介護施設の高齢者虐待が408件で過去最高だけど、他の項目の方が凄いんだけどww


介護施設の高齢者虐待が408件で過去最高だけど、他の項目の方が凄いんだけどww



平成29年3月21日

平成27年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000155598.html



↑の厚生労働省の調査結果を見てみると、介護従事者などによる虐待件数が 408件 で過去最多です、相談・通報件数は 1,640件



でも、高齢者の世話をしている家族、親族、同居人等による虐待判断件数は 15,976件 、相談・通報件数は 26,688件です。



いつも思うのですがニュースでは介護職員による虐待ばかりが記事にされて叩かれるわけです。



そこに何らかの対応策が示されていればよいのですが、ほとんどの記事が介護職員叩きです。


こんな記事ばかり流されては、介護職員のイメージが悪くなり益々、人材不足になるだけです。





もう一度言います





介護従事者などによる虐待件数は 408件 です!!!





でも





家族、親族、同居人等による虐待判断件数は 15,976件 です!!!






介護従事者による虐待の件数を減らしたいのならば、介護保険制度で人員基準を見直し職員数を増やすしかないと思いますが、介護の現場を知らない人達で介護保険制度を話し合っているので一生よくならないかもしれませんね♪


一般国民もおかしいと思っていると思うんですけどね、介護とか福祉の為と言って税金とか介護保険料とか沢山取られているんですから、でも介護保険制度自体はたいして変化してなくて


年々施設に入所しづらい制度になっていますし、介護事業所も儲かってないです。


国は介護関連での研修とか学校とか資格とか色々な錬金術でお金を巻き上げる仕組みを構築したつもりでしょうが、介護職になりたい人が減ってしまいましたので目論見が外れたのではないでしょうか?




家族、親族、同居人等による虐待判断件数も多いですね、国の政策で介護とか福祉に力を入れて施設がどんどん建てられているはずなんですけどね、、




施設は増えて人口は減っているのに「家族、親族、同居人等による虐待判断件数」は増えてます。



地域の福祉ネットワークが強化され通報システムが利用しやすくなったとも捉えることも出来ますが、、、、



何かおかしいですねww



介護業界はどうなってしまうんでしょうね、介護の学校には生徒が集まらず、事業所は求人を出しても人が来ない。。。


人が入っては辞めての繰り返し、今は良くてもいつ悪い事が起こるかわからない、事件にでもなれば大変でしょう。


人材不足で介護職員の精神的、肉体的な負担が深刻で身体や精神を壊してしまう職員も多いです。



現在は優良な事業所ですらいつ人材不足になり職場環境が悪化するかわからない時代ですね。。。



今回のニュースで世間の最近の傾向としては、「介護従事者が高齢者から暴行を受ける」ということについてコメントする人達も多くなりました。


それだけ介護従事者の方達が増えたという事かも知れないですね、それでも介護職を批判する方達もいまだにいます。


高齢者虐待はいけない事ですが、介護職が増えて施設もどんどん増えている現在、介護従事者などによる虐待件数が408件という数字は、少ない方ではないのか?とも思いますが、



おそらく408件という数字は表に出ただけの数字で、もっと多いと私は思います。



先日のニュースで嫌がる高齢者に入れ歯を入れ「虐待」と扱われた報道がありましたが、介護職をしていれば嫌がる高齢者に入れ歯を入れることなど日常茶飯事です。



入れ歯を入れるのを嫌がる高齢者は沢山います。認知症であったら尚更です。時には嚙みつかれたり引っかかれたりしながら入れ歯を入れます。


他人の入れ歯を洗って綺麗にしたのに嫌がれるんです。ハッキリ言っていればなんか誰も触りたくないし口から出した時はかなり臭いんです!!



でも入れ歯が入ってしまえば、特に嫌がりません不思議なものです。



オムツ交換だって嫌がる人は嫌がり暴れたりすらします。本当に大変です。嫌がるからと言ってオムツ交換しなければ虐待です。


二人では対応できずに三人で対応することもあります。


時にはオムツ交換中に失禁したり、おしりや股間を触った手で触られたり、、、、、


引っかかれ血がでたり、、、、、それでも介護職してるんです。



爪切りだってそうです。伸ばしたままにすれば民生委員や家族から虐待ではないのか?と報告されたりします。


伸ばしたまま放置なんてできませんから、嫌がる高齢者の爪を巧みな技で切ったり、時にはつねられながら爪を切ることすらあります。



高齢者が裸足でいたりサンダルで施設内で過ごしていただけでも「虐待」ではないのか?と報告されます。



本当にいい加減にしてほしいです。



「身体拘束」もそうです。許可が無ければ 身体拘束=虐待 です。


ふとんの上で立ち上がり転倒して骨折、歩けないのに車椅子から立ち上がろうとして転倒して骨折。。。


ソファーに座らせただけで身体拘束扱い、、、


車椅子の座面に滑らないマットを敷いただけで身体拘束、、、、


ほんと馬鹿みたいです。



介護職の人達はこんなにガチガチに制限された中で、仕事をしているということをどれだけの人達が理解しているのでしょうか?



