広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

第31回介護福祉士国家試験受験申込受付期間の延長!!!!

第31回介護福祉士国家試験受験申込受付期間の延長!!!!

平成30年北海道胆振東部地震及び平成30年台風第21号に伴い、平成30年9月7日(金)までとしていた第31回介護福祉士国家試験の受験申込受付期間を、下記のとおり延長することといたしましたので、お知らせいたします。


1.受験申込受付期間
   平成30年8月8日(水)から同年10月5日(金)
    ※当日消印のあるものに限り有効

2.受験申込書類の提出先
    公益財団法人社会福祉振興・試験センター

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000210749_00004.html



はい!!介護福祉士だけど失業中のおっさんです。


介護福祉士の受験申込受付期間が延長になっております。


平成30年10月5日までとなっております。


震災等に遭われた方はもちろん、うっかり忘れてしまっていた方はまだ受付しておりますので、10月5日までですので安心して応募できます。


ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。

平成30年8月から現役並みの所得のある方は、介護サービスを利用した時の負担割合が3割になります。(厚生労働省)

平成30年8月から現役並みの所得のある方は、介護サービスを利用した時の負担割合が3割になります。(厚生労働省)


https://www.mhlw.go.jp/content/000334525.pdf


介護サービスを利用する場合には、費用の一定割合を利用者の方にご負担いただくことが必要です。

この利用者負担割合について、これまでは1割又は一定以上の所得のある方は2割としていましたが、

平成 30 年 8 月から 65 歳以上の方(第1号被保険者)であって、現役並みの所得のある方には費用の3割をご負担いただくことになります。



はい!!介護福祉士だけど失業中のおっさんです。


本人の合計所得金額が220万円以上で、年金収入+その他の合計所得金額の合計額が単身世帯340万円以上または 2 人以上世帯で 463万円以上だと三割負担になるそうです。


うーん、どうなんでしょうね介護の現場を離れてしまったので、どのくらいの方達が対象になるのかわかりませんが、介護保険料自体も年々上がっているのに更に三割負担にするってどうなんでしょうね?


介護保険料だけでも年平均で7万円位になりますから、更にそこから介護サービスが3割負担になるというのは、現役並みの所得があっても結構金額的なダメージは大きのではないでしょうか?



これだけ国民からお金を取っているのに、介護職の給料はあまり上がらないのですから、ほんと笑うしかないですね、、、ww




あとは2019年10月から同一の事業所で勤続10年の介護福祉士に8万円相当の処遇改善が決まっておりますが、これも介護処遇改善加算と同じく8万円上げるかどうかは事業所判断だそうですから、ほんと介護職にとってもおかしいと思うことばかりですね。



介護職で同一事業所で10年以上勤務する人達というのは、それなりにいるとは思いますが、人間関係や身体や精神を壊してしまって辞めた人たちからすると、ほんとただただ悔しいだけです。


それに10年勤めたからって介護職としての知識等があるとは限らないですからね。。。www


もっと公平に介護職の給料を上げる方法を考えてほしいです。


仮に私がこれから介護職として働き始めて貰えるかどうかわからない8万円のために頑張っても、53歳です。。。(笑)


それに介護職としての10年って結構長いです。


身体や精神を壊すリスクの方が高いです。


それに今の若い人達は、他の職業を選ぶと思います。


他の職種の方が給料も良くて、楽ですから当然ですね♪



若いのにわざわざ介護職を選ぶ理由は、ハッキリ言って今の時代は無いです。!!



20代から30代であれば、良い求人が沢山あります。


40代から50代になると、年齢や経験で良い求人は無いです。



40代や50代から10年先の8万円を目標に介護職で働くというのは、かなり大変です。


ちなみに介護職の平均勤続年数は6年です。



私が働いていた施設だと、6年生き残るにはそれなりの体力と忍耐力が無いと、早々にみんな辞めていきました。


これは介護職に限らず、介護事業所で働く看護師やPTやOT、事務職にも言えることです。


何故かと言えば給料が安いのに、体力と精神をかなり削られますから。。。。



なんか話がズレてしまいましたが、国民から搾り取っている介護保険料とか今月から始まった3割負担のお金は何処に行ってしまうのでしょうか?


事業所の経営者の懐でしょうか?


