失業保険受給、最後の日に言われた言葉。

最後の失業保険受給。。。


はい!!無職になって、最後の失業認定に行ってきましたwww


そして最後の失業保険の受給になります。。。


介護職で給与も安い会社で働いておりましたので、毎月13万円ほど貰い生活できていましたが


それも今回もらって最後になります。。。


再就職手当も、もう貰えないわけで。。。手続き上は再就職した場合少し楽なのかな(笑)


まぁでも失業期間が長引くと何も良い事は無いわけですね、特におっさんにとっては。。


この5ヶ月間なんだかんだ、お世話になったハローワークの人達とも、もしかするとこれでお別れかも知れないので


なんだか少し寂しい気持ちを引きずりながらハローワークを後にしました。。


あとハローワークの職員に最後に言われた言葉は


「受給資格者証は前の会社がわかる物なので必ず大事に取っておいてください」


でした。


特に何かの支援制度の説明等もなく、終了しました。世の中こんなものですね。。


生活保護を受けたりとかする場合は、市役所管轄ですしね


この5ヶ月間を振り返ってみると、色んなことが沢山ありそして色々な方達に大変ご迷惑を掛けてしまったな


というのが正直な気持ちですm(__)m


時間的には早くもあり、とっても長かったなという印象です


現在の雇用情勢もだいぶ把握できましたし、40代にとってはとても厳しいのは今も昔も変わらないという印象です


介護職だけで言えば「介護福祉士」「介護支援専門員」「看護師」の資格があれば、正社員で雇用してくれる会社は沢山ありますが


無資格ですと介護職とはいえ正社員は厳しく、給与自体かなりの低賃金になるのは覚悟しなければなりません


40代で未経験の職種の求人はとても少ないですが、採用されるかどうかもわかりませんがチャレンジする時期ではあると思います


介護職に限らず、募集をかけても人が集まらないのは何処も同じなようです


確かに待遇面だけで考えた場合、介護職に流れる可能性はあります


いくら介護職が低賃金だとは言っても、医療法人や社会福祉法人などの場合は、賞与有のところがほとんどですし


福利厚生もしっかりしていますから賞与なしの会社よりは安心感はあります。


でも私のようになってしまったら、どうしようもないかもしれませんが。。


テレビを見ていて


「今迄頑張ってきたんだけどな〜」


なんていうセリフが身に染みた時期もありましたが


今となっては、今迄頑張ってきたぶん十分休んだかな?という感じです(笑)


そろそろ私も殻から抜け出せる時期に近づいてきたのかもしれません


頻繁にハローワークに通い本当に沢山の人達と出会いました


普段は接点のない人達にも沢山会いました


その中で感じたことは、気付かなかっただけで毎日のように繰り返される失業や求職がこんなにもあるという事実


終身雇用の崩壊も実感しましたが、同時に40代にとっては支援制度はほとんどなく、雇用される確率も少なく


厳しい時代だなとも思いました


広いようで狭い日本の中で、日々繰り返されている現実なわけで、もっと大変な思いで生きている方達も沢山いらっしゃる。。


そんな風に考えたとき、私自身の病気や悩みなんて本当に小さい事なんだなと感じました


確かに私自身にとっては大変な事であり辛い時期ではありましたが、40代なんてまだまだ頑張れるという気持ちに


なってきました。


これから先どんな困難が待ち受けているかわかりませんが、精一杯生きていこうと思います。


つづく↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

   
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事