一晩中起きていて立ち上がって転ばないように高齢者を見守るとか本当に大変です。


オムツ交換にも不穏な利用者を車いすに乗せて一緒に、部屋を回ったり、、、、



そんななかでも、利用者からの容赦ないコールが鳴り続けます。


一人で起き上がり転倒でもしたら大変だから、すぐに駆け付けます!!!



部屋につけば便まみれになって、薄ら笑う利用者がいたり、、、、


そりゃイライラもするし腹も立ちます。


介護従事者などによる虐待を擁護するわけではありませんが、もっと介護職の事を世間の方達にわかってほしいです。




ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いします。

うつ病が「バイト」はじめる!!ww

うつ病が「バイト」はじめる!!ww




はい!!介護福祉士の40代のおっさんです!!






まぁ何だか生きていると何があるかわかりませんが、一時間だけバイトを始めました。





一時間!!ww





はい散歩が出来るようになりだいぶ体調も良くなり少しくらいならば働けるかなという感じになっていたら、ちょうど声をかけて頂き、、、



今日から一時間だけ働いております(笑)



私にとってはほんとうにグッドタイミングです!!(^^)



マジで神様とか見えない力とかあるのかもしれません。








約一年ぶりの労働ですww








徐々に体調を整えて、本気で働けるようにする為の第一歩でございます。



バイト先にも理解してもらっております。



まだまだ自分自身の人生がどのようになっていくのかわかりませんが、目の前のことを一生懸命やっていこうと思います。




不思議なものでバイト前日はさほど緊張感も無く眠れて、体調良く出勤する事が出来ました(^^)




一年前の内定をもらってからの緊張感が嘘のようです。




それにしても病気のせいなのか元々の頭の悪さが原因かわかりませんが、理解力がかなり低下しております。(笑)




何回も何回も聞かないと理解できないですwww


メモするタイミングも難しかったりしますwww


呂律もやばい感じですね(笑)www


むしろ理解しているんだか理解してないんだか、自分でもわからないレベルです。。。。




以前の職場で優秀な30代後半の女性介護スタッフが退職して飲食店に転職したときに、何回も聞かないと覚えられないと言っていた言葉が思い出されます。


まさに私が現在そんな状態です。




介護職ではないので感覚では何もわかりません、この業務に至るまでの経緯とか、なぜ今この業務を自分が行っているのか理解できませんので、余計に理解できません、、、ww



そんなこと考えなくても良いとわかっていても、考えてついつい聞いてしまいます。




私の嫌なところかもしれませんね(笑)




それにしても一時間から働かせてもらえるなんて感謝しかありません(^^)



一時間もあっというまで、帰る時にもう少し働いても大丈夫かもという気持ちにすらなりました。




帰宅後も疲れて寝込むことも無く、今こうしてブログを書いております。




まぁ一時間ですが「うつ病」初期と中期には働くこと自体が無理な感じでしたので、かなり回復していると思います!!!




あとなんでしょうか、たとえ一時間でも働いているということが私にとっては少し自信になっている感じがします。



昨日までは完全無職状態でしたから、0から1になった気がします。




0から1になる時のパワーが一番大変だとよく聞きますが、本当にそうかもしれません、、、




バイト後は思考が少し安定した感じすらあります。



「うつ病」初期にバイトした時とはまるで感覚が違います。



初期の時はバイト後に死にたい感じすらありましたので、、、、




いずれにしても一年経ちだいぶ「ポジティブ」になってきました(^^)




ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いします。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)が大変な事になってるみたいですね。「特別養護老人ホーム」に“空き”がある。にも触れてみます。


サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)が大変な事になってるみたいですね。「特別養護老人ホーム」に“空き”がある。にも触れてみます。


介護施設不足が問題とされてきた日本。しかし、今月発表された調査で「特別養護老人ホーム」に“空き”があることが明らかになった。さらに、施設不足の受け皿として期待されるのが「サービス付き高齢者住宅(通称・サ高住)」国は「目標60万戸」を掲げ、多額の補助金を出して建設を促している。しかし建設ラッシュの裏で、倒産するサ高住も出始めている。多くの人が入居を待ち、入れないはずの老人ホームで何が起きているのか。その矛盾を検証する。

出典 http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3952/index.html


2017年3月16日放送のクローズアップ現代で取り上げられた問題です。





おっさん暇だから見てたんですが、需要と供給のバランスが崩れている地域が沢山あるみたいです。


まぁそりゃそうなるよね♪という感じで見てたんですが(笑)




まずは「特別養護老人ホーム」に“空き”があることについて考えてみたいと思います。


現在、「特別養護老人ホーム」に入りたくても入れないで待機している方達は、全国で52万人いるといわれています。


でも「特別養護老人ホーム」の稼働率は96%でまだ空きが沢山あるという問題です。




地域によっては施設が増えたために入所者が集まらず、入所者獲得の為に医療機関に「菓子折り」をもって営業活動している様子が放送されました。



まぁそもそもNHKで「菓子折り」もって医療福祉の関係者が営業活動している様子を映してよいのか微妙で、それを貰っている医師もどうかと思いますが(笑)



