広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

秋田竿灯祭りパート6

今回は秋田内陸の紹介をします。


秋田の観光地紹介  大曲、角館、横手


大曲について紹介します。


大曲は秋田市がら約60km離れた内陸にあります。

今は市町村合併により、大仙市に変わっております。

大曲で有名なのは、花火大会でしょう。

毎年8月第4土曜日です。雨天中止の場合は次の日です。

毎年大勢の観客が訪れる、花火選手権大会は、最新の花火を

観賞できる唯一のイベントです。昼の花火から夜の花火まで、

見れます。是非、見てはいかがでしょうか。


大曲から角舘の途中に、昔の中仙町があります。

ここは、どんぱん節の発祥の地です。昼の時報はどんぱん節

流れます。


角舘のついて紹介します。

角館は小京都と呼ばれ、今も古い街並みを楽しむことができます。

武家屋敷、庭の景観は、春、夏、秋、冬のそれぞれ違う景観で味わう

ことができます。私が行っていいと思ったのは、空気がいい。

四季を楽しめる点です。

年1回にけんか山車祭りがあります。山車同士ぶつけ合うのですが、

過激すぎて、けが人も出るほどです。


横手について紹介します。

横手は大曲から南に行ったところにあります。

横手は1m以上雪が積もる豪雪地域です。

毎年かまくら祭りがあり、たくさんのかまくらを味わう事ができます。

夏でも横手ふるさと館があり、年中かまくらを見ることができます。

最近は横手焼きそばが人気となってきました。

東日本大震災の復興支援で沿岸で活動しているのを見かけました。

元祖横手やきそば屋さんが有名です。

秋田県のホームページAPされています。是非、ごらんください。


秋田観光案内ホームページ

横手やきそば情報


今日は秋田の内陸について紹介しました。

次回も秋田について、紹介します。


読んで頂き有難うございます。







  
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。