要介護認定とは

要介護認定とは

要介護認定に係る制度の概要

要介護認定とは

介護保険制度では、寝たきりや認知症等で常時介護を必要とする状態(要介護状態)になった場合や、家事や身支度等の日常生活に支援が必要であり、特に介護予防サービスが効果的な状態(要支援状態)になった場合に、介護サービスを受けることができる。

この要介護状態や要支援状態にあるかどうか、その中でどの程度かの判定を行うのが要介護認定(要支援認定を含む。以下同じ)であり、保険者である市町村に設置される介護認定審査会において判定される。

要介護認定は介護サービスの給付額に結びつくことから、その基準については全国一律に客観的に定める。


2要介護認定の流れ

市町村の認定調査員(指定居宅介護支援事業者等に委託可能)による心身の状況調査(認定調査)及び主治医意見書に基づくコンピュータ判定(一次判定)を行う。

保健・医療・福祉の学識経験者により構成される介護認定審査会により、一次判定結果、主治医意見書等に基づき審査判定(二次判定)を行う。

↓押していただけると、おっさんの励みになります(´・ω・`)

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

   
カスタム検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

リンク集
こっちがおかしくなるから放置してる!    介護職員が、10年働いた時に、貰えた退職金ww    ヒヤリハットの誤解、間違われている解釈。    処遇改善加算金は介護職員が直接貰えるようにしろ!!w   介護職をしていて死に直面したとき。    「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。   
よく読まれている記事。
http://fanblogs.jp/864/index1_0.rdf
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
プロフィール

ekuno
写真ギャラリー
月別アーカイブ
最新記事