そもそも介護の現場にいて施設経営を直に見ている人ならわかると思いますが、稼働率96%は普通で常に100%なんてそんなにないです。



高齢者ですから亡くなったり入院したり色々あります。



すぐに次の利用者を入れるのにも入院している利用者の為に1カ月くらいは部屋をキープしていたりしてると思います。


誰かが死んだからと言って、速攻で次の利用者を入れるにしても準備も必要です。


ショート利用の方も沢山います。あとはまぁ、、、色々なしがらみで部屋を開けておいたりとか。。。(笑)




それに営業活動が「介護業界」では、さも特別の事のように放送されておりましたが、営業活動は昔から行っている仕事です。


私が見てきた施設や介護事業所ではみんな必死で病院に限らず昔から営業活動をしていました。




どうして営業活動するかといえば、もちろん施設運営で入所者を増やしたりとか色々ありますが、新規の事業所の場合はどのような施設なのか知ってもらうのが不可欠で、そこには職員を守る役割もあるからです。



どういう意味で職員を守ることになるかというと、要介護状態の高齢者は様々な人がおり、介護度が低いからと言って楽な利用者とは限りません難しい利用者の為に職員の離職につながることも多いです。





新規事業所だと大変な利用者を任せられることが多いかもしれませんが、地域のクチコミパワーにはかないませんww





話がずれてしまいましたが、国の政策で「特別養護老人ホーム」をガンガン建てれば、今迄より営業活動に力を入れるのは仕方がない事だと思います。


昔のように黙っていればお客様が来る時代なんて、とっくの昔に終わっているんです。


それに、古株の施設が結託して新規の施設を建てられないように市に訴えるなんてナンセンスで、サービスを受ける側からすればいい迷惑だと思います。







次にサービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)の乱立で倒産が相次いでいる問題です。



まぁこれも皆さんの家の周りにも、働いている介護事業所でも建てているところは多いんじゃないでしょうか?


国の補助もあるし簡単ですからね、アパート建てるようなもんですから(笑)そりゃ建てますよね、介護職の人達にとっても働くにはとても楽という話もよく聞きます。




それにしてもテレビで紹介されていた地域に限らず、建て過ぎなんじゃね?とは、おっさん一年前から常々思っていました。


いくら高齢者がいるといってもそんなに需要が無いんじゃないかなとは思ってました。




だって、面接を受けた介護事業所のほとんどが建てて運営してたし、更にもう一棟近々建てます!!て、鼻息荒くして自慢してましたからね♪




まぁでもテレビで放送された内容は悲惨でした。。。。倒産したとこもあれば、、地面から鉄骨が出ているところで建設がストップしてるところ。。。


個人では手を出すべきではないなと思いました。。


アパートでも建てておいた方がマシだったかも知れませんね。。




皆さんはご存知だと思いますが、「サービス付き高齢者向け住宅」や「高齢者施設」というのは建ててしまうと、それ以外での使用用途が無く倒産しても買い手がつかないそうです。


まぁ確かに、、シェアハウスくらいですかね使い道は、、、シェアハウスにしても共同風呂は私は嫌かも(笑)


ホテルにもできないですよね、、、、社員寮ですかね、、、億単位でしょうから高い買い物になりますが、、、改装は必須ですねww



まぁそりゃ乱立すれば倒産するところが出てくるのは世の常です。







そして、↑に書いた事をひっくるめて根本的に介護職員の人材不足があるそうです!!!!!





う〜ん、、、そうですかね箱モノの乱立・倒産と介護職員の不足は別物だと思いますけどね私はwww





単に計画性がないだけだと思いますけど、、(´・ω・`)





まぁでも、おっさんもそろそろ働かないとと思っているので近々介護業界に復帰するかもです。



「うちの施設の幹部になってくれ!!」とか「施設長になってくれ」と言う、奇特な事業所の方がおられましたらコメント頂けると嬉しいです(笑)

うつ病が散歩中wなにか良い支援制度があると良いのですが。


うつ病が散歩中w



はい!無職のおっさんです!!



