馴れ合いにならずに、介助していくという事

馴れ合いにならずに、介助していくという事

施設だったりするとどうしても利用者様と馴れ合いのようになってしまったり

知らず知らずのうちに、他の人から見ればおかしな対応をしてしまっている

職員を良く見かけますw

例を挙げると・・・

・ご家族様がいるのに利用者様にやたらと話しかける

・あだ名で呼ぶ

・過剰なボディータッチ

・敬語をまったく使わない

などなど色々ありますが・・・


利用者様との馴れ合いのような関係が100%悪いとは思いませんが

そこに社会人・大人としての常識があるかどうかだと思います

利用者様にとっては生活している場所なのですから、過ごしやすい環境作りは

とても重要だと思います。

常に高級ホテルのような対応だと利用者様も息がつまりますし

そこに信頼関係を築こうとした場合とても時間がかかります

よく私語は厳禁と言う人がいますが、職員間のコミュニケーションも

介護施設において私はすごく悪い事ではないと思います

おしゃべりばかりしていて、業務をしないのは論外ですけれど

職員同士ある程度のコミュニケーションが取れていないと殺伐とした雰囲気になりやすく

その雰囲気を利用者様やご家族様が敏感に感じてしまう事にもなりかねません

利用者様の前で職員同士コミュニケーションをし、

そこに利用者様が入ってこれる

または

利用者様を巻き込んで会話が出来る

環境って大事ですし信頼関係も構築しやすいと思います

もちろん職員同士のコミュニケーションよりも

利用者様とのコミュニケーションが優先ですよ

なので利用者様の前で行う職員同士のコミュニケーショーン・私語

を選んで対応・話す事の出来る能力が必要です

そこには社会人・大人としての常識・知識がなければ出来ない事です。

馴れ合いにならずに、介助していく事も同じで

他の人やご家族様から見たときの自分の行動を常にイメージし

初心を忘れないことが重要だと思いますww





クリックして頂けると励みになります。
    ↓


にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護施設へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


    ↑    
ポチッとして頂けると本当に励みになります。
【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント

   
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事