コミュニケーショーン

コミュニケーショーン


利用者様やご家族様とのコミュニケーショーンにおいて

よく勘違いされるのが

「じゃあ下手に出れば良いんですね」

という人がいますが、間違えではありませんが

必ずしも下手に出たほうが良い場合ばかりではありません

むしろ優位に立ってそこから導いてあげるのもひとつの手だと思います

接客や販売業の経験がある方ならば多少分かると思いますが

優位な立場から発言した場合の信頼度は絶大です

なかなか難しいことですが相手を魅了する知識や振る舞いが必要です

利用者様を対等な立場で、援助するのと同じ用に聞こえるかもしれませんが

それとは性質が少し違います

たとえば昔なら医者が言う事が正しいみたいな事って多かったと思います

それと少し似ていますが、そこまで優位に立つ必要はありません

介護職のプロとして発言コミュニケーションする場合において

ひとつのテクニックとして身に着けていると、円滑に進む場合て多いのです

しかし、相手を常にお客様だと意識していないと

逆効果になる場合もありますw

相手にこの人態度でかいなと思われてしまえば

もうそこには信頼関係など生まれませんからね

デパートの婦人服売り場の定員さんなどは、とてもこの能力に優れていると思います

定員がよってくると逃げたりしていませんか?

とても勉強になる場所なんですけどねw

なぜ優れているかというと常に声かけだったり、お客様に合わせた対応を考え行動し

同じフロアの他店に負けないように、顧客獲得に向け日々努力し

売り上げが上がらなければ、辞めるしかないですからねw


次の場面を想像してみて下さい

たとえばあなたがお店に入り

一つの洋服を見たとします

すると、定員さんがそんなあなたを見て

「綺麗なお色ですよね」

なんて声を掛けるかもしれません

次にあなたが、その洋服を触ったとします

すると

「肌触りはいかがですか?」

なんて声を掛け、素材の説明などするかもしれません

そして、ためしに着てみたりするわけですが


この中にもコミュニケーションをするうえでとても大事な要素が

たくさん含まれているのです

私が講師として呼ばれて教える場合は何万円も取る内容ですが、ザックリですが書いちゃいます(笑)

難しいことはありません五感を刺激してあげるのです

五感には、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚 などあります

まず

あなたが洋服を見たときには視覚を刺激した声掛け

次に洋服を触ったときには触覚を刺激した声掛け

介護職において使う場合、利用者様は何かを買おうとかそういう気持ちで

介護士と接しているわけではないので、すんなり受け入れてくれ、そして

相手を魅了することが簡単に出来る場合があります

もちろんこの方法は、色々な場面でも応用できます

ご家族様のお宅を訪問したときや、恋人とのデートのときにも使えます

花火を見て、綺麗だねーと会話しただけでも視覚と聴覚を刺激している事になります

相手が今感じている事を、話したり介助したりするだけで、相手は好意的になります

しかし、やりすぎは禁物ですよ(笑)

あくまでも相手を思いやる気持ちが、信頼関係につながると思いますので。





クリックして頂けると励みになります。
    ↓


にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護施設へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


    ↑    
ポチッとして頂けると本当に励みになります。
【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント

   
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事