散歩にもだいぶ体が慣れてきて、長い距離を歩いたり人目を過剰に意識することも少なくなってきました。



身体が散歩を欲している感じです(笑)



何かいい具合に働けないかと色々と考えて調べてみたりしているところです。




私のブログもだいぶアクセス数が減って読んでくれている方も少ない感じですが、ブログは私にとっては生命線のようなものです。




「行動しなくては何も始まらない」とお叱りを受けそうですが、私にとっては散歩はかなり大きな行動でした。




「陶芸」も大きな行動でした。




去年は自動販売機に歩いていくのも苦痛を伴いましたが、今は自然に自動販売機まで歩いて行けるようになりました。



本当に自分は「うつ病」なのかと疑問もわいてきましたが、近くには通える病院がありません、



去年の4月に「うつ病」と診断されましたが、特に検査してくれたわけでは無いので怪しいものです。



私のような40代の人間が、日本にどれだけいるのかわかりませんが、とりあえず私という一人の人間が日本にいるのは確実です。




介護職をしながら家族を養い、腰椎椎間板ヘルニアになりながらパワハラにあっても、15年以上介護職として働き続けたわけですからこんな風になってしまったのも仕方がないかなとも思います。



何も残らなかったけど「よく頑張った!!」と自分自身を褒める事が最近出来るようになりました。




現在は何の後悔もありません(笑)




先日、総合病院で背骨のレントゲンを撮ったところ、背骨がところどころ陥没していて


医師と看護師に「そりゃ10年以上も介護職をしていればこうなりますね」と言われました。(笑)





以前であれば百メートルの歩行も困難でしたが、1年間療養して2〜3キロ歩いて石段を上り下りしても腰の痛みも足の痛みも全くありません


むしろ身体がどんどん元気になっていく感じで、40代という年齢のせいで身体が動かなかったわけでは無く、今迄の生活や仕事が私にとってはかなり負担であったことを痛感しました。




何もしていない時に「頭が締め付けられる」「思考が停止する」ということも最近はありません、徐々に色々と出来る事を増やしている段階です。


慣れないことをすればまだ「思考が停止する」ときはありますが、これが自分だと思うしかないのかなと最近は思います。





あとは「胸の痛み」も100%ではありませんが消えてなくなりました。「うつ病」初期から1年近くは安静にしていても胸の痛みがあり何か病気ではないかと思っていましたが、ストレスが原因だったようです。





あとは憂鬱感もほとんどなくなりました、どちらかというと現在はニュートラルな感じで、面白いわけでもないし面白くないわけでもないです。


テレビをみて普通に笑えます。でも何をすれば楽しいのかサッパリわかりません想像すらできないです。




色々な本を読んだりしていると「やりたいことをやれ」ということが書いてあり、見つけ方も書いてあるんですが私には全く見つけられないでいます。


行動しようにも、何に向かって行動すれば良いのか本当にわからないのです。




YouTubeで「ヤギコーチ」という人の動画を見ても、全く思いつかないんです(笑)

※「全く思いつかないんです」と、ヤギコーチにコメント送信もしましたww



自分がやりたい事をして、他者にも貢献する。なかなか難しいです。


私の場合は最初に「誰かの役に立ちたい」というのが来てしまい、自分のやりたい事が見つけられないです。


「誰かの役に立ちたい」が私の目標とか魂の叫びだとすると、医療福祉業界なのかもしれませんが介護職以外では思いつきません


介護福祉士しか私には無いですから、、、でも身体が付いていけないです。(´・ω・`)




あとは色々な本を読んだせいか、物欲がほとんどなくなりました。


物欲というよりは自分の幸せの追求を求めるようになって来ました。


一年前は結構な物欲番長だったのですが(笑)





色々考えると物欲に任せて買ったものや手に入れたものは、現在私の手元には何も残っていないし、死んだら持っていけないということがわかってくると意味の無いように思えてきて


もちろん好きな食べ物とかはありますよ、でも食べるのにも限界があるしお腹が満たされるだけで心は満たされないんですよね私の場合は。。




断捨離しているわけでは無いのですが、部屋がありインターネットが出来てブログが書けて風呂に入れればだいぶ満足ですww




でも最近「スマホ」を買いました(笑)写真を撮ってブログで皆さんにお見せしたかったのでww


最初はカメラを買おうかと思っていたのですが、でもスマホなら色々できるかなと悩んでいたところ丁度良く回線業者から1万円キャッシュバックのダイレクトメールが来たので買いました。


「HUAWEI nova lite SIMフリー」という機種です。価格コムで現在一位です。


カメラ性能も良いので満足です。




なにか私のような人間が気軽に、外にでる事の出来る支援制度があれば利用したいのですが、40代以上ですとほんとにありません、仕事も行政も若者中心か高齢者中心のものばかりです。

40歳(男)でうつ病になり失業しました。
うつ病になり、何か生きるすべは、ないか模索している男のブログになります。

http://news-care.com/word/

陶芸w大物素焼きww


陶芸w大物素焼きww



はい!無職の介護福祉士のおっさんです!!