ほんといい加減にしてほしいです。



ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。




「ロボット技術の介護利用における重点分野」を改訂しましたw


「ロボット技術の介護利用における重点分野」を改訂しましたw



平成29年10月12日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000180168.html
老健局高齢者支援課

「ロボット技術の介護利用における重点分野」を改訂しました

〜自立支援による高齢者の生活の質の維持・向上と介護者の負担軽減の実現を図るため、1分野5項目を追加〜
  厚生労働省と経済産業省は、自立支援による高齢者の生活の質の維持・向上と介護者の負担軽減の両方の実現を図るため、「ロボット技術の介護利用における重点分野」(平成24年11月策定、平成26年2月改訂)を改訂し、新たに1分野(介護業務支援)と5項目を追加しました。これまでの5分野8項目と合わせ、6分野13項目が今後の重点分野となります。

  今回の改訂は、介護現場と開発企業の協議を通じて、介護現場のニーズを反映したロボット介護機器の提案を取りまとめている厚生労働省の「ニーズ・シーズ連携協調協議会」から提案された内容等に基づくもので、高齢者にとっても介護者にとっても実際の介護の場面で利用したいと感じられるよう、介護現場のニーズを真に汲み取ったものです。また、介護業務の生産性と効率性の向上を図ることはもとより、作業負担の軽減など魅力ある職場づくりにもつながるものです。

  今後、経済産業省では、国立研究開発法人日本医療研究開発機構が実施するロボット介護機器開発・導入促進事業において、開発支援を行います。本事業の公募を本年度中に開始する予定です。
  また、厚生労働省では、開発中の試作器について介護現場での実証、成果の普及啓発などを行い、実用化を促す環境を整備するほか、ロボット介護機器を活用した介護技術の開発を支援していきます。



【重点分野の概要】(●印が今回新たに決定した重点項目)
(1)移乗介助
○ロボット技術を用いて介助者のパワーアシストを行う装着型の機器
○ロボット技術を用いて介助者による抱え上げ動作のパワーアシストを行う非装着型の機器

(2)移動支援
○高齢者等の外出をサポートし、荷物等を安全に運搬できるロボット技術を用いた歩行支援機器
○高齢者等の屋内移動や立ち座りをサポートし、特にトイレへの往復やトイレ内での姿勢保持を支援するロボット技術を用いた歩行支援機器
●高齢者等の外出等をサポートし、転倒予防や歩行等を補助するロボット技術を用いた装着型の移動支援機器

(3)排泄支援
 ○排泄物の処理にロボット技術を用いた設置位置の調整可能なトイレ
 ●ロボット技術を用いて排泄を予測し、的確なタイミングでトイレへ誘導する機器
 ●ロボット技術を用いてトイレ内での下衣の着脱等の排泄の一連の動作を支援する機器

(4)見守り・コミュニケーション
○介護施設において使用する、センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
○在宅介護において使用する、転倒検知センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
●高齢者等とのコミュニケーションにロボット技術を用いた生活支援機器

(5)入浴支援
○ロボット技術を用いて浴槽に出入りする際の一連の動作を支援する機器

(6)介護業務支援
●ロボット技術を用いて、見守り、移動支援、排泄支援をはじめとする介護業務に伴う情報を収集・蓄積し、それを基に、高齢者等の必要な支援に活用することを可能とする機器






はい!!介護福祉士だけどうつ病のおっさんです。


「ロボット技術の介護利用における重点分野」を改訂しました。♪という発表がありました。


「移乗介助」と「移動支援」と「排泄支援」、そして「見守り・コミュニケーション」と「入浴支援」、「介護業務支援」と6つですね♪


おっさん暇なのでNHKなんかみていると、介護施設にもだいぶロボットとか機器が採用されているんだなあと思います。


一昔前だと、利用者様一人一人にあったトイレ介助なんかしていたわけです。


でも今は機械を使って適切なタイミングで、トイレ誘導が簡単にできる世の中です。


まぁでも認知症高齢者に果たして効果があるのかどうか、微妙な機器も沢山ありますね♪



私が介護職をしていた時は、床センサーマットとかその程度でしたが、時代はもう変わっているんですね(´・ω・`)


まぁでも、どんな機器なのかわかりませんが「ロボット技術を用いてトイレ内での下衣の着脱等の排泄の一連の動作を支援する機器」は、かなり興味がありますね。


排泄支援機器で自動で排泄介助をしてくれれば、ほんと楽です♪


自動排泄機器なんていうのもありますが、私はいまだにお目にかかったことがありません。。。




なので利用者様を自動でトイレに連れて行って、排泄介助までしてくれて、移乗介助もしてくれれば、介護職は必要なくなりますね(笑)


何だかドラえもんみたいですが「自動オムツ交換機」〜♪


なんてあればかなり楽ですね♪


自動排泄器があるんだから技術的には難しくないと思うんですけどね!



今回発表された機器が、一通り出れば介護職の業務は格段になくなりますね♪


排泄介助もコミュニケーションも見守りすら必要なくなるんですから(笑)



なんのための介護福祉士なんだか、わからなくなります。



でも重度の認知症の方はどうするんでしょうか、やはり機械でなんとかなるものなのでしょうか?