陶芸の日記もだいぶ更新頻度が減ってしまいましたが、楽しく陶芸は行っています。


そんなこんなで先日はようやく大物が素焼きしても大丈夫なくらいまで乾燥したので焼きましたww



結果としては割れたりとかひびとかも無く、初めての大物としては上出来だったようです。


大物だと割れたりひびが入ってしまうことが多いそうです。



まぁ師匠の教え方が上手なのだと思います。。。(笑)



窯から取り出して、電動のエアースプレーでチリとか色々飛ばして、バリを取ってまたエアースプレーしてという作業をおこない


その流れで「釉薬」もスプレーで吹き付けました。


大きいから樽に入れられないですからねwwそれが理由かわかりませんがスプレー使いました(笑)


かなりの重量ですので、小物に比べると作業は大変ですね、、、



大物の後には一緒に焼いた「一輪挿し」「薔薇」「お茶碗」に絵をかいたりして「釉薬」をかけました(^^)



そして、流石にくたびれてこの日はろくろを回さないで、お茶して終了しました。



そういえば先日のせた陶芸の写真が「介護福祉士 陶芸」で、画像検索すると私の作品が一ページ目に表示されます。(゚Д゚)ノ




めちゃくちゃ恥ずかしいんですけど、、、、、(゚Д゚)ノ



と思いながらさらに下を見ると、、、、



なんと私が書いた「ホッカイロとひざ掛け」「退職願」とかのへたくそな絵が表示されてたりして、、、インターネットこわっ!!



と思いました。↓に載せておきますのでよかったらご覧ください(笑)

bara.jpg
taisyoku.jpg
hoka.jpg

神社にお参りwそしたら太鼓の音が、、、ww



神社にお参りw



「うつ病」もだいぶ良くなってきた感じがあって、散歩も出来るようになり「ほんと良かった」という感じですが、



働こうという気持ちにはまだまだなれないでいます。



でも、早く良くなって働かないともうほんとに自分がダメな気がして、、






神社にお参りに行ってきました。






私の記憶が正しければ、今年に入って二回目のお参りです。



病気もだいぶ良くなったけど、もうひと踏ん張りというか一押しが必要で、今迄のお礼とお願いをしてきました。



去年はなかなか目の前まで行く事が出来なくて、駐車場に車を止めて何度も車の中からお参りしてお世話になった神社です。




車を降りて歩きはじめると、今日はとても足が軽くて、石段も全く疲れることなく目の前までいく事が出来ました。



わりと有名な神社なのですが、誰もいなくて売店にすら巫女さんもいない状況で、たった一人でスムーズにお賽銭箱と鐘のある場所までつきました。




そうしたら付くと同時に驚く事が起きました。





私が目の前に立ったのと同時に、目の前の神社の中から太鼓をたたく音が聞こえ始めたのです!!!


明かりがついていたので誰かいるのかなとは、思いながら向かっていたのですが、まさか目の前に立ったのと同時に太鼓が叩かれるとは思いませんでした。









ドンッドンドンッドンドンッドンドンッドンドンッドンドンッドン







それは私が3分近くお祈りしている間続けられました。



お祈りを辞めて一息つくまで太鼓の音が聞こえてきました。





半端な時間でしたので偶然だとは思いますが、この神社で私が太鼓の音を聞いたのは25年ぶりくらいになります。






中学高校の時に、二年参りを何年か続けていて、3年連続で一番にお参りをするということを昔この神社で行っていたのです。(笑)



新年最初の10名くらいの方達は神主さんからお祓いをしてもらえるのですが、その時に神主さんが出てくるときの太鼓の音と同じものでした。



流石に今回は神主さんは出てきませんでしたが、なんだかとても不思議な気分になり懐かしさすら感じました。





気のせいかもしれませんが何だか守られてるな〜というような感じもしました。





そして、神社に入ってから出るまで私一人だけのお参りでした。




神社の門をくぐるとたくさん人がいたのでほんとに不思議な感じでした。



そもそも、今日は神社に行こうと思っていなかったのに自然と神社に行ったので、ホント不思議な体験ですw




呼ばれたんでしょうかね?




「パワーあげるから、早く元気になって働きなさい」と言われてる感じです。



ほんと早く元気になって働きたいです!!





ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いします。


介護職をしていて死に直面したとき。


介護職をしていて死に直面したとき。



はい!介護福祉士のおっさんです!!



介護職をしているとかなりの頻度で利用者様の死に直面します。


施設系で「看取り」を行う職場ですと尚更です。


普通に生活しているとあまり人の死に際に関わる機会というのはない事です。



私も介護職に就く前は、目の前で誰かが死んでいるとか死に際に立ち会うというのは、祖母いがい経験がありませんでした。



私が初めて利用者様の死に直面したのは「夜勤」の時でした。



私を含めて二人の職員で50名の利用者様を見ていた夜勤の時になります。



亡くなった利用者様は前日から体調不良でしたので、ステーション横のスペースにベッドを移動し見ていたのですが、バイタルを測定したときに脈が無く呼吸もしていなかったので


まさかという思いで、先輩職員に確認してもらい、やはりバイタル確認が出来ないとのことで、すぐに看護師さんを呼び確認してもらったところ、すでに亡くなっていました。


はじめての経験でしたので、頭がボヤンとするというか真っ白になるというか、悲しさよりも何をすればよいのかわからず、先輩の指示で必死に動いていたと思います。



ほどなくしてご家族、医師やケアマネや上司が来て状況説明をして、その後は処置等行い続々とご家族や親族が来所され、泣き叫ぶご家族もいて神妙な気持ちで夜勤業務をこなし


数時間後に霊柩車がきて、見送るという感じで終了するのですが、、、、



この時の精神的なストレスは相当なものです。なかなか表現しずらいですが、夜勤終了後も変な気分はどうしても引きづってしまいます。


帰宅しても考えてしまいます。


色々な意味でカルチャーショックで、あまりよい表現ではないかもしれませんが仲の良かった利用者様だと尚更です。


死んだ直後というのは、顔の血色もよくて温かいので本当に見ただけでは気が付かないこともあります。



何回か利用者様の死に直面すると慣れてくる気がしますが、表面では感じていなくても今思い返すと精神的なストレスは相当ありました。



よく看取り介護をした時に、ある種の達成感を感じる方もいるかもしれませんが、私は達成感なんてありませんでした。


それは人それぞれニーズが違うし、自分が良かれと思って行ったことが必ずしも正解では無いし、もっとああしていればよかったとか後悔の方が強かったからです。



でも私のような考え方で介護職をしていると「うつ病」になってしまいますのでお勧めはしません





振り返り次に生かすことは必要かと思いますが、反省なんてしてはいけません!!





もしかすると何もして貰わないほうが良かったという利用者様もいるかもしれませんし、いないかもしれないです。


正解も不正解もありません、色々な要因があって、亡くなったのですから安らかに天国に行けるように祈るだけです。



ただでさえ介護職をしていると、死に直結する業務も多いので本当に悩みます。


それだけでも大変なのに亡くなった利用者様の事を考えても仕方がないことです。



命に係わる虐待をしていたとかお金を盗んでいた等なら別ですが、介護職をしていれば多少は利用者様を粗雑に扱ってしまうのは、誰でもある事だと私は思います。



「もっと頻繁に部屋の見回りをしていればよかった。」


「前日に、なんとなく体調不良な様子があったがVS上問題なかったので報告しなかった。」


「自分の食事介助が悪かったのではないか、、」


「体交が適切ではなかったのではないか?」


「もっと会話しておけばよかった、、」


「もっと親切にしておけばよかった。」



色々あり書ききれませんが、常に後悔することになってしまいます。




そして、ちょっとスピリチュアルとか宗教臭い感じですが、私達は一つの共同体であり同じ生命体から来ていて自分自身が魂の浄化に努めて幸せな気持ちで生きていれば


結果的に自分も他の人達も亡くなった人達も幸せになるということです。



う〜ん大丈夫ですか?という感じですが、私自身一年間色々と悩み様々な本を読んでいると、認知行動療法でも心理学でもスピリチュアルでも、同じような事が書いてあります。


死別であれ離別であれ人との別れは、人生の中の通過点で深く考えても仕方がないということ、過去の事で悩むなら未来の事で悩みましょうということです。


常に私たちは未来に向かって生きています。過去に戻ることはできません、たとえ死んだとしても過去には戻れません



明日のお昼は何を食べようかとか、そんなことから考え始めて過去のことは「思い出」として記憶に残すだけです。


過去の記憶は時間とともに薄れますし、忘れてしまうこともあるかもしれないです。


辛い気持ちも時間とともに薄れていきます。




ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いします。


「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。


「うつ病」が一年ぶりに散歩しました。


はい!介護福祉士だけどうつ病になり現在無職のおっさんです!!


「うつ病」になり療養生活というかこの一年色々ありすぎて、気が付けば一年経ってたって感じですが、、w



だいぶ心も身体も軽くなってなんだか、天気も良かったので散歩を始めています!!



この一年散歩なんて考えられなかったけど、なんでしょう春だからかな妙に散歩したくなり先日から観光地の中を散歩してます。



初日は何かあるといけないので無理しないで、観光地の駐車場に車を止めて少しの距離を石段を昇ったりして散歩しました。



もうね、しばらくまともに歩いてなかったのですぐに息が上がって、観光地だから人が多くて息切れしてるのが恥ずかしかったけどなんとか散歩できました。



そして今日はなんと!!!



家から観光地まで歩いてみました、時間にすると片道20分くらいだけど二日目なのに息も上がらないで石段も昇れました。



こんなにも一日で体力が回復するのかと驚きです!!



最近読んだ本によると「うつ病」とかの精神的な病の人は「息が上がる程度の距離」「汗がじんわり出る程度」で十分で、たとえそれが数メートルでも、徐々に距離を無理なく伸ばしていけばいいんだって


そして精神的なものと身体の緊張が解けていれば距離も徐々にのびるから心配しなくても大丈夫なんだよって書いてありました。



何だか今まさに自分がそんな感じかもしれないです!!



あと、一時間で身体が回復しない運動も逆効果だそうです。




あとは最近ニュースで見たんですけど、常にマスクをつけているのも「うつ病」になる確率が上がるらしいです。


確かに介護職してる時は毎日、マスクしながら仕事してました。


まぁ花粉症とか職業柄色々な理由があったけど最近はマスクしなくしたら、花粉症は辛いけど気持ちが少し前向きになったように思います!!