特養とか老健の場合は、要介護度が上がりますからね、抵抗する認知症高齢者にも対応できるんだろうかと、、、、


あとはあれですね記録なんかも全自動で行ってくれればほんと楽ですね♪


まあ一部の事業所では雛形コピペするだけですから似たようなものでしょうが(笑)



入浴介助もベルトコンベアー式で良いと思いますけどね、そうすれば介助者の負担もほとんどなくなりますから。。。



なのでお金さえかければ、全自動老人ホームが簡単に出来る世の中になるのかな?


まぁむなしいけど介護職員に酷い扱われ方をされるよりまマシですね♪


ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。



平成29年3月27日「特別養護老人ホームの入所申込者の状況」w

平成29年3月27日
【照会先】
老健局高齢者支援課

特別養護老人ホームの入所申込者の状況



特別養護老人ホームの入所申込者の状況について調査した結果を以下のとおり取りまとめましたので、お知らせいたします。


特別養護老人ホームについては、介護の必要性がより高い中重度の要介護者を支える機能を重視する観点から、平成27年4月より、新規に入所する者を、原則要介護3〜5の者に限ることとする制度改正を行いました。


 今回の調査では、この新制度下での入所対象者数に該当する申込者の数を集計し、とりまとめたところです。


 また、特別養護老人ホームの入所申込者は、複数の施設に申込みを行うことがあることから、本調査では、こうした重複申込等の排除を従来よりも徹底し、入所申込者の実数により近づけています。



【特別養護老人ホームの入所申込者(要介護3〜5)の概況】


2017042000.JPG


*要介護1又は2で居宅での生活が困難なことについてやむを得ない事由があると認められる者については、新制度下での特例入所の対象となりました。しかしながら、地方自治体によっては、調査時点では、特例入所対象者の数を把握できていない場合があることから、本調査では要介護1又は2は、必ずしも正確な数字となっておりません。なお、この点に留意しつつ、こうした者の数を集計すると7.1万人となりました。


☆私のブログでよく読まれている記事です☆


40歳で失業した男のブログ


こっちがおかしくなるから放置してる!   


介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww   


ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。   


処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w  


介護職をしていて死に直面したとき。   


「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   


平成27年度 第1回 都道府県介護予防担当者・アドバイザー合同会議(思う事・・)


平成27年度 第1回 都道府県介護予防担当者・アドバイザー合同会議

平成27年5月19日(火)
11:00〜17:30
スタンダード会議室6階ホール

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000086278.html

○議事次第
PDF 議事次第(PDF:87KB)

○資料
PDF 資料1 地域包括ケアシステムの構築(PDF:6,197KB)
PDF 資料2 介護予防・日常生活支援総合事業と生活支援体制整備事業について(PDF:6,584KB)
PDF 資料3−1 地域づくりによる介護予防の推進(PDF:4,644KB)
PDF 資料3−2 広域アドバイザーによる実践報告1「住民主体の介護予防〜いきいき百歳体操の経験から〜」(PDF:2,171KB)
PDF 資料3−3 広域アドバイザーによる実践報告2「地域づくりによる介護予防の推進〜住民主体の介護予防を、住民が自ら考え実践するまでのプロセス支援〜」(PDF:1,229KB)
PDF 資料3−4 平成26年度地域づくりによる介護予防推進支援モデル事業の実践報告(埼玉県)「介護予防の強化〜より効果的な介護予防の普及拡大〜」(PDF:1,602KB)
PDF 資料3−5 平成26年度地域づくりによる介護予防推進支援モデル事業の実践報告(埼玉県密着アドバイザー)「埼玉県でのリハビリテーション専門職の活用」(PDF:5,097KB)

○参考資料
PDF 参考資料1 地域づくりによる介護予防推進支援事業のアドバイザー組織設置要綱(PDF:214KB)
PDF 参考資料2 地域包括ケアシステム情報支援事業 ニュースレター第1号(PDF:1,927KB)
参考資料3 地域づくりによる介護予防を推進するための手引き
(地域づくりによる介護予防の取組の効果検証・マニュアル策定に関する調査研究事業(三菱総合研究所))
PDF 参考資料4 都道府県による市町村支援の状況(PDF:371KB)


とても良い事業だと私は思うのですが、普及拡大にはかなりの時間と労力がかかるだろうなと予想できます。

色々な事を考え行うのは良い事だと思うし、私もぜひ参加したいなと思いますが

情報の発信や人材の発掘や育成が、敷居が高く下手だなと思います。

おそらく、テレビCM等でやりたい人達を募れば、手を挙げてくれる人たちは沢山いるのではないでしょうか?