マスクしてるとなんか安心感があるんだけど、マスクしないで散歩してると何だか自信が出るというか、見られる恥ずかしさはあるけど意外と気持ちが良いですww







別に誰も他人のことなんて気にしてないよね、私も他人のこと気にしながら見てないし、仮に見たとしてもすぐに忘れるのが普通だもんね



そんな風に最近考えられるようになりました。




私も、だいぶ病気も良くなってきたのかな(^^)





あと一番大事なのはインターネットの情報を信じて、自分に当てはめても人それぞれだからあまり意味がなくて焦らないことです。



私の「うつ病」体験談は私だけのもので、他の誰にも当てはまらないかもしれない、でも私には効果があったし丸一年ゆっくりだけど回復してるのは事実。


正直、私には「うつ病」と診断されて2〜3カ月で回復している人は信じられないし、無理してるだろうとすら思います。


一か月で治ったとかは、そもそも「うつ病」じゃないんじゃないかとすら思います。


まぁでも人それぞれだからそんな人もいるかもしれないけど(笑)



私の体感では、少なくても半年の療養は必要だと思います。



一年療養して体調が良くなったけどまた悪くなってしまうかもしれないし、ほんと人それぞれ、、





でも、一番大事なのは「うつ病」になるくらいならばその環境から逃げる事だと思います。


これは体験者だから言えることです。






まぁ、私のブログなんて星の数ほどある「うつ病」の情報の中に埋もれてしまうと思うけど、誰かのチカラになれれば幸いです。




まだ完全じゃないけどねwww

「うつ病」久しぶりに外食したら寝込んだ。。。ww



「うつ病」久しぶりに外食したら寝込んだ。。。ww




はい!!介護福祉士のおっさんです!!



今は無職ですよ〜。。。陶芸家の弟子ではありますが(笑)



で先日、身内と一緒に「ステーキガスト」で外食したんです、、



「はま寿司」には何度か連れて行ってもらってたんですが、ファミレスは「うつ病」になってから初めてなので1年ぶりくらいだと思います。



「はま寿司」が大丈夫なんだから「ステーキガスト」も大丈夫だろうと思って軽くOKして連れて行ってもらったんですが、、、





入店時からヤバイくらいに緊張しましたww




で、案の定メニューを見ても頭に入ってこないwww




でも身内がやたらとステーキを勧めてくるので、身内と同じ「イチボの塾生赤身ステーキ」というのを注文することになりました。



うつ病で弱ったおっさんには昼間からのステーキは結構ヘビーですが「ステーキガスト」だから、、、



そして



ガチガチの私を察してか身内が店員さんの対応とかすべてやってくれたのが良かったのです。



店員さんも何か感じたのか私には目を向けませんでした(笑)




そして、目の前が靄がかかったみたいになって身内が話しかけてきても全然声が聞こえないんです。




昼時なので満席状態だし、他のお客さんの声がやたらと耳に響きます(; ・`д・´)


まぁでも何とか身内の声が聞こえてくるので相槌を打ちつつ愛想笑いしながら「食べ放題」コーナーに意識を向け、、、





そうだ「カレー」だ!!!



カレーを食べよう!!!



カレー


カレー


カレー


カレー


カレーを食べなくては!!!





で、行ってみると意外とお客さんが食べ放題コーナーに居なくてラッキー!!!



でもね、なんかカレーのそばにやたらと大きなボールがあるんですよ、流石にこのボールじゃ大きいでしょと思い他の皿を見ると平ら過ぎるのね


で、しょうがないからカレーのそばにある「大きなボールみたいな皿」にご飯とカレーをよそって、サラダとデザートは無視して席に着いたら




身内が「最初からカレーたべるの〜」ていうんですよ、でもね私はステーキガストに来たときとか食べ放題でカレーがある時は最初からカレーを食べるんですw




カレーが大好きなんです!!!(。-`ω-)



カレーは味噌汁がわりです!!




そして、無心にカレーを食べたらなんか精神的に落ち着いてきて、ステーキが来た時には一杯目完食しておりました(笑)



でも、後悔しました運ばれてきたステーキの大きさを見て、、、(笑)



さすがにこれはステーキだけでお腹いっぱいになっちゃうと思い食べてたら、、、なんかやっぱりご飯が欲しくて、ご飯コーナーに行くんだけど白米だけだと寂しいからカレーもよそっちゃうんです。



「久しぶりだし」とか思いながら、、、、で身内に「またカレー食べるの〜」と言われながら、、、



やたらでかいステーキを身内とほぼ同時に食べ終わり、身内はデザートを食べ始めました。



うーん、最近やたらと野菜中心だったのでサラダとかデザート系でお腹を満たすのがなんだか損したみたいな気持ちになり、身内の食べてる間に何か食べたいなと食べ放題コーナーに行ったら



自然とカレーとご飯をよそって、「またカレー食べるの〜」笑われながら、、、、




「カレー三杯」


「イチボの塾生赤身ステーキ」




を「ステーキガスト」で食べました。(;^ω^)



食べ放題コーナーは、ご飯とカレーだけ食べたんです(笑)




そしたら、家に着いた頃から体調が悪くなり二日も寝込んでしまいました、、、



うつ病のせいなのか食べ過ぎたせいなのか、微妙な処ではありますがww



なんかあまり面白くないですが、こんな感じです(笑)



ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いします。




うつ病での「思考停止」の表現があまり良いものが無いので書いてみます。


うつ病での「思考停止」の表現があまり良いものが無いので書いてみます。



私は思考が停止するなどという事はあまり経験したことのない人間だったけど


実際に「思考停止」するとどうなるのかとか、具体的に頭の中で起こっていることを書いている表現が私に当てはまるものが無かったので書いてみます。



去年「うつ病」になり体調の悪さは本当に酷いもので、去年に比べれば今年は100倍体調が良いのは間違いないけど



「思考の停止」は、まだまだあって本当に辛い、働くなど到底無理で働こうと思っただけで思考が停止する。



思考が停止するってどんなものか、簡単に説明するなら「頭が真っ白になる」という表現が良いかもしれない


面接のときに緊張して頭が真っ白になったとか、そんな表現が良いかも、、、




私が先日経験したのが、洗車機で車を洗おうとしたけど、メニューを選んでいるときに思考が停止し、メニューを見ても全く頭に入らない


目を凝らしてひとつづつ確認しても理解できない、、、


目の前が真っ暗というか真っ白というかぼやけて、「針の穴」からメニューを見ているような感覚で全く理解できない、それでもなんとか停止しているわずかな脳の機能を利用して選ぶ感じ。




自分では大丈夫だと思っていても、その日の体調にもよるのかもしれないけれど急に↑のような状態になります。




よく「うつ病」の思考の停止は新聞を読んでも頭に入ってこないとか言われるけど、私の場合はそれとともに頭にもやがかかったような感じになり、まぶたすら下がる感じがあります。





もしかすると「うつ病」じゃなくて他の病気なのかなとも考えているけど、検索してもそれらしい病気は見つからないけど「慢性疲労症候群」かなとも思う。





あとは会話が理解できない事もよくある、これはたまに会う兄弟でもそうなる、徐々に慣れれば数時間で安定するが最初はかなりの苦痛と疲労感と、会話があまり理解できない苦しさが伴う。


話は聞いているけれど、早口でしゃべられている感じがしてしまい、理解できないことが多々ありその場を逃げ出したくなる。



一番ひどいときは簡単な会話すらメモに取らないと理解できなかったし、メモを読み返しても理解できないこともあった。



丸岡いずみさんの「うつ病」体験談の本にも書いてあったけど、簡単な漢字にもルビを振らないと読めない、、



私の場合も内容を理解して読んでいるというよりは、書いてあるひらがなを読んでいるだけという感じでした。


内容を理解するなんてとても無理ひらがなを読むだけで必死。


ゆっくり読めば理解できるレベルではない、脳が情報を拒否している感じで、とてつもない疲労感もあり頭も真っ白になる。




実は今文章を書いている現在、私はかなり思考が停止しています。ですから文章もめちゃくちゃかもしれないけれど、お許しください。




本当に簡単なことも出来なくなります。例えば皿を洗うとか、日常的な事が出来なくなります。気合でやればできるけど思考の停止と疲労感が凄いです。



コンビニでの買い物ですら思考が停止します。


金額を言われても理解できません。


財布が小銭であふれました。


いつも同じものしか買いません、疲れるから。



スーパーの買い物も思考が停止します。


セルフレジは、マジでつらい意味が分からないし理解できない。


使い方を聞いても理解できないことがありました。



外食も思考が停止し、味も会話も理解できなくなります。


複雑な注文が出来なくなりました、せいぜい単品かセット。


店員さんから、いろいろ言われても急に理解できないし選択肢が多すぎる。



仕事は根性で頑張ったけど無理になります。


理解できないので会話なんて出来なくなしました。


自分で何言ってるのかも怪しくて理解できないから喋らない。



車を運転していて信号の色が理解できないことがありました。


信号の色が理解できないのでパニックになりました。


車線も複雑すぎてわからないから同じ道、同じ車線しか走らない。



テレビも理解できないし雑音。



この辛さを誰かに訴えたくても、理解してもらえるほどの会話力が無くなる。


表現が下手になる。



もしかしたら認知症かなとも考える。




赤ちゃんとか子供に戻った感じで、すべて回数をこなさないと理解が出来なくて思考が停止する。



全てが初めてのような経験になる。



でも、助けてくれる人などいない大人だから。。。



医師にすら理解してもらえない



検索しても情報にたどり着けない。



何をして生きていこうか、おそらく医者に行っても理解されないもう私は「うつ病」ではない




ただただ「思考が停止する人間」ただそれだけ。



ご覧頂き有難うございます。これからもよろしくお願いします。

    >>次へ
カスタム検索
最新記事
カテゴリー