住民主体が基本のようですが、資料を見ていてもなんだか、住民主体を前面に押し出し過ぎて、言い訳がましい説明だなと感じました。

やりたい人達がいれば数名程度からでも気軽に始められて、その人たちが主体となれるように市町村が支援していけば良いだけだと思うのですが、、、

地域包括支援センターという存在を知っている人達がどの位いるのかも疑問ですしね、リハビリ専門職の存在も知らない人達も多いと思います。

何より予算が無いというのは致命的だと思いますが、、、、介護予防事業なのですから、結果的には要介護者が減り負担も減るのですから

多少の予算は必要だと思います、こういった事業に参加し関わりたいと思う若い人達も多くいると思います。

最近思うことはこういった事業を行う場合高齢者主体は良いのですが、若い人達も気軽に参加できるようにすればよいのになと思いました。

↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

平成24年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(平成26年度調査)の結果について

社会保障審議会 (介護給付費分科会)

第122回  6月1日発表、資料

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000087112.html

2015年5月20日

1.平成24年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(平成26年度調査)の結果について(最終報告)

2.平成27年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(平成27年度調査)の実施内容等について

3.当面の検討課題及びスケジュールについて

4.処遇状況調査について

5.その他

↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

福島県相双地域等への介護職員等の応援結果について

福島県相双地域等への介護職員等の応援結果について(第9期)平成26年6月27日老健局高齢者支援課

第9期応援期間(平成26年7月1日〜9月30日)の応援施設と受入希望施設の条件の

調整(マッチング)が完了しました。

なお、未だ福島県相双地域等において介護職員等の応援人員不足が続いていることから引

き続き応援事業の募集を実施しております。



http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000049461.html


福島県相双地域等への介護職員等の応援について(結果)

東京電力福島第一原子力発電所事故による、福島県相双地域等における特別養護老人
ホーム等の職員不足に伴い、平成 24 年 6 月 4 日付け事務連絡「福島県相双地域等への介護
職員等の応援について(協力依頼)」を通知したところでありますが、このたび、第9期
応援期間(26.7.1〜9.30)の応援施設と受入希望施設との条件の調整(マッチング)が下
記のとおりとなりましたので、お知らせします。
なお、受入希望人員に対する応援人員が不足していることから、福島県社会福祉協議会
において引き続き応援事業の募集を実施しています。

↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

医療・介護総合推進法案

介護福祉士の資格取得方法見直しの施行時期を27年度から28年度に延期??医療・介護総合推進法が可決、成立。

以前書いた「介護福祉士の資格取得方法見直しの施行時期を27年度から28年度に延期??医療・介護総合推進法が可決、成立。」

のなかには、「通所リハビリテーション」は専門性が強いため今回は含まれないそうです。

↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

認知症カフェ


第102回社会保障審議会介護給付費分科会資料

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000048003.html

平成26年6月11日(水)

資料

議事次第(PDF:50KB)

社会保障審議会介護給付費分科会委員名簿(PDF:90KB)

資料1 認知症への対応について(PDF:2,685KB)

資料2 高齢者向け住まいについて(PDF:3,557KB)

参考資料

今回の資料はとても見やすくわかりやすいものでした。

「認知症カフェ」とか、やってみたいなぁ〜♪

↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

平成27年度介護報酬改定に向けて(定期巡回・随時対応サービス、小規模多機能型居宅介護、複合型サービス、訪問看護について)

第101回社会保障審議会介護給付費分科会資料

平成26年5月23日(金)

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000046669.html

資料

議事次第(PDF:54KB)

社会保障審議会介護給付費分科会委員名簿(PDF:91KB)

資料1 平成27年度介護報酬改定に向けて(定期巡回・随時対応サービス、小規模多機能型居宅介護、複合型サービス、訪問看護について)(PDF:3,546KB)

↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村
    >>次へ
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
ブログオーナー
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
ブログオーナー
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
高齢者から介護職員への暴行、暴力。 (09/07)
かず
☆介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切る☆先日のブログがめちゃくちゃ不評で、、ごめんなさいm(__)m (09/07)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/07)
ブログオーナー
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
ブログオーナー
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
かず
福島県の71.1%の介護事業所で職員不足だそうです。w (09/06)
ブログオーナー
介護職早死にww (09/04)
かず
介護職早死にww (09/04)
ブログオーナー
心が強くなってきたw (08/20)
かず
心が強くなってきたw (08/20)
ブログオーナー
暑いですねw (08/11)
かず
暑いですねw (08/11)
ブログオーナー
暑いですねw (08/10)
かめ
暑いですねw (08/10)
かず
こんな介護の職場は辞め無い方が良い。w (07/17)
リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。